【西日本】心霊スポット最恐50選!呪われると話題の廃墟まとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

西日本で一番怖い心霊スポットはどこ?

引用: Pixabay

夏といえば肝試し! 

皆さんは心霊スポットや廃墟はお好きですか?暑い夏には寒い気持ちになれる心霊スポットがぴったりですよね! 

ぞっとする西日本の心霊スポットを50個一気に紹介していきたいと思います。場所や行き方、怖いポイントや、実際に起きた現象についても解説していきますので、ぜひ西日本ですぐにいける心霊スポットをお探しの方は参考にしてくださいね。中には本当に恐ろしく危険な心霊スポットもあります。

行かれる方は自己責任で、何かが起きたらすぐにお祓いなどに行ってくださいね。

 

西日本の心霊スポット最恐50選【50位-41位】

引用: Pixabay

まずは西日本の心霊スポットとしての歴史も浅く心霊現象などの報告も少なく、心霊スポットというよりは肝試しに近い感覚の廃墟から10個紹介していきます。

もっと刺激が欲しい人はパスして先に進みましょう。

 

【50】ほととぎす旅館・大阪


西日本最恐心霊スポット第50位は大阪府にある旅館の跡地です。

もともとほととぎす旅館周辺は観光業で栄えており、いくつも旅館が立っていましたが、現在は全て廃業になっています。その中で唯一、このほととぎす旅館だけが建物としての形を残したまま存在しています。

心霊スポットとして話題になったのは最近で、白い服の女性が出るという噂はありますが、心霊現象や霊の目撃情報、体験談はまだ少ないです。


《住所》〒599-0214 大阪府阪南市山中渓1250
《行き方》山中淫駅から川沿いに進んでいくと建物が見えてきます。しばらく歩いて行くと、ガードレールが切れて、ロープが張られているとこに来ます。手すりのない橋があり、そこを渡ると木でできた門があります。門をくぐり、右へ歩いて行くと水車が見えます。そこが本館です。

 

【49】ダイキョー教習所跡地・兵庫


 

この投稿をInstagramで見る

 

またたびさん(@2matatabi2)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第49位は兵庫県にあります。

教習所の跡地ですが、開校することなく廃墟になりました。路上教習に出て行く道路がありません。経営者が自殺したという噂もありますが、霊の目撃情報や心霊スポット感はあまりなく、寂れた道路と建物があるだけです。

《住所》〒651-1502 兵庫県神戸市北区道場町塩田118

 

【48】イッシー王国・鹿児島

Array

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mikiさん(@rinka2182)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第48位は鹿児島県にあります。

ネス湖のネッシーに対して、池田湖のイッシーとして名付けられた名前の廃墟です。中は博物館のような施設になっており、水槽があります。動物が飼われていた形跡もあり、本当にイッシーがいたのかもしれません。

心霊スポットというよりは、不思議スポットと呼んだ方がいい場所ですね。

《住所》〒891-0312 鹿児島県指宿市池田 県道28号線

 

【47】晴醐苑ホテル・広島

西日本最恐心霊スポット第47位は広島県にあります。

日本の高度経済成長期に合わせて建てられたホテルでしたが、経営期間は短く、地元の人でも知っている人は少ないんだとか。1974年に有料道路が開通したものの、わずか6年で無料道路に変更されます。

客足は一向に伸びず、廃業に追い込まれたものと推測されます。心霊スポットとしての噂は聞きませんが、雰囲気は抜群にあります。

《住所》〒720-0202 広島県福山市鞆町後地 グリーンライン

 

【46】旧若草寮・香川県

Array

西日本最恐心霊スポット第46位は香川大学の旧大学寮です。

新しい寮が建設されてだいぶ経ちますが、いまだに取り壊しの工事などはされていないそうです。立ち入った学生によると、その旧寮内には不気味な雰囲気があるとのことです。訪れた学生の中でも、怖い人と怖くない人で別れるそうです。

具体的な心霊現象は報告されていますが、何か事情があるのかもしれませんね。

《住所》〒760-0004 香川県高松市西宝町2丁目2丁目12-12 香川大学若草寮

 

【45】倉谷温泉・和歌山

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゼロからの廃墟部さん(@zero_haikyo)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第45位は和歌山県にあります。

オーナーが自殺したことによって廃墟化した旧温泉施設で、オーナーの霊を見た人もいるんだとか。1986年に廃業になっています。

廃墟化したのちには刃物を持った浮浪者が住み着き、肝試し感覚で訪れる人々を追い払っていたそうで、心霊スポットというよりある意味怖い廃墟ですね。

《住所》〒649-6447 和歌山県紀の川市西山田

 

【44】スカイレストニュー室戸・高知

 

この投稿をInstagramで見る

 

h_katsuo🇯🇵(Photo&Sing)さん(@h_katsuma)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第44位は高知県で有名な廃墟です。

設置場所が高台なので、絶景を眺めることができます。自動販売機が設置されたままの喫茶スペースや、中身が残っている冷蔵庫なども残っています。探索中に人の声がしたり、気配がしたという噂が広がり、心霊スポットとしても有名になっています。

