セックスの本音を公開!男性が喜ぶエッチ中の仕草・セリフ22選

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

男性が語るセックスの本音とは?

引用: Pixabay

世間では男性はセックスが大好きな生き物だという認識があり、心とセックスが密接に関わっているとされる女性に比べ、男性は物理的な快楽を得るだけでセックスに満足できると思われがちです。

もちろん男性は、果てたら終わりという単純なメカニズムをお持ちですから、結局は”自分の性器が満足する”という身体的快楽を得ることが最終目的となります。

“自分の性器が満足する”ためには、物理的な刺激を性器に与えることが一番必要となるので、心への快楽で満足する女性に比べればとても簡単に満足できます。ではなぜ男性は、自分で簡単に満足できるようなメカニズムを持っていながらも、複雑なメカニズムを持った女性とセックスしたがるのでしょうか。

その理由はセックスの際に男性が興奮するポイントにあります。女性は聴覚を刺激されると興奮しやすいのに対して、男性は視覚を刺激されると興奮しやすくなっており、自分の気に入った女性の刺激的な姿や、自分のテクニックで得る快感に身をゆだねていくその過程を見たいという気持ちがあるからです。

そしてその視覚への刺激は、女性とセックスすることでしか得られません。

なので男性にとっては、オナニーとセックスは全くの別物であり、身体的快楽だけが得られるのセックスと、視覚的快楽と共に身体的快楽を得られるセックスも別物だとされています。簡単に言うと、男性の性に対する脳内モードには、性欲処理モードとセックスモードの2パターンがあると言うことです。

引用: girlydrop

また男性はの性欲には、支配欲や承認欲求、独占欲など、様々な感情が絡んでくると言えます。

【性的支配欲】・・・女性をコントロールしたい、自分のルールで相手を縛り、気持ちよくさせたい

【性的承認欲求】・・・男として認められたい、女性への自分の価値を見出したい

【性的独占欲】・・・自分だけの色に染めたい、自分だけに見せる姿を見たい、他とは違う体験をさせてあげたい

などのように、セックスでしか解消できない感情が、気に入った女性に対して性欲と共に湧き出るそうです。なので、男性は心でセックスをしない生き物ではありません。性欲処理だけのためのセックスもできるというだけです。

では、男性は心でもセックスするというところに焦点を当てて、男性のセックスに対する本音を見ていきましょう。

世の中の男性の大半は、女性を気持ちよくさせたいという気持ちを持ってセックスをしています。そして、「セックスは男性が頑張るもの」という本能的な思考があるので、女性がお願いしなくても、いわば勝手に気持ちよくしてくれることに勤しんでくれます。

しかし男性の本音は、自分のプレイで気持ちよくなり淫らになる女性を見たいがために努力をしています。それは視覚的刺激のためです。ただ単に気持ちよくいてあげたいと言う気持ちのみで頑張っている訳ではありません。

なので、マグロの女性や極度にセックス慣れしている女性に対しては、セックスを頑張ろうと言う気持ちも萎えがちで、ただの性欲処理モードになってしまいます。それほど女性の姿や反応が、男性のセックスモードを左右するのです。

そして、ただ単に性欲を満たせるだけの相手には愛情も生まれませんし、彼女候補から一番遠ざかった存在として認識される可能性も大いにあります。

その点で言えば女性より男性の方が複雑で、”セックスしたから好きな人”とはなりませんし、セックスから始まる恋愛はごく稀に起きるレベルです。また、好きな人と付き合ってセックスしたとしても、恋人のセックスへの不満はカップル感においては致命傷になり得ます。

引用: Pixabay

最初は、好きな気持ちでできていたセックスにも必ず飽きがきます。その際に恋人とのセックスが楽しくないと、だんだんセックスから遠ざかり、違う女性で性欲処理をしたり、はたまた浮気に走ったりしてしまいがちです。それに対して、セックスの相性も大切ですが、やはりセックスに対する積極性がとても大切になってきます。

セックスはコミュニケーションの一つです。カップルにとってはとても大切なコミュニケーションとなります。しかし、どちらかがセックスに対して積極的出ないと、一方のパートナーは疲れてしまいますし、楽しいと思えるコミュニカーションは取りづらいです。

