皇族の性事情まとめ!天皇は監視されながらセックスするって本当?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

皇族の性事情がやばい?

引用: Pixabay

今回は、国民の多くの人が心の底で実は気にしているけれどなかなか真相を知る機会がない…皇族の”あること”について注目。そう、皇族の性事情について見ていきたいと思います。

皇族は「国民の象徴」として常に礼儀正しく、作法を重んじている印象があります。が、やはり同じ人間であることには変わりありませんし、我々と同じように結婚・子育てだってされてきています。

そうなると、そうした恋愛事情…特に性事情やセックス・子作りなどはどのような感じになってくるのか?いくら皇族でもそういった性事情などは私達とあまり変わりはないのか?など…色々と気になってくるものなんですよね。

しかも皇族の場合、性事情については驚くような噂も聞かれたりするので余計に気になってくるところでもあります。

例えば「セックスのやり方を教えてくれる人がいる」「初夜もいきなりセックスというわけではなく色々段階がある」などそうした性事情の噂も聞かれますし…時には「子作りの際は監視をされながらセックスをする」などという少しやばい噂まで聞かれたりするのです。

そうした性事情の噂も本当なのでしょうか?皇族の性事情、セックス・子作りのやり方というのはそんなにやばいものなのでしょうか?聞いたら読者の皆さんも余計に気になってきたのではないでしょうか。

ということで今回はこの記事でもそんな様々な噂も聞かれる皇族の性事情の真相について見ていき、まとめていきたいと思います。

皇族の性事情なんて…こんな情報はTVや雑誌などのメディアではなかなか簡単に知ることもできませんからね。皆さんもぜひこの記事を最後まで読んでいって、そうした普段なかなか知れない皇族の秘密を知るようにしていってみてください。

ToraTora[トラトラ]
1970.01.01
ToraTora[トラトラ]
https://toratora-media.jp/archives/19286
恋活女子をもっとハッピーに。

 

皇族の性事情【性知識編】

引用: Pixabay

そもそも…皇族というのはセックス・子作りのやり方などの性知識をどこで得るものなのでしょうか?

皇族というとあまり下品なことなどをしているイメージはありませんが…私達一般人のように、例えばそういった類の雑誌や動画などを見て、そこからセックス・子作りに関する知識を得たりしているものなのでしょうか?

皇族の性事情を知るとなるとやり方の前にまずそういったところも気になってきますよね。そこでまずはそうした皇族の性知識を得る方法などについてまとめていきたいと思います。

性知識を得るために驚くような儀式もやっているという噂なので…興味がある方はぜひそちらにも注目して読んでいただければと思いますよ。

 

【01】性に関する知識・ルールは代々伝えられていく



引用: Pixabay

先程冒頭で、皇族の性事情については様々な噂も聞かれるというお話をしましたが…そうした様々な話があるというのは間違いではありません。

やはり「国民の象徴」として礼儀正しく作法を重んじている皇族には皇族なりの性に関する知識・ルールも色々と決められているもの。例えば初夜でのセックスのやり方・セックスの体位・子作りをしない時期の避妊法など、そうした内容の知識・ルールが決められているものなのです。

そして実は…そうしたセックス・子作りに関する性知識やルールを必ず口頭で直接教え、代々子供達に伝えていくというしきたりも皇族ではきちんと決められたりしているんです。

ですので皇族はそうして口頭によってきちんと伝えられることでも性知識を得ていっているのではないかと考えられているのです。それを誰が口頭で教えていくのかという情報まではきちんとは分からないのですが…やはり親から子へという可能性が1番高いのではないか、という風にも言われているんですよ。

 

【02】巫女と呼ばれるサポート役の人もいる


引用: Pixabay

また実は皇族には「巫女」と呼ばれるサポート役の人がいるとも言われています。要は執事やメイドのような、皇族の生活の手伝いをする人達のことですね。

そして巫女は複数いてそれぞれ食事のサポートや着替えのサポートなど様々な役割を持っているという話なのですが…どうやらその中にはなんと性に関するサポートをする巫女というのもいるようで、

その巫女がセックスや子作りについての性知識などを教えているのではないかとも言われているのです。

先程の代々口頭で性知識やルールを伝えていくというのも親ではなく実は巫女がやっているのではないかという話があったりするんですよ。

しかもこの巫女、噂によると…なんと性知識を単に口頭で教えるというだけでなく、実際に皇族にそうした性に関する行為を経験させるための儀式までしているというのです。しかもその儀式の内容というのも聞くと本当に驚くようなものばかり…

