ギシアンの意味とは?レオパレスに住むと隣人の喘ぎ声が聞こえる?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ギシアンとは?

引用: Pixabay

ギシアンとは、自宅(主にアパートやマンション)や、ラブホテルでのセックス(性交)を表現する言葉を意味し、ベッドがきしむ音の「ギシギシ」の意味と、女性の喘ぎ声「アンアン」の意味を繋げた造語「ギシギシアンアン」の「ギシアン」を意味した略語になります。

特にちょっとした物音でも響きやすい夜中のセックス(性交)はギシアンが漏れやすく、ベッドを設置している場所や、女性の喘ぎ声の大きさによっては、鉄筋コンクリートマンションの部屋でも隣人のギシアンが聞こえることがあります。

これはアパートやマンションに限らず、ラブホテルでも同様の意味をもち、建築年数の古いラブホテルの場合は、ギシアンが聞こえてしまう場合もあるようです。

また時間や建物の新古に関わらず、その建物の構造や作り、部屋の状況によってもギシアンが聞こえたり、聞こえなかったりするため、自分たちのギシアンが他人に漏れ聞こえないように注意しましょう!

 

ギシアン意味は?


引用: Pixabay

ギシアンとは単純にセックス(性交)を意味し、それを表現する際に用いられる造語「ギシギシアンアンの略で「ギシアン」になります。

セックス(性交)の際に、ベッドの上で男女が動く音が「ギシギシ」と鳴り、その音に合わせて女性が喘いでいる声「アンアン」が組み合わさって「ギシアン」を意味しています。

主に木造建てのアパートの部屋や、築年数の古いラブホテルの部屋からギシアンが聞こえることが多い傾向にありますが、建物の構造や建築資材などによってもギシアンの聞こえ方は大きく異なってきます。

ギシアンは単純にセックス(性交)を表現した意味になりますが、自分たちのギシアンが他人に聞こえている場合と、他人のギシアンが聞こえる場合、それぞれのギシアンに対して抱く感情や意味合いは大きく変わってきます。

ギシアンが使われるシチュエーションとしては、他人のセックス(性交)の音を客観的に聞いている様を意味しており、イメージとしては安アパートで住んでいる一人暮らしの人間が、他人の部屋からのセックス(性交)音を意味して表現するときに多く使われます。

何気ない夜の営みのセックス(性交)がギシアンとして隣人に不快な思いをさせていたり、ギシアンが原因で生活パターンを読み取られていたりする可能性があり、ギシアンによって思わぬトラブルに発展してしまうこともあるかもしれません。

そういった意味や内容を踏まえ、セックス(性交)によるギシアンの主な原因から、ギシアンの深い意味や内容、対策までをまとめていきます!

 

ギシアンしてしまう原因は?

引用: PAKUTASO

それではここからギシアンが起こってしまう原因を紹介していきます。

ギシアンしてしまう理由はいくつかあげることができますが、今回は6つをまとめていきます。

見ていきましょう。

 

壁が薄いから?


引用: Pixabay

セックス(性交)をおこなう場所によってギシアンの漏れ方は変わってきます。

それはベッドを設置している場所や、アパート・マンションの部屋の作り、ラブホテルの部屋の場所や建築構造など、様々なギシアン要因がありますが、一番のギシアン原因としては建築物の壁の薄さになります。

建物の壁が薄い場合、普段のちょっとした生活音でも音漏れしてしまうため、ギシアンは普通に漏れ伝わってしまうことを意味します。

例えば二階建てのアパートの一階部分の部屋に居住していて、普段から二階住民の部屋の足音や戸を閉める音、夜には部屋のテレビの音が聞こえる場合など、二階の部屋の住民はあなたと同じように一階の部屋の物音が聞こえているはずです。

そのような場合には、どんなに声を抑えたとしても、ベッドでセックス(性交)をしている場合、そのベッドがきしむ音や、喘ぎ声は普通にギシアンとして二階の部屋の住民にも聞こえていることを意味しているのです。

 

声が大きいから?

