海外出身の芸能人・有名人一覧50選!女優・俳優・歌手・お笑い芸人など

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

海外出身の芸能人・有名人を紹介!

引用: Pixabay

今回この記事では、海外出身の芸能人・有名人の方々を一気にご紹介!

というのも…近年、日本の芸能界では水原希子さんや新田真剣佑さんのように海外出身という芸能人・有名人の方々がたくさん活躍されていて、その語学力などでも大きな話題になっていたりしますが

実はそういう海外出身の芸能人・有名人というのは昔から意外にたくさんいらっしゃるもので、決して珍しいことではないんです。

これまでメディアなどでハッキリそういったことを口にしなかったから話題にならなかったという方が多かっただけのことで…

きちんと調べてみると「え?この人も?」なんていう意外な海外出身の方々もたくさん発見できて、結構衝撃を受けたりするんですよ。

ということで今回この記事ではそんな海外出身の芸能人・有名人という方々を50人ご紹介。女優・俳優・歌手・お笑い芸人など…各ジャンルごとにまとめてご紹介していきたいと思いますよ。

ちなみに…”出身”と聞くとよく「生まれ育った」という意味として捉える人も多いかもしれませんが、実は”出身”には正しくは「生まれ育った」だけでなく「一定期間を過ごした」なんて意味もあるんです。

つまり、海外出身=海外で生まれ育った、海外で一時期過ごしたという意味になるということですね。

ですので今回は海外で生まれた方々だけでなく、海外で一時期過ごした経験があるという方達も一緒にご紹介していきますよ。

中にはもう既に海外出身として有名になっている方達もいらっしゃったりしますが、そういった方達がどの国で過ごしていつから日本に来たのか、という経歴を見ても面白いと思うので、ぜひそこのところも注目して読んでみてくださいね。

 

海外出身の芸能人・有名人一覧50選①【女優・モデル編】

引用: Pixabay

それでは早速、海外出身の芸能人・有名人50選を見ていくことにしましょう。

先程お話したように今回この記事では様々な海外出身の芸能人・有名人の方々を、女優・俳優・歌手・お笑い芸人などなど、各ジャンル5つに分けて10選ずつご紹介させていただきますよ。

まず最初は【女優・モデル編】です。女優・モデルの中で海外出身だという芸能人・有名人の方々10選をご紹介していくので、どんな方がいるのか最初から注目するようにしてみてくださいね。

 

【01】水原希子


 

この投稿をInstagramで見る

 

i_am_kikoさん(@i_am_kiko)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。女優・モデル編の1人目としてご紹介するのは、先程冒頭でも名前が登場した、海外出身芸能人・有名人としてはもうすっかり知られている、水原希子さんです。

水原希子さんはアメリカ合衆国テキサス州のダラス出身。1990年にダラスで生まれ2歳まで生活をしていました。その後家族と共に日本へ移住。それ以降はずっと日本で暮らしてきたんです。

そんな水原希子さんは2003年(13歳)の時に雑誌「Seventeen」のオーディションを受け見事合格し、モデルとしての活動をスタートするようになりました。

2009年(19歳)には映画「ノルウェイの森」に出演をし女優デビューも果たすように。以降モデル・女優として様々な場で大活躍するようになっていったんですね。

 

【02】忽那汐里


 

この投稿をInstagramで見る

 

忽那汐里 FANstagramさん(@shiolistagram2)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。女優・モデル編で2人目にご紹介するのは、忽那汐里さんです。

忽那汐里さんはオーストラリアのシドニー出身。1992年にシドニーで生まれ、その後も中学生になるまでずっとシドニーで暮らしてきました。

2006年(14歳)の時に女優を目指すために日本へやって来て、あのオスカープロモーションの全日本国民的美少女コンテストに参加。見事審査員特別賞を受賞し、芸能界入りすることとなったんです。

翌年2007年(15歳)にはお母さん・弟さんと一緒に日本に移住するようになり、「3年B組金八先生」で女優デビューを果たしたんですよ。

 

【03】木村佳乃

Array

 

この投稿をInstagramで見る

 

atsuko saekiさん(@yunahica)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。女優・モデル編で3人目にご紹介するのは、最近バラエティなどでの活躍も増えその意外な面白いキャラでますます人気を集めている、木村佳乃さんです。

あまり知られていないかもしれませんが、実は木村佳乃さんもイギリスのロンドン出身という海外出身芸能人・有名人の1人。お父さんの仕事の都合で生まれてから2歳までの間、ロンドンで暮らしていたんです。

さらに木村佳乃さんは中学時代にもアメリカのニューヨークで生活をしていました。2歳から小学生までの間は1度日本に移住ししばらく住んでいたんですが…中学生になるとまたお父さんの仕事の都合でニューヨークへ引っ越し。それから高校生になるまでニューヨークでまた海外生活を送っていたんです。

その後日本に戻った木村佳乃さんは女優になりたいという夢を持つようになり、読者モデルとしての活動を始め、大学に進学するとドラマ・大学に出演するチャンスを掴むようになります。

そして1997年(21歳)の時に出演した映画「失楽園」ではなんと日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。それから一気にブレイクするようになり、女優として活躍するようになっていったんです。

 

【04】石田ゆり子

 

この投稿をInstagramで見る

 

さちこめ。さん(@satikome.k)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。女優・モデル編で続いてご紹介するのは、石田ゆり子さんです。

石田ゆり子さんはこれまでご紹介してきた方々とは違い、成長してから数年だけ海外に暮らしていたというタイプの海外出身芸能人・有名人になります。

海外に住んでいたのは中学時代。住んでいた場所は台湾の台北市でした。石田ゆり子さんもお父さんの仕事の都合で台北市に引っ越しをし中学3年間を過ごすこととなり、高校生になると同時にまた日本へ戻ってきてたんですね。

その後石田ゆり子さんは高校1年の時に自由が丘でスカウトをされてモデルとしての活動をスタートさせるようになります。そして1988年にはドラマ「海の群星」で女優デビュー。以降数々の作品に出演するようになっていったんですね。

 

【05】石田ひかり

Array

 

この投稿をInstagramで見る

 

【非公式】木曜劇場『モトカレマニア』さん(@motokare_mania_2019)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。女優・モデル編で続いてご紹介するのは、先程ご紹介した石田ゆり子さんの妹さん、石田ひかりさんです。

先程、石田ゆり子さんがお父さんの仕事の都合で台湾の台北市に引っ越して生活をしていた、とお話しましたよね?ですから当然妹の石田ひかりさんもその頃一緒に台湾・台北市で生活をしていたということに。石田ゆり子さん・ひかりさん姉妹は2人揃って海外出身の芸能人・有名人になるというわけですね。

ちなみに石田ひかりさんは石田ゆり子さんより3歳年下なので、台湾・台北市で生活をしていた当時は小学生でした。その後中学生になると同時に日本に戻ってきたんです。

そしてなんと…石田ひかりさんも石田ゆり子さん同様に、帰国後すぐにスカウトをされ芸能活動を始めることとなったんです。1986年(14歳)の時にドラマ「妻たちの課外授業Ⅱ」で女優デビューし、また翌年1987年(15歳)にはアイドル歌手としてもデビューを果たしたんですよ。

 

【06】香椎由宇

 

この投稿をInstagramで見る

 

All Asian Drama 🇯🇵 🇰🇷 🇨🇳 🇹🇼さん(@shinleeinah)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。女優・モデル編で次にご紹介するのは、香椎由宇さんです。

香椎由宇さんはシンガポールの出身。生まれは日本なんですが、小学生になると家族と一緒にシンガポールへ移住し、その後6年間シンガポールで生活をしていたんです。そして中学生になると同時にまた日本へ帰国し、以降ずっと日本で暮らすこととなったんですね。

そして2001年(14歳)の時からは雑誌でモデルとして活動もするようになり、2005年(18歳)には映画「ローレライ」で女優デビューを果たすようになったわけです。

