有名チェーンメール30選!ガラケーで流行った懐かしのものまで!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

懐かしい!チェーンメール!

引用: Pixabay

あなたは「チェーンメール」を受け取ったことがありますか?

ガラケー時代に大流行した、懐かしい有名文化「チェーンメール」。チェーンメールとは、転送を呼びかけ、鎖のように連鎖していくメールのことです。

学校の友達や知り合いから回ってきて、その文面に怖い思いをした方も多いのではないでしょうか。有名なチェーンメールでは、嘘やデマが書かれたものも多かったので、社会問題になったこともありました。有名TV番組や有名芸能人を使ったチェーンメールもありました。

今ではガラケーが廃れて、チェーンメールの文化は懐かしいものになってしまいました。スマホのLINEが主流となり、キャリアのメールアドレスすら持っていない方もいらっしゃると思います。

この記事では、ガラケー時代に流行した懐かしいチェーンメール有名なチェーンメールをご紹介します。

 

チェーンメールの関連記事はこちらから!


橘あゆみチェーンメールの概要!不可解で不気味な内容とは?

 

チェーンメールとは?

引用: Pixabay

通称チェンメとも呼ばれていた「チェーンメール」とは名前の通り、転送するように呼びかけが書いてあるため、次々と鎖のように連鎖していってしまうメールのことです。

チェーンメールの最後には、「このチェーンメールを◯人に転送してください」という内容のことが書かれているのも有名です。また、「このチェーンメールを止めると◯日後に殺されます」といった脅し文句が入っていることでも有名です。

逆のパターンで「◯◯のために広めてください」というような、チェーンメールを転送することが社会貢献につながるかのように書かれていることもあります。ガラケー時代に有名だった文化なので、30代以降の方は懐かしいと思う方も多いでしょう。

チェーンメールは”転送されて有名なチェーンメールになること”を目的としています。そのため、受信した人が恐怖心を持つような、ホラーな内容や、幸せになれるおまじないなど、様々な有名チェーンメールがありました。

チェーンメールは、ねずみ算式に受信者が増え続けていきます。有名なチェーンメールともなると、同じ内容のチェーンメールが1日に何回も届くことがありました。世代の人にとっては、ガラケー時代の懐かしい思い出ではないでしょうか。

ネットリテラシーという言葉が広く浸透した今では、あまり考えられないことかもしれません。しかし、ガラケー全盛期はインターネット黎明期でもありました。初めてのインターネットがガラケーだった人も多く、軽率にチェーンメールを転送してしまう人が後を絶たなかったのです。

言うまでもなく、チェーンメールの内容のほとんどはデタラメ・デマでした。軽はずみに転送することで、悪質なデマの情報を不特定多数の人にまで広げてしまうことも繋がっていました。

懐かしい有名なチェーンメールの中には、「◯型の血が足りないので、知り合いが瀕死に陥っています。献血をお願いします」といった内容や「有名TV番組の企画で、チェーンメールがどこまで続くか実験しています」など、もっともらしい理由を書いたチェーンメールもありました。

一見チェーンメールとは思えない内容なので、当時はつい転送してしまったという懐かしい思い出をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、どんな内容でも誰かに転送を促すチェーンメールは、いわば「迷惑メール」です。チェーンメールを受け取ったら、転送せずに削除して止めるようにしましょう。

また、最近のチェーンメールには「ワンクリック詐欺」などへ誘導するような、有害なメールもあるようです。ガラケー時代とは異なったチェーンメールとなっていますので、ご注意ください。

 

有名チェーンメール30選①【怖い編】

引用: Pixabay

有名なチェーンメールの多くは、転送を煽るような「怖い話」でした。

その上、何割かは「◯時間以内に回せ」という時限付きでした。明らかに子供騙しではありますが、当時10代だった方は、恐怖感からチェーンメールを転送したという懐かしい思い出をお持ちではないでしょうか。

ここでは、ガラケー時代に流行した、懐かしい「怖い系」有名チェーンメール10選をご紹介します。

 

【1】オムライス


引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、1つ目『オムライス』をご紹介します。

「あれは1999年の冬.12月の出来ごとです 私には今年結婚したばかりの亭主がいます。亭主の名前は森木勝也さん.私は彼を心から愛し、誰よりも彼のことを理解していました。彼も私のすべてを理解してくれていて.愛し合ってました。

<略>「彼はなにが食べたい?」と聞いてくれたので私は「あなたの作ったオムライスが食べたい」と言いました。彼は「いいよ。あっ!卵切らしてるみたいから買ってくるね。すぐ帰ってくるよ」と、しかしそれから1時間待っても2時間待っても彼は帰ってきません。

<略>「主人がどうかなせれましたか?」と聞くと警察の方は「…ご主人は亡くなられました」と…えっ!私はなにがなんだか分からなくなり「嘘ですよね?嘘と言ってください…」私は泣き叫び生きる希望を無くした気がしました.死因は通り魔による[焼死]だそうです…彼は生きたままガソリンを掛けられ燃やされたそうです‥

