顔射したがる男性心理15選!顔に顔射したがる理由はコレ!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

そもそも顔射ってなに?

引用: Pixabay

顔射とは、読んで字のごとく性の対象者の顔面に「精液をぶっかける」行為になります。また、その相手は男女問わないものとし「同性愛者間」でも顔射愛好家は数多く存在していているのが現状でした。

「顔射」を普段使いされているカップルや夫婦間も数多くいらっしゃるのでしょう。でも一方では・・・「かけられる側」にはなんのメリットもないことから「顔射を嫌う女性」がいたのも事実だったのです。顔射された側のデメリットとして・・・

  • 飛び散った精液でシーツや布団が汚れる
  • シャワーを浴びてもなかなかとれない精液のヌメリ
  • 女性の性行為自体が中断されることから満足な快感が得られない
  • エクスタシー後の余韻に浸ることができない
  • まず精液の臭いが苦手で耐えられない
  • 目が開けられない
  • 感染症を患っている男性の精液(病原菌やウイルスの種類にもよる)だと目に影響も

以上のようにあげるとキリがない顔射のデメリット。でも、マゾヒズムの傾向にある女性においては「自傷に近い心理」が働き喜んで受け入れる場合もあるので一概に顔射がデメリットだらけというものでもないようでした。

ただ一般的なセックス行為から見ると、やはりデメリットの方が上回るのは一目瞭然なのでしょう。今回は「顔射したがる男性心理」について解説させていただきます。「なぜ、男性はそんなに顔射精をしたがるのか?」女性にはなかな理解が難しい性的嗜好であることには間違いなかったのでしょう。

 

男性はなぜ顔射したがるの?


引用: Pixabay

やはり、何をいっても一番の理由はアダルトビデオの影響なのでしょう。初めてアダルトビデオで女性が顔射されるシーンを見て衝撃を覚えたという男性は数多くいらっしゃったのでした。

この顔射の起源ですが「本当は性行為を行っていないのではないか?」「ただの演技なのではないのか?」という世間の疑念を払拭させるためにアダルト産業が考案したものであったのです。

AV男優がAV女優の体に向けて「膣外発射」を行い精液が飛び出る様を撮影することで映像の中の性行為が「ホンモノ」であることを証明しようとしたわけなのです。

さらに「顔」に精液をぶっかけることに着目したアダルト業界。撮影時に「顔射」を用いることにより視聴者のエロ心をロックオンしたというのが大まかな流れにでした。お察しの通りこれらを機に「ぶっかけ」が人気ジャンルに。下半身を熱くした男性の多くが彼女や妻に顔射をお願いすることへと至ったわけなのです。

 

顔射したくなる男性の脳のメカニズムとは?

引用: Pixabay

次に、そんな顔射精をしたがる男性の脳について解説させていただきます。

「顔射をしたがる男性」の頭の中は一体どのようになっているのか?・・その理由についてお話しさせていただきます。

 

【1】「性的興味と脳と人格の関連性」その脳内メカニズムとは?


引用: Pixabay

2008年から2010年の2年間、大阪大学の研究チームが行った「タイトルにある実験」は世界初の試みでありました。対象の被験者に「視線追跡装置」を用いながらアダルトビデオを視聴してもらい「コマ数を自動的に時間換算して性的興味を定量化」するという実験だったのです。

20人ほどの男性に「レジスキャン」というリング状のゴムをふたつペニスの先端と根っこに装着、約30秒ごとに輪がキュッと締まることでペニスの太さと硬度が計測できるというものでした。

 

【2】「男性と顔射」~点と線が結ばれる

Array

引用: Pixabay

男性が女性の顔に射精したがる理由がなんとなく理解ができてくるのがこの理由でした。男性は女性の局部よりも一番に観ていたのが「顔」と「身体」であったことが実験からわかったのであります。

大阪大学の研究チームにおいての研究結果の詳細は他にもあるのですが、あえてこの「顔」と「身体」に反応したという結果だけを抜き取ってお伝えさせていただいたわけでした。

その方が読者の方にもわかりやすく伝わるのではないかと考えたからであります。兎にも角にも男性が顔やお腹に射精したがる意味がなんとなくお分かりいただけたのではないでしょうか。ちなみに女性は「背景」を重要視していたそうで、つまりは男女で見る興味が異なる事がこの研究結果から得られたわけなのです。

 

顔射したがる男性心理15選!

