福島女性教員宅便槽内怪死事件の未解決真相!菅野直之は他殺?自殺?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

福島女性教員宅便槽内怪死事件の概要

引用: Pixabay

みなさま、福島女性教員宅便槽内怪死事件について、耳にしたことはありますでしょうか?

インターネットサイトのなんjや検索してはいけないwikiでも取り上げられるほど様々な諸説があるこの事件。ネットで事件についての記載を見つけて、この記事に辿りついた方もいるでしょう。

福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相やその諸説について考察していく前に、ここではまずはじめに福島女性教員宅便槽内怪死事件の概要について紹介していきます。

 

【1】福島女性教員宅便槽内怪死事件とは


引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件とは、今から遡ること30年前、1989年の冬に、若い男性が便槽内から遺体で発見されたという事件です。

便槽内で発見されたという衝撃も大きく、また、福島女性教員宅便槽内怪死事件には不可解な点も多いことから、真相が謎な事件として全国でも大きく取り合げられるニュースとなりました。

 

【2】福島女性教員宅便槽内怪死事件の事件現場


引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件は、福島県の女性教員の自宅で起こりました。

遺体が発見されたのは、その自宅のぼっとん便所内というとても不可解な場所でした。今では少なくなったぼっとん便所ですので、若い方はイメージがつきにくいかもしれませんが、こちら水洗便所とは異なり便槽内は空洞となっており下に排泄物がそのまま落ちる仕組みとなっています。

福島女性教員宅便槽内怪死事件現場のぼっとん便所ですが、便器の直径はたったの20センチ×36センチ程度ととても狭く、この中に男性が入ることは非常に困難です。

そんな狭い場所に何故?何のためにそこにいたのか?など、様々な疑問が残る福島女性教員宅便槽内怪死事件に、全国からの事件の真相について注目が集まりました。

 

【3】福島女性教員宅便槽内怪死事件当時の警察の見解

Array

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件について、警察は当時、遺体に外傷もほとんどなかったため事件の真相を不慮の事故として処理していました。

変態趣味の男性が覗きを働こうとして、ぼっとん便所から出られなくなった、と福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相について結論づけています。

しかしながら、覗きを働くためにわざわざぼっとん便所に入るのか、しかも寒い冬場ならなおさら、たとえば室内にあるお風呂場でもよかったのではないか、など福島女性教員宅便槽内怪死事件に真相が不明な点がたくさんあります。

そこで本記事では、ネットサイトのなんjや検索してはいけないwikiなどで取り上げられた諸説を考察しながら、福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相について触れていきたいと思います。

 

遺体を取り出そうとするも難航【便槽内怪死事件】

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の現場はぼっとん便所であったと冒頭で記載しましたが、実はその現場の狭さから遺体の取り出しには難航したと言います。

 

【1】福島女性教員宅便槽内怪死事件の現場から遺体が取り出せない

引用: Pixabay

上述したように、福島女性教員宅便槽内怪死事件の現場は、直径20センチ×36センチの便槽内という非常に狭い場所でした。そのため、遺体発見後もその体を引き上げるのに非常に難航したと記録されています。

成人の男性で、肩幅36センチというのはよっぽど華奢な体つきでない限りありえません。そのため、福島女性教員宅便槽内怪死事件現場に立ち会った警察や消防の方も、中に入ることはできませんでした。

 

【2】遺体をどのように取り出したのか

Array

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件を担当した警察や消防は、遺体をなんとか便槽の上から引っ張り出そうと試みます。しかし、便槽の幅が狭すぎるため引っ張り出すこともできませんでした。

最終的には、重機を使って女性宅の便槽を破壊することで、なんとか取り出すことに成功しました。ちなみに、事件当時の様子を図面で説明したものがなんjや検索してはいけないwikiなどのインターネットサイトにはたくさん残っていますので、文面ではイメージがつきにくい方はなんjなどで探してみてください。

 

【3】福島女性教員宅便槽内怪死事件の深まる謎

引用: Pixabay

ここまでの状況を見ていても、明らかに福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相に謎が残ります。

そもそも、遺体を取り出すこともできない便槽内にどうやって入ることができたのか。また、発見された遺体は上半身が裸の状態だったと言います。雪が降る真冬の時期に、あえて冷える場所で、しかも裸でいたというのは、よっぽどの理由がない限りあり得ないのではないか。

