リンゼイアンホーカーさん殺害事件の真相!父母・妹など遺族の現在とは

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

リンゼイアンホーカーさん殺害事件とは?

引用: Pixabay

皆さんの中にもまだ、ご記憶の方もいらっしゃることと思います。

リンゼイアンホーカーさん殺害事件は衝撃、壮絶の一言では表せないおぞましい殺人事件でした。事件が起こったのは、今から12年前の2007年3月のことです。

その頃、すでに大人だった人はどうしても、記憶にインプットせざるを得ないほど日本中を震撼させた殺人事件だっのは間違いありません。

リンゼイアンホーカーさん殺害事件のご家族のお気持ちを考えると、いたたまれない気持ちになります。

被害者であるリンゼイさんのご家族、また加害者である市橋達也のご家族、今はどんな思いでいらっしゃるのでしょうか。

その日本中を震撼させた、リンゼイアンホーカーさん殺害事件の真相とは?真実とは?

今回の記事は、リンゼイアンホーカーさん殺害事件の謎と真相を徹底追求していきたいと思います。

 

リンゼイアンホーカーさん殺害事件の真相

 

この投稿をInstagramで見る

 

ののさん(@no_no_0516)がシェアした投稿

そもそも、何故リンゼイアンホーカーさんは殺害されなければならなかったのでしょう。

犯人の市橋達也は何故、リンゼイアンホーカーさんを殺害しなければならなかったのでしょう。事件のありとあらゆる記事を読んでみても、殺害の動機がはっきりと分からないと思いませんか?

最初から殺すつもりだったのでしょうか?強姦するつもりだったのでしょうか?強姦しようとする相手に避妊具を使うでしょうか?拘束するのに浴槽を使うのでしょうか?

謎ばかりが深まります。

リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件は、あまりにも短絡的とも思える市橋達也の心理が理解できないとも言えます。

被害者であるリンゼイさんのご家族は今どんな思いでしょうか。加害者である市橋達也の家族は市橋達也にどのような思いがあるのでしょう。事件は終結したかに思われますが、本当に真相は解明できたのでしょうか?

この記事では、犯人である市橋達也の生い立ちから事件に至るまでの心理を分析しながら、真相に迫ってみたいと思います。

 

市橋達也の生まれ育った環境


引用: Pixabay

犯人である市橋達也は4人家族で、両親と姉が一人います。市橋達也は長男ということになります。

家族4人は、岐阜県羽島市の閑静な住宅街の立派な一軒家で暮らしていたようです。市橋達也の両親は、父親は外科医、母親は歯科医、という両親とも医師、いわゆるエリート家系のようです。

そうなると、当然、世間一般的な考え方としては、長男である市橋達也にも医者の道に進んでほしいと願うのではないでしょうか。

そんなエリート一家で立派な一軒家暮らし、何不自由なく育ったであろう市橋達也はどんな子どもだったのでしょう。市橋達也は、のちにリンゼイアンホーカーさんの似顔絵を描くという行動を起こしますが、小さな頃から絵を見たり描いたりということが好きだったようです。

そして、神経が細かい子だったと母親は話しています。子どもの頃はいい子だったとも言われています。

ところが、こんな一面もあったようで気にはなっていたようです。『ただ、筋を通したがる性格でした。何かおかしいとか、裏切られるようなことがああったりするとると、感情を抑えられなくなることはありました。』

いわゆる、キレる、キレやすいというタイプのようです。

市橋達也の両親は、そんな息子に医者の道は強制はしなかったと言っています。が、子ども心にプレッシャーがなかったと誰が言えるでしょうか。

その後、市橋達也は両親と同じ道を目指しますが、4浪したのち千葉大学園芸学部緑地環境学科に入学します。大学では、植物や公園のデザイン、建築について学んでいました。2005年の3月には卒業しますが、職には就いてなかったようです。

