喜多恒介って誰?評判や現在の年齢・理三出身の彼女の噂まとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

喜多恒介って誰?

引用: Pixabay

皆さんは喜多恒介さんをご存知ですが?

過去には日本一有名な大学生と言われていたため、皆さんも一度は耳にしたことあるのではないでしょうか。喜多恒介さんはなんとFacebookの友達は上限の5000人、彼が投稿すれば常にいいねが100件以上。喜多恒介さんはFacebookページも持っており、いいね数はなんと驚きの2.6万件。

伝説の大学生インフルエンサー・喜多恒介のプロフィールを徹底解剖します!

そんな伝説の大学生と言われている喜多恒介さんの生い立ちについて見ていきましょう!

 

武蔵中学・高校を卒業


引用: Pixabay

喜多恒介さんの中学、高校時代はどのようなものだったのでしょうか。喜多恒介さんは東京都出身で中学から中高一貫の武蔵中学校・高等学校に進学したそうです。

武蔵中学校・高等学校は東京都練馬区にある中高一貫の進学校です。開成、麻布と並ぶ、いわゆる私立男子中学の「御三家」のひとつです。根津育英会武蔵学園が設置した旧制武蔵高等学校を前身とする学校です。

旧制武蔵高校は官立の東京高校と並ぶ日本初の七年制高校で、最初の私立高校でもあったそうです。

武蔵の進学実績はやはり御三家とだけあってとても素晴らしいものがあります。国公立と早慶上理を合わせた上位大学への進学率は驚異の70%にもなります。国公立大学への進学者に占める東大への進学数が多いこと、現役での進学率が高くないことも御三家の特徴ではないでしょうか。

そんな武蔵を卒業した喜多恒介さんも一浪の末、東京大学に進学しています。

 

一浪で東京大学に合格


 

View this post on Instagram

 

荒木 せしりあさん(@seshiria_daylife365)がシェアした投稿

武蔵を卒業した喜多恒介さんは河合塾本郷校での一年の浪人生活をしたあと東京大学農学部に進学したそうです。喜多恒介さん出身の武蔵を含む私立中学男子校御三家の傾向として「東大でなければ浪人」という考え方が多いとされています。

喜多恒介さんも一浪して東大に進学していることからそういった考え方を持っていたと言えるのではないでしょうか。

そんな喜多恒介さんは東京大学在学中からもとても活動的でありました。次に喜多恒介さんが関わったとされる事業について見ていきましょう。

 

在学中に一般社団法人JASCA創業

Array

引用: Pixabay

喜多恒介さんは東京大学農学部在学中に一般社団法人JASCA創業しました。

一般社団法人JASCAは全国学生連携機構といい、日本や世界を牽引していくリーダーを輩出するため様々な活動を行なっている団体で、全て学生が運営しているそうです。

次世代のリーダーを育成するとだけあってとても優秀な学生が全国から参加しているそうです。多くの学生を集めるイベントや企業と提携して学生の将来を考えるイベント等を企画・運営しています。

喜多恒介さんは他にも様々な団体の設立にも関与しているそうです。詳しく紹介していきます。

 

G1 College、トビタテ設立にも関与

引用: Pixabay

そんな活動を行なっている喜多恒介さんはG1 College、キャリア大学、トビタテ留学ジャパンといった様々なプロジェクトにも関わっていたそうです。

G1 Collegeは後の日本・世界を担っていくリーダーたちが学び、交流する場を提供することを目的とした団体です。キャリア大学は大学生に主体的な生き方をしてもらえるよう、全ての人が夢を持ってキャリア選択できる未来作りをできるように設立されました。

トビタテ留学ジャパンは文部科学省の日本の若者の海外留学への気運を醸成する官民協働の留学促進キャンペーンで喜多恒介さんは文科省からトビタテ留学ジャパンの広報請けおっていたそうです。

このような学生の将来や就活のことを考える事業に多く参加していることから、やはり喜多恒介さんの中には日本の将来をより良いものにしたい熱い思いがあるのではないでしょうか。

そんな喜多恒介さんは東京大学農学部を卒業後、慶應義塾大学SFC学部の大学院へ進学しました。

 

