催眠術にかかる人の特徴10選!メカニズムや活用方法まで徹底解説

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

催眠術にかかる人の特徴は?

引用: Pixabay

皆さんは、催眠術に興味はありますか?

日常生活で、実際に催眠術の活用方法を見ることは少ないかもしれません。催眠術にかかる人と言えば、テレビ番組で芸能人が催眠術にかけられている姿を想像するのではないでしょうか。

催眠術にかかる人が、催眠術を活用方法とし、突然嫌いな食べ物をおいしそうに食べ始めたり、苦手なものを克服するなど、催眠術がまるで魔法のように感じる人もいると思います。

一方で、全く催眠術がかからない人もいます。あるバラエティ番組で、3人のタレントに催眠術をかけましたが、催眠術にかかる人は、1人だけでした。催眠術にかかる人には、催眠術の活用方法に当てはまる理由があったと思われます。

では、もとも催眠術とは、どのような活用方法を目的として生まれたのでしょうか?催眠術にかかる人のメカニズムについて調査してみました。

また、催眠術にかかる人とかからない人の違いはあるのでしょうか?催眠術にかかる人の特徴についてまとめてみました。

 

催眠術にかかるメカニズムとは?

引用: Pixabay

ここでは、催眠術とは何か?催眠術のメカニズムについて解説します。

催眠術の「催眠」とは、元々は病気の治療を目的として、催眠術を活用方法とし発展した分野でした。フランツ・アントン・メスメルという医師は、人間が病気になるメカニズムについて、動物には磁気が流れており、その磁気の乱れが原因になると考えていました。

後に、メスメルが研究した医療技術を活用方法としたものが「催眠」と言われるようになります。

催眠術とは、字の通り「眠りを催させる術」です。催眠術にかかる人は、脳が眠っている状態に近いメカニズムになっていると言われます。

ウトウトとする状態、まどろみの中に意識がある状態が催眠状態になるメカニズムです。電車の中でウトウトしている人も、催眠状態であると言えるそうです。

また、脳が眠っている状態のメカニズムとは、思考回路が停止している状態でもあります。単純作業を何時間も繰り返していると、何も考えることが出来なくなってきます。

思考回路が停止しているメカニズムとは、考えることを止めている状態になります。体は動いていても、脳は働いていない停止状態になるのです。これが催眠状態を起こしている脳のメカニズムになるようです。

催眠術とは、日本では「マジックショー」のように考えている人もいるかもしれません。これは、舞台催眠と言われています。

海外では、催眠術のメカニズムを活かし、カウンセリングや心理セラピーで、苦手な分野や悩みを克服する手段のひとつとして使われています。これを、催眠療法と言います。

舞台催眠、催眠療法のどちらであっても、催眠術にかかる人は、催眠状態に意識を導くことから始まります。

引用: Pixabay

催眠術にかかる人は、顕在意識のメカニズムが関係しています。

催眠術にかかる人は、暗示にかけられている人を指します。暗示のメカニズムは、理性に問いかけるものではありません。心理や精神に問いかけるものとなります。

暗示にかかることは、とても特別なことだったり、怖いことと考える人がいるかもしれません。しかし、暗示のメカニズムこそ簡単であり、誰もが当たり前に暗示にかかる人、かけられている人になるのです。

例えば、テレビでコメンテーターの意見を聞いた後、その意見に何の疑問や抵抗がなく、自然と頭の中に残ったとします。後に、コメンテーターの意見が自分の意見として、すり替わっていくことも暗示にかかっていることになるのです。所謂、相手の言葉を信じることが暗示のメカニズムになります。

これは、他者との信頼関係を築く上で、とても大切なことであり、重要なことなのです。家族・恋人・友人関係など人間関係を築く為には、相手の言葉を信じること、暗示から始まっていると言っても過言ではありません。

催眠術は、催眠術をかかる人と催眠術をかける人の間に、深い信頼関係を築くことから始まります。催眠術をかける相手のことを信じていない人や、疑っている人の中には、催眠術にかかる人はいないと考えられています。催眠術にかかる人が相手を信じなければ、暗示にはかかりません。

