処女セックス完全マニュアル20選!彼氏との初体験もこれで安心!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

処女セックス完全マニュアル

引用: Pixabay

処女セックスのときは、独特の緊張感があります。早く処女ではなくなりたいと思う反面、本当に処女をあげるのはこの人で良いのかな…と悩む気持ちもあるでしょう。大好きな彼氏だけれど、処女の自分とのセックスを面倒だと思わないかの不安もあります。

処女にとって初体験のセックスは未知数です。だからこそ、彼氏と最高の初体験になるよう自分でも処女セックスの準備をしっかりとしておきましょう!

 

彼氏との初体験もこれで安心!



引用: girlydrop

処女であるからこそ彼氏とのセックスの準備はとても大切になってきます。

自分の気持ちや、いざ初体験のセックスのときに彼氏に対する気遣いなど、どんな準備をしておけば良いのか悩んでしまうでしょう。

そんな女子たちのために、彼氏との処女セックスでありがちな初体験あるある、処女セックスで注意しなければいけないことを紹介していきます。

処女セックスで知っておきたいことを準備編、本番の紹介もしていくので、これから彼氏との初体験をする女子は是非頭に入れておきましょう。

大好きな彼氏との初体験が苦い思い出とならないように、処女でのセックスは何を準備しておくべきなのかきちんと知っておくことが大切です。

 

処女セックスは痛い?あるある10選!

引用: Pixabay

処女でのセックスは、処女膜が破れるために、血が出たり、女性は痛いとよく聞きますがそれは本当でしょうか?ここからは、処女セックスでありがちな初体験あるある話を10選紹介していきます。

 

【1】セックスはこんなもんか…と思ってしまう処女セックス


引用: Pixabay

実は処女セックスを終えた女子が思うことで1番多いのが、「セックスはこんなもんか…」と感じることです。

初体験を済ます前は、女子にも妄想が膨らみ、自分の体を彼氏に触られることの恥じらいや、彼氏の男性器を見るドキドキ、ましてやそれが自分の恥部に入る未知なる感覚を自身で良いように想像します。

多くの女子の妄想は、自分に都合良く出来ているため、彼氏との初体験はそれは素晴らしいセックスが準備されていると勘違いしてしまいます。

しかし、初めてのセックスは妄想とは違い、正直あっけなく終わることが多いのです。彼氏に体を触られることに対しての恥じらいも、始まってしまえばこんなものかで終わるでしょう。それはもちろん彼氏とのセックスでも同じです。

処女であることへのこだわりや後ろめたさに恥ずかしさも、いざ処女セックスが終わってしまえば、何をそんなに重きをおいていたのだろうと感じるくらいあっけなく思ってしまいます。

 

【2】処女セックスはとにかく痛い!

Array

引用: Pixabay

処女膜が破れるときは痛いと聞くように、処女セックスの多くは痛みを伴います。膣がどんなに濡れていても彼氏が大好きでも、彼氏の男性器を挿入して動き始めたときが特に痛みを感じます。

処女セックスにありがちなのが、指での挿入が痛くないため男性器でも痛くないのではと勘違いしてしまうことです。

手マンなどで指での挿入が痛くないのは、処女膜まで指が届いていないため。いざ彼氏の男性器を挿入となったら、処女膜を破るために痛みが出てきます。彼氏がゆっくり動いても痛みを感じるので、早く動けば動く程痛みは増していきます。

 

【3】血が出る量にビビる処女セックス

引用: Pixabay

処女セックスには個人差がありますが、血が出ることがあります。この血の量も多かったり少なかったりと様々。

彼氏の挿入中に出ることもあれば、挿入後男性器を引き抜いたときに大量に出ることもあるので、処女セックスをするときはシーツが汚れることを想定して準備をしておくことが大切です。

 

【4】処女セックスは血が出なくて彼氏に処女だったのか疑われることも

Array

引用: Pixabay

処女膜が破れたとき、人によっては血が出ないこともあります。また痛みを我慢出来てしまう女子もいるため、彼氏に本当に処女だったのか疑われることも…。

色々と準備をしたり、処女じゃなくなることに対しての気持ちの整理をしていた女子からすると腹が立ったり、セックス後に彼氏にガッカリしてしまう気持ちになってしまうこともありますが、意外と多くの女子が処女のときに経験していることでもあります。

最初から彼氏に、血が出る処女もいれば血が出ない処女もいることを、情報として知っておいてもらう準備をしておきましょう。

 