「さっきまで‥ついさっきまで私の側にいてくれたのに……私がオムライスなんて食べたいって言うから……」

<略>自分だけでは犯人を見付けるのは難しい、なので暴力団[山口組]に依頼しました。その依頼料は1億円.私にはとうてい払える額ではありませんでしたが、ここまでくればお金なんてどんな手を使ってでも払えます。そしていつか犯人を…

この文は依頼者の依頼文を山口組(仮組名)が2002年7月1日にネットに流したものです メールを受けとった方は[※VVWXX102]という機械で本社に登録されます。登録解除の場合メールアドレスを持ってる方10人にメールを回して下さい。犯人を少しでも早く見付けるためです。

注))犯人ではないという方は・必ず・メールを回して下さい。もし万が一止めてしまった方は組員がその方を殺害しに行きます。以前止めた(仮名)吉田純平さん(15)はこの文をチェーンメールと間違え.止めてしまい、組員によって首を切られ殺害されています。(2002年8月20日-中学男子殺害事件)

その他にもメールを止めた方は数名いますが、皆[死亡]という結果になってます。したがって犯人の捜索をしていますのでご協力下さいますようお願いいたします》尚、犯人を知ってるという方や事件に関して知ってる、という方は℡04**-**-00** Emailアドレス*****@*****.ne.jp 〒神奈川県************** 山口組事務所-までお願いいたします。ご勝手ながらメールを受け取った皆様に御協力お願いいたします。

※[VVWXX102]お使いの携帯会社(例aubykDDI社、DoCoMo他等)とのハッキング通信が可能な機械です。したがってメールを止めた方等の情報(名義、年齢、職業、住所等)が全て本社に行きます。」

「オムライス」は、怖い系の有名なチェーンメールです。

ガラケー時代に多く出回ったため懐かしい方もいらっしゃるかもしれません。社会問題として扱われた他、「オムライスメール」という通称まで付けられた有名作品です。

文の最後に画像へのリンクが書かれているパターンもあります。受信者を怖がらせるために全く関係のない怖い画像を貼っているので、アクセスしないほうが無難でしょう。

また、チェーンメールに記載のある住所・電話番号・メールアドレスは、それぞれ別の全く関係のない第三者の方のものということです。こちらのチェーンメールが有名になってしまったため、悪用され迷惑を被っているとのことでした。

 

【2】ぼくのからだ

Array

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、2つ目『ぼくのからだ』をご紹介します。

「ぼくのからださがしてくださいはやくみつけてくださいはやくはやくはやくはやくあなたがとったんでしょうあなたのせいでしょう

ぼくのからだぼくのからだかってにはぎとってもってったんでしょうぼくはあなたをのろいますあのときあなたがぼくにしたことを

もういちどしますはやくはやくかえせかえせかえせかえせかえせころしてやるのろってやるおまえをころしてやるはやくかえせ」

「ぼくのからだ」は、全てひらがなで書かれている有名なチェーンメールです。「ぼくのからだかってにはぎとってもってったんでしょう」という、身に覚えがない罪を着せられるチェーンメールです。

 

【3】橘あゆみ

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、3つ目『橘あゆみ』をご紹介します。

「ごめん。。。怖いよぉ。。。こんなの送っちゃってホントごめん・・・。

11/22(土)に兵庫県姫路市港区住吉台で橘あゆみという19才の女性が何者かに襲われ暴行をされた後、顔がぐちゃぐちゃになるぐらい殴られ下腹部をめった刺しにされ殺害されました。それはわたしの友人です。彼女は妊娠3ヶ月でした。遺体からはそれぞれ違う精液が見つかったということです。

おそらく何人かの男がレイプしおもしろ半分に子供を宿した彼女の中に精液をかけ無残にもその下腹部をめった刺しにしたのだということでした。

・・・許せない!彼女とおなかの子供、二人を殺した犯人たちを同じようにそれ以上痛めつけ殺す・・・・そう決めました。パソコンのプログラムの処理から犯人と思われるやつの名前をリストにしそれだけではなかなか見つけられないのでメールにより検索し怪しいやつはみんな殺す計画をたてたものです。

このメールを見たら必ず24時間以内に●人に回して下さい。パソコン、携帯、ピッチそれぞれの位置情報からメールをとめたやつの居場所をつきとめ怪しいと判断した場合殺す・・。探偵事務所の最新パソコンによりメールを回したことを確認できるようになっています。

信じる信じないは自由。このメールをあざわらいとめたばかな男がとおり魔に下腹部と男性部分を八つ裂きにされ殺されました。同じ日に若林区河原町で二人の大学生が同じように頭を割られぐちゃぐちゃになるぐらいえぐられ殺されました。

プログラムは止められません。もしメールを24時間以内に送れば私のプログラムセンターから連絡のメールまたは携帯などは非通知でワンコールで知らせます。その連絡がくればあなたはリストから解除されるわけです。もし送らなかったら時間の三時間前に二回コールします。二時間前にワンコールします。たとえ女だとしても同じです・・・

現在標的は680人うち被害にあった標的は14 人・・更新中

> > > >なマジで死にそうな目にあったけん送るわ・・> > > > > >迷惑なメールだけどほんとに二回コールきたので怖いから回す > > > > >次の人ごめん> > > > > >シーンとした所じゃないと今日の夜…」

