【東日本】心霊スポット最恐50選!呪われると話題の廃墟まとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

東日本で一番怖い心霊スポットはどこ?

引用: Pixabay

夏といえば肝試し!みなさんは、肝試しや心霊スポット巡りなどをしたことはありますか?

東日本には、最恐に怖い心霊スポットが数多くあるのです!

今回の記事では、東日本にある心霊スポットを50選紹介していきます。この夏は、東日本の心霊スポットを巡って、最恐の夏にしましょう!

 

東日本の心霊スポット最恐50選【50位-41位】

引用: Pixabay

それではさっそく、東日本の心霊スポット50位から40位を紹介していきます。

見ていきましょう!

 

【50】篠律囚人墓地


まず紹介するのが、北海道にあるこちらの墓地になります。

篠律囚人墓地は、北海道の樺戸郡月形町という場所にある囚人用の墓地になっており、明治時代にはこの場所に、樺戸集治監というものがあったそうなのです。

集治監とは今でいう刑務所となっており、この場所で亡くなられた囚人たちは、実に1000人以上にも及ぶと言われています。

大正時代に囚人監獄は廃止されましたが、今でも当時亡くなられた囚人たちの霊がこの場所に住みついており、霊感が強い方が訪れると何かしらの気配を感じるようです。

北海道ならではの広い土地に、数多く並ぶ墓地が恐怖感を増進させています。

 

【49】杉沢村


 

この投稿をInstagramで見る

 

ともひとさん(@tomohito6262)がシェアした投稿

続いて紹介する心霊スポットは、青森県の青森市小畑沢小杉という場所にある、杉沢村という土地になります。

杉沢村は、知る人ぞ知る心霊スポットとして昔から有名でした。

昭和の初めの頃に、ある村人が急に発狂をし始めて、村中の人々を殺害したうえに自らも自殺するという事件がこの杉沢村であったと言い伝えられています。

人が誰もいなくなってしまった杉沢村は、いつからか地図からも消されてしまい、あたかも初めから存在しないものとして扱われ始めたのです。

杉沢村に行く道の途中には、「ここから先へ立ち入る者命の保証はない」という看板があったり、事件の血痕なども残っているといいます。

今でも人気の番組である『奇跡体験!アンビリバボー』でも特集される心霊スポットになっています。

 

【48】慰霊の森

Array

 

この投稿をInstagramで見る

 

K.Nishiyamaさん(@ken_westin)がシェアした投稿

続いての心霊スポットは、岩手県の盛岡市にある『慰霊の森』という場所になります。

この場所では1971年7月30日に 、この上空を飛んでいた全日空の飛行機と自衛隊の戦闘機が衝突し墜落しました。戦闘機に乗っていた自衛隊員はみな無事でしたが、飛行機の乗客162名は全員亡くなられたのです。

その事故の慰霊の場として存在しているのが、『慰霊の森』になります。この心霊スポットは、霊感がない人でも何かしらの危険な雰囲気を感じるそうです。

 

【47】松尾鉱山跡 廃墟アパート

 

この投稿をInstagramで見る

 

@cz.7667がシェアした投稿

続いては、岩手県の八幡平市にある心霊スポットになります。

ここは、松尾鉱山の跡にできた廃墟アパートになっています。松尾鉱山とは、19世紀末から1969年までこの場所にあった鉱山で、多くの硫黄などが生産されていました。

その鉱山の跡にできたアパートが、心霊スポットとなっているのです。現在は廃墟なので、このアパートに住んでいる方は誰もいません。

にもかかわらず、足音やドアを叩く音などが聞こえるのです。

 

【46】乙女の祈り

Array

宮城県の松島町という場所には、『乙女の祈り』と呼ばれている心霊スポットがあります。

その心霊スポットの映像がこちらになります。この場所で、1人の女子高生が自殺したことから、『乙女の祈り』という名前がつけられました。

また『乙女の祈り』にある一本の木には、自殺した少女が残した言葉が刻まれているそうです。その言葉を解読してしまうと良くないことが起こるという言い伝えがあります。

実際にこの場所を取材したアナウンサーの方が、取材後にトラックとの衝突事故によって死亡しているという事実もあります。

 

