飲み会の面白い挨拶例20選!センスのある乾杯の音頭やフレーズとは?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

飲み会の挨拶は緊張してしまうもの。

引用: Pixabay

颯爽と飲み会で挨拶してみたい人は多いと思います。できればちょっとみんなを笑わせてみたい。

大学時代やバイト先、そして社会に出れば会社での飲み会などで、司会を任されたりスピーチで話さなければならない場合も何かと多いと思います。その場で上手に話さなければいけないなど、慣れていなければ緊張してしまうことが多いかもしれません。もちろん、慣れていてもなかなか上手には話せない方も多いのが事実です。

まずは緊張する理由を理解してから、飲み会で使えそうな「面白い挨拶フレーズ」やヒントをご紹介していきます。

 

【飲み会で緊張の理由1】大勢の他人の目が気になる


引用: PAKUTASO

誰かの目を意識してしまうと、急に緊張してしまうことに繋がる場合があります。

その際には、大勢を意識せず、その中の誰か知っている人や仲良しの人一人に絞ってその人に話しかけるように話すと緊張が解けますので是非試してみてください。

 

【飲み会で緊張の理由2】上手に話そうとしてしまう


引用: PAKUTASO

上手に話そうと思うと、今までスムーズに話せていたことも、急に話し出せなくなることが多いようです。途中で狂ってしまわないように、話したいことのトピックをメモ書きしておくと、緊張した際に思い出せて「飛んで」しまうことが無くなります。

 

【飲み会で緊張の理由3】ウケる話をしようと頑張ってしまう

Array

引用: PAKUTASO

誰もが、飲み会の場を盛り上げようと、サービス精神を出して面白い話をしたくなるものです。

自分が面白いことを話したのにウケることが無かった場合、ちょっと寂しいものです。そんな時はできるだけ「ウケる話をしよう」と狙わず意識しないほうが、自然に楽しい話ができるかもしれません。

 

飲み会で面白い挨拶をしたい人必見!

引用: PAKUTASO

正統的なものから、内輪ウケでちょっとくすっと笑ってもらえるもの、更には芸人さんのようにネタやモノマネまで活用するなど、飲み会の参加者や飲み会の場面によっても様々なスタイルがありますが、オーソドックスな流れをきちんと押さえておくのは会社の飲み会でも最低限必要です。

まずは、飲み会の幹事や司会を請け負った際のざっくりとした「一般的な飲み会の流れ」を紹介しますので、念のためこの行程を押さえておきましょう。

 

飲み会冒頭の挨拶

引用: Pixabay

「今日は、お疲れのところお集まりいただきましてありがとうございます」といった、参加者への労いとその飲み会に集まった目的(親睦を深める、慰労会、歓送迎会など)があれば述べます。

新人であれば「僭越ながら」という感じで司会を請け負った簡単な自己紹介なども入れます。そして最初の挨拶をする方(大抵は上席者)か、または乾杯の音頭の方への紹介へとつなぎます。

 

飲み会乾杯の音頭

Array

引用: Pixabay

飲み会の乾杯の音頭役を請け負った方(こちらも別の上席者の場合が多い)の、名前とちょっとした紹介などをして、乾杯の音頭につなげます。

乾杯の音頭を請け負った方は「乾杯の音頭を申し付かりました、〇〇と申します」というような形から、その時の主賓やその飲み会の参加者との関係やエピソードなどをごく簡単に紹介することも多いでしょう。

 

飲み会締めの挨拶

引用: Pixabay

締めの挨拶をする方の名前と簡単な紹介をし、繋ぎます。

締めの挨拶を請け負った方(大抵こちらも上席者や、その飲み会の主賓的人物)が「ご指名を頂いたので、締めの挨拶をさせていただきます」と言った形で、簡単な挨拶と「今後ともよろしくお願いします」「明日から頑張りましょう!」といった今後につなげる一声などを述べ、「締めの乾杯」をします。

