福岡母子3人殺害事件の真相!犯人中田充の犯行動機&現在まとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

福岡母子3人殺害事件の概要

引用: Pixabay

2017年6月6日午前9時20分ごろ、福岡県小郡市小板井(ふくおかけんおごおりしこいたい)の住宅で当時38歳無職の妻中田有紀子(ゆきこ)さん、小学4年生での長男涼介(りょうすけ)君、小学1年生で6歳の長女の美優(みゆ)ちゃん3人が殺害されているのが発見されました。

発見者は小学校から子供が登校していないと連絡を受けた中田充(みつる)容疑者が小姑である妻有紀子さんの姉に連絡したため姉で、事件現場の状況は子供二人が二階の布団の上で倒れ、首を紐で強く締め付けられたような跡があり、妻が一階の台所で頭髪が半分ほど焼け焦げた状態で倒れていたそうです。

首の傷や練炭が燃やされていたことから当初は無理心中の可能性があると報道されましたがのちの司法解剖の結果、首の筋肉に複数の皮下出血と首の骨にヒビが認められ、妻子3人ともの死因は窒息死であることが判明しました。

事件発覚当時、二階建ての民家の玄関のドアは施錠されておらず、警察発表によれば死亡推定時間は中田有紀子さんが深夜の0時から朝6時、子供二人が深夜0時から朝5時と幅があり警察の捜査に多くの混乱を呼びました。

当時福岡県警察通信指令課に勤務していた夫である中田充理容疑者が事件現場の状況に合わない説明をしたこと等から警察は中田充容疑者から事情聴取を行い、一回目の逮捕に及びました。

 

福岡母子3人殺害事件の犯行内容に驚愕。

 

素人レベル?証拠隠滅


引用: Pixabay

中田充容疑者はアリバイのために苦し紛れに偽装電話をしていました。

前述の通り中田充容疑者は福岡母子3人殺害事件が起きた6日午前8時過ぎに小学4年生と小学1年生の子供が学校に登校していないと小学校から連絡を受け、既に死亡していたとみられる妻の中田由紀子さんに3、4回ほど電話をかけていました。

3、4回かけたうちの1回は中田由紀子さんの姉が遺体を発見したとされる9時20分ごろにかけ、中田由紀子さんの携帯に姉が電話を取り現場の状況を報告しました。

県内の110番を受ける通信指令課に所属していた中田充容疑者はこの報告を110番通報の扱いとし、自らが中田由紀子さんの死亡を把握していないふりをしていたとみられています。

また、殺人事件ではなく一家が無理心中したと見せかけるために住宅に火を付け、非現住建造物放火未遂容疑も視野に捜査されました。

 

逮捕に至った経緯


引用: Pixabay

中田充容赦者は偽装電話や放火によって自らが事件に関わっていないかのように仕立てようとしました。

しかし、司法解剖によって3人全員が窒息死であると判明したことに加え中田由紀子さんの爪から皮膚片が中田充容疑者のものと一致したのです。

さらにスマートフォンの健康管理アプリで3人の死亡推定時刻におおよそ一致する時間に中田充容疑者が歩行していたのが記録されていたことが証拠となり、逮捕されました。

 

犯人中田充の経歴まとめ

 

学歴や経歴を含むプロフィール

Array

当時38歳の中田容疑者の本名は中田充(なかたみつる)で地元の公立中学を卒業後、高校時代は福岡県立の進学校で水泳部に所属し理数系の特進クラスで学んでいました。

当時の同級生によると真面目で目立たないタイプの学生だったそうで、と高校時代の担当教師によると誰とでも仲良くする性格で特に問題等もなかったといいます。大学は福岡県福岡市城南区七隈に本部を置く偏差値40.0〜65.0ほどの日本の私立大学福岡大学(ふくおかだいがく)に進学し、2002年に福岡県警に採用されました。

交番菌や自動車警などの地域部門に合計8年7ヶ月勤務、機動隊や千葉県警の成田空港警備隊も務め、2016年8月から通信指令課に勤務していました。

 

中田充容疑者が最後に所属していた通信指令課とは?

引用: Pixabay

通信指令課とは県内全ての110番通報を受理して各警察署に無線指令する部署です。

110番通報を受けた際には通報した人にいつどこで何があったかを迅速に徴収し、通信司令担当の係員に無線指令を行います。また、直接パトカーに現場臨場を指示することもあるそうです。通信指令課はいわば県内で発生した事件や事故などの初動対応の司令塔ともいうべき重要な仕事とも言えます。

中田充容疑者は国民の認識における警察の顔とも言える仕事についていたということです。

 

警察署内や近所での評判

Array

引用: Pixabay

元警視庁の警視も江藤史郎氏によると、中田充容疑者の転属数は異常であり、警察でも一般の企業と同じく普通、転属は一生に一回くらいのことだそうです。

しかし周辺関係者によれば、福岡母子3人殺害事件以前より中田充容疑者は異常に転勤をしたがる転勤願い魔として有名で自ら転勤を願い出ていてそんな中田充容疑者を県警本部の監視下に置くための異動だったのではと周囲から噂されたいたそうです。

