告白の保留期間はどれくらいまで有効なの?返事や連絡のコツまとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

告白の保留期間はどれくらい?

引用: Pixabay

いきなりですが、皆さんある日突然、知り合いや友人から、『好きだから、付き合ってほしい』と、告白されたらどうしますか?

好きな人からの告白でしたら、ほとんどの人は受け入れるでしょう。

しかし、好きな人からの告白で受け入れたくてもどういう返事をしたらいいか迷う時あると思います。

例えば、仕事がやプライベートが本当に忙しくて恋愛を考えている余裕がないタイミングであったり、思いもよらない相手からの突然の告白にビックリしてゆっくり考えたいと思ったりしますよね。

もしくは、告白を受け入れたいけど、今は他に付き合っている人がいるから保留にしている間に別れる時間が欲しい。という考えや将来の結婚を意識するからこそ、告白を受け入れるかを慎重になったり、告白をすぐに受け入れて”軽い”と思われたくないなど、今すぐに告白の返事をしないのはこのような理由から返事を保留にする人も多いようです。

引用: Pixabay

一方、好きな人ではない人から告白されてすぐに受け入れる気持ちを伝えられない、もしくは断るつもりで保留にする場合は以下のようなパターンがあります。

告白されたことをきっかけに、今まで全く意識していなかった人が初めて恋愛対象として相手のことが気になり始めて自分も相手のことが好き、もしくは付き合ってみたいと気持ちが傾くきっかけになったりするでしょう。

もしくは、相手の今までの価値観や行動を今一度よく考えて、自分と実際に付き合ってからの生活は上手くいくのだろうかなど未来をイメージしたりして徐々に気持ちを整理する場合もあります。

これはどちらも、現状を冷静に判断するために保留したい気持ちです。なので、告白を保留したいと考える人も今後のお付き合いを具体的にイメージ出来れば、気持ちの変化が起きて告白を受け入れ、付き合うパターンもあるようです。

あるいは、告白を断るつもりであるけれども、仕事関係だったりいまの立場、相手との性格や関係性にもあるかと思いますが今後の人間関係を考えてすぐに断りの返事をするのは相手を傷つけてしまうのではないかと思い、保留にするケースもあります。

この他にも、告白に対して断りの返事をすぐにすることは、相手に対して失礼と思い、深く考えた上での断りの返事です。

というニュアンスになるように、あえて告白を保留する・先延ばしにしようとするケースもあるでしょう。

このように、相手からの告白を受け入れようが、断ろうが、返事の保留期間を設ける理由は様々にあります。

 

告白の保留期間の平均は?

引用: Pixabay

さきほど告白の保留期間の理由は様々だとご紹介しました。

とは言ってもやはり、保留したいを選んだ人はどれくらいの保留期間を経て返事をしているのか、告白の保留期間の平均はどれくらいなのか気になると思います。

告白の保留期間の平均をまとめましたのでご紹介します。

もちろん、あなたと相手との関係性や性格などで大きく影響しますので一般的な平均期間としてご覧ください。

 

【~1週間】 


引用: Pixabay

告白の保留期間の平均は1週間前後と言われています。

それ以上先延ばしにしたりすると、相手から『脈なし』『遊ばれているのかな』と思われてしまいます。

個人差はありますが、告白の返事をする時、一定の平均リミットとして1週間以内にするように頭に置いておくと良いでしょう。

1週間以内が相手が脈あり・なしを判断する1つのターニングポイントになります。

 

【~3日以内】


引用: Pixabay

平均の1週間より早い3日以内という期間ですが、告白をされた側からすると保留されている間に不安と期待が入り混じってストレスを感じでしょう。

人によっては、恋愛に時間をかける余裕がない人もいるため保留をするならできるだけ早めの3日以内にして欲しいとなります。

 