そのよっぽどの理由に、覗きを図るため、というのはいささか考え難いと思いませんか?なんjや検索してはいけないwikiでもこの疑問について多くの議論が残されています。福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相を考察していくと、福島女性教員宅便槽内怪死事件の謎は深まるばかりです。

 

遺体の身元は菅野直之さんと判明【便槽内怪死事件】

引用: Pixabay

ここまでは福島女性教員宅便槽内怪死事件の概要やその当時の様子について見てきましたが、続いて、福島女性教員宅便槽内怪死事件で発見された遺体についても触れていきたいと思います。

 

【1】福島女性教員宅便槽内怪死事件の遺体の身元は原発作業員の男性

引用: Pixabay

遺体発見後、福島女性教員宅便槽内怪死事件の遺体の身元はすぐにわかりました。

村でも良い意味で有名な男性で、身元判明までに時間はかならなかったと言います。遺体として発見された男性は、菅野直之さんという福島第2原発の作業員の方でした。福島第2原子力発電所にて、保守を担当する会社に勤めており、勤務体制も非常に真面目で福島第2原発作業員の間でも評判が良かったそうです。

ひとつ気になる点として、実はこの福島第2原発では、同年の1月にも社員を一人事故で亡くしています。福島女性教員宅便槽内怪死事件と原発社員の自殺との関連性についての真相は謎ですが、福島第2原発にとっては社員の事故が続く悲しい結果となってしまいました。

 

【2】菅野直之さんの人柄

引用: Pixabay

 

福島女性教員宅便槽内怪死事件で遺体として発見された菅野直之さんは、明るく活発な男性で、周囲からの評判も非常に良かったと言われています。知り合いや友人も多く、知人の結婚式では司会などを任されるほど人望もありました。

音楽やスポーツを好み、周囲からも愛された菅野直之さんが、このような性犯罪を犯そうとするとは到底考えられないと多くの方が感じています。実際、知人など生前の菅野直之さんを知る人物からの証言でも、彼の悪い評価や証言は全く上がってこなかったそうです。

 

【3】村長選にも関与していた

引用: Pixabay

さらに、菅野直之さんは、村の青年部に所属しており、なんと村長選の応援演説を頼まれるほど信頼の厚い人物であったとされています。

ちなみにこの村長選について、なんjや検索してはいけないwikiなどネット上では、選挙にお金が飛び交っていたなど、悪い噂も議論されています。いずれにせよ福島女性教員宅便槽内怪死事件の裏には隠された事実が多そうなので、事件について検索してはいけないと噂する方々もいますが、これもあくまで噂にすぎません。

 

【4】福島女性教員宅便槽内怪死事件の発見者となった女性教員との関係性

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の事件現場となった住宅に住む女性教員と菅野直之さんは知人関係にあったことがわかっています。

実はこの女性教員、福島女性教員宅便槽内怪死事件以前にいたずら電話に悩まされており、そのことを菅野直之さんにも相談していたとされています。実際に、彼がいたずら電話に対応したこともあったと言います。

この事実から見ても、女性教員にとっても彼は頼れる存在だったのでしょう。そのため、一部ではこのいたずら電話が、福島女性教員宅便槽内怪死事件になんらかの関係があったのではと話す者もいましたが、未だ福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相は謎のままです。

 

菅野直之さんは他殺?自殺?【便槽内怪死事件】

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件現場の状況はここまででだいたいイメージできましたでしょうか。

ここからは、福島女性教員宅便槽内怪死事件が他殺によるものだったのか、自殺によるものだったのか。それともただの事故であったのか、なんjや検索してはいけないwikiなどでも様々な諸説があがっていますが、ここではその真相を考察していきたいと思います。

 

【1】福島女性教員宅便槽内怪死事件自殺説

引用: Pixabay

結論から言うと、福島女性教員宅便槽内怪死事件は自殺だったのか、他殺だったのかは未だに真相は分かっておりません。しかし、警察は以下の見解から自殺(事故死)と福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相を結論付けています

