こめかみを押すと痛い原因がヤバい!左右どちらが痛むかで違う?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

こめかみを押すと痛い!

引用: Pixabay

こめかみを押すときに痛みを感じてしまうと、なにか病気にでもなったのではないかと不安に感じてしまいますよね。

特にこめかみは頭痛などの痛みも感じやすい場所です。こめかみを押すと痛いとき、どのような原因が考えられるでしょうか?左右によって違うのでしょうか?まとめてみました。

 

こめかみの左右の痛みによって違う?

こめかみを押すと痛い場合、さまざまな理由が考えられます。

ですが、実はこめかみを押して痛い場所が左側か右側かによって、痛みの原因が違う可能性もあります。そこにはどんな差が生まれる可能性があるでしょうか。ここから先の項目でまとめていきます。

 

こめかみを押すと痛い原因は?

引用: Pixabay

こめかみを押すと痛い原因は、多種多様です。

こめかみを押すと痛い原因として、眼精疲労やストレス、睡眠不足といった日常生活からくるものから、片頭痛や蓄膿症などの病院に行った方がいいことなどが原因の可能性があります。

 

【こめかみを押すと痛い原因①】眼精疲労がたまっている



引用: Pixabay

こめかみを押すと痛い原因の一つとして、眼精疲労の可能性があげられます。

どういうことかというと、こめかみ部分に集まっている神経は目から入ってきた情報を処理し、脳に伝えるという重要な役割を果たしています。そのため眼精疲労がたまると連動して、こめかみを押すと痛い、という状況を作り出してしまうのです。

神経が常に緊張状態になってしまいやすく、血流に影響がでてしまいやすいです。その結果、こめかみを押すと痛い、となってしまうのです。

特に最近では、パソコンやスマートフォンといった電子機器の仕様を続けることで、眼精疲労がたまってしまいます。さらにその操作に集中してしまい、まばたきが減りやすくなりますので、こめかみ周辺の血行不良状態を生み出しやすくなります。

またパソコンやスマートフォンを見ていると、目がとても疲れやすいと思いませんか?それはパソコンやスマートフォンから出ているブルーライトが原因です。そもそもブルーライトというのは、可視化できる光線の中で、一番光量の強いものです。

厚生労働省のマニュアルでも1時間パソコンやスマートフォンなどのデジタルディスプレイを見て作業をした際は、15分ほどの休憩を取ることを推奨しているくらいです。

そのため、パソコンやスマートフォンで操作する場合、十分に注意して、作業などを進めてください。

 

【こめかみを押すと痛い原因②】神経痛

引用: Pixabay

こめかみを押すと痛い原因は神経痛の可能性も考えられます。

たとえば加齢などを原因として、脳に流れている血管が動脈硬化したり、劣化を起こしてしまうこともあり、顔の神経を圧迫し、痛みを生じてくることもあるそうです。

実はこめかみを押すと痛い原因には、直接関係なさそうな首の痛みからくるものもあります。リウマチにより頸椎がゆがんでしまったり、ストレートネックや頭を下に下げたままの姿勢を取り続けたりすることによって、こめかみを押すと痛い原因になったり、顔に起こる神経痛の原因になったりします。

その中でも上部頸椎から異常が来る可能性もあります。上部頸椎とは、首の骨の中でも頭蓋骨に近い骨のことです。ここに異常が出た場合、こめかみを押すと痛い原因になる頭痛のほかに耳鳴り、首痛、肩こり、腰痛などを伴うことがあります。こうした上部頸椎の歪みは、歪みを矯正してしまうと、すぐに痛みが消えることがあるということです。

特に神経については、ストレスから痛みが生まれてくる場合もあります。ストレスを受けることによって自律神経が乱れると、血管が収縮することも。結果的に血流が滞り、神経痛を起こしてしまう原因にもなります。

ストレスやコリからこめかみを押すと痛い原因になる場合もあります。そのため、神経痛やストレスなど、大きくならないように気をつけ、こめかみを押すと痛い原因は少なくできるようにするにしましょう。

 