最後に所属していた通信指令課や前任の自動車警邏隊での評価は「真面目で堅実に仕事を熟す」「子煩悩」「可もなく不可もなく」と概ね良好でした。

また、近所づきあいはあまり好んでするタイプではなく、寡黙であまり積極的ではないと評価されています。事件が起きる二週間前にも涼介くんに自転車を優しく教えていたことも目撃されています。

近所の人や子供が通っていた空手道場の場長、住宅を購入する際に仲介した不動産業者によれば、家庭のことは妻である中田由紀子さんが主導になっているように見えたそうです。転勤癖のある中田充容疑者に代わって家庭を守るような振る舞いをしているようにも見えたようです。

中田充容疑者は酒好きであったという情報もあり、仕事や家庭での役割や立ち位置、環境に不満が積み重なっていたのでしょうか。現在も明確な動機は分かっていません。

 

犯人中田充の犯行動機は?

引用: Pixabay

中田充容疑者は警察の取り調べに対し妻と最近不仲だったというような趣旨の供述をしました。

福岡母子3人殺害事件が起きる前周囲には子供が成人したら離婚するなどと話していたことがわかりました。また、事件発覚日の5日、中田充容疑者が受験した昇任試験の二次試験の結果発表があり、合格することができなかったそうです。

中田充容疑者は事件前にも複数回同様の昇任試験を受験し、不合格となっていました。不合格となった際、妻と口論になったこともありました。度重なる昇任試験の不合格による妻とのすれ違いが事件を引き起こすきっかけになったのではないかと警察は予想していました。

現在のところは福岡母子3人殺害事件においてこのような動機が濃厚になっています。

 

警察の昇任試験(キャリアステップ)とは?

引用: Pixabay

警察にではない限り昇任試験(キャリアアップ)がどのようなものかは知るすべがありません。昇任試験はこのような苛く悲しい事件の動機にもなりうるような試験なのでしょうか。

察官の昇任制度には、試験による昇任と、勤務成績や勤務年数に基づく昇任があります。採用試験に合格すると、まずは警察学校に入学し、”巡査”となります。
警察学校を卒業した後、大卒者は採用後概ね2年、大卒以外の者は採用後概ね4年で昇任試験を受けることができ、巡査部長を経て、警部補・警部・警視、さらに警視正、警視長へと昇任が可能です。
昇任は実績と努力に基づき公平に行われ、全員にその道が開かれています。

https://www.npa.go.jp/about/recruitment/police/system/career.html

やはり、警察内部の人間じゃない限り昇任試験の詳しい内容はわかりませんでしたが、多くの警察官がより高く責任の多い役職を得るために努力をしていることには間違いはないようです。

周囲の警察の情報によると福岡県警では早い人で大体30歳、遅くても40歳には警部補に昇進するそうです。

 

凶器はゴムチューブだった?

引用: Pixabay

前述の通り、福岡母子3人殺害事件における母子3人の最終的な死因は首が締められた痕があり窒息死。凶器にはゴムチューブが使われました。

現場で発見されたゴムチューブと首に残っていた跡がほぼ一致したこととゴムチューブから中田充容疑者の指紋が見つかったことから、発覚しました。ゴムチューブは筋力トレーニング用の市販品で、妻の中田由紀子さんの遺体が見つかった一階台所付近で一部焼けた状態で見つかりました。

当時小学生だった美優ちゃん、涼介くんだけでなく中田有紀子さんまでもが日常生活で使うような身近なもので殺害されました。ゴムチューブで鍛えた筋肉を人殺しに使ってしまうという皮肉のような出来事です。

 

三分間頭を下げ続けた記者会見、福岡県警の対応について

引用: Pixabay

中田充容疑者の逮捕を受け、6月8日午後7時から福岡県警本部で福岡母子3人殺害事件への福岡県警察の関わりに対する釈明記者会見が開かれました。

「県警最悪の不祥事(福岡母子3人殺害事件)」に衝撃を受けた久田誠警務部長は、冒頭に謝罪したのち近藤康徳主席監査官とともに3分半に渡って立ったまま頭を下げ続けました。会見中、久田誠部長は背筋を伸ばして正面をじっと見据えて記者からの質問に対し、ゆっくりと言葉を選ぶように答えていたといいます。

久田誠刑務部長は「県民の信頼回復に努めたい」と何度も声を絞り出し困惑と反省の色をあらわにしました。当時、久田誠部長は捜査について「これからの捜査で明らかにしていく」とだけ明かしました。

この事件はは県警内部に大きな衝撃を与え、ある捜査幹部によると、福岡母子3人殺害事件は「県警の歴史始まって以来の不祥事だ。ありえない」と怒りをあらわにしました。

また、別の幹部は「逃げ切れると思ったのか」と呆れたように憤りました。「司法解剖すればわかる話。なぜだ。信じられない」との声も上がりました。

 

