テレゴニーとは?タブー視されている先夫遺伝の恐ろしい真実!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

テレゴニーとは?

引用: Pixabay

テレゴニーとは?あるメスが以前あるオスと性交渉し、その後そのメスと別のオスとの間に生まれた子どもに、以前のオスの特徴が遺伝するという説であり、倫理になります。

テレゴニー(先夫遺伝)とは?何と恐ろしい遺伝なのでしょうか!

これが真実だとしたら、続きが気になる女性はたくさんいるのではないでしょうか。そして、この記事を読み終たえあなたは過去の男性遍歴を思い出しているかもしれません。

あるいは、ホッと胸をなでおろしているかもしれません。あなたの人生をも左右するテレゴニーの恐るべき真実とタブーに迫ってみました!

 

テレゴニーの概要を解説!

引用: Pixabay

テレゴニー(先夫遺伝)とは?遺伝の1つになります。

これまでにも様々な遺伝の研究がされてきましたが、テレゴニー(先夫遺伝)とは?今までの遺伝説を覆す、価値観をも変えてしまうタブーな遺伝だと言われています。テレゴニー(先夫遺伝)とは?

19世紀後半までは広く信じられていましたが、証拠がないためタブー視されていたようです。最近では徐々に証明され始めているようですが、テレゴニー(先夫遺伝)とは?どんな恐ろしい真実なのかを追ってみた、かなりタブーな記事になります。

 

テレゴニーの概要は?


引用: Pixabay

テレゴニー(先夫遺伝)とは?遺伝の1つで日本語にすると先夫遺伝(せんぷいでん)感応遺伝(かんのういでん)と呼びます。

テレゴニー(先夫遺伝)とは?女性が以前ある男性と性交渉して、その後その男性とは別な男性と性交渉して生まれた子どもが過去の男性に特徴が似ているといった理論になります。分りやすく言うと、女性が離婚して再婚します。

その後、妊娠して子どもを生みますが、生まれた子どもが過去の男性(前夫)に特徴がよく似ている子どもだったということになります。このタブーを誰が信じてくれるでしょうか。

現在では研究が進み、このテレゴニー(先夫遺伝)と類似の現象がハエの研究で発見されています。

 

テレゴニーの由来は?


引用: Pixabay

テレゴニー(先夫遺伝)とは?遺伝の1つですが何とも不思議な遺伝です。テレゴニー(先夫遺伝)とは?とてもタブーな遺伝のようです。

女性が子どもを生んだら、過去の男性と似ていた、親の形質にないものが子どもに表れていた、こんなことが現実に起こったら不思議ですよね。昔の人はこの不思議な現象をテレゴニー(先夫遺伝)によるものだと考えました。

そして、これがテレゴニー(先夫遺伝)の由来となったものと思われます。テレゴニー(先夫遺伝)とは?昔の人にとってタブーではなかったのでしょうか。

でも、女性にしてみれば「テレゴニー(先夫遺伝)?そんなこと言われても...」という感じですよね、まさにタブーにしてほしい現象です。

テレゴニー(先夫遺伝)を語るのにはマイクロキメリズムという現象も外せません。マイクロキメリズムとは?男児を主産した経験をもつ母親に起こり得る現象です。

 

マイクロキメリズムとは?

Array

引用: Pixabay

人間の性別を決定している細胞の中には性染色体というものがあります。男性は(XY)、女性は(XX)となり、女性にはY染色体がありません。

これは、現代の遺伝学では基本になっています。ところが、男児を懐妊することで母親の母体に男児のY染色体が移行するケースがあるのです。これをマイクロキメリズムと言います。

この現象は別にタブーではなくもっと広めてほしい話題だとは思いませんか?そして、テレゴニー(先夫遺伝)とは?切っても切れない関係がマイクロキメリズムなのです。

この現象で、男児を生んだ母親は女性でありながらY染色体を持ったまま一生を送ることになります。

また、このようなケースとは別に、男児の出産経験がない女性の中にも生殖細胞や血液細胞の一部にY染色体を持っている人が結構いるということが分ってきたのです。これは驚き、タブーな発見です。

この謎に迫った研究がアメリカの「フレッドハッチソンがん研究センター」で行われました。研究は男児出産経験がない120人の女性の血液細胞を調べるものでしたが、やはり、男児出産経験がないにも関わらず、21%の女性がY染色体を持っていたのです。これは真実なのでしょうか?

この研究とは?何を意味しているのでしょう、女性の過去の男性遍歴のタブーを意味するのでしょうか?!

あらゆる因果関係が考えられますが、注目すべき点はマイクロキメリズム現象を引き起こす可能性がないのに、Y染色体を持つ女性がいるということなのです。この真実はタブーなのでしょうか?

これこそが、まさにテレゴニー(先夫遺伝)とは?の由来ではないでしょうか。妊娠に至らなくても、性交渉によって男性のY染色体を体内に保有することがあるようです。やはりこの真実は、女性にとってはかなりのタブーです。

 

テレゴニーは最近まで信じられていた?