【45】滝不動明王

 

この投稿をInstagramで見る

 

そめのさん(@someno5722)がシェアした投稿

こちらの心霊スポットは、山形県の上山市 にある『滝不動明王』になります。

山形県内ではとても有名な心霊スポットとなっており、興味本位で滝不動に近寄るとよくない現象が起きると言い伝えられています。

どこからともなく赤ちゃんの声が聞こえたり、車に赤ちゃんの手形が付いていたり…。他にも、心霊現象は多々あるようです。

 

【44】明通トンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮島広樹さん(@roki16161)がシェアした投稿

続いては、長野県松本市にある心霊スポット『明通トンネル』を紹介します。

昔、この場所で若いカップルが焼身自殺をしていたり、1989年にこれまた若い男女のバラバラになった死体が発見されました。

これらのことから、『明通トンネル』では若いカップルの霊が出るなどとされています。

 

【43】八王子城址

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thaidegolfさん(@thaidegolf)がシェアした投稿

続いての心霊スポットは、東京都の八王子にある『八王子城址』になります。

この場所では昔、たくさんの武士や女性たちが自害をしたと言われています。そのため、これらの生首や泣き声などが聞こえてくるという心霊現象が起こるそうなのです。

他にも、着物を着た霊が見えてしまうといった情報もありました。

八王子城は、怨念の強い霊がいることで有名です。そのため、霊がつきまとってきたり家まで霊を連れて帰ってしまうこともあるそうなので、迂闊には近づかない方が良いでしょう。

 

八王子の心霊スポットはこちら!

八王子の心霊スポット最恐10選!絶対に行ってはいけない理由とは?

 

【42】雄別炭鉱病院

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bokuwaさん(@bokuwas_collection)がシェアした投稿

こちらの心霊スポットは、北海道の釧路市にある 雄別炭鉱病院になります。

雄別炭鉱とは、昔北海道の釧路に存在していた炭鉱であり、一時はとても栄えていました。しかし、炭鉱が閉山するとそこは簡素化してしまいました。そんな雄別炭鉱には、様々な跡が残っていますが特に心霊スポットとして有名なのが病院跡です。

この病院の跡地では、圏外にもかかわらず電話が鳴り続けたり、なぜだか病院にあるはずの手術室と霊安室が見つからないという心霊現象があります。

 

【41】旧三森トンネル

続いて紹介する心霊スポットは、福島県の郡山市にある『旧三森トンネル』です。

このトンネルには、クラクションを鳴らすと心霊現象が起こるという言い伝えがあるのです。この心霊現象とは、首がないライダーの霊が出現したり、女性の霊が車の窓に映るといったものになります。

またトンネル内だけではなく、トンネルの周りの峠などでも心霊現象が見られるとも言われています。

 

東日本の心霊スポット最恐50選【40位-31位】

引用: Pixabay

すでに十分最恐の心霊スポットを紹介してきましたが、まだまだ東日本にはたくさんの心霊スポットがあります。

それでは、40位から31位を見ていきましょう。

 

【40】霞ヶ浦分院

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuji1980さん(@yuji1980)がシェアした投稿

さて、40位の心霊スポットを紹介していきます。

こちらは、 茨城県の美浦村というところにある東京医科歯科大学の分院の跡地である、霞ヶ浦分院です。ここは昔、海軍の基地であった時代もあり、なんとも言えない恐怖の雰囲気があるのです。

霞ヶ浦分院で起こる心霊現象は、いるはずのない女性が建物の中にいるのが見えたり、誰もいないのに肩を触られたなどがあります。

実際に霞ヶ浦分院に行った人の話によると、「何が起きてもおかしくないから誰も近寄るな。行ったら帰れないと思え。」などというのがありました。

 

【39】天狗の森

 

この投稿をInstagramで見る

 

ai1209さん(@ai120009)がシェアした投稿

続いて紹介する心霊スポットは、石川県の金沢市にある『天狗の森』になります。

『天狗の森』とは、昔天狗が住んでいたという言い伝えから来ており、それゆえか不思議な感覚に陥ったり、霊を目撃することも多々あるようなのです。

主な心霊現象は、誰もいないところから足跡や笑い声が聞こえたりするそうです。また、周りには誰もいないのに人の気配が感じられるなどという心霊現象を体験された方もいました。

