カジノで最も人気があるゲーム「バカラ」の歴史について

img1-6

 バカラというゲームを知っていますか?バカラはカジノで最も人気があり初心者でも楽しめるルールが単純なゲームです。世界的なコロナウイルスの流行によりカジノのある都市に行くことが難しくなってしまいましたが、スポーツベット カジノなどオンラインのカジノで楽しむことができます。最近になって開発されたゲームではなく、500年以上の歴史があると言われています。ここではそんなバカラの歴史について説明します。

バカラはどこで生まれたのか?

 実はバカラが生まれた場所は正確には分かっていません。バカラに関する歴史書物は不正確なものがほとんどで、今でも明確になっていないものになります。一番有力な発祥の地はイタリアで、「バカラ」という言葉もイタリア語から語源とされています。バカラは現在では「baccarat」と表記されますがもともとは「baccara」でイタリア語で「ゼロ」を意味します。絵柄カード(ジャック、クイーン、キング)と10のカードはゼロを意味するため、このような名前を付けたと言われています。そしてフランスに伝わった後で「baccarat」の表記になりました。フランスやイギリスなどで富裕層が楽しむ人気のゲームになり、20世紀にはアメリカにも伝わりました。

長い歴史がバカラに与えた影響とは?

 バカラは昔から長い年月をかけて多くの場所に普及し人気になりました。その影響から場所によってバカラの呼び方が異なったり、地元特有のルールがあるものもあるなど、多くの種類のバカラが誕生しています。例えば、以下の種類がありますが、それ以外にも様々なバリエーションがあります(参考: バカラの種類)。

・プントバンコ(punto banco)

 イタリアではバカラは「プントバンコ」と呼ばれています。「プント(punto)」がプレイヤー、「バンコ(banco)がbankerを指します。ルールは通常のバカラと同じです。

・シュマン・ド・フェール(chemin de fer)

 フランスのカジノで人気のあるバカラです。ルールは通常のバカラとほとんど同じですが、Banker役をプレイヤーが務めます(Banker役はプレイヤーが順番に務めます)。

・バカラバンク(baccarat banque)

 ダブルテーブルのバカラと言われています。通常のバカラとはカードが2手に分かれています。要は、プレイヤー役が2人いるゲームです。

まとめ

 バカラは世界中の国で人気があります。そして、長い間多くの国や地域で親しまれてきたことが、バカラが楽しいゲームであることを証明しています。ルールも単純で初心者にも自信をもっておすすめできるゲームです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.