互いに楽しくコミュニケーションを取るためにも、新しいプレイ内容や、今までと違ったテクニックを勉強して試してみたりなど、セックスへの積極性を高めていくことで2人の愛情も深くなっていくでしょう。

そして特に恥じらうことが大切だとされている女性は、セックスへの積極性をアピールしづらいので、少し努力が必要になります。

さらに、エッチで恥ずかしい思いをしなくて済むように女性はたくさんの準備をしなければなりません。

関連記事で準備の仕方や実践の方法を確認するのも良いでしょう。

 

男性がセックス中に喜ぶ仕草・セリフを紹介!

引用: Pixabay

女性をエスコートしたいと考える男性が多いですが、セックスは2人で気持ちよくなってこそセックスだと言えます。

なぜなら、先ほども述べましたが、男性は脳が興奮状態の場合でもメンタルが追いついてこない状況の場合、そのメンタルの状態が素直に性器に表れてしまいます。例えば、とても興味をそそる女性とセックスできる状況であっても、緊張していたり、女性が全く反応しないマグロ状態であったりすると、男性のセックスに対するメンタルが萎えると同時に、射精前にも関わらず性器も元気ではなくなります。

つまりは男性がメンタル的に気持ちよくなることで結果的に女性も気持ちよくなれますし、セックスは男性ばかりがアクションを起こすのではなく、少なからず女性からのアクションも必要だと言えます。

しかし女性が過度に頑張りすぎると、これまた男性はひいてしまって萎えてしまいますし、男性側の頑張る理由を無くしてしまうことになるので、女性も気持ちよくなれません。お互いに気持ちよくなるには、まずは男性の脳や心を刺激し、セックスに対するモチベーションを高め合うことが大切です。

男性のセックスに対するモチベーションを高めるためには、女性側のセックス中の仕草や言葉で相手の気分を高めてあげることが大切です。

積極的に物理的なアクション(奉仕しすぎたり、攻めたプレイをしすぎたりなど)を取りすぎてしまうと男性のメンタルには逆効果になる可能性が高いので、言葉やセリフで柔らかくアクションをとることが、繊細な男性のセックスモチベーションを高めることができるでしょう。

 

男性が喜ぶエッチ中の仕草11選!

引用: Pixabay

女性にとっても、セックス中に彼氏など男性が喜んでいる姿は見たいことでしょう。

そこで、男性が女性にされて喜ぶセックス中の仕草、言われて嬉しいセリフを11選ずつ紹介します!

 

【1】恥じらいつつも気持ちよさそうにしている



引用: Pixabay

男性は女性の恥じらっている姿が大好物です。その恥じらいを超越するほど気持ちよくなっている女性の姿を見ると、男性もより興奮します。

なぜなら男性は、自分のプレイで羞恥心をコントロールできなくなっている女性の姿を見ると、支配欲が満たされ満足する生き物だからです。特にクンニをしたがる男性は、女性を”気持ちよくさせたい”という気持ちと、”恥ずかしいけど気持ちいい”という女性の姿が見たいいう心理もあるそうなので、彼がクンニをしたがった際は、あまり恥ずかしがらずに素直に感じている姿を彼に見せてあげることが大切でしょう。

感じている姿を見られるのは恥ずかしいと思っている女性も多いですが、女性がセックス中に気持ちよさそうにしている姿は、男性にとっては自分のセックスに対して自信がつくので、感じるがままに反応することは必要です。

しかし演技っぽい反応はすぐにバレるので、あくまで自分の感度に素直になって、気持ちいいと感じたら包み隠さず表現するのが自然です。

 

【2】突然積極的に攻めてくる


引用: Pixabay

途中までは恥じらっていた女性が突然攻めの姿勢に変わり、自らもっと気持ちよくなろうとする姿は男性からすると興奮するようです。

「ダメ・・」と言っていたにも関わらず、自分の欲望のままにセックスに積極的になっていく姿に男性は嬉しいと感じますし”もっと気持ちよくしてあげたい”という気持ちが強くなります。

