パルクール動画50選!超一流プロ技から初心者でもできる簡単技を紹介!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

パルクールとは?

引用: Pixabay

みなさんはパルクールをご存じでしょうか?

パルクールとは、フランスの軍事訓練から生まれた走る、飛ぶ、登るを基本にした動作を使った移動術です。

壁や地形を生かした、つかまる、蹴る、回転、飛び移るなどの滑らかな動きは目を見張るものがあります。

その姿はさながら忍者のようです。

パルクールはフリーランニングと呼ばれることもあります。

フリーランニングとはパルクールの移動術をさらにアクロバティックにして、宙返りやアクションを取り入れたアクションの事をいいます。

特に使う道具もなく、自分の身体のみを使うので始めようと思えばすぐに始められるスポーツです。

インターネットやテレビで街中を縦横無尽に動き回るアクロバティックなアクションを見たことがある人もいるのではないでしょうか?

パルクールとフリーランニングの違いは魅せ方だと言われることもあります。近年、明確なパルクールとフリーランニングの差は無くなってきました。

パルクールが無駄のない速さに特化した移動術、フリーランニングはパルクールを使い、体操のような動きも入れたパフォーマンスアクション。

語源はフランス兵士として活躍し、インドシナ戦争を戦ったレイモン・ベルと、息子のダヴィット・ベルが2代にわたって作り上げた基礎で、もともとフランスの古典的な軍事訓練の「ル・パルクール」と言われています。

ダヴィット・ベルが仲間たちと結成した「ヤマカシ」というグループのアクション性の強いパフォーマンスがリュック・ベンソン監督の映画「YAMAKASI」や「TAXi2」などで取り上げられ一躍有名となりました。

パルクールをやる人はトレーサーと言われ、トレーニングやパフォーマンス、アート、ライフスタイルで身体的鍛錬を模索しています。

日本では「URBAN UNION」や「monsterpk」というチームがプロとして活躍していて有名です。

パルクールの世界大会ではユニークさ、派手さ、綺麗さなどを競い合います。

ここからはパルクールを有名にした映画を紹介していきます。

 

【YAMAKASI】


ヤマカシ。2001年公開のリュック・ベッソン監督の映画。

実在のパルクールグループ「YAMAKASI」をフィーチャーして作られたフランス映画です。

パルクール集団「YAMAKASI」彼らは若者たちから絶大な人気がありました。

大人たちには危険な集団だと思われますが、心臓に疾患のある少年・ジャメルがある日YAMAKASIに憧れてパルクールを真似してみます。

しかし、失敗し高所から落下して怪我をしてしまいます。そんなジャメルに責任を感じたヤマカシはジャメルを見舞いました。

ジャメルの命を救うには24時間以内に40万フランを払え。40万フラン用意しないと手術しないと医師に言われます。

そこでヤマカシはお金をかき集めるのに病院の上層グループから40万フラン盗み出すことにしました。

ヤマカシは40万フランを集めることが出来るのか?パルクールを有名にした作品で、ワイヤーなしのアクションに世界が注目しました。

パルクール映画を見るならまずはこれでしょう!という映画です。

 

【アサシンクリード】


2016年公開(日本では2017年)のゲームを原作としたアクションSF映画。

主人公のカラムは幼い頃にアサシンの装束をした父親に母親が殺されている。そして十数年後大人になり自身も殺人を犯し死刑となります。死刑執行されて死んだと思いきや何故か生きているカラム。

目が覚めたカラムは何故かアブスターゴ社がスペインで運営する矯正施設の医務室にいました。ソフィア・リッキン博士は世の中を平和にするためには「エデンの果実」が必要だと言います。

カラムは「アニムス」という実験装置で16世紀のスペインのアサシンとなり、その半生を追体験することになりました。そして全ての謎、何故父親が母親を殺したのか…判明していくことになります。

アクションゲーム「アサシンクリード」好きならこの映画がおすすめです。

ゲームそのまま出てきたようなアクションが楽しめること間違いなし。

 

【アルティメット】

Array

2004年公開のフランス映画。

荒廃した近未来を舞台とした、アクション映画です。危険地区「バンリュー13」で生まれ育った青年とエリート捜査官がギャングに立ち向かうというのがあらすじです。

脚本がYAMAKASIと同じリュック・ベッソンが担当しています。

YAMAKASIよりストーリーの練りこまれた作品となっていて、なんとパルクールの生みの親とも言えるダヴィット・ベルが俳優として参加しているのです!

