座右の銘に使える四字熟語150選!カッコいい言葉の意味を徹底解説!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

座右の銘に使える四字熟語150選!

引用: girlydrop

自分の座右の銘とは何ですか?

といっても、実際にはあらかじめ決まった言葉以外に座右の銘を決めていない人も多いはずです。よく聞くのは、座右の銘を四字熟語としておいている人。

四字熟語を自身の座右の銘として人生を全うすることはとてもカッコいい生き方です。

そんなあなたも、座右の銘を探してみませんか?

そこで今回は、あなたにご紹介したい四字熟語を150個ご紹介していきます。ぜひ参考にしていただき、あなたに見合った座右の銘を探してみてください。

 

【座右の銘に使える】挑戦を関する四字熟語

 

【001】百戦百勝(ひゃくせんひゃくしょう)



引用: Pixabay

百戦百勝の言葉の意味は、どんな戦いにも戦えば必ず勝つことを意味します。

どんな困難なことにも挑戦することで必ず勝利を得ることができると確信している四字熟語。座右の銘にはカッコいいピッタリな言葉です。

 

【002】万里一空(ばんりいっくう)


万里一空の言葉の意味は、目的や目標のやるべきことを見失うことなく励み、それに向かって頑張り続けることです。

挑戦する座右の銘としては四字熟語としてうってつけの言葉で、意味としても冷静なカッコいい意味を持つ四字熟語としておすすめです。

 

【003】赤手空拳(せきしゅくうけん)

Array

赤手空拳の言葉の意味は、手に何も武器をもたずに立ち向かうことを意味します。

この意味は誰の手も借りず、困難に立ち向かうカッコいい語源で、特に大きな課題に立ち向かうのにはおすすめできる四字熟語の座右の銘です。

 

【004】獅子博兎(ししはくと)

獅子博兎の言葉の意味は、ライオンをモデルとした語源で、ライオンは兎のような小物を捕らえるときにも妥協をしないことを意味し、どんな簡単なことにも全力を尽くすべきだという意味があります。

挑戦する上で、妥協を許さない姿勢を意味するカッコいい四字熟語で、座右の銘としては真摯さが伝わります。

 

【005】竜攘虎搏(りゅうじょうこはく)

Array

引用: Pixabay

竜攘虎搏の言葉の意味は、みなさんもおなじみの龍と虎の戦いがモデルとなっていて、強者同士が全力で立ち向かう姿勢を現わしています。

この四字熟語を座右の銘として掲げることで、心の強さが現れるカッコいい姿を連想してしまいます。

 

【006】野戦攻城(やせんこうじょう)

野戦攻城の言葉の意味は、野外で戦うことで城を攻めることを意味し、攻略を外堀からじわじわと責めていく知的さを意味します。
座右の銘としては知的さが現れてカッコいい言葉でもあり、おすすめできます。

 

【007】披堅執鋭(ひけんしつえい)

 

披堅執鋭の言葉の意味は、堅固な鎧を身にまとい、鋭利な武器を持つことを意味し、困難な課題にも重装感を現わす準備をするという万全な体制を意味する言葉です。

言葉の意味通り、どんな課題も万全の準備をして挑むカッコよさが現れる四字熟語で、難題に対策を講じる場合の座右の銘としておすすめできます。

 

【008】二桃三士(にとうさんし)

二桃三士の言葉の意味は、奇形な策で豪傑を自滅させるという知的な意味を持ちます。

特に策に自信があるという場合には座右の銘としておすすめで、闇を抱えるようなカッコよさをにじませる語源です。

 

【009】刀光剣影(とうこうけんえい)

刀光剣影の言葉の意味は、殺気を漲らせ、今にも戦いが巻き起こりそうな雰囲気の様子を現わしている意味を持っています。

殺伐とした意味ですが、こうした語源から挑戦するときに戦いに挑む際のカッコよさがにじみ出る座右の銘としておすすめできる四字熟語です。

 

【010】蟷螂之斧(とうろうのおの)

引用: Pixabay

蟷螂之斧の言葉の意味は、弱いものが自分の力を理解銭司に強いものに挑むことになります。

一件カッコよさが出ない、挑戦する座右の銘としては弱いようにも感じますが、言葉の意味としては、挑戦する当人が弱気ものだと自負し、そこから強きものに挑んでいく様を意味しています。そのため座右の銘としては自信を認めているカッコよさがわかる四字熟語でもあり、おすすめできます。

 

【011】人間青山(じんかんせいざん)

人間青山の言葉の意味は、大きな望みを果たすために、自身の故郷を出て活躍するさまを意味している四字熟語になります。

地元を離れて目標に向かって挑戦していく様子はカッコいい挑戦者を意味し、座右の銘として地元を離れて目標に向かう人におすすめです。

 

【012】破釜沈船(はふちんせん)

破釜沈船の言葉の意味は、決死の覚悟を持って、生きて帰らない決意を示して出陣するさまを意味する四字熟語です。

現代ではもう戻らないことを決めて出発するさまが当てはまり、カッコいい挑戦者の覚悟が描かれている言葉です。

 

【013】背水之陣(はいすいのじん)

背水之陣の言葉の意味は、決死の覚悟で戦に挑む様、または決死の覚悟で物事にあたっていく様を描いた四字熟語です。

あまりにも困難な状況下の際に、それでも覚悟を持って挑む様子はカッコいいです。座右の銘としてはピッタリだとおすすめできます。

 

【014】一世一代(いっせいいちだい)

一世一代の言葉の意味は、人生は一生のうち一度限りで、その一度の中で立派な芸などを演じる意味を持つ四字熟語です。

人生は一度きりとよく耳にしますが、まさにその一度を全力で立ち向かうカッコいい様子が描かれている言葉です。座右の銘としては、こうした状況下にある人におすすめできます。

