ワンナイトラブの意味とは?一夜のセックスをする心理を男女別に解説!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ワンナイトラブとは?

引用: girlydrop

ワンナイトラブという言葉を聞いたことがありますか?直接耳にしたことはなくても、雑誌の恋愛特集などで目にしたことがある方もいるでしょう。

ワンナイトラブを日本語で直訳すると「一晩の愛」となりますが、これはどのような意味があるのでしょうか。そして、ワンナイトラブをする人間の心の状態はどうなっているでしょうか。

意味や心理を男女別に紹介していきましょう。

 

ワンナイトラブの意味とは?


引用: Pixabay

まずは言葉の意味から見ていきましょう。

ワンナイトラブとは、「ある相手と一夜限りの性的交渉をする」ことを意味します。ラブはここでは「愛情」という意味ではなく、「セックス」の意味で使われる、和製英語です。ちなみに英語では、「One night stand」といいます。

所謂男女間の恋愛とは違うのですが、決してどちらかが強引であったり嫌がるのを無理強いするわけではなく、合意して一夜だけ愛を交わすということですので、「ラブ」を使うのでしょう。

一夜限りであっても「その時恋愛対象としてセックスをした」経験となります。しかし、後に後悔する人も多いことから「一夜の過ち」と日本語で言うこともあります。

 

ワンナイトラブをしてしまうのは心理状態が関係している?


引用: Pixabay

彼氏・彼女でもない人と、一夜限りであってもセックスをするなんて信じられない!という意見もあるでしょう。しかし、雑誌に特集されるほどには、世の中にはワンナイトラブ経験アリの若い男女はたくさんいるようです。

では、その時彼らは一体どんな心理状態なのでしょうか。ワンナイトラブに突き進んでいくその時の心の状態を、男性女性別々に順を追ってみていきましょう。

 

ワンナイトラブしてしまう理由・心理10選【男性編】

引用: Pixabay

男と女は脳からして違う、といわれますが、では男性はどんな理由や心理があってワンナイトラブをし、そこにはどんな意味があるのでしょうか。順番に確認してください。

【一夜限りのセックスをする男性心理・1】寂しさから

Array

引用: Pixabay

人間は男女関係なく、子供でも大人でも寂しさを感じた時には人に触れたくなります。人肌の柔らかさ、温かさを感じ、それに包み込んでもらうことで慰めを得るのでしょう。

心にぽっかりと穴があいた、というような寂しさを感じた時、男性はとにかく女性を抱きたいと考えることがあります。そこで恋人がいなかったり、いてもその瞬間会えない人であったりすれば、ワンナイトラブで手軽に肌を温めあえる女性を探すのです。

「寂しさ」はワンナイトラブの理由の中でもトップです。自分だけでは持て余してしまう感情を、一夜一緒にいてくれる人とセックスを通じて分かち合おうとするのでしょう。

ここには、癒しの意味があります。

 

【一夜限りのセックスをする男性心理とは・2】ストレス発散

引用: Pixabay

仕事や人間関係などでストレスが急激にたまったとき人間に性欲が増すのは、ストレスを緩和させる脳の働きによるものです。激しい喧嘩をした直後に激しいセックスをする、という夫婦やカップルも沢山いますが、これはそういうことです。

ですから、ストレス発散のためにワンナイトラブをする男性もいます。セックスをすることで頭の中身を空にし、日ごろのうっ憤を晴らすという意味があるのです。

 

【一夜限りのセックスをする男性心理・3】性欲が強い

Array

引用: Pixabay

男性は女性に比べると、一般的には性欲は強く出ます。性欲をコントロール出来ない男性であれば、ワンナイトラブには罪悪感がありませんので何度も繰り返します。

風俗に行くという手段もありますが、ワンナイトラブはそれよりもお金がかからず、セックスをしても一夜限りであることであと腐れがないと考えるようです。

それはあくまで性欲処理ですから、愛はありません。女性からすれば腹立たしいの一言ですが、男性の多くは理性で抑えているだけで、ワンナイトラブへの欲求を持っているのが一般的です。

 

【一夜限りのセックスをする男性心理・4】アルコールが影響

引用: Pixabay

ワンナイトラブの理由にお酒の影響を上げる男性もいます。アルコールで理性が吹っ飛びやすくなり、行動も大胆になって普段はない積極性が出るのでしょう。

お酒を飲むことで目の前にいる女性が魅力的に見えてくる、という効果もあります。普段ではタイプじゃない女性でもその時は綺麗に思えるので、積極的に誘うのです。

アルコールの影響からワンナイトラブをした人は、男女ともにセックスをした翌朝に後悔することが多い、という意見もありますが、素面では勇気が出ないために敢えてアルコールの力を借りる男性も多いです。

 

【一夜限りのセックスをする男性心理・5】男性の見栄

引用: Pixabay

誰でも人からバカにされるのは嫌ですし、尊敬のまなざしを受ければ嬉しくなります。男性はおおむね誰でもワンナイトラブに憧れをもっているようですから、ワンナイトラブの経験があるということで周囲に見栄がはれます。

