貧乳あるある30選!おっぱいが小さい女子の悩みや特徴とは?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

貧乳とは?

引用: Pixabay

女性のみなさんは誰しもがどこかコンプレックスを持っているのではないでしょうか。その中でもおっぱいの大きさというものは多くの人がコンプレックスと感じていると思います。

おっぱいが大きくてコンプレックスを抱いている人とおっぱいが小さくてコンプレックスを抱いている人がいるのではないでしょうか。

その中でも今回は貧乳でコンプレックスを抱いている人の特徴や悩み、あるあるを紹介していきます。

そもそも貧乳とはおっぱいが小さいことを指します。女性の理想とするおっぱいの大きさの平均がCカップであることから、Cカップより小さいAカップやBカップのことを貧乳と呼ぶそうです。

厳密にどこからが貧乳ということはありませんが、周りと比べてみたり、自分の中でどう感じるかによって貧乳かどうか判断するのが良いのではないでしょうか。

 

貧乳はコンプレックス?


引用: Pixabay

おっぱいが小さい方は貧乳をコンプレックスに感じる人が多いのではないでしょうか。おっぱいの大きな人に比べて悩みが多くなってしまう人もいるかと思います。

ですがおっぱいが小さいことで得をすることもあると言われていたり、男性の中にはおっぱいが小さい方が好きだという人もいたりします。

一概におっぱいが小さいことをコンプレックスに感じすぎてしまう必要はないのではないでしょうか。

 

おっぱいが小さい女子の悩みは?

引用: Pixabay

では実際に自分が貧乳であることで女性はどのような悩みを持っているのでしょうか。おっぱいが小さいがゆえに感じてしまう悩みを紹介していきます。

 

【1】恋愛に自身が持てない


引用: Pixabay

おっぱいが小さい貧乳の女性が多くもつ悩みとして「恋愛に自身が持てない」というものがあります。なぜおっぱいが大きい人に比べておっぱいが小さい貧乳の人は恋愛に自身を持てないのでしょうか。

おっぱいの大きな人はおっぱいが小さい貧乳の人に比べて、女性らしい体をしていると言われています。おっぱいが大きく、腰がくびれていてお尻が大きい。いわゆるボンキュッボンの体型をしている方が男性に好かれやすいのではないかと貧乳の女性は思い込んでしまうそうです。

他にもおっぱいが小さい人は新しく彼氏ができた時や体の関係を持つ時におっぱいがないことで相手をがっかりさせてしまうのではないかと不安に感じてしまうそうです。

これらの理由からおっぱいが小さい貧乳の方は恋愛に自信が持てないのではないでしょうか。

 

【2】水着を着るのが悩ましい

Array

引用: Pixabay

おっぱいの小さな貧乳の女性が悩みとして持っているのが「水着を着る機会」です。おっぱいの大きな女性であれば、ビキニなどがとても魅力的に着こなすことができます。

しかしおっぱいの小さな女性はそもそも体のラインに自信がないことが多いため、露出の多い水着などの格好になることに悩みを感じるそうです。

 

【3】かわいいブラジャーがあまりない

引用: Pixabay

おっぱいの小さな貧乳の人はブラジャーに対しても悩みを感じるそうです。よくおっぱいが大きい人がかわいいブラジャーがないと悩んでいるのを耳にしますが、かわいいブラジャーがないというのは貧乳の人に取っても共通の悩みだそうです。

平均的なおっぱいのサイズより小さい貧乳の人やサイズが大きい巨乳の人向けのブラジャーは数が少ないそうです。

そのため他のサイズでは種類や柄が豊富なのに、自分のサイズは限られた種類しか選ぶことができないなどの悩みがあるそうです。

 

【4】貧乳に対して悪口を言われる

Array

引用: Pixabay

おっぱいが小さい貧乳の人は貧乳をいじられた経験があるのではないでしょうか。男女問わず貧乳に対して悪口を言ってしまう人がいます。

そのため平均的なおっぱいのサイズの人では言われない悪口を貧乳の人は言われてしまいます。悪口を言われても、その場の空気を考えて笑って過ごしていても、実は傷ついている貧乳の女性は多いのではないでしょうか。

 

おっぱいが小さい女子の特徴は?