また地下室に行く階段もあるらしく、そこもまた異様な空気が流れてるらしいです。

《住所》〒781-7101 高知県室戸市室戸岬町6892

 

【43】摩耶観光ホテル・兵庫

西日本最恐心霊スポット第43位は兵庫県の神戸にあるこちらの廃墟です。

マヤカンの愛称でサバゲー団体や、コスプレ団体などに親しまれています。西日本有数の、美しい景色を見ることができる廃墟としても有名です。摩耶観光ホテルの周りは霊山となっていて、巨大な廃墟の心霊スポットとしても知られています。

特に、昔のお風呂場やトイレなど水回りは霊が集まりやすいのか、多くの目撃情報があります。

《住所》〒657-0801 兵庫県神戸市灘区五毛丸山53

 

【42】志高ユートピア・大分

 

この投稿をInstagramで見る

 

kazumaroさん(@kazumaro.88)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第42位は大分県にあります。

経営難で廃業に追い込まれた遊園地の跡地で、入り口には現在も「大分ユートピヤ 入園無料」と書いてあります。こちらの廃墟はほとんど当時のままの状態で残されており、事務所内には当時使われていたであろうブラウン管テレビや机、書類が散乱しています。

心霊スポットとして、心霊現象の話はほとんど聞きませんが、特に以前おばけ屋敷として使われていた建物はかなり雰囲気があり、不気味です。

《住所》〒874-0803 大分県別府市東山一区526

 

【41】石澄の滝までの道中の廃墟群・大阪

 

この投稿をInstagramで見る

 

RYO-RYOさん(@ryt_mno)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第41位は大阪府にあります。

丸太の橋があり、廃墟は丸太の橋を越えた先にあります。丸太の橋を渡ると道が分岐していますがまっすぐに進むと「一心寺」という建物があります。「寺」とありますが見た目は全く寺ではありません。

建物内は、ボロボロでゴミ屋敷化しており、ゴミが完全に腐りきっており悪臭がひどいです。

《住所》〒562-0005 大阪府箕面市新稲257

 

西日本の心霊スポット最恐50選【40位-31位】

引用: Pixabay

この辺からは心霊スポットとして、霊の目撃情報や体験談が増えてきます。

西日本でも有名な心霊スポットが登場し始めるので、西日本にお住いの方は、聞いたことのある心霊スポットも登場するかもしれませんね。

 

【40】奈良ドリームランド(現在は解体済み)・奈良

 

この投稿をInstagramで見る

 

Japan Awaitsさん(@japanawaits)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第40位は奈良県にある遊園地の跡地です。

現在は残念ながら解体されてしまったそうです。1960年から2006年およそ50年近く営業していました。ピークには年間160万人もの人が訪れたそうで、西日本では有数の観光地でした。

しかし、東京ディズニーランドの開業やUSJが開業後客足が遠のき、そのまま廃墟遊園地となったそうです。心霊スポット的な噂は、誰も乗っていない観覧車が勝手に回っていたとか。

《住所》〒630-8108 奈良県奈良市法蓮佐保山2丁目1−1

 

【39】ホテル太公望・和歌山

 

この投稿をInstagramで見る

 

hirogawa🗾さん(@hiroogawa)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第39位は和歌山県にあり、2013年に廃墟になった比較的新しい心霊スポットです。

廃墟化してまもないので心霊情報は少ないですが、何人かが屋上に人影があるのを目撃しています。これから西日本で注目の心霊スポットですね。

《住所》〒641-0062 和歌山県和歌山市雑賀崎408

 

【38】メリーさんの館@六甲山・兵庫

西日本最恐心霊スポット第38位は兵庫県にあります。

正確な場所は徒歩ではないとたどり着くことができず、建物も蔦に覆われてカモフラージュされているので、近くまで寄らないと見つかりません。正式名称はなく、羊の剥製が飾ってあることから、羊=メリーさん=メリーさんの館となったそうです。

六甲山は山の上に羊の牧場があり、羊の剥製は安易に手に入れることができると予想されます。そのため、メリーさんの館は複数存在すると言われています。

《住所》〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町

 

【37】ホテル皇邸・高知

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇯🇵 Shoheiさん(@shohecamera)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第37位のこちらのホテルは、高知県にあります。

ラブホテルを立てるにしては場違いな場所にあるそうです。煉瓦造りの洋館のような見た目で、外観に圧倒されますが、驚くべきはその内装です。真っ赤なバスタブや、西洋のお城を思わせるインテリアなどが今もそのまま残されているそうです。

心霊スポットとしてのエピソードとしては、過去にホテル内で自殺した女性がいるらしく、噂ではその女性の霊が現れるそうです。

《住所》〒781-0270 高知県高知市長浜1582-1

 

【36】サウナ付きホテル真野原山・鳥取

西日本最恐心霊スポット第36位は鳥取の山奥に存在するのが不気味な存在感のある廃ホテルです。

地元では、心霊スポット化され「幽霊ホテル」と称されているそうです。かなり昔から廃墟化しているようで、平成3年には新聞で幽霊が出没するホテルとして取り上げられています。主に若い女性の霊やオーブなどが確認されています。

《住所》〒682-0423 鳥取県倉吉市関金町明高 県道45号線

 

