大脇正人の現在!岐阜バーベキュー殺人の犯行動機&遺族のその後まとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

岐阜バーベキュー殺人事件とは?

引用: Pixabay

2017年5月7日、岐阜県で起きたバーベキュー中に起きた殺人事件についてをご存じでしょうか。

全国ニュースではそれほど大きく取り上げられてはいませんでしたが、少しだけニュースで報道がされていた事件です。

被害者は、大脇正人さん(当時32歳)です。大脇正人さんは、自宅でバーベキューをしていたところ、隣人の26歳男性、野村航史に刃物で刺され、死亡しました。大脇正人さんは病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡されています。

近事件はバーベキューをしていた時にバーベキューにも参加していなかった隣人に視察されてしまうという不可解な点が多い事件です。ここからは岐阜バーベキュー事件についてをご紹介していきます。

被害者の小脇正人さんは、なぜ殺害されてしまったのか。犯人の野航史が殺害に至った犯行動機は何だったのかを、事件の概要と一緒にご紹介していきます。

 

【1】事件の経緯について


引用: Pixabay

まず、岐阜バーベキュー殺人事件の事件についてをご紹介します。

事件当日、午後6時半ごろに、大脇正人さんが自宅でバーベキューをしていたところ、隣に住んでいた野村航史に腹部付近を刺されました。

その際、野村航史を取り押さえようとした別の男性も、腕を切られるなどのケガを負っています。
野村航史はその場で現行犯逮捕されました。

 

【2】大脇正人さんのバーベキューについて


引用: Pixabay

事件の概要をたどっていくと、この事件で被害者となった大脇正人さんについて批評が集まっているのです。
その理由は、殺害されたと気に行っていたというバーベキューになりました。大脇正人さんは、野球部のコーチをしていたようで、バーベキューの参加者は、所属している子どもと、その親を含めて20人以上で行っていたようです。

かなりの大人数でバーベキューをしていたことがわかり、証言によると参加者が敷地内で収まりきらず、道路にあふれていた状態だったといいます。

こうした状態から、迷惑行為をしていたのではないかという意見が続出しています。

 

【3】 犯人、野村航史について

Array

では、岐阜バーベキュー殺人事件を引き起こした野村航史についてご紹介します。

隣人であった野村航史は、小学校から不登校で引きこもりであったという証言があります。当時は働いておらず無職の状態で、父親に生活費を頼んでいたそうです。また、アルバイトも1日で首になってしまったという証言もあります。そのアルバイトの店主は、野村航史に逆恨みされることを恐れ、警察に巡回を依頼したとのこと。

異質な雰囲気を醸し出していた野村航史ですが、学校や職場などの対人関係のトラブルは絶えなかったようです。

さらに、野村航史被告は、アスペルガー症候群であった可能性が浮上しています。これらの症状については、下記にて野村被告の現在とともにご紹介していきます。

 

【4】 懲役25年の判決に・・・

引用: Pixabay

事件を起こした野村航史被告に判決が降りたのが2018年9月27日のことでした。

弁護側は野村航史にアスペルガー症候群という症状から犯行に与えた影響を考慮して懲役9年が妥当と求めていましたが、判決の決め手として、強固な殺意があったことが認められて懲役25年になったといいます。

野村被告がアスペルガー症候群であったことは、野村航史の弁護士が言うことですから真実であると考えられます。こうしたアスペルガー症候群の症状により、対人関係等が困難であったと推測され、家族もまた疲労を生活に覚えていたといいます。

 

大脇正人の驚くべき犯行動機とは!

