松永太の現在や生い立ち!イケメン殺人鬼の天才的な洗脳術まとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

北九州監禁事件:松永太ってだれ?生い立ちは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazunoriさん(@wittmann243)がシェアした投稿

日本を震撼させながらもあまりの残虐さに報道規制がかかり、世間には詳しいことが伝えられないまま収束していった北九州監禁殺人事件をご存知ですか。あまりの凄惨な事件のため、現在も社会的関心は高く、様々な書籍も出版されています。また、現在も有名な漫画の題材にもなっています。

その北九州監禁事件の首謀者が松永太という男です。自分の手は汚さずに、血のつながった家族同士で殺し合いをさせた鬼畜な男で、まるで映画に出てくるような殺人鬼がかつて北九州に存在していたのです。そして現在は最高裁で死刑が確定しましたが、現在も生きています。

 

現在も名が知られている 天才的に弁が立つ男でイケメン


引用: Pixabay

松永太がなぜイケメンと言われているのか分かりませんが、世間的にはイケメンだそうです。現在の姿は収監された姿しか見れないのでイケメンに見えないのかもしれません。濃い顔に笑った顔がイケメンだったのでしょうか。しかし松永太に面会を求めた男性のフリーライターは、屈託のない笑顔に引きずり込まれそうになったと言っているので、イケメンかつ天才的な人たらしだったのでしょう。

松永太はとても頭がよく、弁が立つ男だったようです。女性からは話が面白くて頭がいい男は人気がありますよね。イケメンと言われる風貌に、口が上手い男だったので、とにかく人を取り込むのが上手い天才だった男です。裁判でも傍聴席を笑わせていたというのだから驚きです。

 

なぜか親族とも関係を持つ イケメンのサイコパス


引用: Pixabay

また、女性からはものすごくモテていたようです。一度に何人もの女性と関係を持っており、しかも関係を持った女性の母親や妹とも必ず関係を結んでいたといわれています。その事実を彼女たちは気付いていても、マインドコントロールされていたのか…イケメン松永太という男からは離れられなかったようです。

 

生い立ちから現在の様子まで迫る

Array

引用: Pixabay

北九州監禁事件はあまりにも凄惨な事件だったことから、テレビでの放送は控えられていました。そのため松永太の詳しい生い立ちや現在の様子まではあまり多く語られていません。そして松永太の詳しい幼少期の生い立ちは追いかけることができませんでした。しかし、できるだけ情報を集めてみました。生い立ちから現在の様子までをお伝えします。

 

松永太についてさらに詳しく読む

松永太の子供の現在!「人殺しの息子」はYouTuberに転身?

北九州監禁殺人事件の真相!サイコパスによる残虐連続殺人の全容とは

 

北九州監禁事件の首謀者:天才松永太の生い立ち・経歴

引用: Pixabay

次からは北九州監禁事件の首謀者である、天才イケメン詐欺師でサイコパスである松永太の生い立ちに迫っていきたいと思います。

 

天才・松永太の生い立ち【1】詳しい生い立ちはわかっていない

Array

引用: Pixabay

松永太の親族は一切の取材を拒否しているため、詳しい生い立ちはわかっていません。しかし、松永太の犯した事件を紐解いていくと畳屋を経営していた父親に絶対的な権力があり、母親はその絶対的な権力に逆らえなかった家庭であることが推測されています。父親のDVがあったと推測する意見もあります。

推測の範囲を超えませんが、そのような生い立ちである可能性があります。松永太の父親は2009年に永眠。母親は現在行方が分からず、姉は公務員として働いているようです。

残念ながら幼少期の詳しい生い立ちが不明なまま、この事件は裁判が終結しました。

 

天才・松永太の生い立ち【2】生い立ちにはグレーな自営業と詐欺話にが豊富な親戚関係

引用: Pixabay

松永太の父は畳屋を営んでいたということで、生い立ちは裕福な環境で甘やかされで育ってきたようです。また自営業ということもあり、多少グレーな経営をしていても罪の意識がない環境だったのかもしれません。その証拠に松永太の父親からピストルを見せてもらったという証言も出ています。彼の生い立ちには、暴力で支配することに罪の意識がなかった環境の可能性があります。

また、親戚筋には結婚詐欺や詐欺話に詳しい人もいたと言われています。元々頭が良い松永太と歪んだ生い立ちが、北九州監禁殺人事件を引き起こす生い立ちだったのでしょう。

 

