岡山地底湖行方不明事件の真相!白米美帆の現在&いじめの謎まとめ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

岡山地底湖行方不明事件とは?

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件は、2008年1月5日に当時大学3年生で21歳だった名倉祐樹さんが日咩坂鍾乳穴の奥にある地底湖で行方不明となり、現在も消息不明の事件になります。

岡山地底湖行方不明事件で地底湖に行った4人のメンバーの証言によると、名倉祐樹さんが地底湖に入水してからの姿を誰も確認していないことが判明します。他にもさまざまな不信点が存在しています。

岡山地底湖行方不明事件について、個人で作成されているwikiも存在しており、未解決事件として現在でも多く人が真相解明の為、情報を調べているようです。

ここでは、岡山地底湖行方不明事件についてまとめたwikiを参考にしながら、事件の真相、事件の渦中とされている人物などを、調べてみました。

 

高知大学探検部の活動内容

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件をwikiで調べると、行方不明となった名倉祐樹さんは当時高知大学3年生の21歳でした。サークルは、学術探検部に所属していました。

wikiによると、岡山地底湖行方不明事件が発生した当時、学術探検部の顧問を務めていた教授のコメントでは、「学術探検部の活動内容は、川に生息する生物の生態を調べたり化石の発掘を目的に活動していたサークル」と語られています。また、顧問を務めていた教授によると、「洞窟での活動経験は少なかったはず」だと話していました。

wikiによると、学術探検部は学校側に活動内容を正しく報告していなかっただけで、以前より洞窟での活動を行っていた可能性が高いとされています。

 

岡山地底湖行方不明事件の概要

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件に巻き込まれた名倉祐樹さんは、岡山県に存在する有名な鍾乳洞のひとつである日咩坂鍾乳穴で消息不明になりました。

岡山地底湖行方不明事件の詳細について、まとめてみました。

 

【1】参加メンバー


引用: Pixabay

wikiのまとめによると、高知大学の学術探検部は岡山地底湖行方不明事件当時、部員が25名所属していました。男女の比率を見てみると、男性15人・女性10名で構成されていました。

岡山地底湖行方不明事件は、高知大学の学術探検部で起こったのではなく、「探検サークル」という中国・四国地方の大学生や社会人が集まったサークルの合宿中に起こった事件になるのです。合宿には、総勢13名が参加していました。

合宿参加者の内、高知大学の学術探検部から名倉祐樹さんを含む4名の参加が確認されています。

 

【2】現場入り


引用: Pixabay

wikiのまとめによると、岡山地底湖行方不明事件が発生した当日の2008年1月5日に探検サークルの参加者は岡山県新見市豊永赤馬に到着しました。岡山地底湖行方不明事件の事件現場となった、日咩坂鍾乳穴が存在する場所です。

wikiのまとめによると、岡山地底湖行方不明事件を起こした探検サークルの合宿に参加していた13名のうち、日咩坂鍾乳穴には入ったのは、高知大学の学術探検部のメンバー4名と他1名が加わった合計5名でした。

日咩坂鍾乳穴は、「日咩坂鍾乳穴神社」の敷地内に存在しています。日咩坂鍾乳穴は、地域一帯のご神体とされており神聖な場所だったのです。

wikiのまとめによると、日咩坂鍾乳穴は昭和32年に岡山県指定天然記念物に認定されました。日咩坂鍾乳穴に入洞する場合、教育委員会に届け出をすることが義務付けられています。しかし、メンバーは事前に届け出をせずに洞窟内へ侵入したのです。

 

【3】到着時間

Array

引用: Pixabay

wikiによると、岡山地底湖行方不明事件の当日となる2008年1月5日午前11時30分頃、名倉祐樹さんを含む5名が日咩坂鍾乳穴に入ったことが判明しています。

日咩坂鍾乳穴は、全長1600mになります。入口から途中に存在する「神の池」までは、平坦で歩きやすいのですが、神の池を境にその先の900mが非常に難関な場所となっているのです。

