松岡伸矢の現在!和田竜人とのDNA鑑定の真相は?【40秒少年失踪事件】

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

親が目を離した40秒でさらわれた松岡伸矢くん

引用: Pixabay

1989年3月7日、徳島県で奇妙な事件が起きました。

父親と朝の散歩をしていた松岡伸矢くんが、家の玄関近くから忽然と姿を消したのです。父親が松岡伸矢くんから目を離したのはわずか40秒ほどの間。

そこから警察・消防・近隣住人など数百人体制で山狩りが行われますが、松岡伸矢くんは一向に見つからず2019年7月現在に至っています。まずはこの奇妙な事件の詳細を振り返ってみましょう。

 

松岡伸矢くん失踪事件の概要まとめ!

引用: Pixabay

事件の詳細を知れば知るほど「神隠し」としか思えない松岡伸矢くん失踪事件

時系列に沿って、詳細に振り返ります。

 

【1】茨城県に住む5人家族の長男


引用: Pixabay

松岡伸矢くんの家族構成は5人家族。

父親である松岡正伸さん、母親の圭子さん、長女、長男(松岡伸矢くん・当時4歳)、次男という構成でした。一家は茨城県牛久市に暮しており、父はサラリーマンという、ごくごく一般的な家庭でした。

 

【2】祖母の葬儀で徳島県へ


引用: Pixabay

1989年3月5日。

松岡伸矢くんの祖母(母・圭子さんの実母)が亡くなり、翌6日に葬儀が執り行われるということで、一家は母・圭子さんの実家がある徳島県小松島市を訪れます。

6日の葬儀が終わると、一家は徳島県貞光町にある母・圭子さんの親戚の家に泊まることになりました。

 

【3】父親は子どもたちを連れて朝の散歩へ

Array

引用: Pixabay

一家が泊まった貞光町は、徳島県の中央北部にあり、北側を流れる吉野川から南部の山岳地帯にかけて広がる町で、2019年7月現在地図を確認しても、いわゆるのどかな山間の田舎町といった雰囲気です。

ここで一泊した松岡伸矢くんの父親である松岡正伸さんは、自身の3人の子どもと、親戚の家の子どもを引き連れて朝の散歩に出かけます

散歩と言っても時間は10分程度。普段牛久市で暮らす自分の子どもたちに、朝の山道を経験させたく、また母親たちの朝食の支度を邪魔しないように連れて出たのでしょう。

 

【4】わずかな隙にまさかの事態が

引用: Pixabay

10分ほどの軽い散歩を済ませた正伸さんは、親戚宅へ帰宅。

親戚宅は玄関先に石段があり、正伸さんは松岡伸矢くんの弟にあたる次男を抱きかかえて登っていました。後の証言で、この石段を上がるまでは松岡伸矢くんは確実についてきていたそうです。

抱いていた次男を親戚宅で待っていた圭子さんに託すと、正伸さんは玄関から石段方向に戻ります。松岡伸矢くんが石段を登った時、まだ散歩をしたそうだったので、連れて帰るためです。

しかし、石段まで戻ったものの松岡伸矢くんの姿は見当たりません

石段を登って振り向き、そこに松岡伸矢くんがいることを確認してから、次男を妻に預け石段に戻るまでの時間はわずか40秒。4歳の子どもが1人でどこかに行くには短すぎる時間です。

これが1989年3月7日午前8時ごろになります。

 

【5】周辺を大捜索するものの…

Array

引用: Pixabay

松岡伸矢くんが見当たらないということで、父親である正伸さんを筆頭に親戚一同が周辺を探し回ります。

さらに地元の消防団もこれに加わり、山道や雑木林など、親戚宅周辺を徹底的に探しますが見つかりません。

そして2時間ほど捜索した午前10時ごろ、父親は警察に連絡。地元警察も加わり、大捜索隊が結成されます。

 

【6】親戚宅周辺の状況

引用: Pixabay

この親戚宅は、町道の終点付近から私道に入り到達する位置にあり、他に道は繋がっていません。

この町道を100mほど行くと畑があり、当日松岡伸矢くんが消えた時間に農作業をしている人がいましたが、怪しい人影や叫び声はなく車も通行していないと証言しています。

警察は周辺での交通事故や不審者情報を調べますがまったくヒットせず、松岡伸矢くんが誘拐された、事故にあったなど事件性の可能性を否定しています。

 