催眠術にかかる人は、催眠術をかける人の言葉に、疑問や抵抗を持たずに自己の意識の中に入れるメカニズムを持っています。催眠術にかかる人は、催眠術にかけられる人との間に信頼関係を築き、次第に意識を委ねていきます。

引用: Pixabay

次に、催眠術の導入になります。

催眠術にかかる人は、意識を普段の状態から、特別な状態に切り替えるメカニズムを要します。

意識の状態が普段と異なる状態になることを、トランス状態と言います。トランス状態を活用方法として、極限まで身体が追い込まれることで起こる意識状態や、リラックスした状態になります。

トランス状態に意識を移行するには、一点に強い集中力を向け意識を狭めることで、心身に強い負荷がかかるメカニズムを要します。極限状態に達した時に、身体の力を抜くことでリラックス効果を得ることが期待できます。

催眠術にかかる人は、一点をじっと見つめて意識を集中させたあと、目を閉じることで意識をリラックス状態に導く活用法に効果を示します。このメカニズムは、一点凝視法と言われています。

一点凝視法を行う為、催眠術にかかる人に使用する映像をヒプノディスクと言います。ヒプノディスクのメカニズムとは、渦が左右不規則に回る映像になります。

催眠術にかかる人が見るヒプノディスクは、元々はレコードにセットして使用するディスクになります。催眠術にかかる人に、レコードで回るヒプノディスクの中心を、瞬きせずにのぞき込むように見つめさせます。すると、思考が停止し、自然と渦の中心に吸い込まれるような感覚になり、身体が前傾になっていくのです。

そこで、視野を遮断させると、トランス状態に近い感覚になると言われています。催眠術にかかる人は、トランス状態を活用方法とし、極限にリラックスした状態に導きます。すると、身体から力が抜けて、前に倒れ込むようになります。ここまでが催眠の導入のメカニズムになります。

身体が極限にリラックスした状態になったら、催眠術にかかる人になっていると言えます。催眠術を活用方法に要することが出来ます。

この時、完全に意識が狭くなっており、自分の意識を占領していたものや、外からの情報が遮断されています。催眠術にかかる人は、催眠術にかける人の言葉を活用方法とし、意識がコントロールされることが可能なメカニズムになっていると言えます。

催眠術にかかる人は、かけられる人からの暗示される内容を認知・理解していないと、催眠術にはかかりません。例えば、催眠術にかかる人が、相手の言っている言葉や話しの内容が理解出来ないと、催眠状態が継続しないと言われています。

これまで、催眠術にかかる人の催眠導入までのメカニズムを解説してきましたが、催眠術にかかる人は、特殊な人であると感じる人もいるかもしれません。

しかし、催眠術にかかる人にとって、催眠術活用方法とは、とても簡単なメカニズムであり、身近なものなのです。実は多くの人達が、自分自身に催眠術活用方法を実践しているのです。それを自己催眠と言います。

催眠術は、簡単に言うと「暗示」です。人はそれぞれこだわりやルーティンがあると思います。朝起きて、自宅を出るまでに行う一連の流れを活用方法として、自分に暗示をかけているのです。

その流れが、何かのアクシデントで崩れてしまった場合、強い不安感を感じたり、ストレスを感じることも、自己催眠にかかっているメカニズムなのです。

自分が成功したり安心したメカニズムを、行動や物に紐づけて、同じ行動を繰り返したり、物に執着を持つことも自己催眠の活用方法となります。

 

催眠術にかかる人の特徴10選①

引用: Pixabay

ここまで、催眠術のメカニズムについて説明をしてきました。では、実際に催眠術にかかる人とは、どんな人なのでしょうか?もし、催眠術にかかる人に自分が当てはまったら、自己催眠に挑戦してみるのもいいかもしれません。自分に暗示をかけることで、ポジティブな意識のメカニズムを持てるかもしれません。