要するに自分は女性からモテる、ということを意味したくてワンナイトラブに精力を出す、ということです。一夜限りであっても女性から相手にされ、選ばれる人間であると誇示したいのでしょう。

 

【一夜限りのセックスをする男性心理・6】好きな人に近づく手段

引用: Pixabay

好きな女性がいるけれど、一般的な順番を踏むことがどうにも恥ずかしくて出来ない、という男性の場合、ワンナイトラブを利用して好きな相手を落とそうとすることもあります。

一夜のことでも構わないから憧れの人とセックスをしたかった、という心理から来ているのでしょう。

 

【一夜限りのセックスをする男性心理・7】恋愛が面倒くさい

引用: Pixabay

恋愛本来の手順を踏むのがとにかく面倒くさい、という男性は、ワンナイトラブに突っ走っていく傾向にあります。

全ての一般的な告白やデートも、究極的な目的は生殖本能によるセックスのためです。

しかしそれに行きつくまでの努力をするのが面倒なので、いきなりゴールにいってやろうとするわけです。この場合、真に一夜限りという割り切った関係が多くなりますので、何度も相手を変えてセックスを繰り返すことになりがちです。

 

【一夜限りのセックスをする男性心理・8】色々な女性を知りたい

引用: Pixabay

飽きっぽく、一人の女性と長く付き合うことが出来ないという男性はワンナイトラブを好みます。本来男性は子孫繁栄のために一人でも多くの女性とのセックスを望むように出来ていますので、それを地でいってしまうのです。

たくさんの女性を抱いてみたいと考えている男性は、一夜限りで関係を終わらせることが出来るワンナイトラブが、最も都合の良い状態でしょう。

 

【一夜限りのセックスをする男性心理・9】攻略欲求がある

引用: Pixabay

恋愛をゲームのように考えていて、女性をいかに早く自分のものに出来るかを楽しんでいる男性は、ワンナイトラブも好きです。

その日に自分がよいと思った女性をホテルに連れ込み一夜を共に出来れば、ゲームを攻略したという意味になります。完全に自分の満足感のために女性を利用していますが、男性は攻略するためにその一夜は情熱的になりますので、女性はその時ふらりと来てしまうのでしょう。

 

【一夜限りのセックスをする男性心理・10】新鮮味を求めて

引用: Pixabay

彼女や奥さんがいて、彼女たちを愛してはいるけれど、セックスはどうもマンネリ化してしまって楽しめない、という男性もワンナイトラブでセックスに新鮮味を求めます。

彼女は奥さんが嫌いになったわけではないので、単純にセックスの相手だけを求めて行動するのです。

大切な彼女や奥さん相手では出来ないような過激なセックスも、一夜限りでもう会わないのであればすることが出来ます。普段から考えていたプレイをやりたいと思っている男性も、ワンナイトラブにチャンスを見出します。

 

ワンナイトラブしてしまう理由・心理10選【女性編】

引用: Pixabay

では続いて、ワンナイトラブをする女性側の理由や心理を紹介していきましょう。一夜限りのセックスを男性とするとき、彼女たちはどんな心理状態なのでしょうか。

そして、彼女たちにとってワンナイトラブとはどのような意味があるのでしょうか。

 

【一夜限りのセックスをする女性心理・1】寂しさから

引用: Pixabay

男性側の心理でもありましたが、やはり女性も心に寂しさを感じた時にワンナイトラブに流されてしまう傾向にあります。

特に彼氏と別れたばかりという方や、一人暮らしを始めたばかりの人に多いようです。

昨日まで自分を包んでくれた手があったのに、と考えて涙してしまう時、そばにいて優しい言葉をかけてくれる男性がいることで傷ついた心が少し癒され、ついセックスをしてしまうのでしょう。

これを一夜の思い出とするか、安い女だと思われてしまったかもと後悔するか、私はそんな女だったなんてと自己嫌悪に陥るかは人によって違います。

 

【一夜限りのセックスをする女性心理・2】トキメキを求めて

引用: Pixabay

マンネリ化した日常を抜け出すために、ドキドキが欲しいと考えワンナイトラブに走ってしまう人もいます。トキメキを感じることに意味がありますので、その後の展開は求めていないことも多々あり、合意の上で一夜だけのセックスをするのです。

女性の多くはロマンティックが好きで、それを目の前に差し出されるとついついていってしまうのでしょう。乾ききった心と体が潤うような気になり、一夜の関係であると分かっていてもOKしてしまうのです。

 

【一夜限りのセックスをする女性心理・3】性欲が強い

引用: Pixabay

女性でも中には非常に性欲が強い人もいます。一人の男性だけでは飽き足らず、毎日でも誰かとセックスをしたいと願っている人はいるのです。そして、そういう女性は自らワンナイトラブを求めます。

一般的にセックスは男性の方が体力を使いますので、毎晩となるとしんどくなってしまいます。ですから一人の男性で満足できない女性は他の男性を探すことになり、ワンナイトラブへとつながるのです。

彼女たちはセックスをスポーツと考えている人も多く、あっさりとしていて束縛も激しくありません。お互いに気に入れば、一夜限りではなく継続してセックスフレンドになることもあります。

 