ちなみに香椎由宇さんは2007年(20歳)の時にも3か月間、大学のカリキュラムの関係でカナダに語学留学研修にも行っているんです。その3ヵ月の間は芸能活動もストップしていたのですが、日本に戻ってくるとまたすぐに復帰されたんですよ。

しかも復帰してしばらくした後、俳優のオダギリジョーさんとの結婚も発表。世間を大きく騒がせることとなったんです。

 

【07】河北麻友子

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mayuko Kawakita 河北麻友子さん(@mayukokawakitaofficial)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。女優・モデル編で続いてご紹介するのは、こちらももう海外出身の芸能人・有名人としてはすっかり知られている、河北麻友子さんです。

河北麻友子さんはアメリカのニューヨーク出身。1991年にニューヨークで生まれ、その後もずっとニューヨークで育ちました。お父さんがニューヨークで会社を経営されていて、実はかなりのお嬢様なんだそうです。

そんな河北麻友子さんも2003年(12歳)になると女優を目指して単身で訪日し、全日本国民的美少女コンテストに応募。そしてグランプリ賞・マルチメディア賞という素晴らしい賞を受賞し、そのまま芸能界入りをすることが決まったわけなんですね。

2008年(17歳)になると日本での生活をスタートさせ、本格的に芸能活動もするようになっていったんですよ。

 

【08】トリンドル玲奈

 

この投稿をInstagramで見る

 

@cutegirllove.16がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。女優・モデル編で続いてご紹介するのは、こちらもすっかり大人気のハーフモデルで、海外出身の芸能人・有名人としても知られているトリンドル玲奈さんです。

トリンドル玲奈さんは実は様々な国での生活を経験されているという、驚きの経歴を持った海外出身芸能人・有名人の1人。一応出身はオーストリアのウィーンで、生まれたのも高校生になるまでの間1番長く生活していたのもウィーンとなっているんですが、

お父さんの仕事の都合でアメリカやフランス・日本と、他の様々な国にも度々引っ越しをし生活をしていたんですね。その引っ越し回数はなんと15回以上にもなるんだとか。

そんなトリンドル玲奈さんは高校生になると日本に移住し、それ以降はずっと日本で生活することとなったんですが…高2になった時にスカウトを受け、芸能事務所に所属するようになったんです。

そして2009年(17歳)、広告に起用されたのがキッカケでデビュー。以降は皆さんもご存知のように、モデル・タレントとして幅広く活躍をするようになっていったんです。

 

【09】すみれ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sumireさん(@sumire808)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。女優・モデル編で次にご紹介するのは、石田純一さんの美しすぎる娘としても有名になっている、すみれさんです。

すみれさんも海外出身の芸能人・有名人としてはもうすっかり有名なので知っている方も多いと思いますが…出身はハワイになります。生まれたのは東京なんですが、お父さんの石田純一さんとお母さんの松原千明さんが別居をするようになったのをキッカケに、7歳でハワイへ移住し、それ以降ずっとハワイで生活をされてきたんですね。

そんなすみれさんは2011年(21歳)になると、当時通っていた大学を休学し、日本に帰国して芸能活動を本格的に始めるようになりました。あの石田純一さんの娘ということですぐに大きな注目も集めるようになり、それからはタレント、さらに女優・歌手として一気に活躍するようになっていったんです。

2014年以降はアメリカのドラマや映画などにも出演をし、ハリウッド進出も果たしているんですよ。

 

【10】長谷川潤

 

この投稿をInstagramで見る

 

honey_magazineさん(@honey_magazine)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。女優・モデル編で最後にご紹介するのは、多くの女性が憧れる大人気のハーフのモデルで、海外出身芸能人・有名人の1人として知られている長谷川潤さんです。

長谷川潤さんはハワイ州ハワイ島ヒロの出身。生まれたのはアメリカのニューハンプシャー州なんですが、2歳になると家族でハワイへ移住することになり、その後中学生くらいまでずっとハワイで生活をしていたんです。

そんな長谷川潤さんは14歳になった頃、ハワイでスカウトを受けたのがキッカケでモデル業に興味を持つようになります。そして翌年15歳になった時に日本へ移り、本格的にモデル業の仕事を始めるようになったんですね。

そして2002年(16歳)には雑誌「vivi」のレギュラーモデルとなりそこから一気に人気が爆発。以降はモデルとしてだけでなくタレントとしての活動も始め、TV出演も多くなり、ますます活躍していくようになっていったんですね。

 

海外出身の芸能人・有名人一覧50選②【俳優編】

引用: Pixabay

海外出身の芸能人・有名人50選。続いては【俳優編】のご紹介になります。つまり男性の俳優の中で海外出身だという芸能人・有名人の方々10選のご紹介です。

こちらも海外出身ということでもうすっかり有名な方もいれば、中には「そうだったの?」と驚くような意外な方達もいたりしますからね。最後までぜひ注目して見ていってみてくださいね。

 

【11】新田真剣佑

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIHARUさん(@miharu.877)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。俳優編でまず最初にご紹介するのは、こちらも先程冒頭で名前が登場した、海外出身芸能人・有名人としてすっかり知られているイケメン俳優、新田真剣佑さんです。

新田真剣佑さんはアメリカのロサンゼルスにあるサンタモニカ出身。ご存知、あの千葉真一さんの長男としてサンタモニカで生まれ、その後も高校を卒業するまでずっとサンタモニカで生活をしてきました。

そんな新田真剣佑さんはお父さんの影響か、芸能活動には早くから興味を持つようになり、2012年(16歳)の頃からアメリカの映画やショートフィルムに出演したりと、ハリウッドで様々な活動もされていたんです。

そして2014年(18歳)になるとついに日本に移住し、日本で芸能活動することを決意したのです。以降ドラマや映画など様々な作品に出演するようになっていき…現在も大人気のイケメン俳優として大活躍されているわけです。

 

【12】小澤征悦

 

この投稿をInstagramで見る

 

yasuyuki ishiiさん(@ysyk_barmyarmy)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。俳優編で2人目にご紹介するのは、こちらもお父さんがとっても有名な方。あの世界的指揮者・小澤征爾さんの息子さんでもある俳優・小澤征悦さんです。

お父さんの仕事の都合なのか、小澤征悦さんも海外生活の経験を持つ海外出身芸能人・有名人の1人になります。ちなみに出身はアメリカカリフォルニア州のサンフランシスコ。生まれた頃から4歳頃までサンフランシスコで生活し、その後日本に移住するようになったんです。

ただそんな小澤征悦さん、演劇に興味を持つようになり大学時代には再び海外への移住を決意するんです。ボストン大学演劇科への留学を決め、演劇を学びに行くこととなるんですね。

そしてボストン大学で演劇を学んだ小澤征悦さんは大学卒業後、日本に戻ってくると早速俳優としての活動をスタートさせました。1998年(24歳)にはなんといきなりNHK大河ドラマ「徳川慶喜」で俳優デビュー。その演技力が評価され、その後様々なドラマ・映画などに出演も果たすようになっていったんです。

 

【13】古川雄輝

 

この投稿をInstagramで見る

 

古川雄輝さん(@yuki_furukawa_hp)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。俳優編で3人目にご紹介するのは、最近第1子が誕生しパパになったことでも大きな話題になった、古川雄輝さんです。

古川雄輝さんはカナダ出身の経験がある海外出身芸能人・有名人の1人。生まれは東京なんですが、7歳からはお父さんの仕事の都合でカナダに移住をし、その後8年間カナダで生活をしていたんです。

しかも古川雄輝さん、高校からは単身でアメリカのニューヨークにも行き、3年間1人で生活もしていたんです。結局計11年間海外に暮らしていたわけで、これまでご紹介してきた海外出身芸能人・有名人の中では1番海外生活経験が長い方になるんですね。

そんな古川雄輝さんは慶應義塾ニューヨーク学院に進学をし、そこから慶應義塾大学理工学部に進む目的で日本に帰国するようになるのですが…2010年(23歳)になると新人発掘オーディション「キャンパスター★H50withメンズノンノ」に応募し、そこで見事新人賞特別賞を受賞。それがキッカケで芸能界デビューすることとなったんですね。

