顔がでかい女性のコンプレックス10選!大顔美人を参考にお悩み解決

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

顔がでかい女性特有のコンプレックスとは?

引用: Pixabay

最近では芸能人やモデルだけでなく、道を歩いていても小顔でスタイルの良い女性を見かけることが多いですよね。

若者を中心に盛れるカメラアプリなどが流行し、小顔効果があるものの、実際の顔の大きさを変えることは正直難しいことです。そのため、顔がでかいことがコンプレックスとなっている女性も少なくないようです。

顔がでかいことがコンプレックスとなっている女性は、どんな時にコンプレックスだと強く感じてしまうのでしょうか。顔がでかいというコンプレックスを持つ女性たちのお悩みを紹介していきます。

 

あわせて読みたい関連記事!


顔がでかい原因15選&小顔対策まとめ!髪型・メガネを有効活用!

 

顔がでかい女性特有のコンプレックス10選!

引用: Pixabay

それでは顔が大きい女性特有のコンプレックスを紹介していきます。

 

①似合うヘアスタイルが分からない


引用: Pixabay

顔がでかいことをコンプレックスに持つ女性は、毎朝髪型が決まらないという悩みを抱えている人が多くいます。

ついついコンプレックスを隠すために顔周りに髪を残しすぎて垢ぬけた髪型が決まらなかったり、1番小顔に見える髪型を見つけられないでいます。そのため、自分に合う髪型かつ顔がでかいことを緩和してくれる髪型を知らずに流行に乗ってみると、鏡で見た時にガッカリしてしまう女性も少なくないようです。

 

②着る服が決まらない

Array

引用: Pixabay

何を着たら顔がでかいことが強調されないかを考えていると、なかなかコーディネートが決まらないという悩みも多くあります。

顔がでかいことで、全体のバランスが悪く、鏡で色々な服を合わせてみてもいまいちピンと来ないようです。せっかくウエストや脚が細くて露出しても、顔がでかいことがより強調されてしまったり、全身で見ると等身大が悪かったりして毎朝のコーディネートに悩んでしまいます。

分かりやすい洋服でいうと、タートルネックなどは首の部分が大きく伸びてしまったり、顔がでかいことが強調されてしまうので、なかなか着る勇気が出ないかもしれません。

また、顔がでかいことを緩和してくれる洋服を選ぶうちに毎度同じような服の系統になってしまうことも多いようです。ワイドパンツや、ボーイズライクなダボっとした服は全体のバランスを整えてくれるため、コンプレックスを隠すのに最適です。しかし、いつも同じような洋服を選んでしまって、自分に似合う服が分からないという悩みを持つ女性も多くいます。

 

③体もでかいと言われることが多い

引用: Pixabay

顔がでかいことをコンプレックスに思っている女性は、「ガタイがいい」と言われることもコンプレックスに持っていることが多いようです。

というのも、顔がでかいとゴツゴツした印象になり自然と体全体が大きいイメージを持たれやすいからです。背が大きいと思われること多かったり、ガッシリしているような印象を抱かれてしまうのは、女性にとっては大変コンプレックスになりますよね。

例えば顔がでかいと言われている女性芸能人には、川口春奈さん、土屋太鳳さん、松下奈緒さんなどがいます。皆さんとてもかわいくて綺麗な顔立ちですが、言われてみれば何となくパッと見た時の印象としてガタイが良いような気もしますよね。

顔がでかいとガタイがよく見えたり、逆に体が華奢だと顔がでかいことがより強調されてしまったり、やはり強いコンプレックスを抱く女性は少なくないようです。

 

④写真を撮る時

Array

引用: Pixabay

普段生活をしている色々な場面で、人と写真を撮ることは多いですよね。

例えば友達であったり恋人とも写真を撮ると思います。最近では、SNSの中でも写真を投稿することがメインのインスタが流行っているため、今までよりも女性同士で写真を撮る機会が増え、コンプレックスに感じてしまう人も増えてきているのではないでしょうか。

友達や彼氏と写真を撮る時に、画面の中で自分の顔がでかいことに気付いてしまっては写真を撮るのも楽しくありませんよね。撮った後に自分の顔のでかさを客観的に認識できてしまうので、よりコンプレックスに感じてしまうかもしれません。そのため、集団で撮る時などは人より少し後ろに下がることで、なるべく顔がでかいことがバレないように気を付けている女性も多いようです。