神の池は、冬になると水が非常に少なくなります。神の池の水が少なくなると、池の奥に人がやっと通り抜けられるれるくらいの穴が現れます。この穴を通り抜けて900m進むと、事件現場となった地底湖が現れます。5名のメンバーは、午後2時30分に地底湖に辿り着いたことを証言しています。

 

【4】入水

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、5名のメンバーのうち、岡山地底湖行方不明事件に巻き込まれた名倉祐樹さんのみ地底湖に入り泳いでいたそうです。入水時、名倉祐樹さんは命綱やライフジャケットなどを装着していませんでした。

wikiによれば、岡山地底湖行方不明事件が起こった地底湖は、湖岸から水面までの高さが5m、奥行きが20m、水深が30mとなっています。また、洞穴を抜けたら直ぐに地底湖が現れる為、海のように徐々に深くなる訳ではありません。

岡山地底湖行方不明事件で消息不明となった名倉祐樹さんは、命綱もライフジャケットも装着せず、意図して5mの高さから飛び込んだことが真相となります。

 

【5】行方不明

Array

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、岡山地底湖行方不明事件の発生は2008年1月5日午後6時過ぎ、新見署へ通報が入ったことで明らかになりました。

通報内容は、地底湖で泳いでいた友人が行方不明になったとの内容でした。名倉祐樹さんと共に地底湖に向かったメンバーは、名倉祐樹さんが行方不明になった為、慌てて引き返して通報したそうです。

 

【6】捜索

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、岡山地底湖行方不明事件に関する通報が入った時刻は既に辺りは暗くなっていましたが、洞穴内はもともと真っ暗な為、直ぐに救助活動が開始されたそうです

wikiによると、日咩坂鍾乳穴の地底湖は岡山地底湖行方不明事件当時、岡山大学ケイビングクラブによって発見されたばかりでした。その為、新見署の職員やレスキュー隊など、誰も地底湖に入ったことがなく情報も非常に少ないことから、地底湖を発見した岡谷大学ケイビングクラブにも捜索を手伝ってもらえるように要請したそうです。

wikiによると、洞穴の入り口から地底湖までの所要時間は3時間以上かかります。神の池を過ぎると途端に道が険しくなり、崩れ落ちそうな巨大な岩、20mもの段差、人が這いつくばってしか通れないほどの細い道、水が胸まで浸かる所などさまざまな危険ポイントがありました。

道幅が狭いことから、捜索に必要とされる道具類の持ち込みが困難であり、酸素ボンベを地底湖まで運ぶことはできませんでした。ビニールボートを運び入れ、水面からの捜索しかできず、水面から碇を地底に降ろし、タッチダウンさせることで沈んでいる可能性のある名倉祐樹さんを探しました。

しかし、wikiによれば、隊員たちも地底湖まで辿り着くまでに体力を消しており、帰路の体力を考えると一回の捜索は最長で3時間が限界だったそうです。

 

【7】捜索打ち切り

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、岡山地底湖行方不明事件の捜索は、延べ200人を動員して捜索を行いましたが、行方不明となった名倉祐樹さんを発見することはできませんでした。岡山地底湖行方不明事件は、2008年1月10日を以て捜索打ち切りとなります。

wikiによれば、岡山地底湖行方不明事件の捜索が打ち切りになった要因には、事件現場となった地底湖までの道があまりにも危険であり、他の犠牲者を出す可能性が非常に高かった為とされていました。

また、日咩坂鍾乳穴に存在している地底湖は、水の流れが大変激しいく水が非常に濁っていたことから、水面からの捜索も大変危険だった為、残念ながら岡山地底湖行方不明事件の捜索が打ち切りとなったのです。

ちなみに、現在日咩坂鍾乳穴は事件後から立ち入り禁止となりました。現在では、洞穴の入口も木々に覆われてしまい、わからなくなっています。

 