また、周囲の人に当てはまる人がいれば、催眠術にかけてみることにチャレンジしてみることも楽しいかもしれません。是非チェックしてみてください。

 

【1】素直である


引用: Pixabay

催眠術のメカニズムでもご紹介しましたが、催眠術にかかる人は、催眠術をかける人との間に信頼関係が構築されていないと、催眠術はかかりません。

理由として、催眠術にかかる人は、自身の素直な心を活用方法として、相手の言葉を意識に受け入れさせることが出来るからです。

催眠術にかかる人は、相手を疑うことが少ない人と言えます。その理由に、相手に対して疑いを持っている人は、相手の言っていることを否定的に捉えてしまいます。

催眠術は、相手の言葉を活用方法に取り入れることで催眠状態へと誘導します。言葉を素直に聞き入れ、受け入れられる素直な人こそ催眠術にかかる人と言えるのです。

 

【2】催眠術を信じている


引用: Pixabay

催眠術にかかる人は、催眠術に対して疑念を抱いていない人です。

その理由として、顕在意識の中で催眠術に対して疑念がある人は、催眠術へと意識を誘導する言葉の活用方法に対して、根底からの疑いを払拭できない為、催眠術にかかりにくいとされています。

催眠術にかかる人は、催眠術にかかってみたい」という興味や関心を過去に持ったことがある人と考えられます。

催眠術にかかる人は、顕在意識の中で催眠術を信じており、催眠術を活用方法により身体がリラックス状態になると、相手に言動をコントロールされやすくなると思われます。

 

【3】妄想が好きである

Array

引用: PAKUTASO

催眠術にかかる人は、妄想が好きな人と言えます。催眠術にかかる人は、普段の意識状態から、極限の意識状態にコントロールされます。

催眠術にかかる人は、普段より妄想や空想が好きな人です。その理由には、普段から意識のコントロールを活用方法とし、自己で意識を操り、想像の世界を楽しむことが得意とされているからです。普段より妄想することが多い人は、意識が現実世界と妄想の世界を自由に動けることも理由としてあります。

催眠術にかかる人は、脳内で相手の言葉から得た情報で、妄想を膨らませることができる人だと思われます。妄想が得意な人は、自分だけの世界に意識を集中させることが出来る為、自分で意識のコントロールがしやすいことが理由としてあります。

催眠術にかかる人が妄想が得意であれば、自身でイメージを膨らませる自己催眠も得意と考えられ、普段から自己催眠を行っている可能性もあります。

 

【4】イメージが得意である

引用: PAKUTASO

催眠術にかかる人は、イメージが得意であると言えます。

理由として、催眠術にかかる人は、一時的に視覚を遮断され、聴覚から訴えられる言葉のイメージを、自分の脳内で映像化することで暗示にかかるからです。

催眠術にかかる人が、相手の言葉から得られるイメージを上手く脳内で再生できない場合には、催眠術に集中ができないと思われます。催眠術にかかる人が、イメージをスムーズに脳内に投影できなければ、脳内でイメージするものを探す時間が必要になってしまいます。

イメージが不得意な人は、イメージに合う情報を脳内から取り出すことが苦手であることが理由としてあります。

脳内にあるイメージを探し出す間に、意識が関係のない情報に触れてしまう為、集中力が途絶えてしまい、催眠術にかかる人は少ないことも理由とされています。

 

【5】感性が豊かである

Array

引用: PAKUTASO

催眠術にかかる人は、感性が豊かであると言えます。

理由として、催眠術にかかる人は、相手の言葉からイメージする空間へ意識を飛ばすことで、暗示にかかると考えられているからです。感性が豊かであれば、相手の言葉から想像するイメージが描きやすいと考えられています。

また、催眠術は感性に働きかける暗示・行動のコントロールを行うことが多いこともメカニズムのひとつです。

例えば、高所恐怖症を取り除く、苦手な食べ物が美味しく感じるなど、感性に関する意識をコントロールすることが多いことから、感性が豊かな人ほど、催眠術にかかる人と理由付けされています。

