豊留洋介の現在!くら寿司動画炎上で損害賠償&顔画像・学校が流出!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

くら寿司動画炎上事件とは?

これは、今年20192月の初めに起きてしまった「くら寿司」動画炎上事件です。

この動画の状況を詳しく説明すると、くら寿司の調理担当のバイト店員が魚を捌いているのですが、その半身をごみ箱に投げ入れ、それをまた拾ってまな板に乗せるという、行為を動画に撮り配信したものです。

もちろん、間違えて落としてしまったとか、手が滑ったとかによるものではないことは明らかです。

わざと、ふざけてやった行為なのです。

しかも、このふざけた行為を別なバイト店員が携帯で撮影し、インスタで投稿、配信してしまったというのです。そして、タイトル通りの炎上騒ぎとなったのです。

なぜ、このようなバイト店員による、おふざけ行為、動画配信が立て続けに起きてしまうのでしょう。バイト店員達は高笑いをしているようですが、今も笑っているのでしょうか。

この記事では、このくら寿司動画炎上事件の背景や事件を起こしてしまったバイト店員達の過去や現在を追求してみました。

 

バイト炎上事件は他にも…


佐野泰雅の現在!セブンイレブンおでんツンツン動画炎上で人生終了?

 

 くら寿司動画炎上事件の概要

引用: Pixabay

このくら寿司動画炎上事件は201926日に起こったようです。

みなさんも、ネットではなくテレビでもニュースとして放送されたのでご覧になったという人が多いのではないでしょうか。その動画の内容は酷いものでした。

くら寿司の調理担当なのかバイト店員が魚を捌いています。結構、大きな魚でしたが2枚に卸してありました。手つきのいい感じで真ん中を捌くと、片側の1枚をごみ箱に笑いながら投げ入れたのです。

そして、その投げ入れた1枚を拾い、またまな板に戻し、さもまた調理するような仕草が見えました。何がそんなに楽しいのか?と思うほどバカ笑いしています。

しかも、このおふざけ行為を動画に撮っていたのです。ということは、そこにいたバイト店員は1人ではなかったということで、撮影していたおバカ店員もいたのでしょう。

しかも、しかも、この一連の動画をインスタで配信しツイッターで拡散されてしまったというのですから、開いた口が塞がらないというのはこういうことを言うのではないでしょうか。

それでなくとも、このような動画配信炎上事件が後を絶たないと言われています。いったい、このような動画配信炎上事件はなぜ連鎖されるのでしょうか。

そのバイト店員達の素顔とは、どんな顔なのでしょう。

 

 

犯人は豊留洋介!

引用: Pixabay

201926日 くら寿司における動画炎上配信事件が起こりました。

事件の犯人は、くら寿司のバイト店員豊留洋介さんだということです。動画に本人が映っているのですから、犯人を捜すことは容易だったに違いありません。

この動画の中ではバイト店員である豊留洋介さんは、楽しそうに魚を捌いています。

何か、料理番組や料理教室を真似しているような会話をしているように「はい、これを捌きます、はい、これは捨てます」みたいに見えましたが、実際は分かりません。

どちらにせよ、ふざけていたことは間違いないようです。撮影者のバイト店員と料理教室ごっこでもしていたのではないでしょうか。でも、ちょっと調子に乗りすぎてしまったようです。

豊留洋介さんとは、そんなおバカな人なのでしょうか。

 

犯人の豊留洋介が炎上で顔画像・学校情報が流出!


くら寿司での動画炎上配信事件の犯人は、くら寿司のバイト店員、豊留洋介さんだと分かりました。

彼、豊留洋介さんはなぜ、このようなおバカなことをやってしまったのでしょう。日頃からおふざけが過ぎる人なのでしょうか。

この画像はくら寿司の調理ということなので、衛生管理のためか髪の毛が落ちないように帽子を深く被り唾が入らないように大きなマスクもしています。

それなのに!そこまで衛生管理を徹底しているのに、なぜ、なぜごみ箱に捨てた魚を拾ってまな板に乗せてしまったのでしょうか。

仮に、落としてしまった魚でも拾うまでは良いとしてもまな板に乗せてはいけません。男だから知らなかったとでも言うのでしょうか。

動画では帽子やマスクで顔が見えないのですが、よく見ると名札が映っているのです。名札には「豊留」とあります。そこから、分かってしまうのですね、怖いですねネットの力って。