引用: Pixabay

テレゴニー(先夫遺伝)とは?19世紀には広く信じられていたようです。ここに1つ、馬の話の例えが残されています。

ある白い牝馬と野生のクアッガ(サバンナシマウマの一亜種)の種牡馬が一緒に飼育されていました。一緒に飼育されていたということは当然交尾はあります。

その後、同じ牝馬は別の白い牡馬と飼育され子どもを生むのですが、なんと!その子馬の足にはクアッガ(過去の男性馬)のような縞模様があったのです。

つまり、メスの白い馬とオスの縞馬が結婚していたのですが、離婚したのか死んでしまったのか、メスの白いウマは同じ白いオスウマと再婚しました。

その後、メスウマは妊娠、出産したのですが生まれてきた子ウマの足には縞馬のような模様があったのでした。これを、テレゴニー遺伝ではないかと発表し、しばらくはこの話がテレゴニー遺伝の裏付けとして広められたようです。

この現象をテレゴニー(先夫遺伝)とは?言わず、何というのでしょう。しかし、この現象に対して疑念を抱く研究者もいたようですが1890年代まで科学的な反論は出来ずにいたようです。

また、他の研究者も実験ではこの現象の如何なる証拠も発見できなかったということです。このような説もある中、一方では動物学者が追実験をした結果、これは隔世遺伝であると否定したそうです。

この辺りからテレゴニー(先夫遺伝)をタブー視し、陰謀論が叫ばれてきたのではないでしょうか。

引用: Pixabay

現在の遺伝学では、哺乳類は父親の精子と母親の卵子、二人から半分ずつ受け継がれることになっているのでテレゴニー(先夫遺伝)とは?

考え方が合致しないということになります。このような真実がテレゴニー(先夫遺伝)をタブー視する原因でもありそうです。

テレゴニー(先夫遺伝)とは?19世紀後半の人種差別主義者の会話にも影響を与えたと言われています。

例えとして、「非アーリーア人との子どもを一度でも持てば、二度と純粋なアーリア人との子を持つことは出来ない」というものがあります。このような会話がされていた、恐ろしい時代の恐ろしい真実です。

これは、ナチズム(ヒトラーの率いたナチスの運動およびイデオロギー)に採用されたということです。ということは?それだけ影響力があったと思われますね。この話は19世紀後半ということは?まだそんなに遠い昔ではありません。

 

テレゴニーは完全否定できない?

Array

引用: Pixabay

19世紀より、もっと最近の話題としてはハエの研究があります。2013年にはテレゴニー(先夫遺伝)に類似した現象を研究した発表がありました。この研究はニューサウスウェールズ大学のグループが行ったもので、遺伝子研究にはよく使われるハエを使った研究でした。

その研究とは?身体の大きさが大きいオスグループと身体の大きさが小さいオスばかりのハエを選んで用意し、メスのハエと交尾させ記録をつけたということです。

その結果とは?驚きの結果でした!交尾をして生まれたハエの子どもの大きさとは?交尾をしたオスハエよりもそれより以前に交尾をしたオスハエの影響が大きくあったということです。

ということは?ハエ界テレゴニー(先夫遺伝)の真実の発見だったのですね!

でも、皆さん、疑問に思いませんか?ハエにも過去の男性の影響があったということなのでしょうが、過去の男性と今の男性の区別がつくのでしょうか?研究チームは500匹以上のハエを調べたそうですが、その詳しい内容はよく分かってなく、こちらもタブーということのようです。

ということは?真実を暴くのは大変な苦労が必要になるということになります。

しかしながら、この研究に参加した科学者によると人の健康にも関係する発見ではあるが、人で同様の研究を行う手段はないそうです。この研究は信じられないような発見なので何によって引き起こされているかを追求したいと締めくくられています。

人間を使って研究は出来ないかもしれませんが、追跡調査なら可能だと思いませなんか?とてもモテモテの女性に何年か付きまとっていたらテレゴニー遺伝発見!なんていうスクープが撮れるかもですが、タブーですか?

このように、女性の過去の男性遍歴を表すようなテレゴニー(先夫遺伝)だからタブー視されてきたのではないでしょうか。

また、こちらは研究ではありませんが、人間の胎児のDNAが母親の体内に残り、それが年下の兄弟にも入ることが判明されたということです。というとは?先ほどのマイクロキメリズムという現象から考えられることです。

 

テレゴニーによる先夫遺伝は実在するかも!