白米美帆の証言に違和感

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件の真相は、当時高知大学の学術探検部の部長を務めていた白米美帆を抜きにして語るこはできません。

岡山地底湖行方不明事件を起こした探検サークルの合宿に名倉祐樹さんと共に参加しており、地底湖まで行った5人グループのメンバーでもあります。

ここでは、岡山地底湖行方不明事件にまつわる白米美帆の証言より、不可解な点について内容をまとめてみました。

 

【1】人数

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件に関する報道については、報道の内容が二転三転していることに、視聴者も違和感を覚えました。

特に、岡山地底湖行方不明事件の現場となった地底湖を訪れた人数です。wikiによれば、本来は「5名」が地底湖まで足を運んだされていました。しかし、報道される度に「4名」「3名」「13名」と人数変わり、白米美帆をはじめとしたグループへの聞き取り捜査が難航している印象を受けました。

 

【2】装備品

引用: Pixabay

日本洞窟学会のホームページによると、ケイビング(洞窟探検)の基本装備には衣服(ウェットスーツやつなぎ)・トレッキングシューズ・ヘルメット・ライトと記されてます。

常備しておくと安心とされる装備の中には、ベルト・細引き(ロープ)・カラビナ・時計があり、緊急時に備えて、ザック・サバイバルバックも装備も勧めています。

wikiによると、白米美帆らは岡山地底湖行方不明事件の取り調べで、洞窟探検の装備品はきちん揃っていたことだけは強く主張していたそうです。しかし、本当に装備品が揃っていたのなら、名倉祐樹さんがロープも巻かずに地底湖に入水するとは考えられません。

また、地底湖から湖岸に上がるには5mの岸壁をよじ登らなくてはなりません。鍾乳石のつるつるとした岩肌を自力で5mの高さをよじ登れるとは考えにくく、洞窟探検を経験していなくても予測がつきます。

 

【3】声

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、白米美帆らは岡山地底湖行方不明事件で事件現場となった地底湖に名倉祐樹さんが入水し、しばらくしてから「タッチした」との声を聞いたと証言したそうです。しかし、それ以降は名倉祐樹さんの声も溺れているような音も聞こえなかったといいます。

しかし、地底湖で捜索活動を行った隊員の証言によると、地底湖はドームの構造となっている為、水面からいくら大声で叫んでも湖岸に声が届くことは難しいと証言しています。

岡山地底湖行方不明事件で捜索に当たった隊員と白米美帆らが証言している内容が異なるのです。

 

【4】撤退

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、岡山地底湖行方不明事件で現場となった地底湖に辿り着くには、かなりの難所を越える為、地底湖に向かう道中で3カ所ワイヤーを使用したことが真相として明かされています。

しかし、白米美帆らが名倉祐樹さんがいなくなったと判断し、自分たちでの捜索は一切行わず現場から立ち去った時に、白米美帆らはワイヤーを全て撤去していたのです。

 

【5】逃走

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、白米美帆らは岡山地底湖行方不明事件の捜索に一切協力をしていないといわれています。故意に警察側が捜索に参加させなかったのかは、定かではありません。

また、wikiによれば通報をした後、白米美帆らは直ぐに現場を離れたとされています。また、取り調べに関する供述も曖昧さが見られています。

通常、このようなケースの事故や事件を起こした場合、きちんと真相を明らかにする為に記者会見などを開きます。しかし、白米美帆は、自身が部長を務めていたサークルのメンバーが行方不明となり、自身も現場に同行していたにも関わらず、現在でもきちんと説明責任を果たしていないままです。

 

【6】消去

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件が起こった当時、高知大学の学術探検部のホームページ上には、白米美帆が部長として紹介されていました。

しかし、wikiによると岡山地底湖行方不明事件の発生後に、白米美帆ら他事件に関与したメンバーの名前が消去されていました。

 