そしてオフィシャルな会社であれば手締めをすることもあるようです。手締めには「一丁締め(関東一本締め)」「一本締め」「三本締め」などの種類があり、その会社や飲み会の内容によってえらばれる場合が多いようです。

…以上が簡単な流れですがその中で、自分らしさを出せたり、周囲の笑いを誘うひとことなどが加えられたら、周囲から一目置かれそうです。そういった挨拶のアレンジや笑いを取るためのフレーズのコツは「ささやかな準備」と「とにかくダラダラ話さず、短めに!」です。

 

飲み会の面白い挨拶例20選①

引用: PAKUTASO

それでは、飲み会で「面白い!」「ウケる!」「センスある!」と思われるような挨拶の内容や乾杯の音頭、飲み会の最中に使えるフレーズのアイディアを集めてみました。

また前もって進行を抑えておくことや、参加者の状況なども念頭に置いておくと、飲み会の場で何かと使えます。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ1】「私の美声で、マイクのテスト中」

引用: PAKUTASO

マイクを使った発声一番に言ってみるパターンです。

最初の掴み、のような気持ちで恥ずかしがらずに明るくさらっと言ってみるのがコツです。ポーカーフェイスがあなたのセンスの見せどころです。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ2】「本日はよくいらっしゃいました!」

引用: PAKUTASO

開始時にちょっと砕けた雰囲気を作りたいと敢えてカジュアルに、冒頭に「自分が主役と錯覚している」ようにふるまって笑ってもらうパターンです。ただ、会社の上司などが多い場合はひんしゅくを買ってしまう場合があるので、状況や場を十分考えましょう。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ3】「今日の主役は~な〇〇さんです。」

引用: PAKUTASO

歓送迎会などでの主役の方を、職場菜などで知っている人はくすっと笑ってくれそうな周囲もわかる「特徴的な枕詞」を付けて紹介してみるのはどうでしょうか。

できれば本人にも喜ばれるようなものを選べれば、今後の会社での評価も上がるかもしれません。ネガティブなものは極力避けましょう。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ4】「こんな私が仕切らさせていただきます。」

引用: PAKUTASO

自分の役不足的な部分を笑ってもらったりできそうなら、ちょっと自虐ネタも入れてもいいかもしれません。

ただ、余りに入れすぎると周囲から信頼を失うかもしれませんので、エッセンス的にあくまでもちょっと笑ってもらうために司会の挨拶などで入れてみてはどうでしょうか。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ5】「〇〇部の遅れて来たヒーロー、〇〇と申します。」

引用: PAKUTASO

飲み会での自己紹介は、うまくいけばしっかりと名前と顔を印象付ける大切なチャンスともなります。例えば、部署名に誰もが知っているアイドルや俳優・女優などを組み合わせて「またの名を、朝ドラヒロイン〇〇と申します。」と言った感じで、自分と対比してちょっと笑ってもらえそうなキャラクターを選ぶと印象付けられるかもしれません。

「遅れてきたヒーローですが、でも遅刻には気を付けます!」といったフォローも入れておけば、上司に可愛がられそうな雰囲気も狙えるかもしれません。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ6】「今日の会議(研修会)は~でしたね。」

引用: PAKUTASO

飲み会などが研修会や会議などの後に開催された場合などの時には、簡単にまとめたフレーズなどで総評をさりげなく表現して挨拶などに入れ込んでみると、「できる奴」としての印象を残すことができるかもしれません。

更にちょっとユーモアを入れられれば、特に会社関連の飲み会なら上司に好印象付けることも可能かもしれません。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ7】「心の先輩と仰ぐ〇〇さんがおっしゃるには…」

引用: PAKUTASO

その飲み会に参加している先輩や上司などにも、さりげなく挨拶などで触れてみるのも一つの手です。

変にイジるのではなく、普段の尊敬を表現できれば最適です。ただ、当人とあまり接点がない場合は、変な錯覚や誤解をされないように選ぶ人や内容はきちんと厳選しましょう。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ8】「~が得意な〇〇さんにお願いします。」