天才・松永太の生い立ち【3】小学生時代の生い立ち

引用: Pixabay

小学校時代の生い立ちは常に成績がよく目立つ存在だったようです。勉強せずとも成績が全て良かったと言われています。また元々記憶力が良く頭の回転が早かったとのこと。

学級委員にも就いたことがあるそうです。この頃から、人の上に立つことが得意だったことがわかります。このまま現在まで成長していれば、こんな事件は起きなかったはずなのですが。

 

天才・松永太の生い立ち【4】中・高校生時代の生い立ち

引用: Pixabay

中学・高校時代の生い立ちからは、少しずつ現代の松永太の顔が見え隠れしてきます。中学校では弁が立つ証拠に、校内の弁論大会で上級生を差し置いて優勝したことが知られています。

また、部活でも活躍しておりキャプテンの経験もありました。しかし中学や高校時代には取り巻きを作っており、その取り巻きに軽犯罪をさせていたという証言も。この頃から、自分の手を汚さずに悪さをするという行為を徹底していたようです。またこの頃から洗脳行為もしていたと考えられます。

 

天才・松永太の生い立ち【5】教師からの評判

引用: Pixabay

しかしなぜか教師からは松永太の本性を見破られており、評判は「目立ちたがり屋の虚言癖持ちである」とあまり良くなかったようです。また弱い者には、とことん強く高圧的に接していたようです。

しかも家庭訪問を断り続け、ついには教師と松永太の両親が対面することなく学校生活は終了したと言われています。そのことからも周囲の人間の証言から彼の家庭環境の生い立ちに迫ることは難しかったようです。現在では家庭訪問を断れるだなんて考えられませんが、当時から相手を丸込める天才だった所以でしょう。

 

天才・松永太の生い立ち【5】会社経営時代

引用: Pixabay

25歳の頃に布団を訪問販売する会社を設立しました。その頃から北九州監禁殺害事件で、虐待に使われていた「通電」というものを使用しています。「通電」とは電気のコードを二股に割き、その先にクリップをくっつけた物で、そのクリップに乳首や唇を挟ませて電気を流すというものでした。

威力は相当強く、大の男でも一瞬意識を失うほどだったと言われています。この会社経営時代からこの「通電」という儀式があり、従業員も虐待を受けていたという事実は非常に重いです。

これらの経験が次に起こる北九州監禁事件にこの「通電」は生かされてしまいました。結局、従業員は次々と逃げ出していき緒方純子と二人になってしまいます。

 

天才・松永太の生い立ち【6】結婚詐欺までの生い立ち

引用: Pixabay

病的な噓つきだった松永太ですが、彼のなかではイケメンの天才のエリートになりたがっていたようです。大体身分を偽るときは「東大卒」や「京大卒」のエリートを語っていました。イケメンで天才的にお喋りが得意な松永太は結婚詐欺で生計を立てていました。

緒方純子というパートナーがいつつも、常に金づるとなる女性を物色していたようです。彼らの周りの女性たちは不審死や自殺が多かったものの、立件はされていません。結婚詐欺は現在確認されているだけでも、被害にあった女性は20人を超えます。また松永太が逮捕されたタイミングの時にターゲットとされていた女性は、警察の話を聞いても信じなかったことから、相当巧みな話術があったと推測されます。

こうやって報道されると、なぜそんなデタラメな話を信じ込んで結婚話に洗脳されているんだ?と疑問になりますが、おそらく話を信じやすいターゲットに絞っていたこと、イケメンであること、性行為が最高だったことが、松永太を信じる要因になったのでしょう。

 

天才・松永太の生い立ち【7】猜疑心が強く粘着質

引用: Pixabay

表面上は礼儀正しい爽やかなイケメン青年であったそうですが、実際のところは人を信じることはほとんどなく、残虐なものを喜ぶ性格だったことがわかっています。自分よりも圧倒的に力が強いものや、権力があるものに対しては非常に腰が低く接するそうですが、それは見た目だけだったのがわかっています。現在でも表の姿の松永太は健在なようです。

 

天才・松永太の生い立ち【8】臆病な一面も

引用: Pixabay

マンションで遺体の解体をして悪臭を放っていたことから、住民トラブルになり下の階の人から激しく抗議を受けた時は、なぜか松永太は隠れていたというエピソードがあります。また松永太の子供の証言ですが、借金の取り立てがきたときも部屋の隅にまるまって怯えていたということです。天才的なイケメンですが、相当な小心者だったようです。現在も恐らく死刑執行に怯えているのではないでしょうか。

