ちょいブスが美人よりモテる理由15選!男の本音を赤裸々に解説!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ちょいブスは美人よりモテるって本当?

引用: girlydrop

男性は外見で女性を判断して好きになることは有名な話ですが、実は男性は美人よりも少し外見が劣るちょいブスに一番惹かれることを知っていましたか?

美人ではないけれど、ブスではないちょうどいいブス、もしくはちょっとだけブスなちょいブスの魅力を今回は徹底解説!

自分は美人じゃないからと恋愛を諦めることはありません。美人でなくとも、ちょいブスであればイケメン男性と彼氏彼女の関係になることだって可能です。

ちょいブスがモテる理由を男性の本音や都合(!)から紹介していきます

 

ちょいブスが美人よりモテる理由は?

引用: Pixabay

ここからは、ちょいブスがなぜ美人より男性からモテるのかその理由を紹介していきます。

ちょいブスが男性にモテる理由を知って、美人を目指すのではなくちょいブスを目指して彼氏を作ってしまいましょう。

 

ちょいブスが美人よりモテる理由15選!【ちょいブスの良い所編】

 

【1】とにかく優しい


引用: Pixabay

ちょいブスの女性は、とにかく優しいです。

男性や彼氏に優しいだけでなく、基本誰にでも優しいのがちょいブスの女性たち。

自分がちょいブスであることをわかっているため、性格が悪くなることはありません。自分の身の丈を知っている女性は他者に対して余裕があるため、優しくできるのです。

優しい女性が嫌いな男性はいません。優しいちょいブスが男性から彼女として求められるのは当然の結果なのです。

 

【2】トークがうまい


引用: girlydrop

ちょいブスは、自分がブサイクだといじられることに慣れています。また、自分がブスであることもわかっているために、傷つくこともイラつくこともありません。

また、本当にブスな女性に対しては男性もからかうことはしません。ちょいブスであるからこそ、可愛さもこめていじっていることをちょいブスはわかっています。

そのため相手に対してうまい切り返しを返す余裕が生まれ、トークの腕が磨かれていきます。トークがうまいことは、一緒にいる相手を飽きさせません。

そんな面白くも楽しいちょいブスともっと一緒にいたいと思い、彼女に望む男性は多いでしょう。

 

【3】謙虚

Array

引用: girlydrop

ちょいブスはどこにいても謙虚です。

自分が美人ではないと自覚してるため、調子にのって大きい態度をとることはありません。いつでも、「私なんか」という気持ちを持っているため、彼氏や男性に対して下からの姿勢を崩しません。

男性の都合を考慮しながら謙虚な態度で自分を立ててくれるちょいブスに、男性は好感を抱きやすくなります。

 

【4】一生懸命

引用: girlydrop

ちょいブスには一生懸命な女性が多いです。

自分は美人ではないと、心の奥底では卑屈に思っているため、少しでも可愛くあろうとしたり、皆から好かれる努力をしたりと素敵な女性になるため努力をし続けます。

自分は、人より努力して一人前を自で行く女性が多いため、努力する姿を恥ずかしがることもないので、男性からはちょいブスでも一生懸命に努力する姿は可愛いくうつり、結果ちょいブスは男性からモテることに繋がります。

 

【5】明るい

Array

引用: Pixabay

ちょいブスは明るいことが多いのもモテる理由のひとつ。

ちょいブスは、美人ではありませんが決してブスではないこともわかっています。そのため、外見よりかも内面を重視して男性にアピールをすることが多いです。

ただし、あざと可愛いといわれる恋愛の駆け引きはちょいブスには向きません。外見が可愛くないと失敗する可能性があるあらです。

なので、ちょいブスは駆け引きをせずに、正当な方法で恋愛アピールをすることを選択するため、男性からモテる性格のひとつである明るさを持っています。

 

【6】友達が多い

引用: Pixabay

ちょいブスには友達が多いことも、男性にモテる理由です。

ちょいブスは、美人ではないために周りから話しかけやすい雰囲気を与えることが多いのです。

男性からしても、美人に話しかけるのは自分と相手の世界が違すぎて勇気がいりますが、ちょいブスであれば、気楽に話しかけることができると思ってしまうのが男性の本音です。

失礼な男性側の都合ですが、実際に話しをしてまずは友達にならないと恋愛は始まることがありません。そのため、話しかけやすく友達が多いちょいブスは美人よりも恋愛のチャンスをいつでも持っていることになるのです。

 