Array

引用: Pixabay

単純にセックス(性交)の際、女性の喘ぎ声が大きい場合、隣人だけではなく、アパートやマンションの離れた部屋の住民にもギシアンが聞こえている可能性があります。

またセックス(性交)の際には部屋のドアは必ず閉めて、ギシアンによる騒音トラブルなどに巻き込まれないようにしましょう。
セックス(性交)の際に、他の部屋から壁を叩くような音が聞こえた場合、ギシアンがうるさいことを意味しているのかもしれません。
夜中であれば、うるさいからやめてくれという意味かもしれません。

都内などはマンションとマンションの間が狭いため、セックス(性交)の際に喘ぎ声が大きい女性であれば、窓を締め切っている場合でも窓越しにギシアンが聞こえている場合もあります。

セックス(性交)の際の喘ぎ声が極端に大きい場合は、自宅などでのセックス(性交)は控え、ラブホテルなどを利用してギシアンが漏れないようにするのがベストかもしれません。

ラブホテルの場合は完全な個室になっていて、カラオケなどを設置し、防音を徹底している部屋もたくさんあります。

そういったラブホテルを利用することで、ギシアンが漏れ伝わらず、プライバシーを保つことにも繋がります。

ギシアンだけではなく「アンアン」が原因で騒音トラブルになったという話は聞いたり見たりしたことがありませんが、少なくともプライバシーを保つために場合によってラブホテルを利用することは必要なことかもしれません。

 

抑えられないほど気持ち良いから?

引用: Pixabay

最高の相性のパートナーとのセックス(性交)であれば、どうしても抑揚を抑えることができず、自然と身体の動きと声が大きくなり、ギシアンが隣人に漏れ伝わってしまう可能性もあります。

ギシアンが漏れないように抑えることができるのであれば、抑えることをおすすめしますが、可能であればラブホテルなどを利用して、他の方にギシアンが漏れてしまっても問題ない場所を利用したセックス(性交)をおすすめします。

自分でも大きな声を出しすぎているな、動きが激しすぎるなと感じたときは、すでに他の部屋にギシアンが漏れ伝わっていることも意味しています。

ラブホテルであれば、ある程度の防音対策は取られているため、隣の部屋からまともに声が聞こえてきたり、ベッドのきしむ音が聞こえてきたりなど、ラブホテル内の別の部屋のギシアンが漏れ伝わることは比較的少なく、気持ちを抑えることなくセックス(性交)を楽しむことができると思います。

 

セックス(性交)が激しすぎる?

Array

引用: Pixabay

セックス(性交)の動きが激しいと自覚している場合であれば、ギシアンが漏れ伝わらないようにアパートやマンションなどでのセックス(性交)はできるだけ控え、ラブホテルなどを利用するようにしましょう。

普通のセックス(性交)のギシアンでも、アパートやマンションの作りであったり、ベッドの種類などによっては、隣人にギシアンが漏れ伝わってしまうものです。

自分で激しいセックス(性交)をしているという自覚がある方は、ギシアンによって自分のプライベートな情報が漏れないことと、同アパートやマンション住民への騒音も配慮し、ギシアンの気にならないラブホテルを利用したセックス(性交)がおすすめです。

ラブホテルであれば、どれだけギシアンしても、それなりの防音対策を取られているため、ギシアンがそのまま別の部屋に漏れ伝わることはありません。

そういった意味ではラブホテルを上手に使い、プライベートな環境を崩さないことも近所付き合いをしていく中で、大事なことだと思います。

 

ベッドの種類で変わる?

引用: Pixabay

セックス(性交)の際のベッドがきしむ音(ギシアン)は、ベッドの種類や古さによっても異なります。

一人暮らしに多い簡易なパイプベッドの場合、そのベッドの構造や材質によって、大きなギシギシ音を生じさせてしまうことがあります。

例えば、一人用シングルのパイプベッドの場合、対荷重は一人用シングルであり、一人用のベッドを意味した作りのため、そこに二人の体重が乗り、セックス(性交)の際の動きが生じれば、パイプがきしむ原因になり、大きなギシギシ音が生じ、ギシアンに繋がってしまいます。

また、一人用シングルのパイプベッドなどは、そのベッド自体に重さがないため、セックス(性交)の動きによってベッド自体が動いてしまい、ベッドを設置している床とベッドの足が擦れる音で、大きなギシギシ音を鳴らしてしまい、ギシアンを生じさせている可能性が高いです。

一人用シングルのパイプベッドでセックス(性交)をする場合は、その時だけでも床に布団を敷き直すか、前もってベッドの足が床と擦れても大きな音が鳴らないような工夫をし、ギシアンを最小限にとどめることが必要かもしれません。

 

建物自体に問題があるから?