【35】ガス爆発の家・鹿児島

引用: Pixabay

西日本最恐心霊スポット第35位は鹿児島県にあります。

10年以上前にガス爆発によって一家心中を図ったと言われる家です。霊の目撃談が数多く寄せられ、西日本で知る人ぞ知る心霊スポットになりました。全身が焼けただれた男性の霊が出るそうです。建物自体はだいぶ朽ちており、門、階段、池以外はほとんど残っていません。

《住所》〒891-0311 鹿児島県指宿市西方 県道238号線

 

【34】中城高原ホテル・沖縄

西日本最恐心霊スポット第34位は沖縄にあります。

30年ほど前に建設が開始されたものの、資金不足でそのまま放置されている建物です。近くんおプールで子供が亡くなった事故が起きたことがあるらしく、プールで手を合わせると子供の声が聞こえてくるそうです。

心霊スポットとしてはそこまで有名ではありませんが、その骨組みだけの姿はなかなか迫力があります。

《住所》〒901-2402 沖縄県中頭郡中城村泊 県道146号線

 

【33】北条母子健康センター・愛媛

引用: Pixabay

西日本最恐心霊スポット第433位は愛媛県にあります。

北上母子健康センターは、住宅の中にある廃墟です。現在は近所の駐車場として使われています。探索に行く場合には騒がないように気をつけましょう。心霊スポットとしては、女性の叫び声が聞こえたり、看護師の霊が出るそうです。

また、高確率で何らかの心霊現象が起きているそうです。

《住所》〒799-2432 愛媛県松山市土手内1430-1

 

【32】田中邸(現在は解体済み)・大阪

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko Okabeさん(@namakemonokoto)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第32位には大阪府にあるこちらの家です。

一見普通の家でしたが、心霊スポット好きの間で「皆殺しの家」「皆殺しハウス」と呼ばれています。西日本の心霊スポット好きの間では有名なお宅らしいです。2015年に解体されました。この家の主人が、突然発狂して家族を皆殺しにしたと噂されており、当時、地元新聞にも掲載されました。

まだ解体される前の田中邸では「悲鳴がした」「誰かに腕を掴まれた」という体験談が寄せられていました。

《住所》〒582-0015 大阪府柏原市高井田1000-1

 

【31】ヴァンガード竜串・高知

 

この投稿をInstagramで見る

 

有吾さん(@yugohokutohati)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第31位は高知県にあります。

街のはずれにある廃墟ホテルです。昭和48年に「竜串ハイランドホテル」としてオープンしましたが、すぐに現在の「ヴァンガード竜串」としてリニューアルオープンしました。しかし、わずか2年で廃業します。

このホテルは心霊スポットとしても曰く付きで、経営難を苦に自殺したオーナーの霊や、部屋からのうめき声、屋上のテラスにたくさんの人魂が浮かんでいるという噂があります。

《住所》〒787-0559 高知県土佐清水市下川口 足摺サニーロード

 

西日本の心霊スポット最恐50選【30位-21位】

引用: Pixabay

続いて30位から20位をご紹介します!

少しずつ怖くなって来るので、苦手な人は気をつけてください。

 

【30】鷹の巣遊園・和歌山

 

この投稿をInstagramで見る

 

44041644さん(@44041644)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第30位は和歌山県にあるこちらの廃墟です。

心霊スポットとして西日本でよく名前が上がります。探偵ナイトスクープに取り上げられたことでさらに知名度が上がりました。海岸へ降りることができるのですが、その途中でよく心霊現象に遭遇するそうです。

人の視線や気配を感じたり、不気味な雰囲気が漂っているといいます。ドキドキしたい人には最適ですね。

《住所》〒641-0062 和歌山県和歌山市雑賀崎803

 

【29】ホテル祇園・滋賀

 

この投稿をInstagramで見る

 

rieoさん(@obon_cobon)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第29位は滋賀県にあります。

昔のホテルとして営業していたものの、廃業、建物だけ放置されて廃墟化したのが、滋賀県にあるホテル祇園です。数々の噂によって心霊スポット化しました。4つある扉のうち1つだけ侵入できる扉があり、その部屋が心霊現象が多発している恐怖の部屋となっているそうです。

カビの悪臭がひどいので、もし入る勇気のある人はマスクを持参しましょう。ベッドルームに入ると首が熱くなり、手足が震えだし、胃のあたりに寒気がくるなどの体調不良を訴えるそうです。このホテルの周辺の施設はよく経営者が変わるそうです。何かこの心霊スポットと関係があるのでしょうか。

《住所》〒520-0103 滋賀県大津市木の岡町49-1

 

【28】すだもふ山荘・山口

西日本最恐心霊スポット第28位は山口県にあります。

あるYouTuberも訪れたこともある二階建ての巨大な廃屋です。山の中にポツンと建てられており、そこに通じる道もありません。建てられた理由もわからず、とにかく全てにおいて謎に包まれています。

西日本の心霊スポット好きも度々訪れますが、中に立ち入ることすらできないそうです。この建物に一体何があったのか、すだもふ山荘は何も語らずただ身を潜めているばかりです。

《住所》〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉1237-736

 

【27】麓宝園跡・高知(現在は解体済み)