 

【015】常山蛇勢(じょうざんのだせい)

引用: Pixabay

常山蛇勢の言葉の意味は、先陣・後陣・左翼・右翼ともに攻撃や防御する隙のない陣盾を意味する四字熟語で、鉄壁な状態を描いています。

こうした完璧なカッコいい状態であることを座右の銘として掲げているのはとてもあこがれてしまいます。

 

【016】万死一生(ばんしいっせい)

万死一生の言葉の意味は、命を投げ出して必死の覚悟ですることを意味する四字熟語です。

命を覚悟して挑むカッコいい意味を持つ四字熟語であることから、座右の銘としては命を心配するほどハラハラした様子となります。こうした決死の意味を持つ座右の銘としては言葉としてカッコいい様子を表現することができます。

 

【017】弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)

弱肉強食の言葉の意味は、言葉の通り強いものが弱いものを侵食する様を描く四字熟語です。

座右の銘として掲げるには、カッコいい心の強さが描かれ、強き人間として惹かれるほど言葉の意味に魅了されるでしょう。

 

【018】一念発起(いちねんほっき)

一念発起の言葉の意味は、あることを成し遂げようと強く決心する様を描いた四字熟語です。

言葉の意味としては挑戦者の目標に向かっているカッコよさがにじみ出る四字熟語であり、座右の銘に掲げることで目標を持つ素晴らしい人柄であることが挙げられます。

 

【座右の銘に使える】努力や目標に関する四字熟語

 

【019】不断節季(ふだんせっき)

 

不断節季の言葉の意味は、毎日地味に、真面目に商売をしていれば、将来困ることはないことを意味する四字熟語です。

目標に対する努力をひたむきに行うカッコよさが四字熟語の意味の背景としてあることから、こうした淡々とした努力を行う人にお勧めの座右の銘です。

 

【020】読書百遍(どくしょひゃっぺん)

引用: Pixabay

読書百遍の言葉の意味は、繰り返して読むことで意味が通じないことも自然とわかってくるという四字熟語です。

こつこつと繰り返す人におすすめできる座右の銘で、努力のカッコいい様子がひたむきに再現されます。

 

【021】不眠不休(ふみんふきゅう)

不眠不休の言葉の意味は、眠らず休まず頑張り一生懸命に努力をする意味を持つ四字熟語となっています。

寝る間も惜しんでどりょくする姿はカッコいいです。そのことから、座右の銘に掲げることで多少は健康状態が心配ですが、こうした努力がよくわかる言葉でもあるのです。

 

【022】悪戦苦闘(あくせんくとう)

悪戦苦闘の言葉の意味は、死に物狂いの苦しい戦いで、困難な状況の中でも苦しみながら努力をしている様を描く言葉になっています。

悪戦苦闘と聞くと、苦しんでいる様を描いているようにも思えますが、意味としては困難な状況でもあきらめずに努力を怠らないカッコいい姿を描いているため、座右の銘としておすすめできる四字熟語です。

 

【023】百錬成鋼(ひゃくれんせいこう)

百錬成鋼の言葉の意味は、心身を鍛錬することによって、はじめて立派になる人になることを意味する四字熟語です。

日々の鍛錬を大切にする努力のカッコいい意味を持つ四字熟語で、毎日コツコツと努力を惜しまず鍛錬に向かって歩いている様を描いています。

 

【024】勇往邁進(ゆうおうまいしん)

勇往邁進の言葉の意味は、困難をもろともせず、ひたすら突き進むことです。

努力を惜しまず、困難を乗り越えるさまを描く四字熟語で、努力から出る自信のカッコよさがにじみ出る座右の銘と感じます。

 

【025】力戦奮闘(りきせんふんとう)

引用: Pixabay

力戦奮闘の言葉の意味は、力を出し尽くして戦うことで、そのために一生懸命努力をする意味を持つ四字熟語になっています。

まさに努力をして全力でたちむかうカッコいい四字熟語の意味を持ち、全力で立ち向かう様子は座右の銘としておすすめできます。

 

【026】月下推敲(げっかすいこう)

月下推敲の言葉の意味は、詩文などの字句を良く練って工夫していくことでより良いものにしていく様子を描く四字熟語です。

努力の繊細さが描かれており、その精密な姿勢はカッコいい様子を描きます。

 

【027】苦学力行(くがくりっこう)

苦学力行の言葉の意味は、働きながら得た学費で苦労をしながら学問にはげんでいく様子を描いている四字熟語です。

特に苦学生と呼ばれる人にはおすすめできる座右の銘で、その苦労さは人間のカッコいい姿を存分に描いていると感じます。

 

【028】一意攻苦(いちいこうく)

一意攻苦の言葉の意味は、心を打ち込んで苦しみながらも考え続ける様を描く四字熟語です。

一つのことを一心に考えながらも、苦しさと戦うカッコいい葛藤を描く四字熟語で、座右の銘としては特に一途な人におすすめできる四字熟語です。

 

【029】一生懸命(いっしょうけんめい)

一生懸命の言葉の意味は、物事を命がけで真剣にしていく様子を描く四字熟語です。

言葉の通り、命がけで向き合う様子を意味します。その凛とした姿はカッコいいの一言に尽きず、座右の銘としても命を懸ける努力さが出ています。

 

【030】一所懸命(いっしょけんめい)

引用: Pixabay

一所懸命の言葉の意味は、一生懸命と同じく物事を命がけでやることを意味する四字熟語です。

一生懸命とほとんど意味は変わりませんが、座右の銘としてはどちらもカッコいい様子が描かれているため迷ってしまいます。好みで選んでいただいた方がより自分のものとして言いやすいのかなとも思います。

