新潟小2女児殺人事件の概要!犯行動機や現場&被害者家族の現在

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

新潟小2女児殺人事件とは?

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件の概要を簡単に説明すると、2018年5月7日に小2女児が殺害され線路内という場所に遺棄された事件です。

幼い少女を殺害した後に線路内という場所に横たわせ、電車にひかせるという恐ろしい事件概要や犯人の残虐な行為、犯行動機に関心が集まり、事件概要だけを見ても世間の人に憤りを感じさせる事件でした。

本記事では、そんな新潟小2女児殺人事件の概要や犯人の犯行動機の概要、新潟小2女児殺人事件が発生した場所の現在などを紹介します。

 

新潟小2女児殺人事件の概要

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件では、殺害した後に線路内という場所へ遺体を遺棄した行為の動機と、犯人の犯行動機についての概要に注目が集まりました。

下記では新潟小2女児殺人事件の概要から、犯人について動機や被害者家族の概要についてまとめました。

新潟小2女児殺人事件の概要を見ていると犯人・小林遼のおぞましい行為や動機に気分が悪くなるかもしれないので、ご注意ください。

 

新潟小2女児殺人事件の概要


引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件の事件概要は、下記の通りになります。

2018年5月7日に普段と同じように新潟小2女児殺人事件の被害女児は学校へ通い、下校時に通学路の場所で行方不明になりました。下校時は普段と変わった様子はなく、いつも通り友人と下校し、線路付近の場所で別れた後から行方が分からなくなったそうです。

そして、行方が分からなくなったその日の夜10時半頃に、新潟県西区青山水道の線路内の場所で女児が電車にひかれ、事件が明らかになりました。当時電車を運転していた運転手は、線路内に横たわる女児に気が付き、急ブレーキをかけましたが間に合わなかったそうです。

この状況の概要を見ると、電車の運転手に過失がないことが分かります。

また、行方不明になったと考えられる場所から、線路内の場所は近いため、警察の捜索範囲内だったと考えられます。電車にひかれた時間も警察による捜索は続いていたので、それらの事件当時の概要情報から警察の捜索の目から逃れた数分の間に、殺害した場所から線路内という場所へ遺体を遺棄したと考えられます。

新潟小2女児殺人事件後の司法解剖の結果、女児の死因は窒息死だったため、警察は別の場所で殺害された女児が、何者かによって線路内に遺棄されたとして捜査を始めます。そして、事件から6日後の5月14日に犯人・小林遼が新潟小2女児殺人事件の容疑者として逮捕されました。

当時ニュースで新潟小2女児殺人事件の概要を知った人たちは、殺害されて線路内の場所へ遺棄された児童が女児だったため、犯人の犯行動機はわいせつ目的ではないかと思っている人が多くいました。そして、その嫌な予想は的中し、犯人・小林遼の犯行動機は身勝手な性的欲求でした。

また、新潟小2女児殺人事件では、女児の死体を線路内の場所へ遺棄されたのは夜10時半ですが、実際に恐ろしい動機で殺されたのは夕方頃のようです。遺体は線路内に遺棄されるまでは、身勝手な動機で殺した場所からずっと車の中の乗せていたと小林遼が供述しています。

身勝手な動機で殺した場所ではなく、線路内という場所へ遺体を遺棄した動機は、事件を隠ぺいしようとしたと考えられます。しかし、身勝手な動機から行われた線路内に遺体を遺棄するという行動は、犯行を隠ぺいすることはできませんでした。

殺害した後に自分の事件を隠すという動機のために、遺体を電車にひかせる、という犯人行為の概要を見ると鬼のようだと感じます。

 

事故死を回避した司法解剖の結果


引用: Pixabay

適切な司法解剖のおかげで、事故死にしたいという犯人の動機を打ち砕くことができた、というのが新潟小2女児殺人事件における司法解剖についての概要です。この概要については下記で詳しく説明します。

新潟小2女児殺人事件が発覚した当時、電車にひかれた女児の概要情報から、事故死ではないかと考える捜査関係者もいたそうです。この人たちの意見に従えば、小林遼の事故死に見せかけたいという動機に引っ掛かるところでした。

しかし、現場の関係者の中には、新潟小2女児殺人事件が起きた場所の様子に違和感を覚えたそうです。

新潟小2女児殺人事件が発生した場所に捜査関係者が感じた違和感とは、女児の年齢と出血が少なすぎたことだそうです。電車に飛び込み自殺を図る人はいますが、それにしては新潟小2女児殺人事件の被害女児は幼すぎました。