【5】緊張しすぎて濡れない処女セックス

引用: Pixabay

処女セックスにはありがちですが、初体験であるセックスへの緊張がまさり、どんなに大好きな彼氏とのセックスでも体が恐怖や緊張でセックスを拒否してしまい、いくら準備をしていても濡れないことがあります。

童貞の男性がいざ本番セックスの挿入時に、勃たなくなってしまうのと同じで、気持ちと体が繋がっていることがわかるでしょう。

刺激を体に与えても、セックスに対する気持ちが整っていないと初体験が出来ないことがあります。初体験のセックスが苦い思い出となってしまうと、次のセックスにお互い踏み込めなくなってしまうことも。なので、処女セックスをする前には、彼氏に処女は濡れない可能性もあることをきちんとわかってもらう準備をしましょう。

あなたがセックスへの恥じらいの気持ちがあると説明をすれば、多くの男性は処女の女性を可愛いと思うので、不安に思う必要はありません。

 

【6】処女セックスのときは怖くて彼氏にセックスを中断させることもある

引用: Pixabay

処女には未知なる体験のセックスですが、必ずしもセックスをしてみたいと積極的に思う気持ちだけではないはずです。痛いと聞いていたり、自分の恥ずかしい部分を彼氏に見せることの抵抗もあるでしょう。

そのため、いくらセックスの情報を集めて自分なりに準備していても、いざ彼氏と初体験本番となったときに、怖くなってしまいセックスを中断せざる終えなくなってしまうこともあります。

怖がっている処女の女の子を見れば、男性の性的興奮も落ち着き、無理にセックスを強要することはできません。そのため、処女とのセックスは男性にとって面倒くさいといわれてしまうことが多いのですが、処女セックスは面倒であること上等です。

それほど自分が初めての性に踏み込むことは、大事なことでもあるので、処女のときは男性の気持ちよりも自分の気持ちを大切にしましょう。怖い思いをしてまでセックスをする必要はありません。

 

【7】2回目のセックスが苦痛になってしまう処女セックス

引用: Pixabay

処女セックスは痛みを伴うため、セックスが終わった後、2回目のセックスを考えると気分が憂鬱になってしまうことがあります。

正直にいうと、2回目でも処女はセックスに痛みを感じます。

セックスが痛くないかもしれないと完全に思うのは3回目から。もちろん個人差があるので絶対はいえませんが、こればかりは女性側が耐えるしかありません。

彼氏にはあらかじめ2回目のセックスをするときにも、「優しくしてほしい」とお願いする準備をしておきましょう。

 

【8】つい処女セックスを平気ぶってしまう

引用: Pixabay

処女の女子がしてしまいがちなのが、つい初体験のときに痛みを我慢してしまうことです。

自分が痛いということで彼氏はセックスを思う存分楽しめなくなってしまうので、申し訳なさからつい我慢してしまう処女は多いのですが、よくありません。

なぜなら、初体験が痛いけれど彼氏のために我慢をしなくてはいけないと強烈に印象に残ってしまうため、セックスに対する印象自体が良くなくなってしまい、セックスを楽しめなくなってしまうのです。

処女のセックスは確かに痛いし、気持ち良さを感じることは少ないかもしれません。しかし、本来人間のセックスは気持ちが良いものです。だからこそ多くの人が求め、子供を作ることが出来るのです。

処女のときはセックスが痛くても、回数を重ねることでセックスは気持ち良くなっていきます。なので、初体験のときは無理に我慢せず、痛いときは痛いと彼氏に伝えるようにしてください。

 

【9】処女セックスはセックス後の違和感に戸惑う

引用: Pixabay

処女セックスにあるあるなのは、痛みもありますが、実は初体験のセックス時よりもそのセックスが終わった後の方が印象に残る場合があります。それは気持ちではなく、体に出るためです。

処女が初体験のセックスを終えた後、何も入っていないのにまだ膣に彼氏の男性器や指が入っているような感覚があったり、股関節が痛かったりします。普段することのない体制を長時間とったため、膣も他部位もその感覚に慣れようと体が働いている証拠です。

特に膣は、彼氏の男性器に広がろうと準備しているので、なるべく早くに2回目、3回目のセックスをしてしまえば痛みが無くなるのが早いですよ。

 

【10】処女セックス後は、何回もセックス中の彼氏を思い出してしまう

引用: Pixabay

処女セックスの後、次の日などに起こりやすいのが、四六時中彼氏との初体験の処女セックスを思い出してしまうことです。特に、彼氏との初体験が良かったと感じたときには、この症状からなかなか抜け出すことが出来ないでしょう。

セックスを知ったときから、強烈な印象を残す性行為ですが、いざ自分が実際初体験としてセックスをしてみると、その感覚や思い出はより強く自分の頭の中に残ります。

セックスに慣れるまでは、処女は何回もそのセックスでの感覚を思い出してしまうため、日常的に落ち着かない日々を過ごします。

 

処女セックスで気をつけなければいけないこと5選!