西日本最恐心霊スポット第27位は高知県にあります。

麓宝園はもともとレジャー施設で、レストランや遊技場がありましたが、昭和50年に廃業しました。しばらくは廃墟として残っていましたが、現在は残念ながら解体されてしまいました。しかし、心霊スポットとして有名になったのは解体後からです。

ときおり麓宝園のあった場所に病院のような建物が現れるという噂があり、心霊スポット化して今う。病院のような建物を見るためには、あることをしなければいけません。それは「見返り橋」で振り返ることです。振り返ったものだけがその建物を見つけることができ、中に入ることもできるのだとか。

しかし建物の中に一度入ってしまうと二度と出ることができなくなるという話もあるので、危険な心霊スポットと言われています。見つけても中には絶対に入らないようにしましょう。

《住所》高知県香美市土佐山田町西又

 

【26】イノチャン山荘・佐賀

西日本最恐心霊スポット第26位は佐賀県にあります。

精神異常者を隔離していた施設から逃げ出した「イノチャン」こと井上さんが、この山荘に入り無差別に殺人を行ったことから、イノチャン山荘と呼ばれるようになり心霊スポットとしても西日本で有名になりました。

事件後はこの山荘は閉鎖され、しばらくして廃墟になりました。今でも事件被害者の夫婦や子供の霊が山荘内を彷徨っていると言います。

《住所》佐賀県神埼市 長崎自動車道

 

【25】天草パールラインホテル・熊本

西日本最恐心霊スポット第25位は熊本県にあります。

天草パールライン沿いにある廃ホテルです。西日本では心霊スポットとして度々うわさされます。以前宿泊者が首吊り自殺、以降それが原因で客足が遠のき廃業に追い込まれました。実際に自殺のあった部屋は廃業後一面コンクリートで埋められてしまったそうです。

この周辺には、ホテルで自殺した人の霊が今でも彷徨っているそうです。

《住所》〒869-3207 熊本県宇城市三角町三角浦 天草パールライン

 

【24】甲賀ファミリーランド跡・滋賀

西日本最恐心霊スポット第47位は滋賀県にあります。

こちらの廃墟は、珍しい遊園地の廃墟です。1970年頃に開園されましたが、経営不振のために1985年には閉園。以降放置されて廃墟、心霊スポット化しました。当初は遊具などが数多く残されていましたが、見物者が増えたために安全のためほとんどの遊具が撤去されました。

現在は一部の遊具と建物のみ残されています。心霊スポットとしては、直接幽霊を見た報告はありませんが、トイレや観覧車で写真を撮ると霊やオーブが映り込むと言われています。

《住所》〒520-3221 滋賀県湖南市三雲

 

【23】魔女の館・広島

西日本最恐心霊スポット第23位は広島県にあり、山中に西洋のお城のような姿の廃墟があります。

「シンデレラの館」や「城の別荘」とも呼ばれており、西日本では心霊スポットとして話題になるものの、誰がなんのために作ったのかはわかっていないのだとか。

中に人がいる様子は一切感じないのに、鉄格子で塞がれた窓から誰かが覗いている様子を周辺を探索した人が目撃している。門は無理やりこじ開けられたかのような形に歪んでおり、城の壁には落書きがされているらしいです。

《住所》〒737-2508 広島県呉市安浦町大字中畑599-88

 

【22】ペコちゃんハウス・鹿児島

 

この投稿をInstagramで見る

 

がくさん(@gakuuu15)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第22位は鹿児島県にあります。

住宅街から離れた場所に、一階部分が半壊した廃屋があります。現在は屋根の部分しか残っておらず、迫力があります。一家心中をして爆発して家が倒壊した説、水害で家が壊れ、一家が夜逃げした説があります。

なぜペコちゃんハウスと呼ばれるようになったかというと、「ぺちゃんこになったハウス」が訛って「ペコちゃんハウス」になった説と、亡くなった家族全員がペコちゃんのように舌を出して亡くなっていたから、という説があります。

この建物内のどこかには呪いのノートがあり、ノートには最後のページに「○日後に死ぬ」と書かれています。これは、読んだ人に残されている寿命を表しているそうです。このノートは住人の日記だとされています。心霊スポットとして西日本では有名です。

《住所》〒892-0871 鹿児島県鹿児島市吉野町9579

 

【21】常盤公園・青年自然の家 山口

 

この投稿をInstagramで見る

 

唐田 政明さん(@masa.robata)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第21位は山口県の常盤公園内にある青年自然の家です。

閉鎖されたばかりなので廃墟ほど廃れてはいません。以前は遠足や地域のイベントなどの宿泊施設として活用されていました。しかし度重なる不可解な事件のために閉鎖されることになったそうです。

遠足でやってきた小学生が首吊り死体を見つけたり、同じく小学生が身元不明の白骨死体を見つけたりということがありました。宿泊していた小学生のうち五人の女生徒が半狂乱になって暴れたこともあるそうです。関係があるかはわかりませんが、近くの木に藁人形が打ち付けてあるそうです。

この場所も心霊スポットととして西日本で有名です。

《住所》〒755-0001 山口県宇部市沖宇部224ときわ少年キャンプ場

 