天狗によって殺害された人の霊が彷徨っているのではないかとのことです。

 

【38】小川脳病院

 

この投稿をInstagramで見る

 

くりたまさやさん(@borixtuto73)がシェアした投稿

続いての心霊スポットは、茨城県の小美玉市にある小川脳病院の跡地になります。

小川脳病院とは昔、精神科の病院だったのですが、閉院してからだいぶ月日が経っています。そんな小川脳病院は、患者をホルマリン漬けにしていたという噂もあり、現在でも心霊スポットとして人気なのです。

人のうめき声が聞こえるなどの心霊現象があると言われています。

小川脳病院は薮の奥にあり、一般の人だとたどり着けない人もいるほどのようです。

 

【37】多良崎城跡公園

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hayashiさん(@tootree610)がシェアした投稿

続いても、茨城県にある心霊スポットを紹介します。

多良崎城跡公園は、茨城県のひたちなか市にあり、鎌倉末期ごろに建てられた多良崎城の跡地となっています。

以前から多良崎城の跡地では、少女の霊が出ると人気心霊スポットとなっており、その話題性はテレビ番組でも取り上げられるほどでした。

実際に霊感のある人が行くと、五体の霊に遭遇したなどという話もありました。他にも、女性のうめき声が聞こえることもあるそうです。

 

【36】千駄ヶ谷トンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

ばんどうさん(@dj_deodeo)がシェアした投稿

続いての心霊スポットは、東京都の渋谷区にある千駄ヶ谷トンネルになります。

東京のど真ん中に心霊スポットなんてあるのか?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、それがあるのです。

千駄ヶ谷トンネルは、東京都内では有名な心霊スポットで、墓地の下にあるという珍しい構造のトンネルになっています。

このトンネルでは、白いワンピースの女性の霊が見えたり、血まみれの女性の霊に追いかけられるなどの心霊現象が見られるといいます。

千駄ヶ谷トンネルはテレビや雑誌の特集にも頻繁に載っており、おそらく東京都内ではNo. 1の心霊スポットであるとの呼び声も高いのです。

 

【35】雪割橋

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuuさん(@yuhome27)がシェアした投稿

福島県の西郷村という場所にある心霊スポットが、『雪割橋』になります。

ここの橋は、多くの自殺者を出したことで有名になっていました。自殺の名所なのでしょうか。そのために、心霊現象も多く見られるのでしょうか。

「橋の上で車のクラクションを鳴らして外に出ると、不気味なことが起こる」「橋の下を覗き込むと、何者かに頭を掴まれずり落とされる」「雪割橋に行く途中に電話ボックスに女性がいるのを見かけたら、霊に呼ばれている証拠」などという心霊現象が言い伝えられています。

 

【34】上蓬莱橋

続いての心霊スポットは、福島県福島市にある『上蓬莱橋』になります。

ここも先ほど紹介した『雪割橋』と同様で、自殺者が多数出ていることで有名です。自殺する人が多すぎるあまり、現在では柵が取り付けられています。

「夜橋を歩いていると、いつのまにか服に血がついている」「橋の下から鳴き声が聞こえる」「誰もいないのに足音が聞こえる」などの心霊現象が噂されています。

また、「飛び降りる霊が見える」という心霊現象もありましたが、ここはあまりにも自殺者が多いため、本当に人間が飛び降りる場面を見てしまった可能性もあります。

いずれにしても、とても怖い心霊スポットになっています。

 

【33】高館山の塔

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヨシダ ユウトさん(@yoshida_offical)がシェアした投稿

続いての心霊スポットは、山形県鶴岡市にある高館山という山の頂上にある展望台になります。

霊を目撃しやすいだけでなく、憑依しようとしてくる危険度の高い霊が多く存在している心霊スポットなのだそうです。地元の霊感のあるという住職も、「夜行く場所ではない」と言っていたそうです。

「展望台の中に女性の霊がいるのが見えた」「壁に人の顔が浮き上がってきた」「誰もいない中で声が聞こえた」という心霊現象もありました。

 