【7】山間部の大捜索も実らず…

引用: Pixabay

消えたのは4歳の男の子です。町道を伝いどこかに消えた可能性は低く、警察は山に入り込んでの遭難と見て、大規模な捜索を開始します。

貞光署の署員の約半数にあたる15名、近隣住民と地元消防団、さらに消防署員に県警機動隊も含めた、100人を超える捜索隊が一斉に山狩りを行いました

しかし3月7日は成果が出ず、翌8日には200人を超える捜索隊が、さらに範囲を広めて捜索に当たりました。

 

【8】3ヶ月にわたる大捜索も

引用: Pixabay

この捜索はその後3ヶ月にわたり続けられましたが、結局松岡伸矢くんは発見することができず、さらに言えば遺留品と呼べるものも見つかりませんでした。

わずか40秒の隙に起きた謎の失踪事件。まさに「神隠し」と言っても過言ではありません。最後に当時の情報をまとめておきます。

  • 失踪40秒前に玄関目前まで来た松岡伸矢くんを父親が確認している。
  • 周辺に不審人物の情報はなし。
  • 周辺に交通事故の記録もなし。
  • 松岡伸矢くんは4歳ながら自宅の住所、電話番号、家族の名前を答えることができた
  • 松岡さん一家が親戚宅に泊まっていることは親戚以外誰も知らなかった。

 

【9】事件後親戚宅に謎の電話が

引用: Pixabay

警察は松岡伸矢くん失踪後、親戚宅の電話機に録音装置を設置しています。

誘拐であればこの親戚宅に犯人から電話があるとみたからです。そしてその親戚宅の電話に奇妙な電話が入ります。

松岡伸矢くん捜索が続く3月16日の昼頃、鳴った電話に出たのは父親である松岡正伸さんでした。電話の相手は女性で、正伸さんにこう告げます。

奥さんはいらっしゃいますか?言葉は徳島弁特有の訛りがあったそうです。

 

【10】不思議な言葉を残した謎の女性

引用: Pixabay

正伸さんから圭子さんが受話器を受け取ると、電話口の女性は次のような言葉を残したそうです。

ナカハラマリコの母親です」「成蹊幼稚園の月組の父兄です。幼稚園で見舞金を集めたのですが、どちらに送れば良いのでしょうか。もう帰ってくるんですか?」

この問いに、翌日帰ることだけを伝えた圭子さん。しかしこの電話には不自然な点がいくつもあります。

 

【11】電話の謎

引用: Pixabay

まずこの成蹊幼稚園というのは、松岡伸矢くんの姉が通っていた幼稚園です。そして当然一家が住み暮らす茨城県牛久市の幼稚園になります。

なぜ、幼稚園の父兄が徳島訛りだったのか? なぜ徳島の親戚宅の電話番号を知っていたのか?

茨城県の自宅に帰宅後、圭子さんが成蹊幼稚園に確認したところ、見舞金を集めた事実はなく、ナカハラマリコという園児も存在していないことが分かりました。

電話をしてきた女性が徳島訛りであったことから、徳島県にいる人物だとすると、なぜ松岡伸矢くんの姉が通っていた茨城県の幼稚園を知っていたのか?その後この自称「ナカハラマリコの母親」からの連絡はなく、真相は謎のままになっています。

 

積極的にメディアに出演し松岡伸矢くんを探す父親

引用: Pixabay

松岡伸矢くんが行方不明になってから、父親である松岡正伸さんは積極的にメディアに露出し、松岡伸矢くんの捜索を続けます。

その結果日本各地で松岡伸矢くんに似た少年の目撃情報が寄せられるようになりました。

 

【1】目撃情報① 90年4月徳島県

引用: Pixabay

失踪から約1年後、徳島県内の主婦が「松岡伸矢くんを市内で見た。まず間違いない」という信頼度の高い情報が届き、父親は急いで徳島県警に設置された本部に情報を提供。人物特定の依頼をします。