【1か月以内】

Array

引用: Pixabay

本当に告白の有効な保留期間の平均は最大で【1ヶ月】までとなります。

ただし、これは相手に告白の返事をもう少し待って欲しいなど何かしらの連絡を取っている場合になります。

なにも連絡なしで1ヶ月間過ぎてしまうと相手は、いつ返事もらえるのかと気持ちも不安定になり困らせてしまいます。

もし、あなたが1か月以上告白の返事を保留した場合『告白をしたけど全く返事がないから諦める。』という決断をする人が多いです。

なのであなたが、1ヶ月以上経って、ようやく告白を受け入れる準備が出来ても相手があなたのことは脈なしだと諦めてしまい、ほかの人に目を向けてしまう可能性が高いです。

ただし、相手によっては『1ヶ月以上であっても全然余裕で待てる』という人もいると思いますが、相手の気持ちを考え、そして自分自身にも1つの区切りをつけるためも告白の返事は遅くても1ヶ月以内にするのがベターです。

もし、1か月以上告白を保留しなければいけない事情がある場合は、相手に事情を説明しておき、返事に時間がかかる事に理解を得てもらうなど、誠実な対応をしましょう。

この時『○○日までに返事をする』など明確な期限を伝えてあげると相手も気持ちも、『それまでなら待ってみよう』と了解を得てくれる場合があります。

この場合は、あなたが相手の告白に前向きな気持ちである時に伝えると良いでしょう。

断る予定であれば、相手を期待するだけ期待させてしまうので1週間以内に断りの返事をしましょう。

ただし、明確な理由が有る無しに関わらず返事の先延ばしがないように行動しましょう。

 

告白の返事のコツを紹介!

引用: Pixabay

今すぐに告白の返事ができないから一旦保留したい。

でも、相手になんて言っていいか分からない時もあるかと思います。この告白の返事のコツは相手の気持ちに納得してもらう言葉選びになります。

とは言っても、なんて返事をしたらいいか困った時は下記の言葉を参考にしてください。

 

『告白してくれてありがとう』

引用: Pixabay

告白とは、とても勇気を出してあなたに告白してくれたことですので、まずは告白してくれたことに感謝の気持ちを伝えましょう。

告白を前向きに捉える、捉えないに関わらず、必ず感謝の言葉は伝えましょう。

『あなたのことをもっとよく知りたい』この言葉は告白してくれた相手に、前向きな答えを考えていて、もう少し付き合うかはよく考えたいときにお勧めです。

この言葉を受けた相手も、あなたの好意を前向きに捉えてくれ、真剣に考えてくれていると思うでしょう。

相手のことをよく知りたいから、あなたからデートに誘って付き合った後のことをイメージするのも良いでしょう。

 

『前の人が忘れられないから少し時間が欲しい』

Array

引用: Pixabay

過去の恋愛で忘れられない人がいるから、一旦保留にしたいポイントは、自分自身の気持ちに整理ができていないから、現在付き合えないという気持ちを伝えることです。

これも相手に好意的な気持ちがある場合に使うのが良いでしょう。

相手も『あなたの気持ちが整理ができるまで待ってみよう』という気持ちになります。

ただし、いつまで、という期限が明確にわからないため、相手を不安にさせてしまう可能性が高いです。

なので、1か月までなど具体的な期限を伝え、前の人を乗り越えられるようにあなた自信が自主的に行動してみると相手も安心できるでしょう。

 

『今は仕事・プライベートが忙しいから』

引用: Pixabay

相手の返事に前向き、前向きではないに関わらず一番告白を保留したい時の返事として無難な答え方です。

相手も仕事やプライベートが忙しいから恋愛する余裕がないとわかれば、納得してくれる人も多いでしょう。

ただし、友人からあなたがあまり忙しい感じではない様子の話が回ってきたりSNSで遊んでいる様子をずっとアップしているなど『忙しいのはウソだったのか』と不信感を持たれてしまうので、タイミングを見てこの返事を使ってみてください。

 

告白の連絡のコツを紹介!

引用: Pixabay

告白されて、少し保留してゆっくり考えたい時、あなたがどういう告白をされたかにもよるかと思いますがどういう連絡で伝えたらいいか迷うでしょう。

実際、相手に直接返事をするタイミングが合わなかったり人によっては話して気持ちを伝えるのが難しい場合などあります。

返事をするのに大事なのは、あなたの言葉で相手の心に納得してもらえるように伝えることです。

ここでは返事の連絡の方法について、ライン・電話・直接に分けてご紹介します。

 

ラインで告白の返事をする

引用: PAKUTASO

最近では携帯・スマホユーザーのほとんどの人が使っているラインで告白の返事連絡をするのも良いでしょう。

あなたや相手の仕事やプライベートの時間を調節したり、忙しい時でも直接会わずに伝えることができるため相手にも負荷がなく、もっともお手軽で伝えやすいでしょう。

もし、あなたが告白してきた人とラインをする関係でなかなか直接会うのが難しい場合、ラインで連絡するのもいいでしょう.

