珍しい手相20選!左手・右手別に〇〇線の意味や運気を総まとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

手相ってそもそもなに?

引用: Pixabay

商店街や道端にぽつんと「手相」の文字を掲げた方を見たことはありませんか?

そう、手相占いの方々です。

そもそも手相って何のことを言うのでしょうか?なんとなく知っているようで知らない事もありませんか?

例えば、手相にはなんていう線が何本あるんだっけ?それが何を指しているんだっけ?そもそもどっちの手だっけ?右手?左手?両手?改めて考えてみればそんな疑問が浮かんできませんか?

簡単ではありますが、「手相」をご紹介いたします。

手相とは、手の線(掌線)と形状・肉付きを見てその手の持ち主の運勢や運気・健康状態や才能、性格を見る事を言います。

手相を見ている方々はこういった特徴を見て占っているのです。占い師の方々が虫眼鏡を使ってじーっとアナタの掌をじーっと見てるなんて経験はありませんか?彼らは手相の細かい薄い線までみてあなたの運勢を伝えてくれるのです。

 

珍しいラッキーな線がある?


引用: Pixabay

先の項目で手相について説明していきましたが、そんな手相の中にもあるとラッキーな珍しい線が存在します。

珍しい手相があると、幸せで良い人生を歩めると言われています。

そんな珍しい手相が2019年令和の時代になって再度、注目を集めているみたいなのです。

 

珍しい手相探しが話題?


引用: Pixabay

私たちの掌の手相は、変化していくものです。

環境・経験などその変化によって運勢の手相は変わっていくのです。何事でも、いつだって同じ何てことないはずですよね。1度あることは2度ある、3度目の正直なんて言いますがそれこそが珍しいのです。

今、そんな珍しいといわれる手相探しがちょっとした話題になっています。

珍しい手相なんて、手相を詳しく知らない人からしたら全部珍しいわ!なんて言われてしまえばそうなのですがその中でも、とても珍しい手相がいくつかあるのでご紹介したいと思います。

もしかしたら、あなたの掌には最強の手相が現れているかもしれませんよ?

 

珍しい手相を探してみよう【激レア度★】

引用: Pixabay

今回は、【レア度】としてご紹介していきます。

星が多ければ多いほど珍しいという事ですが、どれも珍しい手相という事に変わりはありません。

さぁ、両掌をのぞいてみましょう。細くて薄くて短い掌線も見逃さないで。必要なら虫眼鏡や拡大鏡を用意しましょう。

 

珍しい手相①:社交線

Array

まずは社交線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

この社交線は、短い掌線ですが結構ハッキリと見えやすい線になりますので見つけやすい掌線でもあります。

これが現れていると、協調性・統率力にすぐれているとされていてチームワークでの物事をやり遂げる力があります。人と強調しリーダーシップを取りながら、物事を進めていき結果良いことが起きるとされています。

人付き合いもよく、社交性があるので自然と人が集まり人間関係は良好そのもの。ただ、そんな社交性の人だからこそ一人でいる事よりも他人といることを選びますので、その反面で一人は寂しいと感じる寂しがり屋の人が多いかもしれません。

珍しい・レアな手相として言われるこの社交線を持っている人は、起業や独立に向いており人の上に立ちリーダーシップを大いに発揮でき、その上性格も明るく打ち解けやすい面があるので人付き合いも良好となるといわれています。

仕事をするにも、生活するにも人付き合いは欠かせないもの。周りにコミュニケーション能力が長けている人はこの社交線を持っているのかもしれません。

珍しい手相②:仏眼相

引用: Pixabay

続いての、珍しくレアな手相は仏眼相です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

仏眼は、親指の第一関節に目のような形の線があるものを指します。仏心紋とも呼ばれ、親指に現れる珍しい相として知られています。第一関節と第二関節の間に現れることもあります。

これが現れていると、ご先祖様の守護力が強く、直感などに優れているとされていて頭で思い描いたことが、実現しやすい運の強さを持っています。

強い集中力や精神力の持ち、困難が生じると必ずご先祖様の助力を得て困難から脱することができるとされます。スピリチュアル的な分野に優れ、予知能力があったり、テレパシー的なことに長けていることが考えられます。

スピリチュアルなところでいうと、霊感が強いとされています。ただ単に霊が見えるという事ではなく、「霊感」というスピリチュアルな部分なので、感受性も強く、人の心や感情を読み取る力や記憶力が長けているという所も特徴となります。

霊感は、仏眼があると見えるという訳でもないですしあっても開花することがないとも言われています。

仏眼相は、その名のとおり仏の眼と書きます。指に仏の眼が現れるということ自体がスピリチュアルな部分を醸し出しているところかもしれませんが、この仏眼のいいところはご先祖様のご加護を一身に受け自己やケガに合うことも人一倍少ないとされているところでしょうか。

いくら珍しく、レアな相が運勢・運気・金運・恋愛運を上げてくれようとも自分が健康で何事もなく生きてけることが第一です。仏眼相は仏の眼を持ち他人にやさしくご先祖様のご加護を受け護られて生きているそういう所を表しているのではないでしょうか?