【こめかみを押すと痛い原因③】頭痛がする


引用: Pixabay

頭痛にも場所や原因が多数存在しています。その中でもこめかみを押すと痛い原因になりうるものがいくつかあります。

こめかみを押すと痛い、こめかみのあたりがずきずきと痛む、そんな場合、考えられる原因として片頭痛があります。こめかみの部分の血管が広がることで、その周辺の神経が押され、圧迫されることが原因で起きる頭痛です。主に頭の片側だけで起きやすいタイプの頭痛ですが、場合によっては両側が痛む場合もあります。

その片頭痛を起こす原因には、季節の変わり目であったり、温度の変化が大きい場合、天候の変化などが考えられます。そしてそのとき、こめかみを押すと痛いと感じる可能性が高いです。

また心身のストレスから解放されたタイミングで急に血管が拡張することもあり、ストレスを感じられないときにこそ、片頭痛が起きることもあります。

緊張性頭痛の場合、たいていは頭の横の筋肉だったり、肩や首などの筋肉が緊張することで起き、こめかみのあたりが押すとズキズキと痛むようになります。 肩や首などの筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

こめかみを押すと痛い原因となる緊張性頭痛を起こす原因は、精神的ストレスや身体的ストレスからくることが多いです。また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる緊張性頭痛の場合もあり、また片頭痛を併せ持つ人もいます。

それだけこめかみが押すと痛いと感じてしまう原因になりうるものには、頭痛が大きな原因となりえるのです。特に右側のこめかみが押すと痛い場合には片頭痛の可能性が高いです。

左側の場合にも片頭痛などの可能性も考えられますが蓄膿症など、また違う病気の可能性も考えられます。

 

【こめかみを押すと痛い原因④】顎関節症を患っている

引用: Pixabay

こめかみとあごはつながっています。

そのことから起因して、こめかみを押すと痛いという感覚になる場合もあります。顎関節症はあごの筋肉の緊張からきている場合もあり、顎関節症が原因で、こめかみを押すと痛い状況になっている可能性もあります。

あなたはあごの噛み合わせに問題はないですか?変に歯を食いしばってしまうことはありませんか?そのようにあごの筋肉を間違った形で負荷をかけ続けるとそれが原因で頭痛をひこ起こしたりする場合もあります。その場合、こめかみを押すと痛い原因となります。

そもそも顎関節症というのは、顎の関節の周りで何らかの要因で痛みや口が開かないなど機能低下を起こすことを言います。

もし顎関節症が悪化してしまった場合、口があがなくなったり、顎に痛みやしびれがあるなどの症状が起こり、日常生活にも支障をきたします。

また、顎関節症が原因で肩こりや頭痛・食欲不振など 全身の症状も出てくる場合も少なくありません。特にこめかみを押すと痛いと感じるような頭痛が起きることも多いです。

 

【こめかみを押すと痛い原因⑤】血行不良による痛み

引用: Pixabay

側頭部からこめかみにかけては、多くの重要な神経細胞(三叉神経)が通っているため、血流が滞ってしまいやすい場所になります。そのためここの血流が滞ると、こめかみを押すと痛いと感じるほどの血行不良となります。

それにより、先に挙げてきたような頭痛などの要因を生み出し、血行不良となり、頭痛やこめかみを押すと痛いと感じる原因を生み出しています。セルフマッサージなどで改善できる可能性の高い原因です。

マッサージ方法などは動画などで検索してみてください。

 

こめかみが痛い時の対処法を紹介!

引用: Pixabay

ここまでで、こめかみを押すと痛い原因をいくつか挙げてきました。

あてはまるものや、過去に感じてきたものはありましたか?次はもしこめかみを押すと痛くなってきてしまった場合の対処法をご紹介していきます。

こめかみを押すと痛いなと感じた際に、ぜひ試してみてくださいね。

 

【こめかみを押すと痛いときの対処法①】セルフマッサージを行う

引用: Pixabay

こめかみを押すと痛い場合、多いのは、血行不良などによる頭痛などです。

そのため、こめかみを押すと痛いと感じたら、セルフマッサージを行うことをおすすめします。こめかみを押すと痛い感じた時にすぐにできる簡単な方法になりますので、実践してみてくださいね。