西日本の心霊スポット最恐50選【20位-11位】

引用: Pixabay

西日本有数の怖い心霊スポットが揃っています。

心して読みましょう。実際に心霊スポットに行く場合には少し注意が必要になってきます。

 

【20】一龍旅館・大阪

 

この投稿をInstagramで見る

 

MASUMIさん(@masumi_mosomoso)がシェアした投稿

西日本最恐心霊スポット第20位は大阪府にあります。

30年以上前に廃墟になった旅館です。今ではすっかり心霊スポットになっています。オーナーが自殺したという噂もあり、なぜかいまだに取り壊されていないこと関係しているのかもしれません。昔、この旅館で服毒自殺を計ったカップルがいたそうです。

しかし、先に毒を飲んだ女性の苦しむ姿を見て男が逃げ出します。二階の窓からこちらをみる女性の姿が目撃されており、今でも逃げ出した男を探しているのかもしれません。壁や床はボロボロながらも昔の旅館の面影を残しており、心霊スポットとしての雰囲気は間違いないです。

また面白半分で行った若者グループが帰りに廃車レベルの事故を起こしたり、高熱を出したりなど不可解な現象もおきています。行く場合には気をつけましょう。

《住所》〒597-0104 大阪府貝塚市水間 国道170号線
《行き方》170号線を水間観音から水間公園方面に向かって歩くと、水間公園を過ぎて直ぐフェンスの張られた池が見えます。道路から見て池を挟んで向こう岸に一龍旅館が建っています。

 

【19】力丸花ホテル・福岡県

西日本最恐心霊スポット第19位は力丸ダム近くの廃ホテルです。

力丸ダムでも過去に殺人事件があり、力丸花ホテルのある力丸峠自体も霊が集まる心霊スポットと呼ばれています。ホテルの窓から女性の霊が顔を覗かせたり、ホテルの駐車場で女性の笑い声を聞いたという噂もあります。

ホテルの横にはかつて力丸十二支苑という寺院やスケート場なども入っている複合アミューズメント施設がありました。薬師如来を祀っている寺院には二重の仏塔があり、この仏塔の地下が不気味らしいです。地下に降りると胎内巡りができるようになっており。

出口付近には水子供養のための部屋も用意されているそうです。

《住所》〒822-0122 福岡県宮若市下2408-4

 

【18】喝破(カッパ)道場・香川

西日本最恐心霊スポット第18位は香川県にあります。

日盛山山頂に位置する有名な心霊スポットです。元々は不良の青少年を更生させる目的で作られた道場で、厳しい訓練に耐えかねた青少年たちが風呂場で集団自殺をした、道場から身を投げたという噂が残っています。

建物内を探索した人が「こっちにおいで」という言葉を聞いたという話もあります。建物内はひどく荒らされています。霊が出るのは地下の風呂場、屋上です。更生施設ではなく剣道道場だったという話もありますが、こんな辺鄙な場所に建てられているということは何か特別な事情があったのでしょう。

《住所》〒769-2102 香川県さぬき市鴨庄1618

 

【17】七つの家・山口

西日本最恐心霊スポット第17位は山口県でも有数の心霊スポットとして有名です。

その名の通り、七つの家が並んで建っている集落です。どの家も廃墟化しています。昔は7世帯が暮らしていましたが、ある日突然7世帯の家族が全員姿を消してしまったというのです。家の中には人が住んでいた形跡も残っており、家具はそのままになっています。

7世帯の家族が消えた当時は鎖に繋がれたままの犬もいたらしいです。7つの家のうちの一つは焼けてしまっています。また、一番奥の家では殺人事件が起きたという噂もあります。一体、この7世帯に何があったというのでしょうか。

《住所》〒743-0062 山口県光市立野 県道23号線

 

【16】ホテル甚五郎・香川

西日本最恐心霊スポット第16位の香川県にあるホテル甚五郎は、1960年に開業しました。

開業当初は観光地として賑わいを見せており、西日本を中心にたくさんの観光客が訪れていましたが、やがて客足が遠のき2002年に廃業、廃墟化しました。今でも屋島ドライブウェイを通っているとその姿を確認することができます。

外観は綺麗ですが、入り口近くのエントランスはかなり荒れているそうです。客室は当時のまま残されており、冷蔵庫には当時の飲み物もあるそうです。廃墟ホテルとして有名ですが、ホテル内を探索中に人影を見たという噂があります。

また、上半身だけで這いずり回る霊を見たという話もありますので、心霊スポット要素もあります。

《住所》〒761-0111 香川県高松市屋島東町1801-5

 

【15】七洋園・和歌山

西日本最恐心霊スポット第15位は、和歌山県にあるレトロな外見が廃墟マニアに人気な心霊スポットです。

営業中から廃墟のような雰囲気が漂っており、「泊まれる廃墟」として有名でした。今にも幽霊が出そうな雰囲気が西日本で人気で、肝試し感覚で宿泊する人も多かったそうです。かつてご主人が一人で営業をしていたそうで、現在はそのご主人も亡くなられ、完全に廃墟化しています。

実際に昔泊まった人は、「気分が悪くなった・体調が悪くなった・体が重くなった」と訴えています。

《住所》〒641-0062 和歌山県和歌山市雑賀崎416 観光旅館七洋園

 

