東京大学出身の犯罪者15選!天才たちの隠された素顔

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

東京大学出身の犯罪者がやばい!

引用: Pixabay

日本で一番頭の良い大学であり、日本各地から優秀な生徒が集まる大学が東京大学です。

みなさんは東京大学にどのようなイメージをお持ちでしょうか?「手が届かない。」「別次元」「頭が良すぎる。」など、様々なイメージがあることでしょう。

また最近では、東京大学に通っている生徒の方が出演されるクイズ番組やバラエティ番組なども多くあり、注目の高さや憧れ度の高さが伺えます。

エリート官僚などの仕事に就いている方のほとんどが東京大学を卒業されていたりと、就職時においても東京大学の出身であるということは圧倒的な力を発揮するものです。

しかし一方で、そのような素晴らしい「東京大学出身」という肩書きを持っていながら、犯罪者として世間に名を広めてしまった方たちもいるのです。

誰もが羨ましくて、輝かしい未来が待っていると思われる東京大学出身者でありながら、いったいどうして犯罪を起こすようなことになってしまったのでしょうか?

今回の記事では、『東京大学出身の犯罪者15選』を、その犯行内容とともに紹介していきます。

最初にことわっておきますが、今回紹介する犯罪内容と東京大学の関係は一切なく、あくまで犯罪を犯してしまった東京大学出身の方を紹介します。東京大学を卒業されている方はほとんどが輝かしい経歴を歩まれていることかと思いますが、中でも特別な一例になります。

 

関連記事はこちら!


慶應大学出身の犯罪者15選!若き血でやらかした大学生の末路

 

東京大学出身の犯罪者15選【殺人編】

引用: PAKUTASO

まずは、東京大学出身の犯罪者の中で、殺人を犯してしまった方を紹介していきます。

それではさっそく見ていきましょう。

 

【息子殺人事件/殺人罪】熊沢英昭


引用: Pixabay

まず紹介するのがこちらの方になります。2019年の6月の、ついこの前起こった事件になります。

農林水産省に事務次官として勤められていた熊沢英昭(76)は、44歳の自らの息子を刺して殺したという事件です。

熊沢英昭は、東京大学の法学部を卒業しており、そのまま農林水産省に就職する超エリートな方でした。

殺されてしまったのは、無職の熊澤英一郎さん(44)です。ずっと一緒の家で暮らしていながら、近所の方は息子の存在を知らなかったということから、引きこもりだったのではという意見も出ています。また、息子さんは日常的に家庭内暴力を行なっていたという話もあるのです。

事件前も熊沢英昭と息子さんは口論をしていたのだとか。熊沢英昭は殺人の事実を認めており、逮捕されました。今後裁判など動きがあるので、まだまだ注目です。

 

【地下鉄サリン事件/殺人罪】豊田 亨

Array

引用: Pixabay

地下鉄サリン事件など、さまざまな事件を起こして世間をざわつかせた宗教団体『オウム真理教』。その幹部であった豊田亨 も東京大学出身の犯罪者です。

豊田亨は、東京大学の理学部物理学科を卒業しており、その後は東京大学大学院理学研究科に進学し、修士課程を修了しています。

将来の夢であるノーベル賞を取ることを叶えるべく、研究に励んでいましたが、麻原彰晃の著書『超能力秘密の開発法』を東京駅の本屋で見つけたことをきっかけに、オウム真理教に」入団した豊田亨。

地下鉄サリン事件の実行犯であるサリンを散布する役割を担うなど事件に関与しました。他にも3つの事件に関与し、死刑判決が下されました。

そして2018年7月26日に東京拘置所に置いて死刑が執行されました。

 

【池袋事故/殺人罪?】飯塚幸三

引用: Pixabay

2019年4月19日に、東京の池袋で事件は起きました。

東京大学を卒業したのち、通商産業省にて勤務されていた経歴を持つ87歳の飯塚幸三が、池袋で暴走事故を起こし、母娘の死亡含む10人以上の負傷者を出した事件になります。悲惨な事件であり、テレビでも連日放送されていたため、記憶に新しいのではないでしょうか?

87歳の高齢ドライバーがまだ幼い2歳の女の子とそのお母さんの命を奪った上、他にもたくさんの負傷者を出したため殺人罪で逮捕されるかと思いきや、現在はまだ逮捕されていないのです。

未だ逮捕されない理由はドライブレコーダーの任意提出も受け、証拠隠滅の恐れもないからとされていますが、輝かしいキャリアを持っており官僚で働いたのち天下りを経験しているからでは?と世間では話題になっているようです。

亡くなった方も出ていますし、早く正当な判決が下されることを祈るばかりです。

 