引用: Pixabay

初めてセックスをする前に、処女だからこそ気をつけなければいけないことを知っておきましょう。しっかりとセックスの準備をしておくことで、初体験をより良かったと思えるセックスをすることができますよ!

脱処女をするにあたってどんなことに気をつけなければいけないのか準備していきましょう。

 

【1】処女を隠さない

引用: Pixabay

処女にとって、とても大切なことは処女である自分を隠さないことです。

なぜなら処女とするセックスと、処女ではない女子とするセックスでは相手の男性のセックスの仕方が大きく変わってくるからです。

そのため、自分が処女なのに処女であることを隠してしまったため、より痛みを感じてしまったり、セックスが楽しくないと思ってしまうようになります。また、今後自分の初体験を思い出したときに苦い思い出となってしまうでしょう。いくつになっても処女を大切にする風潮が強いのはそのためです。

処女であることを恥ずかしがる女性も多くいるために、軽く捨ててしまう女性もいますが、後々素敵な初体験をした女性と比べて落ち込む要因になります。なので、処女であることを彼氏に隠さず、少しでも初体験のセックスが良い思い出となるように準備していきましょう。

 

【2】セックスの情報に踊らされない

引用: Pixabay

処女がセックスするにあたって気をつけなければいけないひとつに、セックスの情報に踊らされないことです。

処女のセックスは痛みも血の出具合も本当に人それぞれで個人差があります。もちろん、それは気持ち良さや感じる部位もそれぞれであることを知っておいてください。

ネットや本でのセックスの情報は多数派であるというだけで、すべての男女が当てはまるわけではありません。男性がセックスのときに喜ぶといわれていることが、あなたの彼氏に当てはまるとは限らないのです。いち知識として知っておくことは大切ですが、凝り固まった情報にならないよう初体験のセックスでは気をつけましょう。

特に処女は実際のセックス体験がないため、情報部分に頼るしかなく、知識が偏りやすいので要注意です。

 

【3】処女セックスは痛いことを覚悟しておく

引用: Pixabay

処女のセックスは痛いです。

稀に痛くないと言われる女性もいますが、痛いです。処女膜が破れる痛みからは逃れることはできません。

しかし、彼氏からのしっかりとした愛撫や挿入時の気遣いで痛みを和らげることはできます。なので、しっかりと彼氏とコミュニケーションをとり、処女のセックスのときだけは気遣うセックスをしてもらうようにあらかじめ伝える準備をしてくださいね。

 

【4】処女に後ろめたさを感じない

引用: Pixabay

処女であることに後ろめたさを感じる女性は多いです。年齢が上がれば上がるほど処女であることの恥ずかしさや焦りが大きくなり、処女であることを隠すため、彼氏を作ろうと積極的になれなくなる女性もいます。

処女は恥ずかしいことではありません。かといって経験人数が多い女性も恥ずかしいことでもありません。セックスにおいて処女であることや、経験人数が多いことは個性です。

おっぱいが大きかったり、少し体が太めだったりと体に個性があることと同じように捉えましょう。もしくは友達の多さでも良いかもしれませんね。

すべてはその人の性格や環境による個性なので、処女であることを恥ずかしがる必要性はまったくないのです。

 

【5】セックスを求めることを恥ずかしがらない

引用: Pixabay

処女にありがちなのが、セックス自体を恥ずかしいものだと思い込んでいることです。もちろん、自分の体を彼氏に見せるので恥じらいは必要です。

しかし、処女はセックスに積極的であることを恥ずかしいと思ってしまい、自分がセックスに興味があってもなかなかそれを外に出せないことがあります。セックスの経験がないからこそ余計に積極性が出せないこともありますが、その偏った考えは彼氏との恋愛やセックスにおけるコミュニュケーションを逃してしまうことにつながります。