【7】許容範囲が広い

引用: Pixabay

ちょいブスは許容範囲が広いのもモテる理由です。

ちょいブスは、自分を高く評価することができません。そのために恋愛関係において相手と自分が釣り合う、釣り合わないで考えることがないのです。結果ちょいブスの恋愛関係にの許容範囲は美人よりも広がります。

実は、これは相手側から見たときにもいえることです。

あまりに美人な女性は男性側から、「自分が釣り合うはずがない」と恋愛をする前から彼女の対象外になってしまうことが多いのです。けれど、ちょいブスであることで「自分でも頑張ればいけるかもしれない」と彼女候補にされることが多々あります。

 

【8】へこたれない強さがある

引用: Pixabay

ちょいブスにはへこたれない強さがあります。

いくら、自分が美人でないとわかっていても、それを他人に指摘されていじられるのはあまり良い気分ではありません。

けれど、ちょいブスはそのいじりも笑いに変えてしまう強さとポジティブさを持っています。彼女たちの中には、例え自分はちょいブスでもブサイクではないという自負あります。また、美人でなくとも可愛がってもらえる内面に自信を持っています。

そんな自分の弱点も自信に変えてしまうちょいブスの彼女たちの強さに男性は惹かれていきます。

 

【9】真面目

引用: Pixabay

ちょいブスな彼女たちは、基本的に真面目です。

外見で勝負ができないぶん、内面にかける彼女たちのひたむきさには目を見張るものがあります。

真面目な気質を持っているからこそ、例えちょいブスであっても美人と同じ思いをするにはどうしたら良いのかを考えることができるのかもしれません。

 

【10】自立している

引用: Pixabay

ちょいブスな彼女たちは、自立している女性であることが多いです。

実際は男性たちからとてもモテるちょいブスな彼女たちですが、自分がちょいブスであるためにそう簡単に彼氏ができたり、彼氏との関係がうまくいくと思っていません。

そのため、彼氏に依存することもなく自立した女性として男性と関係を築くことができます。

その自立した姿勢が、何か男性に都合ができたとしても考慮してくれるだろうと、逆に男性にモテるようになっていきます。

 

【11】家庭的

引用: PAKUTASO

ちょいブスには、家庭的な女性が多いのも男性からモテる理由です。

外見よりも内面を磨こうと頑張ろうとするちょいブスな彼女たちは、男性が好きといわれている性格に一生懸命近づこうと真面目に頑張ります。

その結果、料理が上手かったり、掃除が得意であったり面倒見が良い女性ができ上がるのです。

 

【12】現実的

引用: Pixabay

ちょいブスな彼女たちは現実的な一面も持ち合わせています。それは、自分の外見をよくわかっているからです。

そのため自分が男性から美人と比べてどう見られているかもわかっているため、いつか彼が美人を好きになって別れがくるかもしれないと、いつでも現実を予測しています。

そのドライさは彼氏や男性には見せませんが、やけに彼氏の都合に対して物分かりが良かったりするのは現実を知っているからともいえるでしょう。

しかし、そんな自分たちにとって都合も良く、居心地の良いちょいブスたちを男性は離そうとすることはないでしょう。

 

【13】幻滅されにくい

引用: PAKUTASO

ちょいブスは男性たちから幻滅されにくいメリットを持っています。

服装がちょっとダサかったり、カラオケで音痴がわかっても美人のようにちょいブスは幻滅されることがありません。ちょいブスであること自体が最初からハンデを背負っているので、カッコ悪い姿を見ても男性側はあまり気にならないのです。

 

【14】プライドが高すぎない

引用: Pixabay

プライドが高すぎないこともちょいブスが男性からモテる理由です。

ちょいブスであること自体が彼女たちのプライドを低くしているため、彼氏や男性に対して尊大な態度をとることはありません。

むしろ尊大な態度をとられても、そんな都合も流せてしまうちょいブスの寛大さを見ることができます。

 

【15】一途

引用: PAKUTASO

ちょいブスはとにかく一途です。

ちょいブスは、自分がちょいブスであるために「私なんかと付き合ってくれて…」と彼氏や男性に対して思いがちなため、付き合ってくれた彼氏や好きになってくれた男性に、「もうこの男性しかいないだろう」と感謝の気持ちでいっぱいになります。

そのため、浮気や他の男性を見るなんてとんでもないと、ひたすら彼氏につくします。

 

ちょいブスが美人よりモテる理由15選!【美人悪い所編】

それでは次にちょいブスが美人にモテる理由について美人が逆に悪いところをみていきましょう。

これは嫉妬ではなく事実だという点に留意をお願いします。

 