しかし、その後本部からの連絡がなく、正伸さんが連絡をすると担当警部が、「自分の父が亡くなりドタバタしておりまして…」などと言い、結局情報は得られませんでした。

 

【2】目撃情報② 90年山形県米沢市

引用: Pixabay

同年今度は徳島県から遠く離れた山形県からも目撃情報が届きます。「米沢市内のデパートの前でよく似た少年を見た」という情報を頼りに、父親はそのデパート周辺でビラを配布。

すると1人の主婦が「この少年を上杉公園(米沢市内)で見た」と証言し、ちと矢が探しに行くものの、売店付近で見たという証言を最後に消息は分かりませんでした。

 

【3】目撃情報③ 91年徳島県阿南市

引用: Pixabay

91年(松岡伸矢くん6歳)には、再び徳島県から目撃情報が。目撃場所は四国八十八箇所の第二十一番札所でもある「太龍寺」(徳島県阿南市)付近。

証言によると「5~6歳の白装束の少年を連れた男女2人組。その男女は白装束ではなく普通の身なりで、少年の両親にしては年齢に違和感があった」とのこと。

この情報を基に母親である圭子さんが八十七番札所、八十八番札所で待機するものの、該当する3人連れは現れませんでした。

 

【4】目撃情報④ 北海道(※時期不明)

引用: Pixabay

時期は不明ながら北海道の男性から、「内地(本州)からシンヤ君と名乗る少年を貰ってきた人を知っている」との情報がありましたが、この情報も決定打には至りませんでした。

 

【5】目撃情報⑤ 97年神奈川県横浜市

引用: Pixabay

時は流れ97年(松岡伸矢くん12歳)、神奈川県横浜市のOLから、「電車内で鳥肌が立つほど松岡伸矢くんに似ている少年がいた」との情報が。少年はこのOLの隣に座っていたそうです。

OL曰くその少年は身なりもあまり美しくなく、就かれている印象だったとか。さらに手首には包帯を巻いており、その包帯から傷が見えていたそうです。その傷と身なりで心配になったOLはその少年に声をかけます。

おじさんにいじめられる」そう答えた少年に、OLは電話番号を伝え、何かあったら連絡するように告げます。その後一度連絡があったそうですが、結局発見には至りませんでした。

 

【6】目撃情報⑥ 98年中国地方

引用: Pixabay

松岡伸矢くんが13歳、中学生となるはずの98年には、中国地方のレンタルビデオ店で松岡伸矢くんによく似た少年が目撃されています。

少年はその店で映画『タイタニック』のポスターを購入したそうです。

その時少年はコワモテの男性と一緒であり、気になった店員はすぐに店長に報告。店長が立ち去った2人を追いますが見失い、その後目撃情報は途絶えてしまいました。

 

【7】目撃情報⑦ 00年徳島県海部郡美波町

引用: Pixabay

2000年(松岡伸矢くん15歳)には、松岡伸矢くんの母・圭子さんの親戚の知人という非常に近い存在から目撃情報が届きます。

松岡伸矢くんが失踪した翌月(89年4月)、徳島県南部にある日和佐の海岸で、松岡伸矢くんらしき少年を見かけたという情報です。

この知人によると、日和佐の海岸で30代に見える男性が松岡伸矢くんと見られる男の子を抱いていたそうです。その知人は松岡伸矢くんの顔を見知っていたそうですが、その少年の顔を確認することはできなかったそうです。

 

【8】2019年現在いまだ行方不明のまま

引用: Pixabay

多くの目撃情報はあるものの、決定的な情報がなく、2019年7月現在未だ松岡伸矢くんは行方不明のままです。

松岡伸矢くんは現在34歳。この30年間で松岡伸矢くんらしき遺体も発見されていない以上、どこかで生きていると信じたいところです。

 

松岡伸矢と関係あり?テレビに登場した和田竜人さん

引用: Pixabay

松岡伸矢くん捜索のため、メディアやSNSを活用し続ける父親の正伸さん。

そんな正伸さんに衝撃的な情報が届いたのは2018年1月でした。テレビに出演した記憶喪失の男性が、松岡伸矢くんに非常に似ていたのです。

 