【7】SNSの操作

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、岡山地底湖行方不明事件で行方不明となった名倉祐樹さんのSNSが、行方不明後に何者かによって書き換えられていたことがわかっています。

wikiによれば、岡山地底湖行方不明事件が起こる前まで、名倉祐樹さんは実名でSNSを登録しており、閲覧制限はかかっていませんでした。

しかし、岡山地底湖行方不明事件が起こった後、登録していた名前が「ホワイト」というハンドルネームに変更されたのです。また、閲覧制限がかかったり、日記が全て削除されるなど不可解な事態が次々と起こりました。

名倉祐樹さんのSNSを書き換えた犯人が、白米美帆だったと見られています。その真相には、「ホワイト」という人物と白米美帆のSNSのログイン時間がほぼ同時だったことです。また、白米美帆もハンドルネームを変更していたこが真相として明らかになっています。

名倉祐樹さんのSNSに登録されていた友達の中から、白米美帆の登録がなくなりました。ネット上では、名倉祐樹さんのSNSから白米美帆の名前が消去されたことを疑問視する投稿が相次ぐと、名倉祐樹さんのSNSに白米美帆が再度登録されたのです。

友達申請は互いに申請を承諾する手続きを行う必要があり、行方不明となっている名倉祐樹さんが友達登録の操作を行えるはずはありません。名倉祐樹さんがSNSの登録時に使っていたメールアドレスとパスワードを知る人物の犯行であり、名倉祐樹さんと親しい関係と見られていた白米美帆に疑いの目が向けられたのです。

 

岡山地底湖行方不明事件の真相は?

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件で行方不明となっている名倉祐樹さんは、なぜ消息不明となってしまったのでしょう。

岡山地底湖行方不明事件の事件現場となった地底湖から考えられる真相について、まとめてみました。

 

【1】水死

引用: Pixabay

wikiによれば、岡山地底湖行方不明事件の事件現場となった地底湖は非常に暗く、普通のライトで地底湖全体を確認することは不可能なことが真相として明らかになっています。

白米美帆らが湖岸から泳いでいる名倉祐樹さんの姿を、ライトで照らしながら確認し続けていたとしたら、溺れたり沈んだりするところを見ており、真相は直ぐに明らかとなります。

しかし、白米美帆らは名倉祐樹さんが「溺れたり、助けを求める声が聞こえなかった」と断言したことで、泳いでいる姿を全く確認していなかったことが真相だと証言していることになったのです。

地底湖は海水とは異なり塩分が少ない為、浮かぶことが難しいと真相で明らかとなっています。地底湖で泳ぐことも相当体力を消費します。事件に巻き込まれた名倉祐樹さんは暗い地底湖の中で溺れて、そのまま水底に沈んでいったことが真相であると見る人たちもいます。

 

【2】流水

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、日咩坂鍾乳穴の近くには、鍾乳洞が点在しています。

日咩坂鍾乳穴の一番近くには、諏訪洞穴が存在しており、昔から日咩坂鍾乳穴と諏訪洞穴は繋がっていると考えられていました。日咩坂鍾乳穴が「吸い込み穴」といわれており、諏訪洞穴は「吐き出し穴」と呼ばれています。

岡山地底湖行方不明事件で行方不明となった名倉祐樹さんの救助に当たった隊員によると、確かに地底湖は水の流れが激しく危険だったと真相が語られています。地底湖の水流は、諏訪洞穴に流れて着いている真相が高いようです。

岡山地底湖行方不明事件で行方不明となった名倉祐樹さんは、水流に飲み込まれ流されてしまったことが真相であると見る人たちもいます。

 

【3】沈殿

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件の事件現場となった地底湖は当時発見されたばかりだった為、専門的な研究などが行われていませんでした。地底湖の水底については、現在でも判明していません。

日咩坂鍾乳穴にある地底湖の水底には泥が溜まっており、泥に足を取られて沈んでしまったことが真相だと考える人たちもいました。

実際に、過去には沼地で人が足から頭まですっぽりと沈み、死亡する事故も起こっています。名倉祐樹さんも、地底湖のどこかで足を取られ、そのまま水底に沈んでしまった可能性も捨てきれません。

 

高知大学探検部は危険な行動をしていた?