現在まで続く、強いものには弱く弱い者には強く出る性格は、やはり松永太の幼少期の家庭環境における生い立ちが関係しているのでは?という意見が出てもしょうがないでしょう。

 

北九州監禁殺人事件の概要

北九州監禁事件概要:なぜか大人がマインドコントロールされる異常性

引用: Pixabay

事件の大きな特徴は、首謀者は一切殺しの明確な指示をせず、自分で殺しをすることもせずに、緒方純子の家族と虎谷さんをこの世から葬ってしまったことです。被害者の証拠が一切ないことから、どこまで松永太を追い込めるかが裁判の焦点ともなった事件でした。

大の大人を自分のマインドコントロール下に置き、家族の絆がある彼らを疑心暗鬼にさせて殺させる。そして殺した家族の遺体をミキサーで攪拌し、鍋で煮詰めて証拠隠滅するこの凄惨な事件は、現在の日本の犯罪史上でも稀な凶悪犯罪として知られています。

ここからは北九州監禁事件の流れと緒方純子の生い立ちを追っていきます。

 

緒方順子の詳しい詳細はこちら!

緒方純子の現在!顔画像や家族・生い立ち・松永太との息子の情報まとめ

北九州監禁事件概要【1-1】緒方純子の生い立ち

引用: Pixabay

高校の同級生であった松永太と緒方純子。在学中は同じクラスになったことがありませんでした。しかしイケメンの松永太は目立つ存在だったので、緒方純子は当時から松永太の存在を知っていたそうです。一方松永太は、卒業アルバムで緒方純子のことを見つけて連絡したと言われています。

当初は緒方純子の方は松永太に興味がなく、そっけなかったものの複数回会ったのちに、なぜか肉体関係になりました。

緒方純子は当時から大人しく、規律をきっちり守るタイプの人間だったとされます。また厳格な親に育てられたせいか、自己肯定感が非常に低かったこともわかっています。彼女のこの生い立ちが北九州監禁事件を発生させる要因ともなるのです。次第に松永太に言われたことは、着実に実行する馬車馬のような存在になっていきます。

松永太に出会う前の男性経験は一回のみ。イケメン松永太との性交にハマってしまい、自ら求めるようになったと言われています。

 

北九州監禁事件概要【1-2】緒方純子の生い立ちとマインドコントロール

引用: Pixabay

幼稚園教諭だった緒方純子は、幼稚園でトラブルがありその悩みを松永太に相談したことで、急に仲が進展していきます。当初は優しかったイケメンの松永太でしたが、ささいなきっかけで暴力が始まりました。そのままエスカレートしていき、松永太は緒方純子に乳房にたばこの跡を付けさ、太ももに「太」という入れ墨を入れさせました。

従順なタイプの緒方純子はここで既に松永太の支配下に置かれてしまったことがわかります。厳しく育てられたお嬢さんとしての生い立ちが裏目に出てしまいました。

 

北九州監禁事件概要【2】マインドコントロールの始まり

引用: Pixabay

一度、緒方純子は松永太の元から逃げています。しかし松永太はその時既に肉体関係にあった緒方純子の母親から、居場所を聞き出します。松永太は緒方家を集め、緒方純子は殺人を犯したことを伝えています。世間体を気にする緒方家は、松永太に協力し純子を捕まえることにしました。

家族ぐるみで緒方純子を確保したことで、緒方純子は絶望したと言われています。この頃から緒方純子への虐待は激しさを増して、虎谷さん娘が緒方純子よりも立場が上に。虎谷さん娘は松永太のお気に入りだったことから、最後まで緒方純子と相当仲が悪かったと言われています。

緒方純子の両親と妹夫婦と姪・甥をも殺されてしまうきっかけが、緒方家の名誉を守るために緒方純子を捕まえることだとは、皮肉ですね。

 

北九州監禁事件概要【3】マインドコントロール生活の始まり

引用: Pixabay

ここから、緒方純子の両親・妹一家との壮絶な洗脳生活がはじまっていきます。松永太を頂点に虐待をしている家族の中でランク付けをされていました。最下層は「通電」の対象となり、ご飯もろくに食べられないので、誰もが最下層に落ちることを嫌がり松永太に媚を売るようになっていきました。家族間でチクりあいをさせて絆を崩壊させていったのです。