「橘あゆみ」は、怖い系チェーンメールの中でもダントツで有名なチェーンメールです。

「橘あゆみ」のチェーンメールはガラケー時代にあまりにも有名になってしまったため、懐かしい都市伝説として研究の題材にされることも多くあります。

一度送信されたメールの拡散先を辿るのは、技術的に不可能です。しかし、当時ガラケーで「橘あゆみ」のチェーンメールを受け取った10代のみなさんが、恐怖に怯えて転送していたことは想像に難くありません。

また、細かい部分で言えば”兵庫県に港区は存在しない”など文章の杜撰さへの指摘もあるようです。ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメールです。

 

【4】殺したい人がいるなら

Array

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、4つ目『殺したい人がいるなら』をご紹介します。

「殺したい人がいるなら名前を書き込んで回してやれ!鏑木、鈴木、山田、佐々木、西、中田、吉井、藤岡、岡田

鏑木→事故死

鈴木→頭蓋骨損傷

山田→植物状態

佐々木→無事

西→骨折

中田→無事

吉井→事故死

藤岡→事故死

岡田→無事

あなたの恨み方次第で相手の運命が決まります。もしあなたの名前があったら・・・明日、気をつけてください。」

「殺したい人がいるなら」というチェーンメールは、様々なパターンが存在するようです。名前や死因が異なるパターンや、クラスメートの名前に書き換えられているイタズラも有名で、ガラケー時代に流行した懐かしいチェーンメールとして知られています。

 

【5】奇形児

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、5つ目『奇形児』をご紹介します。

「奇形児を見たことはありますか? これは北海道の網走市であった話です。古塚美枝 さん(当時23)は、いわゆる売春婦でしたが夫がいました。しかしその夫は働こうとせず、酒に溺れる毎日、そして酔うと必ず美枝さんに暴力を振るいました。83年の夏、美枝さんは体調を崩し病院へ行きました。

原因は妊娠によるつわりなどでした。売春婦であった美枝さんは、まず誰の子なのか考えましたが夫の子である事 を確信し、早く報告しようと急いで帰りました。しかし夫は自分の子とは信じず、中絶を命じました。

それから5ケ月。結局美枝さんは中絶を拒み、生むことを決意しましたが、夫は従わなかった事を不満に思い、さらに暴力を振っていました。 そしてその日夫は美枝さんの腹部に膝蹴りをしました。

すると、美枝さんの股間からは溢れる様に血が流れてきました。そして美枝さんは崩れ落ち、声にもならない 様なうめき声で唸りながら……..流産でした。夫は慌てて家を飛び出して行きました。

何故?それは生まれてきた子供が余りにも醜かったからです。目はあべこべに付き、片方の目は眉毛の上に付いていました。鼻はだらしなく直角に曲がり、口なんぞは縦向きに、しかも耳のつけねから裂け目の 様に付いていました。動きもせず、ただこちらを眺めていました。

それからどうなったかは分かりま せん。ただ、この話を聞いた人は最低3日間気を付けてください。うしろで何か気を感じても振り向いて いけません。それはあの子があなたを眺めているから。10分以内にこれを掲示板の●箇所に貼らなければそのままあの子は離れて行きません。お気を付けて」

「奇形児」は北海道を舞台にした有名なチェーンメールです。文章表現の巧みさと設定のリアルさが受け、怖い系有名チェーンメールの中でも特に出回っていた有名作品です。

今となっては懐かしい思い出ですが、このチェーンメールを受け取ったガラケー時代の10代は恐怖に震えていたことでしょう。

 

【6】さっちゃん

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、6つ目『さっちゃん』をご紹介します。

「さっちゃんはね、さちこってゆーんだほんとはね。だけどちっちゃいからじぶんのことさっちゃんてよぶんだよ。おかしいね、さっちゃん。

さて、この歌は、皆さんご存じ [さっちゃん]です。この歌は3番までの歌なのですが4番があるのです。それは、、、

「さっちゃんはね、でんしゃで足をなくしたよ。だからおまえの足をもらいにいくよ。今夜だよ、行くよ」というものです。これは、北海道の室蘭という所で本当に起こった事件をもとにした歌だそうです。その事件とは、寒くて雪の降っていた夜、桐谷佐知子ちゃん 14歳が踏切のせんろでくじいてしまって引かれてしまいました。

体は胴のあたりでちょうどまっぷたつ、しかしあまりの寒さで血管が一時的に固まったため、即死ではなく、数分生き続いていました。腕を立ててはうように踏切の外にでました。

下半身を探しながら。そして、数年たってクラスメートの男の子があの歌をつくりました。女子は、すごく怒ってやめさせました。しかしその 3日後男の子二人は、足のない死体となって発見されました。

さてあなたもメールをよんだからにはただではすみません。3時間いないに5人の人に送ってください。最近、いたずらメールがはやってますがこのメールは、まじでやばいです。なので強制はしませんがなるべくまわしていってください。

二度三度と回って来た場合は、もう佐知子さんにたいしては供養(メールを回せば供養になる)をしたことになるのでだいじょうぶです。あしたあなたの足が無事でありますように。私の足無いのあなたの、ちょうだい ?」

「サッちゃん」という有名な童謡をモデルにした有名チェーンメールです。1999年にチェーンメール化したと言われていて、特に有名なチェーンメールとして認知されていました。

