竿モテ男子の意味や由来とは?恋愛傾向や特徴を総まとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

竿モテ男子の意味とは?

引用: Pixabay

竿モテ男子とは、一般的な男性よりもペニスが大きいという特徴をもち、それ以外の魅力が無くてもセックスだけで女性を虜にしてしまう男性のことを意味しています。

やはり女性はアソコの大きい男性に魅了される傾向にあり、単純にそれが竿モテ男子の意味や由来になるのでしょうか。
ヤリモクの男性は世の中にたくさん存在すると思いますが、ヤリモクの女性がヤリモクの男性と同じぐらい存在するとは考えにくく、ペニスに特徴があり魅力的なだけで竿モテ男子という言葉を意味し、由来につながるとは考えにくいと思います。

しかし、アソコの大きい男性がモテるというのは、ほぼ間違いなく事実であるとも思います。
現にアソコが大きいだけで女性にモテる男性の話を聞いたことが多くありますし、そういった事実も目にしてきました。
また、竿モテ男子に当てはまる特徴としては、単純にペニスが長いというだけではなく、固さ、太さも、竿モテ男子を意味する上で重要なポイントになっています。

ペニスが長くて、固く、太い男性は竿モテ男子の可能性が高く、その言葉の意味するように知らぬうちに女性を虜にしているかもしれません。本当の竿モテ男子の意味や由来、その恋愛傾向についても探っていきましょう。

 

竿モテ男子の由来とは?

引用: Pixabay

竿モテ男子の由来として、公共の場で話しづらいようなエッチな言葉は、古くから隠語でその意味を隠した表現されてきた事が由来となっています。

「笛」や「尺八」は口に咥えるもので、フェラというその意味を表現したことが由来となっており、女性器においては「弁天様」や「福の神」と連想されるものの意味を表現したことが由来となっています。
こういった隠語による本来の言葉の意味を表現する方法は、言葉遊びが由来しており、公共の場でエッチな話をする際には、ストレートな言葉でその意味を表現するよりも、隠語を使った方が話しやすいことが由来しています。

竿モテ男子の「竿」の意味についても隠語でその意味を隠した表現をされており、男性のアソコ(ペニス)を「竿」と表現したことが由来となっております。
また古来より、大きさと特徴のあるペニスを好む女性が多く、ペニスが立派な男性はモテることから、その意味を隠語にして「竿モテ男子」と表現されたことが由来となっています。

しかしながら、現代では単純にペニスが大きいだけで女性にモテるということは考えにくく、実際の言葉の意味や由来の事実は少し異なるように思います。

竿モテ男子の由来を単純に紐解いていった場合、本来の言葉の由来とはだいぶ異なる可能性があり、以下で探っていった内容をもとに、本当の由来を見つけていきたいと思います。

 

穴モテ女子の対義語

引用: Pixabay

竿モテ男子と同じような意味をもつ言葉に、穴モテ女子という言葉があります。

穴モテ女子の由来は、女性の膣へのペニスの挿入を目的とした男子、つまりヤリモク男子を中心にモテる女子を意味し、竿モテ男子と同じように「女性器」を隠語で「穴」と表現し、穴を求める男子にモテるということから、その意味を隠語で「穴モテ女子」と表現したことが由来となっています。

竿モテ男子と穴モテ女子、それぞれ意味も由来も似ていますが、それぞれの言葉は同じ意味や由来と単純に解釈できるものではないと思います。
それは以下の穴モテ女子の由来と竿モテ男子の由来にまつわる行動を考えた場合、それぞれの言葉が意味する内容や由来となった事柄に少しずつ違いが見えるからです。

男性の場合、ヤリモクという言葉が頻繁に使用されるほど、セックスを目的として女性を口説く場合が多くあるため、そういった男性の行動から穴モテ女子という言葉が使われる意味や由来は納得できます。
しかし、女性が男性を選ぶ場合、単純にセックスを目的としてではないことが多く、男性の容姿や年収、学歴から、将来性のある出会いを求める傾向が強いため、竿モテ男子が穴モテ女子と同じ意味や由来であると考えた場合、その内容に少しずつずれが生じてきます。

このように女性においては男性と違い、単純にセックスだけを目的として、竿モテ男子を求めている女性は少ないのではないか?と考えられます。
ではなぜ、竿モテ男子という単純にセックスだけを目的として穴モテ女子に似ている内容を意味したような言葉があり、その由来までもが似ているのでしょうか?