【14】プラザ松本・奈良

西日本最恐心霊スポット第14位は奈良県にんあります。

こちらはもともと一階にプラザ松本というスーパーが入っていた建物でした。当時はパチンコ屋やレストランなど様々なテナントが入っていたそうです。現在は工事関係の会社が入っており、倉庫として使用されているそうです。

以前中学生が飛び降り自殺をしたことがあるということから、幽霊ビルと呼ばれ始め、心霊スポット化しました。中学生ぐらいの子供の霊が時折目撃されています。歩道の脇に地下に続く扉があり、実際にそこに行った人は入ると同時に手に持っていたライトが壊れたそうです。

その時は半分ほど扉が開いていたそうなので、誰かが呼んでいたのかもしれませんね。現在は私有地なので立ち入るのはやめておきましょう。

《住所》〒634-0076 奈良県橿原市兵部町2-2(株)グローバルコミュニケーションズ

 

【13】旧笠置観光ホテル・京都

西日本最恐心霊スポット第13位は京都府にあり、西日本を代表する巨大廃墟となっている笠置観光ホテルは、かつては自然あふれるリゾートが楽しめると人気の観光地でした。

しかし、経営不振からオーナーが自殺。以降、オーナーと見られる顔が焼けただれた霊や、おばあさんの霊、屋上には女性の霊が出ると言われています。西日本のバラエティー番組でも有名人が廃墟内に入った様子が放送され、有名な心霊スポットになりました。

実際に行った人の証言によると女の人の叫び声や何者かの影が報告されています。建物内は荒れ果てて、ガラスの破片が散乱、吹き抜けのエレベーターもそのままになっているので、万が一入る際には気をつけましょう。

《住所》〒619-1303 京都府相楽郡笠置町笠置峠50
《行き方》国道163号線を東の方向へ行くと笠置トンネルがあります。トンネルを抜けてすぐ右の旧道へ入って進むと正面にあります。

 

【12】静山荘・鳥取

西日本最恐心霊スポット第12位は鳥取県では有名なラブホテルの跡地で、現在はA棟のみが取り残されています。

雰囲気も不気味で、怪奇現象もあとを経ちません。実際に行った人の話によると、静山荘に近づいた途端に人ではない無数の何かの影がこちらに迫ってくるのが見え、慌てて帰ってきたとか。また静山荘の近くの細道を進んで行くと「下を見るな」という看板があり、その下にはお地蔵さんが4体いるとか、いないとか。

《住所》鳥取県鳥取市 山陰道
《行き方》丸山町から318号線を北に向かってすすむと、鳥取市覚寺の交差点があるのでそこを超えます。短い間隔で二つ続く交差点を越えて進むと、右折する道があるのでそこを右折します。少し行くと右手に納骨所が見えてきます。その道を真っ直ぐ進んだ先にヘアピンカーブがり理、そのカーブの中間のあたりにあります。

 

【11】御札の家・岡山

西日本最恐心霊スポット第11位は岡山県にあります。

心霊マニアの間では、岡山県最恐の心霊スポットと言われており、由加山のすぐ麓にあります。普通の民家の成れの果てのように見えるが、この廃屋の中にはお札がいたるところに貼られているというのだ。

10年以上前に一家心中があった家で、廃墟になったのちも怪奇現象が度々起こるため、このようにお札が貼られているのだといいます。ここにはかなり強力な霊がいるらしく、霊感の強い人が訪れるとめまいがしたり、体調を崩したりするそうです。

《住所》〒711-0901 岡山県倉敷市児島由加3136

 

西日本の心霊スポット最恐50選【10位-4位】

引用: Pixabay

西日本でもかなり有名な部類の心霊スポットです。

ここからグッと怖さが増すので、心臓の弱い方は気をつけましょう。実際に心霊スポットに行く場合にはかなり覚悟が必要です。

 

【10】ブラックビル・和歌山

西日本最恐心霊スポット第10位は和歌山の白浜空港のすぐ近くにある廃ビルです。

もともとホテルを建設する予定でしたが、資金が足りずに工事は中止になりました。撤去されることもなく今もまだ残っています。噂では、工事の最中に事故がありその際に4人作業員がなくなったと言われています。

月日が流れ、外見が汚れ真っ黒に見えることからブラックビルと呼ばれています。実際にブラックビルに行った人の話によると、ビルの内部を探索中に誰かに足を掴まれる、車のフロントガラスに赤い文字で「たすけて」と書かれていたそうです。

ちなみに、赤い文字はフロントガラスの内側から書かれていたそうです。

《住所》〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町(その他)2927-1372
《行き方》白浜空港のすぐそばで、ホテル白い風の近くです。

 

【9】ホテルニュー鳴門・徳島

西日本最恐心霊スポット第9位は徳島県にあります。

見た目は見るからに荒れ果てて朽ちています。圏内では心霊スポットとして有名な場所です。客室は入り口の下にあり、壁の向こう側は断崖絶壁になってい流ので探索するときには注意が必要です。この廃墟内で写真を撮ると、必ず一枚はオーブが写り、動画を撮影すると霊が写り込むそうです。