YAMAKASIでパルクールを知った人、アクションを見たい人におすすめの映画となっています。

 

【フルスロットル】

2014年公開のフランス・カナダ合作の映画。

こちらも脚本が「YAMAKASI」のリュック・ベッソン。俳優にパルクールの生みの親ダヴィット・ベルに、日本の有名プロトレーサーZENが参加。

無法地帯「ブリックマンション」に仕掛けられた大量の破壊兵器を捜査官とならず者がゼロGアクション(無重力アクション)で世界を救うストーリー。跳んだり宙返りしたり人間離れした無重力のパルクールアクションが見どころです。

脚本がリュック・ベッソンなのでアルティメットが好きだった人、パルクールアクションが見たい人におすすめです。

 

【Taxi2】

Array

2000年公開のフランス映画。ジェラール・クラヴジック監督

こちらも脚本がリュック・ベッソン。パルクールといえばフランス。パルクール映画と言えばリュック・ベッソンですね。

サミットの為にフランスに来た日本の官房長官がフランス滞在中に日本のヤクザに娘を誘拐されてしまいます。

主人公の友人の恋人ペトラも同じく、日本のヤクザに誘拐されます。主人公のスピード狂タクシードライバー、ダニエルと、ペトラの恋人エミリアンが誘拐された二人を救うためパリに向かうのがこの映画のストーリー。

このストーリー内で登場するのが「NINJA」作戦と言われるパルクールアクションチェイス。車上で行われるパルクールアクションが見どころです。フランスから見た日本と言えば忍者なのでしょうか。

つづいては、パルクールの動画を紹介する前にパルクールについての用語を紹介していこうと思います。

トリック

パルクールやフリーランニングの技の総称をトリックといいます。

フリップ

前方宙返りや後方宙返りなど宙返りの技をフリップと言います。前方宙返りのことをフロントフリップ。後方宙返りのことをバックフリップ、側宙の事をサイドフリップと言います。

フロウ

パルクールの技の一連のスムーズな流れのことを言います。

ヴォルト

障害物を飛び越える技のことをヴォルトといいます。

たくさんの種類があり○○ヴォルトと付きます。

プレシジョン

ポールやレールに正確に飛び移る技のことをプレシジョンといいます。

日本語でいうと「正確」という意味です。

キャットリープ

猫が飛び移るさまから壁に飛び移る技をキャットリープといいます。

ランディング

高いところから飛び降りる際に足だけではなく手をついて衝撃を逃す技をランディングといいます。

覚えておけばカッコいい技はこれなんだな、と思えるかもしれません。

 

パルクールのすごい動画を紹介!

引用: Pixabay

ここからはパルクールのすごい動画を紹介していきます。後半では初心者でも簡単にできるパルクールの動画を紹介していきます。

その前にパルクールがやりたい!という方に注意事項があります。

 

靴選びは大切!