 

催眠術にかかる人の特徴10選②

引用: Pixabay

催眠術にかかる人の特徴や理由を5項目紹介してきました。

自身や周囲の人で、当てはまる人はいましたか?催眠術にかかる人の理由には、素直であること、疑いの気持ちが無いことが重要です。

更に、催眠術にかかる人の特徴や理由について、深く調査してみました。どれだけ当てはまるのか、最後までチェックしてみてください。

 

【6】依存度が高い

引用: Pixabay

催眠術にかかる人は、依存度が高い人と言えるかもしれません。

その理由に、依存度は「これがないと生きていけない」と感じるほど、執着するメカニズムがあるからです。

「この人がいないと生きていけない」「これがないとすごく不安になる」など、他人から見れば大袈裟に感じても、依存度が高い人にとっては、生死に関係するように感じるほど、意識を支配されてしまうことが理由とされています。

依存度が高いということは、思い込みが激しいことが理由とされています。何かのきっかけで、救われた・楽になったこと経験すると、それに執着心を持つことがメカニズムとされています。催眠術にかかる人は、催眠術にかかるという激しい思い込みも、理由にあるとされています。

また、催眠術にかかる人が依存度が高い理由として、思考の視野が狭いことが特徴とされています。思考の視野が狭く、深く物事を考える人が、催眠術にかかりやすい理由になるようです。所謂、没頭するタイプと言えるのかもしれません。

没頭するタイプの人は、催眠術に意識を傾けやすく、催眠術にかかる人と思われます。

 

【7】集中力が高い

引用: PAKUTASO

催眠術にかかる人は、集中力が高い人と思われます。その理由として、意識を集中させて相手の言葉を聞かなければ、暗示にかかることは出来ないからです。

催眠術にかかる人は、集中力を最大限に高めた意識状態から、急激なリラックス状態に意識を持っていくことが可能な人になります。

集中力がない人が催眠術にかかりにくい理由とは、極限状態まで集中力を高められずに途中で意識が散乱し、催眠術がかからないと考えられているからです。

 

【8】脳梁が大きい人

引用: Pixabay

催眠術にかかる人は、脳梁が発達しており大きいと言われています。脳梁とは、右脳と左脳の皮質を繋いでいる神経繊維の束となります。

脳の働きは、左右で違うことはご存知かと思われます。左脳は、言葉を理解する働きがあります。右脳には、映像を処理したり、イメージを行う働きがあります。両方の働きが繋がって、初めて様々な情報を処理出来るようになるのです。

左脳と右脳で処理された情報を繋ぎ合わせる役目をするのが、脳梁です。催眠術にかかる人は、脳梁が他の人よりも発達していると言われています。

その理由として、催眠術にかかる人は、催眠術にかける人から与えられた言葉を左脳で処理し、右脳で言葉を映像化したものを繋ぎ合わせることが明確に行えると考えられているからです。

 

【9】知能が高い人

引用: Pixabay

催眠術にかかる人は、暗示によって行動をコントロールされます。

暗示にかかる人は、前提として相手の言っていることが理解できている人になります。催眠術にかかる人が言語の違う人であれば、催眠術にはかからないことが理由としてあります。相手の言葉が意識の中に入ってこないので、想像もイメージも出来ません。

催眠術にかかる人は、頭が悪い人と捉える人もいますが関係ありません。寧ろ頭が悪い人は、多くの言葉でイメージを創り出すことが難しいことが理由となり、催眠術にかかりにくと考えられます。催眠術にかかる人は、多くの知識があり、想像力を発展させやすい人になります。

その理由のひとつに、数年前多大なる事件を起こした某宗教団体では、マインドコントロールという修行が行われていました。マインドコントロールも、多くの人が「暗示」にかけられていた状態になります。

マインドコントロールを行っていた某宗教団体の信者は、頭の良い青年達でした。頭が良く、若い脳を持っている人は、それまで蓄えてきた情報から、イメージを膨らませることが得意であると理由付けされます。