また、電車でひかれて死亡すると、その場所には大量の出血が見られますが、この現場では女児の出血が少なかったのです。

不自然な女児の遺体は、すぐに司法解剖されるため新潟大学のある場所へ運び込まれました。そこで行われた司法解剖によって、女児の死因が窒息死であることと、死亡推定時刻という状況の概要が分かったのです。

新潟小2女児殺人事件の犯人・小林遼の事件を隠ぺいしたという動機で線路内という場所に置かれた女児の遺体でしたが、適切な司法解剖の結果で分かった遺体の状況の概要で、隠ぺいしたいという動機は打ち砕くことができました。

 

犯人・小林遼とは

Array

 

この投稿をInstagramで見る

 

Doigarockerさん(@doigarocker)がシェアした投稿

新潟小2女児殺人事件の事件概要や犯行動機の概要を見ると犯人の異常さが分かりますが、犯人・小林遼とはどんな人物だったのでしょうか。新潟小2女児殺人事件の犯人・小林遼についての概要を説明します。

新潟小2女児殺人事件の犯人・小林遼の性格の概要を一言で表すのであれば、ロリコン異常者です。新潟小2女児殺人事件の犯人で歪んだ犯行動機を持つ小林遼は、逮捕当時はまだ23歳でした。

逮捕をされた時にテレビに流れた映像では、警察の車で移送される際に、微笑んでいるような表情を浮かべる姿が映っています。

新潟小2女児殺人事件後の供述は、自分を罪から守るように二転三転しており、事件を隠す動機から線路内という場所に遺体を遺棄するという行為からも、事件に関する反省が見られません。また、ふざけた言動や刑務所という場所でも鼻歌を歌う姿が見られており、小林遼の異常性を表しています。

また、新潟小2女児殺人事件の犯人・小林遼が当時住んでいた家の場所が、被害者家族の家から約100mしか離れていなかった場所にあったという概要も、世間の人を驚かせました。新潟小2女児殺人事件が報道された当時、近くの場所に身勝手な犯行動機を抱く犯罪者が住んでいたらどうしよう、と考えた人も多かったでしょう。

新潟小2女児殺人事件の犯人である小林遼の犯行動機は、事件概要や小林遼の調査概要からわいせつ目的だということが分かっています。犯行動機がわいせつ目的というのは、小林遼が強制わいせつ致死で起訴されていることからも明らかです。

犯行動機についての概要や詳しい説明は下記見出し「犯行動機」で説明します。

 

被害者家族について

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件の概要や犯人の概要を見るだけで、被害者家族の感じた苦しみが想像できます。

突然愛する我が子を理不尽に奪われた新潟小2女児殺人事件の被害者家族は、想像を絶するほどの感情を抱いているでしょう。その身勝手な犯行動機で女児の命を奪った犯人が住んでいた場所が、自宅の場所と近いということも苦痛で仕方ないと思います。

また、それほど辛い思いをした被害者家族を、歪んだ動機を持つ犯人である小林遼だけではなく、テレビなどメディアのマスコミによる執拗な報道も苦しめました。新潟小2女児殺人事件が発生してからは、被害者家族からコメントが発表されたり、被害者家族である祖父がインタビューに答えたりする様子が見られました。

新潟小2女児殺人事件によって歪んだ犯行動機でわが子を奪われた被害者家族と、マスコミとの関係についての概要や詳しい説明は、下記見出しの「被害者家族とマスコミ」で紹介します。

新潟小2女児殺人事件では、マスコミの報道の仕方についても考えさせられる事件だったといえます。

 

犯人・小林遼の逮捕

Array

引用: Pixabay

世間を騒がせた新潟小2女児殺人事件の犯人で歪んだ犯行動機を持つ小林遼の逮捕は、あっさりとしたものでした。

逮捕された後に明らかになった事件の概要や小林遼の人柄に関する概要、犯行動機は世間の人を恐怖させました。そんな新潟小2女児殺人事件における犯人逮捕の概要は以下の通りです。

新潟小2女児殺人事件発生から6日後に犯人・小林遼は警察に新潟小2女児殺人事件の容疑者として逮捕されました。警察本部による130人態勢の調査によって、事件発生から1週間も経たずに新潟小2女児殺人事件の犯人逮捕へつながりました。