【一夜限りのセックスをする女性心理・4】相手が好み

引用: Pixabay

ワンナイトラブであっても、多くの女性はその後の付き合いを期待することが多ものです。

誘ってきた相手が好みのタイプの男性であれば、一夜を共にすれば真剣な付き合いに発展するかも、という期待を込めてついていくパターンもあります。

女性にしてみれば体を許すのだから深い付き合いになりましょう、という意味を込めているのですが、男性はそう取らないことが多く、一夜で終了してしまいます。

しかし顔が好みの男性であった場合、ワンナイトラブで終わっても「いい思い出だわ」と思ってくれる女性が多いでしょう。

 

【一夜限りのセックスをする女性心理・5】好奇心が勝つ

引用: Pixabay

普段は不倫や略奪など、激しい目の恋愛キーワードには眉を顰める人であっても、やはり好奇心には勝てないこともあります。

好きな人は他にいるけれど、彼氏以外の男性にも一度抱かれてみたい、と思う女性に誘いかければ、かなりの確率でOKとなるでしょう。

一夜だけであり二度とないなら、と好奇心を満たすためにワンナイトラブを承諾するのです。これは特に怖いものみたさもあり、セックスにさほど抵抗のない若い女性に多いようです。

 

【一夜限りのセックスをする女性心理・6】アルコールの影響

引用: Pixabay

男性にもありましたが、女性も少なからずアルコールの影響で一夜限りのセックスを行ってしまうことがあります。

お酒の影響で相手が格好良くみえてしまうのです。魅力的に感じる相手であれば一度抱かれてもいいかも、と考え、現実に戻るまでは楽しく過ごせます。

ワンナイトラブで色々な相性が良ければそのまま付き合いに発展することもありますが、多くは一夜で終わりとなってしまいますし、相手を慎重に選ばなければ後々居心地の悪い思いをすることもあります。

 

【一夜限りのセックスをする女性心理・7】女性扱いされたい

引用: Pixabay

普段仕事をバリバリとしている高キャリアの女性ほど、未だ男性優位な日本の会社の中で肩ひじをはって生きています。

会社では女性扱いされると悔しくなっても、一度外に出たら女性として見て欲しいと矛盾した考えを持っている人も多く、本人もそのギャップに苦しんでいることがあります。

そんな女性はワンナイトラブであとくされのない関係を結び、そのことで心を潤すのでしょう。ワンナイトラブに行くまでは相手の男性は全力で大切に扱ってくれますし、ドキドキ感も得られ、セックスによるホルモンバランスの整いなどメリットも甘受できます。

また、仕事やキャリアを大切に考えるため、女性にとっても一夜限りであるワンナイトラブは都合が良いのです。

 

【一夜限りのセックスをする女性心理・8】自信をつけるため

引用: Pixabay

自己肯定感がやたらと低い女性は、セックスをすることでそれを高める傾向にあります。つまり、一夜であれ男性が求めてくれることだけが、自分に自信を持てる機会であるわけです。

そういう人は不安になることや辛いことがあった時、自信を高めるためにワンナイトラブを利用します。それが癖になってしまい、ワンナイトラブでは満足できないにも関わらず、続けてしまうこともあります。

 

【一夜限りのセックスをする女性心理・9】次を求めて

引用: Pixabay

女性の中にはワンナイトラブのつもりではなかった、という方もたくさんいます。彼は自分のことが好きで口説いたのだと思い、自分も彼が気になったから先に体の相性を確かめたというパターンです。

決して一夜だけの関係を求めたわけではないということであり、男女間で温度差が出来てしまいます。

多くの人は告白から入って付き合い、セックスへと流れますが、先にセックスから入って成功するカップルもおり、女性はそれを求めていたのです。しかし、相手は一夜だけで満足だったためにその後は連絡が取れず、泣く羽目になる人もいます。

 

【一夜限りのセックスをする女性心理・10】現実逃避の手段

引用: Pixabay

特に相手の男性のことは好きではないし、セックスをしたいわけではなかったけれど、頭を空っぽに出来て嫌なことを忘れられるから、とワンナイトラブを求める人もいます。

いわば、現実逃避の手段として、ワンナイトラブ・セックスを利用するのです。勿論根本的な解決にはなりませんので、のちに後悔することが最も多いパターンとなります。

また、本人は一夜限りのつもりでいても、現実逃避のためにセックスに没頭することで相手がまた関係を結びたいと思ってしまうこともあります。

 

ワンナイトラブしてしまうのは寂しさが原因

引用: Pixabay

男性でも女性でも、やはり知り合ったばかりの人と一夜限りのセックスをしてしまう理由・心理では「寂しさを埋めるため」というのが多くなっています。

人は寂しいとき、無条件で温かさを求めるものです。相手が自分のことをちょっとでも好きでいてくれ、優しく包んでくれるならそれでいい、と流されてしまうのでしょう。そこに意味を求めないから、今夜だけは一緒にという切実な場合もあります。

ワンナイトラブを楽しむ男女も実際のところ多いのですが、後で罪悪感に悩まされたり後悔したりする人もいることは事実です。まずは自分の心をしっかりと見つめてから、行動するようにしてください。

人気の記事