 

⑤メイクにいつも悩む

引用: Pixabay

ヘアスタイルやコーディネートに次いで、毎朝悩ませることが多いのがメイクです。

顔がでかいというコンプレックスを隠すための小顔メイクなども、最近ではよく目にすることが多いですよね。しかし小顔メイクが上手く出来なかったり何だか自分の顔には似合っていないような感じがしてしまって、悩む女性も多いようです。

また、でかい顔がコンプレックスな女性は化粧水などのスキンケア用品の減りが早いと感じるようです。単純に顔の面積がでかいので、使う量も多くなってしまいます。実際に測ってみたら大して差はないかもしれませんが、ついつい小顔な女性ならもっと使う量が少なくて済むのにと思ってしまうようです。

 

⑥帽子のサイズが合わない

引用: Pixabay

顔がでかいことがコンプレックスな女性特有の悩みかもしれません。

顔がでかいとどうしても帽子のハチの部分が小さくて、キツく感じるようです。そのため、せっかくデザインが気に入って可愛いなと思っても諦めることも少なくありません。欲しいなと思ってかぶってみた帽子がキツくて入らなかったら、ショックを受けてしまいますよね。

そんな女性は、顔がでかいことを隠すために男女兼用でかぶれるフリーサイズの帽子などをかぶって、コンプレックスを緩和させているようです。

 

⑦女性用マスクのサイズが合わない

引用: Pixabay

花粉の季節や、風邪の時にはマスクは欠かせませんよね。

しかし、そんなマスクでも顔がでかいとコンプレックスに感じてしまうことが多いようです。マスクをして鏡を見てみると何か他の女性よりもバランスが悪く見えたり、マスクが小さくてキツく見えてしまうようです。

そんな時は、男女兼用のサイズや大人の男性用マスクなどを付けるとしっくりくる事が多いようです。もし他の人よりも、マスクを付けている時に耳が痛くなりやすかったりするのであれば、無理して小さいサイズを付けるのではなく大きめのマスクをして、上手にコンプレックスを隠すようにすると良いかもしれません。

 

⑧メガネのサイズが合わない

引用: Pixabay

マスクや帽子と同じように、顔に身に着ける物なので上手にサイズを選ばないとかえって顔がでかいというコンプレックスを強調してしまう恐れがあります。

メガネは一般的に、平均的な顔のサイズに合わせて作られているため、顔がでかい女性が着けると締め付けられる感じがしてキツいと思うでしょう。

 

⑨顔がでかいということ自体をネタにされる

引用: Pixabay

似ていると言われる芸能人がいつも顔がでかいお笑い芸人であったり、事あるごとに「顔がでかい」などといじられるのはかなり精神的に辛いようです。その人自身のキャラもあるので個人差はあると思いますが、本人はかなり気にしているコンプレックスを他人に指摘されることは、女性としては落ち込んでしまいますよね。

 

⑩スタイルが悪く見える

引用: Pixabay

顔がでかいのであれば当然のことかもしれませんが、人気のある綺麗な女優さんやモデルの方は揃って皆さん小顔ですよね。

単に顔がでかいというだけでなく、身長とのバランスも大きく関係します。顔だけでみれば平均より若干でかい程度であっても、身長が低ければそのコンプレックスがより強調されてしまいます。

特別脚がとても短いわけではないのに、顔がでかいために全体のスタイルが悪く見えてしまうことをコンプレックスに持つ女性も多くいるようです。

 

大顔美人になるためには?

引用: Pixabay

ここまで、顔がでかいことをコンプレックスに持つ女性のお悩みを紹介してきました。

しかし、顔がでかいだけで美人ではないと言われてたり、男性からのモテ度にも影響を及ぼすのでしょうか。芸能界には小顔でかわいい女性が沢山いますが、もちろん全員が全員小顔なわけではありません。

大顔であっても美人だと言われてる女性も多くいることも事実です。自分の工夫でコンプレックスを隠すことによって、いくらでも大顔美人になることは可能です!

コンプレックスを逆手にとって、大顔美人として自信を持つためにはどうしたら良いのか、紹介していきたいと思います。

 

①ショートヘアにする

引用: Pixabay

顔がでかい女性に薦められるヘアスタイルはずばりショートヘアです!