無職で海外の大学院に進学するという市橋達也のために、両親は3LDKのマンションを用意します。しかも、毎月15万円もの仕送りまでしていました。

4浪しているのに、勉強するという名目でマンションを与え、仕送りまでする両親、エリート家系の人の気持ちは理解できません。この両親の子育てには何も問題がなかったのでしょうか。

のちに、英語の勉強をしていると言っても一向に試験に合格しない息子に対して、両親は仕送りを中止、マンションからも退去を命ぜられます。

しかし、この仕送り中止宣告はリンゼイアンホーカーさん殺害事件の直前だったということです。

この怒りの矛先が、リンゼイアンホーカーさん殺害事件の引き金になったような気がしてならないのです。

 

リンゼイアンホーカーさんの経歴


引用: Pixabay

この事件の被害者となられたリンゼイ・アン・ホーカーさんとはどんな女性だったのでしょう。

リンゼイさんはイギリス人でコヴェントリ近郊のブランドン出身、日本では英会話講師をしていました。年齢は当時22歳でお友達と部屋をシェアして暮らしていたようです。

リンゼイさんは、英会話スクールの『NOVA』で講師として働いていました。のちに、市橋達也に巧に騙されて個人的にレッスンを引き受けてしまうことになります。

この真相もはっきりとは分かっていません。レッスン料は一回3500円だったということです。

また、別な情報によると市橋達也とリンゼイアンホーカーさんは交際していたという証言もあります。

しかし、リンゼイさんには、イギリスにボーイフレンドもいたようです。

この真相も今としては謎です。

 

リンゼイアンホーカーさん殺害事件の動機とは

Array

引用: Pixabay

この事件の正式名称は「市川市福栄における英国人女性殺人・死体遺棄事件」と言います。

そして、容疑は殺人罪・強姦致死罪・死体遺棄になります。では、事件の動機は何だったのでしょう。明確な動機は発表されたのでしょうか?

今一つ、明確な動機が見えてこない事件でもあります。計画的に強姦、殺害をしたのでしょうか。

この事件の直前に両親からの仕送りが止まり、マンションからも出て行くように言われたとありますが、市橋達也の心の中はどんな状態だったのでしょう。

荒れていたのではないでしょうか、そして、その腹いせに何かを物色していたのではないでしょうか。それが、女性を犯すこと、殺すことだっかもしれません。

市橋達也の言葉を借りると、「殺す気はなかった」ようですが、警察が発表した動機は恋愛感情のもつれ、暴行目的とされています。

 

市橋達也の懸賞金とは

引用: Pixabay

リンゼイアンホーカーさん殺害事件では、市橋達也が逃走したため一般市民の情報を募りました。

最初は、有力な情報に100万円の懸賞金が掛けられていたようですが、捜査が長引き金額は膨れ上がりました。

その後には、「事件への社会的関心が高く、引き上げには効果がある」と判断」され1000万までに引き上げられます。

このリンゼイアンホーカーさん殺害事件では、直接、逮捕のきっかけとなったと言われている大阪南港からのマルエーフェリー社員による110番通報です。また、同日に同社の職員が大阪支店に連絡する連携プレーが奏功したとも言われています。

そして、市橋達也が鼻を高くする整形手術を受けた名古屋市の美容外科医院からの通報も逮捕に大きく貢献されたと言います。病院が手術後の写真を提供、公開したことで情報が急増したようです。

市橋達也が務めていた大阪市茨木市の建設会社から府警に通報した男性社員も重要なキーマンの役割を果たしたようです。

この情報によって、市橋達也の行動範囲が表面化され、特徴も見えてきたということになります。

これらの情報により逮捕につながったとして、貢献度に応じて懸賞金は支払われたようです。

ちなみに、今回のリンゼイアンホーカーさん殺害事件での懸賞金は公費から支払われます。公費から支払われるということは税金から支払われるということになります。

そもそも、一番最初に警察が市橋達也を取り逃がしたのは警察なのに、警察の不始末なのに税金が使われるのは納得いきません、でもこれは真相です。

 

警察の捜査は…

Array

引用: Pixabay

リンゼイ・アン・ホーカーさんには、ルームメイトがいました。

職場を休んでいると連絡を受けたルームメイトは警察に捜索を依頼します。ここも不思議な点で、いい大人が1日2日家に帰らなかったとして、すぐに警察に届けるでしょうか?

