いちご鼻の治し方10選!綿棒・ニベア・ワセリンの効果的な使い方!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

いちご鼻に悩んでいる人必見!

引用: Pixabay

今回紹介するいちご鼻とは、鼻の毛穴が黒ずんでいちごのようにブツブツして見えることを言います。

実は、いちご鼻を気にしている女性も少なくありません。普段からスキンケアには気を使っているつもりでも、少しケアの仕方が間違っていたり治し方が正しくないと、いちご鼻になってしまったり悪化させてしまうこともあります。

普段は化粧で隠すことが出来ても、毛穴にパウダーなどが詰まって悪化してしまったら悪循環ですよね。そんないちご鼻に悩む方のために、ケアや治し方だけでなく、そもそもなぜいちご鼻になってしまうのか原因なども解説しながら紹介していきたいと思います!

 

いちご鼻は治せる?


引用: Pixabay

そもそもいちご鼻にはなぜなるのでしょうか。いちご鼻とは簡単に言うと角栓の詰まりが原因です。

過剰に分泌された古い角質や皮脂を角栓と言います。それらをしっかりとケアして取り除いてあげないと、毛穴が詰まり、次第にそれが酸化することで黒くなってしまうのです。

鼻周りは特に皮脂の分泌が多いと言われています。そのため、先程挙げた角栓の詰まりが起きやすいのです。しかし、皮脂の分泌量が多い人だけがいちご鼻に悩んでいるかと言えば、そうではありません。

角栓が詰まる原因は、皮脂の分泌が多いだけではなく、メイクなどをしっかり落とさないだけでもいちご鼻の原因になることもあります。今日はもう疲れたし1日くらい落とさなくても大丈夫かな、と高を括っていると危険です。その1回の手抜きがいちご鼻の原因になってしまうなんてもったいないですよね。

また、少しいちご鼻になった時に多くの人がやりがちなNGケアの代表として、自分で毛穴の角栓を無理矢理取るという行為が挙げられます。これは正しい治し方でもケアでもありません。必要以上にやるとかえって肌を刺激してしまい、いちご鼻を悪化させる危険性があります。そして無理に毛穴を広げているので、そこから雑菌などが入ってしまうと、これもまたいちご鼻を悪化させてしまいます。

色々なケア法や治し方が紹介されていたり、グッズが売られていますが正しいケア、治し方をしないといちご鼻を悪化させてしまいます。

そのために、今回は自宅にあるようなニベアクリームやワセリン、綿棒を使ったような簡単に出来る正しいいちご鼻の治し方とケア法をご紹介していきます。

 

いちご鼻の治し方10選!①

まずは、いちご鼻の正しい治し方とケア法を5つ紹介していきます。

 

①しっかりクレイジングする


引用: Pixabay

いちご鼻の大きな原因は、毛穴に詰まった角栓の酸化です。まず、メイクをその日のうちにしっかりと落とすことは必須です。メイク汚れなどが毛穴に残って詰まってしまうと、いちご鼻の原因にもなりますし、悪化させてしまうこともあります。

寝る前やお風呂の時に、メイクを落とすことはもちろん、毛穴汚れもケア出来るようなクレイジングを選ぶことをおすすめします。市販のドラッグストアなどで簡単に買えるプチプラなクレイジングでも、毛穴ケアに好評のあるものはいくつもあります。

自分の肌質とも相談しながら、一度毛穴ケアを重視した自分好みのクレイジングを試してみて下さい。

 

②正しく洗顔する

Array

引用: Pixabay

2つ目に紹介するいちご鼻の治し方は、正しく洗顔することです。顔の中でも、Tゾーンは皮脂の分泌が多いです。さらに鼻は立体的で凹凸もあるので、皮脂が溜まりやすいうえに、意識していないと洗顔などがしっかり行き届いていない可能性も高い箇所になります。そのため、しっかりとケアをしていないといちご鼻のようになってしまうのです。

まず、正しい洗顔とは何かを紹介していきます。

・朝晩の2回行う

・適量を手に取って、しっかりと泡立ててから肌につける

・泡立てた泡で摩擦が少なくなるように優しく洗う

・黒ずみやくすみになってしまうので、すすぎ残しはないようにする

・肌の負担にならないために、手際よく行う

・刺激が強すぎないように、ぬるま湯で洗い流す

・洗顔後の水分はタオルで軽くおさえる程度に拭く

いちご鼻ケアかつ効率的に綺麗にする治し方として正しい洗顔を紹介しました。基本的なスキンケアではありますが、毎日繰り返しやっていると、ついつい雑になってしまいますよね。皮脂の分泌などを抑えることは難しいので、1日の始まりと終わりにしっかりとその日の汚れは落としてしまいましょう。