引用: Pixabay

まずは靴を選びましょう。パルクールにおいて靴選びは大切です。滑りやすい靴やサンダルなどでは危険なのでやめましょう。

パルクールに適した靴はグリップ力やクッション性が必要になります。グリップ力が無い靴は転倒や落下の原因となります。

よくあるランニングシューズはプラスチック製の底の靴が多いですがこれは避けましょう。

特にレールやポールでのアクションは怪我をしやすいためグリップ力が必要になります。

パルクールにはゴム底のシューズがおすすめです。最近では登山靴メーカーなどからもパルクール専用の靴が出ているようです

また、クッション性の高い靴を選ぶのもポイントです。

高いところから落下する技も多いのでクッション性は大切になります。

コンバースの靴やバスケットシューズは避けてください。

クッション性の高い靴は足の感覚が鈍感になりやすいので体に負担はかかりにくいですが、壁に登る際などに踏み込めなくなるので気を付けましょう。

耐久性も大切です。頑丈で軽い靴を選びましょう。値段は安いものから高いものまでありますが、練習しているとすぐにボロボロになってしまうため消耗品と考えたほうがよさそうです。

 

服を選ぼう

引用: Pixabay

パルクールにはウエアも大切です。

初心者の人は長袖、長ズボンがおすすめです。怪我の予防にもなります。

サイズは大きめが良いでしょう。腕周りがしっかり動くようなものを選ぶとマル。

パルクールの動画を見ていてもサイズが大きめな服を着ているトレーサーが多いです。ファッション性もあります。

素材はスウェットや伸縮性のある生地のものが適しています。アクセサリーは邪魔になったり、怪我のもとになりやすいので外しましょう。

パルクールチームが展開するブランドもあります。こちらもファッション性が高く、パルクールにおすすめなウエアとなっています。

一部のブランドを紹介いたします。

Team Farang(チームファラン)

まず紹介するのは、世界的に有名なブランド「チームファラン」

日本メンバーとしてプロトレーサーのZENさんも参加しています。

ロゴを基調としたカッコいいデザインで普段使いにはもちろん、パルクールウエアとしても大活躍すること間違いなしです。

Storm Freerun(ストームフリーラン)

次に紹介するのは有名フリーランニングチーム発のブランド、「ストームフリーラン」

ロゴを基調としたデザインでストリート系のようなデザインです。

こちらもパルクールウエアとしてカッコよく決まる事間違いなしです。

storror(ストラー)

最後に紹介するのは海外のストリートスタイルを取り入れたブランド「ストラー」

フリップを使わない移動中心のチームが作り上げたブランドです。

こちらも海外のストリートスタイルを取り入れたブランド。

ウエア以外にもシューズも発売しているため全身をストラーで固めたスタイルにもできます。

 

パルクールの危険性

引用: Pixabay

パルクールは一歩間違えれば命の保証はできないスポーツです。

初心者はいきなり難しい技を練習するのは危険なので、初心者向けの技を練習しながらバランス感覚、距離を測る能力、筋トレをしっかりしましょう。

パルクールの本来の目的は、すごいアクションをすることではありません。見た目の派手さに憧れてパルクールを行う人もいると思いますが、パルクールの本来の目的は派手なアクションでも危険な技でもありません。

パルクールの本来の目的とは、

・スタートからゴールまでをいかに効率的に移動できるか

・自分の肉体を鍛えだんだんできる技を増やしていく

・精神を鍛え、落ち着いて自分をコントロールする

なのです。

肉体と精神を鍛える筋肉トレーニングと精神のトレーニングがパルクールです。

気持ちが昂ったり、危険な技に無謀にチャレンジするのはパルクールの本来の目的とは変わってしまいます。

いきなり危険な技に挑戦するのではなく、最初は安全な場所にマットを敷いたり安全対策をして、ちゃんとできるようになってから外でパルクールを行いましょう。コンクリートのある屋外でチャレンジする時は自分が確実に技が出来る状態に仕上げましょう。

コンクリートでパルクールを行うのはとても危険です。大会でもコンクリートのある屋外で行う事が多いので屋外でも技が出来る状態で大会に出場しないととても危険です。

また、自分の実力以上の技を悪ノリでチャレンジするのはやめましょう。だんだんコツを掴んで地道にトレーニングする事がパルクールを安全にカッコよく行うことに繋がります。仲間同士でも危ない場合は危ないと伝えてあげましょう。自分では危険かどうかわからない場合もあります。

危ないことをやるのは自分だけではなく仲間にも迷惑をかけることになります。

さて、前置きが長くなりましたがいよいよパルクールの動画を紹介していきます。

 

パルクール動画50選①【超一流プロ技編】

引用: Pixabay

まずは、プロのパルクールを見ていきましょう。

世界的に活躍している人やチャンピオンも紹介します。人間離れしたアクションに驚かされること間違いなしです!