この後その巫女が行う儀式についてもご紹介していくので、ぜひ続けて読んでいただければと思います。

 

【03】皇太子には筆おろしのための儀式も行う

Array

引用: Pixabay

ということでお話した巫女による儀式についての説明ですが…その儀式というのは代々巫女が皇太子に対して行ってきたとされるもの。「みそぎ」と言われる儀式になります。

この「みそぎ」という儀式、実は年頃(15~18歳頃)になった皇太子のための儀式。驚くことに…なんと巫女が皇太子の筆おろしの手伝いをするという儀式になるのです。

そうした行為をしながら性知識なども教えていき、性に関する分かりやすい手ほどきをしていくという話なんですね。同時に皇太子の生殖機能の確認もするのだとか…

ちなみに具体的にどんなことをするのかという細かいことについては調べても情報がなかなか出てきません。しかし筆おろしというと一般的には男性の童貞をなくすための行為ですから…

もしかすると…巫女が皇太子の初めてのセックスの相手になるということなのでしょうか?それともセックスではなく、手や口などを使ってそういった行為をしてあげるということなのでしょうか?

いずれにしても、こんな儀式を行って性知識を教えるなんて…かなりの衝撃です。皇族のやばい性事情をもう1つ見た気がしますね。

 

皇族の性事情【初夜編】

引用: Pixabay

さて、皇族が性知識を得る方法については大体分かっていただけたのではないでしょうか。そこで続いてはいよいよ、皇族の初夜について。皇族が初夜、実際にセックス・子作りをする際の性事情について見ていきたいと思います。

というのも…皇族は初夜の性事情についても「いきなりセックスというわけではなく色々段階ややり方がある」なんて噂もあると先程冒頭でお話させていただきましたが…実はこれも本当の話だからです。

噂どおり、皇族には確かに初夜の際にやるべき儀式というものがあるのです。そしてセックスをする前は必ずまずその儀式をするよう決められているのです。それが皇族の初夜の性事情となっているのです。

皇族は結婚した2人が初めて結ばれ子作りをする初夜を昔からとても神聖なものとして考えていたので、そうした初夜の際に行う儀式もきちんと考え、そのやり方も代々伝え行わせるようにしてきたんですね。

ですのでここではその皇族の初夜の儀式とそのやり方。セックス・子作りをするまでの流れについても詳しくご紹介をしていきたいと思います。

決して変な儀式ではありませんが、初夜の前にこんなことを必ずするなんて、これも一般人の私達からするとやばい性事情になる気がするので…これもぜひしっかり読んでチェックするようにしてみてください。

 

【01】入浴潔斎の儀

引用: Pixabay

皇族が初夜を迎えるにあたってまず始めに行う儀式が、「入浴潔斎(にゅうよくけっさい)の儀」と言われるものになります。

これは正式に結婚をした新郎新婦の2人が初夜セックス・子作りをする前に一緒にお風呂に入浴をし体を清めるという儀式になるものなんです。

また驚くことに…この儀式には先程ご紹介した巫女もまた参加をして、しかも新郎新婦の2人と一緒に入浴をするのです。なんでも一緒に入浴をしながら巫女が2人にセックス・子作りのやり方などについて改めてきちんと教えたりもするんだそうです。

いざセックスをする前にもう1度やり方についてきちんと確認をしておくという、そういう目的を持った儀式でもあるということですね。

しかしいくらそうしたきちんとした目的があるとはいえ…結婚したばかりの2人がいきなり一緒にお風呂に入ることになり。おまけに巫女までそこに加わるだなんて…やはりこれも一般人の我々からするとやばい性事情だと言えまる気がします。

そんな改まった儀式をしてしまうと、なんだかセックスに対する気持ちも冷めてしまいそうですし、セックスをする際のムードも台無しになってしまいそうですしね。せめて2人でゆっくり入浴…などが良かったかもしれませんよね。

 

【02】初夜装束を身に付ける

Array

引用: girlydrop

入浴潔斎の儀が終わった後は、初夜装束を身に付けるという段階になります。要は初夜装束と呼ばれる着物に着替えるということです。

ちなみにこの初夜装束は全て白い布地で作られた着物になっていて、男女共に着るよう決められています。裸の上から着るようになっており、下に下着などは一切つけません。

つまりは脱いだらもうすぐ裸で、すぐにセックスを始められるようになっているということです。

いざセックスまでは色々儀式を行ったりして時間をかけるのに、こうした服装などは何故か手っ取り早く済むようにできているんですね。

まぁ皇族の場合は初夜を神聖なものとして考えているということでこうした衣装にしただけで、そうしたセックスの手っ取り早さなどを考えたわけではないのかもしれませんが。

とにかく初夜の際の衣装まできちんと決められているだなんて…皇族の性事情というのは本当に大変なものなのですね。

 