熱いお湯で洗い流したり、ゴシゴシ洗顔をしたりタオルをこすることはいちご鼻以外にもシワやシミの原因にもなってしまうので、気を付けて洗顔してみて下さい。

 

③毛穴ケアも出来る化粧水を使う

引用: Pixabay

洗顔やクレイジングでいちご鼻ケアを徹底することはとても大事です。せっかくならもっと効果的にケアしたいという方向きなのが、ケア後の化粧水もいちご鼻を考えたコスメにするということです。毛穴ケアで毛穴を開いて角栓を取り除き肌の汚れを落とした後は、肌に潤いを与えて、しっかりと毛穴を閉じてあげることが重要です。

また、毛穴ケアでいちご鼻を改善する治し方だけでなく、ビタミンC配合の化粧水を使うことで普段の肌の皮脂分泌量も抑えることが出来るので、一石二鳥ですよね!

お風呂でしっかりと毛穴ケアをした後は、肌を瞬時に引き締めていちご鼻を目立たなくし、次のスキンケアのステップである美容液や乳液も効果的に使えるように、化粧水を活用することがとてもおすすめです。

 

④毛穴パックを使う

Array

 

この投稿をInstagramで見る

 

すながわせーら@YouTube始めたよ💋さん(@sera_sunagawa)がシェアした投稿

4つ目に紹介するいちご鼻のケアかつ治し方は、毛穴パックを使うことです。毛穴パックを使うことは、いちご鼻ケアに逆効果なんじゃないの?と思った方もいるかもしれません。

比較的SNS上で話題になっている毛穴ケアとしての毛穴パックは、粘着性のもので角栓をベリベリっと剥がすことが出来ます。ごっそりと角栓が取れる気持ちよさが話題になり、ハマる人も多くいます。

しかし、パックが乾くまで待ったり、肌から無理矢理剥がすことは確かにいちご鼻にも大きく負担をかけますし、悪化させてしまうこともあります。そのため、使い方は守り、ケア後はしっかりと保湿することを怠らないようにすることはポイントです。使用頻度とケア後の保湿は必須です。普段よりも入念に行いましょう。

また、粘着性のもので剥がすのは刺激が強そうで使うのに抵抗がある方には、洗い流すタイプの毛穴パックをおすすめします。洗い流すタイプの毛穴ケアは、粘着性のものより刺激が弱く、毛穴の汚れや殺菌作用に効果があると言われているので、とてもおすすめです。

近頃話題になっている炭酸パックのような毛穴ケアも、毛穴に入り込んで、炭酸が発砲して汚れを取ってくれるので試す価値が大いにありそうです。

 

⑤ピーリングする

引用: Pixabay

ピーリングによって肌を整えることで、毛穴の詰まり取れていちご鼻ケアが出来るだけでなく、顔色も明るく見え、普段のスキンケアの浸透力も上がります。ピーリングは、毛穴ケア用品でももちろん出来ます。今回は普段使っているような乳液でも出来る乳液ピーリングのやり方を紹介します。

・鎖骨を刺激しリンパの流れを促す。

→血行促進効果を上げます。

・肌を覆うマスクのように乳液を顔全体に塗る

→日焼けなどをした場所には特に重点的に!

・蒸気で蒸らしながら行う

→湯舟に浸かったり、お湯を入れた洗面器の上などでやりましょう。

・乳液が透明になるくらいまで浸透させる

・蒸しタオルで肌をほぐす

・蒸しタオルを使って、乳液をそっと拭う

以上のやり方が、くすみなどのスキンケアかついちご鼻ケアにもなるピーリングの治し方です。普段よりも少し丁寧にケアするだけで、簡単に自宅で出来るのでおすすめです。

 

いちご鼻の治し方10選!②

引き続き、いちご鼻のケアと効果的な治し方を5つ紹介していきます。

 

⑥ニベアクリームを使う

 

この投稿をInstagramで見る

 

S A K Iさん(@ksgsk_22)がシェアした投稿

少し前からかなり話題となっているニベアクリームを使ったいちご鼻の治し方とケア方法を紹介します。ニベアの青缶は、特別に毛穴やいちご鼻ケアに特化しているアイテムではありませんが、その高い保湿力が効果を発揮し、結果的にいちご鼻をケアしてくれます。

簡単に出来るニベアパックを紹介します。

・まず鼻を覆える程度の大きさに切ったラップを用意します。

・お風呂で洗顔を済ませ、肌を清潔な状態にします。

・ニベアクリームを鼻にたっぷりと、しっかり塗ります。

・ニベアクリームを塗ったところにラップを貼って10分程度放置します。

・ラップを剥がして洗顔し、入浴後は入念に保湿します。

ラップとニベアクリームさえあれば簡単に家で出来るいちご鼻ケアを紹介しました。ポイントは入浴時に行うことです。入浴時にニベアパックでケアすることで、血行が促進されます。そのため毛穴が広がり、いちご鼻の原因となる汚れも落ちやすいのです。また、ニベアクリームを使ったいちご鼻ケアのおすすめの頻度は1週間に1度です。