【1】周りが気を使う

引用: Pixabay

美人は男性からモテると思われがちですが、美人を見ると男性は自分に自信がなくなるため、異常に美人に気を使います。

そのため、美人がそばにいるだけで疲れてしまうため、彼女にはしたくないと思ってしまうのです。

 

【2】くち下手

引用: Pixabay

美人は、くち下手な人が多いです。

小さな頃からあ美人は褒められることが多かったため、自ら自分が喋る必要がなかったのです。

自分がそこにいるだけであとは相手が喋ってくれるため、ちょいブスのように相手を自分のトークで楽しませることはできません。

 

【3】ひっこみ思案

引用: Pixabay

美人はひっこみ思案な女性が多いのも、美人よりもちょいブスがモテる理由です。

美人は、ちょいブスのように自らの意思を積極的に示さなくても、周りが気を使って察してくれる環境下いることが多いためです。そのため、自分から何かを希望することがなく、意見も人前で発することは少ないです。

ただし、美人に自分の意思がないわけではありません。しっかりと自分の希望は持っているくせに、自ら発言をしないところが美人の悪い所でもあります。

 

【4】すべてが自慢話に聞こえる

引用: Pixabay

美人がちょいブスよりも可哀想なところは、美人の話はすべて自慢話に聞こえてしまう所です。

ちょいブスがダイエットすると言うと皆応援してくれますが、美人がダイエットすると言うと嫌味のように聞こえ、「する必要ないよ」と言われるのを待っているような体型自慢に聞こえてしまうのです。

美人は自分のこと美人だと自覚していない場合が多いため、周囲の反感を買ってしまうことがあります。

 

【5】マイペース

引用: Pixabay

美人はマイペースなことが多いです。

なぜなら、美人ゆえに他人が自分の都合に合わせてくれることが当然だったからです。なので、例え彼氏ができても彼氏の都合に合わせることができません。

そのため、自分が都合を合わせてばかりの美人な彼女よりも、自分の都合に合わせてくれるちょいブスな彼女を好きになりやすいのです。

 

【6】誰かが助けてくれるまで待っている

引用: Pixabay

美人は自分で自分を助けることができません。何か困ったことがあれば、他人が助けてくれるのを待ってしまいます。なぜなら、いつでも困ったことが起きたときは助けてくれる誰かがいたからです。

そのため彼氏や男性はいつも何かと助けてあげないといけない美人に疲れ、自分のことは自分で解決していくちょいブスに好感をもつようになります。

 

【7】依存しやすい

引用: Pixabay

実は、美人は依存しやすいことを知っていますか。

とくに、振られた相手には自分のプライドもあいまり、ものすごい執着を見せます。

また、何でも他人がやってくれたり大切にされてきた美人だからこそ、相手が離れていく理由がわからず、思い通りにならない男性に強い束縛や独占欲を見せるようにもなります。

 

【8】孤立もしやすい

引用: Pixabay

美人は、周囲から孤立しやすい傾向もあります。

一緒にいると自分が劣って見えてしまいそうで男女ともに距離を置かれてしまうことがあります。しかし、自分から話かける経験もないため、周囲が距離を置けばその距離を縮めることはできずにそのままとなってしまいます。

 

【9】傷つきやすい

引用: Pixabay

美人は、褒められることには慣れていますが、自分を悪く言われることには全く慣れていません。

そのため、例え相手が冗談の気持ちで言った言葉だとしても、深く傷つきその場の雰囲気を悪くしてしまうことがあります。

 

【10】褒められ待ちをしてしまう

引用: Pixabay

美人は、会話の中で褒められ待ちをしまうことがあります。

旅行の話をしたときや、新しい服を買ったときなど必ず褒められてきた過去を持つ美人な彼女たちは、男性からの「可愛いね」をつい待ってしまう傾向が見られます。

そのため褒められる言葉がないと、不機嫌になったり傷ついてしまうことも。ちょいブスは自ら「褒めてよ」と自虐ネタにして伝えてきますが、美人は待つことしかできません。

男性は美人が不機嫌になった理由がわからず、一緒にいることにより疲れを感じてしまいます。

 

【11】姫様扱いに慣れすぎている

引用: Pixabay

美人は姫様扱いに慣れすぎている所があります。

子供のころから、何かと可愛い可愛いと大切に扱われてきた彼女たちは、大人になった今でもその癖が抜けません。大人たちから可愛いがわれるのが、男性に変わっただけなので、当然彼氏にもその扱いを求めてしまいます。