新潟小2女児殺人事件ですぐに小林遼が逮捕されたのは、前科から想像される犯行動機と住んでいる場所、さらに当日のアリバイが関係あるでしょう。小林遼には児童ポルノの前科があり、小林遼が住んでいた場所も、誘拐されたとされていた場所からすぐ近くでした。

そして、事件当日は朝から会社に連絡を入れて、仕事を1日休んでいました。それらの状況の概要を見れば、わいせつ目的の犯行動機を持つ新潟小2女児殺人事件の犯人だと疑われることは、当たり前ではないでしょうか。

小林遼が新潟小2女児殺人事件の犯人として逮捕される1週間の間に、警察から疑われていた容疑者は他にもいました。そのため、事件が起きた場所である住宅街には疑心暗鬼になった地域の人たちによって、容疑者扱いされる男性が何人もいたようです。

新潟小2女児殺人事件の犯人だと疑われていた男性たちからすれば1週間、という時間は短いものではなかったでしょう。

新潟小2女児殺人の容疑者として小林遼が逮捕されましたが、被害者遺族の気持ちは犯人逮捕の情報では癒えなかったでしょう。さらに、逮捕後に事件の概要や犯人の概要、犯行動機が明らかになりましたが、犯人の言動は被害者遺族の神経を逆なでするものでした。

小林遼の逮捕後の言動についての概要や詳しい説明は、見出し「刑務所での言動」をご覧ください。

 

犯人・小林遼に下される判決は?

引用: Pixabay

歪んだ犯行動機を持つ小林遼に下された判決の概要についてまとめると、いくつかの罪状で起訴されていますが、未だに初公判が行われていません。

新潟小2女児殺人事件として起訴されている罪については、殺人や強制わいせつ致死などの罪があげられています。新潟小2女児殺人事件の事件概要や犯人の身勝手な犯行動機から、死刑を望む声も少なくありません。

容疑者に下される判決は、殺した人数や動機などの状況の概要によって異なるため、新潟小2女児殺人事件の犯人が死刑になるかは分かりません。しかし、新潟小2女児殺人と事件概要や犯行動機が似ている事件である「奈良小1女児殺害事件」では、犯人である小林薫(事件当時36歳)に対して、死刑が求刑されました。

この事件は新潟小2女児殺人と同様に性的欲求を犯行動機とし、その身勝手な犯行動機で誘拐した女児を殺害した事件です。事件概要が似ている「奈良小1女児殺害事件」の判決が死刑であることから、新潟小2女児殺人事件の犯人・小林遼も死刑になる可能性は少なくないでしょう。

他にも「広島小1女児殺害事件」も事件概要やわいせつ目的という犯行動機が似ていますが、こちらは現在無期懲役の判決が下されています。結局のところ、新潟小2女児殺人事件については、事件概要が似ている2つの事件でも判決が異なることから、実際に判決がどうなるかは初公判を待たなければ分かりません。

 

小林遼の犯行動機〜現在まとめ

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件を起こした小林遼の犯行動機は何だったのでしょうか。

新潟小2女児殺人事件の概要を知った人は、すぐにわいせつ目的の犯行動機だろう、と想像するでしょう。はたして本当にそういった犯行動機だったのでしょうか。

そんな新潟小2女児殺人事件の犯人・小林遼の経歴の概要から現在までの様子の概要を下記で紹介します。

 

小林遼の経歴

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件を身勝手な犯行動機で引き起こした犯人・小林遼は、被害者の女児が住んでいた場所から約100mの場所にある戸建ての自宅に住んでいました。

両親と3人兄弟の5人暮らしで、犬も飼っていたようです。また、電気工事会社に電気工事士として勤務していました。小林遼の生活の概要をまとめると、一軒家で普通の暮らしをしていたといえます。

身勝手な犯行動機を持つ犯罪者は、家庭環境の概要として不健全な家庭であることが多いですが、小林遼の場合はよくある犯罪者の家庭環境の概要には当てはまりません。元々の幼女趣味が成長と共に歪んでしまい、女児を誘拐したいという犯行動機へつながってしまったのでしょう。

新潟小2女児殺人事件の犯人である小林遼の顔写真として小林遼の高校時代の写真が使われますが、通っていた高校名は新潟県立新潟工業高校です。通っていた高校は公立のため風評被害を受け難いですが、これが私立であれば新潟小2女児殺人事件の概要説明で高校名が挙がるだけで、受験者の数にも影響が出ていたかもしれません。