方法など気になる場合は、動画などでセルフマッサージの方法を検索してみてください。

こめかみを押すと痛いと感じた時に、そのときにいる場所を気にせず、セルフマッサージはすることができ、リフレッシュにもなるのでおすすめの方法です。まずは痛いと感じたときはすぐに試してみましょう。

 

【こめかみを押すと痛いときの対処法②】ツボを押す

引用: Pixabay

先ほどまであげてきたように、こめかみを押すと痛いと感じるときは血行不良などの原因が考えられます。

こめかみまわりを直接セルフマッサージしてしまい、応急処置をしてしまうのも手ですが、こめかみを押すと痛いと感じる原因となりそうな場所のツボを押してしまうのもおすすめです。

結果的にこめかみを押すと痛い場合に、セルフマッサージや動画でケア方法を探し、実践することも効果的ではあると言えます。

しかし応急処置となってしまい、根本の解決には至っていないため、おすすめの方法はこめかみを押すと痛いと感じられるようになった根本の原原因を解決できるツボを押しましょう。

顔には約60のツボが集中しており、その多くがこめかみを押すと痛い原因を根本から軽減できるものになります。例えば肩こりや頭痛などにアプローチできるものや、眼精疲労などを軽減できるものもあります。

そのため、こめかみを押すと痛い原因に根本からアプローチできるツボを探して、試しにどんどん押してみましょう。気づいたらこめかみを押すと痛いと感じにくくなっている可能性も考えられます。

 

【こめかみを押すと痛いときの対処法③】リラックスする

引用: Pixabay

先ほどあげたように、こめかみを押すと痛いと感じる原因の一つがストレスでもあります。

そのため、自分自身がリラックスして、こめかみを押すと痛いと感じる原因の一つのストレスを軽減する方法も効果的であると言えます。

リラックスできる音楽を聴いたり、セルフマッサージ用の動画を探して、動画を見ながらケアしてみたり、お気に入りのお茶を飲んだりすることで気分のリフレッシュもできます。そうしてリラックスできたことで、緊張性頭痛や片頭痛などの、こめかみ部分に痛みを感じやすくなる原因の一つを減らすことができます。

眼精疲労などの場合、ストレスから解放されるために動画を見たりすると、余計に目が疲れ、こめかみを押すと痛いと感じる可能性もあるので、状況によって方法をわけてくださいね。こめかみが痛いと感じるときの原因に合わせ、セルフマッサージがいいのが、ケアの動画を見て応急処置をするのがいいのか、使い分けてください。

寝るや目が疲れたな、と感じるときにはホットのアイマスクなどを試してみていただくと、リラックスしやすいです。セルフマッサージをした後などにはさらに効果的に使用することができます。

 

【こめかみを押すと痛いときの対処法④】冷やす

引用: Pixabay

こめかみを押すと痛いと感じる原因が血管が拡張している場合であれば、こめかみ部分を冷やすこともおすすめの対処方法になります。

そうすることで、拡張した血管の動きを和らげることができるため、冷やすことにより、こめかみを押すと痛いと感じる強さを和らげることが可能です。

痛いと感じる位置に直接アプローチできるため、対処方法の中でもすぐに効果を感じやすいかもしれません。痛いと感じたら、こめかみを冷やしてみてくださいね。

セルフマッサージで痛みをほぐした後にやってあげるとさらに効果的と言えます。

 

こめかみが痛い時は早めの対処を!

引用: Pixabay

こめかみを押すと痛いと感じる場合には、片頭痛、緊張性頭痛、ストレスや眼精疲労など、様々な原因がありましたね。ここまででこめかみを押すと痛いと感じる原因とその対処方法をあげてきました。

何らかの理由でこめかみを押すと痛いと感じた場合は笑える動画などを活用しリラックスしたり、セルフマッサージの動画を探して、動画を見ながらマッサージするなどしてみてください。

それでもよくならない場合は、ほかに痛みの原因があるかもしれません。その場合は、動画などからまねしたセルフマッサージやケアではなく、マッサージのプロの手を借りたりしてみてくださいね。

実際、どうしようもない場合や病気を患っている場合もあるので、おかしいなと感じたら、できるだけ早く病院に行ってください。取り返しのつかなくなる前に早めに対処して、健康的な生活を送りましょう!

人気の記事