真相が分りかねます。

捜索の結果、市橋達也とリンゼイさんが個人的に英会話のレッスンをする様子が喫茶店の防犯カメラに映っていたことが分りました。

そして、市橋達也の住むマンションに向かいます。

ところが、すでにリンゼイさんは殺害された後でした。死体も遺棄した後だったのです。

6人もの警察官が市橋達也のマンションで待機していたようですが、市橋達也は振り切り逃走するのです。

市橋達也は高校時代、陸上部で足の速さには自信があったようですが、警察官が6人もいたのに取り押さえることが出来ないんて、お粗末としか言えません。

ちなみに、市橋達也は空手の経験もあるようです。

 

市橋達也の整形逃走劇

引用: Pixabay

リンゼイアン・ホーカーさん殺害事件がおぞましいと言われる原因の1つに、市橋達也が逃走する途中で自分の顔を自分で整形してしまうという経路があります。

いくら医者を目指していたからと言って、自分で自分の顔を整形するという発想はどこからくるのでしょうか。

「絶対につかまりたくない!」これは真相のようです。そのためには、顔を変える必要があると思ったのです。

逃走の初日、コンビニで裁縫道具を買います。そして、とある病院に忍び込み、トイレで自分の鼻を縫って縛る手術を自分でします。どんなに痛くても叫ぶことはできなかったでしょう。

顔の印象は変わったのでしょうか。

その後も、逃走のために北へ向かいます。眠ることもせず、記憶がなくなるほど歩いたようです。ですが、所持金50000円は底を尽いてきます。

「お腹も空くし、ゆっくり眠りたい。」そんな思いがまた、おぞましい行動の引き金になりました。またもや顔の印象を変えるため、分厚い唇を切り取ってしまいました。

恐ろしい真相です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

たけさん(@take.4171)がシェアした投稿

その後、市橋達也は自分の手配書を目にすることになります。そして、感じました。「まだまだ、ダメだ。やっぱりこの顔で働くのは無理だ!」と。

自給自足の生活も試みてみますが、耐えられません。脱水と空腹に耐えられなくなった市橋達也は大阪を目指します。

自分の手配書に特徴として、左頬にほくろが2つあると書かれていたことを覚えていた市橋達也はまたおぞましい手術をします。

そのほくろ2つを切り取ってしまうのです。恐ろしい真相です。

その時の市橋達也の所持金は90万円程でした。この時は眉間を高くする手術を受けました。これが運の尽きとなってしまったようです。真相なのでしょうか。

いくらか安心した市橋達也は住み込みで働きます。もちろん名前、出身地、身分は全部でたらめです。

そこで得た収入が80万円程になりました。ですが、やっぱり一か所に留まることは危険だと思った市橋達也は漫画喫茶であることを調べます。身分を明かさなくても手術をしてくれる整形外科を探しました。

今度は整形のプロに、鼻を高くして小鼻を小さくする手術をしてもらったのです。ここも真相のようです。

それからも、逃走を続ける市橋達也はあちらこちらで仕事をしては辞め、逃走しては仕事をするを繰り返します。逃走後、2年6ヶ月が経っていました。

仕事場の寮に帰ると刑事らしき人がいました。それを見た市橋達也はすぐに逃げます。そしてまた、思うのです。「顔を変えないといけない。」

術後の写真を見ていた医師が市橋達也の顔にほくろを取った痕があることに気が付いてしまったのです。医師は、ニュースで見たことがある市橋達也のほくろの特徴を覚えていて、市橋達也の顔の傷と一致すると思い、警察に通報します。