 

【031】完全燃焼(かんぜんねんしょう)

完全燃焼の言葉の意味は、最後まで燃え尽きることで、力の限りを尽くしたことを意味する四字熟語です。

まさに努力の成果を発揮したやり切ったカッコいい姿を連想する四字熟語で、座右の銘としては努力を達成したというカッコいい意味合いを持って公表することができます。

 

【032】刻苦精進(こっくしょうじん)

刻苦精進の言葉の意味は、心身を苦しめ懸命に努力する意味を持つ四字熟語です。

心身ともに窮地に立たされていても、懸命に努力を怠ることなく行うカッコいい言葉で、座右の銘としては淡々としたカッコいい意味を持つおすすめできる四字熟語です。

 

【033】全力投球(ぜんりょくとうきゅう)

全力投球の言葉の意味は、ありったけのボールを投げる意味を持つ四字熟語です。

特に野球などの球技をしている方におすすめできる四字熟語で、座右の銘として掲げているとかっこいいスポーツマンを想像してしまう言葉でもあります。

 

【034】奮励努力(ふんれいどりょく)

奮励努力の言葉の意味は、目標に駆って気を奮い起こして励む様を描く四字熟語となっています。

奮励という言葉は奮い立たせることを意味し、努力を用いて奮い立たせて目標に励むカッコいい意味を持つ四字熟語の為、座右の銘としても心構えとしてもよく使われる言葉です。

 

【035】櫛風沐雨(しっぷうもくう)

引用: Pixabay

櫛風沐雨の言葉の意味は、雨に髪をくしけずり雨に体を洗うという意味を持つ四字熟語で、この意味は雨風にさらされても奔走して苦労していく様を描いています。

どんな屈強なものでも、どんな状況でも苦労していく様は努力のカッコいい様子を淡々と描いています。

 

【036】試行錯誤(しこうさくご)

試行錯誤の言葉の意味は、課題が困難かつ解決できない場合でも、何回も試みることで失敗を重ねても目的に迫っていく様子を描いた四字熟語になっています。

何度失敗してもあきらめずに立ち向かっていく様は、カッコいい人間を連想させます。

 

【座右の銘に使える】健康を冠する四字熟語

 

【037】延年転寿(えんねんてんじゅ)

延年転寿の言葉の意味は。ますます長生きすることです。そして安楽に長命を保つことや、長寿を祝う意味としても用いられる四字熟語です。

健康を考慮する座右の銘としては、長寿であることを大切にする温かい言葉として伝わります。

 

【038】大安吉日(たいあんきちじつ)

大安吉日の言葉の意味は、万事うまくいくとされる日を示す四字熟語になります。

座右の銘としては、どのような日でも毎日が上手くいくとポジティブに考える方におすすめできる四字熟語です。

 

【039】得意満面(とくいまんめん)

得意満面の言葉の意味は、誇らしげな様子が顔面に満ちている様子を現わしている四字熟語になります。

座右の銘としても笑顔が絶えない意味を示すことから、好印象を持つことができるでしょう。

 

【040】不老長寿(ふろうちょうじゅ)

引用: Pixabay

不老長寿の言葉の意味は、老いることなく長生きし、高齢まで生きても肉体的に衰えずに老人にならないことを意味します。

座右の銘としては、不老不死を連想させることから命の強さを表現できる強い言葉です。

 

【041】豊年満作(ほうねんまんさく)

豊年満作の言葉の意味は、農作物などの作物が美織、収穫が多いことを意味する四字熟語となっており、座右の銘としては農作物に限らず懐も収穫量が大きいように方策続きである心の大きい人間であることを表現することができます。

 

【042】良妻賢母(りょうさいけんぼ)

良妻賢母の言葉の意味は、夫には良き妻であり、子供には賢い母であることを意味する女性で、四字熟語としては特に女性に多く当てはまる言葉として用いられます。

座右の銘としては女性に上手く当てはまり、一つの目標として掲げる人もいます。

 

【043】無事息災(ぶじそくさい)

無事息災の言葉の意味は、自己や病気の心配がなく、平穏に暮らしている様子を意味している四字熟語になります。

健康そのものを座右の銘として掲げ、無事に生活ができている象徴、もしくは目標として掲げることができるのです。

 

【044】自由奔放(じゆうほんぽう)

自由奔放の言葉の意味は、周りを気に欠けることなく心の浴するままに振舞う様を描く四字熟語となります。

この言葉を座右の銘として掲げている方も多くいらっしゃり。心のゆとりを存分に発揮している様子を表現することができます。

 

【045】安楽浄土(あんらくじょうど)

引用: Pixabay

安楽浄土の言葉の意味は、現実世界のような苦悩はなく、心配やけがれもなく、安心して楽しく生活ができる国土であることを意味する四字熟語です。

座右の銘として掲げる方の多くは、こうした目標や願望を持って挑んでいる方も多く、とてもカッコいい言葉として用いられます。

 

【046】容顔美麗(ようがんびれい)

容顔美麗の言葉の意味は、顔がとても美しい様子を現わす四字熟語になります。

男女問わず、自分の顔に自信を持つ方が座右の銘として掲げており、常に自身に満ち溢れるカッコいい様を描いています。

 

【047】一病息災(いちびょうそくさい)

一病息災の言葉の意味は、一つぐらい病気がある方が、かえって身体を大切にして長生きする様を描いています。

健康の座右の汚名としては、すでに病気をしてしまった方に送りたい座右の銘ですが、この四字熟語は病気を患っても長生きすると感じ、かえってかかってしった病気を軽率に考えるという意味を持ちます。

