姉妹丼の意味や語源とは?男冥利に尽きる夜の営みとは?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

姉妹丼とは?

引用: Pixabay

みなさんは最近巷でよく聞かれる「姉妹丼」という言葉をご存知でしょうか。

姉妹丼というのは卑猥な隠語として用いられることが多い言葉ですが一体どんな意味があるのでしょうか。

姉妹丼という言葉は話題になった過去にはAKB48の派生ユニットで渡辺麻友、岩佐美咲などAKB48メンバー7人で構成されていた「渡り廊下走り隊7」の新曲で「姉妹どんぶり」が発表されたことで話題となり知った方も多いのではないでしょうか。

「姉妹丼」は卑猥な隠語であると考える人が圧倒的に多く、渡り廊下走り隊7」が「姉妹どんぶり」発表した際には物議を醸しました。

そんな「姉妹丼」という言葉はどういった意味を持っているのでしょうか。その詳細について紹介していきます。

 

姉妹丼の意味は?

引用: Pixabay

卑猥な隠語として知られている「姉妹丼」はどんな意味があるのでしょうか。

姉妹が付く卑猥な隠語としては他にも「竿姉妹」などがありますがそれとはどう違った意味を持っているのかを詳しく解説していきます。

「姉妹丼」の意味はお姉ちゃんと妹ちゃんと同時にセックスをすることを指します。卑猥な隠語では実際の姉妹でなくても成立する言葉が多くありますが、この時の姉妹は血縁関係がある実際の姉妹であることが「姉妹丼」という言葉の条件になるそうです。姉と妹が血縁関係になれば成立する姉妹丼なので、もし仮に自分の姉と妹であっても姉妹丼は成立します。この場合は姉妹丼と同時に近親相姦になります。

よくエロゲームやエロアニメではあるシュチュエーションです。実際にはこのようなシチュエーションでセックスすることはほとんどないと言っても良いのではないでしょうか。

お姉ちゃんと妹ちゃんと同時にセックスをすることは実際にあるのかがとても気になるところではあります。

次に姉妹丼がなぜ「姉妹丼」と言われるのか、語源について見ていきましょう。

 

姉妹丼の語源は?

引用: Pixabay

卑猥な隠語としてエロゲームやアダルトビデオのジャンルやシチュエーションで使われる「姉妹丼ですがどんな意味や語源からきている言葉なのかを紹介していきます。

そのほかにも卑猥な意味で使われる「〇〇丼」が存在したので紹介していきます。

 

姉妹丼の語源


引用: Pixabay

お姉ちゃんと妹ちゃんと同時にセックスをすることを指す「姉妹丼」ですが、なぜ「姉妹丼」と言われるようになったのでしょうか。

「〇〇丼」という言葉で代表的なものとしてまずみなさんが思いつくのは「親子丼」ではないでしょうか。「親子丼」と言えば、鮭といくらの親子丼や鶏肉と卵の親子丼です。親子丼は2つのものを同時に味わうことができるのが魅力だと言えるのではないでしょうか。鮭とイクラの親子丼であっても鶏肉と卵の親子丼であっても親子関係にあるものを2つ同時に味わえることから親子丼という名前がついているのではないでしょうか。

「姉妹丼」という言葉も親子丼のように2つ同時に味わうことから来てると言われています。血の繋がったお姉ちゃんと妹ちゃんを性的な意味で同時に味わえることから「姉妹丼」と言われているのではないでしょうか。

お姉ちゃんと妹ちゃんを同時に性的な意味で味わうセックスをすることから生まれた「姉妹丼」ですが、調べていく中で他にも性的な隠語として使われる「〇〇丼」が存在していましたので紹介していきます。

 

他にもあった〇〇丼


引用: Pixabay

今までは血の繋がったお姉ちゃんと妹ちゃんを性的な意味で美味しくいただく姉妹丼について紹介してきましたがその他にも性的な意味で使われる〇〇丼があったので紹介していきます。

1つ目は「親子丼」です。先ほど語源になっているのではないかということで紹介した「親子丼」ですが調べていくうちにこの「親子丼」も性的な意味で使われるそうです。

親子丼はまさしく血の繋がった母親と娘を同時に犯すことをいうそうです。こちらもアダルトビデオやエロ漫画の設定ではよく見られるものでした。

2つ目は「兄弟丼」です。兄弟丼とはまさしく姉妹丼の男バーションというのを想像していただければわかりやすいと思います。兄と弟で一人の女性と同時にセックスをすることを指すそうです。他にも、ホモの場合もこの兄弟丼は当てはまるようで兄弟が同時に一人の男性に犯される場合にも適用されるそうです。

このように性的な隠語での親子丼や姉妹丼、兄弟丼が使われているようなので、組み合わせによっては他にもいろいろな〇〇丼が作り出せるかもしれませんね。

次によく耳にする「竿姉妹」と「姉妹丼」の違いについて紹介していきます。

 

竿姉妹とは違うの?