 

珍しい手相③:財運線

Array

引用: Pexels

続いての、珍しい・レアな手相は財運線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

運命線から枝分かれした線が財運線となっているものを指します。運命線というのは始点に関わりなく、中指の付け根方向に向かって伸びる掌線で、財運線は基本的に小指の付け根に現れる掌線のことを言います。

この運命線から伸びる財運線が現れていると仕事運がアップされ、その名のとおり財運が上昇するとされます。仕事運アップの効果で日々の仕事が、成功へと導かれ結果的に大きな財を手にすることが考えられます。

良い仕事に恵まれる・自分の能力を最大限に発揮できるとされていて、積み重ねた努力が報われ大金につながるはずです。

この財運線は、経営者にとってありがたい手相と言えますね。この財運が上昇する時期は運命線と枝分かれした位置でわかります。掌の真ん中辺りを40才とするのが目安と言われています。

もちろん、この財運線があれば必ず…とは言い切れません。日々の仕事での努力の結果、財を生むという事ですのでこの財運線を支えに頑張ってみると、自ずと結果は見えてくるはずです。

 

珍しい手相④:説得線

引用: PAKUTASO

お次の珍しい・レアな手相は説得線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

説得線は、薬指と小指の間の下方辺りの感情線上から小指の付け根辺りまで伸びる斜めの掌線を指します。

実はこの説得線、財運線と間違いやすく、感情線との接し方があいまいなものは説得線とは言えません。きれいに現れているものは少ない、珍しくレアな手相なのです。

この説得線が現れていると、自分の気持ちや考え方を相手に伝えるのが上手とされています。コミュニケーション能力に長けているという事です。

自分の思っていることを人に伝え、説得できて何事も成功へと繋げるというコミュニケーション能力を備えているといわれています。社交性もあるはずなので、交渉事は上手くいきやすく成功や幸せを手に入れられるという事です。

この手相の持ち主は、先ほどもあげたようにコミュニケーション能力が非常に高いので人に物事を教える分野で活躍が期待されるでしょう。人と接する仕事、接客・営業などの交渉力でその力を発揮させます。

 

珍しい手相⑤:金星帯

引用: Pixabay

珍しい・レアな手相20選、続いては金星帯です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

金星帯は、人差し指と中指の間から薬指と小指の間にかけて弧を描いて伸びる掌指します。1本の線で現れることは少なく、キレギレに現れることが多いとされます。

金星という事からヴィーナスラインと呼ばれ、愛と美を象徴する線としても知られています。別名「エロス線」なんて呼ばれています。

これを持っている人は、感性が豊かで美的なセンスに優れているとされています。個性的な色気や魅力を持っていて愛情深くまたは味用に恵まれ、情熱的な恋愛をすることもあるのだとか。

繊細で細やかな愛情を持っていたり、精神的な崇高さもある。そして磨けば光るほどの色気と魅力を兼ね備えた人とも言えます。人から好かれ出会い運にも恵まれ・・恋愛成就にはこの手相が欲しいところですね。

 

珍しい手相⑥:忍耐線

引用: Pixabay

続いて紹介する珍しい・レアな手相は、忍耐線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

忍耐線は、薬指下斜めに小指下まで斜めに伸びる掌線を指します。この斜め線は弓なりになっているものがほとんどです。

これが現れていると外見上はそう見えなくても、実は勝ち気で我慢強い性格とされています。自分の決めたことなどにブレずにまっすぐと自分の意志を貫ける心を持っている人と言えます。

我慢を強いられる状況にあっても、努力することで運気が開けるはずです。ここでも努力は必要ですが、何事にもブレずまっすぐな忍耐線を持っている持ち主であれば、自然と結果は見えてくるでしょう。

さらに、競争相手が多くいる環境でも頑張り抜ける力を持っていますが、我慢をし過ぎてブレない心が裏目に出ることもありますのでしっかりとした見極めが大切です。コツコツと積み上げてきた努力が報われて人生が充実するとされます。