引用: PAKUTASO

飲み会の場で、お皿を回してもらったり言葉をもらったりするなど、何かささやかなお願い事をする場合の人を指名する場合に合わせて、ちょっとした内輪ウケしそうな形容詞を付けて紹介すると、飲み会としては盛り上がります。

ただ、変なあだ名や本人が嫌っているような事柄と組み合わせるのは避けましょう。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ9】「本日は、〇〇さんの普段見れない姿を見れると楽しみにしておりました!」

引用: PAKUTASO

内輪ネタはやはり飲み会での盛り上がりには一役買います。

飲み会の最中にでも、時々参加者である誰かにちょっと焦点を当てることで、飲み会の流れにメリハリがつく場合もあります。ただ「取り上げられた本人が笑えること」を心掛けると、飲み会の周囲も取り上げられた当事者もあなたに対して好印象を持つことでしょう。

酔った勢いで周囲も自分も行き過ぎないように、気を付けるのが肝心ですが。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ10】「わが社には、俺の酒が飲めないのか!と言う人は一人もいないことが自慢ですよ~。」

引用: PAKUTASO

最近の飲み会では、沢山飲ませたりすることはタブーの風潮になってきています。特にまだ職場に慣れていない新人に過度に飲ませることは後々問題が起こりがちです。

そのため、幹事や司会として前もって全体にちょっとユーモアを交えて無理に飲ませない雰囲気を作っておくと、お酒の得意ではない人も飲み会を安心して楽しめる環境になります。飲み会の幹事や司会者が冗談ぽくひとこと牽制のように言っておくだけでもかなり効果的でしょう。

 

飲み会の面白い挨拶例20選②

引用: PAKUTASO

飲み会で「面白い!」「ウケる!」「センスある!」と思われるような言い回しは、やはり事前にちょっと準備しておけば、自然に飲み会の場で出やすいでしょう。

ちょっとしたシナリオをメモ書きしておくだけでも違います。特に乾杯の音頭を頼まれた場合は、センスあるインパクトがつけやすいチャンスでもあります。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ11】「今日の部長は、お酌されれば全部飲むとのことです!えーと、失礼しました!それは無理とのことです!乾杯!」

引用: PAKUTASO

ちょっと言い過ぎた冗談はその場の笑いも誘えますが、そのままだと当事者が怒ってしまう場合も。

ちょっと飛び出した冗談を、即修正しておけば対象にされた人に負担はありません。そして、センスがある、面白いことを言う奴だな、といった印象も勝ち得ます。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ12】「本日はまだ滑ってばかりですが、この飲み会中で何とか挽回したいと思っている自分がいます!乾杯!」

引用: PAKUTASO

中盤での乾杯の呼びかけなどに使えるひとことにこんな自虐的フレーズはどうでしょう。

ちょっとした自分の失敗や、この飲み会でまだ取れてない「ウケる」部分の反省を正直に伝えてみるのも、酔った席ならでは。意外に応援してくれる人が出てくるかもしれません。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ13】「今日だけは、メタボなお腹と普段のダイエットを忘れて呑んで食べて楽しみましょう!」

引用: PAKUTASO

楽しい雰囲気をサポートできるような「ちょっと笑える」スローガン的フレーズを用意しておくと、飲み会も盛り上がりやすいです。

特に飲み会の幹事や司会なら、全体的な盛り上がりを見て時々ユーモアで配慮をするだけでも「良い飲み会」に繋げることができます。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ14】「壁や楊枝入れと話している人はいませんか?私がいますよ!」

引用: PAKUTASO

飲み会の中でもちょっと静かな人がいたり、酔っ払い過ぎている人がいたり…という部分も出てくるかもしれません。

そういった場合には、さりげなく飲み会の席全体を見渡して人を動かしたり、静かな人には話しかけたりしてみるだけでも「心遣い」が伝わるのではないでしょうか。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ15】「今日の飲み会は、普段の仕事よりも真剣に取り組んでください!あ、失礼しました!同じぐらいで結構です!」