催眠術にかかる人の理由には、催眠状態まで誘導する間の言葉を、明確に理解できる知能があることとなります。催眠術にかかる人は、相手の言葉をよく理解出来ること、瞬時に情報を理解できる頭の回転の良さが備わっていると言えます。

 

【10】女性

引用: Pixabay

これまで説明してきた催眠術にかかる人の多くの理由に、女性が当てはまるポイントが多数あると言われています。

催眠術にかかる人の理由として、素直に相手の言葉を信じる人、相手を疑わない人、相手に依存しやすい人など、男性よりも女性の方が多く当てはまると考えられています。

また、催眠術にかかる人の特徴である脳梁の発達についても、男性より女性の方が発達していることが理由であると言われています。女性は、言葉で得た情報と視覚で得た情報を結び付けて、総合的に考えることに長けていることも理由に挙げられます。

催眠術にかかる人も、総合的に情報が処理出来る人と考えられます。

 

催眠術の活用方法は?【悪用厳禁】

引用: Pixabay

ここまで、催眠術にかかる人の特徴や、催眠術にかかる理由について解説してきました。

催眠術にかかる人は、相手に意識を支配されることが理由となり、意識をコントロールされるメカニズムになっています。

催眠術の活用方法を上手に活かすことが出来たら、意識を改善して、勉強や仕事、ダイエットなど様々なことへチャレンジを成功させることが出来るでしょう。

しかし、催眠術の活用方法を誤ってしまうと、恐ろしい犯罪や詐欺を起こしたり、自身もトラブルに巻き込まれる可能性があります。

ここでは、催眠術を使用した犯罪や詐欺、催眠術の活用方法を使って行う人間関係の構築について紹介します。自身が犯罪や詐欺に巻き込まれない為にも、是非参考にしてみてください。

 

【1】催眠商法

引用: Pixabay

以前、社会話題にもなりました悪質商法である催眠商法を覚えていますか?

催眠商法は、その名前の通り「催眠術」を活用方法とした商売です。不要な物を、高額で買わせる販売方法となります。

催眠商法は、歴史は古く1965年から存在していました。高額の羽毛布団や健康食品を購入させるなど、多くの人が被害に遭いました。

催眠商法の活用方法は、無料プレゼントを配布することで多くの集客を図ることから始まります。特に、高齢者や主婦などがターゲットとなり、催眠商法にかかる人とされていたのです。

催眠商法にかかる人は、タダで物を貰うことで、相手を信用してしまいます。また、催眠商法にかかる人は、狭い密室で長時間説明を繰り返し聞かされ、意識をコントロールされるのです。これだけでも、十分に催眠の活用方法を理解して行っている商法であると思われます。

大勢の人達を相手に、催眠術を活用方法とする理由には、催眠術は集団に対しての効果を得られることが分かっているからです。

催眠商法にかかる人を、無料サンプルや無料プレゼントの配布を活用方法として集客し、会場で購買意欲を高める行動を行わせます。

催眠商法にかかる人に、商品を「買う人」ではなく、「買いたい人」と質問を行い、「はい」と大きな声で返事を繰り返し行わせます。同じ言動を繰り返し行わせることで、自分の意識に「その商品が必要なもの」とインプットされます。このことから、催眠商法は、「はいはい商法」と呼ばれていたこともありました。

また、催眠商法にかかる人の理由には、多くの人が欲しがる商品を、自分が手に入れたいと思う競争心を生むことにあります。催眠商法にかかる人は、買える権利が欲しい、商品を買わなくてはいけないという執着心も理由にあるのです。

催眠商法にかかる人は、騙されたことに気が付いた後、相手に強い恨みを持つケースが多く、過去には暴行事件を起こした人もいました。催眠術の活用方法を誤ると、催眠術が解けた後、最悪なケースを生む場合もあります。悪いことに使用することは、絶対に避けた方が良いでしょう。

 

【2】オレオレ詐欺

引用: Pixabay

オレオレ詐欺にかかる人も、実は催眠術にかかる人が狙われやすい詐欺であることをご存知でしょうか?