警察は、眉間の手術の抜糸に来るとにらんで病院を張り込みますが、市橋達也は自分で抜糸をしていて病院には現れませんでした。

「もう、昔の市橋達也の顔ではない」と高を括っていた市橋達也でしたが、知らないのは本人ばかりです。市橋達也の美容整形のニュースは日本中を駆け巡っていました。

それによって、以前、住み込みで働いていた職場からも通報があり、市橋達也の足取りは次々と明らかになります。

つかまりたくない一心から、痛い思いをして顔を変えたのに、顔を変えたことで逃走経路がバレてしまうという愚かな市橋達也はその後、逃走劇の幕を閉じることになるのです。

 

犯人は市橋達也【リンゼイアンホーカーさん殺害事件】

引用: Pixabay

ここまで、リンゼイアンホーカーさん殺害事件の概要に迫って来ましたが、ここからはもう少し事件の本質に迫って見ていきたいと思います。

事件としては、被害者のリンゼイさんはとてもお気の毒で、同じ日本人としてお詫びのしようもないと思うくらいに申し訳のない事件なのですが、どうもこの事件の特徴は犯人の市橋達也にあるようです。

犯罪を犯す人間は数々いますが、整形、しかも自分で自分の顔の一部を切り取るなんていうおぞましい行為は前代未聞です。

ところで、「福田和子」という殺人犯を覚えていますか?福田和子は1948年に強盗殺人や死体遺棄罪などの罪を犯した、殺人犯です。

この福田和子も市橋達也と同じように整形を繰り返して逃走していたのですが、警察の捜査から巧みに逃げきっています。

でも、こちらの福田和子の場合は14年と344日の逃亡劇ですから、市橋達也より上をいっていますね。

それでは、リンゼイアンホーカーさん殺害事件の犯人である市橋達也の犯行から現在までを真相を追って見ていきましょう。

 

犯行時

引用: Pixabay

リンゼイアンホーカーさん殺害事件の犯人は市橋達也です。

これは真相なのでしょうか。

何故、市橋達也は外国人女性であるリンゼイ・アン・ホーカーさんを標的に選んだのでしょうか。以前から目をつけていたのでしょうか。外人コンプレックス、英語コンプレックスでもあったのでしょうか。

白人で美人のリンゼイさんが好きで目をつけていたのが真相なのでしょうか。謎ばかりが頭の中を駆け巡ります。

犯行の直前に、両親からの仕送りを止められ、住んでいたマンションからも出るように言われたと聞きます。

自分が4浪もして大学に入ったのに、就職もバイトもせずに親のスネをかじって生きてきたニートだったのに、怒りが収まらなかったのでしょう。

ここは真相だと思います。

両親が医師のエリート一家、お金はあるでしょう。両親が医師でお金があるのなら、当然息子、長男である達也にも医師になってもらいたいと願うはずです。これは真相でしょう。

願うことはしても強制はしなかったと両親は話しているようです。もうこれは、水掛け論になってしまうので何とも言えませんが、市橋達也、本人がどう感じていたが問題ではないでしょうか。市橋達也だけが真相を握っていたはずです。

市橋達也は、医師にはなれなかったようですが、それでも非常に頭が良かったということです。

引用: Pixabay

大学も4浪したとは言え、千葉大学の園芸学部はセンター試験で、現在の数字では76%取れないと入れない難関大学だということです。

いいえ、頭が良いのと勉強ができるのでは違いがあります。仮に頭も良かったとして、何が彼をこんなおぞましい犯行に追い込んだのでしょう。

きっと、感情のコントロールができなかったのでしょう。心が歪んでいたのかもしれません。性犯罪の犯人は、性欲が強いことより、自分の衝動を抑えられない、感情のコントロールができないといったことがあるようです。