新潟小2女児殺人事件の概要や犯人の概要、犯行動機を知ると、異常な犯人像が浮かび上がりますが、小林遼の周囲からの評判は悪いものではありませんでした。

引用: Pixabay

同級生や勤務先の代表取締役は、おとなしい感じであったとマスコミのインタビューに答えており、とても新潟小2女児殺人事件のような残虐な犯行や歪んだ犯行動機を持つイメージはないようです。

しかし、高校の同級生はおとなしいという印象と共に、オタクであったとも話をしています。この同級生によると新潟小2女児殺人事件の犯人である小林遼に対する共通認識として、ロリコンという言葉が一番わかりやすいと発言しています。

そういった同級生の発言の概要から、小林遼は当時から幼い少女に対して強い興味があったことが分かります。その興味がこの事件の犯行動機につながった考えられます。

昔から新潟小2女児殺人事件を起こした小林遼を知る近所の人たちは、優しくて明るい人物だと言っています。どうやら、近所の住人たちには礼儀正しく優しい青年だという印象があったようで、新潟小2女児殺人事件を起こしたことを驚いていました。

このことからも小林遼の人柄の概要については、歪んだ犯行動機を持つ人間だと思われていなかったようです。

しかし、そんな近所の人の評判とは異なり、どうやら新潟小2女児殺人事件の前に前科があったようです。それも1度ではなく2度書類送検されており、このことから新潟小2女児殺人事件の際にも、犯行動機が分かりやすく容疑者として名前が挙がったようです。

それら前科は両方とも児童ポルノに関わるもので、小林遼は児童に対して性的欲求を持つ危険人物であったことが、この前科の概要から分かります。1つ目の前科は児童ポルノの画像を所持していたためで、事件の前の前科としては、中学生の女子を連れまわしたためでした。

 

小林遼の家族

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件の犯人である小林遼は5人家族でしたが、家族の誰もが小林遼の犯行や犯行動機を知りませんでした。

そのため新潟小2女児殺人事件の概要を知った時も、周囲の人に怖いと話をしていたそうです。また、事件当日のテレビのインタビューでは、小林遼について「仕事に行っていると思う」と答えていました。

小林遼の逮捕によって、小林遼の家族は一夜にして凶悪犯の家族となってしまいました。現在は新潟市西区にそのまま住んでいるのか確認が取れていません。

しかし、新潟小2女児殺人事件を起こした場所がすぐ近所であるため、そのまま同じ場所に住み続けるのは困難だと思われるため、おそらく違い場所へ引っ越したのではないでしょうか。

 

小林遼の犯行動機

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件の犯人である小林遼の犯行動機は、わいせつ目的だったと事件状況の概要から考えられています。

また、犯行動機として小林遼の供述で犯行動機が分かるため、世論の関心が高まっていましたが動機についての供述は二転三転しました。新潟小2女児殺人事件の容疑者として逮捕された小林遼は、逮捕当時次のように供述します。

「車の事故で女の子にぶつかってしまった。女の子が泣いていたのでパニックになり、首を絞めて車に乗せた」

この発言の通りであれば、小林遼は殺人の動機がなく、偶然女児を車でひき、パニックになって殺してしまった、というのが新潟小2女児殺人事件の犯行動機の概要になります。

しかし、その他の事件状況の概要からも、小林遼の犯行は計画性があったと考えられました。

その他の事件状況の概要とは、下記の通りです。

まず、連休明けの事件当日に小林遼が会社を休んでいたこと、事件前に現場周辺で小林遼の車が目撃されたことがあります。わいせつ目的の動機で誘拐をするために、事前に車で誘拐場所について調べて、犯行に及ぶため会社を休んだと考えられるのは自然でしょう。

また、小林遼の前科が児童ポルノに関わるものと、女子中学生を連れまわしたということから、前から児童に対して興味があったことが分かり、計画性があると考えられた概要の1つです。それらの状況の概要から、小林遼は殺害の意図はなかったとしても、前もって女児を誘拐することを計画していたと考えられます。

そして、新潟小2女児殺人事件は警察や周囲の予想通り、偶然の事故ではなかったようで、その後は「わざとはねて連れて帰った」という趣旨の供述をしています。また、わいせつ目的という犯行動機を裏付けるように、被害者の女児が着ていた衣服には小林遼のDNAが検出された体液が見つかりました。