そしてその後は演技力だけでなくその抜群の語学力も評価され、様々なドラマ・映画などにも出演を果たすようになっていったわけです。2013年(26歳)の時には日英共同作品の舞台にも出演し、海外デビューもしているんですよ。

 

【14】宮沢氷魚

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮沢氷魚さん(@miyazawahio)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。俳優編で続いてご紹介するのは、最近杏さん主演のドラマ「偽装不倫」で相手役を務めたことでも話題に。お父さんもあのTHE BOOMのボーカル・宮沢和史さんでとっても有名だという、宮沢氷魚さんになります。

宮沢氷魚さんもアメリカカリフォルニア州のサンフランシスコ出身。サンフランシスコで生まれるとすぐに東京へ移住し、高校まで東京で生活をしていたのですが…高校を卒業するとまたサンフランシスコに留学をし、カリフォルニア大学サンタクルーズ校へと進学。大学時代もサンフランシスコで生活をしていたんです。

そんな宮沢氷魚さんはお父さんの影響で昔から芸能界に興味を持っていて…アメリカ留学中から芸能活動も始めるようになりました。2015年(21歳)の時には雑誌「MEN’S NON-NO」のオーディションも受け見事グランプリも獲得し、専属モデルとしてデビュー。

そしてその後大学を卒業し日本に戻ってくると、本格的に俳優としての活動も始めていったわけです。お話したように最近はドラマ「偽装不倫」への出演も果たし、一層注目を集めるようにもなったんです。

 

【15】阿部力

 

この投稿をInstagramで見る

 

KOU ASADOさん(@nikou125)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。俳優編で続いてご紹介するのは、こちらも以前から海外出身の芸能人・有名人としてかなり知られていた方、阿部力さんです。

阿部力さんは中国の黒竜江省の出身です。生まれてから9歳まではそのまま黒竜江省で生活していて、中国名であるリー・ドンドンという名前を名乗っていたのですが、9歳になると日本に移住しその後帰化することことなったんです。それからは名前も日本人である祖母と同じ阿部姓を名乗るようになったんですよ。

ただそんな阿部力さん、2000年(18歳)になると再び中国に戻り、なんと中国の方で先に芸能活動を始めるようになったんです。映画関係の人材を養成する中国の大学、北京電影学院にも入り1年研修。在学中に映画の主演にも抜擢され、そこから本格的に俳優としての活動を始めるようになったんです。

そうして中国で数年キャリアを積んだ後、2005年(23歳)からはついに日本での芸能活動もスタート。同年にあの人気ドラマ「花より男子」への出演を果たし、一気に知名度を上げるようになったんですね。

 

【16】金城武

 

この投稿をInstagramで見る

 

みうもさん(@miumo01)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。俳優編で続いてご紹介するのは、こちらも以前から中国・香港・台湾など様々な国で活躍されている俳優さんとして有名で、海外出身芸能人・有名人としてもすっかり知られている金城武さんです。

金城武さんは台湾の台北市出身。台北市で生まれその後もずっと台北市で暮らしてきて、中学までは台北日本人学校、高校からは台北アメリカンスクールにも通われていました。

そんな金城武さんは高校生になった時に台北市でスカウトを受け、それがキッカケで芸能界入りをするようになりました。最初は中国・香港で活動をしていたのですが、90年代後半になってからは日本でのドラマやCMの仕事も増えるようになり、そこから日本でも知名度もどんどん上がっていくように。

その後「LOVERS」や「レッドクリフ」といった話題の映画にも出演を果たすようになり、世界的な俳優としてどんどん活躍するようになっていったわけです。

最近は日本で見ることはまた減ってしまったんですが…中国・香港などでは今でも様々な作品に出演していて、相変わらず俳優として大活躍されているんですよ。

 

【17】小出恵介

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hisako Tagaさん(@chiatann)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。俳優編で続いてご紹介するのは、小出恵介さんになります。

小出恵介さんは2017年にある不祥事を起こしてしまい、それからは芸能活動を休止している状態になってしまっているんですが……実は小学生時代にある国で海外生活をしていたという経歴を持つ、海外出身芸能人・有名人の1人でもあるんです。

そのある国というのがインドになります。小出恵介さんも生まれは東京なんですが、小学生2年生からはお父さんの仕事の都合でインドのニューデリーに移住し、その後小学5年生になるまでの3年間インドでずっと生活をしていたんです。

そんな小出恵介さんは大学時代、オーディション情報誌「月刊De-View」の誌上オーディションに写真が掲載され、芸能事務所から声が掛かったことがキッカケで芸能活動もスタートするようになりました。

そして俳優を始めるとすぐにその演技力も認められるようになり、その後様々なドラマ・映画にも出演を果たすように…数々の話題作にも出演を果たし、演技派俳優として大活躍するようになっていったんですね。

 

【18】水嶋ヒロ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiro Mizushimaさん(@hiro_mizushima_official)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。俳優編で次にご紹介するのは、水嶋ヒロさんです。

水嶋ヒロさんも近年は小説家や会社のCEOとしての活動が目立っていて、俳優として姿を見ることはすっかり少なくなってしまった方ですが…実は幼少期から小学生時代を海外で過ごしていた経験があるという、海外出身芸能人・有名人の1人でもあるんです。

ちなみに水嶋ヒロさんが生活していたのは、スイスのチューリッヒです。水嶋ヒロさんも生まれは日本なのですが、お父さんの仕事の都合で小さい頃からスイスに移住するようになり、その後小学校を卒業するまでスイスで暮らしていたんです。そして中学生になる頃に日本へ戻ってきて、以降はずっと日本で生活をしてきたんですね。

そんな水嶋ヒロさんは大学時代アルバイトでファッションモデルを始めたことがキッカケで芸能活動を始めるようになりました。そしてそこから数々のドラマ・映画に出演するようになり、俳優として活躍するように…

そしてお話したように、近年は小説家やCEOなどの様々な活動もするようになり、さらに幅広く活躍されるようになったんですね。2009年には歌手の綺香さんと結婚したことでも大きな話題となりました。

 

【19】加瀬亮

 

この投稿をInstagramで見る

 

Springさん(@kase_ryo.fanstagram)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。俳優編で続いてご紹介するのは、こちらも才能溢れる大人気の俳優さん、加瀬亮さんです。

加瀬亮さんもあまり知られていないと思いますが、実はアメリカワシントン州のベルビュー市出身という経歴を持つ海外出身芸能人・有名人の1人なんです。

生まれは日本なんですが、その後すぐにお父さんの仕事の都合でベルビューに移住し、その後7年間生活をすることとなったんです。そして7歳になるとまた日本へ帰国し、以降はずっと日本で暮らしてきたわけなんですね。

そんな加瀬さんは大学時代、先輩の舞台を見たことがキッカケで芝居の面白さに目覚め俳優を目指すようになりました。そしてその後はなんと大学も中退。芸能事務所に所属し、俳優の浅野忠信さんの付き人になったり製作スタッフとして働いたりと…様々な経験をすることとなります。

そしてその努力の甲斐あって、2000年(26歳)の時に映画「五条霊戦記」でやっと俳優デビューできるようになったんです。以降は徐々にその演技力が認められるようになり、様々なドラマ・映画などに出演を果たすようになっていったんですね。

 

【20】村井國夫

 

この投稿をInstagramで見る

 

青谷優衣 y u i a o y aさん(@yu__i.aoya)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。俳優編で最後にご紹介するのは、大御所俳優で近年も数々の話題作に出演されていている、村井國夫さんです。

村井國夫さんは実は中国の天津市出身という経歴を持つ海外出身芸能人・有名人の1人。第二次世界大戦中に天津市で生まれ家族と共にしばらくの間生活をしていたのですが、終戦後日本に帰国しお母さんの実家がある佐賀県へと引っ越し、以降はずっと佐賀県で暮らしてきたんです。