 

【048】国利民福(こくりみんぷく)

国利民福の言葉の意味は、国家に利益と人民の幸福を意味します。

座右の銘としては、自分の利益だけに限らず自国全体の健康と幸せを願うというカッコいい四字熟語です。

 

【049】贅沢三昧(ぜいたくざんまい)

贅沢三昧の言葉の意味は、思うままに贅沢にふけしたいことをし放題で贅沢をすることにあります。

一件不健康そうな四字熟語ですが、贅沢をするということは懐にも余裕があるということ。つまり、心の健康を測っている言葉でもあるのです。

 

【050】暖衣飽食(だんいほうしょく)

引用: Pixabay

暖衣飽食の言葉の意味は、満ち足りた生活や贅沢な暮らしを送ることを意味する四字熟語です。

こちらも贅沢三昧と似たような意味を持ち合わせていますが、こうした豊かな生活を送っていることを座右の銘として掲げながら伝えている方も多いのです。

 

【051】応病与薬(おうびょうよやく)

応病与薬の言葉の意味は、病気の種類に応じて最も適した薬を与えることです。

この四字熟語の座右の銘としての意味は、病に応じて薬を適宜処方してもらうという病気を早期に解決へ導くことができるといわれている四字熟語です。

 

【052】愉快活発(ゆかいかっぱつ)

愉快活発の言葉の意味は、楽しく生き生きとした心地の良いものを現わし、常に楽しいと感じる人や、これからそうなってほしいと思う人にお勧めしたい座右の銘です。

 

【053】苦尽元来(くじんがんらい)

苦尽元来の言葉の意味は、苦しいときが立ってもやっと新しい日が訪れると言われる四字熟語で、将来に期待を寄せたりする人がカッコいい姿を見ることができるでしょう。

 

【054】手舞足踏(しゅぶそくとう)

手舞足踏の言葉の意味は大きな喜びなどで気持ちが高ぶり、身震い手部類となって現わしていく様子をえがいています。

座右の銘としては、手足がなくとも気持ちで好きなことができるという意味を持ち、楽しい座右の英選びとなります。

 

【座右の銘に使える】就活や面接で使える四字熟語

 

【055】風林火山(ふうりんかざん)

引用: Pixabay

風林火山の言葉の意味は、戦いにおける四つの心構えを述べた語を意味し、時期や情勢に応じた柔軟な動きをする意味を示す四字熟語です。
こうした意味は、就活において優位になるアピールになります。座右の銘としては強さを発揮できる言葉です。

 

【056】無欲無私(むよくむし)

無欲無私の言葉の意味は、自分の利益や欲望を求めないことを意味する四字熟語になります。
自身が従順であることを座右の銘としてアピールすることができます。

 

【057】七転八起(しちてんはっき)

七転八起の言葉の意味は、何度倒されてもそのたびに屈せず起き上がる様子を意味する四字熟語になります。

座右の銘としては、粘り強さを盛大にアピールすることができます。

 

【058】頑固一徹(がんこいってつ)

頑固一徹の言葉の意味は、とても頑なで思い込んだらどうしても自分汚考えや意思を変えない様子を描きます。

座右の銘としては意思が強いことをアピールすることができる言葉です。

 

【059】金剛不壊(こんごうふえ)

金剛不壊の言葉の意味は、決して壊れないくらい頑固なことを意味する四字熟語です。
頑固であることを座右の銘として表現することができ、カッコいい言葉としても用いられます。

 

【060】無私無偏(むしむへん)

引用: Pixabay

無私無偏の言葉の意味は、自分の利益だけを測ることなく公平である様を意味する四字熟語になります。

就活において座右の銘としては特にアピールできる言葉で、公平な立場から物事を冷静にアピールできるカッコいい言葉としてもよく使用されています。

 

【061】疾風勁草(しっぷうけいそう)

疾風勁草の言葉の意味は、厳しい試練に身を置くときに、始めて医師や節操が堅い人であることがわかる意味を示す四字熟語になります。

自分の身の上から出る話題としてよく用いられる言葉で、自分を見つめなおすかっこいい言葉として使用されます。

 

【062】質実剛健(しつじつごうけん)

質実剛健の言葉の意味は、真面目であり、心身ともに健康で強くたくましい様子を描いた四字熟語です。
健康体であるカッコいい様をアピールすることができる座右の銘でもあります。

 

【063】首尾一貫(しゅびいっかん)

首尾一貫の言葉の意味は、ひとつの態度や原理ではじめから終わりまで貫くことを意味します。

最後までやり遂げるカッコいい人間像をアピールするなど、主活においても座右の銘としてよく使用されています。

 

【064】頂点立地(ちょうてんりっち)

頂点立地の言葉の意味は、独り立ちして他人には頼らないことを示す四字熟語です。

自立しているというアピールができる座右の銘で、一人狼を表現するようなカッコいい言葉としても用いられます。

 

【065】威風凛然(いふうりんぜん)

引用: Pixabay

威風凛然の言葉の意味は、態度や雰囲気に威厳があり、凛々しさを表現する四字熟語です。
まさにカッコいい姿を現すことができる言葉です。

 

【066】自力更生(じりきこうせい)

自力更生の言葉の意味は、他人の力に頼らず自分一人の力で生活を立ち直らせることを意味する四字熟語です。

自分の過去をしっかりと受け止め更生したことをアピールすることができる座右の銘としても利用されています。

 

【067】如意自在(にょいじざい)

如意自在の言葉の意味は、自分の思いのままになることを意味する四字熟語です。

この言葉は座右の銘として自分の自信をアピールすることができる自分を立てるかっこいい姿を表現することができます。

 