【03】初夜の床入り

引用: Pixabay

そうして初夜装束を着て2人の準備が整ったら、いよいよ最後の儀式。「初夜の床入り」の段階に入ります。

これは「三箇夜餅の儀」とも呼ばれるもので、布団に入る前2人で白餅を食べるという儀式になります。新郎新婦の2人で一緒に白餅を食べることで、その後の初めてのセックスで子宝に恵まれるようにとお祈りをする儀式になるんです。

要はセックスの前にする子作りのための願掛けの儀式というわけです。

そしてそうして2人でお祈りをしながら白餅を食べ…食べ終わったらやっと布団に入って初夜のセックス・子作りが開始できるというわけですね。

ということで、ここまでが皇族が初夜セックス・子作りをする前に行う儀式の流れになってきます。

先程も言いましたが…初夜の前に必ずこうしたことをしなければならないなんて、皇族の性事情というのはやはりかなり大変ですし、一般人の私達からするとやばい性事情とも言えます。

これでは本当に、セックスへのワクワクもムードも台無しになってしまいそうです。もちろん初夜だけの儀式なので、以降はやる必要はないのかもしれませんが

夫婦にとってはやはり初夜のセックスというのが特別なもので、特に良い思い出にしたいものでもあるのに…なんだか非常に残念なものになってしまいそうですよね。

 

天皇は監視されながら子作りしている?

引用: Pixabay

またこれも冒頭でもお話しましたが…皇族には「天皇は子作りの際監視をされながらセックスをしている」というやばい性事情の噂もあったりするのです。しかも実は…この噂もあながち間違いではないから、本当に驚いてしまうのです。

というのも、皇族には監視をされながらセックス・子作りをする時というのも本当にあるからです。それも先程の儀式同様、初夜の際に行われることです。

信じられないような話ですが…新郎新婦が初夜セックスをする時はなんと「介添人」と呼ばれる人が横に必ず着いて、2人がちゃんと子作りをしているかどうかを最後までしっかりと監視するようになっているんですね。

この介添人も、ご紹介してきた巫女がやっているのではないかと言われているのですが……

しかもこの介添人、役目はそうした監視だけではありません。なんと2人のセックスが終わった後、布団に新婦の血が付いているかという確認までするようになっているのです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、皇族では昔から新婦は結婚して初夜を迎えるまで処女でなくてはならないという厳しいルールも伝えられてきました。

そのため介添人は初夜のセックスの後布団の血をチェックすることで、新婦が本当に処女だったのか、ということを確認するわけです。新婦が初夜でセックスをする以前に他でセックスをしていなかったか、ということまできちんと確認するようになっているんですね。

いかがでしょう?先程の儀式だけでも驚くような話だったのに、皇族の初夜にはまだまだこんな衝撃的な性事情があったんです。

横でセックス・子作りしているところを監視されて、おまけに処女かどうかまで確認されるなんて…これはもう一般ではありえない、本当にやばすぎる性事情と言えますよね。

これまでこんな性事情の中で初夜を迎えてきた皇族の方々は一体どんな気持ちだったのでしょうか?

またもしもこの介添人の仕事も本当に巫女がやっているとしたら…ここまでの仕事をしなければならない巫女という役目も実に大変ですよね。

 

現在の天皇の性事情は?

引用: Pixabay

以上が皇族の性事情の実態になってきますが…いかがだったでしょうか?最初にお話したとおり、皇族の性事情といえば色々とやばい噂も聞かれたりしていましたが

あながちその噂も間違いというわけではなく実際やばい性事情もたくさんあって、本当に驚きという感じでしたよね。

ただ、実をいうと……これはあくまで古くから代々伝わってきた、これまで行われてきた皇族の性事情というだけであって…現在も皇族がこれほどの性事情を守り実行しているかというのは実はきちんとは分かっていないのです。

もちろん古くからのしきたりなどもあるので、現在でも変わらずやり続けているということは多少あると思います。例えば性知識をきちんと教えたり、初夜の前の儀式などは今でもきちんと行っているかもしれません。

しかし、巫女の筆おろしやセックスの監視など…そうした本当にやばすぎる性事情については、実は現代ではやらないようにしているなんて話もよく聞かれたりするのです。

まぁこんな性事情は誰が考えたってやばすぎると思うものですし、皇族本人達だって進んでやりたいと思うものではないはずですからね。確かに多少やらなくなっている可能性もあるのかもしれませんし、むしろ私達の立場からすると「その方がいい」と思えますよね。

代々伝わってきた神聖なものですし、やり方を守ることも必要なのかもしれませんが…時代に合わせてやり方を変え、セックスに対する気持ちなどを大切にする。そういった性事情にしていくことも必要になってくるのではないでしょうか。

 

皇族のやばい性事情エピソードを紹介!