随分たくさんの霊がいるのか、強力な霊がいると考えられます。建物内は夏でもひんやりと寒く、空気も重いそうです。実際に訪れた人の中には、半狂乱になってお祓いしてもらった人、一緒に行った友人の気分が悪くなり、その後音信不通になった人などがいます。

霊的なものだけではなく、建物の老朽化もひどいので、探索に行く際には十分お気をつけてください。

《住所》〒771-0361 徳島県鳴門市瀬戸町堂浦阿波井66

【8】仏舎利塔・宮崎

西日本最恐心霊スポット第8位は宮崎県にあります。

この周辺の土地では戦国時代に戦に負けた武士たちが自害した場所で、武士の霊もよく目撃されることで心霊スポットと呼ばれ始めました。以前はこの場所には山城がありました。また仏舎利塔の中には人骨がいくつも眠っていると言います。

それは西日本で身寄りのない人の骨だったり、仏様に身を捧げた方の骨だったりします。この場所でふざけて帰り道に事故にあい半身不随になった人もいます。悪ふざけ目的で近寄るのはやめましょう。

《住所》〒889-2162 宮崎県宮崎市青島6丁目13-15

 

【7】マルイ病院(跡地)・大阪

西日本最恐心霊スポット第7位は大阪府にあります。

廃病院と聞くと、ザ・心霊スポットという感じがしてワクワクしますが、現在は建物自体は取り壊されて跡地になっています。気になる人はYouTubeにたくさん動画が上がっているのでそれを見て楽しみましょう。この病院はまだ営業中の時から、「マルイ病院で手術をすると死ぬ」と言われていたそうです。

廃院後に、廊下を歩く霊が何度も目撃されています。20年以上前に肝試しで訪れた若者が、ついさっき誰かが手入れしたかのように綺麗に手入れされたメスや手術器具、照明を目撃しています。外階段から手術室へ少女の霊が登ってくるというのを、テレビで放送したこともあったそうです。

地元民の間でも「マル病は本当にやばい」と噂されており、行くには相当な覚悟が必要そうです。跡地になった後も不可解な心霊現象が相次ぎ、心霊スポット化しています。

《住所》〒590-0521 大阪府泉南市樽井2丁目33−18

 

【6】阿蘇観光ホテル・熊本

西日本最恐心霊スポット第6位は熊本県にあります。

1939年に国からの融資を受けて建設された西日本の国政ホテルになります。湯の谷温泉とも呼ばれ、自然を楽しめる温泉として西日本では有名で、とても人気でした。1957年には昭和天皇も宿泊したということで、知名度が上がりました。

人気のホテルでしたが、運営会社の九州産業交通の経営不振によって2000年に廃業しました。その後「稲川淳二・恐怖の現場」の撮影が行われ、心霊スポットとして注目を集めるようになります。ホテル内に入ると。男女の話し声や不可解な音が聞こえます。

また背後から人の息遣いが聞こえたり、息苦しくなる、顔が見えたりなど奇怪な心霊現象が多発知っています。この心霊スポットでの心霊体験は、多くの人が体験しています。

《住所》〒869-1403 熊本県阿蘇郡南阿蘇村長野2514

 

【5】喫茶いずみ・沖縄

西日本最恐心霊スポット第5位は沖縄県にあります。

宮古島で有名な心霊スポットといえば喫茶いずみです。その名の通り喫茶店の廃墟です。開業から一年と少しで潰れ、経営者が首を吊ったそうです。西日本から沖縄へ旅行に来る人が多く、多くの心霊スポット好きが立ち寄っています。

夜には、あまりの不気味な雰囲気に近くことすらできないそうです。またこの周辺は畑や田んぼばかりで人通りも少なく、何かが起きても助けを呼ぶことができないそうです。肝試しに訪れた一人が行方不明になったという噂もあります。

《住所》〒906-0000 沖縄県宮古島市城辺長間375-5

 

【4】キューピーの館・岡山

西日本最恐心霊スポット第4位は岡山県にあります。

西日本の心霊スポットの中でも訪れた時の衝撃度が桁違いの廃墟がこちら。廃屋に赤ちゃんの人形が無数に吊るされています。その光景は異様で、なんのために作られていたのかも定かでなく、恐怖、不気味レベルは他の廃墟や心霊スポットとは比べ物にならないです。

水子の霊や、赤ちゃんの霊を慰めるために作られた神社が管理されなくなって廃墟化、心霊スポット化したものではないかと言われています。訪れた人の話によると、キューピーの館を訪れた時は何もなかったものの、1ヶ月後に、社会福祉施設に入居中のとあるおばあちゃんに「可愛い赤ちゃんを抱いてるねえ」と言われたのだとか。

赤ちゃんの霊がついて来てしまったのでしょうか。

《住所》〒701-1331 岡山県岡山市北区高松稲荷165

 

西日本の心霊スポット最恐50選【3位-1位】

引用: Pixabay

西日本の心霊スポット上位三位はこちらです。

呪いレベルでの災厄を被る可能性がありますので、訪れる際は十分に気をつけましょう。この三つの心霊スポットは西日本の中でも特に危険で、決して遊び感覚で訪れないほうがいいです。

 

