田中聖の現在!大麻で逮捕&謝罪後の様子や彼女との結婚の噂まとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

田中聖の生い立ちと経歴

 

View this post on Instagram

 

⸜🦖⸝‍さん(@tatsu_hy)がシェアした投稿

以前は超人気ジャニーズグループKAT-TUNのメンバーとして活動していた田中聖さん。過激なタトゥー、無断出演、禁止事項の副業、大麻使用など、歴代ジャニーズの中でも1、2位を争う問題児として一時期世間を賑わせていました。そんな元ゴシップ王の田中聖さんの現在についてまとめてみました。

まず、田中聖さんはどのような人なのかを知るためにも、田中聖さんの生い立ちと経歴を改めて見てみましょう。

 

田中聖の経歴


 

View this post on Instagram

 

⸜🌷︎⸝‍さん(@kotatsu_hy)がシェアした投稿

生誕: 1985年11月5日(現在33歳)
出身地: 日本 千葉県柏市(旧東葛飾郡沼南町)
職業: 歌手、タレント、俳優
音楽ジャンル: J-POP
担当楽器: ボーカル、ラップ
活動期間: 1998年-
レーベル:  J-One Records(2006年 – 2013年)
事務所: ジャニーズ事務所(2013年9月まで)

田中聖さんのご実家は千葉県柏市にあり、都心から近いこともあり頻繁に実家に帰るそうです。田中聖さんはご家族ととても仲が良く、自身のSNSなどには顔だしで登場することも多いそうです。2016年4月にはご両親についてのブログ更新をしたことがありました。

KAT-TUNのデビュー直後に、自分が”一家の大黒柱になる”という思いから、父親と“親子ローン”を組み、実家を新しく建て直したという話もファンの間では有名です。

そして弟たちの面倒もすべて見ていた田中聖さんは、人とのつながりを大切にし、様々な人たちから可愛がられていたようです。

また、田中聖さんは5人兄弟の次男であり、四男はジャニーズJrとしても有名です。ここで、田中聖さんの兄弟を一人一人紹介します。

 

長男: 田中昴(あきら)さん。2013年時、田中聖さんがジャニーズ事務所解雇の理由となった、副業の会員制バーの店長をしていたようです。

 

三男: 田中彪(ひょうが)さん。俳優として活動しており、兄・田中聖さんが何か問題を起こした際に、いつもTwitterで問題について触れています。

 

四男: 田中樹(じゅり)さん。京本政樹さんの息子・京本大我さんもメンバーである、ジャニーズ事務所所属のグループ「SixTONES」のメンバーです。

ジャニーズJrの中では人気のあるグループのようですが、2017年兄・田中聖さんの逮捕により、メジャーデビュー候補から外された可能性もあるそうです。

 

五男: 田中彗(すばる)さん。幼少期から野球に打ち込み、2017年夏の全国高校野球選手権で東東京代表・二松学舎大付続高校チームの投手として甲子園に出場しています。また幼い頃には、兄・田中聖が主演を務めるドラマ『特急田中3号』で子役として出演もしています。

そんな男5兄弟の次男である田中聖さんは、元レディースの母親が勝手に田中聖さんの履歴書をジャニーズ事務所に送ったこにより、芸能界へ羽ばたいていくことになります。

 

■ジャニーズに入ったのはいつ?


引用: Pixabay

田中聖さんがジャニーズ事務所に入所したのは1998年、当時13歳の頃になります。

同期には、のちにKAT-TUNのメンバーともなる亀梨和也さん、赤西仁さん、中丸雄一さん、上田竜也さん、そしてNEWSのメンバーの増田貴久さん、Kis-My-Ft2のメンバーの藤ヶ谷太輔さんなどがあげられます。

Jr.時代にはファンから「一番優しいのは聖」と言われるほど、ファンに優しい一面もあったようです。

 

■KAT-TUNに所属

Array

引用: Pixabay

田中聖さんは2001年にKAT-TUNのメンバーに選ばれ、2006年3月に晴れてメジャーデビューを果たしました。元々KAT-TUNは、KinKi Kidsの堂本光一さんがNHKの音楽番組「ポップジャム」の司会に起用された際に、専属バックダンサーとして結成されたグループです。

その後KAT-TUNは、KinKi Kidsのさまざまな楽曲のバックダンサーを務めましたが、2002年5月のシングル『カナシミブルー』を最後にバックダンサー卒業となり、グループ単体での活動が盛んになります。

そして2006年1月、関ジャニ∞と合同のグループ主演舞台『KAT-TUN VS KANJANI∞ DREAM BOYS』を上演し、29日の千秋楽後、東京プリンスホテルパークタワーにて、結成5年目にしてCDデビューすることが発表されました。