会見を行った久田誠刑務部長(当時)について

引用: Pixabay

久田誠氏は京都府京都市左京区吉田本町に本部をおく京都大学法学部卒業後1993年に警察庁に採用されました。

北海道警刑事部長、警視庁組織犯罪対策企画課犯罪収益移転防止対策室長などをへて福岡母子3人殺害事件が起きた年から現在にかけて神奈川県警刑事部長をを担っています。

前述のとおり警察の人事システムは一般企業と変わらないのに対して、不祥事の際の上司の責任の取り方は他とは一線を置いているようです。

 

県警による取材妨害

引用: Pixabay

事件当時、被害者である中田由紀子さん伯父は中田充容疑者本人よりもまず福岡県警という組織自体に憤っていました。

伯父によると、警察はとにかく事件のことを隠そうとしていると感じ、葬儀(2017年6月11日)の時に県警の幹部の二人が斎場にきて謝ったとのことですが遺族らは間違ったことを報道させるなと釘を刺したそうです。遺族ら特伯父は事件の直後の報道に憤っていました。

前述の通り、事件当初県警は無理心中の見立てで由紀子さんの姉が「妹が自殺している」と110番通報したと発表した、と発表しました。しかし、実際には中田充容疑者が自分の仕事を悪用し虚偽報告しました。

ところが、県警は、中田充容疑者の逮捕後も訂正しようとしなかったとのことです。伯父は「由紀子の姉は遺体を派遣して携帯で旦那(充容疑者)と話した時に死んごうどたる言っただけ。自殺した(無理心中をした)とは言っていない。そこで旦那は自分が警察に言ったんです

なのに報道では姉が自殺と中田充容疑者に伝えた報道したこの報道のせいで由紀子さんの姉と中田充容疑者が最初から繋がっていたのではないかとまで疑われてしまった。のですぐに取り消してと頼んだのですが県警は取り消せないと拒み続けた」と悲痛を訴えました。

ある社会記者によると謝罪はしても発表は取り消さないという県警の対応は身内(警察)の事件に神経質になっているからではないか、遺体発見当初の発表では、通常は出されるはずの家主の名前や職業が出ず後になって警察官と追加されたのは身内が関与している可能性を伏せておきたかったのではないかと話しています。

多くの記者が現場で異様とも言える県警よる取材妨害に遭遇しました。現場となった中田充容疑者の自宅は取材者を拒むようにブルーシートを隣のマンションにまで張って道を塞ぎ3人体制で警備の目を光らせました。歩道で写真を撮ろうと試みた多くの取材陣や一般人が警備員に危険なので立ち止まらないでと注意されるほどの厳戒態勢でした。

お通夜の斎場でも路上で撮影するマスコミにパトカーに乗った警察官が撮影を中止しろと割り込むなどしました。またある社会部記者によると記者クラブ加盟社には県警から遺族への取材を中止するよう連絡が届いたようで新聞各社は県警の徹底的な隠蔽に不満を漏らしました。

 

犯人中田充への判決は?

 

関与を否定、追起訴へ

引用: Pixabay

福岡地検は、2018年2月に2児に対する殺人罪で中田充容疑者を追起訴する方針を固めました。

妻への殺人罪で2017年6月に起訴されていますが、いずれも関与を否認していました。

 

容疑否認ののち再逮捕

引用: Pixabay

再逮捕容疑は県警通信指令課巡査部長だった2017年6月に自宅で長男の涼介くん、長女の美優さんを首をひものようなもの(ゴムチューブ)で締め、窒息させた疑いです。

捜査関係者によると、中田充容疑者は前夜に3人と寝室で寝て午前6時45分ごろに出勤した際も3人は眠っていたと容疑を否認しました。

 

中田充容疑者の判決について

引用: Pixabay

判決については、福岡母子3人母子殺害事件に関する明確なソースのある最新の資料を見つけることはできませんでしたが一審ののち、上告したことは間違いないと言えるでしょう。

 

犯人中田充の現在は?

 

Twitterでの反応

「離婚しようとしていたならば、殺す必要はなかったのではないか」「子供を殺める必要ははないだろう」「悲惨すぎる」「結婚に向いていなかったのではないか」などと言った声が上がっています。

このような悲惨な事件を起こした警察官が市民を守る仕事を続けられるはずはありません。

自らの手で家族を殺め失った中田充容疑者の現在の心境はどうなのでしょうか。

 

福岡母子3人殺害事件まとめ!

引用: Pixabay

妻だけではなく子供までもを日常のトレーニングで使うようなゴムチューブで殺め、放火して無理心中を装い、アリバイのために偽装電話、仕事上の立場を利用して嘘を重ねた中田充容疑者。

何が彼を追い込み、最悪の事態を引き起こしたのでしょうか。また、福岡県警にとって史上最悪の不祥事となった福岡母子3人殺害事件、うやむやにすることなく本当の意味で解決する日はやってくるのでしょうか。最新の情報が待たれます。

遺族の傷が癒えることはありませんが、この事件が正しい方向に向かうこと、正しい判決が降りることを切に願います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人気の記事