 

【1】性的征服欲

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その1「性的征服欲」

人に限らず、この世に存在する「オス」の多くは、他者よりも優位に立とうとする「支配欲」とそれらを満たすために「征服欲」を働かせることとなります。

特に好きな女性になるとその傾向が強まってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。ただし、性的征服欲や支配欲が強力になりすぎるとアブノーマルな性を追い求める結果となるので要注意なのでしょう。

 

【2】性的支配欲を満たすポイント「女性を見下ろす」

Array

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その2「女性を見下ろす」

当然のごとく「顔射」するにはペニスを女性の顔の前に差し出さなければできません。この時、おのずと男性の目線は女性よりも高い位置にあり見下ろす格好となります。

この見下ろす体勢が性的支配欲と征服欲をアップさせることはいうまでもないのでしょう。仁王立ちして女性にフェラチオさせるのもその代表ともいえるのかもしれません。

 

【3】美しいものを破壊

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その3「美しいものを破壊」

どんな美しい女性でも顔射されると、メイクは取れぐちゃぐちゃな様になってしまうもの。顔射する前、美しかった女性の顔が一気に崩れることはまさに「征服欲の王道」と言っても過言ではなかったのでした。

 

【4】美しいものを汚す

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その4「美しいもの汚す」

顔射することにより美しい女性の顔が「精液まみれになる姿」は視覚的・精神的にも征服意欲を満たすのでしょう。顔射したがる男性に取り「美しいものを汚す」行為は必要不可欠なことだったのです。

 

【5】劣等感の軽減と払拭

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その5「劣等感の軽減と払拭」

愛する女性の顔を自分の精液で汚すことは、征服欲や支配欲を満たす効果だけではありませんでした。それは、顔射したがる男性自身の劣等感を軽減させたり払拭されるという「大きなメリット」があったからです。劣等感を払拭することは「自分を肯定」することでもあったわけなのです。

 

【6】美しいものを破壊する背徳感

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その6「美しいものを破壊する背徳感」

顔射したがる男性といえど「好きな女性の顔を精液まみれ」にして罪悪感を感じないはずはなかったのでしょう。しかし、そのうしろめたいという背徳感がより性的興奮に繋がることはいうまでもなかったのでした。

また、男性だったら誰もが夢見る複数プレイ。このようなシチューエーションで自分の彼女が複数人の男性に一斉顔射されることは男のロマンでもあるのでしょう。

 

【7】オスとしてのマーキング本能

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その7「オスとしてのマーキング本能」

顔射したがる男性心理においては、好きな女性に自分の精液をかけることで「このオンナは俺のモノ」だというアピールをしたいわけでした。精液の匂いや色を好きな女性につける行為により「精神的安定を図る」、顔射はまさにオスの本能からきているマーキングなのかもしれません。

 

【8】普通の射精行為に飽きた

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その8「普通の射精行為に飽きた」

征服欲や支配欲云々よりも、顔射したがる男性の中には単に普通の射精行為に飽きたからという人も少なくはなかったのです。アダルトビデオの中にもあるような顔射された女性が舌なめずりする様や、指についた精液を舐めとるしぐさなどは顔射したがる男性にとっても最高のごちそうなのでした。

 

【9】歪んだ女性の表情に興奮

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その9「歪んだ女性の表情に興奮」

ある意味「サド」に近いのですが、これについては顔射したがる男性に限った話ではないのでしょう。

また、セックス中の女性の表情は格別なものがあり、「エクスタシー」「オーガズム」などのセックスシーンによりコロコロと変わる表情は「男であることを自負するためのバロメーター」でもあったわけでした。自分の精液が飛んだ瞬間、ギュッと歪む女性の表情に興奮がウルトラマックスになるのは当然のことなのです。

 

【10】特別感を味わいたい

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その10「特別感を味わいたい」

顔射したがる男性の多くは「自分の彼女がここまでしてくれている」という満足感を求めていたわけでした。「自分の欲求を受け入れてくれた」安心感がさらに特別感を高めることとなるのでしょう。

「好きにして」・・・そのような言葉を好きな女性から投げかけられようものなら男性は一気に昇天!「こんなに俺のことを想ってくれていたのか」と健気な乙女心に打たれ女性への愛が増すことは間違いないのかもしれません。

 

【11】単にアダルトビデオの影響

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その11「単にアダルトビデオの影響」

つまりは経験の浅い男性に多いパターンなのでした。アダルトビデオの男優を「神」のように崇め、見境なく同じことを彼女にして愛想尽かされた男性の話はよくあることでした。ただ、頑張って受け入れる女性もいるわけですが決して無理強いしてはならないのでしょう。

経験の浅い男性を彼氏に持った場合は女性がイニシアチブを取るようにしていくと「顔射させなくてすむ」のでしょう。つまりは、他のセックステクニックでそう言わせないようにすればいいのです。

 