つまり、小林遼はわいせつ目的で、人気のない場所で女児を車で故意にひき、そのまま誘拐して殺害したというのが犯行動機の概要となります。我が子を殺されただけでも辛い被害者家族ですが、さらに幼い我が子がわいせつ目的という犯行動機によって殺された、と知ることはさらに辛いことでしょう。

新潟小2女児殺人事件では、犯人が線路内という場所に女児の遺体を置き去りにしましたが、この行動の動機は事件を事故死に見せかけるためだったと考えられています。電車に女児の遺体がひかれれば、死亡の原因がわからないと小林遼は考えたのでしょう。

電車という場所を利用して、事故死に見せかけようとした身勝手な動機は、小林遼の悪魔のような性格がにじみ出ています。

 

刑務所での言動

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件の犯人・小林遼は上記のように逮捕された後に、犯行動機につながる供述を二転三転させています。自分の罪を軽くしたいがために、犯行動機に関する供述で嘘をつくところは、反省しているようには思えません。

また、口では被害者に対して謝罪の言葉を口にしていますが、刑務所で出されている食事は完食し、時折鼻歌を歌う様子が目撃されています。身勝手な犯行動機で幼い命を奪った小林遼の刑務所での言動は、犯行に対して悔やんでいる態度といはいえず、被害者家族の神経を逆なでするものでしょう。

未だに小林遼の初公判が行われていないため、刑務所という場所において小林遼がどのように振る舞っているのか、上記以外に情報はありません。

しかし、性的欲求から来る身勝手な犯行動機で幼い命を奪って、刑務所という場所で鼻歌を歌う小林遼が、静かに反省しているとも思えません。

 

小林遼の現在

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件を起こした小林遼の概要としては、現在刑務所に収容されて、その場所で初公判を待っている状態です。

どんな気持ちで待っているのか実際に見る事はできませんが、目撃されている鼻歌などの様子からは、とても自らの身勝手な犯行動機で命を奪ったことを反省しているとは思えません。

身勝手な犯行動機で幼い命を奪った小林遼に対して、死刑を望む声もある新潟小2女児殺人事件ですが、初公判の日程は未定です。現在は公判前整理手続きが7回ほど行われている状況になっています。

この公判前整理手続きの概要については、裁判の前に争点を絞り込むために行われる行為のことです。

 

新潟小2女児殺人事件被害者家族【〜現在】

引用: Pixabay

事件概要を聞くだけでも痛ましい新潟小2女児殺人事件に巻き込まれた、新潟小2女児殺人事件被害者家族の方たちは、現在どんな生活をしているのでしょうか。

時系列に沿って被害者家族についての概要と、被害者家族を苦しめたマスコミについての概要も紹介します。

 

被害者家族について

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件の被害者家族は、被害者の女児と小4の兄を含めて4人家族です。

周辺の場所に住む人たちからも評判が良い家族で、同居はしていませんが祖父母も健在だったそうです。住んでいた場所である新築の一軒家は、被害者少女が小学校へ入学する数か月前に建てたばかりでした。ありふれた幸せな一家、というのが被害者家族たちの概要でしょう。

たまたま家を建てた場所が犯人の家の近くで、学校への通学路が人気がなくなる場所でした。その場所に引っ越したのも事件が起こる数年前のため、両親の後悔はどれほどのものでしょうか。

もちろん、その場所に家を建てたことと小林遼の身勝手な動機は関係ありませんが、自分たちを責めてもおかしくない状況です。

また、被害者家族は犯人・小林遼の自宅から100mしか離れていない場所に住んでいたため、小林遼とも関わりがあったと考えらえます。幸せだった日常を自己中心的な犯行動機によって壊した小林遼について、被害者家族がどんな感情を抱いているのかは分かりません。

 

事件当日

引用: Pixabay

2018年5月7日に犯人の身勝手な動機によって、新潟小2女児殺人事件は起きました。

被害者女児は普段と同じように学校へ登校していったため、まさか被害者家族もこれが永遠の別れになるとは思いもしなかったでしょう。いつもならば家についているはずの午後5時になっても帰ってこないため、被害者家族は警察に通報をしました。

この被害者家族からの通報を受けて、地元警察は100人態勢で付近の場所を捜索します。しかし、結局午後10時半に線路内の場所で遺体が発見されるまで、見つけることができませんでした。