基本的にセックスの主導権は男性側が握りがちですが、その主導権が逆転してしまう状況は男性の夢でもあるそうです。男性が一生懸命女性を気持ちよくする行動には、”自分が気持ちよくなる為に相手を気持ちよくする”という心理が根底にあります。

例えば男性は気に入った女性と最終的にセックスするために試行錯誤してアプローチを頑張ります。それは女性の為を想って頑張っているように思われがちですが、その気持ちの最終地点はご褒美(セックス)をもらうところにあります。それと同じように、男性はセックスの最中も女性にたくさん奉仕をしますが、それは最終的に射精をしたいという心理にたどり着きます。

なので、一生懸命女性を気持ちよくしてそれで終わりという男性は滅多にいません。視覚で気持ちよくなる男性にとっては、女性が感じている姿は一番の興奮材料ですし、ここでいうと射精がご褒美になるので、必死に気持ちよく奉仕をした先に最高のご褒美(射精)が待っているのです。

もちろんご褒美が欲しいだけじゃなく女性を喜ばせたいという優しさもあるので、女性に主導権を握らせるのは後ろめたく感じてしまう所も男性の可愛いところです。なので、女性が気持ちよくなった上で自ら進んで奉仕をしてくれようとする姿勢はとても嬉く感じます。

 

【3】 我慢している

Array

引用: Pixabay

例えば大きな声が出そうになるのを我慢したり、気持ちいい表情を見せることや恥ずかしさを我慢している姿に、男性は「女性に何かを我慢させている」=「女性にいけないことをさせている」という背徳感を感じて興奮するそうです。

また男性だけでなはく、背徳感は女性にとっても刺激的な興奮材料です。学校や公共の場でのセックスや、不倫、略奪セックスが楽しく感じるのは、そのスリリングな状況に背徳感を感じるからなのです。女性は主に「いけないことをしている自分」に背徳感を得ますが、男性は主に「自分のために女性にいけないことをさせている」ことに背徳感を得ます。

なので、セックス中に自分で口を塞いで声を我慢してみたり、恥ずかしいのを我慢している素ぶりを見せると、男性は喜ぶでしょう。

 

【4】ビクンッとなる反応

引用: Pixabay

仕草というより身体の反応と言えますが、男性はこの反応にとても興奮するようです。自分の行為で気持ちよくなっているということがストレートに身体の反応に現れているので、とても嬉しく思います。

それに、これはあまり演技でできる仕草ではなく、自然と身体がそうなってしまったという素直な反応として捉えられるので、男性からすると燃え上がりますし、”今の行為は間違っていなかった”という自信にも繋がります。

また、男性は物事を攻略していくのが好きな生き物なので、女性の身体の気持ちいいポイントを探り探りで掴もうとします。ビクンッと身体が反応することで、”ここを触ったら気持ちいい”という答えがかえって来たと認識します。それは女性が言葉で教えてあげるよりも信頼性があり、”自分で発見した”と言う満足感も大きいです。

なので、女性は感気持ちいいと感じたら身体でも素直に反応してあげると男性は嬉しいでしょう。

 

【5】欲しがってくる

Array

引用: Pixabay

「もっと・・」「やめないで・・」など、女性が気持ちいいことをおねだりするのも男性はとても喜ぶでしょう。

自分のプレイに自信も持てますし、男性自身も気持ちよくなること間違いなしです。特に、普段は控えめなのにセックスの際にめちゃくちゃ欲しがってくるようなギャップがあると男性はさらに萌えるでしょう。男性は処女聖と言うような、処女の女性に聖域を感じがちです。

それは、男性が本能レベルで持つ独占欲から、「経験済み=自分以外の男性にすでに染められている人」「未経験=自分だけの色に染められる人」と言う認識をしがちなので、”自分だけに見せる姿”や”自分だけが相手をコントロールできる状況”が大好物なのです。

なので、普段は大人しいのにセックス中は淫らになったり、クールな彼女がいつもは見せない反応をしたりすると、男性側には特別感が生まれて喜ばれるでしょう。

 

