顔の縦の長さを短くする方法10選!舌トレ&骨格矯正は効果あり?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

顔の縦が長い人必見!

引用: Pixabay

顔が長いことをコンプレックスに思っている方は、意外と多いのではないでしょうか?顔が長いことは、顔が丸いことと二分する、顔の形に関するコンプレックスです。

顔が長いと、女性らしい可愛いイメージの丸顔の女性は憧れです。もちろん顔が長いことは生まれつきのことも多いので、余計に羨ましく感じたりするのです。

また、顔が長いと時には年齢よりも老けて見られることもあるのです。年齢を重ねると、誰でも顔全体が下に下がってくる現象が起こります。

しかし、顔が長いとこのたるみが顕著に現れ、余計に顔が長い印象になりますので、特に女性は顔が長いことに悩む方が多いのです。

顔のコンプレックスの解消といえば思いつきやすいのが、整形手術です。しかし、整形手術ともなると時間、お金、そして勇気が大変いる大仕事です。

顔が長いコンプレックスを解消する整形手術となると、下顎を削る手術が一般的です。もちろん、全てのネガティブな要素が顔が長いことが原因なのであれば、整形手術も致し方ないことです。

ですが、そこまで深刻ではないが、出来る限り自分の力で顔が長いというコンプレックスから脱却したいという方の為に、顔の縦の長さを短くする方法をご紹介していきます。

 

顔の縦の長さを短くする方法10選!

引用: Pixabay

それでは、顔の縦の長さを短く見せる方法を紹介していきます。

さっそく見ていきましょう!

 

【1】前髪を作る


引用: Pixabay

手軽にできてすぐに顔が長いコンプレックスを解消できる方法、それが「前髪を作る」です。

もう既に実践されている方も多いかもしれませんが、まだ試されていない方はぜひトライなさってください。

一般的に、ワンレングスのストレートロングヘアが最も顔が長い印象になるといいますので、要注意ともいえます。前髪を作るだけで、確実に今より顔が長い悩みは解消されます。

前髪を作るといっても、色んな前髪がありますので、ご自身の顔立ちに一番合う前髪を選んでみてください。可愛く見せたいならパッツン、大人っぽくしたいなら斜めに流す、おしゃれにしたいならアシンメトリーもおすすめです。

特に顔が長い方におすすめの髪型はショートボブだといいます。ふんわりと横にボリュームを持たせ、前髪も自然に作ることができる、顔が長い悩みを隠すことの出来る髪形です。

また、メイクで顎のラインにシャドウを入れるとか、アイメイクを幅広くするなども手軽に顔が長い印象をカバーすることができます。

 

【2】舌トレ・舌のストレッチ


 

View this post on Instagram

 

円山プリンセス 岐阜薮田店さん(@maruyamaprincessgifu)がシェアした投稿

顔の縦の長さを短くしたいなら、舌のトレーニング「舌トレ」をすることもおすすめです。舌や顔の筋肉を鍛え、顔全体の肉付きが下がって、より顔が長い印象になることを防ぐ効果があるのです。

舌の筋肉の衰えは顔のたるみや、ゆがみに大変関係性が深いのです。舌トレで舌の筋肉自体を鍛えることが、顔の筋肉を鍛えることにもなり、顔が長いコンプレックスのみならず美容効果も絶大です。

舌トレについては、そのやり方を紹介する動画もYou Tubeなどで紹介されていますので、ご覧になってみてください。まずは、簡単な舌のストレッチをご紹介いたします。

1:姿勢をまっすぐに整え、口を軽く開けます。その後、できるだけまっすぐに舌を前は突き出し、4秒カウントしてください。これを5セットします。

2:次にあごを軽く上げ、舌の先を鼻のあたまにくっつけるように上へ伸ばし、4秒カウントします。こちらも5セットしてください。

3:最後に舌を左右に伸ばします。右へ思い切り伸ばして4秒カウントを5セット、左も同様に5セット行いましょう。このとき、舌は顔につかないように伸ばすのがポイントです。

 

【3】舌トレ・舌アイロン

Array

引用: Pixabay

次にご紹介する舌トレは、舌アイロンと呼ばれるものです。小鼻のわきから伸びる法令線を解消する舌トレとしても有名な方法です。

この舌トレで、法令線が出来るようなたるみによって、顔が長い印象を増長させないように、トレーニングをします。

1:右の小鼻と口角の間にまず舌を置きます。そして、法令線を押し上げるようにしながら、舌を一周させます。

2:左の小鼻と口角の間から、1と同じように舌を一周させます。ポイントとしては、一周を10等分にしたポイントを作り、その各ポイントを4秒ずつ押し上げながら法令線をなぞっていくことです。