歌詞に登場する「電車」は、「ふみきりで足をなくしたよ」バージョンのこともあるようです。

 

【7】吉原千恵子

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、7つ目『吉原千恵子』をご紹介します。

「※※※※※※※※※※私は吉原千恵子といいます。四歳で死んだ為、今はこの世にいません。

私は殺されました。 みなさんはこんな標識を見たことがありませんか?大人の男の人と子供が手をつないでいる「歩行者」をあらわす標識です。

その標識が私の死に大きく関わっています。 今から数十年前、今の運輸省にあたる政府機関で、道路標識の統一事業が行われました。そして、いくつかの標識は一般公募でデザインを決める事になりました。

そして選ばれたのは、ある写真家が撮った「手をつなぐ父と娘」の写真でした。その標識はすぐに日本中に設置されました。政府職員はこのモデルになった女の子の家を調べ、記念品を持って挨拶に行きました……しかし、女の子は行方不明になっていました。

その女の子こそ私なのです。 あのとき写真に撮られたのは「父と娘」の姿ではなく「誘拐犯に連れて行かれている私」の姿だったのです。

皮肉にもその標識は精巧で、衰弱した私のフラフラした様子まで完璧に描かれています。そのときの写真が公開され、あせった犯人は私を殺して山の中に私を埋めました。その山は現在、電話の電波塔なっています。

私はなんとかこのことを知らせようと思い、電波を通じて念を送っています。 あのときの犯人を見つけたい。もう死んでいるかもしれない。 でも子供や孫は見つかるかもしれない。

だからこのメールを使って復讐します。 もしもこのメールがきたあとにあの標識を見た人には私と同じ苦しみを味わってもらいます。 そうなりたくなければ私に協力してください。

●人にこのメールを送って頂ければ何も心配することはありません。 そのあとにあの標識を見たら、私が復讐を果たし成仏できるように祈ってください。許さない…必ず見つけ出してみせる………… ※※※※※※※※※※」

「吉原千恵子」は、道路標識にまつわる都市伝説を基にした有名なチェーンメールです。「歩行者専用道路」の道路標識は子どもを誘拐している犯人がモデルになっている、という有名な話から派生しています。

「吉原千恵子」のチェーンメールの中には、「ナチスの残党が運営するヒューマンファームなる怪しい研究所で人工的につくられた、様々な優秀な人物の遺伝子を持つ少女」という設定が混在しているものがあるそうです。

様々なバリエーションが存在する、ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメールです。

 

【8】ありささん

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、8つ目『ありささん』をご紹介します。

「今から、20年前にありささんが、ずたずたに斬り殺されました。内臓は飛び出て無惨な姿で発見されました。3日後、警視庁が遺体を発見場所から検死室に移動させて、保管していたときのことです。

保管しておいたはずの遺体が無くなっていたそうです。すぐに捜索をしたところ殺害現場で発見されました。

不思議に思いながらも検死室にもって帰ったそうです。しかし、もって帰っても、もって帰っても次の日には殺害現場に遺体は、戻るそうです。それを繰り返すうちに遺体はどんどん腐敗して形がくずれていったそうです。遺体を放置してから2ヵ月、ある奇妙な噂がたちました。女性の惨殺事件が相次いで起こっているというのです。

この話を読んだり聞いたりした女性ばかり殺されているのです。この話を知ったあなたの所に??時間後、ありささんが訪れます。あなたは確実に殺されます。本当です。最後に注意します。

ありささんの目を見てはいけません。目をみたらヤバイですよ。最低でも死をさける為にはこのメェルを●人に回し、できるだけ多くの人に知らせて下さい。あなたの幸運を祈ります」

「ありささん」は、有名なチェーンメールです。「最低でも死をさける為には」という文の効果は高かったようで、ガラケー時代に大量に出回った有名なチェーンメールとして知られています。

 

【9】間違い探し

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、9つ目『間違い探し』をご紹介します。

「これが来たあなたはちょぉハッピイ!間違い探しで、見つけられたらこれからいいことが訪れます!必ず!さぁ!

それでは↓の画像のなかで間違い探しをして見てね!見つけられたらちょぉはっぴぃ♪ よーくみないとわかんないよ!

http://***********/******/****.gif」

有名チェーンメール「間違い探し」は、一見幸運系のチェーンメールに見えます。しかし、リンクされている画像はホラー系のビックリ画像になっているため、引っかかる人が跡を絶たなかった、懐かしい有名チェーンメールでした。

 

【10】三大チェーンメール

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、10個目『三大チェーンメール』をご紹介します。

「これは、最後までとばさずに読んで下さい。でないと、大変な目に合います。

あるところに、智恵という女の子が居ました。智恵は、誰ともなじめず、いつも一人ぼっちでした。それだけでも悲しいのに、両親が事故で亡くなり、いじめられるようになりました。そして、自殺してしまいました。

智恵は、まだこの世をさまよっています。このメールを、8人以上に送らないと智恵があなたのところに、襲いに来ます。何故かはおわかりですね?もちろん、あなたを裏切り者の親友とみて、死の世界に連れて行くか、自分と同じ運命をたどわせるかの辺りでしょう。8人以上に送ればあなたを友達とみて襲いに行くことはないでしょう。

