年下彼女に対する男性の本音って?魅力・悩み・長続きのコツを解説!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

男性は年下女性が好き?その魅力や悩みとは?

引用: Pixabay

いくつになっても男性は、特に「若い」ということに非常に重きを置く人が多い日本の男性は、若い女性が好きです。自分より年下の女性を彼女にしたい、と本音では思っている男性はかなり多いでしょう。

実際に結婚している夫婦でも夫が妻より年上であることが多く、カップルも同年齢よりは年下彼女を持つ男性の割合の方が多くなっています。

勿論、年上の彼女が好きな男性もいますし、付き合うなら同じ年の女性がいいという人もいるでしょう。

しかし、それでもやはり多くの男性が本音で憧れるのは、「年下彼女」なのです。今回はそんな年下彼女を持つ男性の本音、年下彼女の魅力や彼女とカップルでいることの悩み、付き合いを長続きさせるためのコツなどを紹介していきましょう。

 

男性の本音では永遠の憧れ!年下彼女


引用: Pixabay

何故男性が年下彼女に憧れるかといえば、簡単には手に入らない存在だからでしょう。一般的には男性の年齢が上がれば上がるほど、若い彼女と付き合うチャンスはなくなってくるものです。

ある程度年齢が離れてきたら、そもそも年下の女性と出会う機会そのものがありません。

20代男性が10代女子と出会うのはある意味簡単ですが、40代男性が20代女性と出会い、更に親密となるのはかなりハードルが高いでしょう。

そのハードルを飛び越え、年下彼女から男として見られる魅力があるのだ、という点が、世の男性を羨ましがらせるのです。

男性が子孫繁栄のために女性に、特に子供を産める年齢の若い女性に群がることは、動物としての本能のなせる業です。彼女と同じように若くてフレッシュな男の子たちを押しのけ、自分がその対象となれた、ということが既にステータスなのです。

 

男性の本音・年下彼女の魅力編

引用: girlydrop

男性にとって年下彼女の魅力とは、どのようなものがあるのでしょうか?彼らが日頃考えている、年下彼女への本音や彼女の魅力を紹介していきましょう。

男性は年下彼女に対し、本音ではこのような魅力を感じているのです。

 

【男性の本音・年下彼女の魅力編1】子供のような可愛いさ


引用: girlydrop

男女関係なく、幼く小さな子をみると可愛いなと守りたくなる本能が出てくるものです。若い彼女に彼氏である年上男性が持つ本音としては、その「子供のような可愛さ」というものが大きいでしょう。

彼女が色んなことに楽しそうに笑い、泣いて、喜ぶ姿を見ていたら、つい微笑んでしまうものです。自分はもう通り過ぎた若い日々を思い出すことも含め、とにかく可愛いくて堪らない!と思ってしまうのでしょう。

 

【男性の本音・年下彼女の魅力編2】甘えてくれる

Array

引用: girlydrop

それなりに社会経験を積み、自立している女性であれば、男性だけでなく人に媚びたり甘えたりすることに抵抗を感じることが多くなります。

本当は甘えたいのにツンとしてみたり、大丈夫と言い聞かせて自分で頑張ったりしてしまうのです。

しかし年下であればあまり抵抗がなく、可愛らしく懐いてくれます。彼が年上の男性ということもあって、信頼し、頼りにしてくれます。

女の子の中には若い自分の魅力を十分知った上で、甘えておねだりをする人もいます。それがわざとだとわかっても、男性には非常に可愛く思えて仕方ないのです。甘えてくれることが嬉しい、というのが男性の本音となります。

 

【男性の本音・年下彼女の魅力編3】年下であることが貴重

引用: girlydrop

上でも述べたように、世の男性の多くは「年下彼女」に憧れを持っています。男としての魅力が強い、という証拠にもなりますし、一種のステータスになるのです。

数少ない年下の女性と出会う機会をモノにして、見事に彼女から性的対象として見られる存在になっている、ということが凄いと言われるのです。

同じ年や年上との付き合いは「そうなんだ」で終わる話でも、相手が「年下」となれば一気に会話は盛り上がり、「すごいな!どこで出会ったの?」などと聞かれるようになります。

そこには彼女本人の人格は関係なく、ただ年下である、という事実が大切なのです。ですから男性の本音では、「年下だから彼女がいい」という意見もあるのです。

 

【男性の本音・年下彼女の魅力編4】刺激になる

Array

引用: Pixabay

男性の本音としては、年の差は刺激になる、ということもあるでしょう。彼女との年齢に幅があれば、当然ながらある程度のジェネレーションギャップは存在します。

年の差があれば、カップルで価値観が一致しないことも多々あるのが普通です。それを「面倒くさい」とか「話が通じなくて嫌になる」と考える男性は、そのそも年下彼女と付き合うべきではありません。

それを「面白い」「刺激になる」と本音で感じることが出来る人は、見た目も若い人が多いでしょう。彼女から刺激を受け取り、自分もどんどん若返っていくのです。

 