その理由として、オレオレ詐欺のメカニズムの中に、日本人独特の一人称の使い方が関係しているのです。日本人は自分のことを伝える時に、「私」「俺」など一人称を使います。それは、公の場であっても、家庭であっても変わりません。

電話でも同じです。身内に電話をする時に、自分が誰かを伝える際、「私だけど」「俺だけど」と話を始めます。実に日本人らしい表現です。外国人は、身内間での会話では、自分のことを名前を呼び慣れている為、電話でも必ず名前を名乗ります。

しかし、日本人は自分のことを名前で呼ぶことは、恥ずかしいと教育されて育ちます。その為、成長過程で大概の人は、自分のことを呼ぶ時に一人称に変えてしまいますことが理由とされています。

大人になってから身内に電話をする時でも、「私」や「俺」といった一人称の表現を使います。特に、男性は自分を名前で呼ぶ人は少ない為、身内にしてみると他人が「俺」と名乗ることは無いと思います。

顕在意識の中にある自分のことを「俺」と呼ぶ人物の中から、当てはまる人物を思い浮かべて、自分の身内だと思ってしまうのです。例え声が違っていても、電話番号が変わっていても、自分の知っている人物に当てはめてしまいます。

「俺」と言って電話してきた相手を、自分の息子や孫だと思ってしまったら、思い込んだ意識を変えるには、折り返し電話をかけ直すなどして、きちんと本人であるか確かめることが必要です。

 

【3】振り込め詐欺

引用: PAKUTASO

振り込め詐欺にかかる人のメカニズムは、日常生活に突然入り込む非日常に関係しています。

日常生活で警察官を名乗る人物から電話を受けると、誰でも動揺します。そこで、「あなたの銀行口座が狙われている」「振り込め詐欺の犯人逮捕に協力して欲しい」と話をされたら、誰でもパニックになってしまいます。

振り込め詐欺のメカニズムは、自分の想定外のことが起こると、それが非現実的であると意識されてしまい、判断能力が大きく鈍ってしまうことを、上手く活用方法として取り入れているのです。

催眠術にかかる人は、催眠の導入過程で、意識を次第に非日常の世界に委ねていきます。その過程で、疑うことを考えないことが、深い催眠状態に入り込んでいく理由になります。

催眠術でかけられる言葉に、何も疑念を持たず素直に受け止めてしまう、疑念を抱くことが出来なくなってしまう状態に追い込まれることが、振り込め詐欺の方法と似ているところがあると言えます。

振り込め詐欺にかかる人は、自分は絶対に引っ掛からないと思っていたと言います。

意識の中で、自分は詐欺にかからない人間だ、詐欺には無縁だと強く思っているからこそ、振り込め詐欺にかかる人は、詐欺に遭っているという意識に辿り着かずに、高額のお金を騙し取られてしまうことが理由とされています。

他人に自分の資産や預金に関することを話さない、自分のお金を預けるようなことはしない、そしてどんな相手であっても一度は疑ってみることが、振り込め詐欺に遭わない対策だと考えます。

 

【4】ミラーリング

引用: Pixabay

ミラーリングという言葉を聞いたことがありますか?

ミラーリングとは、まさに鏡を表しています。目の前にいる相手の仕草や表情を真似をすることで、相手から親近感を抱かれ信頼を得るメカニズムになっています。

これは、「類似の法則」と呼ばれています。自分と似た人には、好感を抱きやすい心理を、上手く活用方法に取り入れたことで、相手から信頼を得ることが理由とされています。

目の前の相手と同じ仕草をする、相手と同じ表情をすることで、相手は自分を鏡で見ているような感覚になるのです。次第に相手への警戒心は無くなり、相手への信用が芽生えていきます。

しかし、ミラーリングを活用方法とする場合に注意すべき点は、自然と相手の仕草や表情を真似ることです。ミラーリングにかかる人は、気が付かない内に自分と相手が似ていることを意識します。