引用: Pixabay

おっぱいが平均の人よりも小さいことで様々な悩みを抱える貧乳女子ですが、おっぱいが小さい人にはどんな特徴があるのでしょうか。

おっぱいが小さいが故に特徴としてあげられるものと、そうでないものなど様々な特徴があります。そんなおっぱいが小さい貧乳女性の特徴を5つ紹介していきます。

 

【1】全体的に痩せている

引用: Pixabay

1つ目の特徴としてあげられるのは全体的に痩せているということです。おっぱいは主に脂肪でできています。そのため全体的に痩せ型の体型の人は貧乳であると言えるのではないでしょうか。体質的に痩せ型の女性は貧乳であることが多いと言われています。

しかしスレンダーな女性でも出るところは出ている女性もいます。そのため一概に痩せているから貧乳であるとは言い切れないところが貧乳の悩ましいところではないでしょうか。

ダイエットによっておっぱいが小さくなってしまった女性もいるのでやはりおっぱいと体型は切っても切り離せない関係にあるのではないでしょうか。

 

【2】運動が好き

引用: Pixabay

2つ目の特徴であると言われているのは貧乳の女性には運動が好きな人が多いと言われています。運動が好きな女性が貧乳になるのではなく貧乳の女性が運動好きであると言われています。理由はやはりおっぱいが小さいため動きやすいからだと言われています。

おっぱいが大きい女性は走ったり跳んだりする運動の際におっぱいが揺れるため動きにくいそうです。また、おっぱい自体も相当な重量があると言われているため、おっぱいを支える靭帯が運動によって引っ張られるため痛みが生じる女性もいるそうです。

学生時代に発達が早くおっぱいが大きかった女性は、運動するとおっぱいが目立って嫌な思いをしたために運動に対して消極的になってしまうこともあるそうです。そのため貧乳の女性は巨乳の女性に比べて運動が好きな人が多いと言われています。

 

【3】はと胸

引用: Pixabay

3つめにあげられる貧乳の人の特徴としてはと胸の女性が多いと言われています。はと胸とは鳩のように胸骨が前方に出っ張っている体形のことを指します。

なぜはと胸が貧乳の特徴に挙げられるかというと、はと胸で巨乳に見えてしまうけれど実は貧乳である女性が多いためです。はと胸のせいでおっぱいがないけれど巨乳だと勘違いされてしまうことが悩みとなる人が実は多くいるそうです。

 

【4】ぽっちゃり体型

引用: Pixabay

4つ目の貧乳の方の特徴がぽっちゃり体型であるということです。肉付きの良いぽっちゃり体型の人は一見おっぱいが大きく見えがちですが、実は隠れ巨乳であることが多くあります。

そのためぽっちゃりだから気づかれにくいけど実は貧乳である女性の特徴としてあげられます。

おっぱいのサイズは一般的にトップのサイズとアンダーのサイズの差で計算されて、CカップやDカップと判断します。そのためぽっちゃり体型の女性はトップのサイズはあるけれどアンダーのサイズも大きくなってしまうため、結果として貧乳になってしまうことが多くあると言われています。

 

【5】体型や視線を気にして服を選ぶ

引用: Pixabay

5つ目の貧乳の特徴としてあげれるのが体型や視線を気にして服を選んでしまうことです。貧乳の人は体のラインが出にくい格好をよくすると言われています。

女性向けの服装はバストの部分などある程度余裕を持たせるようにデザインされているため、貧乳の女性にとって似合わなくなってしまう傾向があるように感じられます。

 

おっぱいが小さい貧乳女子あるある30選!

引用: Pixabay

ここまでは貧乳の人の悩みや特徴を紹介してきました。平均よりもおっぱいの小さい女性の悩みや特徴を少しで理解していただけたでしょうか。

ここからおっぱいが小さいが故に感じてしまう想いやあるあるを紹介していきます。おっぱいの小さい貧乳の方は共感していただけるのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある1 】 貧乳であっても肩は凝る

引用: Pixabay

貧乳あるあるとしてよく言われているのが貧乳であっても肩は凝るということです。おっぱいには実はかなりの重量があります。おっぱいの大きい女性が「おっぱいが重くて肩が凝るんだよね」と言っているのを耳にする人も多いのではないでしょうか。

