親子丼の意味や語源とは?めったに起こらないシチュエーション!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

親子丼とは?

引用: Pixabay

女性の場合、「親子丼」と聞いて、H用語ではなく、料理名だと大抵の人は思うかもしれません。男性の場合は、日頃からAVを見たり、男性同士でエッチな話をした時に、1度は話題になる言葉ではないでしょうか。

今回、H用語である「親子丼」をご紹介しますが、この記事を見ているあなたが、「親子丼」をするというシチュエーションにならないためにも、H用語である「親子丼」についてよく理解してください。そして、男性から「親子丼」をしないかと誘われたときには、あなた以外の家族のことも考えて答えを出すようにしましょう

では、「親子丼」の意味・語源や、「親子丼」を受け入れてしまう女性心理などをご紹介したいと思います。

 

親子丼の意味とは?

引用: Pixabay

「親子丼」という言葉から、なにか親子が関係するのかなと思った人もいるかと思います。H用語である「親子丼」の意味は、「親子」、つまりは母娘で一緒に一人の男性と3Pをするといういうことです。

女性の大半は、「え?そんなこと、ありえない」と思いますよね。普通は、そのように思うと思います。そういう気持ちになるのは当然だと思います。でも、H用語として存在するのです。

AVの中にも、親子丼をテーマにしたAVも多く見かけます。男性の中には、「親子丼」をいつかは体験したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

親子丼の語源とは?

引用: Pixabay

「親子丼」という言葉が使われる以前に、「芋田楽」と呼ばれていることもありました。

この「芋田楽」というH用語の語源は、親芋を母親、小芋を娘(子)、その2つを刺している串を、男性の陰茎を見立てて、母親と娘(子)と性的関係をもつことを呼んだそうです。

この「親子丼」という言葉は、親である母親と、子である娘を一緒に頂くという意味で、「親子丼」と呼ばれるようになったそうです。

続いて、親子丼をOKしてしまう女性心理について解説していきます。

 

親子丼をOKする女性心理とは?

引用: Pixabay

女性の場合、母親であっても娘であっても、肉親と同じ場で3Pをしたいなんて思わないですよね。でも、この「親子丼」を受け入れてしまう女性心理とは、どういう心理なのでしょうか。

普通に考えた場合、エッチという行為を、一緒にHをしている男性以外の人に見られたくないですよね。特殊な性癖を持っている女性であれば、エッチをしている行為を公開したい、見られたいと思うかもしれないですが、なるべくであれば、2人だけのものにしたいです。

でも、母親と娘で、それも3Pでエッチをしても良いと受け入れてしまうのは、やはり「お金」が関係しているのではないでしょうか。お金に目がない女性が、「お金」欲しさに、「親子丼」を受け入れてしまうのでしょう。

この「親子丼」を受け入れてしまう女性は、AVの世界だけではなく、この現実にも行ってしまっている女性がいるのです。

 

なんで親子丼するの?


引用: Pixabay

「親子丼」を受け入れてしまう女性心理として、「お金」が関係しているとお話ししましたが、なんで「親子丼」をしなくてはならない状況になるのでしょうか。

この「親子丼」をしてしまう女性の多くは、お金に困っていて、「親子丼」を受け入れてしまうといいます。「親子丼」の場合、女性が1人ではなく、2人。それも母親と娘であれば、特殊な性癖を持つ男性は食べ比べができると喜んでお金を出すでしょう。

お金が必要であれば、働けば良いのにと思うかもしれませんが、一度で多額を稼ぐことができる風俗、それも「親子丼」をすることによって、多額のお金を得ようと思う女性が現実にいるということなのです。

 

ウシジマくんで親子丼が登場?