スパイ査問事件/不法監禁、傷害致死、死体遺棄等】宮本顕治

Array

引用: Pixabay

東京大学の経済学部を卒業した宮本顕治。日本共産党の指導者であり、党首でありました。

スパイ査問事件とは、小畑達夫という日本の社会運動家を集団でリンチし外傷性ショック死をさせた上に、死体を床下に遺棄したなどの罪で逮捕された事件になります。この事件により宮本顕治は無期懲役の有罪判決を下されました。

 

東京大学出身の犯罪者15選【女性関係編】

引用: Pixabay

続いては、女性関係で逮捕されてしまった東京大学出身の犯罪者の方を紹介します。

 

【性犯罪/強制性交等罪】稲井大輝

 

この投稿をInstagramで見る

 

ホットマン♂さん(@hasumi45803)がシェアした投稿

TwitterやYouTubeで若者を中心に人気であった稲井大輝が起こした事件を紹介します。

稲井大輝は、東京大学経済学部の4年生あり、2014年のミスター東大のファイナリストでもありました。また、様々な女性と会って密会をし、その情報をTwitterなどで発信することでも有名でした。

そんな稲井大輝ですが、自宅であるタワーマンションのエレベーターで遭遇した30代の女性を無理やり部屋に連れ込んだのち、ベッドの上に投げ倒し嫌がる肩を押さえて、下着を脱がし暴行を加えたのです。

裁判では稲井大輝側は無罪を主張しているようでしたが、判決はまだ出ていないようでした。

 

関連記事はこちら!

稲井大輝の現在!レイプ逮捕で東大除籍&早稲田入学?家族の末路は?

 

【女子高生トートバッグ事件/強制わいせつ未遂・住居侵入の疑い】福原弘太郎

引用: Pixabay

2017年の6月、東京大学大学院の博士課程に在籍していた「農業のエリート」福原弘太郎が、女子高生の頭にトートバックをかぶせたうえで抱きつき逮捕されました。

この時は女子高生が叫ぶなどの抵抗をしたため、わいせつは未遂となりました。しかし、8月2日に別の女子高生のあとをつけている福原弘太郎を、集合住宅の敷地内に入ったところで住居侵入の疑いで現行犯逮捕しました。

容疑の一部を否定していましたが、「堅苦しい研究と逆のことをすると、気分が安らいだ。スリルや背徳感を求めていた。」とも述べていたそうです。

 

【東大誕生日研究会事件/強制わいせつ罪】松見謙佑

引用: Pixabay

2018年1月11日、マンションの一室で21歳の女子大学生の胸を触るなどして、東京大学工学部4年の松見謙佑が逮捕される事件がありました。

この事件には他にも東京大学の生徒が関わっていたとし、19日には4人が逮捕され、計5人の東京大学学生が逮捕されました。

「東大誕生日研究会」とは名前ばかりで、実際は東京大学の男子生徒が性交や乱痴気騒ぎをすることを目的に今年4月に設立した、いわゆる“ヤリサー”だったのです。

犯行の内容としては胸を触る以外にもカップラーメンを女性の頭にかけたり、女性の局部にドライヤーの熱風を浴びせるなどしました。

判決は主犯格である松見謙佑に、懲役2年執行猶予4年の有罪判決が言い渡されました。

 

【女子高生わいせつ事件/迷惑防止条例違反】植草一秀

2004年の4月8日、午後3時ごろの品川駅で事件は起きました。

エスカレーターで女子高生のスカートの中を手鏡で覗こうとしたとして現行犯で逮捕されたのです。植草一秀自身は「手鏡は持っていたが、覗いはいない。」と一貫して容疑を否認していました。

日本の経済評論家や経済学者として活躍されていた植草一秀。東京大学の経済学部を卒業したのちに、野村総合研究所エコノミストや早稲田大学大学院教授などを歴任されていました。

この裁判の判決は罰金50万で済みましたが、植草一秀はこの後も女子高生にわいせつな行為をしたとして逮捕された経歴があり、懲役4ヶ月の実刑判決を受けています。

 

東京大学出身の犯罪者15選【政治編】

引用: PAKUTASO

東京大学を卒業されている方は、政界に勤めていたり、政界との繋がりが堅い企業に勤めていることも多くあります。そのため、政治的な問題で捕まった方もいるようです。

さっそく見ていきましょう。

【政治資金問題/政治資金規正法違反】舛添要一

 

この投稿をInstagramで見る

 

謙治 高松さん(@kenji0728)がシェアした投稿

私的に出費した個人的な金額を、治資金収支報告書に計上していたことによって政治資金規正法違反などの罪で刑事告発された舛添要一。

家族旅行で葉県木更津市のホテルへ行った際にかかった費用約37万円を「会議費用」と偽って申告していました。最終的には不起訴処分になりましたが、刑事告発され世間的に有名となった事件です。

舛添要一は東京大学の法学部を卒業しており、2014年の2月には東京都知事にもなった経歴があります。

 

【リクルート事件/贈賄容疑】江副 浩正

引用: Pixabay

 

