Play-to-Earnのビジネスモデルはどのような仕組みになっているのでしょうか

ここ数年、ゲームの世界では様々な変化が起こり、プレイヤーが好きなゲームを楽しむ環境が大きく変わりました。最初は有料ゲーム、徐々にFree-to-playゲームに取って代わられ、現在はPlay-to-Earnビジネスモデルに確立されつつがあります。好きなことをただ楽しむだけで、お金をもらうことを想像したことがありますか?多くの熟練したプレイヤーが、Play-to-Earnのゲームプラットフォームで、そのようなことをしてお金を得ているのです。今日の記事では、その方法について十分な洞察を得ることができます。

しかし、その前に、オンライン・ギャンブル・プラットフォームが異なるアプローチをとっていることを理解しておく必要があります。トークン、特典、そしてプレイヤーが家から受け取ることのできるリアルマネーの配当がありますが、そもそもゲームにアクセスするためにはお金を使わなければならないため、ここでのビジネスモデルはPlay-to-Earnのものではありません。一方、インターネットギャンブルプラットフォームではFree-toPlayモデルも提供されています。そのような場合、オンラインカジノは、プレイヤーが実際の現金を使うのではなく、ファン・マネーでゲームのデモ版を試すことができるようにします。しかし、もちろん、プレイヤーは勝ったときにリアルマネーを回収することもできません。

では、Play-to-Earnのビジネスモデルとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。すでに慣れ親しんでいるFree-to-Playのビジネスモデルを改善したものでしょうか?少し時間をかけて深堀りしてみましょう。

Free-to-Playモデルは、Play-to-Earnの基礎を形成しています

Free-to-Playのゲームモデルが登場する以前には、pay-to-playのモデルがありました。Free-to-Playの登場により、多くのゲーム評論家がゲーム分野の終焉を予測しましたが、その主な理由は、当時の開発者にとってのマネタイズの機会が限られていたためです。今でもそうですが、開発者のマネタイズが非常にクリエイティブになったので、その点はあまり意味がありません。

Free-to-Playモデルは、まず端末にゲームをダウンロードするか、ブラウザからゲームを起動すれば、無料でプレイを開始できるため、非常に成功しています。しかし、その場合、ゲームを楽しみ始めると同時に、ゲームの機能へのアクセスに制限がかかり始めます。例えば、ゲーム中の一部のアクションができなくなったり、次のステージに進めなくなったりします。次のステージに行くためにお金をかけようと思う時点で、すでに夢中になっているのですから、これはゲーム開発者側の賢いビジネスモデルです。そのため、ゲームを楽しみ続けるため、あるいは次のステージに進むためには、ある程度のお金が必要になります。

Free-to-Playモデルは、お金を使わないプレイヤーが直面するハードルの高さから、不満があると批判するプレイヤーもいますが、このモデルは今後も継続されます。このモデルは非常に効果的で、Play-to-Earnのモデルはその特徴の一部を借りて、少し新しい体験をお客様に提供します。例えば、Play-to-Earnゲームの中には、ある資産を購入してから売りに出す必要があるものもあります。

Play-to-Earnのビジネスモデルの仕組み

Play-to-Earnのビジネスモデルは、ほとんどの場合、プレイヤーの金銭的な利益を重視しており、基本的にビデオゲームをプレイすることで報酬を得ることを意味します。プレイヤーは、ゲーム内の経済に参加することで、他のプレイヤーに価値を生み出すことができる、新感覚のビジネスモデルです。ゲーム内の経済活動に参加することが重要で、それによってゲーム内の資産から報酬を得ることができるのです。

ゲーム内資産とは何でしょうか

Play-to-Earnのビジネスモデルでは、プレイヤーはゲームプレイ中に収集した資産を所有し、後に市場で売却して実際の現金を得る機会があります。これらのアセットの価値は、ゲームを深く掘り下げていけばいくほど、あるいはゲーム自体における重要性に応じて、どんどん上がっていきます。Play-to-Earnのビジネスモデルで人気のあるゲーム内資産には、スキン、ツール、装備のアップグレード、そして最近では暗号通貨やNFT(Non-fungible tokens)などがあります。そして、ゲーム内アセットの中で、NFTは最近、最も多くの利益をプレイヤーに与えています。ここではその内容をご紹介します。

NFTとそのゲームにおける仕組み

NFT(Non-fungible tokens)は、ブロックチェーンに基づく特殊な資産で、売買することができます。ブロックチェーン技術は暗号通貨の技術と似ていますが、代替可能ではないという点で暗号通貨とは異なります。代替不可能なアイテムは、同等のアイテムと交換することはできません。しかし、暗号通貨と同じように、NFTを専門市場で売買することで、NFTから収益を上げることができるようになります。

NFTの安全性については、暗号通貨と同様に安全であることをご承知おきください。さらに、NFTはブロックチェーンという分散型公開台帳に保存されるため干渉されにくく、ゲームの世界では暗号と同じように取引しやすい資産と言えます。

Play-to-Earnの未来はどうなるでしょうか?

もし、未来を予測する水晶玉ゲームを覗くとしたら、Play-to-Earnは間違いなくうまくいくでしょう。さらに、暗号通貨やNFTの普及と解明は、Play-to-Earnビジネスモデルの明るい未来と完全に一致しています。さて、何を待っているのでしょうか?人気のあるゲームから選んで、楽しみながらお小遣い稼ぎを始めましょう。好きなことでお金を稼ぐより、もっといい方法はないだろうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published.