「おっぱい小さいから肩凝らなくていいよね〜」と言われることがあると思います。ですが男性でも肩が凝るように、貧乳の女性でも凝るものは凝ります。大きさによってその程度は変わるかもしれませんが、あまり大きさは関係ないのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある2】  下半身の太さが目立ちやすい

引用: Pixabay

貧乳あるあるとして下半身の大きさが目立ちやすいというものがあります。貧乳の女性はこの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

おっぱいが大きい女性に比べて体のラインにメリハリがつかないことが原因だと言われます。同じような下半身の体型でもおっぱいの大きい女性は下半身が細く見えやすいですが、貧乳の女性はメリハリがつきにくいので下半身の太さが目立ちやすいと言われています。

この貧乳あるあるは定番ではないでしょうか。

 

【貧乳あるある3】  寄せてあげるがわからない

引用: Pixabay

こちらも定番の貧乳あるあるです。よく女性がおっぱいを大きく見せるために寄せてあげるようにしてブラジャーをつけたり、ビキニを着たりしますが、おっぱいがそもそも小さい貧乳の女性にとっては寄せてあげるということがわからないそうです。

さらに貧乳の女性にはそもそも痩せ型の人が多いと言われているため寄せるものすら無いという感覚になってしまうそうです。寄せてあげるというおっぱいを盛る定番の方法がわからないというのも貧乳あるあるとしてあるのでは無いでしょうか。

 

【貧乳あるある4】  ブラトップで十分

引用: Pixabay

こちらも定番のあるあるということができるのでは無いでしょうか。おっぱいが小さい貧乳の人はブラジャーの必要性をあまり感じなそうです。

中には急いでいる時はブラジャーをせずに外出をする人もいるそうです。そのため普段からブラトップで十分だと感じる人も多いそうです。ブラトップとはキャミソールの中に小さめのカップなどがついており、ブラジャーとしての機能を果たすものです。

しかしおっぱいが大きい人にとっては不十分なものであると言われています。これも貧乳あるあると言えるのでは無いでしょうか。

 

【貧乳あるある5】  彼氏などに胸がない予防線を張る

引用: Pixabay

貧乳あるあるとして彼氏などに胸がない予防線を張るというものがあります。貧乳の女性はかなり共感できる貧乳あるあるではないでしょうか。

新しく彼氏ができた時や、いい感じになり一夜を共にするという場面になった時に、服脱ぐ前に「私貧乳だから、、、」と予防線を張る女性も多いのはないでしょうか。

相手にがっかりされたくないという心理が働くためこういった予防線を張るそうです。

 

【貧乳あるある6】  マンモグラフィーで挟めない

引用: Pixabay

こちらは少し真面目な貧乳あるあるです。女性のみなさんなら誰もが経験するであろう乳ガン検査などに用いられるマンモグラフィーです。マンモグラフィーはおっぱいを機械に挟んで検査を実施します。

察しの良い方はもう気づいたかもしれません。貧乳の女性はマンモグラフィーでおっぱいを挟むのにも一苦労なのです。挟むためのおっぱいが小さいため、検査のために脇の下などなから脂肪をかき集めて挟むそうです。

看護師さんがとても苦労しておっぱいを挟んでくれることが多いため、少し気まずい思いをする女性もいるのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある7】  走りやすい

引用: Pixabay

こちらも定番の貧乳あるあるです。とにかく走りやすい

貧乳の人の特徴でも紹介しましたが、貧乳の人は走るだけでなく運動全般が行いやすいそうです。そのため貧乳の人は運動が好きな人が多いとか。おっぱいが小さいためかかる重量が少なくとても動きやすいそうです。

おっぱいが大きい人は激しい運動でおっぱいが痛いこともあるそうです。走りやすかったり運動しやすかったりするのは貧乳の長所ではないでしょうか。

 

【貧乳あるある8】  ブラジャーが上に上がってくる

引用: Pixabay

こちらも定番とも言える貧乳あるあるです。ブラジャーの主な目的はおっぱいを支えることにあります。しかし貧乳の女性はそもそも支えるだけのおっぱいがありません。そのため普段の生活や運動でブラジャーが上に上がってくることがあるそうです。

ブラジャーが上に上がってくるのは相当違和感があるそうです。そのため先ほど紹介した貧乳あるあるのようにブラトップで十分だと感じる人が多いそうです。

 