【068】自分本位(じぶんほんい)

自分本位の言葉の意味は、自分自身をすべての基準とすることを意味します。

就活においては、多少博打になりますが座右の銘として少しだけ笑いを摂れる分、自分の自信をカッコいい言葉に添えてアピールするきっかけにもなります。

 

【069】大器晩成(たいきばんせい)

大器晩成の言葉の意味は、若い頃には頭角を現さずに遅い時期に大成することを意味する四字熟語です。

自分自身をしっかりと見極めているというカッコいい言葉として座右の銘で使用することができます。

 

【070】安如泰山(あんにょたいざん)

引用: Pixabay

安如泰山の言葉の意味は、微動だにしない安定した様を言います。

自分自身が理性をもって物事を判断することができることをアピールする座右の銘で、こうした冷静なかっこよさはこの言葉が一番表現できると思います。

 

【071】是々非々(ぜぜひひ)

是々非々の言葉の意味は、良いことは良いこと、悪いことは悪いこととして公平に判断することを意味する四字熟語です。

言葉通り、公平さを現わすカッコいい言葉で、座右の銘としては公平性を優位に表現することができます。

 

【072】縦横自在(じゅうおうじざい)

縦横自在の言葉の意味は、自分の心のままに行うことを意味する四字熟語になります。

自らが足を運んで判断する力があることをアピールすることができます。座右の銘としてはうってつけの言葉です。

 

【座右の銘に使える】笑いに関する四字熟語

 

【073】青息吐息(あおいきといき)

青息吐息の言葉の意味は、非常に困ったり苦しんだり悩んだりするときに発するため息を現わしています。

困っている様子を表現する言葉ですが、なぜ座右の銘がこれ?と、意外性で笑いを取れるかもしれません。

 

【074】悪事千里(あくじせんり)

悪事千里の言葉の意味は、悪い評判は、瞬く間に世間に知れ渡る様を描いた四字熟語です。

こちらも座右の銘としては適合しづらい言葉ですが、過去に悪いことをしてしまったことをおびえる様はついつい笑ってしまうきっかけを作るかもしれません。

 

【075】唖然失笑(あぜんしっしょう)

引用: Pixabay

唖然失笑の言葉の意味は、あっけにとられて思わず笑ってしまうことを意味する四字熟語です。
失笑を誘うという座右の銘お意味としては、笑いに近い言葉ではないかと思われます。

 

【076】有頂天外(うちょうてんがい)

有頂天外の言葉の意味は、我を忘れるほどに大喜びする様子を描いています。
大笑いを現わす座右の銘としては、笑いで幸せにするというコミカルな一面が見える言葉です。

 

【077】呵々大笑(かかたいしょう)

呵々大笑の言葉の意味は、大声をあげて笑うことを意味します。
大声で笑う豪快なカッコいい言葉です。座右の銘としてはポジティブな一面をアピールできます。

 

【078】機械之心(きかいのこころ)

奇怪の心の座右の銘は、たくらみや偽り、または策略を巡らす考えを持つ四字熟語です。

座右の銘としては知能的でカッコいい言葉ですが、こうした言葉を意味することが座右の銘であることによって、笑いを誘う意外なことも起きます。

 

【079】奇々怪々(ききかいかい)

奇々怪々の言葉の意味は。常識では理解しがたい不思議な様を描く四字熟語です。
通常では理解できない思考を持つ四字熟語となり、面白おかしい話題に触れることができます。

 

【080】喜怒哀楽(きどあいらく)

引用: Pixabay

喜怒哀楽とは四つの感情の総称である四字熟語です。
皆さんもおなじみの言葉だと思いますが、喜び楽しむ上で座右の銘として周りを明かるくすることもできます。

 

【081】酒池肉林(しゅちにくりん)

酒池肉林の言葉の意味は、贅沢の限りを尽くした盛大な宴会を現わしていることを意味します。

座右の銘で抱えている人はあまり見受けられませんが、笑いを誘う上ではこうした言葉は宴会芸として用いられるでしょう。

 

【082】笑止千万(しょうしせんばん)

笑止千万の言葉の意味は、非常にバカバカしく、面白い様を現わしています。

その場の雰囲気を明るくするカッコいい言葉として有名で、座右の銘としてはポジティブ性あふれる言葉であることは間違いありません。

 

【083】人面獣心(じんめんじゅうしん)

人面獣心の言葉の言い羽、冷酷で恩義や人情をわきまえることなく恥知らずな人のことを意味します。
ネガティブな座右の銘に見えますが、過去を反省している方にとってはうってつけの言葉です。

 

【084】天真爛漫(てんしんらんまん)

天真爛漫の言葉の意味は自然のままの姿があふれているということです。
また、座右の銘としてもよく笑う人が使用する言葉で、まるで太陽のような人物像を描いているようです。

 

【085】破顔一笑(はがんいっしょう)

引用: Pixabay

破顔一笑の言葉の意味は、にっこりと笑う様を描いた言葉です。
シンプルですが、座右の銘としては意味が最も伝わりやすい四字熟語です。

 

【086】不老不死(ふろうふし)

不老不死の言葉の意味は、いつまでも歳をとらずに死なないことを意味します。
座右の銘として掲げている人は、人間ではないでしょう。

 

【087】変態百出(へんたいひゃくしゅつ)

変態百出の言葉の意味は、形や姿を色々と変える様を描きます。
この言葉を座右の銘として使用する方は少ないですが、変幻自在さをアピールできる言葉です。

 

【088】暴飲暴食(ぼういんぼうしょく)