【6】強く抱きついてくる

女性がセックス中に強く抱きついてくる仕草も男性は素直に嬉しく思います。

興奮すると言うよりはキュンとするようで、”自分に身体を委ねてくれているんだ”と、嬉しくなるそうです。またたとえセックス中でなくても、女性から抱きしめられると男性は愛おしいと思うはずです。

なので女性がセックス中に何も考えられない様子で自分に抱きついてくることに関しても、純粋に「かわいいなぁ」と感じるそうです。また、自分にしがみ付いてくるような感覚にも陥り、男性が持つ”女性を守りたい”と言う保護欲も掻き立てられると言われています。

男性は女性の非力な姿を見ると男性本能がくすぐられる仕組みがあることと、自分のプレイで相手が非力になっている姿をみて得られる満足感の両方の理由があるようです。

 

【7】自分から腰を動かす

引用: Pixabay

これも自慰行為と似ていますが、少し違うところは男性のテクニックなどが気持ちよくて”身体が勝手に動いてしまう”というところです。

恥ずかしいと言う感情は捨てて、身体が気持ち良さを求めている姿にたまらなく興奮するでしょう。これは男性からすればとても光栄なことで、もっと気持ちいいスポットに当ててあげたいという感情を刺激します。

また、男性は女性の曲線美にそそられる生き物なので、自分の目の前で女性がくねくねと動く動作にとても弱いです。曲線美の視覚的な刺激と、性器への物理的な刺激の両攻めなので、男性はとても気持ちよく感じるでしょう。なので、恥ずかしがらずに積極的に腰を動かしましょう。

 

【8】 シーツや枕を握っている

引用: Pixabay

男性は女性がシーツや枕を力一杯握って喘いでいる姿に萌えるそうです。

男性側からすると、シーツなど近くにあるものを掴まずにはいられないような、余裕のない仕草が可愛く思え、S心をくすぐるのだそうです。また、女性がシーツや枕を掴むことで身体が気持ちいいと反応しているサインだと男性は察知するので、それほど自分のテクニックに感じてくれているのだと自信を持てます。

また、自分から相手に「気持ちいい」と伝えるのが苦手な女性は、気持ちいいと感じた際などは周りのものをぎゅっと掴むことで男性へのサインを遅れます。男性はセックス中の女性の細かな反応をみている人が多いので、気持ちよく思っている感情は些細な仕草にでも表した方が男性には喜ばれるでしょう。

それに対して、感じても全く表情に表さない女性は、「マグロ」と呼ばれてしまいますし、男性側も自信がなくなったり、焦って萎えてしまったりするので、反応を示すことはとても大切なことです。

 

【9】トロンとした表情で見つめる

引用: Pixabay

これはセックス中でなくてもこの仕草を女性にやられた男性はグッときますが、今にも溶けてしまいそうなほどとろけた女性の表情は、男性側からするととても気持ち良さそうな表情をしているとみて取れます。

キスをした後や愛撫をした際にこの表情をされると、男性の理性が吹き飛びそうになるほどの破壊力があるそうです。自分のテクニックでトロンとしてくれることは何よりの光栄ですし、気持ち良さを隠しきれていない女性の素直な反応が、とても可愛くて愛おしく感じます。男性にとっては、言葉で伝えられるよりもこの表情だけで女性側が気持ちよく感じているのが直球で伝わるので、とても嬉しい仕草となります。

また、とろけた表情を恥じらっている姿も一度で二度美味しい仕草となるでしょう。

 

【10】感じるている際に手をつなぐ

引用: Pixabay

この仕草はシーツや枕を握る仕草よりは落ち着いていて、まだ自分をコントロールできている感じがしますが、こちらも男性から喜ばれる仕草のうちの一つです。

女性が感じている際に手をつながれると愛情を感じますし、とても愛おしくも感じます。女性は、手をつなぐことにとても敏感だと言います。特に本気で好きな男性との手を握ることですごく幸福感を感じるようで、その逆に行為のない男性の手を握るのはあまり好まないとされています。それほど女性が手をつなぐことには意味があります。

なので、セックスの際に女性側が男性の手を握ったり恋人つなぎをしたりするのは愛情表現を意味しているとされており、セックス中の何も考えてはいられない状況の中で、女性から手をつながれると男性は女性からの愛を感じると言われています。

 

【11】困ったような表情で見つめる

引用: Pixabay

最後に紹介する仕草は、困ったような表情で見つめる仕草になります。

女性を支配しているような気分になれると、男性が好むようです。これにプラスして上目遣いであるとなお男性は喜ぶのだそうです。

セックス中でいっぱいいっぱいな時には、困ったような表情で男性を見つめて見てください。

 

男性が喜ぶエッチ中のセリフ11選!