あからさまに、相手に分かりやすく真似るような行動を取ると、馬鹿にされていると思われてしまいます。からかわれていると感じると、信頼関係は築けなくなります。

ミラーリングにかかる人は、相手と自分が似ている人間であることを意識することで、暗示にかかります。これは、仕草を真似ることだけではなく、自分と相手の共通点を話すことでも得られる効果になります。

活用方法としては、同じ出身地である、同じ趣味を持っている、好きなものが同じであるなど、共通点を話すことです。コアな話題であればあるほど、相手が自分と似ている近い人物と感じるかもしれません。相手のことを事前に調査し、あたかも偶然を装うことでも活用方法は出来ます。

ミラーリングの暗示の活用方法については、人間関係を構築させる多くの場面で使用が出来ます。相手と自分は、とても似ている人間であると意識させることで、出会いを運命のように感じさせることが出来るのかもしれません。

 

【5】吊り橋効果

引用: Pixabay

恋愛においてよく使われる催眠術の活用方法に、吊り橋効果があります。

吊り橋効果とは、実際に検証されています。揺れる吊り橋の上で出会った男女と、揺れない吊り橋の上で出会った男女は、その後、相手に恋愛の興味を示すのかという実験をした学者がいました。結果、揺れる吊り橋の上で出会った男女は、相手に興味を示し恋に落ちやすいことが分かったのです。

理由としては、心拍数の上昇が関係しているそうです。恋をした時のドキドキする感覚が、危険を感じた時に早まる心拍数を勘違いすることから得られる効果になるようです。

これは、危険な場合で得られる効果だけではありません。心拍数が上がる場合であれば、恋に落ちやすいのです。例えば、スポーツをしている時も吊り橋効果が期待出来ます。普段は何とも思わないのに、一緒にスポーツをしていると、相手が素敵に見えたことがある経験をした人もいるのではないでしょうか?

それまで興味が無かった相手であっても、急にときめくメカニズムは、自分の心拍数が上がっていることで恋に落ちてしまったと意識が勘違いしていることが理由となっています。

吊り橋効果は、出会いを掴むきっかけにはなりますが、以降の恋の進展には自身の努力が必要となります。

 

催眠術に気をつけよう!

引用: Pixabay

催眠術にかかる人は、特別な人であると考えられがちですが、意外と身の回りに多くいる特徴の人だと思われます。

暗示とは、人間関係を築く上でも重要な役割を果たしています。相手に自分のことを知ってもらうこと、信じてもらう為には、相手に自分を理解してもらうことが大切です。会話を通して自分を理解してもらうことも、暗示のひとつになります。

また、暗示にかかる人は、自然と相手の意見を自分の意識の中に取り込んでいる、相手の意見が自分の意見にすり替わっていることがあります。

催眠術にかかる人は、相手を信頼しやすい人と言えます。また、心のどこかで催眠術にかかることを望んでいる人と思われます。

しかし、催眠術を使った悪質な詐欺や犯罪もあります。催眠商法にかかる人やオレオレ詐欺にかかる人、振り込め詐欺にかかる人など、日々多くの詐欺にかかる人がいるのです。詐欺にかかる人や犯罪に巻き込まれる人を、決して他人事と意識することは、危険を予測出来なくなり、大変危険なことなのです。

催眠術にかかる人は、暗示によって意識をコントロールされてしまいます。催眠術にかかる人は、自分が望んでいない意識に、意として導かれてしまう可能性が高いと言えます。

まず、催眠術にかからない為には、疑う心が大切です。疑う心がどこかにあれば、悪質な詐欺や犯罪に巻き込まれることはありません。

また、催眠術にかかる人は頭が良い人です。想像力を膨らませ、その先をイメージすることで、トラブルを避けることが出来ると考えられます。

催眠術は、意識コントロールになります。催眠術にかかる人は、自分にとって前向きになれることや、ポジティブになれることを想像し、自己催眠をかけてみると、ラッキーに恵まれるかもしれません。是非、自己催眠を試してみてはいかがでしょうか?

人気の記事