検死の結果から、死因は「凍え兼胸部循環障害」、いわゆる凍死であったこと、さらには遺体に大きな外傷もなかったことから、他殺の線は薄いと判断されました。実際、福島女性教員宅便槽内怪死事件当時は雪が積もるほど冷えていたと言いますので、その死因は納得がいきます。

しかしながら、そもそも便槽内に入った真相がわからないままなので、この警察の真相への結論に異論を唱えるものは多くいます。

 

【2】福島女性教員宅便槽内怪死事件他殺説

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件についての警察側の見解は自殺(事故死)ですが、生前の菅野直之さんを知る人の多くは、他殺説を唱えています。

そもそも、彼の人柄的に性犯罪を犯すとは考えづらいこと、さらには福島女性教員宅便槽内怪死事件のいくつかの不可解な点が解明されないまま事故死として結論付けられたことに納得ができないという意見が多くあがりました。

遺体が発見された後、警察による詳しい調査もないままに事故死として処理されたことに、真相を知りたい家族や同僚、知人の多くが警察に再調査を依頼しました。

なんと知人たちによる4000名もの署名が集まり、福島女性教員宅便槽内怪死事件再捜査の依頼を警察に届けましたが、結局はその思いも叶わず真相ははっきりとしないまま、福島女性教員宅便槽内怪死事件は幕を閉じることとなります。

 

【3】福島女性教員宅便槽内怪死事件の不可解な点

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件について、警察は事故死として結論付けた訳ですが、事故死と判断するには不可解な点が多くあります。まず、そもそも成人男性が入るには不十分な幅の便槽内にどうやって入ることができたのでしょうか。よっぽど小柄な体格だったのか、真相は今ではわからないままです。

また、福島女性教員宅便槽内怪死事件の現場の住人である女性と、菅野直之さんは知人関係であったことがわかっています。福島女性教員宅便槽内怪死事件当時、女性は2日ほど家を空けていたと言います。知人関係であれば女性が不在であることもきっと知っていたでしょうから、覗き目的だったとすれば、何故不在時を狙ったのか、という点も疑問が残ります。

さらに、遺体は上半身裸の状態だったそうですが、真冬の寒い時期に何故上着を脱いだ状態でいたのでしょうか。また、上着は綺麗にたたまれた状態で遺体の上にあったそうですが、寒い便槽内で脱衣することなど可能なのでしょうか。こちらも真相は謎のままです。

そして、遺体のそばにあったという靴にも不可解な点があります。何故か片側の靴だけが福島女性教員宅便槽内怪死事件現場で見つかり、もう片側は現場から離れた場所で見つかったとされています。寒い冬の時期に、裸足で歩くことなど考えられるでしょうか。

結局、これらの不可解な点の真相は解明されないまま、福島女性教員宅便槽内怪死事件は幕を閉じてしまいました。

 

菅野直之さんの行動に不審点は無し?【便槽内怪死事件】

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の発覚前の菅野直之さんの行動についても触れておきたいと思います。

遺体として見つかると言う悲しい結末となってしまいましたが、事件前の彼の様子に不審な点はあったのか、その真相を考察していきましょう。

 

【1】菅野直之さんの事件前の行動

引用: Pixabay

菅野直之さんの姿を最後に見たのは父親だったと言います。福島女性教員宅便槽内怪死事件の4日前に、「出掛けてくる」と自宅にいる父親に声を掛けた後、行方が分からなくなったと言います。

この日は祝日で、菅野直之さんも仕事はお休みだったでしょうから、父親も誰かと出掛けるのか、と軽い気持ちでいたそうです。出かける際も、いつも通り軽い感じで声を掛けられたので、父親は気にも留めていませんでした。

しかし、その後帰宅する様子もなく心配になった両親が友人らに連絡しましたが消息がつかめず、事件が発覚しました。

 

【2】行方不明の4日間の謎

引用: Pixabay

父親に声を掛けて出て行ったのが、2月24日の金曜日です。

しかし、彼が遺体として発見されたのは2月28日火曜日の午後でした。姿を消してから4日間の空白があるわけですが、この間の足取りについての真相は未だはっきりと掴めておりません。唯一の手がかりとして、2月27日に彼の車が発見されます。地元の農協の駐車場に駐車されており、鍵がさされたままの状態でした。