【第3位】かもめ荘・島根

西日本最恐心霊スポット第三位は、島根県にあります。

かもめ荘という名の、なんの建物だったのかわからない廃墟化した心霊スポットです。もともとの施設は老人ホームだった、病院だった、いや、人体実験施設だった、と様々な憶測が飛び交っているのがこちらの心霊スポットです。

実際は保養施設だったそうです。ある有名な除霊師さんが除霊を行ったことでも話題です。

一番心霊スポットとしてやばいと言われているのが地下室です。入り口から左側に地下に続く階段があるのでそこから行くことができます。その先には扉がいくつかあり、一番奥に「開かずの間」という絶対に立ち入ってはいけない部屋が存在するそうです。

普段は開いていないのですが、時折開いている時があるらしく。その部屋に入ってしまった人は肺炎で高熱を出して入院したり、高熱の合間に悪夢を見たりするそうです。かもめ荘には肝炎や結核の隔離病棟だったという噂もあり、それも嘘ではないのかもしれませんね。

《住所》〒699-0763 島根県出雲市大社町日御碕 県道29号線
《行き方》国道431号線から県道29号線に入り、海沿いを真っ直ぐに進むと途中にかもめ荘へと続く抜け道があります。

 

【第2位】嵐山展望台

西日本最恐心霊スポット第二位は沖縄県にあります。

沖縄県名護市にある嵐山展望台です。地元では有名な心霊スポットで、展望台に女性の霊が出るそうです。有名なYouTuberが訪れ、実際に女性の霊を目撃しています。遠くから女性のすすり泣く声が聞こえたり、耳元で誰かにささやかれたりすることがあるそうです。

嵐山展望台をまっすぐに進んでいくと、一家惨殺事件があった廃墟があります。その事件が起きたのは30年ほど前のことで、本土から引っ越してきた人が住んでおり、なんでも別れた後にストーカーになった男が、女性とその家族が住んでいた一家を皆殺しにし、焼き払ったのだといいます。

この家は「幽霊屋敷」と呼ばれ、この場所で写真撮影をするとオーブが映り込んだり、惨殺された家族が映り込むことがあるのだとか。

戦争や嵐山展望台での首吊り、一家の惨殺事件など様々な要素が複雑に絡んでいる土地で、昼間でも不気味なんだそうです。空気も独特で、異様な空気感なので、行く場合には相当な覚悟を持って行った方が良さそうですね。

《住所》〒905-1154 沖縄県名護市呉我1460-2 嵐山展望休憩所
《行き方》名護市羽地内海側の道路を、今帰仁村向けに走行すると嵐山展望台の標識が見えてきます。

 

【第1位】首吊り廃墟・大阪

西日本最恐心霊スポット堂々の第一位は大阪、新世界にあるこちらの廃墟です。

全焼したビルの跡地になります。見た目もさることながら、どうして首吊り廃墟というこんなにも恐ろしい名前をつけられてしまったのでしょうか。それは、向かい側にあるスパワールドに宿泊していた青年が何気なく撮ってしまった写真に由来しています。

窓の外の写真を何枚か撮っていたのですが、その中の一枚に向かい側のビル、つまり首吊り廃墟が写り込んでしまっったんですね。火事で全焼したもののそのままの姿で放置されているビルに興味を持った青年は、撮った写真をまじまじと観察しました。

そこで、ビルの屋上に人影のようなものがあるのを見つけます。気になってスパワールドの従業員に連絡をすると、従業員が警察に連絡、すぐに警察官数名が屋上に駆けつけます。

屋上を調べてみると、そこにはなんと死後数年の時間が経ち白骨化した死体がぶら下がっていたのです。話はこれだけでは終わらず、白骨死体の話を聞きつけた別の青年が見物に来た際に、屋内で等身大の人形がぶら下がっているのを発見します。

奇怪なことに、その人形の周りにはいくつもの靴がぶら下がっていたそうです。不気味に思いながらも青年は帰宅します。

その数日後に、そのビルの屋内で首吊り死体が発見されたことを、青年はニュースで知るのです。この他にも話は知られていないそうですが、さらにもう一体の死体が発見されているので、計三体の死体がこの場所で見つかったことになります。

この心霊スポットを訪れた人の中には「写真を撮ったら白いモヤが写り込んだ」「女の人の影を見た」という噂もあります。度胸がある人は行ってみてはいかがでしょうか?

《住所》〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目4-3
《行き方》スパワールドの向かい側にあります。商店街の真ん中に焼け焦げたビルがあってひときわ目立ちますので、わかると思います。

 

日本の心霊スポット制覇を目指そう!

引用: Pixabay

いかがでしたでしょうか? 

今回は西日本の心霊スポットを50選紹介してきました。ぞっとするような心霊スポットがたくさんありましたね。西日本にもまだまだご紹介しきれないほどたくさんの心霊スポットがありますので、気になる人は調べて見てくださいね。

西日本だけではなく、日本中にはまだ見ぬ心霊スポットがたくさんあります。ぜひ、この夏は日本の心霊スポット完全制覇を目指して見てはいかがでしょうか? 

心霊スポットへ出かけるときは、くれぐれも帰り道にお気をつけください。

人気の記事