1988年の6月18日に発覚した日本の贈収賄事件であるリクルート事件。株式会社リクルートの創業者である江副浩正は、このリクルート事件の贈賄側人物として知られています。

リクルート事件とは、リクルートコスモス社の未公開株が賄賂として政治家や官僚に譲渡された事件であり、政界・官界・マスコミを揺るがす、大スキャンダルとなった事件です。

贈賄側のトップである江副浩正は、東京大学教育学部教育心理学科を卒業したのちに株式会社リクルートを創設し、大企業へと成長させた素晴らしい人物でありました。

この事件の判決は、懲役3年執行猶予5年の有罪判決となりました。

 

【ロッキード事件/外国為替及び外国貿易管理法違反】橋本 登美三郎

引用: Pixabay

1976年の2月、世界的な大規模汚職事件が発覚しました。それがロッキード事件になります。

ロッキード事件とは、アメリカ・ロッキード社の航空機を売り込む際、日本の政界の一部に多額の賄賂が渡されていた事件になります。

この時、収賄と贈賄双方の立場となった元日本の運輸官僚であり、全日空の元社長若狭得治は東京大学を卒業されていました。

この事件では他にもたくさんの逮捕者を出しており、日本の疑獄を代表する大事件となりました。

懲役3年執行猶予5年の判決が課されましたが、有罪が決定した後も全日空の役職の座に留まっていました。

 

【ゼネコン汚職事件/独占禁止法違反・収賄罪】竹内藤男

引用: Pixabay

ゼネコン汚職事件とは、1993年に発覚した政財癒着の汚職事件になります。ゼネコン各社から中央政界や地方政界に多額の賄賂が送られていた事実が判明したのです。

この事件によって建設省・宮城県知事・茨城県知事・仙台市長等、計32人が逮捕されました。この時の茨城県知事であった竹内藤男は、東京大学の法学部を卒業していました。

この事件の判決は、起訴された32名全員が有罪判決となりましたが、竹内藤男は一審公判中に死亡しています。

 

東京大学出身の犯罪者15選【その他】

引用: Pixabay

他にも様々な事件がありました。

 

【覚醒剤受け取り事件/違法薬物所持法】西田哲也

引用: Pixabay

2019年4月29日、経済産業省に勤めていた自動車課・課長補佐」という役職を持つキャリア官僚の西田哲也が、覚醒剤が約22g入っている郵便物を受け取ったとして現行犯で逮捕される事件が起きました。

アメリカから違法薬物を密輸し、密売しようとしていたのではないかという見方がされているようです。しかし、西田哲也本人は「郵便物を受け取ったのは間違いないが、覚醒剤が入っているということは知らなかった」と容疑を否認しています。

そんな西田哲也は、東京大学の工学部システム創成学科を卒業しており、そのままエリート官僚にまで上り詰めたのです。

 

【ライブドア事件/証券取引法違反容疑】堀江貴文

 

この投稿をInstagramで見る

 

るい☆゜゜´`さん(@mizuknahanaha)がシェアした投稿

ホリエモンの愛称で知られる堀江貴文。2004年の9月期に提出された有価証券報告書に虚偽の内容があるという疑いで、証券取引法に違反したとされ逮捕された事件です。

ライブドアとは、日本の実業家である前刀禎明が設立した会社であり、のちに堀江貴文に事業を譲渡しました。

この事件により、堀江貴文は懲役2年6ヶ月の実刑判決を受けました。

堀江貴文は東京大学の文学部に入学しましたが中退をしており、現在は日本の実業家・投資家・タレントとして活動されています。

 

【光クラブ事件/物価統制令違反】山崎晃嗣

引用: Pixabay

東京大学の法学部に所属していた山崎晃嗣は、友人とともに貸金業である「光クラブ」を結成しました。

周囲の目を引く画期的な広告を打ち出したことによって、多額の資金を調達することに成功しました。そして集めた資金は企業などに高金利で貸しつけていました。当時、東大生が中心となって経営することが業界・世間で話題となり、次第に大きな会社に発展していったのです。

しかし、わずか半年後には山崎晃嗣が物価統制令違反で逮捕てしまったことによって、信用を失い業績が悪化する一方でした。復活を図っていましたが、約3000万円の債務を履行できなくなった山崎晃嗣は最終的に自殺してしまうという事件でした。

 

天才たちの隠された素顔

引用: Pixabay

東京大学出身でありながら犯罪者になってしまった方たちを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

日本人であれば誰もが知っているトップ大学。秀才ゆえの考えや苦悩があって、事件を起こしてしまったのかもしれませんね。

ですが、東京大学は一般的に見るとやはり素晴らしい教員の方や生徒の方が集まっています。将来日本を背負っていかれる方も大勢いることでしょう。

今回紹介した事件の中には、現在進行形で裁判や取り調べが行われている事件もあります。これから判決が出たりするでしょう。今後の動きにも注目です。

人気の記事