引用: Pixabay

ちなみに…皇族にはそうしたやばい性事情だけでなく、実は様々なやばい性事情エピソードなどもあったりするのです。

つまり儀式ややり方だけでなく、実際皇族の方々がやらかしてしまった性に関するちょっとやばいエピソードなども色々聞かれたりするということです。

やはり皇族も皆さん同じ人間であることには変わりありませんからね。誰でも完璧というわけにはいかず、時にはそうしたまずいことをしてしまうという人もいたりしたようですよ。

そこでここからはそんな皇族のやばい性事情エピソードについてもいくつかご紹介していきたいと思います。

 

【01】明治天皇は側室との間に子供を作った

引用: Pixabay

これはやばいというわけでもやらかしたというわけでもなく、ただ驚くだけというエピソードになってきますが…

実は明治天皇には側室もいて、皇后ではなくその側室との間に子供を作っていた。と、こんなエピソードが残っていたりもするのです。

というのも、明治天皇の時代までは実は皇族にも側室制度というのがあったわけなんです。つまり皇后だけでなく、他にも数人妻のような存在の女性を作っていたわけです。

そして当時明治天皇は皇后との間に子供がなかなかできなかったため、そうした側室の女性達ともセックスをし、子作りに励んでいたんですね。そしてその頃側室であり「典侍」という位にあった女性との間に子供ができ、無事誕生。その子供が後の大正天皇となったのです。

側室だなんて江戸時代の将軍の話だけかと思っていたのに…まさか皇族にまでそんな話があったなんて、本当に驚きですよね。しかも実際明治天皇は数人の側室ともセックスをして子作りに励んでいただなんて…

ちなみにこの話は当時もあまり公にはしておらず、一部の人しか知らないタブーの話となっていたようです。側室制度はきちんと決まっていたことですし、別に悪いことというわけではなかったのですが…やはり皇族がそういった感じで子作りをしているなんていうのは印象が悪いですから、隠すようにしたのではないでしょうか。

そうなると…この話も当時的には確かにちょっとやばい性事情エピソードと言えるのかもしれませんね。

 

【02】大正天皇はある女性に強く執着していた

引用: Pixabay

またそうして明治天皇と側室の間から生まれ育った人物、大正天皇にも実はあるちょっとしたやばいエピソードが残っていたんです。これも性事情というよりは女性に関するエピソードになってきますが。

これは昔、明治天皇の皇后に仕えていた女性・山川三千子という女性が書いた実録書記から分かった話なのですが…

当時大正天皇はこの山川三千子に好意を持っていて夢中になっていて、そのうち強く執着するようになり、何度も何度も言い寄ったりもしていたというのです。

会えば毎回口説いてくるのはお決まりのこと。時にはかなり近い距離で会話をされたり、関係を迫るような言動をされたりもしたそうです。

それが嫌になった山川三千子は大正天皇から離れようともしたのですが、それでも大正天皇は何度もしつこく会いに来て、付きまとうような様子を見せていたようです。

さらに山川三千子が退官をして結婚をした時も大正天皇はわざわざ結婚披露宴の日を調べ、山川三千子の弟に様子を見に行って報告するよう頼んだりもしていたのだとか。

こうして大正天皇は山川三千子にしつこく執着し、天皇としての節度を越えるような振る舞いも何度も繰り返したわけです。これは現在でいえばもうストーカーのような行動…確かにやばいエピソードになってきますよね。

実際体の関係を迫るような言動もしていたようですし…下手をすればもっとやばい性事情エピソードにも発展していたかもしれませんね。この程度で済んで、幸いと言えば幸いだったのかもしれません。

 

【03】最近の皇族にもある噂が

引用: Pixabay

またこれは一気に最近の話になってきますし、噂程度の話になってくるのですが……近年何かと世間を騒がせている2人、秋篠宮眞子様と小室圭さん。実はこの2人にもある驚くような性事情エピソードが聞かれるようになっているんです。