付き合う前までは姫様扱いをしてくれる男性は多いですが、付き合ってからもその態度の彼女とは、彼氏の不満は溜まる一方で、付き合いが長く続くことはないでしょう。

 

【12】他人と距離を置いている

引用: Pixabay

美人は他人と距離を置いてしまうのも、ちょいブスよりモテない理由です。

美人は何もしなくてもその外見だけで男性から好意の目を寄せられます。しかし時にはそのことで周囲のやっかみを買ったり、自分が好きでもない男性から自身の中身も知らずに好意を寄せられて気持ち悪い思いをしたこともあります。

そのため、他人に対してすぐにはオープンになれない懐疑心を持ってしまっています。その一歩置いた雰囲気がますます美人の好感度をさげてしまうのですが、仕方がないことなのかもしれません。

 

【13】プライドが高い

引用: Pixabay

美人はプライドが高いです。

なぜなら、今までにプライドを傷つけられるようなことを言われたりされたりすることがなかったためです。そのため、自分は特別な存在であると思っている女性が多いため、些細な一言でも彼女のプライドに触ると怒りだします。

 

【14】わがまま

引用: Pixabay

美人の彼女自身は決して自分がわがままだとは思っていませんが、美人はわがままなことが多いのは事実です。これは、美人のわがままはすべて通ってきてしまったことが原因です。

なので美人自身はとくにわがままだと思っておらず、わがままはエスカレートしてしまい、彼氏は別れを考えてしまいます。そして、その様子を見ていた男性たちからも美人=わがままの定式が残ってしまいます。

 

【15】話しかけにくい

引用: Pixabay

美人は話しかけにくいことが、ちょいブスよりモテることのできない一番の原因です。

美人に話しかけるには、その外見に男性はドキドキしてしまい平常心で話しかけることができません。例え話をしてみたくとも、その前で疲れて挫けてしまうのです。

しかしちょいブスであれば、そのハードルはグンと下がります。そのため、美人よりかもちょいブスと仲良くなる確率が高く、そのまま彼氏彼女の関係になりやすいのです。

 

あなたはちょいブス?ちょいブス診断!

引用: Pixabay

ここからは、自分がモテるちょいブスであるか診断していきます

もしも、ちょいブスでなくても大丈夫。まずは、自分がどのカテゴリーにいるか見極めることが大切です。

美人であるなら、周囲に対してフレンドリーであることを心掛けてください。ブス、普通であれば、現実を受け入れちょいブスを目指しましょう。

ちょいブスもブスであることに変わりはありません。メイクや服装を変えたり、自分の性格を見直してみましょう。ちょっとした工夫でちょいブスになることは可能です!

 

【1】「私、ブスだから」と言ってみる

引用: Pixabay

「私、ブスだから~」と笑いながら自虐ネタとして皆の前で言ってみましょう。

「そうだね」「頑張れ」と笑いながら返しがくるようであれば、あなたは立派なモテるちょいブスです。すでにあなたのことを好きな人もいるかもしれません。

ただし、もしも周囲が黙りこんでしまったらあなたはちょいブスではなく、美人・ブス・普通のカテゴリーに所属されます。

 

【2】知らない男性に店や道を訪ねてみる

引用: Pixabay

知らない男性に道を訪ねてみることでも、自分がモテるちょいブスなのか診断することができます。もし、男性が心よく親切に道を教えてくれたら、あなたはモテるちょいブスです。

ちょいブス以外であれば、最初に驚いたような表情をして道を端的に教えてすぐに去っていくでしょう。

ちょいブスは、第一印象が抜群に良いため、例え初対面の男性でもちょいブスに親しみを感じてフレンドリーに接してくれます。

 

【3】いつもと違うメイクや服装をしてみる

引用: Pixabay

いつもと違うメイクや服装で皆の前に出てみるのもちょいブスかどうか診断することができます。

すぐさまあなたの服装やメイクをいじってくるようであれば、あなたはちょいブスです。ちょいブスは話しかけられやすい雰囲気を持っているため、その服装が似合っていようがいまいが、変化をネタにあなたと話がしたいと相手は思っています。

もしも、自分に変化があったにも関わらず誰にも指摘をされないのであれば、周囲を気づいてはいるけれどあなたに話しかけにくい雰囲気がある証拠です。

ちょいブスを目指すためにも、思い切って「どうかな?」と自分から話しかけてみることをおすすめします。

 