【貧乳あるある9】  妊娠しても大きくならない

引用: Pixabay

貧乳あるあるとして妊娠しても大きくならないというものがあげられます。妊娠を迎えると一般的に女性のおっぱいは大きくなるといわれています。

そのためおっぱいの小さい貧乳の女性が妊娠をきっかけにおっぱいが大きくなることを期待するそうです。妊娠前よりは多少張りが出て大きくなるように感じられるそうですが期待するほど大きくならずにがっかりする女性が多いそうです。

 

【貧乳あるある10】  ダイエットしても胸だけなくなる

引用: Pixabay

こちらも定番の貧乳あるあると言われています。

おっぱいを大きくするために少し太ってからダイエットすればいいのではと考える女性も多いのではないかと思います。

おっぱいは比較的に脂肪が落ちやすい部位であるといわれているため、ダイエットによっておっぱいが小さくなってしまうことがよくあるそうです。部位別に痩せやすいダイエットの方法もあるのでそちらを試すのも良さそうですが、あまりおっぱいが大きくなる効果は得にくいと言えるのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある11】  成長期に胸の痛さがなかった

引用: Pixabay

こちらはおっぱいが小さい貧乳の女性はみなさん共感できる貧乳あるあるではないでしょうか。

思春期に差し掛かる小学生の高学年ではおっぱいの成長に伴って乳頭の部分が膨らみはじめ刺激に敏感になる女性が多いそうです。

ですが貧乳の女性はその成長が遅かったり少なかったりするため、成長期にそういった痛みをあまり感じる人が少なかったと言われています。

 

【貧乳あるある12】  水着や裸が嫌い

引用: Pixabay

これもなかなか共感する方が多い貧乳あるあるではないでしょうか。

水着や裸になることが嫌いな貧乳女性が多いそうです。普段は服装で貧乳が目立たないようにできたとしても、水着や裸になる場面ではそうはいきません。

先ほど紹介した「彼氏などに胸がない予防線を張る」という貧乳あるあるにも通じるところがあるのではないかと思います。また恋愛に積極的になれない女性が多いのにも関係してくるのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある13】  巨乳で悩みたい

引用: Pixabay

貧乳の女性はやはり巨乳に憧れるそうです。だからこそ言える貧乳あるあるだと言えるのではないでしょうか。

貧乳の女性の考える巨乳の悩みとしては、服が可愛く着れないであったり、おっぱいが重くて肩が凝る、男性におっぱいを見られるなどの悩みに憧れると言われています。貧乳にはない悩みを口にしてみたくなるのでしょうか。

これも共感できる女性が多い貧乳あるあるではないでしょうか。

 

【貧乳あるある14】  谷間に汗をかかない

引用: PAKUTASO

こちらは夏に感じることが多い貧乳あるあるです。おっぱいが大きい人は谷間に汗を描く人が多く、夏などの気温が高い季節は悩みとなるそうです。ですが貧乳の人はそもそも谷間がないのでをかきません。

おっぱいの大きな人はおっぱいの下の部分も汗をかくそうです。貧乳の方はその部分も汗をかかないので蒸れたりする悩みが少ないそうです。

夏は貧乳の人の方が快適に過ごすことができるのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある15】  ブラジャーのワイヤーが痛い

引用: Pixabay

この貧乳あるあるは貧乳の人だけではなく共感できる人が多いのではないでしょうか。ブラジャーのワイヤーが痛いというのは主にサイズがあっていないために起こるものであると言われています。

可愛いデザインの自分のサイズがないから少し大きめのブラジャーやサイズの合ってないブラジャーをつけることによって、ワイヤーが変なところに当たってしまったり、逆に締め付けられたりして痛みが生じてしまうそうです。貧乳の人はデザインの選択肢が少なくなったりしてしまうことが多いかもしれません。

ですがやはり自分のサイズにあったブラジャーを選ぶことが大切なのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある16】  本命の彼女にやりやすい

引用: Pixabay

これは少し嬉しい貧乳あるあるかもしれませんね。貧乳の女性はおっぱいが大きい女性に比べて本命の彼女になりやすいと言われています。自らのおっぱいが小さい女性は、おっぱいを目的に言い寄ってくる体目的の男性を自然とふるいにかけることができると言われています。そのためワンナイトで終わってしまったり、セックスフレンドになることが少ないと言われています。