【32】鬼怒砂丘慰霊塔

続いて紹介する心霊スポットは、茨城県の結城郡若宮戸 という場所にある鬼怒砂丘慰霊塔になります。

鬼怒砂丘慰霊塔とは、太平洋戦争で命を落とされた戦士を祀るために造られた慰霊塔になります。これを聞いただけでも心霊スポット感満載でしょう。

ここに祀られている方たちの霊が、夜な夜な見られるというのです。その霊の特徴が、「腕がない」「身体中に包帯が巻かれている」「戦闘服のような服を着ている」など、戦時中を思い出させるようなものばかりでした。

 

【31】野内病院

 

この投稿をInstagramで見る

 

鳴海リョウさん(@narumi640)がシェアした投稿

続いて紹介する心霊スポットは、 青森県青森市にある野内病院の跡地になります。病院の跡地というだけで、何かしらの霊がいるのではないかと思ってしまいますよね。

この心霊スポットには、写真にもあるようにぐじゃぐじゃになった青いバスが放置されているのです。このバスの中に、とても危険な悪霊たちが住みついているとの噂があるのです。

また、病院の中でもおばあさんや少女の霊が見られたりするそうなのです。病院のそばに行くと気分が悪くなってしまうという話もありました。

 

東日本の心霊スポット最恐50選【30位-21位】

引用: Pixabay

まだまだ東日本の心霊スポットはあります。

続いては、30位から21位を見ていきましょう。

 

【30】中国人墓地

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tetsutabistがシェアした投稿

30位の心霊スポットは、 北海道にある中国人墓地になります。

この心霊スポットは、北海道にある中でも怨念の強い場所だと言われているのです。中国から連れてこられた方達が過酷な労働を強いられ、命を落とされた方が眠っている場所であるので、恨みや悲しみも強いのでしょう。

男性の霊が四つん這いになって追いかけてきたり、女の子の霊が泣きながらお墓にしがみついているのが見られると言われています。

墓地に寄った帰りに、交通事故で亡くなられた方もいるとの話もありますし、子供の手形が付いていたとの話もありました。

 

【29】旧善波トンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eisuke Yahagiさん(@eisuke_yahagi)がシェアした投稿

29位の心霊スポットは、神奈川県の伊勢原市と秦野市の間にある旧善波トンネルになります。

1965年の9月2日、この旧善波トンネルで17歳の少年が運転していたバイクがトラックと正面衝突し、なくなってしまうという事故が起こり、このことがきっかけで心霊スポットと呼ばれるようになったのです。

この事故の後、「もう死なないで 準一」と書かれた看板が建てられたのですが、事故で亡くなられた少年の名前がなんと”準一”だったのです。

事故の後に、車に飛び込む霊が目撃されるようになり、このような看板が立てられたのではないかという話がありました。

 

【28】旧笹子トンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

crescent moon 🌙さん(@ruoxie13)がシェアした投稿

続いて紹介する心霊スポットは、山梨県にある旧笹子トンネルになります。

笹子トンネルという名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?笹子トンネルは、2012年に崩落事故が起き、ニュースでも話題となりました。

今回紹介するのは、この事故があったトンネルではなく、今は使われていない昔の笹子トンネルです。

下り線の旧笹子トンネルでは、かつてこの場所で事故に亡くなられた女の子の霊が出ると言われています。トンネル内はとても狭く明かりもないため、いつ事故が起きてもおかしくないような設計になっていました。

 

【27】花魁淵

 

この投稿をInstagramで見る

 

T.G.I. Fridayさん(@everyday_tgif)がシェアした投稿

続いて紹介する心霊スポットは、山梨県の甲府市にある『花魁淵』 です。

この場所は戦国時代、武田家の隠し金山であったのです。しかし武田家が敗北する直前、この金山が世にでることを防ぐため、金山を知る55人の花魁たちは口封じのために殺されてしまったのです。

川の上に舞台を作り、宴会と偽って花魁たちを踊らせている時に舞台ごと川の下に落として殺害するという悲惨なものでした。

現在の『花魁淵』では、殺害された花魁たちの霊が見えたり歌が聞こえたりという心霊現象が見られます。

 