また松永太の正妻となると優遇されるので、女性陣で壮絶な正妻争いが行われたそうです。また緒方純子の義弟と母親が性交することを強要したり、義弟の娘と義弟との性交も強要されました。

人間の三大欲求である「食欲・睡眠欲・性欲」を松永太はコントロールしたことで、緒方家と虎谷さん父娘をマインドコントロールしていたと言われています。

 

北九州監禁事件概要【4】事件発覚のきっかけ

引用: Pixabay

緒方家は緒方純子一人が残って全滅したあとは、松永太は緒方純子を消して完全犯罪を成し遂げようと目論みました。緒方純子には緒方純子の子供と一緒に心中するように追い込みましたが、失敗に終わっています。

そんななか、虎谷さん娘は隙を見て松永太の元から逃げ出します。祖父母のところへ戻り、少しずつ平穏な生活を取り戻し始めていました。しかし松永太は虎谷さん娘の伯母(虎谷さんの姉)とも交際していたのです!叔母から居場所を聞き出した松永太は、適当な嘘を並べ祖父母を信じ込ませ、虎谷さん娘を引き戻すことに成功しました。

そこから壮絶な虐待が松永太と緒方純子によってなされました。自分で自分の爪をはがすことを強要されたりしつつも、再び脱走に成功し、祖父母に助けを求めます。あまりにも変わり果てた虎谷さん娘の姿を見て、祖父母も目を覚ましたのでしょう。ここでやっと事件が発覚します。

 

北九州監禁事件概要【5】イケメン松永太とマインドコントロールされた緒方家

引用: Pixabay

松永太は絶倫で、テクニシャンであったことが分かっています。松永太と関わった人たちはそのテクニックに溺れていったと言われています。その色男っぷりもイケメンと言われている所以でしょう。

緒方家の女性陣もみんな松永太との性交に溺れていったのでした。緒方純子のパートナーである松永太との性交を喜んで受け入れていたところも、この事件の異様さを際立たせています。そして、その関係がより一層、洗脳生活から抜け出すことを困難にさせていました。

 

北九州監禁事件概要【5-1】なぜか母親も子供も天才的な性行為に悦ぶ

引用: Pixabay

松永太と緒方純子の妹とは実は、この事件の前にナンパで知り合い肉体関係があったことが判明しています。ナンパで捕まえられるということは、当時からイケメンだったのでしょう。一度緒方純子が松永太から逃げ出したことがあるのですが、そのタイミングで松永太と再び肉体関係を結び、情事を重ねるようになりました。またそのタイミングでマインドコントロールされていきます。

また、緒方純子の母親は、娘との関係を清算するよう伝えるために松永太に会いにいったところ、肉体関係になってしまい、松永太のテクニックによって、緒方純子の母親も松永太との性交を望むような関係になったことが判明しています。

自分の子供の彼氏と情事を重ねるとは信じがたいことですが、地元ではイケメン松永太と緒方純子の母との関係は有名な話でした。監禁される前からマインドコントロールされている状態だったのでしょう。

 

松永太の天才的洗脳術とは?【北九州監禁殺人事件】

なぜ洗脳された?【1】第一印象がイケメンでとても良い

松永太と関わっている人間はおかしくなっていくなかで、周囲の人間は松永太が悪の元凶だと判断しています。しかし警戒していても、なぜか松永太本人に会ってしまうと、すぐに懐柔されてしまいます。特に肩書のある人間にも気に入られていたということで、相当なイケメンの人たらしだったことがわかります。

またイケメンであることを自覚しているのか、相手の目のことをじっとみて話すので、松永太との間に信頼関係を築けた錯覚に陥ってしまったようです。この印象は面会したひとによると現在もあるようです。

 

なぜ洗脳された?【2】見抜いてマインドコントロール

引用: Pixabay

名門一家である緒方家を崩壊させ、人当たりの良い虎谷さんをも殺し、元警官でもある緒方家の婿養子をも洗脳した松永太。なぜそんな人たちをもマインドコントロールできたのでしょう。

彼がそこまでマインドコントロールできたのは、相手の特徴、弱みを一発で見抜き洗脳させたことが原因だと言われています。恐らく、緒方純子に近づいたのも生い立ちや資産状況を調べたうえで、緒方純子の性格も洗脳しやすいことをわかっていたからでしょう。