 

珍しい手相⑦:幸運線

引用: Pixabay

続いての珍しい・レアな手相は幸運線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

幸運線は小指の下方、手首よりから中指の付け根や薬指の付け根に向かって伸びる掌線で、弓なりの伸びる線が多いようです。名前からして、自分の右手・左手もしくは両手に欲しくなる手相ですね。

これが現れていると、予期せぬ偶然の出会いにより、運勢が大きく好転するとされています。持ち主にとってプラスとなる出会いやめぐり合わせ、そして運気の向上と向かっていくようです。

この手相を持っている持ち主は、人を惹きつける何らかの魅力を持っているはず。それがどういった魅力なのかは定かではありませんが、自然と人を引き付けその出会いをきっかけに待ち望んでいたチャンスに恵まれる可能性も高くなるといわれます。

運気アップに向けた自分磨きを行ったり、何事にもチャレンジするといった積極的な行動が、より一層の幸運を呼び込むとされます。

幸運というからには、恋愛面も気になりますよね。恋愛に関しても素敵な人との出会いがあり、それが幸せな結婚につながるかもしれません。この手相を見て誰かと出会ったとき、もしかすると運命の人かもしれません。

 

珍しい手相⑧:昇運線

引用: Pixabay

次の珍しい・レアな手相は昇運線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

名前からして、運が昇と書くこの手相。いい事の予感がしませんか?

昇運線は生命線に接することなく、人差し指の付け根辺りに現れる斜めの線を指します。余談ですが、生命線と接していれば希望線となります。この昇運線は、離れているのが特徴となります。

これが現れていると、人の協力を得て成功などがつかめるとされます。誰かからのサポートを受けてその努力が認められ結果的に成功という運を掴むことが出来るといわれています。

人との縁により、様々なアナタの運気が向上するはず。何かにチャレンジして達成しようとする際に、必ず協力者が現れて手助けを受けられたりと人に手を差し伸べてもらえる魅力を秘めています。

もちろん、仕事面などでも仕事に対する意欲がとても強く、職場仲間や周囲から高く評価されるはずです。

特に、立場が上の人から目をかけられたり、引き立てられることが考えられます。

濃くハッキリと刻まれていると、この意味合いがより一層強まることになります。管理能力も上がるとも言われているので、人の上に立つ人にもこの線がみられるかもしれません。

 

珍しい手相⑨:希望線

引用: Pixabay

続いては、先ほどの昇運線でも出てきた希望線をご紹介。

見る手は、”利き手”の右手となります。

希望線は生命線上から人差し指の付け根のラインに向かって伸びる直線を指します。生命線上から上に向かって伸びる線は全て努力線と呼びますが、中でも人差し指に向かうものを特別に希望線としています。

別名、「努力線」・「上昇線」・「ベンチャー線」とも呼ばれていて、呼び方は様々ですがどれも開運力がある手相として知られています。

これが現れていると、夢や希望を持ち、上昇志向が強いとされます。いつでも目標を心に持ちそれに向かって努力をするという所が特徴と言えます。

もちろん開運力があるのですが、一気に叶えるわけではなくそれなりの努力が必要となります。持ち主自信が努力を惜しまず、前に向かって進むことで、運勢が大きく切り開くとされています。努力なしに、開運は開かない。といったところでしょうか。

また、自分の努力が報われるだけでなく経営者や管理職として人の上に立ち率いることにも優れています。

 

珍しい手相⑩:マネジメント線

引用: PAKUTASO

続いてはこちら、マネジメント線。希望線と合わせてあれば珍しい・レアな手相の持ち主ですよ!

見る手は、”利き手”の右手となります。

マネジメント線は、生命線の始点から人差し指と中指の付け根の間にかけて現れる弓なりの掌線を指します。線の大部分が人差し指の付け根にかかります。必ずしも弓なりとは限らず、ほぼ横線状になって中指の付け根に向かうものもあります。

これが現れていると、管理能力や経営能力、人心掌握術に優れていることになります。先ほどの希望線との違いは殆どありませんがこちらはマネージメントという管理能力にスポットが当たっています。

管理能力とは、人やモノだけではなく流動的なお金などもをきっちりと管理します。人の良いところや能力を最大限に引き出す手腕が長けていて、人を指導する力や人をやる気にさせて動かす力を持っています。