穴モテ女子との意味と由来について、さらに探っていきたいと思います。

 

竿モテ男子の特徴5選

引用: Pixabay

ここからは竿モテ男子の特徴を紹介していきます。

 

ペニスが長い


 

引用: Pixabay

竿モテ男子は言葉の由来のとおり、アソコが大きいことを含んだ意味であると仮定した場合、アソコが大きいという言葉から単純に連想しいやすいのはペニスが長いということです。

竿モテ男子は言葉の由来のとおり、一般男性よりもペニスが長いから女性にモテるという意味なのでしょうか?

日本人の勃起したペニスの平均サイズは、12センチ〜14センチと言われており、一般的にセックスに必要なペニスの長さは10センチ程度と言われていますが、必ず10センチ以上必要という意味ではなく、実際にセックスをする際にはより小さめのサイズでもなんら問題はありません。

また、男性器の特徴と同様に、女性器にも特徴や個人差があります。

一般的な女性の膣の長さは6センチ〜8センチと言われており、そもそもペニスがいかに長くても女性器には全部入らず、無理やり奥深くまで挿入された場合は苦痛を感じます。

苦痛を感じるセックスの相手とまたセックスしたいとはなりません。

つまり、由来のとおり単純にペニスが長いから竿モテ男子を意味するとは繋がりにくく、一般的な女性の膣の長さから考えた場合、長さに特徴のあるペニスは逆に求められることが少なく、竿モテ男子という言葉の意味や由来には繋がりにくいのではないかと思います。

 

ペニスが固い


引用: Pixabay

実際のところ、ペニスに対する女性の関心はとても高く、女子会や飲み会で男性器の話題があがる確率は何と80%以上と言われています。

そういった話題が上がった際、女性が男性のペニスに重要視しているのはペニスの固さです。多くの女性が、ペニスの長さや太さではなく、固さが重要だと感じているそうです。

その理由として、日本人女性の一般的な膣の特徴が、正常位向けに固いペニスを受け入れる角度の作りになっているということです。

つまり、一般的な日本人女性が快楽を得るのに適しているペニスは、固いペニスだということを意味します。

しかし、欧州人女性の一般的な膣の特徴は、バック向きの角度になっており、固いペニスをバックで挿入した場合、固いペニスををもった男性は痛みを感じてしまうため、一般的な欧州人女性に膣には柔らかいペニスが適しているそうです。

こうした日本人女性の膣の特徴から竿モテ男子という言葉の意味や由来を考えてみても、ペニスが固いという点は、竿モテ男子という言葉の意味や由来にとって、重要項目なのだと思います。

 

ペニスが太い

Array

引用: Pixabay

竿モテ男子の言葉の意味や由来はペニスが長いことから繋がるのか?という考察でもそうですが、ペニスが太いということも、竿モテ男子という言葉の意味や由来にも繋がらないかもしれません。

実際、日本人のペニスの平均の太さは直径3センチ〜4センチと言われており、それを超えるようなあまりにも太いペニスであった場合には、女性器が裂けたり、女性器に傷がついてしまうことがあります。

しかし、平均サイズを下回るペニスの太さではセックスによる快楽を得づらいとは言われており、直径2センチを下回るペニスの場合は、挿入されている側が気づかないほどとも言われています。

平均サイズを上回る太さのペニスの場合であれば、ローションなどを用意し、女性器を傷つけないようにセックスする必要があり、ペニスを膣に挿入する前にローションが登場してしまうのは雰囲気が壊れてしまいます。

つまり、平均の太さをもっているペニスであれば、多数の女性を満足させることができるため、ペニスが一般的な男性のペニスの太さよりも太いという特徴だけでは、竿モテ男子という言葉の意味や由来には直接繋がらないと言えます。

 

学歴・顔・年収などがない

引用: Pixabay

女性は一般的に、男性との出会いに学歴・顔・年収を重要視すると言われていますが、竿モテ男子と言われる男性は、それには関係なく、言葉の由来のとおり本当にペニスだけで女性を魅了するのでしょうか?