セックスは大好きな彼氏との体でのコミュニケーションのひとつだと思い、セックスをしたいと思う気持ちを恥ずかしがらないようにしてください。好きな人とセックスしたいと思う気持ちは自然なことで、多くの人が思っています。

逆にセックスをしたいと思わない方が問題となってくるので、セックスがしたいと思う性欲があることは、健康であることの証と思い、初体験のときはセックスを求めることはいけないことだと思うのはやめましょう。

 

処女セックスマニュアル10項目【準備編】

引用: Pixabay

ここからは処女セックスのマニュアルとして、準備編、本番編にわけて10項目ずつ紹介していきます。

まずは準備編から!彼氏との処女セックスに向けて何を準備しておけば良いのか具体的に知っておきましょう。

 

【1】処女セックスのためにムダ毛処理の準備を!

引用: girlydrop

処女のセックスはとにかく不安がいっぱいでしょう。なので、その不安要素をひとつでも減らすために、自分で準備出来ることはしっかりとしておきましょう。

そのひとつがムダ毛処理です。

初めて彼氏に体を見せて触られるわけですから、良い体だと夢中になって欲しいですよね。そのためにも、いざ彼氏との初体験が決まったら、その日に向けてきっちりとムダ毛処理の準備をしておいてください。

 

【2】処女セックスの下着準備に色気は求めない

引用: Pixabay

処女の女性がいざセックスとなると考えてしまいがちなのが、彼氏のために色気のある下着をつけてしまうことです。少しでもおっぱいを大きく見せるために、盛りブラなどをつけてしまうこともありますが、彼氏との初体験においては下着に色気はいりません。

彼氏もあなたと初めてセックスができると興奮しているので、パステルカラーや女性らしさをかんじさせる控えめな色の可愛らしい下着で充分です。

処女が色気のある下着をつけてしまうと頑張ってる感が出てしまうため、彼氏との初体験のセックスの準備としては、やめておくのが無難です。

 

【3】処女セックスは自分の部屋でする準備を

引用: Pixabay

処女セックスをするときは、彼氏の部屋やホテルではなく、安心できる自分の部屋でセックスをするように準備しましょう。

処女のセックスは血が出る可能性や、セックスが終わった後も痛みを感じやすいため、次の日もそのまま移動する必要がない自分の部屋がベストです。また、例え血が大量に出ても自分の部屋なので、処理に申し訳なさを感じる必要もないでしょう。

あらかじめ彼氏とセックスすることがわかっていれば、タオルやいらないシーツを敷いておくなどの準備も可能です。

 

【4】処女セックスのコンドームは自分でも準備

引用: Pixabay

処女であっても、彼氏とセックスするのであればコンドームを準備しておきましょう。

もちろん彼氏もコンドームを準備してくるでしょうが、「私もあなたとセックスしたいんだよ」の気持ちをコンドームの準備で彼氏に伝えることができます。

処女はどうしても挿入に痛みがでるため、ローションが付いているコンドームや、なるべく薄いコンドームを彼氏の男性器につけることで痛みを和らげることもできるため、準備するコンドームにはおすすめです。

 

【5】準備としてセックスの流れは把握しておく

引用: Pixabay

例え処女であっても、セックスの流れは把握しておくよう準備しておいてください。

セックスの情報によっては正しくないものも多く出回っているため、すべてを鵜呑みにすることは良くありませんが、まったくセックスについて知らないのも彼氏に対して失礼です。

挿入前の愛撫の種類や、セックスにはどんな体位があるのか知る準備をしておきましょう。

 

【6】男性器の形も把握しておく準備が大切

引用: Pixabay

処女の多くは勃起している男性器をじっくりと見る機会は少ないでしょう。そのため、自分の膣の中に入る男性器をぼんやりとしかわかっていません。

いざ彼氏との初体験のセックスのときに、男性器を見て怖くなってしまうこともあります。また、形がわからないものが入ってくることに恐怖を覚えることも。

なので、少しでも彼氏との処女セックスの緊張や怖さをなくすために、準備として男性器を知っておきましょう。セックスとのときにどんなものが自分に入ってくるのか知っていることで緊張や怖さがなくなります。

 

【7】処女セックスの準備にフェラの練習はいりません!