人と人をつなげる役割にも優れているとされます。管理能力ばかりでなく、事務的な処理能力にも優れているはずです。マネージャーやコンサルタント的な職種に向いていて、人の助けになったり人の役に立つという裏方のお仕事に向いているかもしれません。

 

珍しい手相を探してみよう【激レア度★★】

引用: Pixabay

さて、お次はレア度がちょっと高めの珍しい手相7つご紹介します。

この中にある手相が、あなたの右手・左手・両手にあればラッキーですよ。見比べてみてくださいね。

珍しい手相①:二重知能線

引用: Pixabay

まずは、二重知能線です。基本的な知能線は1本ですがなんと稀に二重で現れている人も。珍しくレアな手相です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

掌に大きく出ている3本の真ん中の掌線が知能線です。基本的に1本なのですが2本も現れているという事は、2倍の知能があるといわれています。

個性や才能が普通の方より2倍あるといわれ、二通りの考え方や行動ができたりします。頭の回転が速いので、複数の仕事をこなすことも得意とされ多芸で独特の感性の持ち主ともいえます。

クリエイティブな面も長けているため、個性を生かすことを生かす仕事であれば存分に才能を発揮できますし、家業などを継ぐ場合でもいい方向に個性を生かし仕事をこなしていけるでしょう。

奇抜な発想を持っているので、人とは違う何かを行動に移せばよい方向へと個性が輝くでしょう。

 

珍しい手相②:スター線

引用: Pixabay

続いての珍しくレアな手相は、名前からしていい手相な予感。スター線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

「星紋」と呼ばれていて、別名「スター線」「スターマーク」とも呼ばれていてラッキーサインとして手相では知られている珍しい手相なのです。

短い3本~4本の線が星のように(*アスタリスク模様といえばわかりやすいでしょうか?)交差しているものをいい、指の付け根付近に現れる手相です。

ここで間違えやすいのは「十字紋」と呼ばれる手相があるのですがこれは2本の線が交差している手相なのでスターマークは3本以上が交差したものです。

このスター線は、幸運・開運・成功を暗示しており持っていればなんともレアな手相の持ち主ということになります。その名のとおり、幸福を呼び込む手相と言われていますので恋愛運・仕事運・金運などの幸福を呼び込みます。

3本よりも4本の線が交差しているスターマークは、奇跡的な幸運に恵まれると暗示していますので持っているアナタはとってもラッキー。

その名のとおり、スターになれる素質や魅力を兼ね備えており人から好かれて人気者なるなんてこともありますよ。

 

珍しい手相③:直感線

引用: Pixabay

お次の珍しくレアな手相は直感線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

直感線は小指の下方で手首寄りから弧を描きながら小指の付け根にある掌線となります。薄く現れることが多く、ハッキリときれいに現れることは少ないようです。ハッキリときれいに現れているものは、特に珍しい相として知られています。

この手相の持ち主は、優れた直感力を持ち、人や物事の本質を素早く見抜けるとされ、とても鋭く物事の本質を瞬時に見抜けるとされます。

何事にも、直感は大事だと思いませんか?何かを選択する際に迷うより、自分が一番に思った選択肢、つまりは直感で選んで上手くいった事もきっとあるはずです。逆に言えば、直感で感じた選択肢とは別を選択し、結果的に直感で選んだ方がよかった・・なんてこともあるはず。

直感線を持っている人は、その迷いもなく自分の意志のまま突き進むタイプ。そのため、仕事面でも活躍する機会が多く成功へと道筋が開くことが多いのです。

読みが的中しやすいことから、ギャンブルの世界や投資なども上手くいくかもしれません。

 

珍しい手相④:玉の輿線

引用: PAKUTASO

続いての、珍しくレアな手相は玉の輿線。男女ともに憧れる玉の輿ですがそれも手相でわかっちゃうんです。

見る手は、”利き手”の右手となります。

玉の輿線は、横に長く伸びた結婚線が太陽線と接している掌線です。

この線が表れていると、恋愛運というよりか結婚をきっかけに裕福になるかもしれないと暗示されていて、お金持ちの結婚相手に恵まれたり結婚を機に夫婦のどちらかが大成功して大金を掴むなんてことも暗示しているようです。

男性の場合は、社長や社長令嬢などとの出会いのチャンスが増え逆玉の輿なんてことがあり得るそうで女性の場合と同じく裕福な生活になったり、財力や名声などが手に入るということもあり得るかもしれません。