そして、KAT-TUNはデビュー前から相当売れると期待されていたようで、ジャニー喜多川は、「KAT-TUNによるKAT-TUNのためのKAT-TUNのレーベル」として「J-One Records」をJ Storm内に新設したとされます。

その後2006年3月17日に、CDデビュー前のアーティストとしては史上初めての東京ドーム公演を開催し、3月22日に噂の新レーベル「J-One Records」からリリースされたデビューシングルCD『Real Face』がミリオンセラーを記録しました。

瞬く間に世間一般でも認知されるアイドルグループへとのし上がり、KAT-TUNブームを巻き起こしました。また、2009年には史上最多となる東京ドーム8日間連続公演を開催し、話題となりました。

結成当初からメンバーそれぞれの個性が強く、「不良」や「ギラギラ」といったイメージを持つことで、従来の優等生的アイドル像を覆したKAT-TUNですが、デビュー初期のコンセプトは「ブラック&ワイルド」でした。今までにない新しいアイドルのあり方や、異端児としてでも自身のスタイルを貫く姿勢と果敢なパフォーマンスが「ジャニーズでは異色のワイルドグループ」として評価されていくようになります。

なかでもブラックミュージックが大好きな田中聖さんは、一時期、坊主頭にピアスというジャニーズらしからぬ風貌で、人気メンバーの一人でした。楽曲の中でもラップを担当し、「JOKER」名義でラップの作詞も担当していました。ギラギラして怖そうなイメージを持たれがちなKAT-TUNでしたが、そのイメージは田中聖さんが作っていたと言っても過言ではないでしょう。

 

■ジャニーズとKAT-TUNを脱退

引用: Pixabay

そんな順風満帆に見えた田中聖さんは、2013年9月30日に事務所から解雇され、KAT−TUNからも脱退してしまいます。

ジャニーズ事務所の歴史の中では独立したタレントもいますが、事務所解雇は極めて稀な出来事です。事務所解雇の原因は「度重なるルール違反行為があった」とされており、主なルール違反は以下の5つです。

 

1. 副業禁止のルールを破り西麻布のBARを経営

引用: Pixabay

田中聖さんが事務所のルールを無視して経営していたバーは、西麻布・バルビゾンビルにある、会員制クラブ「クロスロード」です。

そもそもこのバーは、2013年初めに田中聖さんの兄が経営していたそうで、お店の名義は兄の昴さんの名義だったそうですが、実際田中聖さん本人もお店に立って働いており、お客さんの要望に応えて歌を披露したりしていたそうです。

田中聖さんが実際に経営者として働いていたかどうかは謎ですが、芸能に詳しい記者さんによると、2016年4月22日に発売された単行本『KAT‐TUN 6粒の涙』(主婦と生活社)という、KAT-TUN元側近スタッフの証言によるKAT-TUNの記録本によって、田中聖さんがジャニーズから足を踏み外していく過程が、下記のように記されているそうです。

「フレンドリーな性格で知られる田中聖は、六本木や渋谷などに集まる芸能関係者らとも広くつながっていた。また、ヒップホップなどの音楽が大好きで、クラブやイベントなどで知り合う仲間も増えていき、『聖君、自分のお店とかやったらいいんじゃない?』と声を掛ける人たちもいた。」

このような記録を見ると、実際に田中聖さんが経営者として働くことに興味が湧いてしまってもおかしくはありません。また、「芸能界の権力者が『今いい物件があるよ。あと資金を出してくれる人もいる』と、誘ってきた」などとも記されているようで、田中聖さんを取り巻く環境が、タブーである”副業をすること”に対して抵抗感を無くしてしまった可能性も十分にあります。

それだけでなく田中聖さんのお店は、2010年に歌舞伎俳優・市川海老蔵さんが、「半グレ集団」のメンバーに暴行された事件現場と同じビルにあり、芸能界の中でも、アンダーグラウンドな人たちが集うビルとして有名でした。

当時ジャニーズ事務所は、港区界隈で遊びがちな所属タレントも多いことから、海老蔵さんの事件をかなり問題視し、「六本木や西麻布界隈での夜遊び禁止」をしていたそうです。

しかし業界内では田中聖さんのバーの情報があっという間に広まり、2013年2月頃からネット上で騒がれ始め、多くの女性ファンが出入りし、問題になりました。当時お店にはAKB48の板野友美さんの姿もあると報じられ、たくさんの女性が出入りしていたそうです。