【26】城山トンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

チーさん(@chi.basiliscus)がシェアした投稿

26位の心霊スポットは、秋田県の横手市にある『城山トンネル』になります。

この場所は、心霊スポット特有の寒気や変な雰囲気が尋常ではありません。普通の人でもただならぬ雰囲気を感じると言います。

また、『城山トンネル』で電話をかけると、どこからともなく「事故事故死」という声が聞こえてくるというのです。

一体誰がしゃべっているのでしょうか…。

 

【25】新府城跡

 

この投稿をInstagramで見る

 

Osk剛さん(@g.osk)がシェアした投稿

続いて25位の心霊スポットは、山梨県韮崎市にある『新府城跡』になります。

戦国時代、この『新府城跡』は武田勝頼が築いた城であります。徳川軍の侵攻から逃れるために新しく作られたお城でした。ここには現在、亡くなられた武士たちの慰霊塔が立てられたりしています。

『新府城跡』で見られる心霊現象は、「落ち武者の霊が現れる」「心霊写真が撮れる」などがあります。惜しくも敗れてしまった武士たちの無念さが、霊として現れるのでしょうか…。

 

【24】本山トンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hayashiさん(@tootree610)がシェアした投稿

24位の心霊スポットは、『本山トンネル』です。

昔このトンネル付近では、事故にあって首が吹っ飛んでしまった人がいました。その人の霊が出るという心霊現象が噂されていたのです。

しかし、この心霊スポットの『本山トンネル』は現在塞がれてしまい、中に入ることができなくなっています。これが余計に怖さを醸し出しているとか…。

新しく『新本山トンネル』というものもつくられています。

 

【23】茨城県笠間市笠間城跡

 

この投稿をInstagramで見る

 

宇佐美キングダムさん(@masaki880)がシェアした投稿

茨城県笠間市にある『笠間城跡』は、現在は県立自然公園となっていますが、地元の人たちの間では心霊スポットとして有名な場所なのです。

『笠間城跡』にはずっと昔から井戸があり、そこに投げ込まれて亡くなられた人の霊が見えるというのです。なんとこの井戸は全部で4つもあるそうで、この4つ全てを覗くと呪われてしまうとの噂もあります。

霊感がない人でも面白半分では行かない方が良いと言われる心霊スポットになります。

 

【22】男鹿プリンスホテル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kamikaze平野KKKさん(@hirano_kkk)がシェアした投稿

秋田県の男鹿市にあった、『男鹿プリンスホテル』が22位の心霊スポットとなります。

現在はもう廃墟となっており使われていないにもかかわらず、ボイスレコーダーで録音していると「どうぞお入りください」など霊が呼び寄せてくるそうです。

また、ホテルの外観を写真に撮ると女性の霊が映り込むなどという心霊現象も見られるようです。

 

【21】旧割石トンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sugar Sugarさん(@sugar_xx_sugar)がシェアした投稿

東日本21位の心霊スポットは、山梨県の西八代郡というところにある『旧割石トンネル』になります。

ここのトンネルは、過酷すぎる環境の中で建設が進められたため、死者が多く出てしまったそうなのです。そのうえ、建設中に過酷さに耐え切れず弱ってしまった外国人労働者を、建設中のトンネルに埋めたという説もありました。

なんと恐ろしい話なのでしょうか…。

 

東日本の心霊スポット最恐50選【20位-11位】

引用: Pixabay

それでは、続いては東日本の最恐心霊スポット20位から11位を紹介していきます。

恐ろしい心霊スポットは、まだ東日本にあります。さっそく見ていきましょう。

 

【20】秋ヶ瀬公園

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kengo Nakaiさん(@nakai_kengo)がシェアした投稿

20位の心霊スポットは、埼玉県埼玉さいたま市にある『秋ヶ瀬公園』です。

昼間はたくさんの地元民が集まる、憩いの公園となっていますが、夜になると一転して心霊スポットへと変わるのです。

赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたり、首から上がない霊が見られるなどの心霊現象がおきます。

この公園の近くでは、昔武士が大勢亡くなられたため、それらを祀る碑が立てられているのです。その影響もあってか、心霊スポットとなっているのでしょうか…。

 

【19】環状七号線

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sakae Sugiyamaさん(@sakastagram1116)がシェアした投稿

さて、19位の心霊スポットを紹介します。

こちらは、東京都内を通る主要道路の『環状七号線』です。知る人ぞ知る心霊スポットとなっており、 中には「幽霊が出るからできるだけ通りたくない」と言っている方もいらっしゃるようです。

霊が道路を歩いているなどの心霊現象が目撃されています。昔ここで事故に遭われた方の霊なのでしょうか?