暴飲暴食の言葉の意味は、過度な飲食をしてしまう様を現わす四字熟語になります。
暴飲暴食と座右の銘に掲げると、食いしん坊のイメージが付きます。

 

【089】三日坊主(みっかぼうず)

三日坊主の言葉の意味は、修行をしても三日と続かないという様を描く四字熟語です。
こうした言葉を座右の銘として提示すると、意味も分からず気づけば笑いをとれるかもしれません。

 

【090】勇気百倍(ゆうきひゃくばい)

引用: PAKUTASO

勇気百倍の言葉汚の意味は、勇ましい気力が大きく増大する意味を持つ四字熟語です。
全力で努力するカッコいい姿を連想させます。

 

【座右の銘に使える】スポーツで使える四字熟語

 

【091】一念発起(いちねんほっき)

一念発起の言葉の意味は、仏教に宛てられ仏教で深く思い詰め仏門に入ることを意味します。
スポーツを始める際に座右の銘として発揮する座右の銘としてよく使用されています。

 

【092】心機一転(しんきいってん)

 

心機一転の言葉の意味は、あることをきっかけに気持ちがすっかり変わることを意味する四字熟語です。
この言葉も座右の銘としてよく使用され、新しく挑戦する際に使われるカッコいい言葉です。

 

【093】勇猛果敢(ゆうもうかかん)

勇猛果敢の言葉の意味は、勇ましく強く、決断力に富むことを意味する四字熟語です。
座右の銘としてカッコいい人物がよく使う言葉です。

 

【094】英雄豪傑(えいゆうごうけつ)

英雄豪傑の言葉の意味は、優れて強い人のことを意味する言葉です。
スポーツ界でエースと言われる方にふさわしい座右の銘で、カッコいい人物としても見られる言葉です。

 

【095】一刀両断(いっとうりょうだん)

引用: Pixabay

一刀両断の言葉の意味は、物を真っ二つに切ることを意味します。
スポーツでの勝負事では、特に座右の銘として使われる言葉で、一つの目標に立ち向かう姿勢がカッコいいと連想してしまう言葉です。

 

【096】一殺多生(いっさつたしょう)

一殺多生の言葉の意味は、一人を殺す代わりに多くの人を助ける意味を持つ四字熟語です。
座右の銘としては、スポーツの戦略として使用される言葉です。

 

【097】一意専心(いちいせんしん)

一意専心の言葉の意味は、ひたすら一つのことに心を集中することを意味する四字熟語です。

精神統一をする際や、原点に戻るという言葉の意味を掲げる方が座右の銘として使用します。こうしたカッコいい姿勢は強い意志として見受けられます。

 

【098】満場一致(まんじょういっち)

満場一致の言葉の意味は、その場にいる人全部の意見が一致する意味を持つ四字熟語です。
集団のスポーツにおいて、チームとして掲げる座右の銘でよく使用されます。

 

【099】真剣勝負(しんけんしょうぶ)

真剣勝負の言葉の意味は、本気で争うことを意味する四字熟語です。
座右の銘として、スポーツではよく使用されています。スポーツに真摯に向き合うカッコいい様子を描く言葉です。

 

【100】英名果敢(えいめいかかん)

引用: Pixabay

英名果敢の言葉の意味は、才知に優れ、道理に明るく思い切りのよい意味を持つ四字熟語です。

こうした言葉を座右の銘として掲げる人もいれば、人から賞賛され、掲げられるものとして人が称えられる言葉として用いられることがあります。

 

【101】即断即決(そくだんそっけつ)

即断即決の言葉の意味は、即座に判断することを意味する四字熟語になります。

苦渋の決断に強いられた時には、こうした言葉を座右の銘として掲げ、いかなる課題も乗り切ることを目標とする方が多くいらっしゃいます。

 

【102】迅速果断(じんそくかだん)

迅速果断の言葉の意味は、思い切りよく素早く行動を行う意味を持ちます。

迅速かつ早期に対応することを求められた際に用いられる座右の銘で、こうした言葉を実行するカッコいい人物を描く意味としても用いられます。

 

【103】急流勇退(きゅうりゅうゆうたい)

急流勇退の言葉の意味は、潔くきっぱりと辞めることを意味する四字熟語です。
座右の銘として、特にスポーツを引退する方が掲げる言葉としてもよく聞く言葉です。

 

【104】危言気行(きげんきこう)

危言気行の言葉の意味は、言語や行いを厳しくすることを意味し、また言語を清く正しく保つことを意味する四字熟語です。

スポーツにおいて、規律を守るために使用する言葉として用いられます。

 

【105】清心事達(せいしんじたつ)

引用: Pixabay

清心事達の言葉の意味は、清い言葉を持ち続けることを意味する四字熟語です。

スポーツにおいて清く正しくあることを座右の銘として掲げる人が多くいらっしゃり、こうした正しいカッコいい姿を現す言葉です。

 

【106】一意専心(いちいせんしん)

一意専心の言葉の意味は、ひたすら一つのことに集中することを意味する四字熟語です。
集中することを目標として座右の銘にすることにより、一心さを現わすカッコいい姿を表現することができます。

 

【107】剛毅果断(ごうきかだん)

剛毅果断の言葉の意味は、意思がしっかりしていて気力に富み、物事に屈しないことを意味する言葉です。

座右の銘としては、目標に対してのぶれることがない意志を掲げるカッコいい言葉として使用されます。

 

【108】青雲之志(せいうんのこころざし)

青雲之志の言葉の意味は、徳を磨いて立派な人物になろうとする心を意味します。
日々の鍛錬に必要となる座右の銘として使用されています。

 

【座右の銘に使える】優しさに関する四字熟語

 

【109】万能一心(ばんのういしん)