引用: Pixabay

処女でなくとも女性がよく勘違いしているのが、セックスの中にフェラが組み込まれていると思っていることです。

セックスは、キス→男性からの愛撫→フェラ→また男性からの愛撫→挿入の流れだと思い込んでいる女性は多いですが、必ずしもセックスにフェラが必要なことはありません。

なので、くれぐれも自分は処女だからとフェラの準備はしないようにしましょう。

 

【8】処女セックスの前のお風呂は入念に準備を

引用: Pixabay

処女でのセックスの不安を減らすために準備として、お風呂は入念に入りましょう。少しでも自分が清潔だと思えることで、体に自信が出て、彼氏が触ることの不安や恥じらいを取り除くことができます。

触ってもらうことに喜びを感じられれば、膣は濡れやすくなるので、処女セックス特有の痛みを和らげることにもつながります。

 

【9】処女セックス前には香りの良いボディソープ、シャンプー、クリームも準備

引用: girlydrop

処女セックスの前には、良い香りのするものを身につけておくことを準備として頭にいれておきましょう。

香おりの強いボディソープやシャンプー、ボディクリーム、仕上げには香水をつけることが準備としては最適です。

彼氏に良い香りで女性性を意識させて、性欲を刺激させることも目的としてはありますが、いざセックスとなって緊張してしまったときに、良い香りがすることで不安を取り除くことが出来ます。

ひとつのリラックス効果ともいえるので、処女セックスのときは是非準備してみてください!

 

【10】処女セックス前にはある程度体型を整えておく準備も必要

引用: Pixabay

セックスを彼氏とすることが決まったら、いざ初体験に向けて体型を整える準備をしておきましょう。

処女でなくなることの不安もあるでしょうが、初めて彼氏に体を見せることの不安も多いにあるでしょう。彼氏に残念に思われないように、体を少し絞っておくことも処女セックスにおいては大切です。

 

処女セックスマニュアル10項目【本番編】

引用: Pixabay

ここからは、処女セックスの本番編のセックスマニュアルを10項目紹介します。

いくら準備を入念にしたとしても、本番ではハプニングもあるかもしれません。予想外の出来事に戸惑わないように、実際の処女セックスでの心構えを知っておきましょう!

 

【1】処女セックスは無理をしないこと

引用: Pixabay

いざ処女セックスになったら、まずは無理をしないことが大切です。

ここまで処女セックスに向けて充分準備してきたのであれば、本番の処女セックスも安心して迎えることができるはずです。

しかし、準備の段階での想像と本番の処女セックスは違う可能性もあります。そんなときは、まずはその有無を彼氏に伝えましょう。

怖くなってしまったら「怖い」「緊張してる」ときちんと伝えることが大切です。ここで自分の気持ちを我慢してしまうと、彼氏との初体験のセックスが良い思い出にはなりませんし、彼氏もあなたの気持ちを知ることは一生ありません。

後から彼氏に初体験のセックスの気持ちを言ってもその場でないと伝わらないでしょう。彼氏であればきちんとコミュニュケーションをとったセックスをしてくれるはず。彼氏の愛情を確認するためにも、処女セックスでの無理は絶対にやめましょう。

 

【2】処女セックスのときは感覚を我慢しない

引用: Pixabay

処女セックスのときは、感覚を我慢せずに解放することも大切です。

彼氏からの愛撫を気持ちいいと感じたら、そのまま気持ち良さを感じていましょう。気持ちいいのに、恥ずかしさからわからないと逃げてしまうと、今後の彼氏とのセックスが楽しくなくなってしまいます。

自分はどこで感じるかを知ることも、処女セックスにおいては大切です。

 

【3】処女セックスのときは見栄をはらない

引用: Pixabay

処女セックスのときにありがちですが、準備してきたからと処女なのにセックスで見栄をはることはやめてください。彼氏のためと頑張る気持ちは大切ですが、無理にやったこともない性技をしてみたり、痛みを我慢することはありません。

処女とはセックスが初心者のことでもあるのです。また、一度セックスをしてしまえばまた彼氏と何回もセックスする機会があるでしょう。そのときにふたりでセックスへの刺激を考えていけば良いので、処女のときに彼氏に刺激を与えるセックスをする必要はありません。

 

【4】処女セックスのときは下着には手をかけない

引用: Pixabay

いざセックスのときには、先にお風呂に入るシチュエーションもあったりするでしょう。

そのため、下着はどこまでつけるべきなのかで悩んだり、彼氏が下着を微妙にずらして最後まで脱がせないこともあります。女子としては、途中で止まっている下着が気になってしまってセックスに集中できないこともあります。