小林遼が理不尽な犯行動機で女児を殺害したのは夕方頃なので、警察が捜索を始めたころには、おそらく女児は殺されていたと考えられます。

 

殺害された女児の祖父による発言

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件によって殺害された小2女児には、別の場所に住む祖父母がいました。その祖父がインタビューに答え、新潟小2女児殺人事件の前後における家族が送る生活の概要を知ることができました。

新潟小2女児殺人事件が発生したのは、ゴールデンウィーク明けでしたが、ゴールデンウィークには祖父母たちと被害女児は楽しい時間を過ごし、それが最後に祖父母が見た元気な女児の姿だったそうです。事件当日には、被害女児の父親から祖父に連絡が入り、女児が事故死をした、と混乱したように概要だけ告げられました。

この死亡についての概要を聞いた祖父は、今までの女児の様子から直感で絶対に事故ではないと感じます。もちろん死んでしまったことを受け入れられない気持ちもあったでしょうが、女児は1人で線路内のような危険な場所に入って遊ぶような子ではないため、事故死だと概要を聞いただけで、何かが起きたと思ったそうです。そして、その祖父の嫌な直観は当たっていました。

電話で事件の概要を聞いた祖父と祖母はすぐに自宅のある場所へ駆け付けますが、警察の対応をする父親と呆然とする母親と話ができたのは、次の日の朝になりました。

この頃には警察から殺された可能性があることを聞かされたのではないでしょうか。特に女児の母親は取り乱しており、話ができる状態ではなかったようです。

司法解剖をした後に棺に入って自宅のある場所へ帰ってきた女児は、少し傷跡はあったものの綺麗なままだったそうです。犯人の身勝手な犯行動機で連れ去られ、窒息死させられたあげく電車にひかれた女児が、綺麗な状態で自宅のある場所へ戻ってきたのは唯一の救いではないでしょうか。

被害者の女児には2つ上の小学4年生の兄がいましたが、少しでも新潟小2女児殺人事件の概要や犯人についての概要や、犯行動機が耳に入らないようにテレビを見せていなかったようです。

幼い小学4年生の男の子にとって、この事件の概要や犯人の犯行動機を知ることは、辛すぎるからでしょう。

そのため、棺に入って帰ってきた妹を見たときは、小4の兄は事件の概要も犯人についての概要や犯行動機も何も知りませんでした。仲の良い妹が遺体として自分たちが居る場所へ帰って来たことで、どれほど心が痛んだのか想像ができないほどです。

新潟小2女児殺人事件の被害者である女児の祖父がインタビューに答えた際には、まだ犯人の身勝手な犯行動機によって、女児が亡くなったということが受け入れられないと発言していました。

この事件当時の発言から祖父はインタビューには答えていませんが、1年経った今もきっと心の傷は癒えていないのではないでしょうか。

 

事件当時のコメント

引用: Pixabay

犯人の身勝手な動機によって新潟小2女児殺人事件が起きてから、被害者遺族はコメントを発表しました。コメントの概要としては、被害者家族の悲しみと願いが込められているものです。被害者遺族のコメントの全文は以下の通りです。

「私たち家族は、大切な存在である娘を今回の思いがけない出来事で失い、悲しみの中におります。この状況を受け止めることは難しく、また、犯人が捕まったとしても娘が戻ってくることはありません。今は一日も早く、地域の方々や私たち家族が穏やかな生活を取り戻せることを願うばかりです」

このコメントは各テレビ局で報道されました、その際になぜか最後の1文を読み上げなかったことで、当時視聴者から苦情が多数起きました。その読み上げられなかった一文は下記の通りです。

「どうかこのような心情をご理解いただき、今後、家族や親族等に対する取材・撮影等についてはご遠慮いただきたいと思います」

このコメントはマスコミに向けられたものですが、同時に被害者家族の気持ちを表しています。なぜこの1文をあえて読まなかったのか、マスコミが自分を守るために行ったと考えられても仕方が無いでしょう。

新潟小2女児殺人事件の犯人の身勝手な動機で奪われた命は、被害者家族の平穏な日常を奪い去りました。

そして、被害者家族は辛い状況でも、近くの場所に住む地域の人にも気遣いができる素晴らしい方だということも、この被害者家族の発表したコメントの概要から分かります。

 