交通量も多いので事故も多発しますが、まさかの心霊スポットとなってしまいました…。

 

【18】正丸峠

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yasuさん(@_yasu0910_)がシェアした投稿

18位の心霊スポットは、埼玉県飯能市にある『正丸峠』です。

幅の狭い急カーブが続く道でありながら、走り屋が多くこの道を通るため、交通事故がとても多く起きるのです。そのため、交通事故で亡くなられた方の霊がさまよっているのだそうです。

また、霊以外にも口裂け女が出現するとの噂もあるようです。世を恐怖へと陥れた都市伝説、口裂け女を見ようと興味本位で近く方も多いのだとか。

 

【17】巣鴨プリズン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Satomiさん(@yh_satomi)がシェアした投稿

続いて紹介する心霊スポットは、『巣鴨プリズン』です。この名前は通称で、正式名称は巣鴨こだわ置所という名前です。

この場所は昔、東条英機などのGHQ時代に永久戦犯となった方が収容されていた場所で、そのためか心霊現象が見られるのです。こういった歴史的背景を聞いただけで、何かゾッとするものを感じられるでしょう。

 

【16】石神井公園の池

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぽんさん(@pon.taki)がシェアした投稿

続いて紹介する心霊スポットは、『石神井公園の池』になります。東京都内でありながら、自然豊かな公園があり、人気のスポットとなっています。

そんな石神井公園ですが、昔は石神井城というものがあったのです。石神井城が落城する際、姫がこの池に身を投げたのです。

その姫の霊が、夜な夜な水面に浮かび上がってくるという心霊現象が見られるのです。悔しさや無念さなどが残っているのでしょうか…。

 

【15】岳集落

 

この投稿をInstagramで見る

 

Atsuki Satakeさん(@ponde____)がシェアした投稿

15位の心霊スポットは、 埼玉県秩父市にある岳集落になります。

現在でも実際に暮らしている方もいらっしゃいますが、廃墟もあり夜に行くと怖さが倍増でしょう。

ここにいるお地蔵さんに触れると、大火事になってしまうという言い伝えとともに、注意書きも実際にあります。このお地蔵さんの周りは特に、ただならぬ雰囲気を醸し出しているのです。

近年、秩父は観光スポットにもなりましたが、霊が出没するかもしれないのでお気をつけください。

 

【14】旧御坂トンネル

 

この投稿をInstagramで見る

 

しば/shibaさん(@shibaba1209)がシェアした投稿

富士山の絶景が見れることで有名な 『旧御坂トンネル』になりますが、心霊スポットとしてもとても有名です。

旧御坂トンネル』では、僧侶の霊と事故死者の霊が出ると言われています。上に載せた画像を見ていただくだけで、不気味さが伝わることでしょう。

トンネルを開通させるための工事をしている最中、何回か事故が起きたというのです。その際に亡くなられた方たちの霊が出てくるのではないかと言われています。

 

【13】ジェイソン村

 

この投稿をInstagramで見る

 

新潟心霊スポット探検隊さん(@_yuuyami_)がシェアした投稿

13位の心霊スポットは、新潟県新潟市にある『角田ジェイソン村』 になります。

ある女の子が、自身の一家を殺害した上に、ジェイソン村の住民全員を殺したという過去がある、おぞましい村になります。このジェイソン村は現在廃墟になっており、バスや小屋・トイレなど人が住んでいた気配が残るものが残されています。

誰も住んでいないにもかかわらず、勝手に電話が鳴り始めたり、人の声が聞こえたりといった心霊現象が見られています。

殺害された村人や少女の霊が、今も現れているのでしょうか…。

 

【12】岩窟ホテル

 

この投稿をInstagramで見る

 