竿モテ男子が由来のとおり、竿だけで相手を魅了するのであれば、必ずその相手と一度セックスをしなければならず、最初のセックスの機会を作ることが必要です。

逆に言い換えると、由来のとおりペニスで女性を魅了するのであれば、一度でもセックスをすることができなければ、竿モテ男子になるのは不可能ということを意味します。

よって、言葉の由来のとおりであるなら、竿モテ男子は最初のセックスの機会を作ることが上手であると考えられ、その機会を作るためにたくさんの出会いを求めていなければならないという意味に繋がります。

また、竿モテ男子は女性に好かれるために、基本的な身だしなみや清潔感はもちろんのこと、学歴・顔・年収には左右されないようなトーク術を磨き、女性が好むような男性像を保っていなければなりません。

竿モテ男子の特徴として、一度さえセックスをすることが出来れば、学歴・顔・年収などには左右されず、セックスで相手を魅了することができるため、セックスだけで女性から関係を求められる存在になれるということを意味します。

 

女性との出会いに積極的

Array

引用: Pixabay

竿モテ男子の一番の特徴として、女性との出会いを常に求めていることから、合コンやパーティーなどのイベントには積極的に参加する傾向にあります。

その理由として、竿モテ男子が由来のとおり竿だけで、学歴・顔・年収には関係なく女性を魅了するためには最初のセックスをする機会が必要であり、たくさんの女性との出会いがなければ、そういった女性に巡り合うことが難しいため、常に新しい女性との出会いを求めているからです。

しかし、女性が出会いと求める際の特徴や傾向としては、学歴・顔・年収が中心となっていることが多いため、なかなか最初のセックスの機会を作ることが難しく、同じような目的をもったヤリモク女子との巡り会いがある可能性も低いため、常にたくさんの出会いを作る必要があります。

また穴モテ女子はヤリモクの男子を受け入れやすく、セックスに抵抗がない女性が多いため、竿モテ男子にとっては都合の良い関係を築きやすい存在になりますが、穴モテ女子と竿モテ男子の言葉が意味する内容や恋愛傾向は全く違ったものであると感じます。

 

竿モテ男子の恋愛傾向

ここからは竿モテ男子の恋愛傾向について見ていきます。

どのような恋愛傾向をもっているのでしょうか?通常の恋愛傾向を持っていないことだけは確かな気がします。

 

恋愛傾向①セックス第一主義

引用: Pixabay

竿モテ男子の恋愛傾向としての一つ目は、セックス第一主義であることは間違いありません。

セックス第一主義とは、セックスをすることで頭がいっぱいのことを言いますが、竿モテ男子は常に女子とセックスすることを考えており、常にセックスのパートナー探しに没頭します。

単純にイベントごとに参加してパートナーを探すことだけではなく、女性に求められる人物像を追求し、清潔感を保ち、女性から支持されやすい職業、趣味、ファッションに気を遣い、女性から好まれることを常に意識し、そのための努力を惜しむことはありません。

一方、穴モテ女子の恋愛傾向は必死に男性の好まれる努力をして出会った男性とセックスをしたいという考えではなく、単純に男性からちやほやされることを好む特徴があり、セックス第一主義の竿モテ男子にとっては好都合のセックス相手になります。

 

恋愛傾向②男尊女卑

引用: Pixabay

二つ目の竿モテ男子の恋愛傾向として考えらえるのは男尊女卑です。その意味と由来は単純に、竿モテ男子は女性を自分のセックスの相手としか見ていない傾向が強いからです。

竿モテ男子は、女性をセックスの道具と考え、女性にセックス以外の意味や目的を見出すことがなく、デートや食事中も女性とのセックスのことで頭がいっぱいです。

もしかしたら、デートや食事中でも、目の前の女性ではない、別の女性とのセックスについて考えている可能性もあります。

竿モテ男子の恋愛傾向は、女性への愛情もセックスでその意味を表現することしかできないため、結果的に自分と相手が共通して満足できることはセックスしかないと考え、その欲求を満たすために常に複数のセフレを保有していることが多くあります。
こうした恋愛傾向から、浮気性であることが多く、結婚して家庭をもつことに抵抗があることが多く見受けられます。