そもそも田中聖さんが副業の道に走ったのは、グループ活動に対する不満も影響していたようです。同書によると、田中は脱退後に『あとやっぱり自分は1番がいい。グループでだってどこだって、本音は1番でいたい』と、周囲に語っていたこともあったそうで、自分だけが注目される西麻布のバーが楽しくてしょうがなかった可能性も高いでしょう。実際に同年夏にはすでにバーの経営からは手を引いたものの、バーテンの所作を学ぶために無断でアルバイトもしていたそうです。

 

2. 事務所を通さずライブやイベント等にDJとして出演

引用: Pixabay

田中聖さんは事務所に無断でイベントを開催したり、偽名を使用してクラブでDJとして出演したり、グッズ販売など、副業の他にも禁止事項を破って活動していたようです。これについては、次回出演に関するお客さんからの問い合わせがあり、事務所に知られてしまう形となりました。

副業問題と同じく「やっぱり自分は1番がいい。」という気持ちからでしょうか、個人で活動するのを好むようです。それに、田中聖さんのフレンドリーで知り合いも多く、義理と人情に厚いとされる性格から、出演依頼や友情出演を断れなかったことも想像できます。

このような田中聖さんの”ルール違反”については、一部のメンバーも事実であることを認めており、メンバーも田中聖さんを再三注意されていたようです。

 

3. 事務所禁止のTATOOを入れる

引用: Pixabay

実際、ジャニーズ所属期間にタトゥーを入れていたかは謎なところも多く、その理由として、田中聖はKAT-TUNのコンサートでのタトゥーはタトゥーシールだと言っていることがあります。

さすがアイドルとして活動し俳優業も行っていた田中聖さんが胸や左腕にタトゥーを入れてしまうと仕事に支障が出てしいますし、ジャニーズ事務所を退社する前に撮影された映画などでは、KAT-TUNコンサートなどで披露されているタトゥーは確認できません。

しかし田中聖さんはジャニーズタレント時代から見えない場所にタトゥーを入れていたことが明らかになっています。実際に、田中聖さんのお尻には大きなタトゥーが入っていたと噂されていましたし、目には見えないところのタトゥーなので事務所からも目をつぶられていたようです。

しかし後述する、事務所解雇の原因の1つの、週刊誌に田中聖さんの局部が晒されることによって、タトゥーが入っていることが公になってしまいました。

 

4. 本人が撮ったであろう局部の写真が週刊誌に晒される

引用: Pixabay

実際にジャニーズ事務所から田中聖さんへ解雇宣告があった2013年9月30日に、当日発売された月刊誌「実話ナックルズ」にて、田中聖さんの局部を含めた写真が、巻頭グラビアでカラー掲載されました。

雑誌に写っていた田中聖さんは、自分で撮影したであろう、上裸姿で挑発的なポーズを取る田中聖さん本人の写真とともに、タトゥーの入った局部の写真が掲載されています。それは田中聖さんがファンに送ったものと紹介されています。結果的にこれが事務所から解雇される引き金となりました。

 

5. 派手な女性関係を表すゴシップの数々

引用: Pixabay

田中聖さんはジャニーズ時代から女性関係も派手であり、名だたるモデルやセクシー女優とゴシップされてきました。持ち前のルックスと人懐っこさで、女性からはよくモテていたようですが、その面裏がない性格が仇となり、よく写真週刊誌にて関係を露わにされてきました。

そしてこれまでに田中聖さんと熱愛報道されてきた女性は、モデル・あびる優さんやタレント・木下優樹菜さん、元セクシー女優・倖田梨紗さんなど、お相手とされる女性が極めて派手だという事実もあります。

中でも2007年に熱愛が報道された元セクシー女優・倖田梨沙さんとの関係は有名で、ジャニーズ事務所クビの引き金にもなった“局部の写真”を、週刊誌に送ったのは倖田梨紗さんだと雑誌関係者からも言われています。

倖田梨紗さんといえば、芸能界に幅広い交友関係を持っており、TOKIOの長瀬智也(34)や、NEWSの山下智久(27)、俳優の城田優(26)など、交友関係を持つ相手としてあがる名前もビッグネームがほとんどです。

その中でも田中聖さんとは熱愛と報じられ、話題になりました。倖田梨紗さんの大ファンだった田中聖さんが芸能関係者を通じて彼女に会いたいと懇願したことがキッカケとされており、熱愛報道とともに同棲も噂されました。

しかし、倖田梨紗さんは2008年11月に覚醒剤使用で逮捕、起訴されています。倖田さんは、交際中のプロテニスプレイヤーのMさんと一緒に吸っていたとなっていますので、この頃はすでに田中聖さんと別れていたとされます。

しかし、2007年8月頃から覚醒剤を常習していたことを供述しているため、田中聖さんの名前もマークされているはずです。そのことをジャニーズ事務所が気にしない訳がありません。