引用: Pixabay

 

【1】「殺すつもりはなかった」

Array

引用: Pixabay

殺害をし、現行犯逮捕された野村航史の犯行動機は、逮捕された当初「殺すつもりはなかった」と殺意を否定していました。

また、警察によると、野村航史は以前から近所の人に「うるさい」といい苦情を伝えている姿が多数目撃されていたといいます。

そのため、バーベキューをするなどの行為をしていた大脇正人さんとは隣同士であることから、隣人トラブルにつながったのではないかと言われています。

 

【2】また、大脇正人さんへの酷評の理由とは

引用: Pixabay

今回の事件で亡くなった大脇正人さんを批評する人が続出しています。その理由は、大脇正人さんがやっていたFacebookの投稿にありました。

なんと、七輪を使って墓石の前でサンマを焼いていたのです。どうしてそのようなことを起こしてしまったのかは不思議ですが、こうした罰当たりなことを平気でするという人物像が垣間見えてしまい「DQN」であるといわれてしまうほど。

 

【3】そして事件発生してからのカメラ映像

引用: Pixabay

今回、最も迷惑行為だとたたかれてしまっている写真があります。それが上空から自宅を見下ろすぐらいの高さから映し出された動画です。

その動画には、なんとバーベキューのセットが路上に設置されていた映像が映っていまいた。自分の敷地内でバーベキューをすることは自由ですが、公道で広げてしまう行為はいけませんね。こうした迷惑行為を隣りで行ってしまったこと、犯行動機のきっかけにつながっているような気がします。

野村航史は大脇正人さんに、子どもが遊んでいるタイミングで「うるさい」と苦情を言いに行っていたというのです。このことから、大脇正人さんと野村航史との近所トラブルはあったと推察されます。

そもそも、引きこもりがちな野村航史と、大人数で遊んでいた大脇正人さんとでは、騒音等のトラブルへの価値観や考え方も大いに異なることではないかと感じます。

それらを踏まえても、本来であれば殺人事件にまで発展する必要性のない事件だったと考えます。どうして殺人を起こさなければならないと感じるのか、と。

 

岐阜バーベキュー殺人事件被害者遺族まとめ!

引用: Pixabay

大脇正人さんのご家族は現在もご健在であるという情報があります。

しかし、個人情報の為、ご遺族の名前等は公開されていません。事件当初も被害にあわれたのは大脇正人さんとその知人にあたる男性の方のみでした。

当時、事件が起きてすぐにご家族の方は、事件の悲痛さを訴えていました。「ただバーベキューをしていただけなのに」という言葉が印象的でしたが、その後近所の方の証言から、事件を起こした野村航史の生活状況などの証言も上がっているのです。

野村航史は引きこもりがちな生活を送っていたといいます。隣人である大脇正人さんとは正反対で、家で過ごすことがほとんどであった生活状態だったそうです。その状態を見ると、外でバーベキューをしていた声すらも、野村航史にとっては騒音に聞こえたのでしょうか。

実際に、近所の方の証言で殺害されてしまった大脇正人さんが、隣人である野村航史から恨みを持たれていた可能性があったという声もあります。なんと、野村航史はたびたび110番通報をして騒音を訴えていたようです。

つまり、事件が発覚する前からたびたび近所のトラブルがあったということになります。大脇正人さんと野村航史は正反対の人間性であったことから、こうした音に関する価値観や考え方も違っていたのかもしれません。

不幸な事件ではありますが、この岐阜バーベキュー殺人事件では、事件発生後から視聴者からの声も独特なものが挙げられています。

実際に大脇正人さんがバーベキューをしていた様子にも酷評がありますが、バーベキューよりも以前から騒音の被害があったことや、Facebookにあげている写真の中にも数多くのマナー違反を起こして言うなど、大脇正人さんの評判が下がってしまう結果となってしまいました。

 

岐阜バーベキュー殺人事件被害者の友人のその後まとめ!

引用: Pixabay

この一連の事件で、亡くなった大脇正人さんと一緒に怪我を負った友人の方は、現在も生存されているとの情報があります。

しかし、この事件が発覚して以降、大脇正人さんのSNSから得られた情報を見ると、マナー違反をたびたび起こしていたことが判明され、同じような行動を共にしていた友人を含め、世間からは非難を浴びている状態です。

被害者の大脇正人さんの命が奪われている事件にもかかわらず、大脇正人さんのSNSが拡散されてしまい、プライベートの写真が流出し、その中でマナー違反が指摘されていたと推測されます。