 

なぜ洗脳された?【3】マインドコントロールされる素地があった

引用: Pixabay

緒方家は地元では相当な名家だったそうです。そのためかなり生い立ちや世間体を気にする家だったことが、この北九州監禁事件を引き起こした原因の一つだとも言われています。

当初は緒方純子がイケメンの松永太に惚れ込み、緒方純子と緒方家とは断絶していました。緒方家は、長女であった緒方純子が離れてしまったため、次女に緒方家を継がせるために見合結婚させました。次女は結婚前夜まで自分は家のしがらみから逃れられないと泣いていたそうです。また、緒方純子が自殺未遂したときは、救急車のサイレンを鳴らさないようにお願いしていたと言われ、かなり世間体を気にする家だということがわかります。

 

なぜ洗脳された?【4】なぜマインドコントロールされていくのか

引用: Pixabay

なぜ大の大人たちがマインドコントロールされていったのか不思議ですよね。やはり大きいのが「緒方家というプライド」です。

特に緒方純子の父は名門緒方家の名誉を守るために、松永太に丸め込まれていきました。松永太から「緒方純子は殺人犯だ」と言われ、時効までの我慢だと、松永太を頼るようになっていきました。しかし逆に松永太から「匿うために金が必要」と金を巻き上げられていきます。

その過程で、緒方純子と虎谷さん娘に「通電」させられていることを知った一家も、些細な名目で「通電」させられていきます。会社も欠勤しがちになり、土地を売ることも親戚から止められ、最終的に誰も頼れる状況ではなくなりました。そのため松永太により依存していく状況になったと言われています。

 

なぜ洗脳された?【5】弱味を見つけると書面にしてマインドコントロール

引用: PAKUTASO

松永太のマインドコントロールの方法としては、相手の弱味を知った瞬間にすぐに書面にして相手に罪悪感を突き付けていました。なぜそんなもので?と疑問に思いますが、ここからが松永太の天才的なマインドコントロールの手口です。

些細なことも執拗に責め立てて、相手の自己肯定感を奪います。自己肯定感がなくなっているときに法的効力はない書面を突き付けられると、判断ができずに松永太の言いなりになっていったようです。また、松永太が利益になるような約束事も書面に残しており、約束が守られないと書面を盾に相手を「通電」で追い詰めていきました。

この方法は現在でも十分に通用する方法なので、被害に遭わないように気を付けましょう。

 

なぜ洗脳された?【6】全員を北九州監禁事件の加害者にしてマインドコントロール

引用: PAKUTASO

北九州監禁事件の最大の特徴が「虐待メンバー全員が殺しや遺体処理に関わったこと」です。さすがに緒方純子の甥は幼すぎて、殺人や遺体の解体に関わっていませんが、緒方純子の姪は殺しにも遺体の解体にも関わっています。

松永太が口頭で相手を責め立てて罪の意識を抱かせているところに、殺人の実行や遺体の処理を実際にやらせることによって全員に罪の意識を負わせました。プライドの高い緒方家は、より松永太の洗脳から逃れられなかったことがわかります。このことから、松永太は天才的なマインドコントロールと冷静に犯行を遂行する頭の良さを持ち合わせているのがわかります。

 

なぜ洗脳された?【7】子供を人質にしてマインドコントロール

引用: PAKUTASO

緒方純子には2人の子供がいます。幼稚園教諭をしていたくらい、子供好きの緒方純子は「子供と接しているときだけ辛いことを忘れさせてくれた」とも言ってます。子供がいることで、ますます松永太のマインドコントロール下から逃れられなくなっていたのは明白です。

緒方純子の妹夫婦の子供二人も松永太がいるマンションに連れてこられたことで、緒方家の弱味がますます増えたのでした。なぜ大事な子供を松永太の元に連れてきたのか理解に苦しみますが、言葉巧みに連れ出させたということです。緒方純子の子供含め、子供たちの世話は虎谷さん娘が主にしていたことがわかっています。

また緒方一家を殺害し、資金繰りに困った松永太は新たなターゲットを見つけていました。子供がいる主婦です。夫と不仲なところを天才的なマインドコントロールで付け込み、子供を松永太のマンションに預けさせて、主婦を風俗では働かせていました。

 