効果的なニベアクリームパックですが、やりすぎてしまうと刺激が強いので気を付けて下さいね。

 

⑦ワセリンを使う

引用: Pixabay

続いて紹介する、いちご鼻の治し方はワセリンを使用したやり方です。ワセリンを使うことで、第一に肌に水分を閉じ込め乾燥から防ぐことが出来ます。

メイクや汚れをしっかりとクレイジングで落とし、洗顔して化粧水をつけてしっかりと水分を肌に与えます。そのあとにワセリンをいちご鼻など気になる箇所に塗ります。先ほどのニベアクリームのように、厚く塗ってパックします。

あとは少し放置した後に洗い流すことで完了します。ワセリンは肌の皮脂を混ざりやすい上に、角質の余分な油分なども落としてくれるので、乾燥を防ぎながらいちご鼻のケアが出来るのです。

ここで、ワセリンパックを使ったいちご鼻の治し方の注意点も紹介します。まず、ワセリンを塗る前にしっかりと洗顔などで肌の汚れを取っておくことです。肌を清潔な状態にしていたほうが効果的にケアが出来ます。

また、夜ではなく朝や昼にワセリンを使ったケアをしてしまうと、日光を浴びて「油焼け」という軽度のやけどのような症状が出て、将来シミの原因などにもなりかねませんので、注意して下さい。

また、ワセリンを塗って洗い流す際に軽く綿棒などで気になるいちご鼻の部分を、円を描くように軽くマッサージしてあげると、綿棒でワセリンがなじみ、より効果的に使うことが出来るので、時間がある日などは綿棒も使ってケアしてみて下さいね。

 

⑧美顔器を使う

引用: Pixabay

美顔器にもタイプが色々あります。その中でも、いちご鼻のケアにおすすめなのがスチーム型、レーザー型、超音波型、イオン型です。

超音波型は、開き毛穴やたるみ毛穴を改善してくれます。毛穴の引き締め効果でいちご鼻ケアをしたい方におすすめです。イオン型は毛穴の黒ずみなどをケアしてくれます。レーザー型やスチーム型も同様の効果が期待出来ます。

最近では色々な効果が期待出来る美顔器も多いので、いちご鼻ケア以外にも効果を得たいものを選んで、自分に合ったものを使用するといいかもしれません。

 

⑨エステに行く

引用: Pixabay

今まで紹介してきた簡単にセルフで出来るいちご鼻に比べると、少し時間とお金のかかるケアになります。しかし、続けて行くことで次第に効果を得ることが出来ますし、自分でやっていても正しいケア法がいまいち分からなくて不安な方などが、一度エステを訪れてみるのも良いかもしれません。

自分の肌の毛穴の悩みに一番効果的で的確な処置をしてくれるでしょう。また、自分で無理な力を加えていちご鼻を悪化させてしまう、といった心配もないので、少し相談してみるくらいの心持ちでエステで話を聞いてみるとより早くいちご鼻をケアすることが出来るかもしれません。

 

⑩皮膚科に行く

引用: Pixabay

最後に紹介するいちご鼻のケア法も先ほど紹介したエステ訪問と似ていますが、皮膚科に行って治療してもらう方法もあります。皮膚科で治療してもらうのは、主にレーザー治療が多いです。

今まで紹介してきた、皮脂分泌などによる毛穴の詰まりというよりも、メラニン色素の沈着によっていちご鼻に見えてしまう方におすすめです。

色素沈着というのは時間が経つほど自分では治しづらくなってしまうので、気になる方は一度皮膚科に行って、皮膚科医の先生に診てもらうのも良いかもしれません。

 

いちご鼻を改善しよう!

引用: Pixabay

いかがでしたか?今回は、セルフで簡単に出来るいちご鼻のケア法を紹介してきました。普段のスキンケアにひと手間加えたり、ニベアやワセリンや綿棒を使った市販で出来るセルフケアまで、やり方は様々です。特に、ニベアクリームやワセリンを使ったケア法は、毛穴だけでなく普段の肌にも使えるので一石二鳥ですよね。

ニベアクリームやワセリン、スキンケアなど様々ないちご鼻のケア法の中で、自分に合ったものを選んで試してみて下さい。もちろん、あまりにも改善されなかったり困った場合は、早いうちに皮膚科などに行って専門の先生に診てもらうことも大事なので、無理のない範囲でいちご鼻をケアしてみましょう!

人気の記事