これは、性犯罪に限ったことではないようにも思います。

市橋達也は犯行時、両親からの冷たいと思える態度に腹を立てていたというのが真相ではないでしょうか。

その怒りを、被害者であるリンゼイ・アン・ホーカーさんを犯すことで憂さ晴らしができると思ったのではないでしょうか。リンゼイさんはイギリス人であり、白人の美人英語講師です。

そんな美人の女性を自分のものにしようとするには、強姦という方法しか思い浮かばなかったかもしれません。

実際に強姦を企てるまでの、計画的犯行だったのでしょうか。

リンゼイさんに近づくために、「以前、洗濯機を直してあげたのを覚えてませんか?」と声を掛けます。

身に覚えのないリンゼイさんは「人違いです」とその場を離れると、市橋達也は追いかけます。そして、英語を教えて欲しい、怪しいものではないと迫ります。

断られてしまった市橋達也は執拗に「水だけでも飲ませて欲しい」と強引にリンゼイさんの部屋までついて行きます。

その真相はいかに?

部屋には、リンゼイさんのルームメイトがいました。その後、何とかリンゼイさんの連絡先を聞き出し、英語の個人レッスンを受けることになるのですが、その間に恋愛感情が芽生えたのでしょうか。

しかし、市橋達也は英語もかなり堪能だったという情報もあります。

 

2007年3月25日午前9時頃

何回目かの英語のレッスンで市橋達也はレッスン料を家に忘れたと言い、家が近くなので一緒についてきてくれたら、すぐに払うと言います。

リンゼイさんは、何回かのレッスンで市橋達也を信じてしまったのでしょうか。日本人を信じているようでした。

 

2007年3月25日午前9時54分頃

引用: Pixabay

レッスン料を受け取ろうと家までついて行ってしまったリンゼイさん。

部屋に入ると突然豹変した市橋達也は、リンゼイさんの体を奪うのです。

部屋に入り、前から好きだったリンゼイさんを抱きしめようとしたら強く拒否されたので、その勢いで暴行してしまったという情報もあります。

どちらが真相なのでしょう。

のちの警察の捜査で、ごみ箱から使用済みの避妊具(コンドーム)が発見されるのですが、もちろん市橋達也の体液とリンゼイさんの細胞が検出されています。

強姦するのに、避妊具を使用するのでしょうか?殺そうと思っていたら、避妊するでしょうか?真相としては、どちらの可能性が高いでしょうか。

そして、そこからの行動が理解できないところでもありますが、市橋達也は浴室から浴槽を部屋まで持ってきて、リンゼイさんをその中で監禁するのです。

リンゼイさんは浴槽に入れられ手を結束バンドで拘束されます。なぜ浴槽で拘束したのか、そのまま死体をバラバラにするには良い条件だという情報もあります。

浴槽で拘束する真相は、その後の行動に隠されているかもしれません。

リンゼイ・アン・ホーカーさんは、警察には言わないから帰して欲しいと懇願したようです。その際に、市橋達也はリンゼイさんの顔を殴ったのでしょう。

 

2007年3月26日午後2~3時頃

引用: Pixabay

警察に言わなくても、自分の犯行が周りの人にバレてしまうと思ったに違いありません。手の拘束を解くとリンゼイさんが逃げようとしたため頸部を圧迫して窒息死させてしまいます。

拘束したリンゼイさんを浴槽に入れたのは、殺した場合、土で隠す目的があったからなのでしょうか。やはり市橋達也のみが知っている真相があるようです。

リンゼイさんの家族はイギリスにいます、ボーイフレンドもイギリスで待っているようですがその真相はいかに?