引用: Pixabay

続いては、男性が喜ぶエッチ中のセリフを紹介していきます。

このセリフを言えば、男性がキュンとすること間違いなしでしょう!

 

【12】恥じらっている様子で「そんなに見ないで」

引用: Pixabay

男性は、普段は見えないものが”特別に見られる”ことに価値を感じ、「見て」と言われておおっぴらに見せられると見たい気持ちも薄まってしまう不思議な生き物です。

それは支配欲や背徳感からくるもので、恥ずかしい姿を自分に特別に見せてくれているという状況でないと興奮しずらいと言われています。その上「見ないで」と恥じらっている様子がさらに男性の本能を刺激し、もっと見たい!という欲求が駆り立てられます。

 

【13】「もっとして・・」

引用: Pixabay

男性は、女性の我慢ならなくなった姿にとても興奮します。

最初は恥じらってぎこちなかった動きも、だんだん気持ちよくなって来て欲望を抑えられなくなった様子でこのセリフを言われるとたまらなくエロく感じるそうです。

特に普段わがままを言わないタイプの女性であったり、奥ゆかしく男性をたてるタイプの女性が「もっとして」「やめないで」など少しだけワガママなセリフを言うのがグッとくるようです。

 

【14】乱れた吐息で「もう我慢できない」

引用: Pixabay

こちらのセリフも、男性からするととても嬉しく感じるセリフです。

それまで理性を保っていた女性が、自分の手解きにより理性を失う瞬間がたまらなく至福に感じるようです。また、女性が自分を欲してくれる姿も嬉しく感じるため、愛おしくも感じ、男性本能がくすぐられます。

男性は相手の反応を伺いながら愛撫をする場合が多いので、このセリフを言われると女性もエッチな気分になっていると言うことをストレートに感じられるので我慢できないことを我慢せずに素直に訴えた方が良さそうです。

 

【15】少し驚いた素ぶりで「大きい・・」

引用: Pixabay

男性は自分の性器の大きさを気にしている人がほとんどです。

どの男性も大きい性器であるほど男としてのステータスを感じるそうです。特に女性から性器の大きさを褒められることほど喜ばしいことはありません。たとえ大きいサイズでなくてもお世辞で「大きい」と言ってあげることが優しさです。

しかし不自然にお世辞を言ってしまうと、気をつかってくれていることに気が付いて傷つく男性もいますし、あえてサイズ感について触れない場合でもどう思われているか気にしてしまうので、あくまで本当に思った感想として自然に良い感想を言ってあげた方が良いです。

なので、挿入した瞬間などに性器の大きさに驚いたように、サイズ感に反応してあげると信憑性がありそうです。

 

【16】自然と溢れる「気持ちいい」

引用: Pixabay

こちらのセリフも、ストレートですが嬉しいでしょう。

それに、気持ちいいことを直球で伝えることには、気持ちいいポイントを相手に示すことになるので、男性は「気持ちいい」と言ったポイントを積極的に攻めてくれるようになりますし、テクニックにも自信がつきます。

しかし、気持ちいいポイントをその都度知らせるのは嘘っぽくなってしまう可能性があります。なので、なるべく「気持ちいい」の安売りはせずに、言葉に出さずにはいられない際にこぼすぐらいが好ましいでしょう。

 

【17】困ったように「ダメ・・」

引用: Pixabay

男性は女性の恥じらって嫌がる姿にそそられます。

これには男性がチラリズムを好むような、「見てはいけないものを見てみたい」という背徳感への欲求と似た、「ダメなことをしてみたい」「相手を困らせてみたい」と言ったようなスリルを求めがちだからという心理があるようです。なので、「だめ」と言われると進みたくなるもので、結果的に”もっと気持ちよくしてやろう”と言うオオカミ魂も駆り立てられます。