【1】和田竜人さん=松岡伸矢くん説の理由①

 

この投稿をInstagramで見る

 

[GOD][GODグラマラスAIちゃん[GOD]さん(@lovepanic_8888)がシェアした投稿

まず何といっても顔が似ているという点が挙げられます。

もちろん松岡伸矢くんの顔写真は4歳当時のものですが、和田竜人さんの現在の写真を見ると、特に鼻から口にかけて面影があるように見えます。

 

【2】和田竜人さん=松岡伸矢くん説の理由②

引用: Pixabay

記憶喪失とされている和田竜人さんですが、一部記憶は残っており、そのもっとも古い記憶が4歳の時の記憶だとか。

松岡伸矢くんが失踪した当時が4歳。失踪=誘拐であり、その誘拐のショックで以前の記憶がなくなっていたとすれば道理は通ります。

 

【3】和田竜人さん=松岡伸矢くん説の理由③

引用: Pixabay

これは目撃情報とのリンクが見られるポイントですが、「おじさん」というキーワードがあります。97年、神奈川県横浜市のOLが電車内でみかけた少年は「おじさんにいじめられる」と答えました。

一方和田竜人さんも、テレビ番組のインタビューで、「4歳から17年間おじさんと呼ばれている男性に軟禁されていた」と告白しています。

父親でもなく先生でもなく名前でもなく、「おじさん」としか認識していない男性と暮らすということは、一般的にまずないことですから、これも共通点といえるでしょう。

 

【4】和田竜人さん=松岡伸矢くん説の理由④

引用: Pixabay

これは和田竜人さんが出演していた番組放送当時(2018年1月31日)、twitterに投稿された「自称 歯科助手」という方の発言が発端になります。この歯科助手は、和田竜人さんが通院していた歯科医院で働いていたとか。

この歯科助手のtwitterでの発言をまとめると以下の通りです。

  • 和田さんが通っていた歯医者で助手をしていた。
  • 和田さんの手首には傷跡があった。
  • 和田さんを連れてきていた男性は毎回、「保険証を忘れた」とい言っていた。

番組放送後、この歯科助手は公的機関に連絡をしており、これにより徳島県の捜査本部も動くことになります。

 

和田竜人17年間監禁事件とは?

引用: Pixabay

突如として現れた和田竜人さんですが、その和田竜人さんに関する事件も振り返っておきましょう。

ちなみにこの「和田竜人」という名前は仮名。本名ではありません。

 

【1】本名など詳細は一切不明

引用: Pixabay

和田竜人さんが発見されたのは2014年7月29日。

愛知県弥富市にあるショッピングセンターのトイレにいるところを保護されました。保護された当時和田さんはひどく衰弱しており、意識不明の状態だったそうです。

そしてその後保護された和田さんの証言から、17年間にわたる監禁生活を送っていたことが明らかになります。

 

【2】目が覚めると見知らぬおじさんが

引用: Pixabay

和田竜人さんの証言によると、もっとも古い記憶は1996年頃、大人と出かけていたそうです。この大人が両親だったのかどうか、和田さん自身もはっきりしないそうです。

その出かけていた最中に和田さんは睡魔に襲われ、なぜか眠ってしまい、目が覚めるとさきほどまで一緒にいた大人とは別の男性の家にいました。そして和田竜人さんと「おじさん」の奇妙な生活が始まります

 

【3】年齢を把握したのは5歳の時

引用: Pixabay

和田竜人さんが自身の年齢を把握したのは、おじさんとの生活が1年ほど経過した時。おじさんから「今日でお前は5歳だ」と告げられたそうです。そんなおじさんとの生活は、異様なものでした。

  • 自宅からの外出は禁止
  • テレビを観るのも禁止。
  • 学校には通わせてもらえず、ドリルを与えられる
  • おじさんはずっと自宅にいた。
  • 毎日PCでグラフのようなものを見ていたのでトレーダーかもしれない。

この軟禁生活は17年間に及びます

 