ここで、福島女性教員宅便槽内怪死事件のもう一つの謎が出てくるのですが、覗きを図ることが目的であれば、侵入から犯行に及ぶまでそれなりの時間はかかるはずです。にもかかわらず、車の状態を考察してみると、施錠はされておらず、他者に盗まれても文句も言えないような状態で放置してありました。

車の状態から見ると、明らかにすぐに戻ってくること前提で少し離れたのかと考えざるおえない状態でした。明らかに不自然な状態でしたが、結局、そのほか証言はでてこず、自宅を出てからの足取りなどの真相はわからないままとなっております。

 

【3】福島女性教員宅便槽内怪死事件発生前に飲み会に参加していた

引用: Pixabay

菅野直之さんは、福島女性教員宅便槽内怪死事件発生の4日前に先輩の送別会に参加していたそうです。

深夜1時ごろにお開きとなり、その日は各自自宅へ帰ったとされています。ここで気になる農協に放置された車についてですが、飲み会にも車で来ていたそです。

しかし、知人によると菅野直之さんは自分の車で帰ったと証言していますので、この時点か車が放置されていたとは考えづらいと考察します。

 

福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相は?

引用: Pixabay

それではここからは、福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相について見るため、ネット(なんjや検索してはいけないwiki)などあらゆるところに記載されている諸説を考察していきたいと思います。

なお、あくまで福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相については謎のままですので、あくまで以下は真相ではなく筆者の諸説に対する考察だと言うことを忘れずに読んでください。

 

【1】諸説1 ストーカー説について考察

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の一つ目の説は、警察の見解と近い彼が福島女性教員宅便槽内怪死事件現場となった自宅住人の、女性教員のストーカーであったという説です。こちらについて考察してみましょう。

まず、菅野直之さんはもともと女性教員とは知り合いでした。冒頭でも記載した通り、悩み事などの相談もする真柄だったようですから、わざわざストーカーをする必要があったのかがそもそも謎です。さらに、ストーカーであれば女性教員の行動は把握しているでしょうから、あえて不在時に便槽内で待機していた、というのも不可解なものです。

ストーカー説は福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相とは少しかけ離れているかもしれません。

 

【2】諸説2 男女間会のもつれ説について考察

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件のもう一つの説は、男女間のもつれ説です。こちらについても考察してみましょう。

福島女性教員宅便槽内怪死事件の現場宅住人の女性教員には婚約者がいたと言います。その婚約者は、女性同様教員をしており、菅野直之さんとも知り合いだったそうです。

ここからはあくまで諸説と憶測にしか過ぎませんが、もし菅野直之さんと女性教員に男女の関係があったとするとどうでしょうか。その関係を知った婚約者の男性とトラブルになったという可能性もあるかもしれません。

婚約者の男性と福島女性教員宅便槽内怪死事件の関係についても、真相は定かではありません。

 

【3】諸説3 いたずら電話の容疑者説について考察

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の前から、事件現場宅に住む女性教員はいたずら電話に悩まされていたとのことですが、福島女性教員宅便槽内怪死事件とは何も関係はなかったのでしょうか?いたずら電話との関係性についても考察していきます。

実は、このいたずら電話の犯人を菅野直之さんは突き止めていたと言います。犯人は50代の男性で過去に犯罪歴もある者だったため、女性教員も犯罪の被害に遭う可能性があったとされています。菅野直之さんに犯行がバレて、逆上して殺害したのでしょうか。

この諸説を疑う人は多かったようですが、この男性には福島女性教員宅便槽内怪死事件発生時にアリバイがあるため、事件とは無関係であると考察されています。

 

【4】諸説4 原発事故との関係説について考察

引用: Pixabay

もう一つの説として、原発事故との関係説が唱えられています。原発事故との関連についても考察していきましょう。

まず、菅野直之さんは原発の保守点検を担う作業員であったと記載しましたが、この原発では1989年にある事故が発生しています。原発のポンプ内部にある回転翼が破断し、原子炉内に金属片が大量に流れ込んでしまった、という事故です。

どの企業においてもいつどのような事故が発生するかはわからないもので、時には防ぎようのないこともありますが、実はこの原発事故は防げた事故であったかもしれないそうです。というのも、原発事故発覚の1年ほど前から3回もの警報が原発内で鳴っていたと言います。