 

【4】舌トレ・舌スイング

引用: Pixabay

こちらは、その名のとおり舌を左右にスイングさせる舌トレです。

顔のゆがみも治されて、口角がぐっとあがる舌トレです。効果抜群なので試して見てください。

1:口を閉じたまま、舌を口角の右→口角の左→右小鼻の横→左小鼻の横の順に、各ヶ所4秒ずつ舌で押し上げます。

2:5セット上記を繰り返します。

 

【5】舌トレ・舌ぐるりん

Array


こちらの舌トレは、舌アイロンの簡単バージョンといえるような動きをします。

舌アイロンでは法令線に沿って、1周を10分割した各ヶ所を4秒ずつ、舌で押し上げる動きの舌トレでしたが、この舌アイロンはぐるっと舌を這わせるだけです。

1:口を閉じます

2:歯茎の右小鼻側に舌を置いたら、そのまま上歯茎に沿って、左頬→下歯茎→右頬→元に戻るという具合に舌をぐるっと一周させます。

3:左右両回転を各10回ずつ、繰り返します。

ここまでの舌トレを真剣にすると、舌や口周りの筋肉が使われる実感があるかと思います。とにかく顔が小さくなっている気がする!と実感するような痛みが発生するのです。

それこそが顔が長い悩みを解消するトレーニングとして、効果を発揮している証拠です。どれか一つでも構いませんので、諦めずに丁寧に舌トレをこなしてください。

舌トレをする直前とは、口角が格段に上がっているのが分かりますので、舌トレが楽しくなります。口角の上昇とともに、顔が長い印象も薄れているはずです。

顔が長いという現象は顔の筋肉が衰えると、さらに一層加速します。もともと顔が長い方でも、顔の筋肉を鍛え、口角があがってたるみがなくなれば、印象はかなり違ってくるのです。

また、この舌トレをしていると、唾液がじわっと出てくるのが分かると思います。唾液が出てくるとアンチエイジングの効果も期待できます。

舌トレはお家で気軽にできるため、テレビを見ながらとか、家事をしながらなど、空き時間で顔が長い悩みを解消できる、プチ骨格矯正ともいえる効果を発揮するので、ぜひお試しください。

 

【6】歯科矯正

引用: Pixabay

意外に思われるかもしれませんが、歯科矯正によっても顔が長いコンプレックスを解消できることがあるのです。

顔が長い方の中でも限られるかもしれませんが、出っ歯やそれに近い歯並びをしている方は、どうしても顎が出てしまいがちです。そのことによって、顔が長いという風に見えてしまうのです。

歯を矯正することによって、下顎を引っ込め顔が長いことをカバーできるというのです。そして、上の歯の出っ張りをなくすと鼻の下が短くなります。

また、中心に寄ってきている歯全体を矯正で広げることで、顔が横へ伸びるため、顔が長い印象が薄れるのです。

注意すべきは、歯科矯正によって抜歯が伴って顔の横幅が小さくなったり、頬がこけたりして余計に顔が長い印象になる場合もあるということです。

歯科医にきちんと相談して、自分の顔が長いという悩みの解消に向いているのかどうか、確認してから行いましょう。

 

【7】リンパマッサージ


リンパの流れを促進することで、顔全体が垂れ下がって顔が長い印象になるのを防ぐ、または改善するというものです。

不思議なもので、人間のお肉は毎日その位置にあることで定着するものなのです。分かりやすいのはお腹のお肉です。座ってばかりいると、お腹のお肉に横線が入ったりします。

同じようにお顔のお肉もリンパを流してあげると、血流が滞ってお肉を下へ押し下げていたむくみがなくなるので、垂れ下がって顔が長い印象になるのを防ぐことが可能なのです。

代表的なものは耳の周辺から、顎下、首筋、デコルテとマッサージすることでリンパを流していくというものです。こちらは動画がたくさんあるので、参考にしてみてください。

下記の動画はとても簡単ですので、毎日継続しやすいものです。耳たぶをぐるぐる回すだけでも顔が長い印象をカバーする即効性があり、急な写真撮影などの直前にすると効果絶大です。

 