 

【パルクール動画1】

2016年に行われた世界大会でチャンピオンに輝いた、プロスタントマンのエリック・ムカメトシンさんの動画です。

滑らかで足元の安定したアクションに磨きがかかっており、安心して見ていられます。さすがチャンピオンの鍛え上げられた体です。高所でのアクションのダイナミック差は群を抜いています。バランス感覚も素晴らしい動画となっています。

エリック・ムカメトシンとは、ギネス記録も保持しているロシアを代表するプロパルクールトレーサーです。

2018年ファッションブランド「フェンディ」のプロジェクトにも参加していました。

 

【パルクール動画2】

つづいては街中をパルクール集団で縦横無尽に駆け巡る動画です。きちんと下見が出来ていて安心して見られる動画です。

どうやら逃走しているという設定のようです。トレーサー(パルクールをやる人)の視点でみられる動画になっています。

屋上から屋上へと飛んで渡るアクションの建物の高さにヒヤヒヤしながらも気持ちの良いアクションです。

 

【パルクール動画3】

プロのパフォーマージョー・スキャンドレッドさんの長めの動画です。

練習風景からもジョー・スキャンドレッドさんの身体能力の高さに驚かされます。

思わず楽しくなってしまう動画になっています。フロウ(技のつなげ方)が綺麗で見とれてしまいます。

 

【パルクール動画4】

こちらもジョー・スキャンドレッドさんの動画です。

特筆すべきはマンションをどんどん降りたり登ったりしている姿です。彼には階段は必要ないですね。下ること自体もすごいですが、パルクールの速さに驚きです。上半身の筋肉がとても発達していますね。

 

【パルクール動画5】

2016年世界チャンピオンに輝き、ギネス記録も保持しているプロ・スタントマンのエリック・ムカメトシンさんの練習風景動画です。

無駄のない動きとトリック(技)のダイナミックさが際立っています。すべての動きに余裕を感じます。とてもすごい身体能力をしています。

 

【パルクール動画6】

こちらは日本で撮影されたパルクールのプロの動画です。海外の景色とは違い見慣れた街並みに親近感がわきます。

東京の建物は高いビルが多いのでプロの動画でもヒヤヒヤします。メイキングも見られる動画となっています。

とてもスリルがあるカメラワークです。

 

【パルクール動画7】

追ったり、追われたり。仮面の怪人が少年を追ったりピエロから逃げるちょっとホラー感のあるパルクールをしている動画です。逃げる側の目線にカメラがあるので臨場感があります。

カメラワークが激しいので動画酔いに注意。

 

【パルクール動画8】

こちらは日光江戸村で撮影されたジェイソン・ポールさんのパルクール動画です。

江戸時代に現代の外国人がやってきたという設定でパルクールを行っています。とてもエンターテイメント性の高い動画であっという間に見終わってしまいます。パルクールと忍者がマッチしていて目を奪われる動画となっています。

 

【パルクール動画9】

こちらもジェイソン・ポールさんのパルクール動画です。

横スクロールのアクションゲームのような雰囲気で楽しい動画です。色々な技術が見ていて飽きません。編集技術も光るものがあります。日本ではなかなかできないスケールの大きさも魅力です。

 

【パルクール動画10】

こちらもジェイソン・ポールさんの動画です。空港で飛行機の時間ギリギリになってしまった設定の動画です。空港での追いかけっこが楽しい動画となっています。

みなさんはマネしないように。

 