そんな村井國夫さんは高校時代、お母さんの勧めで演劇部に入るようにもなります。その演劇部で芝居の面白さに目覚め、芝居漬けの生活を送るようになり…高校卒業後は俳優を目指して上京することとなったんです。

そしてその後は劇団俳優座養成所に入所をし、卒業後の1966年(22歳)の時に東映の映画に出演することになり、そこで俳優デビュー。以降は様々な作品に出演を果たすようにもなり、さらに声優などの仕事も増えるようになり…幅広い分野で活躍されるようになっていったんですね。

 

海外出身の芸能人・有名人一覧50選③【歌手編】

引用: Pixabay

海外出身の芸能人・有名人50選。続いては【歌手編】のご紹介です。

女優・俳優さんだけでなく歌手の方々の中にも海外出身の芸能人・有名人という方は実は結構いらっしゃるものなんです。ですのでここからはそんな海外出身の歌手の方10選もまとめてご紹介していきたいと思いますよ。

こちらもどんな方がいるのか、最後まで注目して読んでいってみてくださいね。

 

【21】野田洋次郎(RADWIMPS)

 

この投稿をInstagramで見る

 

RADWIMPSさん(@radwimps_jp)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。歌手編でまず最初にご紹介するのは、あの大人気ロックバンド・RADWIMPSのボーカルでもある、野田洋次郎さんです。

野田洋次郎さんも実はアメリカ出身という経歴を持つ海外出身芸能人・有名人の1人。生まれは日本なんですが、幼少期の頃にアメリカテネシー州のナッシュビルに引っ越しをし、その後2年間ナッシュビルで生活をしていたんです。

さらにその後はカリフォルニア州のロサンゼルスにも引っ越し、それからしばらくはロサンゼルスで生活もしていました。10歳になると日本に帰国をすることになり、それ以降はずっと日本で暮らすこととなったんです。

そんな野田洋次郎さんは高校時代に現メンバーである桑原彰さん・武田祐介さんと出会い、そしてRADWIMPSを結成されたんです。そしてしばらくはインディーズとして活動をし…2005年11月23日に東芝EMIからメジャーデビュー。

その後はオリコンTOP10入りを続けるなど快挙を見せようになり、大人気バンドとして活躍するようになっていったわけです。近年は映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」も社会的現象になるほどの大ヒットになり、ますます人気を集めるようになりましたよね。

 

【22】宇多田ヒカル

 

この投稿をInstagramで見る

 

dogmaさん(@utadahikarustan)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。歌手編で2人目にご紹介するのは、こちらも大人気の歌手、宇多田ヒカルさんです。

ご存知の方も多いかと思いますが、宇多田ヒカルさんはアメリカニューヨークの出身です。1983年にあの藤圭子さんの長女としてニューヨークで生まれ、その後もしばらくニューヨークで暮らしていました。何歳の時に日本に帰国したかという詳しい情報は分からないのですが…小さい頃から日本とアメリカを行ったり来たりといった生活をしていたんです。

そんな宇多田ヒカルさんは5歳の頃から歌手に憧れていたようで、小さい頃からご両親と共に数々の音楽活動をするようになっていったんです。そして1998年(15歳)の時に1stシングル「Automatic/time will tell」を発売し、歌手デビュー。

その後は皆さんもご存知の通り、様々なヒット曲を続けて生み出すようになり…「Utada」として海外でも活動をするようになり、世界的な歌手として活躍をするようになっていったんですね。

 

【23】新妻聖子

 

この投稿をInstagramで見る

 

@sweet_recollections_がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。歌手編で3人目にご紹介するのは、近年ミュージカル歌手として大人気になっている、新妻聖子さんです。

新妻聖子さんはタイのバンコクの出身。生まれは日本なんですが、お父さんの仕事の都合で11歳の頃からバンコクに移住し、その後7年間バンコクで暮らしていたんです。そして18歳の時にまた日本へ帰国して、以降は日本でずっと生活。上智大学法学部にも進学を果たすようになったんです。

そんな新妻聖子さんは2002年(22歳)の時に芸能界入りをしたんですが、最初は歌手としてではなく、TBSの人気番組「王様のブランチ」のブランチリポーターとしてデビューをしたんです。

その翌年2003年(23歳)の時、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のオーディションを受け、見事エポニーヌ役に合格。その舞台でやっと抜群の歌唱力が認められるようになったわけです。そしてそれからは主にミュージカルでの活動が増えるようになり、様々な舞台も踏むように…ミュージカル歌手として大活躍するようになっていったんですね。

 

【24】シシド・カフカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

シシド・カフカさん(@shishido_kavka)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。歌手編で続いてご紹介するのは、歌手兼ドラマーであり、そしてさらに女優・モデルとしても近年大活躍されている、シシド・カフカさんになります。

シシド・カフカさんもメキシコ出身という経歴を持つ海外出身芸能人・有名人の1人になります。1985年にメキシコで生まれ、それから小学校時代までメキシコでずっと暮らしていたんです。

さらにその後はお父さんの仕事の都合でアルゼンチンにも移住をし、中学時代をアルゼンチンで過ごしていました。そして高校生になると日本に帰国し、以降ずっと日本で暮らすこととなったんです。ちなみにアルゼンチンにいた時にご両親からサイレントドラムをプレゼントされたことがキッカケでドラムを始められたんだそうですよ。

そんなシシド・カフカさんは19歳の時からプロドラマーとしての活動を始めるようになります。そして2011年(26歳)の時から知人のアドバイスで現在の”ドラムを叩きながら歌う”というスタイルに切り替えるようになったのですが…これが今までにない斬新なスタイルということで評判になり、その後デビューも決まるようになったんですね。

そして2012年(27歳)でデビューすると芸能界でも早速話題になり、メディアなどの出演も一気に増えるようになっりました。その後歌手だけでなくモデル・女優としての仕事も増えていくようになっていき…様々な場で活躍するようになっていったんですね。

 

【25】大貫亜美(PUFFY)

 

この投稿をInstagramで見る

 

PUFFY 大貫亜美さん(@ami_onuki)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。歌手編で続いてご紹介するのは、PUFFYの大貫亜美さんです。

大貫亜美さんも海外出身芸能人・有名人としてはあまり知られていないかもしれませんが、実は韓国のソウル出身という経歴を持つ方なんです。生まれは日本なんですが、1982年(9歳)の時に家族でソウルに移住し、それから小学校時代をずっとソウルで生活していたんです。そして中学生になると同時にまた日本に帰国することとなったんですね。

その後大貫亜美さんは歌手になりたいと思うようになり、高校3年の時にはソニーのオーディションも受け、見事合格も果たします。そして1994年(21歳)の時に吉村由美さんと出会い、ついにPUFFYを結成。

そして1996年5月に1stシングル「アジアの純真」を発売しデビューすることとなったんですね。以降は数々のミリオンヒットを出したり、海外での活動をスタートさせたりと、大活躍していくようになっていったわけです。

2002年にはGLAYのTERUさんとの結婚も発表し、世間を大きく騒がせることとなったんですよね。

 

【26】伊藤由奈

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuna Itoさん(@_yunaito)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。歌手編で続いてご紹介するのは、伊藤由奈さんです。

伊藤由奈さんはハワイ出身の海外出身芸能人・有名人の1人。生まれたのはアメリカのロサンゼルスだったんですが、その後すぐにハワイへ移住して、それからずっとハワイで生活してきたんです。

そんな伊藤由奈さんは2004年(21歳)の時に映画「NANA」のオーディションを受け見事、芹沢レイラ役に抜擢。それがキッカケで日本に移住するようになり、芸能界入りも果たすようになりました。

その後映画「NANA」に使われたシングル「ENDLESS STORY」で歌手デビューも果たすのですが、これが大ヒットし、一気に話題の歌手として世間から注目を浴びることとなったんです。以降は「アンフェア」「海猿」など様々な話題作の主題歌も担当するなどして、ますます歌手として活躍するようになっていったんですね。

 