引用: Pixabay

これまでの話を振り返ると、どうもテレゴニー、先夫遺伝は実在しているようです。

人間の本能とも言えるような、男性の処女好きなどもテレゴニー現象だとは?思いませんか?男性は自分の子孫をたくさん残すためにあらゆる女性と性交渉をしたがるという本能があります。

なぜ、このように男性だけはズルい本能があるとは?思いますがタブーらしいです。

テレゴニーとは?中世ヨーロッパの王家でも離婚歴のある女性は嫁に取らないという根拠にされてきた、とは?言われているようです。保守的な男性社会が女性の処女を重んじる価値観はこのテレゴニー(先夫遺伝)のせいかもしれません。

これは、野球界や芸能界でも一騒動ありましが、ことの真相は当人である女性にしか分からない、タブーと言うしかなさそうですね。女性である、奥様たちの過去の男性の存在がチラチラ見え隠れしましたが、結局は離婚という形に落ち着いたようで、真実は謎に包まれました。

でも、今回の話とは?ちょっと耳の痛いテーマだと思っている女性も結構いるのではないでしょうか。タブーにしてほしい話題だと言えそうです。

このテレゴニー(先夫遺伝)が真実だとすると、男性に性的な奉仕をサービスするお仕事をされている女性は、ちょっと考えてしまいますよね。彼女たちもいずれは愛する男性の子ども、愛する男性によく似た子どもが欲しくなる日が来ます。

その時になって初めてテレゴニー(先夫遺伝)のことを知ったら、どうでしょう。悔やんでも悔やみきれません。過去の男性遍歴に涙する日がくるかもしれません。

一般的に女性が生涯、過去の男性が一人だとは?限らないでしょう。一体、誰に似るの?とは?悩んでしまうかもですが、タブーにしておく必要があります。

逆に考えると、あちらこちらで子孫繁栄に励んでいる男性は、過去の男性としても女性の体内にテレゴニー(先夫遺伝)を残してくるわけですよね。街を歩いていたら、自分にそっくりな子どもと出会う可能性もあるわけです。そんな時は、声を掛けてあげましょう、「やぁ、俺のテレゴニー!」ってね、タブーしてはいけません。

引用: Pixabay

色々見てきましたが、どうもテレゴニー(先夫遺伝)とは女性にとって都合の悪い遺伝のように思えるのですが、どうでしょう。

先ほども述べたように、性交渉関係のお仕事をされている方には不都合なテレゴニー(先夫遺伝)だとは?思いませんか?

できれば、この真実を知った機会に性交渉関係のお仕事とは?引退していただければ幸いですが、タブーですか?

また、レイプなどで辛い経験をされてしまった女性には悲しいテレゴニー(先夫遺伝)があるかもしれません。でも、大丈夫です、女性のほとんどの人が過去の男性とは?テレゴニー(先夫遺伝)がありますから、あなただけではありません、タブーではありません!

実際にありそうな話とは?ごく普通の夫婦の間に生まれた子どもが過去の男性にそっくりだったなんて笑えないこともあるそうですよ。そりゃぁ、旦那さんは奥さんの浮気を疑いますよね。

奥さんは、自分に原因がないのに焦るでしょう。安心してください、過去の男性とのテレゴニー(先夫遺伝)なんです、真実を語ってください、タブーではありません!

テレゴニーが起こるのは性交渉だけではなく、キスをするだけでも唾液から遺伝子が身体に入り込むのだとか。好きな人とキスをするのはお互いの唾液の中のバクテリアを交換するためだという定説があるのだそうです。なるほど、と唸ってしまいます。

それなら、素敵な男性の子どもが欲しいけど、性交渉まではできないという女性はキスだけでもおねだりしてみてはいかがでしょうか!濃厚なディープキスで彼のバクテリアを吸収しちゃいましょう。真実で迫りましょう!

引用: Pixabay

不便なようで便利なテレゴニー(先夫遺伝)とは?ほかにはどんなことに関係しているのでしょうか。

意外なことに、動物の繁殖に関係しているのです。犬には血統書というものがあります。犬も人間同様、雑種の子どもを生んだメスはその後、純血種と交配しても雑種の血が混ざってしまうらしいと言われているそうです。犬の世界も厳しいのです。

つまり、純血種のメス犬が雑種犬と別れた後に純血種の秋田犬との間の子どもが生まれても、その子ども犬は純血種とは扱ってくれないということですね。過去の男性、雑種犬との交尾のために子ども犬は血統書は貰えないことになります。そのため、犬のブリーダーの間ではテレゴニー(先夫遺伝)が重視されているようです。

いかがでしたか、テレゴニー(先夫遺伝)のタブー視、真実には迫れましたでしょうか?

テレゴニー(先夫遺伝)とは?メカニズムを説明するにはまだまだ足りてないのですが、そのためには、かなりのハイレベルな科学知識が必要なようです。科学的には説明できませんでしたが、心理的にはご理解いただけましたでしょうか?

現在の考え方とは?テレゴニー(先夫遺伝)とは?隔世遺伝を発見出来なかった当時の迷信だというのが一般的な考え方のようです。

今回のテーマ、テレゴニー(先夫遺伝)の恐ろしい真実とは?過去の男性遍歴が多いモテモテの女性にはキツイ話題だったかもしれませんが、それだけあなたが魅力的な女性だということではないでしょうか?

人気の記事