【4】軟禁状態からの脱出計画

引用: Pixabay

4歳の時に連れていかれ、自宅から一歩も出ないのが普通の生活であると教え込まれた和田竜人さん。

幼いころはその状況を当然と受け止めていたのかもしれません。しかし歳を重ねるごとにそんな生活に違和感を感じたのでしょう。

和田竜人さんはおじさんの目を盗み、おじさんの財布から気づかれぬように少しずつお金を抜き取り始めます。逃走資金を貯めていたのでしょう。

 

【5】隙をついての脱走

引用: Pixabay

そして2014年6月28日。おじさん不在の隙をつき、和田竜人さんは軟禁されていた家を脱出

一気に街を出て近郊にある神社で寝泊まりをするようになります。しかし神社で寝泊まりをする間に持っていた現金を盗まれてしまいます。

現金のなくなった和田竜人さんはあてもなくさまよい、最終的に愛知県弥富市のショッピングセンターのトイレで保護されることになります。

 

【6】保護後は便利屋として生計を

引用: Pixabay

保護された2014年の時点で、和田竜人さんの記憶を頼りにすれば年齢は22歳ということになります。

しかし正確な記憶がないため、身分証明書や戸籍の確認が取れません。そのため部屋を借りることも就職することもできない和田竜人さん。

自立支援センターの個室で生活をしながら、便利屋の仕事を手伝い生計を立てていたそうです。そして2018年、テレビ番組に出演し、自身の事件について、そして現況について語ったわけです。

 

【7】和田竜人さんは松岡伸矢くんなのか?

引用: Pixabay

さて、和田竜人さんは本当に松岡伸矢くんなのでしょうか?

和田竜人さんの言葉を信じれば確かに年齢は近いですし、手首の傷、おじさんなど共通点が多いのも事実です。

この2018年1月放送のテレビ番組を観ていた視聴者の中にも、この2人が同一人物なのではないかという発言が盛り上がります。その大きな決め手となったのがやはり自称歯科助手という方の書き込みでしょう。

この書き込み、及び歯科助手の方の通報をきっかけに、和田竜人さんと松岡伸矢くんのDNA鑑定が行われることが発表されます。

 

松岡伸矢と和田竜人の関係性は?DNA鑑定も?

引用: Pixabay

顔の雰囲気も非常に似ており、おじさんというキーワードも共通する和田竜人さんと松岡伸矢くん。

テレビ番組とその視聴者の証言をきっかけにDNA鑑定というところまで辿り着きました。

果たして2人は同一人物だったのでしょうか?

 

【1】一度は決まっていたDNA鑑定だが…

引用: Pixabay

松岡伸矢くんの事件を捜査していた徳島県警の捜査本部は、一度はDNA鑑定を発表したものの、なかなかDNA鑑定は行われませんでした。

それを知った視聴者たちの間で、「徳島県警がDNA鑑定を中止した」との情報が流れます。

 

【2】和田竜人さんに別人の可能性が…

引用: Pixabay

DNA鑑定がなかなか行われない中、和田竜人さんが別人である可能性が浮上します。それが「キタザワヒサシ」という三重県在住の男性です。

このキタザワヒサシさんに関しては、以前一緒にコンビニでバイトしていた女性が、「キタザワヒサシである」とtwitterに投稿。この投稿をきっかけに徐々に情報が増えていきました。

 

【3】AKB48のファンとしてメディアにも

引用: Pixabay

このキタザワヒサシという男性は、以前有名なAKB48のファンということで、朝日新聞や読売テレビに取材を受けた経験がありました。そ

の映像を見る限り和田竜人さんに非常に似ているのは間違いありません

 

【4】DNA鑑定が行われなかった真相

引用: Pixabay

ここで和田竜人さんと松岡伸矢くんのDNA鑑定が行われなかった件に戻ります。後に松岡伸矢くんの父親である正伸さんがブログでその真相を明らかにしてくれました。

徳島県警は和田竜人さんと松岡伸矢くんのDNA鑑定をすることを発表したものの、後に和田竜人さんに「キタザワヒサシ説」が流れます。和田竜人さんの事件を捜査しているのは三重県警になります。