【27】岡本圭人(Hey!Say!JUMP)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keito.o…0401さん(@keito.o___0401)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。歌手編で次にご紹介するのは、あのジャニーズの人気グループHey!Say!JUMPのメンバーである、岡本圭人さんです。

岡本圭人さんは小学校4年生から5年間、イギリスのロンドンで生活をしていました。しかも家族で引っ越していたとかではなく、留学目的でロンドンへ行っていたんです。

しかも岡本圭人さん、中学からはロンドンの全寮制の学校に入学し生活もしていたんですが…その頃はもう既にジャニーズに入っていて、中学2年からはなんとHey!Say!JUMPとしてデビューを果たしていたんですよ。

当時は夏季休暇などまとまった休みの時だけ帰国して、芸能活動をしていたわけです。その後中学3年の時に日本にきちんと帰国をし、それから芸能活動もどんどん増やすようになっていって、より活躍するようになっていったわけなんですね。

ただそんな岡本圭人さん…実は現在もまたアメリカのニューヨークに留学していて、Hey!Say!JUMPとしての活動を休止しているんです。ニューヨークの演劇学校で2年間演劇を学ぶため、昨年2018年8月末から2年間芸能活動を休むこととなったんです。

つまり現在もまた海外生活を送り、勉学に励んでいるわけです。演劇を学ぶということは今後の仕事のために学びたいという気持ちで行ったのかもしれませんが…芸能活動を一時休止してまで留学するだなんて、本当にすごい努力家ですよね。今から復帰を楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか。

 

【28】生田絵梨花(乃木坂46)

 

この投稿をInstagramで見る

 

しんさん(@kufuku11)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。歌手編で次にご紹介するのは、こちらも大人気グループのメンバー。乃木坂46の、生田絵梨花さんです。

生田絵梨花さんはドイツのデュッセルドルフ出身。1997年にデュッセルドルフで生まれ、それから5歳まで暮らしていました。その後日本に帰国し、以降はずっと日本で生活しているんですね。

その後生田絵梨花さんは2011年(14歳)の時に乃木坂46の1期生オーディションを受け、合格。翌年2012年(15歳)にCDデビューも果たし、乃木坂46としての活動をスタートさせました。グループとしても個人としても人気が出るようになり、女優などの仕事も増えていくように…

また元々ミュージカルが好きで歌唱力もあったため、近年は乃木坂46の活動だけでなくミュージカルなど舞台の仕事も増えてきているんです。最近は舞台上だけでなく、「FNS歌謡祭」などの番組でもミュージカル歌手としてその歌声を披露されたりしています。

 

【29】加藤登紀子

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちちんぷいぷいさん(@puipui_mbs)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。歌手編で続いてご紹介するのは、こちらも大御所でかなり有名な歌手、加藤登紀子さんです。

加藤登紀子さんも実は満州国のハルビン出身という経歴を持つ海外出身芸能人・有名人の1人になります。ハルビンにはそんなに長くはいなかったようですが…1943年に生まれ、少しの間暮らしていたようです。その後日本に帰国し、京都で育ってきたとのことです。

そんな加藤登紀子さんはなんと東京大学文学部卒業という素晴らしい学歴を持っているのですが、その東京大学在学中、1966年(23歳)の時に歌手デビューも果たしたんです。以降は様々な曲を出し、レコード大賞をいくつも受賞。また映画やドラマへの出演も果たすなどして、歌手・女優として活躍されるようになっていったんです。

1987年(44歳)には「百万本のバラ」も大ヒット。さらに1992年(49歳)の時にはあのジブリ映画「紅の豚」でヒロイン役であるジーナの声も演じ、より知名度も上がることとなったんですよね。若い方達の中にも加藤登紀子さん=ジーナというイメージを持っている方が圧倒的に多くなってくるのではないでしょうか。

 

【30】デーモン閣下

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomomoさん(@tomomo.d)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。歌手編で最後にご紹介するのは、デーモン閣下です。

意外かもしれませんが実はデーモン閣下も海外出身という経歴を持つ芸能人・有名人の1人になるんです。ちなみに出身はアメリカのニューヨーク。生まれは日本なんですが、幼稚園の頃にニューヨークで移住しそれから小学1年生の途中まで暮らしていたそうです。その後はまた日本に帰国し、ずっと生活をしてきているんですね。

そんなデーモン閣下は近年、朝の番組のコメンテーターなどタレントとしての活動が中心となっていますが…元々は立派な歌手。ヘヴィメタルバンド・聖飢魔Ⅱのボーカルでもあったんです。

1985年に「聖飢魔Ⅱ~悪魔が来たりてヘヴィメタる~」というアルバムでデビューし、そして翌年1986年に発売したシングル「蝋人形の館」が大ヒット。一躍有名となって活躍していくこととなったんです。

その後聖飢魔Ⅱは1999年に解散することとなり、そこからデーモン閣下はタレントとしての仕事が増えるようになっていったのですが…聖飢魔Ⅱは近年も数年に1度再集結をして、期間限定でツアーやフェスへの参加を行ったりしているんですよ。

ですのでもしかしたら今後も、歌手としてのデーモン閣下の姿を見る機会は度々訪れるかもしれませんね。

 

海外出身の芸能人・有名人一覧50選④【お笑い芸人・タレント編】

引用: Pixabay

海外出身の芸能人・有名人50選。続いては【お笑い芸人・タレント編】のご紹介です。

お笑い芸人・タレントの中にも「え?この人も」と思うような意外な海外出身という方々が結構揃っていたりするんですよ。特にお笑い芸人の方々はそんなイメージまるでなかったという方々が多いので、皆さんも本当に驚かれるのではないでしょうか。

ですのでこちらも引き続き、ぜひ注目して読んでいってみてください。これまでとイメージが変わるという方も多くなってくるかもしれませんよ。

 

【31】劇団ひとり

 

この投稿をInstagramで見る

 

坂本美雨のディア・フレンズさん(@dearfriends80)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。お笑い芸人・タレント編でまず最初にご紹介するのは、お笑いはもちろん俳優や・小説家などマルチな才能でも活躍されているお笑い芸人、劇団ひとりさんです。

劇団ひとりさんといえばよくネタで中国人のマネなどをしたりしていますが、実は本当に海外出身という経歴を持つ芸能人・有名人の1人でもあったんです。出身は中国ではなく、アメリカのアラスカ州なんですが。お父さんがパイロットだったため、その仕事の都合で小学校2年から5年の頃までアラスカ州に移住して生活をしていたんです。

その後劇団ひとりさんは日本に帰国し、以降もずっと日本で暮らしてきたんですが…1992年(17歳)の時に「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」内のコーナー「お笑い甲子園」に出場したことがキッカケで太田プロダクションに所属することになり、お笑い芸人としてデビューすることとなったんです。

そしてその後はピン芸人になりブレイクをするようになり…さらにはお話したように、お笑い芸人としてだけでなく俳優・小説家・キャスターなど様々なジャンルの仕事も増えていき、マルチに活躍するようになっていったわけです。

2009年(32歳)の時には大沢あかねさんとの結婚も発表し大きな話題となりましたよね。

 

【32】藤森慎吾

 

この投稿をInstagramで見る

 

藤森慎吾(オリラジ)さん(@fujimori_shingo0317)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。お笑い芸人・タレント編で2人目にご紹介するのは、お笑い芸人・オリエンタルラジオの藤森慎吾さんです。

藤森慎吾さんも実は香港出身という経歴を持つ海外出身芸能人・有名人の1人。生まれは日本なんですが、小学校を卒業するとお父さんの仕事の都合で香港に移住し、その後中学時代を香港で暮らすこととなったんです。そして中学を卒業すると同時にまた日本に帰国し、以降は日本でずっと暮らすようになったんですね。

そんな藤森慎吾さんは大学時代のアルバイト先で相方である中田敦彦さんに出会い、一緒にお笑い芸人を目指してNSCに通うことになったんです。そしてNSC在学中からM-1グランプリ準決勝進出など才能を見せるようになり、2005年(22歳)には異例のTVデビューまですることに。デビュー後も「武勇伝」ネタですぐさま一躍大ブレイクすることとなったんですね。