世界に三つだけ、本物のチェーンメールがあるって知ってますか?これはその三大チェーンメールの一つです。本当に危ないです。どのメールよりも危ないです。

命が惜しければ、すぐ送ってください。いつ襲いに来るかわかりません。一人でいると危険です。智恵は朝から晩まで一人になればいつでも来るでしょう。本当に危ないです。気をつけて下さい。

テレビや鏡からもでてくるらしいので、気をつけて下さい。タイムリミットは、メールがきてから24時間後までです。だんだんあなたに死が迫ってきます。」

ガラケー時代に流行した懐かしい有名チェーンメールで、有名なフォーマットの一つが「三大チェーンメール」です。三大チェーンメールとは何かというと”世界に3つしかない本当のチェーンメール”として有名なものです。本当というのは、書かれている内容がフィクションではなく真実であるという意味だそうです。

三大チェーンメールと言いながらも、何通りもの三大チェーンメールがあることで有名です。三大チェーンメールのフォーマットに共通するのは、締めくくりに”世界には3つだけ真実のチェーンメールがあります”といった文が書かれている点です。

 

有名チェーンメール30選②【面白編】

引用: Pixabay

上では怖い系有名チェーンメールをご紹介しました。

嘘だとわかっていても少し怖くなってしまった方もいらっしゃるかもしれません。そこでここからは、ガラケー時代に流行した、懐かしい「面白系」有名チェーンメール10選をご紹介します。

シュール系、くだらない下ネタ系、ネタ帳様式など、様々な面白系有名チェーンメールをご覧ください。

 

【11】汚い友達

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、11個目『汚い友達』をご紹介します。

「あなたはウンコとして認められました。気を落とさないでください。私も私の前の人も前の前の人もウンコなんだから。ウンコフレンズを増やしたいのでこのメールをあなたの友達に回してください。私に回しても意味無いです。だって私もウンコだもの。」

有名チェーンメール「汚い友達」は、意味不明でシュールな面白系チェーンメールです。

 

【12】恋人同士の会話

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、12個目『恋人同士の会話』をご紹介します。

「彼は私にこう言うの。「入れてもいいか?」女「う、うん…。」私の心はドキドキした ‥‥‥

女「痛いっ!!」男「ご、ごめん!優しく入れるよ」グググッ… 入った!

女 「でもすごく痛い」男「わかった。抜くよ…。あれ?抜けないよ!」女「ヤダ!どうし よう」

※これは、指輪を入れようとしている二人だ。おかしな事を想像した君は、三人にこれを送るがよいだろう。」

有名チェーンメール「恋人同士の会話」は、受信したら思わずびっくりしてしまいますが、最後に笑える面白いチェーンメールです。

 

【13】幸福のメール

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、13個目『幸福のメール』をご紹介します。

「☆この文章は、東芝、NEC、富士通、松下等を回って来たメールです。だれしも、このメールを仕事中に読んで、大笑いをして、周りの人に変に思われたとのことです。

☆このメールを受け取った女性は、このメールを知人に出して、回り回って、また、自分の所に戻ってくると、めでたくお嫁にいけるという事で、幸福のメールと呼ばれているそうです。(ほんまかいな。)では、始まり、始まり…。

☆先日、ぼくが友達とファミコンをしていると 通りかかった母が「おまえたちはいいねぇ、毎日がエブリデイで」と言った。母はいったい何がいいたかったのだろぅ・・・・。

(略)☆先日、父は、男にフラれて落ち込んでいた姉をなぐさめようとして、「おまえ、人間は顔じゃないぞ」と言うところを、
「おまえの顔は人間じゃないぞ」と言ってしまった。

(略)☆修学旅行中、金沢の兼六園を訪れた時、看板に「鯉の餌 10円」彼は10円玉を投げていた。

(略)☆私の母方のおばあちゃんの話しです。お医者さんに行き、「お尻に入れなさい」と渡された座薬を、おばあちゃんは、お汁に入れて飲んでしまいました。

☆このメールを見た後は必ず誰かに回して下さい。以上。」

有名チェーンメール「幸福のメール」は、一発ネタを盛り込んだ笑えるチェーンメールです。転送する人が自分のネタを書き足すことがあるため、内容は様々なようです。

 

【14】田舎の法則

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、14個目『田舎の法則』をご紹介します。

「田舎の法則 1、コンビニがない。2、図鑑にのってない虫がよくでる。3、オウム真理教が進出しそう。4、パトカーに追われても逃げきれる。5、噂がすぐ広まる。6、救急車一台で大騒ぎ。7、学校帰りにいくつか基地がある。8、くさい。9、野良犬が出る。10、朝が早い。11、静か。12、おばあちゃんが立ちションしてる。13、夜は暗い。

14、駄菓子屋が多い。15、夏は川で泳いでいる。16、冬は雪合戦をしている。17、駅まで遠い。18、農道がある。19、道が狭い。20、YB-1のUPハンがいる。21、坂道が多い。このメールを田舎の人に送ろう!」

有名チェーンメール「田舎の法則」は、最後「このメールを田舎の人に送ろう!」と転送先を絞って締めくくられているチェーンメールです。

 