パルクール動画50選②【超一流プロ技編】

引用: Pixabay

パルクール動画50選①【超一流プロ技編】いかがでしたでしょうか。

つづいて②を紹介していきます。

 

【パルクール動画11】

ゾンビ映画風のパルクール動画です。逃げる側の目線にカメラがあるのでゾンビに追われてる臨場感がすごいです。

速いパルクールのスピード感にドキドキするのと、集団でのパルクールがカッコいい動画です。

 

【パルクール動画12】

パルクールを用いたフリーランニングの動画です。様々な場所での宙返りが見ていて飽きません。

ジャンプ力と足のクッション力がすごいです。力強いアクションが癖になります。

 

【パルクール動画13】

日本のプロトレーサーチーム「URBAN UNION」の動画です。東京の見慣れた日本の景色に親近感がわきます。

音楽にあったカッコよくてスタイリッシュなアクションが決まっています。

 

【パルクール動画14】

こちらも日本プロトレーサーチーム「URBAN UNION」のフリーランニング動画です。

綺麗な自然の中や廃墟でのアクションがカッコいい動画です。自然に負けないダイナミックさが魅力です。

 

【パルクール動画15】

日本のプロパフォーマー島田 善(ZEN)さんのパルクールです。日本人初のプロフェッショナルパルクールアスリートで、世界に通用する技術の持ち主です。

島田 善(ZEN)さんはパルクールの他にも舞台や映画でも活躍しています。滑らかな動きと安定性は流石としか言えません。

色々なシーンでのパルクールは思わず見入ってしまいます。スピーディーな動きや宙返りが見事です。たくさんの人が見ている中で演技をするということは注目されているのですね。

 

【パルクール動画16】

イギリスで活躍するプロのパルクールチーム「STORROR」のパフォーマンスです。スピードがとても速いパルクールの動画です。

ポールや壁の上伝いのジャンプ力と安定性が優れていますね。

 

【パルクール動画17】

プロの壁登りの動画です。技術がものすごいです。身体の筋肉を生かした美しい壁登りです。

あまりにも普通かのように壁に登るのでどうなっているのか繰り返し見てしまいます。

 

【パルクール動画18】

こちらは複数人で追いかけっこをしている動画。自分にカメラを取り付けているため臨場感があります。

落下して怪我をしてしまうのではないかと思わせたり、もう追いついてしまうかもと思わせて意外なところから逃げるパルクールがドキドキします。

建物中心のパルクールです。

 

【パルクール動画19】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryu Tricks りゅートリックスさん(@ryutricks)がシェアした投稿

パルクールのフロントフリップやバックフリップなど多彩な技を練習する動画です。何度も連続で技ができるのがカッコいいです!

パルクールの技は筋肉のトレーニングにもなるそうなので練習にはもってこいですね。

 

【パルクール動画20】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fumito Kadekaruさん(@fumitalien)がシェアした投稿

身体のバネを利用した安定して軽やかなプレシジョン(レールの飛び移り)の動画です。

軽やかに楽しそうにパルクールをしているのが印象的です。

 

パルクール動画50選③【超一流プロ技編】

引用: Pixabay

トレーサーには女性もいます。ここからは女性トレーサーの動画を紹介していきます。

動画は少ないですが、インスタグラムで活躍を知ることができます。

 

【女性のパルクール動画21】

 

この投稿をInstagramで見る

 

泉ひかり(Hikari)さん(@hhhhi02)がシェアした投稿

女性のトレーサーのパルクール動画です。集団で壁につかまっていますね。一番上の人が落ちてしまうと他の人も落ちてしまうので

パルクールで筋肉を鍛えているからこそできる技です。

 

【女性のパルクール動画22】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miez Parkourさん(@miezparkour)がシェアした投稿

トランポリンや鉄棒を使った技の動画です。回転がとても速いです。女性トレーサーはしなやかな動きが魅力的ですね。

 

【女性のパルクール動画23】

 

この投稿をInstagramで見る

 