慶応義塾大学SFCの大学院に進学

Array

引用: Pixabay

学生時代から止まることを知らない喜多恒介さんは東大卒業後、慶応義塾大学SFCの大学院に進学しています。喜多恒介さんは社団法人JASCAのマネタイズを行い初年度で1700万円を売り上げたそうです。

ですがメンバーの給料や学生団体の奨学金を出したりしているうちに自分の給料は月6万円になってしまっていたそうです。このまま諦めたくない思いから、大学院への進学を決意したそうです。

 

現在の年齢は30歳

引用: Pexels

そんな活発な行動をくり返している喜多恒介さんは現在30歳になっているそうです。30歳で今だに学生であるということでなんども休学を返しているそうです。

休学をしてエンカレッジという就職支援団体の全国展開や山梨学院大学のキャリアアドバイザーの仕事、JASCAや自分の会社を経営しながら海外を回る生活をしているそうです。世界経済フォーラムのGlobal Shapers に選ばれたこともあるそうで世界を飛び回っていたそうです。

喜多恒介さんは好奇心に溢れる冒険家でありチャレンジャーであると言えるのではないでしょうか。

そんな彼のSNSの影響力は凄まじいものがあります。その一部を紹介していきます。

 

Facebookの友達は5000人

引用: Pixabay

始めにも紹介しましたが喜多恒介さんはFacebook の友達は上限の5000人もいるそうです。そんな喜多恒介さんが投稿すれば常にいいねが100件以上もつくのだとか。さらに喜多恒介さんはFacebookページも持っており、いいね数はなんと驚きの2.6万件。

Facebookのページというのは普段企業や団体が情報発信をしたい場合に作る場合が多いです。Facebookページの特徴は、「ファン」 を作り、継続的にコミュニケーションをとることができることです。そんなページを個人で持っている喜多恒介さんの影響力の大きさが伺えますね。

 

Twitterのアカウントはフォロワー4500人?

引用: Pixabay

喜多恒介で検索するとトップに出てくるのが喜多恒介botです。Twitterのアカウントにおけるbot(ボット)とはロボットの略です。つまりtwitterのbotとは本人がツイートしているものではないという意味になります。それでは喜多恒介botは誰が運営しているのでしょうか。

ツイートの内容的には本人とも取れるような取れないような内容をツイートしています。

ですが本人のものであるという確証はありません。もしかしたら喜多恒介さんに憧れる誰かがなりすましで行なっているのかもしれませんね。本人のものであればFacebookなどで紹介されていてもおかしくないのですが今のところ紹介はないのでおそらく本人のものではないと言えるのではないでしょうか。

どちらにしろ正確な情報がないのが現状になっています。

それにしても「喜多恒介」と検索した際に一番上に喜多恒介botが表示されるのはいかがなものなのでしょうか。

 

喜多恒介の評判

引用: Pixabay

様々な活動に関わり、Facebookの友達も上限の5000人の喜多恒介さん。様々な学生と多くの交流がありいろいろな評判がささやかれています。そんな世間の声を紹介していきます。

 

評判まとめ

学生団体の運営や就活支援の団体を運営など、多くの学生のキャリア形成に影響を与えているだけあり、将来を本気で考えるような、いわゆる意識高い系の学生からは熱烈な支持があるようです。

「就活論が役立つ」「キャリア等を考えるうえで、ためになる投稿をしてくれる」「喜多さんの設立したプロジェクトで学生の流れが変わった」といった声も多く見られました。ツイッターではこんな声もありました。

やはり自分から意志を高く持つ学生にとって、挑戦し続ける喜多恒介さんの活動は心に響くのでしょうね。一方、いい評判もあれば悪い評判もあるのが世の常です。そんな批判的な評判も紹介していきましょう。

 

喜多恒介の彼女は東大理三?