しかも、帽子が青い帽子だということで、くら寿司ではセレクションリーダーというポジションだそうです。セレクションリーダーというのは、調理などのバックヤード、フロワーにいずれの時間帯でも各1人で入り、その時間はそのポジションの責任者だそうです。

このセレクションリーダーという資格は実技と筆記テストを受けて合格者だけが取れるのだそうですから、驚きです。このくら寿司動画炎上事件の犯人と言われる豊留洋介さんも、そのようなテストを受けて合格したからセレクションリーダーになれたはずです。

自分より下のバイト店員などを指導する立場でもあるわけですよね。魔がさしたのでしょうか。

そして、この動画配信炎上事件の犯人、豊留洋介さんは上田安子服飾専門学校に通っている専門学生さんだという情報もあります。

また、動画を撮影した方のバイト店員は、大阪府立西寝屋川高校の生徒のようです。まだ、2人とも若いのですね。若いが故に起こしてしまったのでしようか。若いが故にインスタなどに投稿してしまいたくなるのでしょうか。

若さというのは時に身を滅ぼしてしまいかねません。

 

犯人の豊留洋介には損害賠償が!

引用: Pixabay

今回のようなバイト店員によるおふざけ行為の動画配信炎上事件は今に始まったことではありません。

今から6年程ま前にも、今回のようないわゆる「バイトテロ」や「バカッター」と言われる飲食店でのバイト店員による不衛生でふざけた行為のSNS動画投稿騒ぎがありました。

ですが、今回の豊留洋介による動画炎上配信事件は思わぬ方向に傾いてしまったのです。事件を受けて、くら寿司では謝罪文を表明しています。

その中の一文を紹介すると「当社では、この度の事態を重く受け止め、当事者への対応含め、法的に厳粛な対応を進めて参ります。(中略)再発防止に全力で取り組んで参ります」ということです。

ということは、何らかの法的措置をする!ということになります。

このバイト店員豊留洋介さんが起こした動画炎上配信事件の翌日のくら寿司を経営する(株)くらコーポレーションの株価が急落してしまったのです。いくら損失したかというと、27憶円相当だと言います。

そして、会社側は本人とその話をし、法的措置を取るということもコメントしたようです。その時の豊留洋介さんの気持ちはどんなものだったでしょう。きっと、茫然としたに決まっています。「エー!」と心の中では驚いたでしょう。

ですが、自分の身から出た錆です、声にだしては言えなかったのではないでしょうか。

それにしても、損害賠償はいくらになるのでしょうか、気になるところです。

 

豊留洋介の母親の対応も話題に?

引用: Pixabay

上記にあるように、このくら寿司動画配信炎上事件で犯人の豊留洋介さんと動画を撮影した谷口優太さんには何等かの法的措置が下されるようです。

本当にそうなれば大変なことです。

いくら、ふざけた行為をして不衛生な動画を配信してしまい炎上、大騒動となったからとはいえ、殺人事件でも詐欺事件でも、猥褻事件でもないのです。

この動画を見て、誰かが死んでしまったわけではありません。しかし、くら寿司に与えてしまった影響は多大なものでした。それでなくとも、くら寿司の株価は下がっていたようです。

事件後の株価はさらに下がってしまい、ブランドのイメージを損ねたという意味を含めれば億という単位の損失のようです。それを全額、賠償しなくてはならないのでしょうか。信じられませんよね。

そこらへんの詳しい情報はないので分かりませんが、いくら何でも上場企業がそんなことをしたら、さらにイメージが悪くなるのではないでしょうか。

それにしたって、多少の賠償責任はあるはずです。そうなると、当然、学生である豊留洋介さんにも谷口優太さんにも支払い能力があるとは思えません。だいいち、凄く裕福な家庭の子供なら、普通はバイトしなくても大丈夫なはずです。

その重くて暗い責任は父親や母親の手にかかってくるのでしょう。色々な憶測が飛び交うようですが、豊留洋介さん、谷口優太さんの母親が話題になっているというのはデマだと思います。

もし、話題になっているのだとしたら、「かわいそう」という声ではないでしょうか。

 

豊留洋介のその後は?