**toycamelife**さん(@toycamelife)がシェアした投稿

12位の心霊スポットは、埼玉県比企郡にある『岩窟ホテル』になります。

このホテルのすごいところは、建物があるわけではなく、岩をくり抜きそのスペースを部屋としてホテルを作ったのです。写真を見ていただくとわかりますが、ホテルとは思えないむしろ刑務所のような見た目でしょう…。

明治時代にホテルとして使われていましたが、崩落事故などが相次いだため、現在は姿が残っているだけです。

ですが、女性の霊が出る心霊スポットとして知られており、現在でも訪れる人は多いといいます。

 

【11】大菩薩峠

 

この投稿をInstagramで見る

 

Norikoさん(@kono_ri)がシェアした投稿

11位の心霊スポットは、山梨県甲府市にある『大菩薩峠』です。

峠に入ってしまったら最後、「二度と外には出ることができない恐怖の峠」と言われている最恐の心霊スポットになります。

現在、道が整備されているにもかかわらず、遭難者があとをたたないのは一体どうしてなのでしょうか…。霊に連れ去られてしまうのでしょうか…。

興味本位に面白半分で行くと、戻ってこられない可能性もあるため、要注意でしょう。

 

東日本の心霊スポット最恐50選【10位-4位】

引用: Pixabay

東日本の心霊スポット、続いては10位から4位を紹介します。

見ていきましょう。

 

【10】東京タワー

 

この投稿をInstagramで見る

 

日本の絶景風景写真 PASHADELIC JAPANさん(@zekkei_delic_j)がシェアした投稿

10位の心霊スポットは『東京タワー』になります。

みなさんご存知の東京タワーだと思いますが、なんと心霊スポットとしても有名だったのです。東京タワーは、もともと墓地があったところに建てられたため、その名残から霊が出ると言われているのです。

東京タワーには階段が付いているのはご存知ですか?その階段を駆け上がる女性の幽霊が見えたり、東京タワーを背にして写真を撮ると霊が映り込むなどの心霊現象があると言い伝えられているのです。

 

【9】旧相武病院

 

この投稿をInstagramで見る

 

和泉暁さん(@gyoqeira)がシェアした投稿

9位の心霊スポットは、東京都八王子市にある『旧相武病院』になります。

現在は使われておらず廃墟となっていますが、病院の形がそのまま残されています。なぜかといいますと、取り壊そうとするたびに不吉なことが起こっているからです。

作業員の方が怪我にあったり、よくないことが必ず起きるそうなのです。実際に怪我に遭われた方が口を揃えていうのは、「女性に首を絞められた」でした…。

 

【8】姫ヶ淵

 

この投稿をInstagramで見る

 

武田同心衆さん(@takeda.doushinsyuu)がシェアした投稿

東日本心霊スポット8位は、 『姫ヶ淵』です。ここは、山梨県の甲府市にある心霊スポットになります。

武士であった武田勝頼が自害した場所には、姫ヶ淵と呼ばれていた場所がありました。武田勝頼の後を追って女性たちが自殺した場所になります。

心霊現象としては、この自殺した方たちの顔や首が浮かび上がってくるなどがありました。血で染まったことからも、「血で血を洗った場所」と呼ばれるなど、おぞましい心霊スポットとなっています。

 

【7】下久保ダム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masa🇯🇵さん(@masa_jpn_photos)がシェアした投稿

埼玉県と群馬県の境目にある『下久保ダム』が、7位の心霊スポットです。

昔、このダムの底には300世帯を超える集落がありました。ですが、このダムが建設される際に埋められてしまったのです。

その集落のお墓に眠っていた霊が現れてくきたり、ダムの建設中に亡くなられた方が霊として現れるなど、様々な噂がある心霊スポットになっています。

 

【6】七里殺人の森

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡せーちゃん♡心霊廃墟せーちゃんネル♡さん(@seichan13obk)がシェアした投稿

埼玉県さいたま市にある『七里殺人の森』が東日本6位の心霊スポットになります。

ここでは昔、ある子供が自分の父親の首を切断し殺害するというおぞましい事件が起きました。さらに、警察が駆けつけ子供を取り押さえると、子供は突然発狂し始めてそのまま死んでしまったのです。