それにも関わらず、原発の運転を停止することはありませんでした。そのため、この原発事故が発生以降は原発の組織体制に疑問を呼ぶ者も多く、さらには当時原発の保守点検の現場責任者であった菅野直之さんの同僚が突然自殺をしていることからも、福島女性宅便槽内怪死事件と原発事故の関連性についての諸説を考察する者は多いです。

諸説のひとつに実は菅野直之さんや原発保守点検の責任者であった同僚の男性は原発事故の真相を知っており、それを告発しようとしたのがバレた、というものがありますが、その可能性も考察できるでしょう。原発作業員の中で同じ時期に二人の命を失ったことが偶然なのか、それとも仕組まれた者だったのか。

なんjや検索してはいけないwikiでも頻繁に取り上げられる説ですが、原発事故との関連性に関する諸説についても噂に過ぎず、真相についてはわからないままです。

 

【5】福島女性宅便槽内怪死事件の諸説の詳細や議論 なんjでの考察

引用: Pixabay

福島女性宅便槽内怪死事件の諸説についてより詳細に考察したい方は、インターネットサイトのなんjを見てみると良いかもしれません。なんjは2chの掲示板の中でも少し独特で、なんj(なんでも実況・考察する)スレッドとして知られています。

福島女性宅便槽内怪死事件の諸説を考察するスレッドは、現在もなんjに残っています。なんjスレッドを見たところ、なんjを利用する方、(以降なんj民)の多くは他殺説を唱えていました。なんj民の考察は鋭いものも多く、非常に興味深いものもあります。

さらに、なんjスレッドには当時の記事なども残っており、なんjを見ると事件の詳細を知ることもできます。上述したように、当時の様子が示されたイラスト等もなんjにありますが、なんj民の中には実際の様子とかけ離れていると証言する者もいるようです。

ただし、なんjはあくまでなんj民が事件に関する考察を述べる場所であるため、なんjから福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相を知ることは難しいでしょう。なんjは情報を得ること、そしてなんj民とあなたの考察について話し合う場として利用すると良いです。

 

【6】福島女性宅便槽内怪死事件の真相について検索してはいけない?

引用: Pixabay

ネットで福島女性教員宅便槽内怪死事件と入力すると、検索してはいけないとキーワードに出てくることがあります。真相がわからないこの事件について、検索してはいけないということでしょうか?様々な諸説がありますか、真相を知られないために検索してはいけないとされているのでしょうか。

実はこれ、検索してはいけないwikiというサイトを指しています。検索してはいけないwikiは、名前の通りで検索してはいけない言葉を集めたサイトです。検索してはいけないというと、霊的な意味など怖いイメージがありますが、検索してはいけないwikiは少し違った目的があります。

悲惨な事故であるがゆえに検索してはいけない言葉とされていますが、それでも真相を解明したい、知ってもらいたい、検索してはいけないwikiはそういった意味のこもったサイトでもあります。検索してはいけないのに、知ってもらいたいというある意味矛盾したサイトです。

福島女性教員宅便槽内怪死事件はまさに、奇妙かつ残念な事件であり検索してはいけない事件に該当しますが、真実を知りたい事件でもあります。検索してはいけないwikiでは、福島女性教員宅便槽内怪死事件の概要やそれに対する一般の考察が割と詳細に記載されていますので、検索してはいけないwikiも興味があれば見てみてください。

ちなみに、検索してはいけないwikiも素人がスレッドを立てていますので、信憑性にかける情報もあります。検索してはいけないwikiもあくまで参考程度にしてください。

 

福島女性教員宅便槽内怪死事件は未解決のまま

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件には様々な諸説がありますが、どの諸説を考察してみてもその真相は結局わからないままです。

 

【1】福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相はわからなかった

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件には上述したとおり、検索してはいけないwikiなどネット上では自殺説から他殺説まで様々な諸説が噂されています。しかしながら、どの諸説を考察してみてもあくまで想像に過ぎず、真相は未解明のままとなっています。

今も変わらずそうですが、世間の注目というのは事件があったその一時的な期間だけで、ある一定の期間を過ぎるとあっさりと忘れさられてしまいます。福島女性教員宅便槽内怪死事件も同様で、その1ヶ月後にまた新たな事件が発生し世間を騒がせました。

福島女性教員宅便槽内怪死事件は早々に他殺ではないと結論づけられていたわけですから、そこから新たな進展もなく世間の注目は長続きしなかったようです。その結果、事件の諸説の真相に関する調査も長引くことなく、福島女性教員宅便槽内怪死事件は完結されることとなります。

 

【2】福島女性教員宅便槽内怪死事件は映画化された?