玉の輿線は、恋愛運だけでなく金運アップの暗示も現れているという事です。

お金の巡りが非常によくなり、富や名声も手に入るなんともうれしい事ばかり。特に濃い太陽線と接している場合は持ち主に財力があるとの暗示があるので自分の力で富や名声を手に入れられるのかもしれません。

玉の輿線も、手相一覧でよく紹介されるポピュラーな手相とも言えます。誰もが憧れる玉の輿になれるかどうかよく検索されたりしています。

 

珍しい手相⑤:俵紋

引用: PAKUTASO

お次の珍しくレアな手相は俵紋です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

俵紋は指に縦線が複数現れて、見た目が俵にようになっているものを指します。俵相とも呼ばれ、縁起の良い珍しい手相として知られています。

これが現れていると、一生食べ物に困ることはなく、裕福な暮らしができるとされます。俵紋の俵は、米俵の俵なので食べるものと関連付けられることになります。食べ物に恵まれて食で困ることはないようです。

食は幸せと紐づくものですよね。おいしいものを食べると幸せを感じるのと同じで、この俵紋が指に現れていれば食に困らず幸せを感じることが多くなるのですね。

俵紋は基本的に吉運をもたらすのですが、現れる指によっても運気に違いがあります。

親指に現れている場合は家庭運・健康運、人差し指に現れている場合は向上運・仕事運、中指に現れている場合は達成運・勉強運、薬指に現れている場合は名声運・金運、小指に現れている場合は社交運、商売運、子供運をもたらすとされます。

現れる箇所が複数なんてこともあり得るかもしれません。場所をよーく観察してみてください。

 

珍しい手相⑥:成り上がり線

引用: PAKUTASO

続いての珍しくレアな手相は成り上がり線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

成り上がり線は、生命線が始まる場所を始点とし、緩いカーブを描いて中指のつけ根に向かう掌線を指します。成功者の手によく現れているそうです。

別名「千金紋」といい、字から見てとても幸運な感じしませんか?

これが現れていると積み重ねてきた苦労などが報われ、一発逆転の幸運が訪れるとされます。自分の実力を頼りに、どん底から這い上がる力を持っています。

努力が目に見えるといっても過言ではないこの成り上がり線は、必死に努力を重ねてきた結果この手相が現れるという事なので今の自分と照らし合わせてみるのもいいかもしれません。

もたらされる幸運が大金につながり、お金の巡りも格段に良くなり、大きく飛躍するチャンスにも恵まれています。ハングリー精神が旺盛で、目的達成のためにとことん頑張れる人です。

スター性も垣間見れ、芸能関係の分野でも活躍が出来るかも。お金の面だけではないという事も忘れないでおいてくださいね。

 

珍しい手相⑦:二重感情線

引用: Pixabay

お次の珍しくレアな手相は二重感情線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

感情線は小指の下方の掌の側面から始まり、人差し指方向に伸びる掌線ですがこの感情線の上か下にもう1本の感情線が現れていることがあります。これを二重感情線と呼びます。二重感情線の多くは上側に現れ、切れ切れのこともあります。

この二重感情線が現れていると、愛情や情熱が人の2倍あり精神的な強さを持つとされます。感情線を持っている人はもともと、感受性が豊かで思いやりのある人とされます。この二重感情線は2本あるからこそ倍の感受性を持っているといえます。

もの手相の持ち主は、何事も熱意を持って携わるので成功しやすいと言えますし意思が強く少々のことでは動じないとされます。困難などに遭遇しても粘り強く乗り越える力を持っている面も。

心が豊かで感受性も強く思いやりがある人ということですね。

 

珍しい手相を探してみよう【激レア度★★★】

続いては、レア度がもっとも高い部類の3種類をご紹介。

これから紹介する珍しくレアな手相は、最強手相と言われる手相も含まれています。あることが珍しくレアだという事と、その手相の内容がなんとも最強ということです。

あればラッキー、いや最高にラッキーな手相をご紹介します。

珍しい手相①:運命線

引用: Pixabay

まず初めの、珍しくレアな手相は運命線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

運命線って、あれ?基本的な掌線で誰でもあるんじゃないの?とお思いではないですか?

そうなんです。違うのです。これ、実はとても珍しいレア手相の部類になるってご存知でしたか?