引用: Pixabay

そして問題の、局部写真を週刊誌に送った真相なのですが、倖田さんは、自身の暴露本で覚醒剤使用理由として「元彼の存在」をあげています。「別れたことがとても辛く、覚醒剤に手を出すようになった」語っているようです。その元彼が誰かは述べてはいませんが、「彼は人気グループのアイドルであり、出会う前に彼が自分にとても会いたがってくれていたこと、芸能界に共通の友人に紹介してもらったこと」を述べているので、報道があった時期と照らし合わせてみても、その”元彼”は田中聖さんのことだと推測できます。

それが本当なのであれば、逮捕後出所してから田中聖さんに恨みがあったとも考えられます。実際に、倖田さんが刑務所から出所した後、六本木のキャバクラで働き始めたそうなのですが、そこに田中聖さんが来店し、再び関係が始まったという噂があります。

元々、田中聖さんは自分の自慢の局部の写真を女性に送りつけるのが好きだったようなので、倖田さんにもその写真を送りつけ、恨みを持っている倖田さんは周りに転送しまくっていたと、関係者が話しています。

どちらにせよこのような派手な女性関係を持っているということは、田中聖さんの立場をより不利な状況へ持っていったと言えます。

 

田中聖が大麻取締法で逮捕!事件の全貌は?

引用: Pixabay

それまでの田中聖さんに世間の評判としては、「KAT-TUNやファンのことを誰よりも考えてくれていた」「ヤンチャなところも含めて好きだった」など、問題児な部分も含めて好きだったという意見が多くみられます。

田中聖さんの表立った素行の悪さに反して、“優しくて良い人”というイメージが強い理由としては、震災の際に個人で被災地を支援したり、自分の稼ぎで家族を支えていこうという、人思いな性格が知られているからでしょう。

さらに、ヤンチャキャラで知られて入るものの、犬やサルなど、たくさんのペットを「子供たち」と呼んでかわいがっている姿も有名ですし、芸能関係者からは「人懐っこく、誰とも壁を作ろうとしない」とも言われており、全てを包み隠さない人間らしいさも支持される理由の一つだったのでしょう。KAT-TUNの中でも、「個性派集団の緩和剤的存在」とも言われており、別の関係者は「田中を悪く言うジャニーズタレントはいない」とも言われています。

さらに、芸能関係者以外の友人からも田中聖さんが障害者施設のボランティアに自ら参加していたことが明かされていますし、田中聖さんが経営していたとされるバーに車椅子のお客さんが来ることになった際も、田中聖さん自らお店のレイアウトを変えるなどして対応していたそうで、”そういうことをするのが当たり前といった風にやる人間”だと称していることから、関係者であろうとファンであろうと誰であろうと分け隔てなく接する、優しい心の持ち主であることは明らかです。

なので、これほど多くの問題を起こしたにも関わらず、田中聖さんを支持するファンや芸能界関係者はたくさん存在していました。

しかしそんな人情味で溢れる田中聖さんも、一気に支持されなくなる日が訪れます。

 

■大麻取締法で逮捕

Array

引用: Pixabay

2017年5月24日、東京渋谷区道玄坂の路上で、大麻を所持していたとして、大麻取締法違反容疑で警視庁渋谷警察署に現行犯逮捕されました。

車内から大麻片が見つかり、本人は自分のものではないと否定していましたが、その後の尿検査で陽性反応が出ました。さすがのファンも今回ばかりは擁護できず、本人も言い逃れができない状況となってしまいました。

しかし尿検査で大麻の陽性反応が出たものの、6月7日に処分保留で釈放され、任意捜査に切り替えられました。というのも、大麻の「使用」は合法であることや、逮捕時に乗っていた車が田中聖さんの名義ではなく親族名義のものであったため、他の乗降者の絞り込みが困難だったことが理由としてあげられています。

すなわち、使用はしているが、見つかった乾燥大麻は自分のものではないと主張することで有罪とはならない為、その結果、2017年6月30日に東京地方検察庁は証拠不十分で田中聖さんを不起訴処分としています。

どちらにせよ使用していた事実はあるので、世間やマスコミからの批判も強く、今後の活動に注目を寄せられていました。しかし田中聖さんの薬物使用疑惑は、何年も前から浮上していて、”デビュー間もない頃からマークされていた”と、スポーツ紙も報じています。田中聖さんが仕事の打ち合わせに向かう際に職務質問され、任意で薬物検査をされたという話しもあり、すでに目を付けられていたことも考えられます。そして全ての芸能界に精通しているジャニーズ事務所が、田中聖さんの薬物使用疑惑について耳にしていなかったとは考えずらく、事務所解雇の原因の一つになっている可能性も高いです。

 