【12】アブノーマルが好き

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その12「アブノーマルが好き」

勿論、アブノーマルだから顔射が好きなのはいうまでもありません。変態プレイにはまだまだ他にもいっぱいあるわけなのですが、やはり女性が上から目線で男性の精液を受け止める顔射が男性の征服欲を満たす行為になるのは確かなのでした。

同じアブノーマルでも「アナル」や「スカトロ」は完全論外に。顔射だと目に入らないように注意をすれば痛さはありません。ですが「もしも目に入ったらどうなっちゃうの?」という素朴な疑問については後ほど解説させていただきます。

 

【13】女性が顔射が好きだと誤解

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その13「女性が顔射好きだと誤解」

これも全てはアダルト業界の努力?の賜物であるといっても過言ではなかったのでした。女性が皆「顔射好き」だなんてことは絶対にありえないことなのです。その理由は精液のあの独特な「栗の花」のキツイ匂いに「フェラチオ」でさえ拒む女性がいっぱいいらっしゃったからでした。

したがって、顔射ともなると最悪「鼻の穴」に流れ込む可能性は大なのでその辺のことを踏まえても男性は女性にキチンと了承を得て実行すべきなのかもしれません。

 

【14】「自分が好きなことは相手も好き」〜偏った思考

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その14「(自分がすきなことは相手も好き)~偏った思考」

これについても「あるある」なことなのですが、セックスだけに留まらず誰しも自分の「趣向」というものがあります。特にセックスにおいてはいえることなのでした。

女性が不快に思うことをお構いなしに行うタイプについてですが「征服欲=単に相手の気持ちを蔑ろにする」思いやりに欠けたワンマンが多いのは勿論なのですが、特に顔射好きな男性にそのような傾向があるので是非気をつけていただければと思います。

 

【15】女性が常に従順であることを望む

引用: Pixabay

顔射したがる男性心理~その15「女性が常に従順であることを望む」

これについても偏った思考に通じるわけでしたが、女性のシンボルでもある「顔」に言うなれば「汚物」を塗りつける行為は女性をある種の支配下におきたい男性心理でもあるのでしょう。

勿論女性がきっちり「NO」といえるタイプなら全然問題ないのですが、そうでない女性の場合だと最悪「サヨナラ」される可能性も否定できないのかもしれません。なのでお付き合いしている女性が従順に越したことはないのですが、まずは今一度カップル間でしっかり話し合われることをオススメいたします。

 

「肯定&否定の理由」彼女の顔射体験談10選!

引用: Pixabay

では、これから女性の顔射体験談を「肯定」「否定」のツーパターンでご紹介させていただきます。

これらを参考にして「顔射させる、させない」もしくは「顔射してもらいたい、してもらいたくない」を判断するのも得策といえるのでしょう。

 

【肯定編】

引用: Pixabay

顔射が好きな理由その1「彼の愛を感じるから」

私は顔射が好きな理由はズバリ彼の愛情を感じることができるから。下から見上げると気持ち良さそうにする彼の表情を見ているだけでアソコが疼いて仕方ないんですよ。(27歳・公務員)

顔射が好きな理由その2「私のためにいっぱい出してくれるから」

私が顔射好きな理由ですが、彼が私だけのためにあんなにいっぱい精液を出してくれることが嬉しくて・・。そんな彼がたまらなく愛おしいんです。特別な理由じゃなくてすいません(笑)(31歳・商社勤務)

顔射が好きな理由その3「彼が私だけのモノって実感できるから」

もう誰にも渡したくない!一度元カノに取られそうになった彼だけど「やっぱりお前じゃないとダメみたい」っていわれて無事復縁。そのことを機にそれまで拒んでいた顔射にチャレンジしたら彼すっごい喜んでくれて。それからは私の方が顔射をねだる様になったんですよ。それが私が顔射が好きになった理由でした(笑)(29歳・飲食業)

顔射が好きな理由その4「彼の浮気防止に」

意外でしょ?私が顔射好きにならざるおえなかった理由がこれだったんです。実は私、過去に男性から浮気されることが多かった女性でした。浮気されてしまう理由ですが「美人過ぎてどうにも上から目線に見える」という不快感から逃げられる事が多かったんです。

私としてはそんなつもりは全くなかったのですが・・。なので、今の彼氏と出会ってからは「逃げられない=浮気防止」策として自ら顔射をお願いするように。そうすると彼は「こんな美人に顔射している俺って幸せ者だな」って凄く大切にしてくれて。私たち来年の春結婚します!(28歳・事務員)

顔射が好きな理由その5「変態プレイが大好きだから」

自分でいうのもなんですが私って超ドMな女です。虐められるのが大好きで(笑)スワッピングや乱交・3Pに輪姦などで複数の男性に顔射されるとすごく感じて。

そして色々な男性の精液にまみれた自分自身に恍惚状態になったり、彼には「あんまり度が過ぎたらスワッピング禁止だよ」って冗談いわれるほど(笑)ふたりで活動しながら愛を育んでいます!(33歳・販売員)