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件の被害者である名倉祐樹さんが所属していた高知大学の学術探検部では、伝統的に危険な行為が行われており、いつか大きな事故を起こすのではと懸念されていました。

高知大学の学術探検部の危険行動について、真相をまとめてみました。

 

【1】伝統

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、岡山地底湖行方不明事件を起こした高知大学の学術探検部では、昔から新入部員が1人で洞窟の奥まで進み、突き当りにタッチするという謎の伝統があったそうです。所謂、度胸試しのようなイベントだったのでしょう。

名倉祐樹さんが白米美帆ら他メンバーに発したとされる「タッチした」という言葉の真相が、これで明らかになったのです。名倉祐樹さんはいじめられており、地底湖の奥まで行ってタッチしてくるようにメンバーに強要されたことが真相だと考える人も多くいます。

 

【2】飲酒

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、高知大学の学術探検部では洞窟内で度々飲酒をしていたことが明らかとなっています。

飲酒の真相は、高知大学の学術探検部のブログにも記録されていた為、間違いないようです。事件当時も洞窟内でパーティーのような飲み会を行っていたのなら、事件が起こった時に全員が酔っていた可能性が非常に高く、正常な判断ができなかったことが真相であるとも考えられます。

 

【3】乱痴気騒ぎ

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、高知大学の学術探検部は、飲み会好き・酒好きの集りだったようです。

名倉祐樹さんのSNSをには、高知大学の学術探検部は、他の大学のサークルや社会人サークルの人たちと、度々飲み会を開いていた真相が語られています。

飲み会は、かなり節度がなかったことも明らかになっており、女性が男性を裸にしたり、酔っぱらって至る所で嘔吐したり、急性アルコール中毒で救急搬送されることも珍しくなかったそうです。

 

高知大学探検部でいじめがあった?

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件で消息不明となっている名倉祐樹さんが所属していた高知大学の学術探検部では、いじめがあったと噂されています。

いじめの中心人物と噂されているのが、白米美帆です。白米美帆は、名倉祐樹さんのSNSを操作したり、捜索に参加していなかったり説明責任を果たしていないなど、いじめの真相を疑われても仕方ないのかもしれません。

岡山地底湖行方不明事件の被害者となった名倉祐樹さんを巡るいじめの真相について、調査しました。

 

【1】威圧的態度

引用: Pixabay

wikiのまとめによると、いじめの主犯と見られている白米美帆は、かなり気の強い人間だったようです。いじめの主犯と見られている白米美帆は、多くの洞窟探検のサークルに参加していたそうです。

いじめの主犯と見られている白米美帆は、洞窟探検で非情に危険な場所にも率先して足を踏み入れていたことから、「アグレッシバーはくまい」と呼ばれていたそうです。

しかし、白米美帆は裏を返せば危機管理のできない人であり、白米美帆が率いる高知大学の学術探検部内では、いじめが横行したり、危険な場所での迷惑行動などを起こしやすかったと考えられます。

 

【2】今カレと元カレ

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件で消息不明となっている名倉祐樹さんといじめの主犯と見られている白米美帆は、事件以前に交際していたといわれています。しかし、白米美帆は名倉祐樹さんと別れて直ぐに新しい恋人ができたそうです。

地底湖まで行ったメンバーの中に、白米美帆の新しい恋人がいたと噂されており、白米美帆と彼氏がいじめの一環として、名倉祐樹さんを地底湖に入るように指示したのではないかと噂されています。

白米美帆が名倉祐樹さんをいじめていたとされる裏付けには、名倉祐樹さんは「いじられキャラ」や「おちゃらけキャラ」を感じるようなSNSの投稿が理由のようです。白米美帆が名倉祐樹さんのキャラクターを利用し、いじめを行っていた可能性があると見る人もいます。