女性を見た目や体型で選ぶような男性ではない人と巡り会えることが多く、本命の彼女になりやすいと言われています。貧乳でよかったと思う人もいるのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある17】  母乳は意外と出る

引用: Pixabay

貧乳あるあるで妊娠してもあまり大きくならないというものを紹介しましたが母乳は意外と出るという貧乳あるあるを持っている人が多くいるそうです。

おっぱいが大きい方が母乳が多く出るイメージがあり、貧乳だとあまり母乳が出ないのではないかと心配する人も多いそうです。

ですがみなさん思っていたより母乳が多く出るそうで無駄な心配に終わることが多いそうです。貧乳でも母乳は意外と出るというのは少し嬉しい貧乳あるあるかもしれませんね。

 

【貧乳あるある18】  まな板という言葉に敏感

引用: Pixabay

こちらも共感できる女性が多い貧乳あるあるではないでしょうか。

おっぱいが小さい貧乳の女性は膨らみが小さいことや胸が平らなことからよく「まな板」といじられたり、悪口を言われることが多いと言われています。そのため貧乳の鉄板悪口「まな板」に対して敏感になってしまうそうです。

そのため自分に言われているわけでもないのに、日常生活でまな板というワードに反応してしまうそうです。

 

【貧乳あるある19】  首の詰まった服が似合う

引用: Pixabay

こちらはファッションについての貧乳あるあるです。

胸元が大きくあいた服は胸元を強調するのに効果的であるためにおっぱいが大きい人に似合うと言われています。胸元が大きく開いた服では貧乳の人は隙間ができるため、おっぱいが見えてしまうなどの悩みがあるそうです。

一方、貧乳の人は首の詰まった服が似合うと言われています。服の形が変わらないためメンズの服であっても綺麗に着こなすことができるのは貧乳の人の特権ではないでしょうか。

 

【貧乳あるある20】  貧乳の女優やアイドルの好感度が高い

引用: Pixabay

こちらも共感できる女性が多い貧乳あるあるではないでしょうか。

一般的に女優やアイドルは容姿の美しさなどで憧れられる対象としてみられているものです。その中でもあまりおっぱいが大きくない女優やアイドルは貧乳の女性から好感度が高いと言われています。

女優の中でも新垣結衣さんや北川景子さん、川口春奈さんが、アイドルではAKB48の指原莉乃さんやももいろクローバーZの百田夏菜子さんが貧乳女子からの好感度が高いのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある21】  母親は巨乳

引用: Pixabay

「お母さんはおっぱいがあるのに。お父さんに似てしまったのだろうか。」そう考えた貧乳の女性も多いのではないでしょうか。お母さんは巨乳であっても自分は貧乳であることはよくあるそうです。

おっぱいの大きさは遺伝しないと言われているので普通に起きることだということができます。胸の大きさは生活習慣が大きく影響すると言われています。

そのためおっぱいが親子で大きい人はおっぱいが成長する時期の生活習慣が似通ったため、おっぱいが大きくなったのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある22】  胸よりお腹が出てしまう

引用: Pixabay

こちらも共感できる人が多い貧乳あるあるではないでしょうか。おっぱいを大きくする方法を試した経験がある方は多いのではないでしょうか。

その中でも「一度太っておっぱいを残して痩せればおっぱいが大きくなる」と考える人は多いと言われています。おっぱいは主に脂肪でできているので太ることで脂肪は付きやすいと言われています。ですがつきやすい一方、落ちやすいとも言われています。

結果として太ったはいいものの、おっぱいだけ痩せてしまいお腹が出てしまって終わることもあるそうです。そのほかにも単純に太ってしまい、おっぱいよりお腹が出てしまうことがあるそうです。

 

【貧乳あるある23】  年齢を重ねても垂れない

引用: Pixabay

これは少し嬉しい貧乳あるあるではないでしょうか。おっぱいは年齢を重ねると皮膚が伸びてしまったり、ハリがなくなることで垂れてしまうと言われています。

おっぱい自体かなりの重量があるため仕方がないことであると言われています。

ですが貧乳の女性はおっぱいの重さ自体が少なく重力の影響を受けにくいため、年齢を重ねても形が変わりにくく垂れにくいと言われています。

 