運命線が濃く刻まれていて長いものを指します。運命線は全く現れていない人も多い中、濃く長く現れている人は少なめになります。そう少ないのです。あるだろうなんて思って掌みてもない人が多いのです。

これが現れていると、自立心が強く自分の考えを押し通す力が強いとされます。もちろん、強いといっても意志が強く志が高いので思ったことや考えたことを突き通すまっすぐな人ということですね。

強運を持ち、自分の信じる道を邁進することができます。自分の考えやこだわりが揺らぐことはなく、人から信頼されます。思いがぶれない・意思がぶれないという事はなかなか難しいはず。その難しさを自然と乗り越えてしまうのです。

長さの方向で運勢が違います。

人差し指の付け根寄りに伸びる長い運命線では、上昇志向が強く、人の上に立つことで力が発揮できるとされます。責任感が強く権力志向も強いようです。

薬指の付け根寄りに伸びる長い運命線では、人に対する気遣いが上手で、人望を得て大きな成功を収めるとされます。

生命線に沿うように長く伸びる運命線では、親や親族の助けに恵まれて成功を手にするとされます。

長さでこれだけの運勢が変わる運命線。1本欲しいものです。

 

珍しい手相②:ますかけ線

引用: PAKUTASO

いよいよ大詰め。お次の珍しくレアな手相はますかけ線です。

見る手は、”利き手”の右手となります。

ますかけ線、TVでもよく手相芸人のあの方などが話をしていたことを聞いたことはありませんか?かの有名な天下統一を目指した戦国武士も持っていたというますかけ線です。

ますかけ線は、基本的に知能線と感情線が一つにつながり、真っ直ぐ掌を横切る掌線を指します。

大変に縁起の良い手相として知られ、天下取りの相とも言われています。一直線にきれいにつながる真性ますかけ線は少なく、部分的につながるような変形ますかけ線の場合が多いようです。一直線は本当に稀なのです。

これが現れていると、一度つかんだ運は絶対に放さないとされます。強運に恵まれ天才的な閃きがあるとされ、人をまとめる力にも長けています。人の上に立ってリーダーシップを発揮することができますが、その分誰かの下では全く力が発揮できないこともあります。

人の上に立つという事を運命としているかのようなますかけ線の持ち主は、幸運を離さない強運の持ち主。どうりでかの戦国武将も持ってたのだな・・と思ってしまいます。

抜群の集中力と粘り強さがあり、そしてコミュニケーション能力にも長けるので人を惹き付ける魅力も持っています。その反面、何事にもこだわりが強く、人生の浮き沈みが激しい面もあります。

 

珍しい手相③:覇王線

引用: photoAC

最後の珍しくレアな手相は覇王線です。

見る手は”利き手”ですが、この覇王線”利き手じゃない手”にも現れることがあり、なんと両手に持つ人もいるのです。

覇王線は三奇紋とも呼ばれ天下が取れるほどの強運をもたらす線として知られており、人生における成功と金運に影響を与える三本の線が集まる最強の手相として知られています。

両手にあればそれは最強の強運の持ち主。

”利き手じゃない手”に現れればそれは生来の手相なので、生まれながら強運と金運を持って生まれてきたといえるでしょう。

両手に覇王線を持つ持ち主は、なかなか珍しいとされています。

掌のほぼ真ん中あたりで、基本手相一覧の運命線とのちに記載している太陽線・財運線が交わり束ねられて途中から1本の線になる掌線で、まるで熊手のような形状をしています。基本手相一覧にある、運命線を軸にしているものが多いです。

この覇王線は、かなりの努力を積んできた人にも現れるといわれており、持って生まれてこなくても必死に努力している人や血のにじむような努力で這い上がってきた人に現れる掌線でもあります。

3本の線が一つに集まる手相と言うのは、そもそも線が繋がること自体が珍しくレアなのでこの覇王線が最強の相と言われるのも分かる気がします。

努力が実を結ぶか。。その結果はこの覇王線が教えてくれるかもしれません。

 

珍しい手相がある人はラッキー!

引用: PAKUTASO

いかがでしたでしょうか?

珍しくレアな手相20選をご紹介してきました。

珍しくレアな手相があるという事は、その持ち主は強運を持っているといえます。漠然と、今まで大きな失敗もしてこなかったな・・なんて思うことがあれば、あなたの掌には吉相が出ているのかもしれません。

ただ、冒頭でもご紹介した通り手相は変わりゆくものです。

アナタの努力や頑張りの結果、現れたりまたは消えたりするものなのです。

手相を見てもらいたいと思ったとき、何について悩んでいるのでしょう?その悩みは手相が教えてくれているかもしれないですし、その答えを手相、つまりあなたの掌が知っているかもしれません。

是非、たくさんの手相とあなたの掌を見比べてみてくださいね。

人気の記事