【4】飲み会であえて自分から話かけるのをやめてみる

引用: PAKUTASO

飲み会の機会があれば、ぜひともやって見てほしいちょいブス診断です。

飲み会時にはあえて自分から初対面の男性に話しかけるのをやめてみましょう。

メニューのこと以外で自分が最初に話かけられたら、あなたはモテるちょいブスと相手側から判断されています。

飲み会など初対面の男性の反応はちょいブスを診断するには一番わかりやすいです。初対面の女性がたくさんいる中で真っ先にあなたに話しかけてきたのは、それだけあなたに話しかけやすい気楽さを男性が無意識に見抜いたからです。

 

【5】アドレスに男友達が5人いるか確認してみる

引用: PAKUTASO

あなたのアドレスには男友達のアドレスは入っていますか?ちょいブスは男友達ができやすいのも特徴のひとつ。

純粋に男友達だと思えるアドレスが携帯電話に5人入っていればあなたはちょいブスの可能性あり!

もしもいないようであれば、5人を目安に男友達を作るところから始めてみましょう。

 

ちょいブスでも結婚できる?【男の本音】

 

【1】ちょいブスは浮気の心配がない

引用: Pixabay

ちょいブスがモテるのは、浮気の心配がないと思う男の本音があります。

美人であれば、他にも男がモーションをかけていたり、自分に自信がなかったりで浮気の心配はありますが、ちょいブスにはその心配がありません。私なんかと付き合ってくれてる…!と一途に自分を思ってくれるちょいブス彼女には彼氏としての信頼感があるのです。

また、ちょいブス彼女なら、自分の魅力でもなんとかなると男としての自信をつけてくれる男性側の都合も垣間見えます。

 

【2】ちょいブスには妙な安心感がある

引用: Pixabay

ちょいブスには安心感があるから彼女にしたいし、結婚も考えてしまう男の本音があります。

美人でなく、ちょいブスな外見は完璧ではないからこそ安心感を相手に与えます。

割ってはいけないお皿や、何百万ある現金を運んでいるときなど自身にとって価値があるものは早くに手放したいと気が張ってしまうけれど、プラスチックの食器や一万円入った財布は安心して、いつまでも手元に置いておきたいと思ってしまいます。

そのくせ、手元にあるものの他にも手を出したくなってしまうのは完全に男性側の都合ですけどね。

 

【3】ちょいブスは気を使わないから楽

引用: Pixabay

ちょいブスは気を使わないからこそ、結婚したいと思うのが男の本音です。美人と一緒にいると気疲れしてしまう男性も、ちょいブスとは自然体でいられます。

いつでも素の自分を見せることのできるちょいブスな彼女は、実は男性にとって一番大切な存在なのかもしれません。

 

【4】ちょいブスには独占欲が湧きやすい

引用: Pixabay

男の都合なのかもしれませんが、ちょいブスには独占欲が湧きやすいのも本音としてみることができます。

ちょいブスだからこそ、他の男性にはとられたくないし、触られたくもないと強い独占欲を男性はちょいブスな彼女に持ちます。美人な彼女なら仕方ないかと思えることも、ちょいブスな彼女だと許せずに、彼女の行動を男性の都合で縛ってしまったり、男友達のいる飲み会に行くことを嫌がってしまうことも。

しかし、そんな都合も許せてしまうのがちょいブスな彼女なので、彼氏はますますちょいブスな彼女にハマってしまうのでしょう。

 

【5】ちょいブスはサポート上手

引用: Pixabay

ちょいブスな彼女はサポート上手。彼氏の都合を理解して、彼女として場の空気を読んでくれます。

決して美人ではないけれど、すぐに他人と仲良くなれたり場をなごましてくれるちょいブス彼女は、彼氏にとって欠かせない存在でしょう。

彼女なら、家族でも友達でもうまくやってくれるし、気に入ってもらえるだろうと思ってしまう結婚に対する男の本音がみえます。

 

ちょいブスでも大丈夫!人生楽しもう!

引用: Pixabay

ちょいブスでも美人にモテる理由はわかりましたか?

男性にモテるのは外見がものを言いますが決して美人である必要はないのです。美人であることが男性の都合的には実は悪いことも…!美人になる自信はなくても、ちょいブスなら誰でもなることが可能です。

まずは、自分が男性からどの立ち位置にいるのかをしっかり理解して、モテるちょいブスを目指していきましょう!

人気の記事