【貧乳あるある24】  「巨乳より〜」と謎のマウントを取ってしまう

引用: Pixabay

こちらの貧乳あるあるは巨乳に憧れを抱いているが故に生まれてしまうものだと言えます。

巨乳と比べて貧乳の女性は劣等感を抱きやすいためか、「巨乳より〜」と謎のマウントを取ってしまう傾向があるそうです。

 

【貧乳あるある25】  BやCカップで自称貧乳界の巨乳と言う

引用: Pixabay

こちらは貧乳の中でもある程度おっぱいがあるBカップやCカップの女性に多い、貧乳あるあるだと言えます。そもそも貧乳界自体よくわかりませんね。

その貧乳界の巨乳なんで尚更よくわかりません。おっぱいがある人からすれば冷たい目で見られることが多いのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある26】  胸が小さすぎても可愛いブラジャーがない

引用: Pixabay

貧乳の女性はブラジャーに関する悩みや貧乳あるあるが多いと言われています。

自分のサイズに合う可愛いブラジャーがないということはかなりあるあるなのではないでしょうか。普通の人よりも胸が小さい貧乳の女性はそれだけ選択肢が少なくなってしまうと言われています。

そのため自分の気に入った可愛いデザインのブラジャーのサイズがなくて買えないなどの悩みが生まれてしまうそうです。

 

【貧乳あるある27 】 体目的の男性は寄ってこない

引用: Pixabay

こちらは少し嬉しい貧乳あるあるかもしれません。

貧乳であるが故に体目的の男性がよってこないというものがあります。体目的の男性の多くはグラマラスな体型の女性を好む傾向があるとも言われているため貧乳の女性をあまり狙わない傾向があると言えます。

そのため体目的の男性に引っかかってしまうことが少なく、本命の彼女になりやすいといういい点もあると言えるのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある28】  服が綺麗に着れる

引用: Pixabay

こちらも嬉しい貧乳あるあるではないでしょうか。

おっぱいの膨らみが少ないために服が綺麗に着れるというものがあります。特にTシャツやニットなどの服装は綺麗に着れると言えるのではないでしょうか。Tシャツは胸にプリントがあるものなどはプリントが歪まないので綺麗に着ることができます。ニットでは胸の部分が上に引っ張られにくいため、裾の高さが前後で綺麗に揃うなどのメリットがあります。

ほかにもメンズの服も綺麗に着れるなど貧乳ならではなのいい点も多いのではないでしょうか。

 

【貧乳あるある29】  お風呂で鏡を見たくない

引用: Pixabay

貧乳あるあるとして「お風呂で鏡を見たくない」というのはよく聞かれるものだと思います。裸になるお風呂では見ざるをえない状況になることが嫌な貧乳女性は多いそうです。

中には「即行で鏡が曇ってほしい」などという女性もいるそうです。

ほかにもバスタオルを巻いでもすぐに落ちてしまうなどの貧乳あるあるも多く、お風呂関連の貧乳の悩みが多いそうです。

 

【貧乳あるある30】  お尻は結構グラマラス

引用: Pixabay

貧乳であるからといって魅力がないわけではありません。貧乳の女性の中にもお尻はグラマラスな女性は多いそうです。

おっぱいが小さいからといって落ち込むのではなく、他の魅力で勝負するのもありなのではないでしょうか。お尻は筋トレで鍛えることができますしそういった努力で魅力を手にするのもありなのではないでしょうか。

 

貧乳でも大丈夫!

引用: Pixabay

いかがだったでしょうか。おっぱいが小さい貧乳の女性の悩みや特徴、貧乳あるあるを紹介してきました。当てはまったり、共感する貧乳あるあるがあったりした方も多いのではないでしょうか。

一見すると貧乳はマイナスなイメージが浮かびやすいですが、実はいいところがあるということに気づけた人もいるのではないでしょうか。たとえ貧乳であっても服が綺麗に着れることや本命の彼女になりやすいなどの良い点も多くあると言われています。

男性の中にも貧乳の方が好きな男性もいると言われています。最近では育乳がブームになり、おっぱいを大きくする運動や食事なども紹介されるようになってきました。貧乳で悩んでいる人は試してみるのも良いのではないでしょうか。自分の体にコンプレックスが全くない人などいません。

自分が納得できる形で自分の魅力を高めていくことが大切なのではないでしょうか。

人気の記事