子供に殺害されるなんて、父親としてはなんとも無念でしょう。

それからは、この親子の幽霊が現れるとの心霊現象が見られています。

 

【5】青山霊園

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kosuke Imadaさん(@kosuke_imada)がシェアした投稿

東日本第5位の 心霊スポットは、東京都港区にある『青山霊園』です。

都会のど真ん中にある有名な心霊スポットですが、名前からして霊が出そうですよね…。やはり、夜になると奇妙な雰囲気になるのだそうです。

「とあるタクシーの運転手が、青山霊園付近で女性を乗せて走っていたのに、ふと座席を見ると誰もいなくなっていた」というなんとも怖い話が残っています。

他にも、青山霊園には『!』という看板があり、これは幽霊に注意という意味の看板であるという説もあります。

 

【4】奥多摩ロープウェイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

土木ともふもふさん(@milkrush)がシェアした投稿

東日本で第4位の心霊スポットは『奥多摩ロープウェイ』です。 東京都の奥多摩町にあります。

奥多摩湖を観光するため1957年に作られたのが、この『奥多摩ロープウェイ』になります。写真は昼間の様子ですが、これが夜だったらなんとも出そうな雰囲気でしょう…。

ここで見られる心霊現象は、「誰もいないはずのロープウェイの中に、女の人がいるのが見れる」「突然、壁がガンガンと音を立て始めた」などがありました。

 

東日本の心霊スポット最恐50選【3位-1位】

引用: Pixabay

それではいよいよ、東日本最恐の心霊スポット3位から1位を発表していきます。

恐怖の場所はまだまだありました…。

 

【3】八甲田山

 

この投稿をInstagramで見る

 

bump_of_fukkyさん(@bump_of_fukky)がシェアした投稿

第3位の心霊スポットは『八甲田山』です。

『八甲田山』とは日本百名山のうちの1つで、青森県にある山になっています。火山活動が多く、火山ガスによる事故が多いことでも有名です。

そんな『八甲田山』では昔、軍事演習のためにここを訪れていた“青森歩兵第5連隊”が遭難してしまう大事故が起きました。

軍事服を着た男性たちが、「脚が欲しい」「腕が欲しい」「手が欲しい」などと言いながら近づいてくるという心霊現象がありました。想像しただけで恐怖でしょう。

こういった霊に囲まれたせいで、精神的におかしくなってしまった方もいるとのことです…。

 

【2】すずらん池

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nobuhiro Yamamotoさん(@whitestrix)がシェアした投稿

東日本第2位の心霊スポットは、『すずらん池』です。山梨県の北杜市にある池であり、ある時からとても有名な心霊スポットになりました。

それは、おばあさんがここで自殺をしたからです。おばあさんの霊が、水面に浮かび上がったり手が伸びてきたりという心霊現象が見られます。

このことについて、怪談話でおなじみの稲川淳二さんも「地獄に誘う呪いの手」という名前の怪談話で紹介しており、全国的に有名な心霊スポットとなりました。

 

【1】平将門の首塚

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takeru Kikuchiさん(@niceonesan)がシェアした投稿

映えある第1位の東日本心霊スポットは、『平将門の首塚』です。

東京の大手町という大都会にある心霊スポットとなっています。

平将門は、大罪人として京都で首を切り落とされる刑にあったのですが、その首が自身の体を探し求め関東まで飛んできたという言い伝えがあります。その首が飛んできた場所が、ここ大手町の『平将門の首塚』の場所だったのです。

平将門は日本三大怨霊のうちの1人と言われているほど怨念が強く、心霊現象が見られるのです。日本全国の中で、比にならないほど危険と言われている心霊スポットなのです。

行く際は、あくまで自己責任であり、遊び半分では行かないことをおすすめします…。

 

日本の心霊スポット制覇を目指そう!

引用: Pixabay

東日本の最恐心霊スポット50選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?東日本には、たくさんの最恐心霊スポットがありました。

夏に向けて、肝試しや心霊スポットめぐりなどが増えてくる時期でしょう。しかし、どこも危険な場所でもあります。自己責任で心霊スポット巡りを楽しむようにしましょう。

人気の記事