万能一心の言葉の意味は、何事をするにも心を集中しなければいけない意味を四字熟語です。
座右の銘として、集中して落ち着くための言葉意味します。

 

【110】自重自愛(じちょうじあい)

引用: Pixabay

自重自愛の言葉の意味は、自分で自分の身体を大切にする意味の四字熟語です。
座右の銘として、自分を大切にする意味を持ち合わせています。

 

【111】和風細雨(わふうさいう)

和風細雨の言葉の意味は、人の過ちや欠点を改めるのに柔和な態度で望むことを意味します。
座右の銘としては、過去の過ちと向き合い続けるカッコいい心情を描いています。

 

【112】質素倹約(しっそけんやく)

質素倹約の言葉の意味は、つつましいことを意味します。

座右の銘としては節約として挙げられる方も多いですが、日々をつつましく生きる洗練でカッコいい姿を想像できる言葉でもあります。

 

【113】夢幻泡影(むげんほうよう)

夢幻泡影の言葉の意味は、人生は儚いものであることを意味する四字熟語です。
座右の銘としては、自身の人生が儚いものであることを自重する言葉でもあります。

 

【114】霊肉一致(れいにくいっち)

霊肉一致の言葉の意味は、霊魂と肉体が同じように大切であるという意味を持つ四字熟語です。

座右の銘としてはスピリチュアル性に長けていますが、ご先祖の霊もしっかりと大切にする気持ちを持つ強いカッコいい心を持つことも意味します。

 

【115】言行枢機(げこうすうき)

引用: Pixabay

言行枢機の言葉の意味は、人として最も重んずべきものであるという意味を持つ四字熟語です。
座右の銘としては、何が大切かを明確にする人間を持つことを意味します。

 

【116】自愛自重(じあいじちょう)

自愛自重の言葉の意味は、自分で自分の身体を大切にすることを意味します。
座右の銘は、自分のことを大切にしたいという気持ちを大切にすることを意味します。

 

【117】知行合一(ちこうごういつ)

知行合一の言葉の意味は、真に知ることは必ず実行を伴うことを意味します。
座右の銘は、自分への自信をつけるための言葉として用いられます。

 

【118】寸草春暉(すんそうしゅんき)

寸草春暉の言葉の意味は、両親の愛情は大きく子がどれだけ高校をしても報いることが難しいという意味を持つ四字熟語です。

座右の銘は、両親への膨大な愛を示す言葉として用いられます。

 

【119】後生大事(ごしょうだいじ)

後生大事の言葉の意味は、物事を大切にする意味を持つ四字熟語です。
座右の銘は、人生で培った記憶や思い出を大切にすることを意味します。

 

【120】一労永逸(いちろうえいいつ)

引用: Pixabay

一労永逸の言葉の意味は、一度苦労すればその後長くその恩恵を破り、安楽な生活を送ることができる意味を持つ四字熟語です。

座右の銘としては、懸命に努力することによって後に恩恵を受けることができると確信するために日々頑張る様子を掲げる言葉として用いられます。

 

【121】居安思危(こあんしき)

居安思危の言葉の意味は、無事の時にも危険に備えて用心を怠らないことを意味します。
座右の銘としては、事前に何が起きても大丈夫なように用心をすることを意味します。

 

【122】哀哀父母(あいあいふぼ)

哀哀父母の言葉の意味は、父と母が苦労を重ねて亡くなったことに対して、その思いをむくいることができなかった悲しみを持つ意味の四字熟語です。

座右の銘は、悔いる気持ちを持ち、父と母を悔いることを意味します。

 

【123】有終完美(ゆうしゅうかんび)

有終完美の言葉の意味は、何事も終わりが肝心であることを意味する四字熟語です。
座右の銘としては、あきらめて区切りをつけるために用いる言葉として使用されます。

 

【124】奥義秘伝(おうぎひでん)

奥義秘伝の言葉の意味は、容易には人に伝えない奥深くて最も大切な事柄を意味する四字熟語です。

座右の銘として、伝えられたものを決して誰にも伝えず、どうしても伝えなければならないという固い意志を持つカッコいい言葉として用いられます。

 

【125】微言大義(びげんだいぎ)

引用: Pixabay

微言大義の言葉の意味は、簡潔な言葉の中に、深い意味や道理が含まれている様子を意味する四字熟語です。

座右の銘としては、言葉の意味を相手に知ってほしいために、想いをしたためている意味を持つ言葉として用いられます。

 

【126】金科玉条(きんかぎょくじょう)

金科玉条の言葉の意味は、絶対と信じて疑わないで守り続ける四字熟語です。
座右の銘としては、信念を貫くカッコいい言葉として用いられています。

 

【座右の銘に使える】思いやりに関する四字熟語

 

【127】知崇礼卑(ちすうれいひ)

知崇礼卑の言葉の意味は、本当の知者は知識を知れば知るほど他人に対して礼を尽くすものという意味を持つ四字熟語です。

座右の銘としては、礼をわきまえた洗練な意思を持つ言葉として用いられます。

 

【128】食馬解囲(しょくばかいい)

食馬解囲の言葉の意味は、恩義を受けたことのある人が、恩人が危機に陥ったときに助けに行こうとする意味を持つ四字熟語です。

座右の銘としては、恩人に対する礼をわきまえる想いが連ねる言葉です。

 

【129】遠慮会釈(えんりょえしゃく)

遠慮会釈の言葉の意味は人に対して控え目になったり、気持ちを思いやる行動をする意味を持つ四字熟語になります。

座右の銘としては、人を想う自愛の心を持つ言葉として用いられます。

 

【130】孝行恩愛(こうこうおんあい)