それは…この2人が実はもう体の関係を持ってしまっているのではないか、という噂。まだ結婚もしていない2人ですが、初夜を待たずもう既にセックスをしてしまっているのではないか、という風な噂も最近聞かれるようになっているのです。

というのもこの2人、海外で何度も密会している姿も目撃されているから。秋篠宮眞子様は学生時代、度々海外へと留学をしていたのですが、その時小室圭さんも秋篠宮眞子様に何度も会いに行っていたので、向こうで2人でよく会っていたわけなんです。

しかも海外では秋篠宮眞子様にSPなどが付くこともあまりないので、監視などもほとんどなく、好きなように行動ができるようになっています。

ですので、そうして海外で会っている時に実は関係を持ってしまったのではないか…?とこういう噂が出てくるようにもなったんですね。

また以前2人は婚約について会見もしましたが、その時の様子も本当に仲が良くラブラブという感じになっていましたから。そういった様子も噂が起きることとなった要因となったようです。

もちろんあくまで噂というだけで真相は分かりませんし、もし違っていたらとても失礼な話ですが…2人の状況・様子からして可能性も十分有り得ると考えられている、性事情エピソードとなっているんですよ。

 

皇族が海外へ行くのには理由があった?

引用: Pixabay

また実は…皇族にはもう1つある驚くような性事情の噂も聞かれたりするんです。それは、皇族が海外へ留学するのは監視から逃れて気ままに遊ぶため。中にはセックスなどをして楽しんでいる人もいる。なんていうような噂です。

先程、秋篠宮眞子様と小室圭さんのお話の中でも少し言いましたが…実は皇族というのは海外留学の間はSPがそこまで付かないものなのです。

国内では基本的に常にSPが付いていてほぼ24時間守られている・監視されているという状況の皇族ですが、海外留学の際は逆にそんなことはほとんどなく、SPが付いていない時間の方が多いものなのです。

ですから監視もほぼなく、自由に行動できる時間の方がたくさんあるわけです。なので…実はそうした監視のない自由な時間を楽しむためにみんな留学をしているのではないか?恋愛やセックスを楽しんだりもしているのではないか?とこんな性事情の噂も度々聞かれるようになっているんですね。

これも本当にそうなのか、真相についてはまったく分かりません。しかし…性事情はともかく、少し自由になりたい、という気持ちがあって海外に行くという人はやはりいたりするのではないでしょうか。

先程も言ったように、皇族というのは国内ではほとんど常に誰かがそばにいて、守られていたり監視されている状況なわけですからね。ずっとそんな状況で生活していては皇族の方々だってやはり辛いでしょうし…時には監視から逃れて解放されたいと感じても無理はないと思います。

なので、そうした気持ちから海外に留学するという人もやはりいることはいる、のかもしれませんよね。

まぁ性事情だってあんなに有り得ないような厳しいやり方をしている皇族なのですから、たまにはしきたりなどを忘れて自由に遊んでみるというのも確かにいいのではないでしょうか。

実際セックスなどをして羽目を外し過ぎるのはいけませんが…多少楽しむくらいでしたら、全然許されるのではないかと思いますよね。

 

皇族の性事情は闇が深かった!

引用: Pixabay

今回はなかなか知ることができない、皇族の性事情について見てきましたが…いかがだったでしょうか?

巫女という存在がいてセックスに関するあらゆるサポートをされたり、初夜の前は様々な手間のかかる儀式があったり、しまいには初夜の時はセックスを監視されたりと…

皇族の性事情は噂どおり本当にやばいものだらけ。むしろ噂以上のものばかりで、なんだか闇が深いという感じさえしましたよね。

ただ…先述したように、これはあくまで歴史的な話なだけであって、現在の皇室で行われている性事情というわけではありません。現在はこうした性事情がどれだけ受け継がれているかも正確には分かっていませんし、多少やらなくなった儀式・やり方もあるという噂も聞かれたりしているのです。

ですので現在は皇室の性事情も多少緩和されている、という可能性だってあるわけです。もしかしたら昔よりも自由にリラックスをしながらセックスを楽しめるようになっているのかもしれないのです。

もちろん真相は分かりませんし、それもあくまで噂というだけですが…

でも、できるならそうなっていて欲しいところですね。「国民の象徴」であり私達にとっても大切な存在である皇族がこんな闇の深い性事情を抱えているなんて、なんだか良い気持ちがするものでもありませんし。

できれば皇族の皆さんにももっと気持ちを優先するような、そんなセックスをしていてもらいたいものですからね。大きなお世話かもしれませんが……。以上が皇族の性事情でした。

人気の記事