【8】顔下半分トレーニング


頬を柔らかくほぐすことで、口角を上げたり横に伸びやすくするマッサージなのですが、顔が長い悩みを解決できる、顕著な効果が現れています。

下記の動画のように、試しに鏡を見ながら片側だけしてみると、その効果の現れように驚くはずです。頬と口角がしっかり上がって、マッサージした向かって右側は、左側に比べて顔が長い印象がなくなっています。

動画を見ていると、少し痛そうですし、外出先で気軽にできるトレーニングではありません。しかし、動画のような効果が得られるのであれば、毎日自宅でもしてみようと思えるはずです。

毎日続ければ、顔のお肉や口角の位置が定着してきますし、口が横に広がりやすくなり顔が長い印象が薄れますので、とてもおすすめです。

 

【9】骨格矯正・自宅

引用: Pixabay

次にご紹介するのは、骨格矯正という方法です。骨格矯正は、骨を移動させることで顔の造りを変えていくものです。

大きさを変えるのではなく、いくつかのパーツに分かれている頭から顔の骨を移動させることで顔が長い骨組を短く変えるというものです。

自分ではなかなか難しく感じますが、下記の動画を参照してみてください。自宅で自分でする骨格矯正は簡単なものがおすすめです。

①顎を引っ込めるような姿勢をする

②顎の骨をマッサージする

③氷などで筋肉を引き締める

ただこれだけです。あとは、下唇や下顎の位置を引き気味に、口角を常に上と横へと意識をし続けることが大事なようです。

骨格矯正は顔の肉の垂れ下がりではなく、顔の土台にアプローチするものですから、大変効果があります。

こちらのセルフ骨格矯正は、頬骨を上げるというものです。頬骨が上がることで、顔のポイントが上へ上がります。その為、顔が長い印象が薄れるという骨格矯正です。

エラが張っていることで顔の下半分の大きさが目立ち、顔が長い印象になってしまっているという方には、こちらの動画がおすすめです。

こちらの動画はとても簡単にセルフで骨格矯正ができる方法ですので、エラが張っていてベース型に顔が長い方は、ぜひお試しになってみてください。

一言で顔が長いといっても、色々なタイプがあります。自宅で自分で顔が長いコンプレックスを解消したいという方は、自分の顔が長い原因を見極めて、効果が発揮されそうな動画を参考に骨格矯正にチャレンジしてみてください。

整体師さんの動画は大変専門的で、効果が期待できますので、試してみる価値があるかと思います。簡単なセルフ骨格矯正を動画に従って毎日継続することで、サロンや医院並みの効果が期待できます。

 

【10】骨格矯正・サロン


こちらは、自分で毎日コツコツ顔が長い悩みと向き合うのは難しい、専門家の方の力を借りたい!という方におすすめです。やはり整体師さんなどのプロに骨格矯正してもらえば確実です。

動画でも、効果が明らかです。尖って長い顎が、丸く短くなって、顔が長い印象がなくなっているのが分かります。頭蓋骨から触ってもらうと、こんなに変わるのかと驚きです。

本格的な骨格矯正は、自分でしようと思ってもツボを押さえていないと全く効果がなかったり、逆に体調不良をきたすこともあるようです。

とはいえ、プロの整体師さんなどにお願いしても、骨格矯正は永久の効果ではありません。生活している間に、頭蓋骨はまた動き、顔が長い印象に戻ってしまうのも仕方のないことなのです。

顔が長いコンプレックスを本気でなくしたいのなら、時間とお金の余裕を作って、3ヶ月や半年に一度など、自分のペースで定期的に通ってみる、というのもおすすめです。

 

顔の縦の長さを短くして美顔になろう!

引用: Pixabay

いかがでしたか?顔が長いというコンプレックスが解消できそうでしょうか?

舌トレ骨格矯正など、様々な方法を動画などでもご紹介いたしましたが、試してみたい方法は見つかりましたか?

顔が長いことは、決して女性の美しさを否定するほどの致命的なことではありません。しかし、顔が長いことをコンプレックスに感じて、前向きになれない、積極的になれない、というのであれば、ぜひ自分で出来る範囲で解決してみましょう。

そして、自分だけの力では難しい場合、時には骨格矯正のサロンや医院で本格的な施術をしてもらい、顔や頭にメスを入れることなく顔が長い悩みを解消してもらいましょう。

女性の美しさは見た目ではありません!でも、内面からいきいきと輝く、本当に美しい女性になる為にコンプレックスをなくす努力を重ねることは、素晴らしいことです。ぜひ、前向きになる為に、トライしてみてください!

人気の記事