【15】アンパンマンの一日

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、15個目『アンパンマンの一日』をご紹介します。

「アンパンマンの一日 7:10>起床。眠い。顔を洗う。顔が濡れて力が出ない。歯は磨かない。俺には歯がない。

<7:22>朝食のかわりに顔にあんこをつめる。頭が重い、いやになる。「パトロールに行っておいで。」ジャムの言葉だ。うるさいんだよ。俺は警察じゃない。ただのパンなんだよ。「気をつけて!」うるせぇんだよ、このバタコが。

<7:35>ダルいパトロールに出発。庭ではうるせぇ犬がわめいている。殺すぞ。

<7:43>「助けてー!」悲鳴だ。俺にどうしろっていうんだよ。アンパンマン逆ギレ!5人以上にまわしてね」

有名チェーンメール「アンパンマンの一日」は、一日というタイトルですが、7時台に起きたことしか書かれていないチェーンメールです。このタコがと「このバタコが」をかけているなど文章の技巧も光りますが、製作者が途中で力尽きてしまった可能性が高そうです。

 

【16】ひどいいじめ

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、16個目『ひどいいじめ』をご紹介します。

「はぁー…暴露します。もう無理…さすがに限界です……私は学校でいじめられています。それも毎日……大人数でいじめてくるんです。

曜日によって、その日いじめてくるヤツが決まっています。1日にだいたい5~6人でいじめてきます。学校では、毎朝8:40くらいになると、1人目がやってきます。しばらくして1人がどこかへ行くと、今度は違うヤツがやってきてまたいじめが始まります。家に帰ってもそいつらはついてきます。一昨日ははそいつらのせいで寝れませんでした。

私がいじめられ始めたのは小学1年生の頃からです。そして今も、まだいじめは続いています。中学に入ってから、いじめは激しくなりました。これからは更にひどくなりそうです。今思えば、小学生の頃のいじめなんか
可愛らしい程度に感じます。憎いです。あんなヤツら、この世から消えてしまえばいいのに。

あまりにも憎いのでそいつらの名前を暴露します。英語、数学、国語、理科、社会

こいつらです。こいつらはヤバイです。特に数学と英語ほんとマジでやめてください。笑ったら回せー♪( ´▽`)」

有名チェーンメール「ひどいいじめ」は、一瞬怖い系チェーンメールかと思わせるユーモラスなチェーンメールです。

 

【17】次回予告

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、17個目『次回予告』をご紹介します。

「いささかです。磯野さんの子供さんたちが【いささかさんがいささかいさましい】とゆう理解不能の早口言葉で遊んでいるのを耳にしたんです。

わたしにはどう考えても、挑発としか思えず、庭に置いてある丈夫なロープで絞めてやりましたよ。カツオくんの苦しがっている顔がたまりません。ワカメちゃんのパンツも見れて良かったです。

さぁ~て来週のサザエさんは~?『サザエさんRー指定になる』『いささかさんの狂気覚醒』『三河屋のさぶちゃんは未成年』のバイタリティー溢れる三本です。来週もお楽しみに~」

有名チェーンメール「次回予告」は、サザエさんの次回予告をベースにした内容です。子供でもネタにしやすく作りやすいためか、サザエさん関連のチェーンメールは多く出回っていたようです。

 

【18】兄と妹

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、18個目『兄と妹』をご紹介します。

「兄「おい、もっと開けよ。よく見えないだろ」妹「これ以上はダメ。恥ずかしいもん」兄「小学生のころはよく見せ合いっこしたろ」妹「あのころはまだ子供だったから・・・。私もう中学生なんだよ」兄「親父には見せたんだろ、オレにはダメだっていうのかよ!」妹「だってパパは・・・」

兄「じれったいな。オレが開いてやるよ!」妹「ダメ、お兄ちゃん、ああ・・・」兄「すげぇ、小学生のときとは全然ちがう」
妹「やめて、そんなに開いたら全部見えちゃうよ・・・」兄「なんか複雑になってる」妹「あたりまえでしょ、中学生になって科目も増えてるんだから」

妹の通信簿を無理矢理見ようとする兄。変な想像をした貴方はこのメールを●人に送りませぅ」

有名チェーンメール「兄と妹」は、下ネタと思わせて面白系というチェーンメールです。

 

【19】私はチンパンジーです。

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、19個目『私はチンパンジーです。』をご紹介します。

「はじめまして。早苗といいます。キーボード越しで、こうしてメールとして メッセージを伝えているだけでは 分からないかも知れませんが、私はチンパンジーです。メスのチンパンジーです。 2年に渡る知能訓練を受けて、自分の思考をこうして文章としてアウトプットできるようになりました。

(略)人間であるあなたとは、異なる存在です。 しかし、いま、私は、あなたへの興味を止める事ができない。チンパンジーの中で人間に近い私と、 人間でありながらチンパンジーに近いあなたは、とても似ている。わたしがあなたに惹かれたのは、そこに大きな理由があります。 勿論、あなたのルックスが人間よりもチンパンジーに近い事実、 その事も大きいですが。

だから、自信を持ってください。 人間界ではブサメンで非モテなあなたでも、 チンパンジー界では、イケメンです。 あなたは、チンパンジー受けする顔です。 喜んでいいんですよ。