なぜ洗脳された?【7-1】子供に暴行させる

引用: Pixabay

松永太と緒方純子の子供の誕生日やクリスマスは、虐待されている人たちがいる中で行われていたということで、異様な空間で育ってきたことがわかります。また松永太は実の子供たちに、実の母を暴行することを指示していました。子供好きの緒方純子からしたら、耐え難いことだったのは想像に難くないです。

 

なぜ北九州監禁事件が生まれたのか

引用: Pixabay

概要だけ知ると私たちは、なぜそんな男から逃れられなかったのか?なぜ洗脳されてしまったのか?もし自分だったら天才的なマインドコントロールなんてかからない自信がある!もし自分だったら北九州監禁事件なんて起きなかった!と思いがちです。しかも虐待されていた家族は運転手役やファミレスでご飯を食べる機会があったのにもかかわらず、逃げ出しませんでした。

なぜでしょう。

しかし松永太は人間のちっぽけなプライドや、弱い部分を突くのが天才的に上手かったのです。また、絶対的な絆がある家族を互いに監視し合う体制をつくりました。チクれば自分は「通電」から免れる。そして松永太に吹き込まれて、嫌悪感しかない相手を貶められるチャンスだとも感じていたようです。また「通電」は松永太がやるだけでなく家族間でもやらされていたことが分かっています。

そのため外出時は監視役と二人で出かけていたようですが、逃れることはできないと観念していたようです。

 

現在でも起こりうる洗脳

引用: Pixabay

現在でも状況さえ揃えば、いつでも起こりうる事件です。

人に依存しがちな性格や生い立ち、誰にも言えないプライドの高さが被害者にあれば現在でも一気に北九州監禁事件と似たようなことが起こります。生い立ちはどうすることも出来ないですが、このような洗脳に巻き込まれないように自衛する心がけは必要です。

 

松永太に洗脳された人々のその後は?【北九州監禁殺人事件】

緒方家は緒方純子を除いて全滅しました。緒方家の親族は事件後、空の骨壺で彼らを供養したようです。現在は穏やかに成仏され、供養されていることでしょう。

 

北九州監禁事件犠牲者【1-1】洗脳された虎谷さん死亡

この事件は緒方家が殺されただけでなく、実はその前に虎谷父娘も監禁されていました。当時、周りからは松永太に騙されていると諭されたものの、なぜか心酔しきっていた虎谷さんは松永太のことを信じ切って同居生活に突入していきました。

しかし虎谷さんの弱みを吐かせた松永太は態度を豹変。書面に悪さをしたことを書かせ、罪悪感を植え付け松永太の支配下に置いていきます。父を娘が監視するという、親と子供で疑心暗鬼にさせる状況を作り上げたことで、虎谷さんが逃げ出す状況を作り出させませんでした。

排便は一日一回に決まられており、「通電」も激しくなってくると虎谷さんは大便を漏らすこともありました。その大便を虎谷さんに食べさせていたことがわかっています。

 

北九州監禁事件犠牲者【1-2】洗脳された虎谷さんの解体

引用: Pixabay

虎谷さんが死亡すると、虎谷さん娘と緒方純子に解体を命じます。実の子供が父親を解体するという、狂気に満ちた作業です。松永太は裁判で「魚をさばくように」と発言し、裁判中の緊迫した空気をゆるめたエピソードは有名です。虎谷さんの内蔵はミキサーで攪拌し、鍋で煮込み、レバーのような強い異臭がしていたといわれています。細かく解体した後は、海や公衆トイレにながして遺体の隠滅を図っていました。

虎谷さんが死亡する直前に、虎谷さん娘に歯型がつくほど強く虎谷さんに噛みつくように松永太は命令します。そしてこの事実も書面で残し、これで虎谷さん娘もマインドコントロールしていったのでした。

また虎谷さんを解体した翌日に、緒方純子は子供を産んでいます。つまり妊婦の状態で遺体を解体してたということです。

 

北九州監禁事件犠牲者【2-1】洗脳された緒方純子の父 死亡

引用: Pixabay

あらゆるところから借金をし、松永太に貢いでいた緒方家ですが、最終的に土地を売却するところまで追い込まれます。しかし土地の売却を親族によって止められた緒方家は、金の工面をすることができなくなりました。その責任を取るために緒方純子の父親に「通電」をさせたところ、死亡。緒方家で緒方純子の父親も虎谷さんと同様に解体して、完全に抹消させました。