不起訴処分後、ファンに謝罪

引用: Pixabay

6月7日の午前10時過ぎに渋谷警察署から釈放された田中聖さんは、関係者の車で千葉県内の実家に帰り、詰めかけた報道陣に一礼して中へ入って行ったと報じられています。

そしてその後、田中聖さんは「ファンの皆さま、関係者の皆さまへ」と題したブログを投稿しました。「この度は、応援してくださるファンの皆様、関係各位の皆様に甚大なるご心配、ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。」「今後は自らの行動に自覚を持ち、社会人としての責任を持って行動して行くよう反省いたします。 ご心配、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした。」とつづっています。
また、当時田中聖さんが所属していたロックバンドINKTのオフィシャルブログにも、「ファンの皆さま、関係者の皆さまへ」と題して謝罪文を更新しました。「今後のINKT、田中聖個人の活動に関しましては、今回の司法判断を受けて、メンバーとスタッフで協議し、また改めてご報告させて頂ければと思っております」と報告し、結果的にINKTに伴い、個人活動もに休止し、2017年9月1日にINKTを解散しました。

田中聖さんのご実家周辺の住民が、田中聖さんの母親が近所の住民に対して「お騒がせしてすいません」と肩を落として謝罪にまわっていたと話しているそうです。これに対し田中聖さんご本人は「長生きすんだぞ」と母親に対しての感謝の気持ちと愛を記しています。

 

田中聖のタトゥーが話題?

 

View this post on Instagram

 

@hyphen_geminipandaがシェアした投稿

田中聖にはタトゥーが入っていると話題になっています。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

胸や腕にタトゥーが入ってる?

引用: Pixabay

ジャニーズ時代、コンサートなどでは腕や首筋などにタトゥーを入れている姿が話題となっておりましたが、実際それらはタトゥーシールだったようです。さすがに大っぴらには事務所の禁忌事項を破れなかったのか、本人がタトゥーシールだとおっしゃっております。

しかし事務所脱退後は、胸や腕に鳥やうさぎなどのファッションタトゥーを入れています。海外ではこのようなファッションタトゥーを入れることは割と盛んで、元々ブラックカルチャーが好きであった田中聖さんですから、タトゥーを入れることは彼の夢だったのかもしれません。

 

舌にもタトゥーを入れている?

引用: Pixabay

田中聖さんは舌にもタトゥーが入っていると言われおり、田中聖さんの舌に入っているタトゥー画像もネットなどに流出しています。しかし実際には舌では無く「唇の裏」にタトゥーが入れられており、「大和」という文字が彫られています。

入れたとされる時期はジャニーズ事務所所属期間だとも言われており、タトゥー禁忌事項を見えない所で破っていたようです。確かに、唇の裏ならタトゥーを入れていても普通にしていれば分かりません。

 

局部にもタトゥー?

引用: Pixabay

元々ジャニーズに所属していた時から、タトゥーに興味津々だった田中聖さんですから、禁止事項でありながらも、お尻や口内など見えないところにタトゥーを入れていたとされています。

お尻には、お面のツーフェイスのイラストが大きく施されており、その写真が流出してしまいました。しかし、次に週刊誌によって流出させられたた田中聖さんの局部には、”真珠タトゥー”というタトゥーが施されていたのが公になっていしまいました。田中聖さんが局部に施してある”真珠タトゥー”は、局部の真ん中にシリコンの玉が三つ、局部の根元に三つのシルバーリングが付いているものだそうです。

いくらタトゥーに憧れていたとしても、いくら見えない所に施すためだとしても、局部にまで及ぶとは衝撃的でした。

 

現在は全身タトゥーとの噂も!

引用: Pixabay

事務所を解雇された田中聖さんは、もうタトゥーを隠す必要が無くなったので、身体のあらゆる場所にタトゥーをたくさん入れています。なんでも解雇後に結成したバンドでアーティスト業をメインに活動していましたので、今後は俳優として活動することはすでに諦めているように見受けられました。

胸や腕などに大きなタトゥーが入った写真も本人がSNSなどで公開しています。

 

田中聖の現在①芸能活動を再開

引用: Pixabay

現在、田中聖は芸能活動を再開しています。

 

田中聖の芸能活動まとめ

引用: Pixabay

ジャニーズ事務所解雇後、インディーズバンド「INKT」のヴォーカルとして活動していた田中聖さんですが、大麻使用で逮捕後にはINKT、個人活動共に休止し、2017年9月1日にINKTを解散しました。

「INKT」は結成当初、「HIGH and MIGHTY COLOR」のメンバーらと結成したことに加え、田中聖さんがヴォーカルを務めることもあり、田中聖さんご本人も売れる自身があったそうです。