引用: Pixabay

孝行恩愛の言葉の意味は、子が親を敬い、慈しみつくすことを意味します。
座右の銘としては、親子の愛情を強く意味する言葉として用いられます。

 

【131】尊尚親愛(そんしょうしんあい)

尊尚親愛の言葉の意味は、尊敬し、親しみ愛すことを意味する四字熟語です。
座右の銘としては、尊敬することを深く思う言葉として用いられています。

 

【132】祖先崇拝(そせんすうはい)

祖先崇拝の言葉の意味は、子孫が先祖を祟り尊敬することを意味する四字熟語です。
座右の銘としては、祖先を尊敬する言葉として用いられます。

 

【133】一般之恩(いっぱんのおん)

一般之恩の言葉の意味は、ほんのわずかな恵のたとえを意味する四字熟語です。
座右の銘としては、ご飯を大切にすることを意味して使用されます。

 

【134】飲水思源(いんすいしげん)

飲水思源の言葉の意味は、物事の基本を忘れないという戒めの意味を持つ意味の四字熟語です。
座右の銘は、自分の原点に立ち返り、基本的な物を忘れないように戒める言葉として用いられます。

 

【135】恩沢洪大(おんたくこうだい)

引用: Pixabay

恩沢洪大の言葉の意味は、注がれる慈しみや恵が極めて大きいことを意味します。
座右の銘としては、恵のすばらしさを慈しむ気持ちを持つ言葉として用いられます。

 

【136】報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

報恩謝徳の言葉の意味は、受けた恵や恩に対して感謝の気持ちを持つことを意味する言葉を用いります。
座右の銘としては、すべての恵に感謝して生活をするという意味を持ちます。

 

【137】敬天愛人(けいてんあいじん)

敬天愛人の言葉の意味は、天を敬い人を愛することを意味する四字熟語です。
座右の銘としては、常に天にいる神を敬い人の気持ちを思いやる心を持つことを意味します。

 

【138】経国大業(けいこくたいぎょう)

経国大業の言葉の意味は、立派な文章を意味する四字熟語です。
座右の銘としては、大業を敬う気持ちを持つこととしたものとして用いられます。

 

【139】一宿一飯(いっしゅくいっぱん)

一宿一飯の言葉の意味は、他人の世話になっている様を意味する四字熟語です。
座右の銘は、人からもらった手助けに恩恵をいただき感謝する気持ちを込めた言葉として用いられます。

 

【140】報本反始(ほうほんはんし)

引用: Pixabay

報本反始の言葉の意味は、根本に立ち返り、その恩恵を改めて肝に銘ずる意味を持つ四字熟語です。
座右の銘としては、起訴に立ち返り、日々の恩恵を感謝する気持ちをつづる言葉として用いられます。

 

【141】一言芳恩(いちごんほうおん)

一言芳恩の言葉の意味は、声をかけてもらったことを恩として、主人として尊敬することを意味する四字熟語です。

座右の銘としては、忠義を払う気持ちを示す言葉として用いられます。

 

【142】解衣推食(かいいすいしょく)

解衣推食の言葉の意味は、自分の着物を着せたり食べ物を食べさせたりするなど人に暑い恩恵を施すことを意味します。

座右の銘としては、人に尽くす気持ちを常に持つことを意思として持つ言葉として用いられます。

 

【143】恐懼感激(きょうくかんげき)

恐懼感激の言葉の意味はありがたさに恐れ深く感じ入って心が奮い立つことを意味する四字熟語です。
座右の銘としては、ありがたさを極限に感謝する意味をもつ言葉として用いられます。

 

【144】狗馬之心(くばのこころ)

狗馬之心の言葉の意味は、自分の誠意を現わす意味を持つ四字熟語です。
座右の銘としては、強い信念を持つカッコいい言葉として用いられます。

 

【145】論功行賞(ろんこうこうしょう)

引用: Pixabay

論功行賞の言葉の意味は、鉱石の有無、その手柄の程度を調査し、それに応じてふさわしい賞を与えることを意味する四字熟語です。

座右の銘としては、人を賞賛する気持ちを強く抱く言葉として用いられます。

 

【146】犬馬之労(けんばのろう)

犬馬之労の言葉の意味は、犬や馬の働きであり、主人などのために力を尽くして奔走する様子を意味する四字熟語です。

座右の銘としては、人への労いを込めた思いを伝える意味をもちます。

 

【147】卵翼之恩(らんよくのおん)

卵翼之恩の言葉の意味は、幼少から育てられた親への恩意味する言葉として用いられます。
座右の銘としては、両親への恩恵を意味する言葉として用いられます。

 

【148】叩頭三拝(こうとうさんぱい)

叩頭三拝の言葉の意味は、頭を地につけて何度もお辞儀をする意味を持つ四字熟語です。
座右の銘としては、敬意を深く相手に示す意味を持つ言葉として用いられます。

 

【149】慈鳥反哺(じうはんぽ)

慈鳥反哺の言葉の意味は、父母が高齢になった際、その子が父母を養い恩を報いることを意味する四字熟語です。

座右の銘としては、父母に対する尊敬の意と感謝の意を示す言葉として用いられます。

 

【150】扇枕温被(せんちんおんぴ)

引用: Pixabay

扇枕温被の言葉の意味は、あれこれと気を気張って親孝行をすることを意味する四字熟語です。
座右の銘は、親孝行をすることを手鳥足取り行いたいという気持ちを込めた言葉として用いられます。

 

カッコいい四字熟語を座右の銘に使おう!

引用: Pixabay

ここまで様々な四字熟語をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

自分の状況に見合った四字熟語を探して、あなたも心情を文章で表現してみてはいかがでしょうか。

人気の記事