穴モテ女子が単なるセフレとして複数の男性と関係をもつことは、こうした竿モテ男子の特徴によるものなのかもしれません。

 

恋愛傾向③ペニスへの唯一無二の誇り

引用: Pixabay

竿モテ男子の恋愛傾向として三つ目にあがるのは、これまでの経験から自分のペニスに自信があり、ペニスに誇りを持っているため、女性とのセックスに何かしらの不具合があった場合、その女性との関係はいともたやすく終えてしまう可能性が高いということが考えられます。

例えば、竿モテ男子がお酒を飲みすぎた後の性行為であったため、思うように勃起せず、挿入することができなかった場合、その時の相手が数多く保有するセフレの一人であった場合、二度とその相手とは会うことは無いでしょう。

竿モテ男子の恋愛傾向はセックスをすることで、自分と相手が満足したという結果を導き出します。

よって、セックスをすることができなかった相手とは、その理由に関係なく、その相手では満足を得ることができないということから、竿モテ男子は自分のペニスが反応しない相手との関係を続けることがありません。

心が通いあうような恋愛傾向を求める女性にとっては、竿モテ男子との関係は辛いものになります。

竿モテ男子の恋愛傾向はこういった考えをもとに女性との関係を作っていく特徴があるため、その恋愛は長続きせず、一つの恋愛期間中のセックス回数は多かったが、と短い期間で違う女性に乗り換えることが多くあります。

穴モテ女子の中には、名器と言われる膣を誇りにし、それに群がってくる男性を翻弄しているという人も中にはいるかもしれませんが、どちらかというと竿モテ男子のようなセックスだけを求めるような考え方をしている人は少ないと思います。

 

竿モテ男子の意味や特徴まとめ

引用: Pixabay

竿モテ男子とは、一般的にペニスが大きいから女性にモテる男性を意味し、そういった由来から表現されていると思われがちですが、実際はそういった意味や由来ではないのかもしれません。

竿モテ男子は常に女性とのセックスを求めていて、常に自分を磨き、セックスをするための女性との出会いを求めているからこそ、たくさんの女性との関係があり、他人から見てモテているように感じられたり、見られたりしているように感じます。

またそういった傾向をもとに、竿モテ男子という言葉の意味や由来が作られていると思います。

竿モテ男子の特徴や恋愛傾向は、ヤリチンやヤリモク男子を意味する言葉の由来、その特徴や恋愛傾向にも似ていますが、単純にヤリチンやヤリモク男子を意味するようなセックスではなく、セックスをするために自分を磨き、自分のセックスにこだわりや誇りを持ち、セックスをするための女性との出会いを求めている、セックスに至る過程を大事にしていることが本当の意味と由来に繋がる違いだと思います。

引用: Pixabay

ただ恋愛傾向としては、常にセックスをする女性との出会いを求めているからこそ、決まった相手とだけの身体の関係を保つこことはほぼ無く、竿モテ男子に惚れてしまった女性は不幸なのかもしれません。

また穴モテ女子もそういった意味と言葉の由来では竿モテ男子と同じで、ちやほやされることで幸せを感じるため、彼氏がいたとしてもヤリチンやヤリモク男子にセックスを求められたら応じてしまい、同時に多数の異性との関係を持ってしまいがちです。

しかし穴モテ女子が竿モテ男子を表現する言葉の意味や由来と大きく違う点は、異性とセックスをするためだけに努力をするか?しないか?ではないかと思います。

竿モテ男子はセックスをするために、自分磨きや出会いに努力を続けるのに対し、穴モテ女子はたまたまそういった場面に遭遇した場合にセックスの要求に応じるということから、双方の意味や由来は全く異なってくるものに感じます。

竿モテ男子も穴モテ女子も、ここで取り上げたような言葉の意味や由来による恋愛傾向ではなく、いつかは心から夢中になる相手と出会い、その相手にセックスだけではない繋がりを見つけ、人生のパートナーとしてともに未来を描く出会いがあるのでしょう!

人気の記事