実際に結成当初はかなり注目が集まりましたが、CDの売上はかなり苦戦していました。ジャニーズ時代にはおよそ5万人の観客を前に歌っていましたが、「INKT」としては1000人規模のチケットをさばくのが精一杯といも言われていました。実際、ファーストアルバムの売り上げも1万枚にも届いておらず、順風満帆とはならなかったようです。

それに、当時INKTの所属事務所は「ナチュラルエース」として活動されていましたが、ウェブサイトなどを開設しておらず、INKTを運営するためだけの事務所だったようで、小さな個人事務から仕事をとっていくのはかなり難しいことと、バンドのヴォーカルがジャニーズを円満脱退していないということで、ジャニーズに睨まれるのを恐れている会社もほとんどです。

今後ジャニーズとの関係が悪くなってしまうことを危惧している業界人はたくさんいらっしゃるようで、それまでジャニーズ所属期間に手に入れたコネクションや有名広告会社などをつかったPR活動などが厳しい状況だったと見られ、”元ジャニーズ”という看板が足かせにもなっていたようです。

引用: Pixabay

そして音楽活動をしていくにはお金もかかり、金銭面でかなり苦しくなっている田中聖さんの様子がうかがえたそうで、一時期は閉店した会員制バーの次は、ハプニングバーを経営するのでは?とも噂されました。

というのも、当時田中聖さんは、新宿や渋谷といった都内のハプニングバーに頻繁に顔を出していたそうで、お客さんとして訪れた田中聖さんは店内をじっくり観察し、主に芸能人をメインにした会員制のハプニングバーを開店する考えを周囲に明かしていたそうで、音楽活動のための資金稼ぎとして考えていたようです。

そのような実態もあり、現に田中聖さんが大麻使用で逮捕されてしまったので、今後活動していくのはさらに厳しくなると判断した可能性が高いです。

しかし「INKT」の解散後、同年11月に田中聖さん自らカウントダウンイベントの参加を告知し、こちらのイベントにて芸能界復帰を果たしています。現在は「KOKI」という名でソロで活動しているようで、公式ツイッターやブログなどで最新情報や自身の心境を投稿されています。

ライブやブランド撮影のモデルなど、これまでのヤンチャな田中聖さんの印象を封印し、大人っぽく落ち着いたイメージで意欲的に活動されているようです。

地上波では実現できない企画を実現していく Amazon Prime Video のオリジナルシリーズ「今田×東野のカリギュラ」の、2018年11月から配信がスタートされたシーズン2のエピソード10「地上波ではなかなか会えないあの人は今!?」に出演しています。同番組シーズン1では、元 EE JUMP のメンバーで、元モーニング娘。の後藤真希の弟・後藤祐樹が芸能界引退からおよそ15年ぶりに番組出演したことでも話題となりました。

引用: Pixabay

大麻所持事件から1年半の沈黙を破り、不祥事後初の番組出演となった田中聖さんは当時の苦悩や涙に暮れた日々や、周囲からのバッシング、家族や仲間との絆、そして今後も続けていく予定の音楽活動についての本音を語っています。

登場から、外見の「老け」についていじられていたりと、和やかなスタジオの中で、田中聖さんはゴシップの真相や大きな声では語られない芸能界のあり方ついても赤裸々に語っています。

現在は実家に住み、音楽のレコーディングもクローゼットの中で行ったりしているそうで、さらには歩合制の給料の中から実家にもしっかりお金を収めているとも語っています。10年前は何万人ものファンからキャーキャー言われていたアイドルであったことが嘘のように思えます。

度重なる不祥事があったとは言え、再び芸能界へ戻る意思を取り戻せたのは、現在の彼を支えてくれている周りの人たちのお陰だとも語っています。というのも、田中聖さんと関わったことのある各ライブハウスのオーナーやサポートメンバーも、田中聖さんを悪くいう方は誰一人としておらず、むしろ田中聖さんのアーティストとしての素質を買ってくれているそうです。

そして何より、現在の田聖さんはライブ後に物販会場に立ち会い、来場してくれたお客さんたちに対して、直接ありがとうと言えるタイミングを作っているそうで、「自分が壊してしまった大切なもの」を取り戻したいと語っています。ジャニーズ時代には考えられない一生懸命な姿に、心を打たれるファンも多いのではないでしょうか。

そして最近の田中聖さんの大きな活動としては、ソロ名義で初となるフルアルバム「Easter」を2019年1月23日にリリースしたことがあげられます。「ここから復活を目指せるように!」という意気込みも込められており、田中聖さんは自身のブログで「今年、復活させてもらってから約1年色々とありましたが、自分的にはその中でも1番大事なお知らせです」と本作のリリースを告知するとともに「自分にとって、ソロとして、田中聖名義として、初めての大事なアルバム。仲間やたくさんの関係者の方の力を借りてようやく完成しました」と綴っております。