けれど、だからといって下着に触れてはいけません。お風呂に入ったときもしっかりと下着はつけておいてください。セックスにおいて彼女の下着は彼氏のものであり、彼氏の興奮材料でもあります。気になるようであれば、深く考えずに「脱がして」と彼氏にお願いしてみましょう。

 

【5】処女セックスのときは自分から触ってもOK

引用: Pixabay

処女だからといってセックスのときに彼氏に触っていけないことはありません。

いざ本番の処女セックスになり、自分の気持ちも盛り上がりを感じたら彼氏に触ってみましょう。上半身をペタペタと触るのも良いですが、盛り上がっている男性器を確認するようにさすってみるのもありです。

このとき彼氏の男性器を触って形を確認することで、実際に膣に入る男性器を想像することができるので、初体験での痛みへの不安要素を和らげることができます。

 

【6】処女セックスのときは「激しくしないで」と彼氏に必ずお願いして!

引用: Pixabay

処女セックスのときに大事なことは、彼氏が激しく動かないことです。処女膜が破れてナイーブになっているところを、そのまま激しく突かれたり擦られたりすると、当たり前ですが痛いです。

なので、処女セックスのときは、彼氏にはスローセックスを心掛けてもらい、最初から「激しくしないで」とお願いしておくことが大事になってきます。

 

【7】処女セックスのときは彼氏にキスをたくさんしてもらって

引用: Pixabay

処女セックス時の痛みを和らげる準備として、キスをたくさんしてもらうことが重要になってきます。処女は、初めて体を触られるため、愛撫を気持ちいいと感じにくく、挿入時も痛みが勝ってしまい、気持ち良さを感じられません。そんな処女が唯一気持ちいいとわかるのがディープキスです。

元々唇には触ることで不安を取り除いてくれる効果があるため、キスすることで安心感が得られて痛みが和らぐことがあるのです。処女セックスで痛いと感じたときは、彼氏にキスをしてもらってみてください。

 

【8】処女セックスのときは、彼氏に挿入時に動かない時間を作ってもらおう

引用: Pixabay

処女セックスの挿入時には、まずは彼氏に動かない時間をとってもらましょう。

なぜなら、挿入しただけでも膣は収縮を見せるため、入ってきた男性器の形に広げようとしているからです。

動かない時間が長ければ長い程痛みはひきますが、そこまで長い時間を取らなくても挿入してすぐに動き出されるよりかは痛みが少なくてすみます。

 

【9】処女セックスのときは彼氏にきちんと痛いことを伝えよう

引用: Pixabay

処女セックスで我慢や無理は絶対にしてはいけません。痛い場合は、きちんと彼氏に痛いことを伝えましょう。

彼氏に痛いことが伝わらないと、今後あなたがセックスが気持ちいいと感じたときも彼氏に伝わることがなく、ふたりでセックスをしている意味がなくなってしまいます。

彼氏も事前に処女とセックスをすることがわかっていれば、挿入しただけでもセックスを中断してくれるはずです。

 

【10】処女セックスのときは2回目のセックスができそうならするべき!

引用: Pixabay

処女セックスが無事終わったのであれば、次は2回目のセックスですが、実は処女セックスが終わってから早くに次のセックスをした方が、セックスのときの痛みが早くにひきます。なぜなら、膣は男性器がなくなった途端に元の形に戻る準備を始めてしまうからです。

なので、処女セックスが終わったらなるべく早くに2回目、3回目と何度もセックスをして、膣に男性器が入ってくることを覚えさせる必要があるのです。

収縮を大きさを膣が早くに覚えることが、セックスが気持ちいいと感じるコツなので、その準備として、無理のない程度に彼氏とのセックスを重ねましょう。

 

彼氏との最高の夜にしよう。

引用: Pixabay

処女セックスには、通常のセックスよりも準備することがたくさんあります。なぜなら処女セックスは人生で一度しか経験が出来ないからです。

通常のセックスはいつでも経験出来ますが、処女セックスはたった一度だけです。だからこそ、一度の処女セックスがどんな初体験の思い出となるのか準備次第で変わってきてしまうのです。また、今後のセックスに対する思いも変わってしまう大切な行為です。

大好きな彼氏との処女セックスを最高なものにして、今後の自分のセックスライフが良きものとなるよう、処女セックスは万全に準備して挑みましょう!

人気の記事