 

北九州監禁事件犠牲者【2-2】洗脳された緒方純子の母 死亡

引用: Pixabay

松永太と15年以上も関係が続いていた、緒方純子の母親も義理の息子に首を絞められて殺されます。緒方純子の父が死亡した後は集中して緒方純子の母親に「通電」が行われていたことがわかっています。松永太と関係があると知らされた緒方純子は母に対して相当な嫌悪を抱いており、それも家族間の関係を引き裂く理由の一つになってしまいました。

緒方純子の母親も残された緒方家によって解体。解体時には皮下脂肪で肉が切りづらく、大量の便も出てきて大変だったと言われています。

 

北九州監禁事件犠牲者【2-3】洗脳された緒方純子の妹 死亡

引用: Pixabay

緒方純子の妹は、姉である緒方純子とは正反対の性格で気が強い美人でした。そして割と性に奔放だったようです。生い立ちは姉と一緒でも、性格は正反対だったようです。

しかし松永太の前ではその気丈な性格も折れてしまうことになります。度重なる「通電」で耳が遠くなっていた緒方純子の妹も、実の娘と夫に殺されます。夫は娘に「最後の挨拶をしなさい」と伝えた後に殺したことがわかっています。

 

北九州監禁事件犠牲者【3-5】洗脳された緒方純子の義弟 死亡

引用: Pixabay

緒方家の婿養子に入った緒方純子の義弟は元警官でした。しかし生い立ちは素朴で純粋、そして婿養子という引け目があった彼は一発で松永太の手のひらで転がされるようになります。気を許した義弟は松永太にさまざまな愚痴を吐き出し、そして松永太から緒方家の秘密を聞かされ逆上。

緒方純子の妹と揉めますがその様子も松永太による脅しの材料にされてしまい、屈します。妻である緒方純子の妹を殺したときには号泣したことが伝えられています。

度重なる食事制限と「通電」で義弟の体調は思わしくなく、下痢と嘔吐を繰り返すようになりました。「通電」では主に陰部に集中されて行われており、水膨れになっていました。嘔吐したものや下痢したものを食べさせられたり、何日も飢餓状態にあるところから、いきなり油っこいものを永遠と食べさせられたことにより衰弱していき、最終的には松永太にビールと栄養ドリンクを飲まされ死亡しました。

義弟の解体は緒方純子と義弟の娘(緒方純子の姪)によって解体されました。

 

北九州監禁事件犠牲者【3-6】洗脳された緒方純子の甥 死亡

引用: Pixabay

親である緒方純子の妹夫婦が死亡したことにより、二人の子供は松永太にとって無用の存在となりました。解体に関わっていない甥は喋るだろうということで、松永太は暗に殺害を指示。姪と緒方純子と虎谷さん娘で、緒方純子の甥を殺害しました。

松永太に優遇されていた虎谷さん娘が、殺害に関わったのがこの時が実質初めてでした。

 

北九州監禁事件犠牲者【3-7】洗脳された緒方純子の姪 死亡

引用: Pixabay

甥の死亡後は「通電」の標的は姪に集中していきました。陰部にも「通電」されていたことがわかっています。次第に姪の食事量が減らされていき、緒方純子と虎谷さん娘は姪を殺すことを意識していました。松永太が緒方純子の姪と話し込んだあとに「姪は死にたがっている」と言い暗に殺害を指示したと言われています。

姪の方も、首を絞めるためのコードを見た瞬間に覚悟したように自ら横たわり、コードを巻き付けやすいように自ら頭を持ち上げたそうです。

 

北九州監禁事件犠牲者【4】結婚詐欺で洗脳した女性 精神疾患発症

引用: Pixabay

結婚詐欺で女性を追い詰めて、自殺に追い込んだり不審死させていましたが、虎谷さん父娘が監禁される前は、この女性を騙し金を巻き上げていました。この女性も天才的なマインドコントロールで洗脳していたようです。その後は子供を人質に虐待を開始。この女性は身の危険を感じて二階のベランダから飛び降りて骨折しながらも生き延びました。逃げ出したことがわかった松永太は、彼女の子供を元夫の所に置いてきたそうです。しかし虐待は相当ひどかったようで現在は精神疾患を発症し、一時は精神病棟に入院。現在もまともに社会生活を送れていません。

裁判でも証言しましたが、途中でドクターストップがかかるほど症状が重かったそうです。

 