引用: Pixabay

「闇金ウシジマくん」という漫画をご存知でしょうか。ドラマや映画にもなっています。ドラマや映画を見たことがなくても、漫画のタイトルくらいはご存知ではないでしょうか。

この「闇金ウシジマくん」ですが、闇金融会社の社長であるウシジマくんが、闇金融から借りているような社会の闇に生きる人たちに、厳しいことをいいながらも、情熱ある心で更生に導いていくといった漫画です。

結構、闇の世界の話なので、内容はドロドロしていますが闇の世界にいない私たちは、とても社会勉強になる漫画だと思います。

この「闇金ウシジマくん」の、「闇金ウシジマくんシリーズ3」というドラマには、原作の3つのエピソードが元となり、それぞれのエピソードが平行して描かれていますが、そのエピソードのうちの一つである「テレクラくん」というエピソードに、「親子丼」が登場するのです。

 

View this post on Instagram

 

櫻井優さん(@yingjingyou8250)がシェアした投稿

「テレクラくん」では、ギャンブル好きなのに、仕事もしない母親と、そんな母親にあきれてしまい、ネットカフェで寝泊まりをする娘が登場します。2人ともお金に困り、結局のところ、売春で暮らしている毎日。

そんな中、娘の売春客である男から、「親子丼」の提案があります。親子にとっては、高い金額を積まれ、嬉しくなって「親子丼」を受け入れてしまいます。一度、親子丼を経験してしまった、この親子は、節操もなく、この日以降、数多くの男性と親子丼を受け入れてしまうのです。

最初はお金欲しさに、ウシジマくんの闇金融会社からお金を借り、また親子でも3Pをして男性からお金を得ていましたが、最初に親子丼をした男性から、HIVに感染していると告白されてからというものの、娘は売春をするのが怖くなります。

そして、仕事を売春ではなく、スーパーでのバイトという普通の仕事に落ち着くのです。

娘が更生していく過程では、ウシジマくんからのアドバイスがあります。厳しくも優しいアドバイスです。そして、娘が更生していくのを陰でみていた母親も、更生しようと思うのです。

この漫画に出てくる親子も「お金」に困っている母親と、そんな母親に嫌気がさし、自暴自棄になってしまった娘の話でしたが、現実には、この漫画のこのストーリーに似た生活をしている親子がいるのをご存知でしょうか。

 

現実でも親子丼してる人がいた。

Array

このYouTubeは、実際に母親から誘われてAVに出演してしまった親子のリアルドキュメントです。

この親子ですが母親が37歳、娘が19歳の親子です。父親はいません。母親は、売春をするのは別に悪くはないと思っています。娘も母親がそういう考えであったので、その考えが洗脳されており、実際には売春は悪くない。仕事のひとつだと思っているのかもしれません。

ただ、娘は、この生活に、この状況から脱したいと思っているのです。

この親子は、モザイクがかかっていますが、男性目線から見ても、男性が好きなタイプだと思います。ただ、お付き合いをしたいというのではなく、遊び相手として、エッチのパートナーで良いレベルなのかもしれません。

母親から親子で3PのAVに出演しないかと誘われます。娘は、お金も結構もらえるだろうし、自暴自棄になっているため、母親にAV出演を承諾してしまうのです。

このドキュメントの中のインタビューで、母親は、娘のことは考えられない。自分で精一杯だと言っています。それも娘の目の前でです。この発言をあなたはどう思いますか?娘に対して失礼なのではないかと思います。

母親であるならば、子である娘について、娘の将来について、もっと考えてあげられないのか。「お金」のためなら、娘を売春させてもいいのか…。そんな母親に育てられた娘は、母親のことを実際に母親とは思っていません。

それはそうだと思います。お金のために、娘を売春させる母親です。娘は、きっと、娘を売春させるような母親ではなく、一般にいる普通の母親から愛情を受けて成長したかったのでしょう。

「普通」というのは、とても難しいです。この現代において、格差社会から生まれた社会の縮図を見ているようです。このドキュメントを見て、あなたが思ったことを大切にしてください。

もし、あなたが親子で「親子丼」を受け入れても良いと思っているのであれば、それはそれでよいです。ただ、「親子丼」を受け入れるということは、自分以外の家族も同じように売春をするということを頭の片隅にでも思っていて欲しいです。

 

親子丼をしたい特殊性癖の男がいる?