そして皆さんもご存知のように、それ以降もチャラ男キャラやRADIO FISHなどマルチに活動していくようになり、活躍し続けるようになったというわけなんです。近年はお笑い芸人・歌手の他に、俳優としても活躍されてきていますよね。

 

【33】渡辺直美

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。お笑い芸人・タレント編で3人目にご紹介するのは、こちらもマルチに大活躍し大人気となっている女性お笑い芸人。渡辺直美さんです。

渡辺直美さんもメディアで自身が海外出身ということをよく話していたりもするので、ご存知の方も多いかもしれませんが…実は台湾出身という経歴を持つ海外出身芸能人・有名人の1人なんです。

お母さんが台湾の方なので、渡辺直美さんも台湾で生まれ少しの間暮らしていたんですね。幼少期の頃ご両親が離婚しお母さんに引き取られたのをキッカケにまた日本に帰国するようになったんだそうです。

その後渡辺直美さんもずっと日本で暮らしてきたんですが…中学生のころから人を笑わせるということの楽しさに気付き、お笑い芸人を目指すようになっていったんですね。そして2006年(19歳)の時にNSCに入学。翌年2007年(20歳)の時にピン芸人としてデビューすることとなったんです。

そしてあのビヨンセネタで一躍大ブレイクすることに…以降バラエティ番組などに引っ張りだこになり、さらにはお笑い芸人としてだけでなく、モデルや女優・海外からの仕事なども来るようになりマルチに活躍するようになっていったわけです。

近年はニューヨークに移住もされていて、そちらでも様々な仕事で活躍をされているんですよね。

 

【34】福徳秀介(ジャルジャル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

名無しさん(@nanasi__yatsu)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。お笑い芸人・タレント編で4人目にご紹介するのは、お笑い芸人・ジャルジャルの福徳秀介さんです。

福徳秀介さんは実はアメリカのロサンゼルス出身。生まれは日本なんですが、生後10ヵ月でロサンゼルスに引っ越し、その後5年間もロサンゼルスで生活をしていたんです。それから日本に帰国し、以降はずっと日本の兵庫県で育ってきたんですね。

そんな福徳秀介さんは高校生になると関西大学第一高等学校に進学をしたのですが、その高校のラグビー部でジャルジャルの相方である後藤淳平さんと出会い親しくなったんです。そしてその後2人でお笑い芸人を目指してNSCに通うようにもなり、2003年(20歳)の時にジャルジャルも結成。

独特なシュールなネタでブレイクするようになり。さらに「爆笑レッドシアター」「めちゃ×2イケてるッ!」などの人気番組のレギュラーにもなったことで、一気に知名度を上げるようになっていったんですね。

 

【35】梅宮辰夫

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anna Umemiyaさん(@annaumemiya)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。お笑い芸人・タレント編で続いてご紹介するのは、こちらも大御所のタレント・俳優としてすっかり有名な、梅宮辰夫さんです。

梅宮辰夫さんも満州国ハルビンの出身。当時お父さんがハルビンの病院に勤務していて、家族みんなもハルビンに住んでいたため、梅宮辰夫さんも1938年にハルビンで生まれ少しの間生活をしていたんです。

さらにその後、お父さんが異動になったため梅宮辰夫さんは開原市(現中国の遼寧省)にも移住ししばらく生活していたんです。その後太平洋戦争が終結を迎えたため、1946年に日本に帰国し、以降はずっと日本で暮らすようになったんですね。

そんな梅宮辰夫さんは大学時代に銀座でスカウトを受け芸能界入りすることとなりました。そして1959年(21歳)の時に映画「少年探偵団   敵は原子潜航艇」でいきなり主演デビュー。その演技力が認められ、以降様々な作品に出演を果たすようになっていったわけです。

料理の才能も相当なもので、数々な料理番組に出演したり自分のお店を出したりと、そういった分野でも活躍を見せるようになっていったんですね。梅宮家の騒動(特に娘のアンナさんのこと)でワイドショーにもよく取り上げられていて、そのことで世間からも度々注目を浴びていました。

近年はロバートの秋山竜次さんに”体ものまね”なんてものをされたことで、また少し変わった注目のされ方をされていますよね。

 

【36】有村昆

 

この投稿をInstagramで見る

 

有村昆 映画コメンテーター Kon Arimuraさん(@kon_arimura)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。お笑い芸人・タレント編で続いてご紹介するのは、タレントとしてだけでなく映画コメンテーターとしてもすっかりお馴染みの、有村昆さんです。

有村昆さんもマレーシアのクアラルンプール出身という経歴を持つ海外出身芸能人・有名人の1人になります。1976年にクアラルンプールで生まれ、その後もずっとクアラルンプールで生活していました。

有村昆さんの場合もいつ頃日本に帰国したのかという詳しい情報は載っていないのですが、玉川大学芸術学部に通っていたという学歴があるので、少なくとも大学時代からは日本で生活していたようですよ。

そして玉川大学を卒業後、有村昆さんは東京アナウンスセミナーへの入学・卒業も果たしています。その後、映画コメンテーターやラジオパーソナリティーとしての活動を始めるようになっていき、徐々に活躍するようにもなっていったんですね。

そして2010年頃からはバラエティ番組などにも出演するようになり、タレントとしての仕事も増えるようになり、どんどん知名度を上げるようになっていったわけです。丸山いずみさんとの結婚やデロリアン購入・売却など、様々な話題でも世間を騒がせましたよね。

 

【37】西田ひかる

 

この投稿をInstagramで見る

 

森上亜希子さん(@akiko_morigami)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。お笑い芸人・タレント編で続いてご紹介するのは、西田ひかるさんです。

西田ひかるさんも昔からメディアでよく海外出身ということを話されていて、流暢な英語も披露されたりしていたので、海外出身芸能人・有名人としてはすっかり知られている存在ですよね。

ちなみに西田ひかるさんもアメリカカリフォルニア州のロサンゼルス出身です。生まれは日本なんですが、お父さんの仕事の都合で生後10ヵ月の時に移住し、それから13歳頃までロサンゼルスで暮らしていたんですよ。

そして13歳頃日本に帰国すると…その約3年後、1988年(16歳)の時に日本エアシステムのキャンペーンガールに起用され、芸能界デビューすることとなったんですね。その愛らしいルックスと歌唱力から同年アイドル歌手デビューも果たしましたし、その後は女優・タレントとしても大活躍するようになっていったんですよ。

 

【38】早見優

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAKOさん(@tako0621)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。お笑い芸人・タレント編で続いてご紹介するのは、早見優さんです。

早見優さんも先程の西田ひかるさん同様、昔から英語ペラペラなところをよく披露されていましたし、海外出身芸能人・有名人としてもすっかり知られている方ですよね。

ちなみに早見優さんはグアム、そしてハワイ出身。生まれは日本なんですが、その後家族と一緒にグアムに移住して3~7歳までをそこで生活。さらにその後はハワイにも移り7~14歳まで暮らしていたんですね。

そんな早見優さんは14歳の時にハワイの三越のエレベーターでスカウトを受けました。それがキッカケで芸能界入りを決め、単身日本に帰国するようになったんです。そして日本でしばらくレッスンを受けた後、1982年(16歳)の時にアイドル歌手デビュー。翌年1983年(17歳)には「夏色のナンシー」が大ヒットすることとなったんです。

そしてそれ以降歌手だけでなく、タレント・女優などの仕事も一気に増えていき、様々な分野で活躍されるようになっていったんですね。

 

【39】神田うの

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yumiko Yamamotoさん(@squall216)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。お笑い芸人・タレント編で続いてご紹介するのは、神田うのさんです。

こちらもご存知の方が多いかもしれませんが…神田うのさんも海外出身の芸能人・有名人の1人になります。ちなみに出身はインドネシアのジャカルタ。神田うのさんも生まれは日本なんですが、お父さんの仕事の都合で1歳の時にジャカルタに移住することになり、それから4歳までをジャカルタで暮らすこととなったんです。