徳島県警は、和田竜人さんにDNAを提供してもらうにも、三重県警の捜査を優先するのが妥当であると判断し、一旦和田竜人さんに対するDNA提供依頼を中止にしました。

この時点の情報が地元徳島新聞に流れ、徳島新聞は「DNA鑑定中止」と報道をします。しかし徳島県警としては、三重県警に気を遣い一時静観をしていただけというのが真相です。

 

【5】実際にDNA鑑定が行われる

引用: Pixabay

後に徳島県警と三重県警で話があったようで、和田竜人さんのDNAの提供が決定。そして2018年2月3日には、徳島県警による松岡夫妻のDNA採取も行われています。

気になるDNA鑑定の結果ですが、残念ながら一致せず

つまり、和田竜人さんと松岡伸矢くんは別人であることがハッキリしています。

 

松岡伸矢くんの現在は?

引用: Pixabay

和田竜人さんとは別人であることがハッキリした松岡伸矢くん。

2019年7月現在、今だ行方不明のままです。もちろん徳島県警に捜査本部はあり、今でも情報収集は行われています。

 

【1】松岡伸矢くん事件には不明点も

引用: Pixabay

もちろんここからは想像ということになりますが、松岡伸矢くんの事件には不明な点がいくつかあります。

そんなポイントを挙げてみましょう。

 

【2】謎の電話は何だったのか?

引用: Pixabay

まず一番気持ち悪いのは、松岡伸矢くんが行方不明になった1週間後の電話です。この電話には不自然な点がいくつもあります

まず、「なぜ松岡正伸さんがその電話に出たのか?」という点です。鳴った電話は親戚の家の電話です。電話が鳴ったら当家の人間が出るのが筋であり、正伸さんが出るのは不自然です。

もちろん親戚の方が、「正伸さんが出て」と言った可能性はありますが、すると次の疑問点があります。

なぜ、『奥さんはいらっしゃいますか?』と言われ圭子さんに替わったのか?」という点です。

繰り返しになりますが、鳴ったのは親戚宅の電話機です。そこで「奥さん」と言われた、しかも徳島訛りで言われたのであれば、親戚宅の奥さんに替わるのが普通でしょう。非常に不自然に感じます。

さらに不自然なのが、圭子さんに替わったのが正解であったこと。そんな偶然が起こり得るでしょうか? そもそも「奥さんに…」と言われても、状況が状況です。「どちら様ですか?」と聞かなかったのはなぜでしょう?

 

【3】圭子さんの親戚の知人による目撃情報

引用: Pixabay

【ネーム】

序盤で紹介した目撃情報ですが、これにも違和感があります。

この親戚の知人という方は、1989年4月に徳島県の海岸で松岡伸矢くんらしき子供を目撃していますが、その情報をなぜ11年間公表しなかったのか?

目撃者が非常に近い存在だけに不思議な印象を受けます。

 

【4】どこかで生きている可能性は高い

引用: Pixabay

いろいろ気になる点はありますが、いずれにしても松岡伸矢くんは生きている可能性が高いと思われます。理由は失踪してすぐに通報していること、そして近隣で交通事故や不審者の情報がないことです。

万が一不幸な目に遭っているのであれば、その情報は警察に届くはずです。あまり想像したくありませんが、身元不明のご遺体が出た場合も警察は調べているはずです。

つまり松岡伸矢くんのご遺体は発見されていないということ。つまり、生きている可能性の方が高いと考えるのが普通でしょう。

 

親が目を離した40秒でさらわれた少年は今どこに。

引用: Pixabay

ちょっと信じられないような事件が起きてから2019年3月で30年の時が過ぎました。父親が目を離したのはわずか40秒ほど。そのわずかの間に消息が分からなくなった松岡伸矢くん。

こうした一見神隠しのような事件は、少ないながらも存在はします。松岡伸矢くんもそんな事件の被害者ということになります。

松岡伸矢くんの父親を始め、家族は今でも松岡伸矢くんの帰りを待っています。きっとこの世界のどこかで生きているはずの松岡伸矢くん、いや、今となっては松岡伸矢さんが、元気な姿で帰宅することを願わずにはいられません

人気の記事