引用: Pixabay

よく耳にする「竿姉妹」ととてもよく似ている「姉妹丼」ですが2つの違いはどこにあるのでしょうか。姉妹とセックスすればそれで姉妹丼になるのではないかと思う人もいるかもしれませんがそこには明確な違いがありますのでそれを紹介していきます。

 

竿姉妹とは?

Array

引用: Pixabay

竿姉妹と姉妹丼を理解する上ではまず竿姉妹の意味を理解する必要があります。

そもそも竿姉妹とは共通の男性と体の関係を持った女性同士のことを指します。つまり竿姉妹になるには全くの他人であっても同じ男性と関係を持っているという条件さえ満たせば竿姉妹ということになります。

同じ意味で棒姉妹と呼ばれることもあります。同じような言葉で「穴兄弟」という言葉もありますがそれば同じ女性と関係を持った男性同士のことを指す言葉になります。

それではどのような点で「竿姉妹」と「姉妹丼」が違うのかを紹介していきます。

 

姉妹丼は血縁関係が必要

引用: Pixabay

姉妹丼というのは「姉妹丼の意味」の際にも紹介しましたが前提として血の繋がっているお姉ちゃんと妹ちゃんと一人の男性がセックスをすることを指します。

なので血の繋がっていない女性2人と男性がセックスしてもそれは、同時に竿姉妹になるだけであって姉妹丼にはならないことになります。

 

姉妹丼は同時であることが条件

Array

引用: Pixabay

次に必要な条件は姉妹と同時にセックスすることです。〇〇丼の際にも紹介しましたが「丼」というのは同時に性的な意味で楽しむ際に使われるものですので、たとえ血の繋がった姉妹であっても同時にセックスをしないと姉妹丼にならないということになります。血の繋がった姉妹であっても別々にセックスをした場合は「竿姉妹」になるだけで姉妹丼にはならないと言われています。

つまり、姉妹丼を成立させるには血の繋がった姉妹と同時にセックスすることが条件になります。この血の繋がった姉妹と同時の条件が満たされない場合は竿姉妹になると言えるのではないでしょうか。

条件や言葉の意味から姉妹丼について紹介してきましたが、姉妹丼について男性はどう考えているのでしょうか。血の繋がった姉妹と同時にセックスすることについて男性はどのように考えているのか、そもそも姉妹丼をしたいと考えている男性はいるのかについて紹介していきたいと思います。

 

姉妹丼したい男性はいるの?

引用: Pixabay

血の繋がったお姉ちゃんと妹ちゃんを同時にいただく姉妹丼ですが男性はこの「姉妹丼」についてどう考えているのでしょうか。独自のインタビューを交えて紹介していきます。

 

そもそも男性は3Pをしたいのか

引用: Pixabay

姉妹丼は血の繋がったお姉ちゃんと妹ちゃんを同時にセックスをするため、要は3Pをすることになります。男性が3Pについてどう考えているのかを知ることで姉妹丼に対する考えを知ることができるのではないでしょうか。

130人ほどの男女に対して3Pをしたいかどうかというアンケートをしたとある調査では「3Pをしたことがある」と答えた男性がおよそ30%、「3Pをしてみたい」と答えた男性がおよそ55%、「3Pはしたくない」と答えた男性がおよそ15%だったそうです。このことから多くの男性は3Pをして見たいと考えていると言えるのではないでしょうか。

3Pの中でも血の繋がっているお姉ちゃんと妹ちゃんと同時にセックスをする姉妹丼に興味を持つ人も多くいるのではないでしょうか。

一方女性は「3Pをしたことがある」と答えた女性がおよそ30%、「3Pをしてみたい」と答えた女性がおよそ35%、「3Pはしたくない」と答えた女性がおよそ35%だったそうです。

女性は男性に比べて3Pに対して興味がある人は少ないと言えるのではないでしょうか。女性の方が一般的に独占欲が強いと言われていることも影響しているのではないでしょうか。そのため自分が独り占めしたいと考える女性が多く、3Pに対して興味がある女性は男性に比べて少なくなっていると言えるのではないでしょうか。

 

姉妹丼をしたい人の理由とは?