引用: Pixabay

今まで、「親子丼」を受け入れる母親と娘について紹介してきましたが、今度は、「親子丼」したいと思う特殊性癖の男性について紹介しましょう。

ある北関東にあるとある地域で、この昔、「親子丼」という奇行が常習化していたといいます。その頃、今のようにインターネットなどの情報手段も乏しく、地域の有力者の意見が正しいとして、その地域の決まり事となっていました。

その中で、「親子丼」をしたいと思い、自分の本妻ではなく愛人と、その娘に「親子丼」をしていたのです。娘は、小さな時から「親子丼」が常習化していたため、悪いものだとは思わなかったと思います。

もしかしたら、現代においても、そのような風習が残っているとしたら、恐ろしいと思います。そのような風習が残っていないことを祈るばかりです。

 

親子丼したいのはどんな人?

引用: Pixabay

「親子丼」をしたい男性の心理として、母と娘、姉妹など、近親関係にある女性の味比べがしたいという心理があるのではないでしょうか。かなり特殊な性癖だと思います。この現代において、女性としては、この特殊な性癖を持つ男性がいないことを望むばかりですが、男性は、女性の弱みを狙って、「親子丼」という特殊な性癖をお金で誘惑することがあるかもしれません。

特異な性癖を持つ女性もいますが、男性の中には、ハプニングバーが好きであったり、3Pやもっと大勢との性交乱交パーティが好きという男性もいます。そのような、複数の女性とエッチをしたいという性癖を持つ人は、母親と娘と一緒に3Pできるという、めったに起こらないシチュエーションに興奮してしまうのではないでしょうか。

 

相場はいくら?

Array

引用: Pixabay

この「親子丼」の相場ですが、母親と娘の年齢にもよりますし、また容姿にもよると思います。そして、娘が処女だった場合は、値が上がるでしょう。

先程紹介したAV出演の親子の場合は、出演料が12万円だったと話しています。相場としては、12万円は高いほうだとおもいます。AVのため、公開されてしまう、公開処刑料も含んで払われているのではないでしょうか。

通常の場合、5万円~10万円といえるでしょう。その男性の性癖によっても相場が違います。犯罪になるかとは思いますが、未成年、特に小学生や中学生などの場合は、処女だということもあり、幼い子供が好きな男性の場合は、もっとお金を積むのではないでしょうか。

 

親子丼は胸糞だった。

引用: Pixabay

H用語の「親子丼」について、ご理解いただけましたでしょうか。男性の特異な性癖だとしても、女性として行ってはいけない行為のひとつではないかと思います。女性であれば、そう思って欲しいのが本音です。

お金に困っていたとしても、女性は自分の身体を売りに出してはいけません。いくら高額な金額を一度に受け取れるからといって、受け入れてしまってはいけないのです。

あなたのまわりに、もし「親子丼」をしている母親、もしくは娘がいるのであれば、すぐにやめるように、アドバイスをしてあげてください。「闇金ウシジマくん」で、ウシジマくんがアドバイスしたように、あなた自身で、もしあなた一人ではできなければ、他の人にも手伝ってもらって、その親子を正しい方向に導いてあげてください。

また、あなた自身が、男性から「親子丼」を誘われたら、あなたが母親であっても、娘であっても、今までの親子関係が薄れてしまう、もしくは崩壊してしまう可能性があることをよく理解したうえで、答えを出してください。そして、「親子丼」で一緒の3Pを経験してしまうであろう、その家族の心を理解してあげてください。

「親子丼」をせがんでくる男性は、お金で女性を買って、自分の欲望を満たすだけです。そんな男性の欲望のために、親子関係が薄れてしまったり、崩壊してしまったら、元も子もありません。そうならないためにも、私たち女性が「親子丼」に対して、しっかりとした知識をもって、男性の言いなりにならないようにしなくてはならないのです。

言葉巧みに「親子丼」のやりたさに、要求してくるかもしれませんが、その要求に決してのることのないよう願いたいものです。

「親子丼」という行為は、胸糞です。女性の敵です。この「親子丼」を日本からなくなる日を願いつつ、また「親子丼」を経験してしまった親子には、もう二度と「親子丼」をやらないような環境になってもらいたいです。

人気の記事