引用: Pixabay

行動力溢れるとても魅力的に思える喜多恒介さんですが彼女に関してこんな噂がありました「東大理三に在籍している美女と付き合っていた」というものです。さすがは東大生のインフルエンサーですね。

この噂に関して正確な情報は出回っておらず、あくまでも噂として広まったものでした。さらには「まだ付き合っている」、「振られてしまった」、「そもそも付き合っていなかった」などとも噂されています。彼女がいたこと自体もフェイクニュースであるとも言われています。

やはりこれだけの活動を行なっている日本一有名な大学生ともなるとそのような噂が立ってしまうのですね。

次に喜多恒介さんとベネッセの関係性について見ていきましょう。

 

喜多恒介とベネッセの関係

引用: Pixabay

「喜多恒介」と検索すると必ずと言ってもいいほど出てくる予測変換やサジェストワードに「喜多恒介 ベネッセ」というものがあります。これはどう言った意味があるのでしょうか。

喜多恒介さんとベネッセの関係は次のようなものであると言われてます。

喜多恒介さんはベネッセの社員などということでなく、ベネッセのインターン等を盛んに宣伝しているそうです。そのため、気になった人が検索していると考えられます。

喜多恒介さんが自らの単なる善意で紹介しているのか、ベネッセからお金をもらって宣伝しているのかは不明であると言われています。

様々な活動に精力的に取り組んでいる喜多恒介さんは今後どのような活動をしていくのでしょうか。喜多恒介さんの今後について迫りたいと思います。

 

喜多恒介の今後

引用: Pixabay

東大進学後、一般社団法人JASCA創業しG1 College、トビタテ設立にも関わり、多くの大学生に影響を与えてきました。日本一有名な大学生としてとも有名でFacebookの友達は上限の5000人。

現在は慶應義塾大学SFCの大学院に在学していますが今後はどんな活動を行なっていくのでしょうか。喜多恒介さんの今後について見ていきましょう。

 

2020年までは学生を続ける?

引用: Pixabay

東京大学農学部を卒業した後、慶應義塾大学SFCの大学院に進学した喜多恒介さんですがいつまで学生を続けるのでしょうか。現在、すでに数回休学をして自身の会社を運営したり、海外でも精力的に活動したりしているようです。

就職活動をすでに6回も経験しているそうですが、とあるインタビューでこのように語っていました。

「新卒じゃなくなるって意味では、オリンピックあたりで新卒で選挙でて政治家になろうかなと思ってる。」

2020年までは学生を続けるという意味として捉えられますね。なんと選挙に出て政治家になろうという考えもあるそうです!

 

選挙に出馬予定?

引用: Pixabay

先ほどのインタビューでもあったように「新卒で選挙でて政治家になろうと思っている」という目標があるそうです。

さらにインタビューでは「日本をより良くするためには、草の根だけじゃ足りない。若者を巻き込みながら、国レベル・世界レベルで取り組まなければいけないことが増えてきたので」とも語っています。

ここまで日本の将来について前向きに真剣に考えている方はそう多くはないのではないでしょうか。ますます喜多恒介さんの活動からは目が離せませんね。

 

大学設立を模索中?

引用: Pixabay

喜多恒介さんは「現在の大学の存在意義を、もう一度社会に問い直したい」という気持ちからNarrative Career Schoolをプレ開校したそうです。

多くの行く人が大学に行く理由が「大卒じゃないと「いい会社」に就職できないから」とか「皆が行くから」というものであることに違和感を覚えたそうです。そこで大学のようなつながりを持てる場所が必要だと考えこのNarrative Career Schoolを創ったそうです。

Narrative Career Schoolでは大学生・若手社会人のためのキャリアスクールとして様々なコースに分かれ、自分のやりたいことを学べるようになっているそうです。喜多恒介さんは日本の教育のあり方すらも変えてしまうかもしれませんね。

 

喜多恒介の評判や経歴まとめ

引用: photoAC

いかがだったでしょうか。日本一有名な大学生と言われている喜多恒介さんについて紹介しました。様々な事業を立ち上げ、多くの活動を通して人々に影響を与えて家う喜多恒介さんについて少しでも知ることができたでしょうか。

日本の将来について真剣に考え、行動を起こし、さらには選挙にも出ようと考えている喜多恒介さんが日本の未来を変える日が来るのでしょうか。ますます喜多恒介さんの今後の活躍に注目ですね!

人気の記事