引用: Pixabay

今回のくら寿司動画配信炎上事件の犯人は豊留洋介さんです。

そして、動画を撮っていたのは谷口優太さん、2人ともくら寿司のバイト店員です。

豊留洋介さんの顔画像ははっきりと映っている画像がないため分かりませんが、谷口優太さんはやはり、インスタが公開されていて分かってしまっています。しかも、彼女の顔まで晒されています。

でも、これって覚悟の上ですよね。インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどをやっている人は良くも悪くも晒されてしまうものです。

豊留洋介さんには彼女がいないのか、インスタやツイッターなどをやっていないのかは分かりませんが晒されていません。

このくら寿司動画炎上事件もインスタの24時間限定公開昨日を使ったようですが、時遅しです。そこからの、ツイッターやユーチューブなどに多くの人が拡散してしまったのです。

特に、ツイッターのリアルタイムでの拡散は恐ろしく早いと言われています。豊留洋介さんも、谷口優太さんも現代の若者です、そのような機能の怖さに気が付かなかったはずはないのです。

どこまでも、おふざけで済ませると思ったのでしょうか。事件後の様子では「こんなことになると思ってなかった」と憔悴しきっているようでしたが、

その後もその憔悴は消えることはなかったと思われます。

 

犯人の豊留洋介の現在!

くら寿司のバイト店員、豊留洋介さんによる動画配信炎上事件の概要はお分かりいただけましたでしょうか。

人の捉え方は様々です、価値観、考え方も違います。どのような事情があったとしても、このようなふざけた事件はあってはならないと思います。

ですが、企業は少しでも人件費等を削りたい、浮かせたいという事情からか、本当はもっと責任のある社員にさせるべき仕事まで責任感の少ないバイト店員に依存しているような気がするのは私だけでしょうか。

例え、バイト店員に、お客様に直接出す食品を調理させるのなら、もっと徹底した管理が必要なのではないでしょうか。

もちろん、仕事に重い軽いがあると言っているのではありません。でも、調理師に資格があるのはそのためでもあります。ただ、料理を美味しく作るのが調理師の仕事ではありません。

栄養学や食品学、そして衛生学においては3種類もあります。

このような有資格者が、今回のような事件を起こすとは考えれらませんが、もし、そういったことがあれば、何等かの法的祖措置が下されても仕方のないことだと思うのです。

相手はプロではないのです。ましてや、バイト店員の未成年です。という考え方は甘いのでしょうか。

今回のくら寿司のバイト店員豊留洋介さんや谷口優太さんによる動画配信炎上事件では全く違った角度から見ている人もいました。その内容は、「食べ物をむだにするな!」というものです。

これはこれで間違った意見ではありませんね。そこで、みなさんも気になっていることだと思いますが、あの後の魚の切り身はどうなったのでしょう。

くら寿司のコメントでは、あの時の魚や備品は処分したということですが、それは勿体ないとも言えます。確かに、1度ごみ箱に捨てられた魚ではありますが、きれいに洗って焼くなり煮るなりすれば、お客様には出さなくても食べられたはずです。

でも、みんなの予想ではあの後、あの魚はそのまま使われたということですよね。ということで、現在の豊留洋介さんの様子は全然つかめませんでした。

この度のくら寿司のバイト店員豊留洋介さんによる動画配信炎上事件は大変な騒動となってしまいましたが、豊留洋介さんはことの重大さに驚いて謹慎しているのではないでしょうか。

それとも、法的措置が下され賠償金を稼ぐために、またどこかの回転寿司店でバイトしているかもしれません。何といっても豊留洋介さんの強みは魚を捌けること、くら寿司ではセレクションリーダーを務める程の腕があったのですから。

今回のことで懲りているはずですから、特に衛生には気を付けて真面目に働いていることを願ってこの記事を終わりにします。

人気の記事