その後神田うのさんはまた日本に帰国し、以降もずっと日本で生活することになったわけですが…中学生の時にモデル事務所にスカウトを受け、14歳からモデルとしての活動を始めることとなったんですね。そして19歳の頃からはバラエティ番組・ドラマ・映画などの仕事も増え、タレント・女優としての活動もしていくように。

さらに1999年(24歳)の時からは「コスモ・モーダ・ウノ」「U-NO」と続々と自身のブランドを発表し、ファッションデザイナーとしての才能・活躍も見せるようになっていったんですね。現在もウェディングドレスや振袖・ジュエリー・下着など、本当に多くのブランドを手掛けられているんですよ。

 

【40】ざわちん

 

この投稿をInstagramで見る

 

WORKING_MANさん(@sinseimode)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。お笑い芸人・タレント編で最後にご紹介するのは、”ものまねメイク”で有名になった、ざわちんさんです。

ざわちんさんは実は日本人のお父さんとフィリピン人のお母さんを持つハーフで、小さい頃数年フィリピンで生活していた経歴もあるんです。生まれたのは日本なんですが、3歳の頃からは家庭の事情でフィリピンに引っ越し、フィリピンにいる母方の祖父母の元で6歳まで暮らしていたんです。

その後小学生になる頃にお母さんが迎えに来て、一緒に日本へ帰国。以降はずっと日本で育つこととなったんです。

そんなざわちんさんは元々の顔が元AKB48の板野友美さんに似ていることで話題になり、それがキッカケでものまね番組などにも呼ばれるようになり、芸能界入りするようにもなっていきました。

そしてそこからは先程もお話した、芸能人・有名人の顔をメイクで真似る”ものまねメイク”も披露するようになり、より注目を集めるようになっていったんですね。普通にメイク・美容にも詳しいので、近年はビューティーアドバイザーなどの仕事をされるようにもなっているんですよ。

 

海外出身の芸能人・有名人一覧50選⑤【アナウンサー編】

引用: Pixabay

海外出身の芸能人・有名人50選。続いてはいよいよ最後の10選、【アナウンサー編】のご紹介です。

海外出身の芸能人・有名人の方々、調べてみると実は女性アナウンサーの中にも本当にたくさんいらっしゃるものなんです。それも皆さんがよく知っていたりする有名なアナウンサーの中に結構多かったりするんですよ。

ですので、最後の10選はそんな女性アナウンサーの方々の中からご紹介していきたいと思います。ちなみに各局のアナウンサーだけでなく、フリーになったという方々の中にも海外出身という方達が多かったので、今回はそうしたフリーになった方々・各局のアナウンサー合わせての10選をご紹介していきますよ。

ですのでこの最後の10選もぜひ注目して見ていってみてくださいね。

 

【41】田中みな実

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中みな実 FAN PAGEさん(@tanaka_minami_fan)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。アナウンサー編でまず最初にご紹介するのは、現在フリーアナウンサーとして活躍し最近女優などの仕事も増えてきている、田中みな実さんです。

実は田中みな実さんも様々な国で生活をしたという経歴を持つ海外出身芸能人・有名人の1人。生まれはアメリカのニューヨークで、出生後は1度日本に帰国したのですが

小学生時代はご両親の仕事の都合でまた海外へ移住することになり、しかもいろんな国を転々することとなったんです。その国というのはイギリスのロンドンやサンフランシスコなど。小学1年生から5年生頃まではそうして色々な国を転々とし…そして6年生になると中学受験のためにまた日本へ帰国することとなったんです。

そしてそれ以降ずっと日本で暮らしてきた田中みな実さん、高校を卒業後は青山学院大学文学部へと進み…青山大学を卒業した後、TBSへ入社しアナウンサーになったわけなんですね。お話したように現在はフリーアナウンサーになって、様々な仕事で活躍もされるようになっています。

 

【42】久保純子

 

この投稿をInstagramで見る

 

有村昆 映画コメンテーター Kon Arimuraさん(@kon_arimura)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。アナウンサー編で2人目にご紹介するのは、久保純子さんです。

実は久保純子さんもイギリス・アメリカ2ヵ国での海外生活をしているという海外出身芸能人・有名人の1人になります。まず最初は小学生時代の4年間をイギリスで。その後1度日本に帰国ししばらく日本で生活をするのですが…高校生になるとアメリカへ移住し3年間また海外生活を送ることとなったんです。

そして高校を卒業すると再び日本へ帰国。上智大学比較文化学部を経て慶応義塾大学文学部も卒業し、その後1994年(22歳)にNHKへ入局し、アナウンサーになることとなったんですね。人気も高く、NHKアナウンサーとしては珍しく「アイドルアナウンサー」と称されるようにもなり、様々な番組で活躍するようにもなったんですよ。

その後久保純子さんも2004年(32歳)でNHKをやめ、現在はフリーアナウンサーとして活躍されています。

 

【43】内田恭子

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyoko Uchidaさん(@kyoko.uchida.official)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。アナウンサー編で3人目にご紹介するのは、内田恭子さんです。

内田恭子さんもドイツ・アメリカ2ヵ国での生活を経験しているという海外出身芸能人・有名人になります。まず最初はドイツ。お父さんの仕事の都合で家族がドイツのデュッセルドルフにいたため、内田恭子さんもデュッセルドルフで生まれしばらく生活をしていたんです。

そしてその後2歳の時に日本に1度帰国し数年生活していたのですが…小学5年生になると今度はアメリカのシカゴに移住することになり、高校2年生までシカゴで暮らすこととなったんです。

その後はまた日本に帰国し、慶應義塾大学商学部に入学・卒業。そして1999年(23歳)の時にフジテレビに入社しアナウンサーになることとなったんですね。

そんな内田恭子さんも2006年(30歳)の時に結婚が決まりフジテレビを退社し、フリーとして活動されるようになりました。「グータンヌーボ」などのバラエティ番組に出ることも増え、その気さくなキャラクターでより人気も高まるようになっていったんですよね。

 

【44】小島慶子

 

この投稿をInstagramで見る

 

小島慶子さん(@keiko_kojima_)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。アナウンサー編で続いてご紹介するのは、小島慶子さんです。

実はこの小島慶子さんも様々な国で海外生活を送っていたという経歴を持つ海外出身芸能人・有名人。1972年にオーストラリアのパースで生まれしばらく暮らしていたんですが、

お父さんの仕事の都合で7歳の時シンガポールに。さらに8歳から9歳までは香港に…と、様々な国を転々としていたわけなんですね。そしてその後やっと日本に帰国し、以降もずっと日本で暮らすこととなったんです。

その後小島慶子さんは学習院大学法学部を卒業。1995年(23歳)の時にTBSに入り、アナウンサーになったんですね。

小島慶子さんも15年働いた後、2010年(38歳)の時にTBSを退社したので、現在はもうフリーになっていますが。近年はタレント・エッセイスト・ラジオパーソナリティーなど様々なジャンルで活躍されているんですよ。

 

【45】木佐彩子

 

この投稿をInstagramで見る

 

kaori❤︎kondoさん(@ori_by_chouori)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。アナウンサー編で続いてご紹介するのは、ご主人が元プロ野球選手の石井一久さんであることでも知られている、木佐彩子さんです。

木佐彩子さんはアメリカのロサンゼルス出身。生まれは日本なんですが、お父さんの仕事の都合で小学校2年生の時にロサンゼルスに移住することになり、それから中学2年生までの7年間ロサンゼルスで生活していたんですね。その後また日本に帰国し、以降ずっと日本で暮らすこととなったんです。

そんな木佐彩子さんは帰国後青山学院高等部に入学を果たします。そして大学も青山学院大学文学部に入学、そして卒業。その後1994年(23歳)の時にフジテレビに入社し、アナウンサーになることとなったんですね。