また、ダメと言いながらも身体は受け入れていたり、勝手に反応していたりすると余計に男性は興奮しますので、言葉と身体が矛盾しているような状況で支配欲も満たすことになるでしょう。

 

【18】「そんなことしたらイっちゃうよ」

引用: Pixabay

ほとんどの男性は、できれば女性をイカせてから自分もイキたいという望みがあるので、女性をイカせようとあれこれ頑張ります。

なのでイキそうなポイントを知らせてくれるのはありがたいことですし、何より自分のテクニックが気持ちいいんだという自信にもなりますので、言われると100%嬉しいセリフとなるでしょう。またこのセリフには、”快感を自分ではコントロールできない”という状態であることが汲み取れます。

つまりは自分が女性の快楽をコントロールできる状況ということになりますから、男性は支配欲も満たされ、優越感に浸ることができるでしょう。

 

【19】「おかしくなっちゃう」

引用: Pixabay

女性はイクときは少し恐さを感じる瞬間があります。

というのも、自分が自分で無くなるような、自分では制御不能の快感が襲ってくるからです。なのでその際に、「全てがどうでもいい」「何がなんだかわからない」といったような感覚が押し寄せ、瞬間的におかしくなってしまいそうな気分を味わいます。

それは男性からするととても刺激的な言葉で、”おかしくなるくらい気持ちよくなっている”という状態が、男性の中にある支配欲を満たし、自分自身も気持ちよくなります。

それに、おかしくなりそうな状態に戸惑っている様子も可愛いと感じますし、”おかしくさせてみたい”見たいという背徳感をもくすぐります。

 

【20】 彼のテクニックに脱帽しているように「◯◯君、スゴい・・」

引用: Pixabay

男性は単純なので女性に褒められて嬉しくないことはあまりありません。

身体やテクニックなどをさらっと褒めたりするだけでもとても喜ばれますが、「こんなの初めて」「今までとは違う」「◯◯君だけだよ」などと言うような、”今まで味わったことのない経験をしている”というスタンスで褒めてあげるのが一番喜ばれるでしょう。

男性は”処女聖”の思考を持つ生き物なので、女性を自分色に染めたがります。

なので、自分のセックスが他とは違う特別なものという扱いをされるととても鼻が高く、承認欲求が満たされ、「大切にしよう」と言う想いも強くなります。

 

【21】恥じらいながら「こんなに濡れちゃった」

引用: Pixabay

こちらも、男性の背徳感を満たすような刺激的なセリフで喜ばれるでしょう。

濡れてしまうことは女性からすると恥ずかしくも感じるところですが、男性はそれこそがそそるポイントなのです。濡れるということは、身体が反応しているということに繋がりますから、男性からすると純粋に嬉しく感じますし、恥じらっている姿も可愛く思えます。

なので、「◯◯君のせいでこんなに濡れちゃった」などイタズラっぽく言うのもアリですし、「たくさん濡れちゃったから見ないで・・」など、恥ずかしがりながらも「濡れた=気持ちいい」という状態であることを素直に報告するのはオススメです。

 

【22】愛おしそうに「好きだよ・・」

引用: Pixabay

こちらのセリフはセックス中でなくても喜ばれますが、セックス中に言われることによってより心に残りやすい嬉しいセリフとなるでしょう。

セックス中は他のことなど何も考えていない状況ですし、何も隠さずただ純粋に感じる「好き」という感情が溢れ出たように、相手にストレートに伝わることになるでしょう。

それに、セックス中に自分を愛おしく感じてくれているということが伝わってくると、自分とのセックスに対して相手は失敗に思っていないという風に見て取れるので、男性は安心しますし、幸福に感じるでしょう。

 

大切なあの人にもっと喜んでもらおう!

引用: Pixabay

セックスは男女にとって大切なコミュニケーション方法です。

大切な存在だからこそ、彼とのセックスについて積極的に考えてくれているということだけで、彼は喜んでくれること間違いなしです。彼との関係を上手に保つためにも、セックスに対しても自ら努力していきましょう!

人気の記事