引用: Pixabay

警察の再調査もなく世間からの興味もほとぼりも冷めてからも、やはり村の人々や菅野直之さんと親しい真柄であった人にとっては、到底納得のできる終わり方ではありませんでした。そのため、真相のわからないあらゆる諸説が残る形となっています。

また、福島女性教員宅便槽内怪死事件は不可解な点も多い事件ですので、一部の人間の間では永遠に議論がなされている事件でもあります。実際、現在でもインターネットサイトのなんjや検索してはいけないwikiでは福島女性教員宅便槽内怪死事件の諸説の真相を考察する方もいます。

それだけ福島女性教員宅便槽内怪死事件は日本中を騒がせた事件でしたので、福島女性教員宅便槽内怪死事件から約10年後にこの事件がモチーフになった映画が公開されます。映画の内容としては福島女性教員宅便槽内怪死事件そのものの様子を題材としています。

女性教員の家の便槽から遺体が発見されたことや、原発を産業とする村、そして事件は遺体の男性の覗き見として処理されたことなど、すべて福島女性教員宅便槽内怪死事件と一致しています。

この映画は、福島女性教員宅便槽内怪死事件の諸説の真相に迫ることがテーマです。菅野直之さんが働いていた原発での原発事故と福島女性宅便槽内怪死事件の関係性や、村での怪しい選挙など、福島女性教員宅便槽内怪死事件の諸説の真相(あくまで考察)について描かれています。

ちなみに、こちらの映画はあまり世間からの評判が良くなかったようです。福島女性教員宅便槽内怪死事件は未解明の事件ですから、原発事故の関係性などの諸説の真相を映画で描く、というのは賛否両論を生んでしまったのかもしれません。

 

【3】福島女性教員宅便槽内怪死事件と似た事件があった

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件は、非常に奇妙でかつ真相がわからないショッキングな事件でしたが、実は福島女性教員宅便槽内怪死事件とよく似た事件は発生しています。

福島女性教員宅便槽内怪死事件ほど注目を浴びることはありませんでしたが、便槽内で発生した事件というのは他にも多くあります。そのひとつが東京公衆便所便槽内遺体事件。福島女性教員宅便槽内怪死事件の翌年に発生した時間で、公衆便所内から遺体が発見されたという事件です。

しかし、福島女性教員宅便槽内怪死事件ほど大きく注目されなかったのは、捜査の結果どう見ても覗き目的の事故死であったことが判明したからだと言います。

福島女性教員宅便槽内怪死事件は真相がわからない部分も多かったため、今でも記憶に残っている者がいるほど、世間に衝撃を与え大きな話題となりました。

 

不可解な事件、福島女性教員宅便槽内怪死事件

引用: Pixabay

福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相について考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。

結局事件の真相はわからぬまま、あらゆる諸説が噂となって残る形となっています。福島女性教員宅便槽内怪死事件はただの事故だったのか、それとも意図的に計画された他殺だったのか。どの諸説を考察してみても真相はわかりません。

3.11の後に話題となった原発事故をも思い浮かばせるような菅野直之さんと原発との関係性など、気になるキーワードが多くある事件ですので、30年の時が経った今でも忘れられない事件であることは間違いありません。インターネットサイトのなんjや検索してはいけないwikiでは未だに福島女性宅便槽内開始事件のスレが残っており、なんj民や利用者の間で議論されています。

福島女性教員宅便槽内怪死事件の真相については気になりますが、30年も経った今真相にたどり着くことは難しいかもしれません。

事件関係者にとっては心にもやもやが残ったままかもしれませんが、我々のような外部の人間は事件に対して口出しすることなく、そっとしておくのが一番でしょう。そういった意味でも福島女性教員宅便槽内怪死事件は検索してはいけない事件なのかもしれません。

人気の記事