【http://********】ここで、私とチャットをする事ができます。 チンパンジーであることを証明できます。 ライブカメラで証明できます。

通常の、顔を映しているだけのチャットではない、 手で入力しているところもカメラで捉えているチャットですので、 本当にチンパンジーであるのを、証明できます。待っています。 あなたと、まずはチャットできることを。 待っています。」

有名チェーンメール「私はチンパンジーです。」は、その荒唐無稽さで有名になったチェーンメールです。巧みに外部リンクへ誘導するため、危険なチェーンメールでもあります。

 

【20】主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、20個目『主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。』をご紹介します。

「いきなりのメール失礼します。久光さやか、29歳の未亡人です。お互いのニーズに合致しそうだと思い、連絡してみました。自分のことを少し語ります。

昨年の夏、わけあって主人を亡くしました。自分は…主人のことを…死ぬまで何も理解していなかったのがとても悔やまれます。

主人はシンガポールに頻繁に旅行に向っていたのですが、それは遊びの為の旅行ではなかったのです。収入を得るために、私に内緒であんな危険な出稼ぎをしていたなんて。

一年が経過して、ようやく主人の死から立ち直ってきました。ですが、お恥ずかしい話ですが、毎日の孤独な夜に、身体の火照りが止まらなくなる時間も増えてきました。

主人の残した財産は莫大な額です。つまり、謝礼は幾らでも出きますので、私の性欲を満たして欲しいのです。お返事を頂けましたら、もっと詳しい話をしたいと考えています。【http://********】連絡、待っていますね。」

有名チェーンメール「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。」は、上でご紹介した「私はチンパンジーです。」と同様に、支離滅裂さから人気となったチェーンメールです。

 

有名チェーンメール30選③【テレビ・芸能編】

引用: Pixabay

怖い系、面白系と有名チェーンメールをご紹介してまいりました。

ここからは、当時社会問題にもなった「テレビの実験」を騙った有名チェーンメールや、「芸能人の名前」を騙った有名チェーンメール10選をご紹介していきます。

 

【21】鉄腕ダッシュ

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、21個目『鉄腕ダッシュ』をご紹介します。

「友達から協力頼まれました。よろしくお願いします。鉄腕●ッシュメールがどこまで届くか実験中!●人にメールを回して下さい。

これは、本物です。国分●一チームです。今日の午前0時から明日午後12時59分までのメール受信記録を〓モードセンターで確認しております。尚、放送予定日は、8月第3週目を予定しております。宜しくお願いします。

※このメールは、番組上製作したものであり、悪質ないたずらや、転送、複写、など等は一切お断わりします。日●テレビ放送網株式会社」

有名チェーンメール「鉄腕ダッシュ」は、番組のホームページでも否定されたことがあるデマのチェーンメールです。

 

【22】ウンナンのホントコ

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、22個目『ウンナンのホントコ』をご紹介します。

「みなさん、はじめまして。優香です〓突然の〓驚かせてスミマセン。私は今TBSの、ウンナンのホントコという番組にレギュラー出演しているのですが、みなさん見てくれていますか?

その中で私は、インターネットを使った企画をやっていますが、今度の企画は、〓モードを使っているみなさんの、ネットワークを使って、この〓が何日で200万人に伝わるか?というのをやります。

この〓は、NTTDoCoMo様の御協力により〓モードセンターに記録されますので、是非たくさんの方に転送してください。宜しくお願いします〓

優香でした〓〃私もiモード愛用者です〓」

有名チェーンメール「ウンナンのホントコ」は、優香さんを騙ったチェーンメールです。「〓」という記号はiモード絵文字となっています。

 

【23】藤井隆

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、23個目『藤井隆』をご紹介します。

「私藤井隆で-す これはあなたをHOTにするメ-ル HOTなあなたは恋、友達関係、仕事、勉強etcすべてがうまくいくはず HOTになるにはアハッいくわよ-ソ-レ-

Let’s dancing!!フォ—!!!!カラダノイチブガHOT!!HOT!!HOT!!HOT!!ミナサンモゴイッショニHOT!!HOT!!HOT!!HOT!!DANCEをおどるだけネ-簡単でしょっ

でも3人にこのメ-ルを送らなきゃ効果がないのそれじゃ-ね-バ-イ

http://************藤井隆でした」

有名チェーンメール「藤井隆」は、藤井隆さんを騙ったチェーンメールです。昔の芸風を懐かしいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

【24】ジャニーズ

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、24個目『ジャニーズ』をご紹介します。

「◆このメールが来たあなたは超ラッキー(^_-)あなたの好きなJr.のアドがGetできちゃう!!次の中の1人のアドが貰えます

■亀梨和也■風間俊介□鮎川太陽■長谷川純■河合郁人■田中聖■小山慶一郎

[             ]

まず欲しいJr.のアドの■⇒□にして、このメールを●人に転送して受信メールを見ると↑の[]にアドが表示されるよ♪嘘だと思ってやってみ!!本当だから!!保証もするよ!!」

有名チェーンメール「ジャニーズ」は、転送するとメールアドレスが表示されるというデマによって広まったチェーンメールです。

 