泉ひかり(Hikari)さん(@hhhhi02)がシェアした投稿

様々な技を披露している動画です。積極的にランディングをしています。

壁につかまるのがとても上手いです。日々鍛えているからできる技ですね。

 

【女性のパルクール動画24】

 

この投稿をInstagramで見る

 

泉ひかり(Hikari)さん(@hhhhi02)がシェアした投稿

色々なロケーションで行われているパルクールの動画です。全体的に日本風のテーマとなっています。

巫女さん風の和服がとても素敵です。

 

【女性のパルクール動画25】

 

この投稿をInstagramで見る

 

泉ひかり(Hikari)さん(@hhhhi02)がシェアした投稿

安定してパルクールを行っている動画です。壁にしがみ付いたり、柵を超えたり安定した動画になっています。

 

【女性のパルクール動画26】

レベルの高い女性トレーサーの動画です。しなやかな筋肉が生み出せる技で

スピードもとても速いです。体操にとても近い動画です。

 

【女性のパルクール動画27】

 

この投稿をInstagramで見る

 

泉ひかり(Hikari)さん(@hhhhi02)がシェアした投稿

パルクールの女性大会の動画です。流石準優勝の実力です。滑らかな動きがとても映えます。

 

【女性のパルクール動画28】

女性パルクールの第一人者、女性トレーサーの泉ひかりさんの動画です。レールからレールへの移り方が綺麗ですね。

人間離れした動きにも注目です。

 

【女性のパルクール動画29】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anna Yamashitaさん(@littleninjanna)がシェアした投稿

柵から柵へ飛び移る動画です。長距離をしっかり測ってジャンプしています。

 

【女性のパルクール動画30】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hanaho Yamamoto 山本華歩さん(@hanaho_yamamoto)がシェアした投稿

壁を使ったパルクールの動画です。あまりつかまるところの無さそうな壁での登り降りが綺麗です。

これだけ壁を登れたら玄関のカギが閉まっていても帰れそうです。

 

パルクール動画50選④【初心者でもできる簡単技編】

 

【初心者でもできるパルクール動画31】

ウェブスターという技を紹介して練習する動画です。流石プロの先生は簡単に難しそうな技を披露します。

動画主のテラさんも体操を長年やってきているので基礎はできているので宙返りができる初心者向け。

テラさんがウェブスターという技を習得するまでの動画です。

 

【初心者でもできるパルクール動画32】

こちらはトリッキングという種類の技を練習する動画主テラさんの動画です。回し蹴りのような技から

宙返り、複合した技の練習です。パルクールには難しい技も多いです。これも完全な初心者には難しそうです。

 

【初心者でもできるパルクール動画33】

跳び箱を使ったパルクールの技の紹介動画です。

体育の授業でも取り上げられる簡単な跳び箱の飛び方からちょっとした技、高度な技まで紹介されています。

今日からあなたもトレーサー!

 

【初心者でもできるパルクール動画34】

障害物を飛び越える技、ヴォルトを練習する動画です。足さばきがとても難しそうな技が多いです。

今すぐできそうな技も出ているのでマネして練習してみましょう。

 

【初心者でもできるパルクール動画35】

5分でできるアクロバットの基本技サイドフリップ(側宙)の練習方法を紹介する動画です。

いつもは筋トレをしている投稿主さんがアクロバットを紹介してくれます。

筋トレもしたいという人はいつもの動画も見てはいかがでしょうか。

 

【初心者でもできるパルクール動画36】

こちらの動画はロール(受け身)の動画です。受け身は怪我をしないようにパルクールをする上で大事な要素です。

しっかり身体に受け身を覚えてかっこいい技を練習しましょう。

 

【初心者でもできるパルクール動画37】

初心者の心構えからこれからパルクールを始める方向けにアドバイスをしている動画です。

初心者でも運動経験がある人とない人がいるので経験別にしっかり教えてくれていて良い動画だと思いました。

 