ただしラインで連絡するのは、ある程度仲の良い人など友人関係の相手での連絡をオススメします。

仕事関係など少し距離のある人だと、ラインではいつでもお手軽に連絡できる分相手から『告白を軽く思われているのか』と判断されてしまいます。

相手との関係性に応じて、連絡方法を選ぶのがベターです。

また、ラインで連絡するときは、お昼~20時までなど常識的な時間に連絡しましょう。

どうしても直接会って言葉で伝えるより文章で伝える分、誤解も生じやすいので、内容は告白をしてくれた感謝の気持ちと一旦考えたい気持ちをシンプルな言葉で伝えましょう。

 

電話で告白の返事をする

引用: Pixabay

ラインなどの文章で伝えるのに不安がある人は電話での返事をすると良いでしょう。

電話で話す時、何て返事をしようか言葉に詰まったりしないか心配な人はあらかじめ要点をメモで書いて用意しておくと冷静に気持ちを話せるのでオススメです。

電話をする場所は、相手の声をしっかり聞き取れるように、周りが静かな場所を選びましょう。

また相手に『何時に電話して良いか?』と事前に確認してから電話をかけましょう。

実際に電話した時、あなたからの告白を保留したいという言葉に、相手から『どうして?』と万が一、感情的に問われるかも知れません。

ポイントは相手に納得してもらうように、冷静に『ゆっくり考える時間が欲しい』と伝えましょう。

 

直接で告白の返事をする

引用: Pixabay

告白された時、直接相手と会って告白された人も多いでしょう。

そういう時はもし可能であれば、直接会って保留の返事をするのがベストです。ただし、保留の返事を伝える場所は、2人きりで会うのは避けたほうがいいでしょう。

2人きりで会おうとなると、相手は告白を受け入れてくれるのかなと期待してしまうからです。もし、告白を受け入れる可能性が低い場合は特に、2人きりで会うより、カフェなどの周りに人がいる場所をオススメします。

 

告白の返事を先延ばしにするのはやめよう!

引用: Pixabay

いかがでしたでしょうか?

告白をしてくれて、保留期間を設けるのも相手や自分の気持ちを見つめ直す良いきっかけになるでしょう。

しかし、告白をしてくれた相手は勇気を出してあなたに告白をしてくれたので、その気持ちに対して誠実に接する気持ちを忘れずにいましょう。

もし、保留期間を設けるのであれば、相手に保留にした旨をきちんと伝えて1週間以内を目安に返事をするのが良いでしょう。

その時、告白を保留にする理由は様々であっても絶対に先延ばしにするのはやめて、1日でも早く必ず早め早めに返事をしましょう。

なぜなら先延ばしにされると相手にとっては告白を保留されている期間というのは不安と期待で気持ちも不安定になります。

あなたとどう接していいかわからないですし、次の恋愛の進んでいいかわからなくなってしまいます。もしかしたら、『遊ばれているのかな』『適当に扱われているのかな』など相手からの印象も悪くなってしまいます。

また、あなたにとって相手が、どうでもいいと思っている人や嫌いな人であっても告白の保留期間中に相手が『付き合えるのかな?』と期待だけをさせてしまうような

曖昧な行動や言葉をかけたり、そもそも相手からの告白を冗談で受け流したり、それをネタにして周りに言いふらしたりなど、相手のプライドを傷つけるようなことも絶対にしてはいけません。

相手を怒らせてしまったり、あなたがきっかけとなって、二度と立ち直れないくらい傷ついてしまう可能性もあります。

告白してきてくれた相手が仕事仲間であれ、友達であれやはり、気持ちよく接したいですし、これからもいい人間関係を築いていけるのがお互いにも良いはずです。

告白を受け入れる、断るに関わらずまずは告白してくれたことに感謝の気持ちと誠実な対応で必ず早めに返事をしましょう。

みなさんのより良い恋愛を応援しています。

人気の記事