【男性の本音・年下彼女の魅力編5】素直

引用: girlydrop

年下彼女の魅力といえば、やはり素直なことが挙げられます。まだ社会経験も浅く、苦楽をさほど体験していません。ですから年上の彼氏である男性の言うことは素直に聞きますし、尊敬した目で見てくれます。

男性の本音としては、言い返したりダメ出ししたりせずに素直に話を聞いてくれる年下彼女が可愛くてなりません。彼女が素直であることに癒されているのです。

 

【年下彼女への男性の本音・魅力編6】育てる楽しみがある

引用: PAKUTASO

日本最初の長編小説でもあり、世界でも有名な文学作品に「源氏物語」がありますが、あれは世の男性の憧れを体現していると言われています。

主人公の光源氏は美少女を小さな頃から自分好みの魅力的な女性に育て、最終的には結婚するのです。

そこまではいかずとも、年下彼女を持つ男性は本音では彼女を育てる楽しみを持っています。自分好みのお酒の味を教え、店を教え、世間のことを教育していきます。

あの素直で純情だった女の子を、俺がここまでいい女に育てたんだ、という自負を持つことが出来るのです。ですので、未熟な彼女をいい女に育てる楽しみがある、という本音も存在しています。

 

年下彼女への男性の本音・悩み編

引用: Pixabay

自分よりも若い彼女を持つ男性の本音や、その魅力を紹介してきました。では続いて、年下彼女への男性の本音・悩み編を説明していきましょう。

何事も、メリットがあればデメリットもあります。年下彼女を持ったがために、持つ悩みも当然出てきます。ではどんな悩みを男性は本音で持っているでしょうか。

 

【年下彼女への男性の本音・悩み編1】ジェネレーションギャップがある

引用: Pixabay

年下彼女だけでなく年上彼女を持つ男性のあるあるの悩みが、ジェネレーションギャップでしょう。

年齢が3歳離れるだけで、流行りの音楽やアーティストは違いますし、世間で使われている機械なども違います。もはや外国人かと思えるほどに話が合わないこともあるでしょう。

しかし、このジェネレーションギャップを前向きな刺激と受け取り、楽しめないカップルは長続きはしないでしょう。本音では「全くわからない、まいったな・・・」と考えていても、切り替えてそのギャップをお互いに楽しむことが、付き合いを長続きさせるコツであることは間違いないでしょう。

 

【年下彼女への男性の本音・悩み編2】世間の目を気にする

引用: Pixabay

年下彼女を持つ男性の中には、彼女のことは大好きでも、本音では世間の目を気にしてしまう人がいます。

2、3歳差であればさほど違いはないかもしれませんが、10歳以上の開きがあれば、やはり外見でもパッと歳の差カップルだと分かるものです。

年下彼女と一緒に歩いていて、「あれって援助交際?」とか「父と娘でしょ」などと言われてしまい、非常に落ち込んだという男性もいますので、あまりに彼女が年下に見えると世間の目を気にしてしまう悩みが生まれるようです。

年下彼女は可愛いし誇らしいのですが、本音としては世間の目も気になる、というところでしょうか。

 

【年下彼女への男性の本音・悩み編3】ノリが一緒じゃない

引用: Pixabay

年下彼女を持つ男性に悩みを聞くと、彼女のノリについていけなくて、と言う本音を持つ人も多いそうです。

男女ともに30代前半でも落ち着いている人はいますが、30代後半や40代ともなれば、流行りを追いかける気力もありませんし、走ったりする体力にも不安がある人は多いでしょう。

遊園地行こうよ!と年下彼女にノリノリで誘われても、翌日の仕事のことを気にしてしまったり一緒に楽しめるかなと不安に思ったり、という悩みが男性にはあります。

今は可愛いと思っているし好きなので頑張ろうと思うけれど、彼女とは長続きはしないのではないか、と思わず考えてしまうのが本音でしょう。

 

【年下彼女への男性の本音・悩み編4】仕事への理解不足

引用: Pixabay

特に年下彼女が学生で、年上彼氏が社会人である場合、仕事への理解不足という悩みが大きく出るようです。

学校がない日は休日で、アルバイトも急用が出来たら休むことも出来る、という学生と、自分で企画を持っていてそれが進行中、現在は寝る間も削って仕事をしている社会人とは、同列には考えられません。

仕事で度々デートがキャンセルになってしまったり、同僚の女性と食事をしていたらそれが彼女に知られて嫉妬で大変なことになった、などということが起こるのです。

年下彼女は仕事の大変さ、責任のあるなしをまだ経験していないため、「仕方ないね」と済ませることが出来ません。

これは人にもよりますが、多くの年下彼女は仕事への理解は不足しがちでしょう。男性の本音としては、「仕事なんだからもっと理解してほしい」というところでしょう。

 