【初心者でもできるパルクール動画38】

パルクール初心者がロール(受け身)を練習する動画です。何度も繰り返して身体に叩き込んでいます。

いかに受け身が大切なのかがわかる内容になっています。

 

【初心者でもできるパルクール動画39】

スピードヴォルト(飛び越え)の練習と解説動画です。

タイトル通りスピードヴォルトができたら鬼ごっこで捕まらなさそうですね。最初ゆっくりからヴォルトを覚えて慣れてきたらスピードヴォルトに挑戦してみましょう。

 

【初心者でもできるパルクール動画40】

初心者へのパルクールの基礎、プレシジョン、バランス、ヴォルト、ランディングの練習動画です。

基礎は大切なのでどんなに簡単でも何回もやるのが大事です。

 

パルクール動画50選⑤【初心者でもできる簡単技編】

 

【初心者でもできるパルクール動画41】

サイドフリップ(側宙)の解説と練習動画です。

宙返りは初心者にはちょっと難しくなってきますが、丁寧に解説してくれている動画です。スローモーションでも見られるので姿勢も勉強できます。

 

【初心者でもできるパルクール動画42】

ヴォルトの技の一つレイジーヴォルトの解説と練習動画です。

丁寧に紹介されていて実際に飛んで紹介してくれているので、すぐにでも練習できる動画です。是非マネをしてみてください。

 

【初心者でもできるパルクール動画43】

ヴォルトの技の一つ、モンキーヴォルトの練習と解説動画です。すぐにでもマネできる動画になっています。

是非試してみてください。

 

【初心者でもできるパルクール動画44】

壁でやるロンダート(バク転)の練習動画です。

まずは真っ直ぐな地面でロンダートができるようになってからその後に壁でロンダートの練習をしてみてください。

 

【初心者でもできるパルクール動画45】

バク宙の練習、解説動画です。

パルクール、フリーランニングに目立つ大技バク宙を練習して披露すれば完成度の高いパルクールができます。

 

【初心者でもできるパルクール動画46】

ヴォルトの技の一つダッシュヴォルトの練習と解説動画です。ジャンプした後に手をつくのがなかなか難しそうです。

できるようになれば一目置かれるかもしれません。

 

【初心者でもできるパルクール動画47】

子供や女性がパルクールをする動画です。合間に筋トレを行う様子も出てきます。

 

【初心者でもできるパルクール動画48】

フロントフリップ(前宙)の解説動画です。丁寧にわかりやすく紹介している動画です。

練習あるのみです。危なくないようにマットも敷きましょう。

 

【初心者でもできるパルクール動画49】

パルクールの基本技を数々紹介している動画です。

動画にも出てきた通り、安全に気を付けて練習しましょう。

 

【初心者でもできるパルクール動画50】

パルクールの簡単な練習動画です。この動画を見ていると公園や、ちょっとしたポールなどを飛び越えてみたくなります。

そんなに難しい動画では無いのでちょっと準備運動をしたらマネできる動画になっています。

 

パルクールにトライしてみよう!

引用: Pixabay

パルクール動画50選いかがでしたか?超一流のプロトレーサーから、初心者トレーサーのための動画まで紹介していきました。

人間離れした動画や重力の無いような動画。パルクールの本来の意味。パルクールって奥が深いと思わされました。

映画でパルクールを見ると激しいアクションにこれは人形などを使っているのかと思わされませんか?すべて人間がアクションをしているのです。

パルクールの綺麗さもそうですが、外国の建物が色々な形をしていてそちらの綺麗さにも驚かされました。

日本でパルクールをやるとなると場所の許可を得たり、パルクールのスタジオで練習する感じになるのでしょうか。

日本というフィールドはあまりパルクール向きでは無いのかもしれません。

しかし、技を磨いてプロとして活動している日本人も数多くいます。

努力は一日にしてならず、みなさんも簡単な技から練習して海外でも通用するトレーサーを目指すのも良いのではないでしょうか。

人気の記事