引用: PAKUTASO

飲み会は盛り上がる場所と盛り上がってない場所を、調整していくことも必要な場合もあるでしょう。

そんな時、司会や幹事は言葉で煽ってみるのもアリでしょう。うるさくない程度に、飲み会の楽しい雰囲気に面白いサポートができる言葉を探しておきましょう。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ16】「三つの袋」「三つのき」

引用: girlydrop

結婚式などで「大事にしたい三つの袋」は「給料袋・堪忍袋・お袋」としてよくスピーチに出てきますが、これを自分の職場風にアレンジすればスピーチを聞き慣れている年配層にはウケること間違いなしです。

またこちらも定番の「心に植えたい三つのき」ですが、「やる気・根気・元気」と言ったものも、アレンジしやすいものです。「古典」を利用して興味を惹くやり方は、年齢層の幅広い参加者が集まる場合は、注意を惹きやすいものです。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ17】「スピーチとスカートは短いほうがいい」などと申します。

引用: PAKUTASO

挨拶の出だしに使える、ご存知お笑いコンビ「博多大吉華丸」さんの鉄板フレーズです。

彼らの漫才ネタには、特に年長者との飲み会に使えるネタが豊富なので、飲み会でウケるフレーズを探すのには最適かもしれません。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ18】「明日の遅刻者と欠勤者で、次回の飲み会費用が割り勘されますので、明日は心して出社のほどお願いします!」

引用: PAKUTASO

飲み会翌日が休みではなく、出勤日になっている場合のフレーズです。

ちょっとした冗談を交えた形になりますが、翌日の出勤も念押しできる内輪ネタです。何気ない連絡事項も、笑いを誘えるネタと交えれば、さりげなくセンスの良さが表現できます。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ19】「皆さん!これが何本に見えますか?今ピースと言った人は一本抜けてますので、後日所属長面談ですよ!」

引用: PAKUTASO

指を三本立てて、こう聞いてみてください。

飲みすぎ具合を心配するのと同時に、より飲み会の一体感は深まるのではないでしょうか。ただ、あまり圧迫を掛けるのは盛り下がるので、前後の文脈に合わせてちょっとだけ使ってみることをお勧めします。

 

【飲み会の面白い挨拶・ウケるフレーズ20】「宴もたけなわではございますが」

引用: PAKUTASO

これは王道の締めの挨拶の切り口です。この後に続けるセンスのあるひとことを続けるだけです。

そこに内輪ウケをを含めるもよし、タイムリーに流行っているお笑いセンテンスを続けるもよし。例えば「宴もたけなわではございますが、決算期に向けて明日から猛進のためお開きです!〇〇課長のお言葉を借りれば~」と言ったような感じにアレンジは様々。

締めるときには、できるだけ簡単に、ちょっと笑える話題の準備もしつつ、長さは極力短めが一番良い締めの挨拶と言われています。

 

飲み会挨拶マスターになろう!

引用: PAKUTASO

最近では、年代にもよるようで会社や職場の飲み会への参加は敬遠される傾向が多いという事を聞きます。

でも、幅広く人と知り合える貴重なチャンスでもあるのです。中には普段の業務で知り合えない人とも知り合ったり、意外な一面を見れたりと、仕事をするうえで「新しい発見」もさせてくれる場でもあります。

飲み会の幹事や司会を頼まれると気が重くなるのは実は皆一緒です。でも、それをポジティブにとらえて自分も楽しもう!とした時に、様々なアイディアを構築することが可能なのです。

また司会や幹事を引き受けると、普通に飲み会に参加するだけではわからない、飲み会を運営する「別の視点」も意識することができます。

「たかが飲み会、されど飲み会」とも言います。ぜひ飲み会挨拶マスターになって、あなたの周囲に楽しい人を集めてみましょう。

人気の記事