木佐彩子さんも、2002年にご主人である石井一久さんがアメリカのドジャースに移籍したことをキッカケにフジテレビを退社したので、現在はもうフリーとして活動されていますが。ただフリー後も語学力を活かしてNHKワールドTVでメインキャスターを務めるなどして、様々な活躍も見せているんですよ。

 

【46】出水麻衣

 

この投稿をInstagramで見る

 

TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」さん(@knights_chakichaki)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。アナウンサー編で次にご紹介するのは、出水麻衣さんです。

出水麻衣さんもアメリカのジョージア州出身という経歴を持つ海外出身芸能人・有名人の1人。生まれは日本なんですが、お父さんが通訳の仕事をしていたためその仕事の関係で小学校4年生の時にジョージア州に移住することになり、高校2年生の夏までずっと生活をしていたんですね。その後日本に帰国し、以降はずっと日本で暮らしています。

そんな出水麻衣さんは上智大学外国語学部を卒業。2006年(22歳)の時にTBSに入社し、アナウンサーとなりました。その後「王様のブランチ」など多くの人気番組も担当するようになり、知名度・人気も上がっていくように。「デミちゃん」という愛称で多くの視聴者に親しまれるようにもなっていったんです。

現在もTBSアナウンサーとして引き続き活躍していて、「世界・ふしぎ発見!」「ひるおび!」など様々な番組にレギュラー出演もしているんですよ。

 

【47】松村未央

 

この投稿をInstagramで見る

 

海老原優香  (フジテレビアナウンサー)さん(@ebioffi)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。アナウンサー編で次にご紹介するのは、お笑い芸人・陣内智則さんと結婚したことでも知られている、松村未央さんです。

松村未央さんはアメリカのダラス出身。生まれたのは日本なんですが、小学4年生の時にダラスに移住することになり、それから中学1年生までの3年半、ずっとダラスで暮らしていたんです。その後日本に帰国し、それからはずっと日本で生活をしてきたんですね。

そんな松村未央さんはその後慶應義塾湘南藤沢高等部を入学・卒業。大学も慶應義塾大学法学部を卒業します。そして2009年(23歳)の時にフジテレビに入社し、アナウンサーとなりました。入社してすぐに様々な番組を担当するようになり、「ミオパン」の愛称で人気も出るようになっていったんです。

そして先程もお話したように…2017年(31歳)にはお笑い芸人の陣内智則さんとの結婚も発表し大きな話題にもなりました。昨年2018年10月には第一子となる女の子も出産されたんですよ。現在はまだ育児休業中ですが、近いうちに復帰されてまた活躍されるようになるのかもしれませんね。

 

【48】竹内由恵

 

この投稿をInstagramで見る

 

竹内由恵さん(@yoshie0takeuchi)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。アナウンサー編で続いてご紹介するのは、今月テレビ朝日を退社し大きな話題となったばかりの、竹内由恵さんです。

実は竹内由恵さんも様々な国で海外生活を送っていた経歴がある海外出身芸能人・有名人の1人なんです。生まれは日本なんですが、小学4年生から中学3年までの約6年間をアメリカ・スイス・イギリスと様々な国を転々として暮らしていたんです。その後日本に帰国し、以降は日本でずっと暮らしてきたんですね。

そんな竹内由恵さんは帰国後、東京学芸大学教育学部付属高等学校に進学。大学は慶應義塾大学法学部に進学を果たしました。そして卒業後2008年(22歳)の時にテレビ朝日に入社。テレビ朝日のアナウンサーとして活動を始めることとなったのです。

その後「ミュージックステーション」や「やべっちFC」などの人気番組を担当するようになり、一気に知名度・人気も上がるように。

ただ…今年2019年3月に医師をしている一般男性と結婚したことを発表。その結婚を機にテレビ朝日を退社することを決めたわけなんですね。そしてお話したように、今月3日に正式にテレビ朝日を退社したこともInstagramできちんと報告されたわけです。

今後どのような活動をしていくかはまだ未定となっているんですが、「ゆっくり考えながら進んでいきたい」という風に本人は語っています。

 

【49】堂真理子

 

この投稿をInstagramで見る

 

堂真理子(公式)さん(@mariko_do)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。アナウンサー編で続けてご紹介するのは、堂真理子さんです。

堂真理子さんはスイスのチューリッヒ出身。生まれたのは日本で、その後小学生時代までも日本でずっと生活していたのですが…13歳からチューリッヒに移住することとなり、それから5年間同地で暮らすこととなったんです。その後また日本に帰国し、以降はずっと日本で暮らしてきたんですね。

そんな堂真理子さんは帰国後、桐朋女子高等学校に進学。大学は青山学院大学文学部に進学。そして卒業後2004年(23歳)の時にテレビ朝日へ入社し、アナウンサーとなったんです。ちなみに先程の竹内由恵さん同様、堂真理子さんも「ミュージックステーション」の担当になったことで知名度が上がり、人気も出るようになったんですね。

もちろんその後も様々な番組を担当し、アナウンサーとして活躍するようになりました。近年は結婚・妊娠などがあり休業している時期もありましたが2015年からはまた完全に復帰しています。現在もテレビ朝日のアナウンサーとしてバッチリ働いているんですよ。

 

【50】寺門亜衣子

 

この投稿をInstagramで見る

 

有村昆 映画コメンテーター Kon Arimuraさん(@kon_arimura)がシェアした投稿

海外出身の芸能人・有名人50選。アナウンサー編、そして50選の中で最後にご紹介するのは、NHKアナウンサーの寺門亜衣子さんです。

寺門亜衣子さんも実はアメリカワシントンD.C.出身という経歴がある海外出身芸能人・有名人の1人。生まれは日本なんですが、転勤の多かったお父さんの仕事の都合で9歳からワシントンD.C.に移住することになり、その後12歳までの3年間同地で生活することとなったんです。その後は日本にまた帰国し、以降ずっと日本で暮らしてきたんですね。

その後寺門亜衣子さんは茨城に移住するようになり、茨城高等学校へと進学を果たしました。そして大学は早稲田大学政治経済学部へ入学・卒業。その後2008年(23歳)の時にNHKに入局し、NHKのアナウンサーとなったんです。

明るいキャラクターで笑顔が素敵で、ルックスが可愛いことから寺門亜衣子さんもすぐに人気が出るようになり、様々な番組で活躍するようにもなっていったんですよ。寺門という名前から「ジモンちゃん」という愛称もつくようになったんです。

昨年2018年9月にはずっと担当していた「ニュース  シブ5時」を卒業することにもなったんですが、その時も視聴者から「寂しい」「卒業しないでほしい」という書き込みが集まるほどだったんですよ。現在は担当番組がないようですが…また何かレギュラーになって、毎日姿を見れるようになってほしいですね。

 

海外出身の芸能人・有名人まとめ!

引用: Pixabay

今回は海外出身の芸能人・有名人50選を、女優や俳優・歌手・お笑い芸人など様々なジャンル別にまとめてご紹介してきましたが…いかがだったでしょう?

こんなに海外出身の芸能人・有名人がいたということにまず驚かれた方も多かったのではないでしょうか?またお笑い芸人の方達など、中には海外出身とは思わなかった意外な人もいたりして…そういった点でもびっくりされたのではないでしょうか?

冒頭でもお話しましたが…こういう海外出身の経歴というのはハッキリと公表していない人も多いものなんです。ですからこうしてきちんと調べてみると結構たくさんの意外な人が見つかったりして、なかなか面白かったりするんです。

中には実は知的とか英語がペラペラなんて人もいたりして、イメージがガラリと変えられてしまったりするかもしれませんしね。

なので皆さんも興味があれば、こういった海外出身の芸能人・有名人の方々にもっと注目してみてはどうでしょうか?今回ご紹介した50選の方々からは海外出身らしい特徴が見つかるようになるかもしれませんし、調べてみたらもっとたくさんの意外な海外出身という方達も発見できるようになるかもしれませんよ?

海外生活に興味がある人ならそうした芸能人・有名人の生き方などを参考にしてみてもいいかもしれませんしね。よければまたこの記事も最初から読み直したりしてみてくださいね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気の記事