また、今作を携えた全国ツアー「Easter TOUR2019」が2月2日から開催されたようで、完全に復帰した田中聖さんの姿を全国のファンの皆さんへ届けたようです。見た目は相変わらず派手なものの、ライブハウスで見られる当時から変わらぬ優しさや人懐っこさなど、人間味溢れる姿を見ると不祥事を起こした事実はありますが、やはり悪い人ではないことが伺え、ずっと彼を支持し続けてきたファンも気持ちも納得です。

このように一歩一歩前へ前進している田中聖さん。二度とゴシップされないようにも、以前のような派手な女性関係も絶たれている可能性もあります。今は支えてくれる周りの人たちのためにも、音楽活動に専念しているようなので、当分は大きなゴシップは無いと考えられますが、では現在は彼女はいないのでしょうか。下記にて田中聖さんの女性関係や結婚についてまとめてみました!

 

田中聖の現在②彼女と結婚していた?

引用: Pixabay

数々の恋愛ゴシップを報道されてきた田中聖さんですが、実態に現在おつきあいしている彼女はどのような人なのでしょうか。過去のゴシップも含め、田中聖さんの彼女について紹介します!

 

■田中聖の彼女はどんな人?

引用: Pixabay

田中聖さんと過去にお付き合いされていたであろうとされる女性は、とてもたくさんいます。まずその最初の一人にタレント・あびる優さんがあげられます。

あびる優さんとの熱愛発覚は2003年の、田中聖がまだ高校生の頃です。田中聖さんが通う堀越学園という、芸能人御用達の学校の後輩であったそう。一緒に下校をしている姿が激写され話題となっていました。中でも田中聖さんがあびる優さんのことをとても好きだったらしく、将来をも約束するほどの熱愛っぷりだったそうです。

しかし、田中聖さんの二股疑惑や、同じジャニーズ事務所に所属する山下智久さんとの三角関係などの噂もあり長くは続かなかった模様です。その結末、あびる優さんは山下智久さんとの熱愛スクープもされています。

引用: Pixabay

そしてその次にあげられるのがタレント・木下優樹菜さんです。おバカタレントとして大ブレークした木下優樹菜さんは、現在は芸人FUJIWARA・藤本敏史さんとご結婚されていて、二児の母でもあります。そんな彼女と田中聖さんの熱愛は2004年頃、木下優樹菜さんが高校2年生の頃からだと言われています。田中聖さんはよく担当していた楽曲のラップ部分の歌詞に、「SNOW(ゆき)」「SEVEN(なな)」という木下優樹菜さんを連想させるワードを多用していたそうで、二人の関係の噂が膨れ上がりました。

また、田中聖さんと木下優樹菜さんは公然といちゃついたりもしていたそうで、木下優樹菜さんの自宅付近でも、田中聖さんの姿がたびたび目撃されており、互いの家を行き来するほどの間柄だったと言われています。それに加えて木下優樹菜さんは卒業アルバムにて、自身の好きな曲を「彼氏がプレゼントしてくれた曲」とあげていたそうで、疑惑は大きくなる一方です。

引用: Pixabay

続いての熱愛相手は、元セクシー女優・倖田梨紗さんです。先程倖田梨紗さんとの関係については詳しく記述しているのでここでは触れませんが、彼女との交際がスクープされたのは2007年になります。

田中聖さんの次なる熱愛のお相手は、グラビアアイドル・木口亜矢さんです。写真週刊誌に、木口亜矢さんとのデート現場をスクープされたのは2008年のことで、元彼女との破局後すぐのことでした。当時21歳だった田中聖さんは女性関係も多く、その包み隠さない性格からガードもゆるくなりがちなため、写真週刊誌での熱愛報道が比較的多いです。

しかしこの二人の熱愛関係も長くは続かず、ほどなく二人は破局した模様で、木口亜矢さんはこの後プロ野球選手の堤裕貴と結婚しています。

引用: Pixabay

そして、恋多き田中聖さんの熱愛史上最も長く続いたとされる熱愛相手は、モデル・藤井リナさんです。二人の熱愛発覚はまたまた2008年、まだ田中聖さんが木口亜矢さんと別れて間もない頃になります。

共にレンタルショップを訪れたり、仲睦まじい姿が度々目撃されていましたが、とくに藤井リナさんが田中聖さんにゾッコンであったようで、かなり依存心が強いメンヘラな一面も見られたそうです。