引用: Pixabay

単純に居住している建物に問題がある場合、ギシアンだけではなく、普段の生活音を中心とした騒音が酷い場合があります。

建物を新たに建築する際は、その年代の建築基準法に法って建築を進めることが法律で決められており、建築基準法は、国民の生命・健康・財産の保護のためを意味し、建築物の敷地・設備・構造・用途についてその最低基準を定め、法令を遵守する意味で制定されています。

しかし、この建築基準法を無視して建築された建物に居住している場合、本来であれば聞こえないような生活音であったり、ちょっとした会話がすべて聞こえてしまっているかもしれません。

そうした場合、ギシアンがそのまま隣人に漏れ伝わってしまっている可能性が高いことを意味し、万が一建築基準法を無視した建物である場合、火災などの事故によって家財や命を失ってしまう可能性が高いことまで意味しています。

 

レオパレスに住むとギシアンが聞こえるって本当?

引用: Pixabay

レオパレスに住むとギシアンしてしまうのが話題です。

何故なのか理由を追っていきましょう。

 

レオパレスの不祥事とは?

引用: Pixabay

アパートのサブリースなどを手掛けるレオパレス21の「界壁」未設置問題では、防火性に関わる「界壁」という健在が使用されていない可能性が高く、未設置であった場合は建築基準法違反になる恐れがあるという意味・内容の報告があがっています。

レオパレス21は「当社施工物件における界壁工事の不備について」と題した意味・内容のリリースを公表しており、その中で、1996年~2009年に建てられた「ゴールドレジデンス」など6ブランドのアパートで界壁がなかったり、不十分なケースが見つかった意味・内容の記事を明らかにしています。

6ブランドはこれまでに1万3791棟施工され、1994年~1995年に「ゴールドネイル」、「ニューゴールドネイル」のブランドで展開していたアパートでも不備が見つかっているとのことです。

建築基準法が制定された大きな意味としては、国民の生命・健康・財産の保護になります。

その際に防火性を高める意味でも「界壁」の設置を義務付けることが明示されていますが、防火性を高める意味だけではなく、防音性を高める意味でも使用を義務付けられているとのことです。

例えば二階建ての一階部分と二階部分の間に入れることによって、二階からの物音を消音する意味があったり、部屋同士の壁に入れることによって同じく物音を消音する意味で使われます。

こうした重要な意味をもつ建築資材を利用しなかった意味は単純に解明できるものではありませんが、何らかの意味があり、徐々に解明されるものであると思います。

 

レオパレスのお家は大丈夫?

レオパレスに住んでいる居住者においては、隣の部屋の住民が何のテレビを見ているか丸聞こえで、今起きているのか、寝ているのかまで物音でわかるという意味のネットへの書き込みまであります。

また、隣人の洗濯機の音が聞こえる、電子レンジの音が聞こえるなどの生活音の漏れを意味した書込みが以前から多くあり、様々な憶測が飛び交っていました。

こうした生活音の漏れは「界壁」未設置によるものなのか、それ以外の原因があるのかは100%わかりませんが、何気ない物音が普段から聞こえているのであれば、セックス(性交)によるギシアンは間違いなく聞こえてしまうと思います。

他人の物音が聞こえているということは、ほぼ間違いなくこちらの音が聞こえていることを意味しているので、どんな建物であっても注意が必要です。

 

ギシアンしないように注意しよう!

引用: Pixabay

ギシアンの意味はセックス(性交)の音を表現しているところからきていますが、音だけではなく、プライバシーにも関わる意味をもっています。

ギシギシという言葉がもつ意味とアンアンという言葉がもつ意味が組み合わさることで、セックス(性交)を意味する言葉になりますが、単純なセックス(性交)の意味だけではなく、自分ではない他の誰かのセックス(性交)を意味しているときに使われることが多くあります。

それはつまり、他人のセックス(性交)を自分が客観的に聞かされていることを意味するため、セックス(性交)に及んでいる本人が気づいていないことが多くあります。

夜中に自分たちのセックス(性交)によるギシアンが隣人に漏れている場合、単純に恥ずかしいということだけではなく、生活パターンを読み取られてしまったり、ネットが普及している昨今では、その情報をどこかにさらされるかもしれない、怖い意味ももっています。

こうしたギシアンがもつ言葉の意味だけではなく、言葉の内容から考えられる深い意味にも注意していく必要があります。

セックス(性交)時に大きなギシアンを出してしまっていると自覚している方は、ベッドが鳴らないように工夫したり、あまりに激しいセックス(性交)をする際はラブホテルを利用するなど、隣人の迷惑にならないようにしましょう。

人気の記事