なぜならショートヘアは顔周りに髪の毛が多くあることもあり、とても小顔効果が高いと言われているヘアスタイルです。顔がでかいというコンプレックスを上手に隠せるように、美容師さんにも相談してみましょう。

大顔美人にはなりたいけど、ショートヘアで顔を思い切り出すのは少し抵抗があるなぁといった女性はミディアムでも構いません。ミディアムヘアの場合は、髪の毛を巻いてみたり毛先を遊ばせてみたりして大人っぽさとカジュアルさを上手く出して美人風を吹かせてみてはいかがですか。ヘアアレンジ次第でいくらでもコンプレックスの大顔を隠すことが出来ます。

 

②メイクを研究する

引用: Pixabay

最近では小顔グッズや小顔メイクが色々なところで紹介されています。

顔がでかいだけでなく人それぞれの顔の形がありますので、一概に正しい小顔メイクはありませんが、基本的に大顔に見られる顔の形はベース型です。丸顔よりも骨格などがハッキリしている方が大顔を強調させてしまい、コンプレックスに感じることが多いようです。

そんなコンプレックスを持っている女性は、エラが目立たないようにシェーディングをしてみたり鼻は頬にハイライトを入れて、顔の中心に立体感を出すように心掛けると大顔でも美人に見えるかもしれません。大顔美人になるためには、自分と似た骨格の芸能人のメイクを参考にしてみるのも良いですね。

また、自分はなぜ大顔に見えるのかを研究することも大切です。頬が長いため大顔に見えてしまうのか、目鼻立ちが良く顔の強調が強いので大顔な印象を受けられやすいのか、そもそも頭の部分の骨が大きいのか、など一口に大顔と言っても骨格の形が人それぞれです。

そのため、自分のコンプレックスを素直に受け止め上手くカバーするメイク術などを研究すると、美人に近づけるはずです。

 

③大顔を緩和させるマッサージをする

引用: Pixabay

大顔美人になるためには、マッサージが欠かせません。顔がでかいと感じさせないようにメイクやヘアスタイルを工夫することももちろん大切ですが、マッサージや顔の運動である程度大顔が緩和されることがあります。元の顔が小さくなればオシャレの幅も広がり、より美人だと言われる機会が増えますよね!

例えば、大顔を緩和させるマッサージとしてお風呂上がりなどにスキンケア用品を付けて手をグーの形にした状態で、指で顎を挟んで耳元までマッサージし、耳から首、首から鎖骨に流すといったリンパマッサージも効果的です。他にも、大顔を緩和させる運動として口を尖らせる顔で10秒ほどキープしてみたり口周りの筋肉を鍛えることも、大顔美人への近道です。

血行を良くしてむくみを取るだけでも、大顔美人から小顔美人に近づけるので普段のお風呂や水分補給にも気を使ってみましょう。

また、近年画期的なものが多い小顔グッズの使用などもオススメです。大顔美人になるためには、お風呂で湯舟に入っている時やお風呂上り、寝る前などにグッズを使ってマッサージしてみると次の日の朝にコンプレックスが改善されることも多いようです。小顔パックや小顔テープなど、様々な大顔対策のグッズを試してみて自分の顔に効果が高かったものをリピートしてみるのも良いかもしれません。

顔のでかさを緩和させるには即効性のあるものは少なく、継続することが大切ですのですぐに大顔美人にならないからといって諦めず、地道に努力してみましょう。

 

大顔美人でコンプレックスも強みに!

引用: Pixabay

ここまで顔がでかいというコンプレックスを持つ女性の悩みや、大顔でも美人だと言われるための方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?

顔がでかいと、スタイルが良く見えなかったり似合うメイクやヘアスタイルを見つけるのが大変でコンプレックスに思う女性が多いようです。しかし、顔がでかいからと言って男性から全くモテなかったりするわけではありません。顔の大きさを美人の基準の1つとして考えている人も多少いますが、大顔でも美人だと思う人ももちろんいます。

大顔美人になるためには、自分に似合うものの研究や大顔美人と言われている芸能人のメイクやヘアスタイルを参考にしてみたり、日々努力することによって少しずつ美人に近づきます。

顔がでかいことをコンプレックスに思うだけでなく、1つの個性として、大顔美人になるためにオシャレやメイクを楽しんでみましょう。

人気の記事