その彼女のメンヘラ具合を表す事件が度々起こっていたようですが、一番有名な事件としては、藤井リナさんが田中聖さんの自宅で一人でいる際に、自殺をほのめかすメールを田中聖さんに送りつけ、警察沙汰にまで繋がる大騒動を起こしています。このことがきっかけかは不明ですが、この騒動の跡ほどなく破局しています。

続いての田中聖さんのお相手は、人気セクシー女優・小澤マリアさんです。
小澤マリアさんとの熱愛が公になったのは、「週刊文春」7月17日号で、田中聖さんが小澤マリアさんをバイクに乗せ帰宅し、彼女を自宅に連れ込む姿が報じられています。報道陣の質問に対して田中聖さんは、彼女は友人であると説明しましたが、同志の調べによりお相手が小澤マリアさんだと発覚しました。

この報道を受け、東京スポーツが小澤マリアを直撃し、熱愛関係について伺ったところ、満面の笑みを浮かべた小澤マリアさんは「この顔で判断して」と自身の顔を指さし、アピールしました。このことで熱愛を認めたとし、「ジャニーズ熱愛 AV女優認めた」の文字がデカデカと踊る記事の一面を飾りました。

引用: Pixabay

田中聖さんの次の熱愛報道は2013年で、そのお相手は女優・戸田恵梨香さんです。珍しく、前の彼女の件から少し時間があいています。戸田恵梨香さんは田中聖さんと噂になる前、俳優の綾野剛との熱愛が報じられています。

しかし彼との破局後、当時田中聖さんが経営していた噂のバーで戸田恵梨香さんがよく見かけられたそうです。田中聖さんは戸田恵梨香さんと朝まで飲むことも頻繁にあったようで、熱愛関係の噂が報道されました。

田中聖さんの次の熱愛報道のお相手は元AKB48・板野友美さんです。こちらも、田中聖さんが経営する噂のバーに板野友美さんが頻繁に見かけられたようで、熱愛が浮上した模様です。

さらには、タレント・はるな愛が経営するお好み焼き屋でも、密会していたこともあり、熱愛スクープが濃厚とされました。しかし、それ以降の二人の目撃情報は無く、ただ単に遊び相手だった可能性もあり、板野友美さんと田中聖さんの熱愛の真偽はわからないままです。

引用: Pixabay

他にも、田中聖さんは芸能人だけでなく一般女性にも手を出していたそうです。2014年の『週刊女性』には、SNSで田中聖さんからナンパされたという女性が、田中聖さん自身から性欲をぶつけるような内容のメッセージと、自身で撮影した自宅ベッドに寝そべる田中聖さんの写真とともにリークされていました。

そして田中聖さんの熱愛ゴシップ一番最後のお相手となる女性は、振付師・Aさん。彼女の名前は明らかにされていませんが、田中聖さんが逮捕された際、自宅捜査も行われたのですが、同棲していた彼女だと見られる女性が任意同行させられています。

そして現在は、この振付師・Aさんが田中聖さんの熱愛相手として最も有力な相手になります。当時、Aさんの任意同行する姿が写真にもおさめられていますが、サングラスにマスク、さらにフードを被っている姿だったため、誰かは全くわかっておりません。

しかし、ネット上の噂によれば、彼女は30代前後で一時期タレントとして活動していた女性だそうです。そして数年前から田中聖さんと同棲関係にあったようで、近所の住民によれば、「中島美嘉似の美女」と言われております。

同棲をしていたとなると、将来の結婚も濃厚で、真剣交際をしていた可能性もあります。

 

■田中聖は彼女と結婚してる?

引用: Pixabay

先程も記述しましたが、田中聖さんの最終ゴシップは2018年、振付師Aさん以降に彼女と見られる女性との噂は報道されておりません。なので結婚もしていませんが、もし振付師Aさんと未だに熱愛関係が続いているとすれば、今後彼女と結婚する可能性も高いでしょう。

 

田中聖さんの今後に目が離せない!

引用: Pixabay

大麻使用逮捕後、すっかり大人しくなった田中聖さんですが、これまで沢山のゴシップで世間を賑わせてくれていたばっかりに、今後の活動も気になります。

素敵な恋愛のゴシップであるなら報道されても問題はありませんが、過去の素行の悪いイメージは中々払拭できませんし、次に何か問題を起こした場合は芸能界はおろか、大好きな音楽業界で活動していくことも難しくなるでしょう。

ですので田中聖さんご本人も人間関係や女性関係を改め、相当慎重になっていると伺えます。

ヤンチャが売りだった田中聖さんは、今後は正統派として活動していけるのでしょうか。落ち着いた田中聖さんはあまり想像できないですが、持って生まれたアーティストの素質を武器に今後の活動に期待です。

人気の記事