 

【否定編】

引用: Pixabay

顔射が嫌いな理由その1「ニオイがダメ」

私が顔射が理由はとにかくあのニオイが耐えられなくて。彼には申し訳ないとは思うのですが正直にお断りしました。でも「あなたが嫌いとかじゃないから誤解しないでね」と別の方法で愛情表現をするよう努めています。(24歳・派遣)

顔射が嫌いな理由その2「後の処理が大変だから」

彼に何度となく顔射精をお願いされ、やむおえず顔で精液を受け止めることとなったのですが・・・。ニオイも嫌ですがとにかく後処理が大変で(泣)髪の毛につくと何度シャンプーしてもヌメリ感が残った感じだし、シーツは汚れまくりだし女性にとって何もメリットがないように思えるのですが私の気のせいでしょうか?(30歳・保育士)

顔射が嫌いな理由その3「フェラよりも苦手」

私が顔射が嫌いなのはおそらく潔癖症だからだと思います。その証拠といってはなんですがフェラも超苦手で毎回苦戦してて。勢い余って喉の奥に突っ込まれた日にはテンション下がりまくりで(笑)一度だけ顔射させてあげたことがあったのですが顔面はヌルヌル、キツイ臭いはするし、第一目に入りそうで怖くて。勿論2回目の顔射はありませんでした。(22歳・学生)

顔射が嫌いな理由その4「自分自身が情けない」

私が顔射が嫌いな理由ですが一番に「そんなことをされている自分自身が情けない」ことにあったんです。勿論、彼が征服欲を満たしたいからという理由も理解できなくはないのですが、やはりどうしても無理だったんでこの間サヨナラさせてもらいました。(26歳・デパート勤務)

顔射が嫌いな理由その5「汚物をぬられて喜ぶ人の心境がわからない」

顔射されて喜ぶ女性には大変失礼なのかと思いますが、私には到底理解できないものでありました。こんな私なのでそもそもクンニされたりすることも苦手で、もしかしたらセックス自体が好きじゃないのかもしれません。おかげで男性と交際してもそのような理由から半年で終わっちゃうので今だ独身しております(笑)(37歳・国家公務員)

〜彼氏の性癖に向き合うには?〜

それは、やはり女性自身が勇気を持って「嫌なことは嫌」と伝える以外に打開策はないのでしょう。頭ごなしに言うのではなく「その代わりこれで頑張るから!」などと提案してみるのもいいのかもしれません。

性欲旺盛な彼なら、他にも満たしてあげられることはいっぱいあるはずです。そこのところをしっかりと見極めてあげるとよいのでしょう。また、顔射OKの女性でしたら大いに男性の征服欲を満たしてあげてください。

男性心理を知り尽くした女性なら十分それが可能となるのでしょう。

 

顔射したがる男性心理まとめ!

引用: Pixabay

今回の「顔射したがる男性心理」の記事いかがでしたでしょうか?

顔射という性行為はアダルト業界の苦肉に策で生み出されたセックステクニックでした。男性心理において愛する女性を「完全に我が物にする」ために顔射を要求することは取り立てておかしなことではなかったのでしょう。それは、好きな女性に征服力や・支配力が働くのはごく自然なことだからでした。

男性心理においてほとんどの方が顔射願望があるといわれております。でも、その想いを最初からすんなり受け止めることができる女性もいれば、体験談のように生理的に受け付けられないという女性まで様々だったことからなかなかデリケートな問題でもあったわけでした。

また、女性側が嫌がる理由には「顔射される女性側にひとつもメリットがない」ことが深く関係していたものと思われます。セックスはどちらが一方的に満足すればよいものではないということはどなたでもわかることなのでしょう。

なので、男性側にメリットがある顔射においては「しっかりと女性の同意」を得てからではないと後々に互いが不快な想いをすることになるのは目に見えたことだったのです。勿論、顔射行為に抵抗がなくむしろ好きだといわれる女性であれば全く問題がないのでしょう。要は「躊躇っている女性」への対応が重要となってくるわけなのです。

最後に冒頭でご説明させていただいたデメリットを男性側がキチンと認識したもとで行う顔射であれば、もしかしたら女性だって真っ向から拒否することはないのかも・・。要は楽しいセックスライフをゲットするためには女性への配慮を怠らない男性の熱い情熱が必要だったわけでした。

男女関らず何事もひとりよがりな暴走だけは避けたいものですよね。読者の皆様においてはよりよい豊かな性生活になられるよう心より応援しております。

人気の記事