市橋達也の短絡的な犯行、安易な考えからの殺人なのでしょうか。

 

逃走時

引用: Pixabay

逃走劇は、前代未聞でした。

市橋達也がリンゼイさんを殺害している頃には、リンゼイさんのルームメイトが警察に捜索願を出しています。

ルームメイトは、リンゼイさんと市橋達也の関係を知っていたので警察に話していたのでしょう。警察は話に聞いた行徳駅周辺を捜索して、防犯カメラに映る2人を見つけ、市橋達也の部屋を訪ねます。

 

2007年3月26日午後9時すぎ

引用: Pixabay

刑事が扉を開けたその時から。

まさに、その瞬間から、市橋達也の逃走劇は始まったのです。

市橋達也を訪ねた刑事は6人もいたそうですが、それを振り切って走り出す市橋達也は、高校時代は陸上部でリレーの選手だったということです。

振り切って逃げたのはいいけども、逃げる準備をしていたわけではなく、裸足のまま、所持金は5万円弱だったとか。

刑事が市橋達也の部屋を訪ねた時の市橋達也の心境は、つかまりたくない、絶対つかまりたくない!そして、真っ先に頭に浮かんだのは父親のことだったそうです。

なぜここで、父親のことが頭に浮かぶのでしょう。怖い?何か文句を言われる?申し訳ない?様々な憶測が思い浮かびますが、その真相はいかに?

市橋達也は以前にも一度逮捕されたことがあったのです。

その時も、父親に示談金を払ってもらって解決したので、もう頼ることはできないと判断したようです。家族を頼れない、そう思った市橋達也の頭の中は逃げることでいっぱいだったのです。

そして、市橋達也は思うのです。「つかまらないためには、顔を変えるしかない」

逃走初日には、コンビニで裁縫道具を購入して鼻を縫って縛るといったおぞましい整形手術をやってのけるのでした。

いくらか顔の印象が変わった市橋達也は無賃乗車を繰り返しながら、北へ向かい、埼玉、茨木、群馬と移動します。眠ることもせず、記憶がなくなるほど歩き続けたこともあったと、のちの市橋達也は真相を語っているようです。

しかし、お腹は空くしゆっくり眠りたい。所持金はどんどん減るのは真相です。

市橋達也は働くことを考えますが、ばれることを恐れています。それには「顔を変えるしかない」また、そう思うのでした。

今度は、分厚い唇を切り取るオペをします。

そして、身分など隠しても働きやすい大阪の西成区に行くのですが、その時初めて自分の手配書を見ることになります。初めて真相を知るのです。

その手配書をみた市橋達也は、「これでは働くのは危険だ」と判断して、四国の松山からフェリーで沖縄に向かうのでした。

この頃には、事件から3ヶ月が経っていたようです。日本中が市橋達也の動向を追い、過熱した報道が連日のように繰り替えされていました。

日本中が市橋達也の起こした「リンゼイアンホーカーさん殺害事件」の真相が知りたいのです。

市橋達也の家族はどんな思いだったのでしょう、殺されたリンゼイさんの家族はどんなに怒り狂っていたのでしょう。

一方、市橋達也は、南の島で自給自足の暮らしをするために必要なものを購入したので所持金も底を尽いてきていました。

そんな生活を続けたところでお腹が満たされるわけもなく、再び大阪を目指します。

その頃は、市橋達也の情報に懸賞金100万円が掛けられていました。

自分の手配書に、特徴として左頬にほくろが2つあることが書かれていることを知り、市橋達也はそのほくろも切り取ります。

その顔で大阪にたどり着き住み込みで働けることになるのですが、名前、年齢、出身地、などは全てでたらめです。

仕事の日当は1万円、寮費を引かれて7千円になりますが、その頃の市橋達也には十分だったでしょう。そうして、3ヶ月程で80万円程稼いだ頃、またもや整形することを考える市橋達也。