また、事件当時、ご自宅でバーベキューをしていた現場が、公道からはみ出して開催されているなどの、一般人から見るとマナーのなっていない行動が問題視されてしまいます。

さらに、逮捕された野村航史から得られた供述に理解不能な発言が多いということもある中で「子どもの声がうるさかった」という証言があるといいます。

事件当日、大脇正人さんは野球のクラブチームにコーチとして所属していたそうで、その子どもたちと保護者を招待してバーベキューをしていたようです。

マナー違反ももちろん苦情の元になった原因ではないかと考えられますが、今回事件を引き起こした野村航史は、子どもを狙った可能性もあることから、大脇正人さんが子どもをかばって被害にあったのではないかという証言も家族からされているのです。

こうした一連の事件を、後日談として被害者も悪かったという語り方になるのはいかがなものかと思ってしまうほど、考えさせられる事件ではないかと感じます。

 

大脇正人の現在【岐阜バーベキュー殺人事件】

引用: Pixabay

今回の一連の事件をまとめると、インターネット上では「被害者にも問題はあった」という意見を発している人が多くいらっしゃいます。

もちろん、殺人をする当人が一番罪深いと思います。ですが、殺人という罪を犯すまでのきっかけや原因を引き起こしたのが、被害者である大脇正人さんであることが、この事件は大きく明るみに情報公開されているのです。

その原因は、SNSでした。大脇正人さんが利用していたツイッターやインスタグラムからわかる状況は「不良」であったこと。写真で納められている情報をもとに大脇正人さんという人物が特定され、どのような非人格者だったのかということが推定され、被害者でお亡くなりになっているのにもかかわらずバッシングされてしまうという事態が発生しているのです。

ですが、反面地方ニュースなどでは、近所の方やご家族の証言として、被害者の大脇正人さんが子煩悩でクラブチームのコーチとして積極的に活動をされていた人格者であるという声が後を絶ちません。

実際に、事件が起きたときにはクラブに所属していた子供たちを招待して楽しくバーベキューをしていたということがわかっています。

こうしたイベントを自宅で開催し、子どもにも優しいといわれている大脇正人さん。現在は事件でお亡くなりになっているため、事件の生の声を聴くことは難しいです。

インターネットのSNSの情報や、テレビの情報がどちらも真実であるか否かという判断は、第三者である事件を知った人たちにはわかりません。実際に大脇正人さんがここまで情報が明るみになるということも、SNSがきっかけでわかる情報のみです。

しかし、元をたどれば、なぜ事件が起きてしまったのかというと、近所トラブルであったということがわかります。

ニュースやインターネットから見る今回の岐阜バーベキュー事件では、犯行動機として野村航史が大脇正人さんのバーベキュー人の騒音に悩まされていたことがわかっています。特に子どもの声がうるさいとい証言が野村航史から挙げられています。

ですが、こうした犯行動機が判明してるのに、「騒音」についてが注目され、いつしかマナー違反をしていたという情報が注目されるようになりました。

ここで一つ考えていただきたいことが、どうして事件が起きてしまったのかということです。逮捕された野村航史は、本人の口から証言があったものの、それ以外は意味不明な言動を繰り返しているとニュースでは証言されています。

現在、懲役15年の判決が降り、服役中です。検察は懲役25年を求刑していましたが、野村航史がアスペルガー症候群であることから減刑されたといいます。

これらの判決から、逮捕された野村航史がアスペルガー症候群であったということがわかりました。つまり、障害を患っていたことからの減刑であったという判決です。

しかし、大脇正人さんの情報から、野村航史に対する懲役15年はあまりにも長いという声が挙がり、減刑の声もあるとのことです。

大脇正人さんの情報が、被害者であるにも関わらず加害者のように扱われ、逆に加害者である野村航史は被害者であるかのような扱いになっています。

この事件は、こうした人間性を問われる事件と総称しても良いかと感じます。SNSの情報収集力、そしてマナーの問題、それらが深く関与し、大きな問題となっている殺人という罪には否定どころか称賛する意見まであります。

不可思議な事件、そういっても他言ではないでしょう。

人気の記事