被害者家族とマスコミ


小林遼の歪んだ犯行動機により、新潟小2女児殺人事件が発生してから、マスコミは被害者家族がいる場所から離れませんでした。

その際には被害者自宅の場所がテレビに映ってしまう様子もあり、違和感を感じる視聴者も多くいました。被害者家族とマスコミの関係性の概要を一言で表すとすれば、やりすぎであったという言葉になります。

事件が発生した当時のTwitterの様子を見てみると、マスコミの執拗な取材の様子が分かります。24時間体制でずっとマスコミは、犯人の身勝手な動機によって苦しめられた被害者家族の自宅がある場所から離れていなかったようです。

愛する我が子を失い、悲しみに暮れても生活をしなければいけません。まだ小学生のお兄さんが居るなら尚更でしょう。そして、生きていくためには、買い物などの外出をしなければいけません。そのたびに、大量のマスコミに囲まれるのはどんな気分だったのでしょうか。

また、家の中にいても、ずっと外にマスコミが張り付いていれば、気が狂いそうになってもおかしくありません。

新潟小2女児殺人事件の被害者である一家が、このような苦しみを受けることは間違っている、と思いますが、現在の日本での報道では、被害者家族がいる場所がテレビに映る、など被害者家族のプライバシーが守られないことがあります。

被害者家族とマスコミの関係性の概要を見れば、事件当時に被害者家族が出したコメントは、マスコミへ向けたものだということが分かります。

報道をする時に視聴率を取るため、被害者の様子や住む場所を映すことが当たり前のように行われています。新潟小2女児殺人事件の被害者家族は、事件だけではなくマスコミの被害者にもなったといえるでしょう。

 

被害者家族の現在

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件の概要や犯人の概要や歪んだ犯行動機を見れば、痛ましい事件であり被害者家族の心の傷が癒えていないことが分かります。

現在は事件が起きた当時に住んでいた場所に、被害者家族がそのまま住んでいるのかは分かりません。しかし、家も建てたばかりで、まだ小学生の子どもがいるため、引っ越すことは考えにくいでしょう。

被害者遺族は事件後のコメント以外、特にマスコミの場へは出てきていません。それは、被害者家族のコメントを受けて、マスコミがやっと報道を遠慮し始めたからでしょう。

これから身勝手な動機で新潟小2女児殺人事件を起こした小林遼の初公判が行われれば、再度マスコミからこの事件が注目を集めることになります。

その際に新潟小2女児殺人事件の概要がニュースに流れるだけで、犯人の勝手な犯行動機で幼い命を奪われた被害者家族の心の傷はさらに深くなるでしょう。

小林遼の初公判が行われる際には、ぜひマスコミには被害者家族の気持ちを考えた報道を心がけて欲しいです。

 

新潟小2女児殺人事件の現場は?

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件が発生した事件現場は、どのような場所だったのでしょうか。

また、現在その場所はどうなっているのでしょうか。事件現場の場所の概要や状況の概要、さらに現在どうなっているのかの概要を紹介します。

 

事件現場の場所

引用: Pixabay

新潟市西区で発生した新潟小2女児殺人事件の場所は、自宅と少女が通っていた小学校、そして遺体が発見された線路内は約600m四方に収まります。

事件現場の場所は一戸建ての住宅が並ぶ静かな住宅街で、近くには浄水場を利用した水の流れる公園もありました。つまり、事件現場の場所の概要としては、子どもを育てるにはちょうど良い場所だったといえます。

また、近くに大学があり、学生が多く住んでいる場所だったようです。夜遅くまで営業しているスーパーや薬局があり、物価も安く美味しいレストランもたくさんあったため、新潟市西区の概要は住みやすい街だといえます。

まさか、このような街に小林遼のような犯行動機を持つ男がいるとは、誰もが想像していなかったでしょう。

事件現場の場所の様子は、朝は近所の人がウォーキングを楽しみ、公園では子どもたちが楽しそうに遊んでいたそうです。しかし、その反面住宅街で街灯が少なく、夜は真っ暗になってしまう場所でした。

このような静かな住宅街という場所が、新潟小2女児殺人事件のような痛ましい事件現場になってしまったことに、周囲の住人達へ与えるショックも大きかったでしょう。

 

事件現場の状況

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件が発生した場所として、身勝手な犯行動機で殺害された女児が誘拐された場所の概要を説明します。