【年下彼女への男性の本音・悩み編5】感情的

引用: Pixabay

年下彼女は若い分、泣いたり怒ったりするときにも元気です。まだ経験が浅く、感情のコントロールもうまくいきません。

喧嘩や本音での言い争いになってしまった時に感情的になり、理性的な話し合いが出来ないことを悩みとする男性がたくさんいます。

彼女が号泣しながらものを投げてあたってきて、ほとほと困った、という経験がある男性も多く、本音としては「そこはもうちょっと大人になって欲しい」ということになります。

 

【年下彼女への男性の本音・悩み編5】金銭的負担が多い

引用: Pixabay

最近の日本では男女平等がすすんできてはいますが、やはり女性は男性に頼るもの、という古くからの価値観は中々抜けませんし、男性が年上で働いているのであれば金銭的負担は男性が負うことになります。

男性が年齢が上の年の差カップルでは、男性が社会人経験が長く彼女よりも稼いでいる場合が多いので、それは仕方ないことかもしれません。しかし年下彼女を持つ男性の悩みとして、金銭的負担が大きくでしんどい、ということもあります。

ですから本音では「年下彼女はお金がかかって仕方ない・・・」という意見なのでしょう。

 

【年下彼女への男性の本音・悩み編6】浮気が心配

引用: Pixabay

ある程度年をとっており、既に落ち着いている男性に比べて、若い年下彼女は異性としての魅力を精一杯発揮しているため、他の男性からの誘惑やアプローチもたくさんあるのが自然です。

自由奔放な若い彼女は可愛いけれど、同じように他の男にも甘えてるんじゃないだろうな、と疑心暗鬼になってしまう人もいます。可愛いけれど、本音としてはそんなに可愛くなくていいのに、というところでしょうか。

 

年下彼女と長続きするコツとは?

引用: Pixabay

年下彼女を持つ男性の本音として、その魅力や悩みを紹介してきました。年齢が離れているからこその一長一短は、裏返せば結局は同じ、ということです。

では、そんな年下彼女と付き合いを長続きさせるためには、どのようなコツがあるでしょうか?カップルとして長続きするコツを、順番に3点紹介していきましょう。

 

【年下彼女と長続きするコツ・1】会話を大切にする

引用: Pixabay

年下彼女を持つ男性は、特に会話を大切にすることが、付き合いを長続きさせるコツであることは間違いありません。

男性が持つ本音でも紹介しましたが、ジェネレーションギャップがあることはどうしようもない事実です。ですからそれがあることを前提として、些細なことでのすれ違いや思い込みが生まれないように、普段から会話を大切にし、色々と話すようにしてみましょう。

価値観が違うので、当然すれ違いやすくなるのです。会話を大切にし、相手が何を考えているのか、それはどのような環境がもとになっているのかを考えることで、すれ違いは埋められるようになります。

特に女性は言葉に出して気持ちを確認、理解する生き物です。これくらい言わなくてもわかるでしょ、という態度はやめ、自分の気持ち・本音は言葉にしてしっかりと伝えるようにしてください。

 

【年下彼女と長続きするコツ・2】相手を尊重する

引用: Pixabay

年上彼氏が年下彼女とうまく付き合っていき、関係を長続きさせるためには、お互いに相手を尊重することが必要です。

どのカップルでもそれは当然のことですが、年上彼氏は尊大な態度、決めつけるようなことはしないように普段から気を付けるべきですし、年下彼女のことをちゃんとした女性として見る必要があります。

本音がいくら若くてかわいいからと、子供扱いしていては相手の心は離れてしまうでしょう。男女は最終的には対等であると考え、一人の女性として彼女の考えや行動を尊重するようにしてください。

 

【年下彼女と長続きするコツ・3】本音を我慢しすぎない

引用: Pixabay

お互いに相手のことを考えるあまり、関係を長続きさせるためには自分さえ我慢すればいいんだと考えてしまいがちです。しかし、一方が我慢した状態でのカップルはうまくいきません。

時には相手に自分の気持ち・本音を話すこと、理解してもらうために努力をすることも必要です。しかしここで気を付けたいのは、押し付けにならないようにすることです。「俺はこう思う」ばかりを言い出すと、彼女は萎縮して何も話せなくなってしまう可能性もあります。

いつでも素直な自分をお互いに出すことができ、相手の考えを聞いたら理解しようと努力する態度をみせましょう。

 

悩みはあれどハッピーな年下彼女をもつ男性たち!

引用: Pixabay

年の差があるが故に魅力的、愛おしく感じることも多いのですが、年の差があるが故に悩みも起こり、長続きしないカップルもたくさんいます。年下彼女を持つ男性の本音を紹介してきましたので、年上彼氏を持つ女性は彼らの本音を一度確認してください。

年下彼女は多くの男性の憧れではありますが、男性も自分がそのようなラッキーに恵まれた時には、相手も1人の女性として尊重するという態度を崩さないようにしましょう。

そうすれば、お互いにハッピーなままで付き合いを長続きさせることが出来ます。

人気の記事