【25】イッテQ

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、25個目『イッテQ』をご紹介します。

「テレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」で、メールが世界の国々どこまでつながるかをイッテQメンバーが実験 競争中だそうで、スタートがNEWSの手越祐也くん・イモトアヤコチームのメールから始まって とうとう回ってきました!(^o^) これと同じメールを そのまま●人に送ってください。

この結果は 6月14日放送です。 絶対止めないでね。! お願いします。チェーンメールじゃないです。」

有名チェーンメール「イッテQ」も、番組サイトで否定されたデマのチェーンメールです。

 

【26】嵐の宿題くん

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、26個目『嵐の宿題くん』をご紹介します。

「テレビ番組「嵐の宿題くん」でメールがどこまでつながるかを嵐が実験競争中だそうで、スタートが嵐の松本くんから始まってとうとう回ってきました(^O^)

これと同じメールを●人に送ってください。この結果は、4月24日放送です。絶対に止めないでね!!チェーンメールじゃないから」

有名チェーンメール「嵐の宿題くん」は、上記でご紹介した「イッテQ」と同じパターンの、デマのチェーンメールです。

 

【27】週刊AKB

 

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、27個目『週刊AKB』をご紹介します。

「テレビ番組『週刊AKB』てメールがどこまで繋がるかAKBが実験中だそうでスタートがAKBの****ちゃんから始まってとうとう回ってきました!!これとまったく同じメールを10人に送ってください。

結果ゎ1月14日放送です。絶対に止めないで下さい。これはチェーンメールでゎありません。宜しくお願いします。」

有名チェーンメール「週刊AKB」です。子供が書いたような内容のチェーンメールで、転送を要求する人数も10人と多く、悪質なデマチェーンメールです。

 

【28】高木ブーの携帯番号

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、28個目『高木ブーの携帯番号』をご紹介します。

「高木ブーの携帯番号入手。 今日中に5人以上に送らなければ、ブクブク太るらしいです。 電話番号は090-****-****」

有名チェーンメール「高木ブーの携帯番号」には、全くの他人である方の携帯番号が書かれていました。デマのチェーンメールです。

 

【29】PAmw-B38

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、29個目『PAmw-B38』をご紹介します。

「ジャニーズからメールが来ました。お願いみんなで一緒に考えてください。よく読んでいただき皆さんで守って、そしてHey!Say!JUMP(jr、も)、ジャニーズファミリークラブに協力してください。

応援は番組協力やコンサート会場で応援してください。それ以外の時間は学校で勉強し友達と一日一日の楽しい思い出作りをしてください。

ジャニーズファミリークラブ Hey!Say!JUMP ジャニーズJr.

PAmw-B38という機械は送信された電波から逆算して、このメールが今どこにあるか誰がもっているかわかるようになっています、メールを届いてから8日までに10人に送信すれば、このプログラムが自動的に削除されるようになっているので、安心してください。

しかし、もしこのメールを10人以上に送信せずに消去しようとする。また、このメールを8日以内に10人送らない。と言う行為をした場合、電波は送信されその人をファン、またはファンの共犯者とみなしてメールが届いてから10日目に殺しに行きます。」

有名チェーンメール「PAmw-B38」は、ジャニーズの応援を要求しながらも、メールの最後で唐突に逆探知を匂わせて転送しろと書いてあるチェーンメールです。

また、PAmw-B38という機械が登場する有名チェーンメールは他にもあるようです。全くのデマです。

 

【30】学校へ行こう

引用: Pixabay

ガラケー時代の懐かしい有名チェーンメール、30個目『学校へ行こう』をご紹介します。

「※チェーンメールじゃないよ。テレビ番組「学校へ行こう」でメールがどこまでつながるかをV6が実験競争中だそうでスタートがV6 の森田剛くんから始まってとうとう回って来ました。

これと同じメールを10人に送ってください。この結果は5月24日夜8時放送です。絶対に止めないでねお願いします!」

有名チェーンメール「学校へ行こう」は、文のパターンを変化させながら幾度となく流行してきた有名なものです。番組でもたびたび否定されてきたデマチェーンメールです。

 

ガラケーで流行った懐かしいチェーンメール

引用: Pixabay

今回は、ガラケー時代に流行した懐かしい有名チェーンメール「怖い編」「面白編」「テレビ・芸能編」の3つに分けてをご紹介してまいりました。

あの頃友達から回ってきた、懐かしいチェーンメールを思い出した方もいらっしゃるかもしれません。今見直すと、明らかに稚拙で荒唐無稽なチェーンメールが大多数ではありますが、ガラケーを持っていたあの頃はつい転送してしまった…という方も多いでしょう。

特に「怖い系」のチェーンメールは拡散速度が速く、クラスを超え学年・学校単位で流行することもありました。怖くなって転送したけど、最終的に違う友達から回って帰ってきた…という経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

また、当時の文化が反映された懐かしい内容のチェーンメールが多いことに気づきます。その時に話題になっている事柄やトレンドが、大いに反映されている内容だからこそ、若者の間で流行したのではないでしょうか。

もしあの頃のガラケーが机から出てきたら、当時のチェーンメールを見てみるのも楽しいかもしれません。

人気の記事