引用: Pixabay

3Pに興味がある男性が多くいることがわかったところで姉妹丼に関してはどう考えているのでしょうか。血の繋がった姉妹と3Pすることに対してのインタビューの内容から見ていきましょう。

今回のアンケートでは姉妹丼をしてみたいと考える人にその理由を聞いてみました。

多くの理由としてあげられたものとしては「姉妹同時ということに興奮する」と回答した人が多くいました。姉妹同時が興奮する理由としては「自分の彼女の妹ともしてみたい」と言った意見もありました。やはり血の繋がった姉妹と同時にセックスするのは背徳感を感じることができるため興奮すると答える男性が多いのではないでしょうか。

姉妹と同時にセックスするという夢のようなシチュエーションに憧れる男性は多いのかもしれませんね。

実際に姉妹丼の経験がある人にもインタビューをしたところ、その人は街でナンパした女性2人が姉妹であったため姉妹丼を経験したそうです。姉妹で仲良しだった2人とそのままホテルへいってことを済ませたそうです。

姉妹特有の背徳感を感じることができたと話していました。別の人ではもともとお姉ちゃんと付き合っていたけど自宅でエッチをしてきた際に妹が加わり結果として姉妹丼を経験することになったそうです。

男性の兄弟に比べて女性の姉妹の方が感情を共有しやすく、仲が良いとも言われているので、姉妹丼になることが多いのではないでしょうか。

 

どうしたら姉妹丼を経験できる?

引用: Pixabay

そんな姉妹丼ですが実現のハードルはとても高いと言えるのではないでしょうか。

3Pですら抵抗のある女性が多い中で姉妹となるとさらに確率が低くなるのではないでしょうか。様々な人の経験からどうすれば姉妹丼を経験することができるのかを紹介していきます。

姉妹丼の経験でよくあげられるのは「彼女の姉妹と一緒にエッチをした。」というものです。姉妹丼の経験がある人はこのパターンが多いと言われています。姉妹仲のいい女性と付き合うことでひょっとすると姉妹丼の経験をすることができるかもしれません。

彼女の姉妹とも仲良くしておくことが重要になってくるのではないでしょうか。

その他の経験では「出会い系アプリ」であったり「ナンパ」というものが多いのではないでしょうか。出会い系の中にはもしかしたら姉妹丼の経験を望んでいる人がいるかもしれませんね。

ここまでは男性目線で姉妹丼についてみてきました。次に女性目線から姉妹丼について考えてみたいと思います。

 

女性にとって姉妹丼ってどうなの?

引用: Pixabay

お姉ちゃんと妹ちゃんが同時に同じ人とセックスをする姉妹丼は女性目線からみるとどういった風に感じられるのでしょうか。

やはり、血の繋がった姉妹が自分の目の前でセックスしている姿を見ることになるのでなんとも言えない背徳感があるのではないでしょうか。幼い頃から知っている姉妹だからこそ、通常の3Pでは感じることのできない背徳感を得られるのは間違いないようです。

お姉ちゃん目線から考えてみましょう。今までの人生で自分の可愛がっていた自分の妹が他の男性と目の前でセックスしているという状況になった際にはなんとも言えない気持ちになるのではないでしょうか。成長を見守ってきた自分の妹が一人前の女性となる瞬間は興奮する1つの材料となるのではないでしょうか。

妹ちゃんからしてみれば、今まで自分の見本となってきたお姉ちゃんが男性と目の前でセックスしている姿を見るのはなんとも表すことのできない感情になるのではないでしょうか。

よく仲のいい姉妹は感情を共有すると言われます。そんな姉妹特有の性質も姉妹丼を行う上では影響を与えているのではないでしょうか。

 

姉妹丼は男冥利に尽きる?

引用: Pixabay

いかがだったでしょうか。姉妹丼の意味や語源について紹介してきました。

お姉ちゃんと妹ちゃんを同時に性的な意味で味わうことからきている姉妹丼ですが、実際に経験をしたことがある男性はそう多くはないのではないでしょうか。たとえばお姉ちゃんや妹ちゃんどちらかと付き合っていたとしても、姉妹と同時にセックスをすることはとても難しいのではないでしょうか。

付き合っている側から許されることともう一方からも求められることがないと成立しないのではないでしょうか。そのため男性にとって姉妹どちらからも信頼を得ることが重要になってくると言えます。

そんな実現が難しい姉妹丼経験はまさに男冥利に尽きると言えるのではないでしょうか。

人気の記事