サイコパス松永太の現在。

天才イケメンサイコパスのマインドコントロール

血のつながった家族が男の存在でなぜか殺し合い、遺体を消し去るという狂気に満ちた空間を作り上げた松永太は「サイコパス」といえるでしょう。サイコパスの特徴として、口が達者で表面上は魅力的なところなど様々な特徴が挙げられていますが、ほぼ松永太に当てはまっています。今現在判明している中では一番のサイコパスでしょう。

松永太と関わった女性は、自分の話を一生懸命聞いてくれたと証言していますが、心の底から心配しているわけでなく洗脳させるために演じていたことが分かります。そして結婚詐欺のターゲットになった女性たちも、松永太の天才的なマインドコントロールにハマっていたのでしょう。

 

天才イケメン サイコパスは現在も反省ゼロ

引用: Pixabay

松永太と緒方純子の裁判は、緒方純子の希望で二人が同席した形で行われました。緒方純子は松永太と離れた拘置生活を送ったことにより、マインドコントロールが解けて死刑を覚悟しつつも、なぜ犯罪を犯したのかを話し始めました。また、緒方純子自身もなぜ緒方家が巻き込まれていったのか知りたかったようです。

しかし松永太のほうは、罪の意識を持ち合わせていないようでずっと無罪を主張していました。現在も無罪を主張しているようです。松永太の子供が面会に来た時も、刑の減軽を求める署名活動をして欲しいと頼んでいたようです。また法廷でもペラペラと自分の持論を話し続ける姿は漫談のようだったとも言われています。

千原ジュニアも、松永太がもし芸人になっていたら、現在は成功していたかもというような言葉も残しています。

 

現在の様子:天才イケメン サイコパス松永太

引用: Pixabay

最高裁で死刑が確定したこともあり、現在ではあまり松永太の情報が出てくることはありません。面会したジャーナリストもいたようですが、使い物にならないと判断されたのか、最初は親しくしていたものの途中で面会を拒否されています。現在は死刑執行を待つのみの、イケメン天才詐欺師となり果てています。現在の松永太の様子が非常に気になります。

 

現在の様子:緒方純子

引用: Pixabay

また、緒方純子も当初は死刑判決が出たもののDV支援団体の署名活動により、現在は無期懲役の減刑となりました。現在の緒方純子は非常に落ち着いており、「刑務所生活は行きたいときにトイレも行けるし、ご飯も食べられるので良いです。」と現在は壮絶な生活から離れられたことに安堵しているようです。

お嬢さんとして育った生い立ちから、現在は大量殺人犯になってしまった哀しい女性です。20代から虐待生活を受けていた緒方純子にとっては現在の刑務所生活に平穏な日々を感じて欲しいです。

 

現在の様子:虎谷さん娘

引用: Pixabay

虎谷さん娘の現在は、無事に社会に出て働いているようです。児童養護施設を経て一人暮らしをしているようで、ちゃんと社会復帰できているそうです。全く希望の見えない北九州監禁事件ですが、少しの希望を与えてくれる情報です。

生い立ちは、生き残った人たちの中で一番壮絶でしょう。生い立ちの一部には、実の親を解体した事実は永遠に付きまといます。しかしマインドコントロールが解けた現在、幸せに暮らして欲しいですね。

 

現在の様子:松永太と緒方純子の子供

引用: Pixabay

松永太と緒方純子の子供たちも現在は成人しています。2017年に二人の子供のうち一人がドキュメンタリー番組に出ていて話題となりました。

その子供が語る生い立ちは壮絶です。松永太と緒方純子の実の子でしたが、子供たちにも日常的に「通電」は行われていたようです。そんな子供たちも現在は成人し、取材にこたえた子は結婚しているそうです。殺人犯の子供と言われ、後ろ指を指される人生は不幸な生い立ちすぎて不憫になりますが、子供には罪がありません。現在、未来へと強く生きていって欲しいものです。

 

現在の様子:松永太に預けられていた子供と母親

引用: Pixabay

現在の彼らの様子は不明ですが、逮捕された当初は、母親は保護された子供に会わせてもらえず大変だったそうです。子供たちが虐待されていたかどうかは不明ですが、その子供たちも生い立ちは複雑になります。

殺されなかった分、生い立ちは複雑でも現在は幸せに生きて欲しいですね。

人気の記事