 

【3】イタズラ

引用: Pixabay

高知大学の学術探検部は、度々酒に酔っては洞窟の中で騒いでいたことが明らかになっています。事件当時いじめの主犯と見られている白米美帆らが飲酒していたのかは、現在まで明らかになっていませんが、可能性は高かったと考えられます。

白米美帆らは酒を持ち込み飲酒し、いじめていた名倉祐樹さんを地底湖に突き落とした可能性があると見る人もいます。いじめで突然地底湖に突き落とされれば、水死する可能性が非常に高いと思われます。

もし、いじめの延長上で突き落としたとなれば、いじめではなく殺人になるのです。岡山地底湖行方不明事件の真相に殺人の可能性があるのなら、警察側もきちんと調査すべきだったと思われます。

 

白米美帆の現在【岡山地底湖行方不明事件】

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件は日本の未解決事件であり、現在でも多くの人が真相を追及すべきだとして、注目しています。

特に、事件の関与が疑われている高知大学の学術探検部の部長を務めていた白米美帆は、現在でも説明責任を果たしていないことで、いじめの主犯格とも噂が流れています。現在の白米美帆について、調べてみました。

 

【1】逃走

引用: Pixabay

白米美帆は事件現場となった地底湖に同行しながら、捜査にも協力せず、事件直後に高知大学の学術探検部のホームページから自身の情報を削除したり、消息不明となっている名倉祐樹さんのSNSに侵入し、不都合な部分を書き換えたり消去しています。

白米美帆は、事件以降も高知大学に在籍し、卒業しています。白米美帆が事件以降も大学に在籍していたとなれば、高知大学側もきちんと記者会見の場所を設け、白米美帆らに説明責任を果たさせるべきでした。

高知大学側も簡単なコメントだけ発表し、報道陣からの質問には一切答えなかったことが、現在でも岡山地底湖行方不明事件は、いじめでの殺人事件との憶測を生んだ原因になっているのです。

 

【2】劇団

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件で消息不明となった名倉祐樹さんをいじめていた主犯と見られている白米美帆は、大学在籍中から演劇の世界に興味も持っていた真相がSNSより判明しています。

wikiによると、白米美帆は高知大学を卒業後、「人形劇団京芸」に就職したとの噂が流れました。噂の背景には、劇団のホームページに白米美帆と同姓同名の人物の名前があり、趣味が「洞窟探検」と記載されていたからです。

劇団のホームページを閲覧した人が、高知大学の学術探検部の所属していた白米美帆と同一人物なのかと問い合わせたところ、直ぐにホームページの一部が削除されたそうです。

このことで、「人形劇団京芸」に所属している白米美帆は、岡山地底湖行方不明事件に関与した白米美帆と一致していると推測されています。もし、本当に同一人物なら趣味が「洞窟探検」と記載した真相が理解できません。

 

岡山地底湖行方不明事件は謎のまま

引用: Pixabay

岡山地底湖行方不明事件で行方不明となった名倉祐樹さんは、当時5名で日咩坂鍾乳穴の地底湖へ向かいました。

名倉祐樹さんと同行したメンバーの中には、名倉祐樹さんが所属していた高知大学の学術探検部の部長である白米美帆もいました。しかし、白米美帆らは供述を二転三転した上、名倉祐樹さんのSNSの侵入し、勝手に書き換えたり消去しています。

この行為は、白米美帆らにとって隠したい事実があったと考えられており、白米美帆らが消息不明となっている名倉祐樹さんを普段からいじめており、いじめが行き過ぎて殺害したことが真相だと噂されています。

このように、1つの真相を歪めてしまうと真相が全て闇に葬られてしまい、白米美帆らに岡山地底湖行方不明事件が一生つきまとうことになるのです。

岡山地底湖行方不明事件で行方不明となっている名倉祐樹さんの遺族の為にも、早く真相が明らかになる日がくることを願っています。

人気の記事