漫画喫茶であることを調べました。それは、身分証明書がなくても施術が受けられる美容整形外科です。今度は、60万円も使い鼻の手術します。

引用: Pixabay

逃走の途中では四国に渡り、お遍路さんもしてリンゼイさんに詫びながら歩いたという真相も語っているようです。

その後は、大阪の仕事には就かず沖縄に、沖縄でも落ち着かず、また大阪へと移動する市橋達也。

大阪で仕事をしていても怯えています。寮にスーツ姿の男性がいると刑事だと思い、荷物も持たずに逃げるのです。ただ、つかまりたくない、その一心で生きているのです。

つかまらないためには顔を変えるしかない、そう思い込んでいる市橋達也は5回目の整形を決心します。

今度は、眉間を高くする手術を受けました。これが、市橋達也の運の尽きになったのは言うまでもありません。整形外科医が市橋達也の特徴を覚えていて、警察に通報したのでした。

その後、多くの人から通報があり、市橋達也の足取りや動向が分かってしまうのでした。市橋達也の逃走劇は2年7か月で幕を降ろすことになるのです。

 

逮捕時

 

この投稿をInstagramで見る

 

福谷悠太さん(@huutani)がシェアした投稿

リンゼイアンホーカーさん殺害事件で市橋達也が逮捕されたのは2009年11月10日になります。

逃走中に受けた顔の整形手術を行った医師が捜査当局に通報したことから、捜査本部は市橋達也の写真を公開し、大阪南港フェリー乗り場で発見されたというのが真相です。

それは、市橋達也が逃走してから約2年7ヶ月ぶりのことです。

市橋達也を逮捕するに当たって警察捜査本部は指名手配中から科学的手法で容疑者像を分析する「プロファイング」をしていました。

「プロファイリング」というのは、犯罪捜査において、犯罪の性質や特徴から、行動科学的に分析して、犯人の特徴を推論することになります。

真相を探るプロということになりますね。

市橋達也を取り調べるには、ある程度市橋達也容疑視野の性格を「ある意味知り尽くした」という捜査員が当たりました。

その取り調べ時には、市橋達也容疑者は事件については何も話さなかったようですが、家族の話にはぽつりぽつりと話したようです。

また、行徳署で出す食事には手を付けず、お茶等を飲むだけだっということです。しかし、これは警察の関係者が「よく飯が喉を通るな」と言ったという後述があります。

 

現在

引用: Pixabay

2012年4月25日、市橋達也受刑者の刑は無期懲役を言い渡されました。

裁判は終結、現在も服役中です。推測ですが、千葉刑務所だとも長野刑務所だとも言われていて真相は不明です。市橋達也受刑者は2019年現在40歳になります。

無期懲役判決を受けてから約7年の月日が経とうとしていますが、市橋達也受刑者は今何を思っているのでしょう。

逃走時、逮捕から数日は食事も思うままに取れなかったため激やせ状態だったようですが、その後は毎日きちんと食事しているようなので痩せてはいないのではないでしょうか。

市橋達也受刑者に仮釈放の可能性は否定できませんが、あるとしても約30年後と予想されているようです。

市橋達也受刑者の家族は待っていてくれるでしょうか、家族に真相を語ってくれるのでしょうか。

 

被害者遺族①母親の現在は?【リンゼイアンホーカーさん殺害事件】

引用: Pixabay

被害者家族の1人母親のジュリアさんの悲しみは今も癒えることはないでしょう。

当時22歳だったリンゼイさんの帰国を心待ちににしていたはずです。

 

母親の経歴

リンゼイさんの家族の1人、母親であるジュリアさんはイギリスで働いていたようです。

リンゼイアンホーカーさん殺害事件の後の記者会見で、自分の娘を殺した犯人の両親に対しての心中を心使う様子がとても優しい人でした。

 

事件発生時

リンゼイアンホーカーさん殺害事件の被害者であるリンゼイさんの母親ジュリアさんは、会見で娘のリンゼイさんが殺されてしまった怒りを抑えきれないようでした。

そして、「なぜ、なぜ」と疑問ばかりがあり、自問を続けていると語り、警察の捜査にも疑問を感じたようでした。

 

現在

詳細は分りませんが、イギリスで静かに暮らしていることと思われます。

 