学校から自宅まで下校する際には、友人と途中まで一緒に帰りますが、家の少し手前の踏切がある場所で友人と別れて1人になってしまいます。その1人になる時間としては、ほんのわずかなものでしたが、そのわずかな時間に身勝手な動機を持つ犯人によって車にひかれて、誘拐されてしまいました。

女児が誘拐された場所は、右手に踏切があり左手には住宅が並ぶ車が通れる程度の細い道でした。この場所は、左手の住宅は高い塀などがあり、まっすぐ伸びる道なので、誰か来ていればすぐに確認ができて誘拐をしやすい状況であったといえます。

この場所で犯人の小林遼は、わいせつ目的の犯行動機で女児を車でひいて誘拐します。

誘拐された場所の概要として一言で表せば、人目がなく犯人からは誘拐しやすい場所でした。しかし、身近な場所に恐ろしい犯行動機を持つ犯人がいると想像できなかったように、誘拐しやすい場所だと意識している人は少なかったでしょう。

見守りボランティアもいたと考えられますが、全員を自宅のある場所まで送り届けることはありません。例えば小学生の全校生徒数が300人であれば、ボランティアが300人も必要になり、不可能だといえるでしょう。

そのため、1年生の頃は保護者が家の近くの場所で待っていることがありますが、被害にあった女児は2年生だったため、親も自宅のある場所で待っているのは普通のことです。そのため、事件に関しては、全てが歪んだ犯行動機を持つ小林遼の責任で、親や学校の責任はありません。

また、新潟小2女児殺人事件では、子どもたちが自己防衛として持っている防犯ブザーも役に立たなかったと考えられます。歪んだ動機を持つ犯人から、いきなり車にぶつけられた女児が、防犯ブザーを持っていても、鳴らすことは不可能ではないでしょうか。

新潟小2女児殺人事件が発生した場所の概要としては、事件現場が誘拐しやすい場所であったといえるでしょう。

 

事件現場の現在

引用: Pixabay

小林遼の身勝手な犯行動機による新潟小2女児殺人事件が発生した場所は、現在も周囲の人たちや保護者から警戒が続けられています。

事件が発生してから1年ほどしか経っていないので、誰もがまだ忘れることができていません。それほどに新潟小2女児殺人事件の事件概要や犯人の概要、犯行動機は恐ろしくショッキングなものでした。

2019年5月9日には、子どもたちの安全に不安を抱える地域住人のために「子どもを犯罪から守るための講演会」が開かれました。

この講演会には地域住民が100人ほど参加したことから、現在も新潟小2女児殺人事件が与える影響を感じることができます。地域住民はまた小林遼のような犯行動機を持つ人間から、子どもを守ろうとしていることが分かります。

 

現場付近のボランティア活動

引用: Pixabay

新潟小2女児殺人事件が発生した場所におけるボランティア活動についての概要としては、ボランティア数が増えたことと、未だに不安を抱えている住民がいるということでしょう。

新潟小2女児殺人事件が発生した場所が、毎日子どもが利用する通学路であったことや、いつ起きてもおかしくない事件の概要や犯人の理不尽な犯行動機から、不安に感じる保護者や地域住民によって見守りボランティアの数が増えました。

新潟小2女児殺人事件が発生した当時も見守りボランティアはいましたが、自分の目でわが子を守りたいという保護者が増えた結果でしょう。

しかし、共働きなど忙しい家庭では、登下校を見守りたくてもできないのが現状です。未だに癒えない心の傷を抱える学校の保護者や子どもたちを、どう守っていくのかが現場が起きた場所で行われるボランティア活動の最大の目的だといえます。

また、地域住民の高齢者が積極的に事件が起きた場所でのボランティア活動を行っており、安全のために力を尽くしてくれているようです。こういった地域住民と保護者の活動によって、これからもこの事件が起きた場所で新たな事件が起きないようにしていかなければいけません。

 

新潟小2女児殺人事件まとめ

引用: Pixabay

本記事では新潟小2女児殺人事件についての概要や、詳しい犯人動機や事件が起きた場所である現場の様子、被害者家族の現在について紹介しました。

新潟小2女児殺人事件は犯人の身勝手な犯行動機で、小学2年生の尊い命が奪われた痛ましい事件でした。

新潟小2女児殺人事件のような子どもが犠牲になる事件を出さないことが、今後の日本社会に求められることでしょう。

人気の記事