被害者遺族②父親の現在は?【リンゼイアンホーカーさん殺害事件】

引用: Pixabay

リンゼイアンホーカーさん殺害事件の被害者、リンゼイさんの父親であるビルさんは、娘であるリンゼイさんの捜索を必死になさっていた様子が思い出されます。

日本語も分からないのに、娘を殺した犯人の市橋達也の捜索を自ら積極的にしていました。

 

父親の経歴

リンゼイさんの父親、ビルさんは、イギリスでは自動車教習所の教官をしているということでした。

このリンゼイさん殺害事件が起こるまでは幸せに暮らしていた、この事件により、その幸せは覆されたと語っていました。

 

事件発生時

一部報道によると、リンゼイアンホーかーさん殺害事件の犯人である市橋達也の行方が分からなくて、日本のマフィア(やくざ)に捜索を依頼したということもあったようです。

Tシャツに市橋達也の顔写真をプリントしてネットで販売、市橋達也の捜索と事件を風化させないためだということでした。

また、市橋達也と娘のリンゼイさんが立ち寄ったと思われる喫茶店やタクシーの運転手にも自ら出向いていき、市橋達也のポスターを持って路上で「この男を探しています。この男を知りませんか?」と呼び掛けていました。

日本に何度も来なくてはならないので資金が足りず、イギリスでは食事会などを開いて友人たちからの援助を受けていたようです。

 

現在

リンゼイアンホーカーさん殺害事件の犯人、市橋達也が捕まって、日本の警察、報道機関などに感謝の意見を述べたという紳士的な場面がありました。

その後、リンゼイさんのお墓に行き、市橋達也逮捕の報告をしたと言われています。

現在の詳細は分かりませんが、奥様のジュリアさんとイギリスで暮していると思われます。

 

被害者遺族③妹の現在は?【リンゼイアンホーカーさん殺害事件】

引用: Pixabay

リンゼイアンホーカーさん殺害事件の被害者、リンゼイさんにはお2人の姉妹がいました。

リンゼイさんは、とても綺麗な女性だったので姉妹のお2人もきっと綺麗な人なのでしょう。

 

妹の経歴

詳細は分かりませんが、お2人の名前は「リサ」さんと「ルイーズ」さんでした。

 

事件発生時

リンゼイアンホーカーさん殺害事件の後、お2人の姉妹も両親と活動を共にしていました。

父親と同じように、路上で必死に市橋達也の捜索を行っていた様子です。

 

現在

リンゼイアンホーカーさん殺害事件から、12年が経ちます。

詳細はわかりませんがお2人とも、イギリスで幸せに暮らしていることを願います。

 

リンゼイアンホーカーさん殺害事件まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

a.oxo.kさん(@a.oxo.k)がシェアした投稿

ここまで、リンゼイアンホーカーさん殺害事件を振り返ってきましたが、どうでしょうか?

疑問に浮かぶところがあったのではないでしょうか。何回も言いますが、強姦、しかも殺してしまう相手を強姦するのに避妊するでしょうか?市橋達也は当時、彼女がいたそうなので避妊具があっても不思議はありません。

少なくとも、強姦した時は殺意はなかったのだと思います。だとしたら、殺人は計画的ではなかったという真相が伺えます。

実は、この、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件の犯人は市橋達也だというのは冤罪だという説もあるのです。

謎に包まれた真相を暴くことは難しいですが、異常とも思える逃走のしかたに市橋達也の性格を見たような気がします。どこで、市橋達也の人生は狂ってしまったのでしょう。逃走さえしなければ、今頃は全く違う人生を歩んでいたでしょう。

おぞましいとも思えた、リンゼイアンホーカーさんさん殺害事件の真相は市橋達也受刑者の胸に切なく刻み込まれているのかもしれません。

最後になりましたが、リンゼイ・アン・ホーカーさんのご冥福を心よりお祈りして、この記事を締めくくりたいと思います。

人気の記事