拳で抵抗する21歳(インキャ)が特定!大学や出身情報がバレる!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

もはや流行語?拳で抵抗する!

引用: Pixabay

2017年頃に話題になった動画「拳で抵抗する21歳」をご存知でしょうか。

ある男性が「もちろん俺らは抵抗するで?拳で」と言っている動画が無断撮影され、Twitterに無断でアップロードされたことが発端となっています。

この動画に面白さを見出した人は多く、動画は瞬く間に拡散。動画に映っている男性は「拳で抵抗する21歳」「インキャ」というあだ名を付けられました。

拳で抵抗する21歳(インキャ)の動画の人気はとどまるところを知らず、多数のコラ動画・画像が作られました。Twitter以外にもinstagramでポーズを真似る人が続出し、「拳で」は、もはや流行語のようになっています。

拳で抵抗する21歳(インキャ)の出身校・個人情報についても特定される事態になりました。逆に、撮影者が動画を無断撮影したことも問題視され、撮影した中学生の特定・出身情報も話題になりました。

今回の記事では、拳で抵抗する21歳(インキャ)が有名になったきっかけや、拳で抵抗する21歳(インキャ)の出身情報、拳で抵抗する21歳(インキャ)を撮影したDQN中学生の特定や出身情報、拳で抵抗する21歳(インキャ)の現在についてなどをご紹介します。

 

拳で抵抗する21歳(インキャ)が有名になったきっかけ

引用: Pixabay

拳で抵抗する21歳(インキャ)が動画内で放った「拳で」という言葉は、インターネットで大変有名になっています。なぜここまで有名になったのでしょうか。

ここでは拳で抵抗する21歳(インキャ)が有名になったきっかけや、拳で抵抗する21歳(インキャ)の流行動画・画像をまとめてご紹介します。

 

【1】拳で抵抗する21歳(インキャ)Twitterで動画を晒される


2017年9月21日、Twitterに投稿された『この人ひどい』というツイートに添付された動画が話題となりました。

(こちらの動画は別の方がアップロードした、字幕をつけた動画になります。)

動画は、口論をしている様子の一部が切り出されたものでした。文字に起こすと次のような内容です。

中学生「投げたのお前ちゃう?!」

拳で抵抗する21歳(インキャ)「せやね、手が滑った。ごめんなさい。」

中学生「取れや。取れや。責任、取れや。」

拳で抵抗する21歳(インキャ)「自分のボールやろ!」

中学生「うん俺らのボールや。お前が投げたんやから、取んねん!」

拳で抵抗する21歳(インキャ)「で、だから、どうしてそこで義務があるん?」

中学生「あるある!」

拳で抵抗する21歳(インキャ)「どこに?」

中学生「じゃあ、お前らのチャリ、畑に捨てて良い?俺、取りに行かんで。」

拳で抵抗する21歳(インキャ)「もちろん、俺らは抵抗するで。」

中学生「どう抵抗すんねん?」

拳で抵抗する21歳(インキャ)「拳で」(ポーズを取る)

中学生「怖!じゃあ取ってや!」

拳で抵抗する21歳(インキャ)「なんで人に任せといて?」

中学生「君たち、君たち何年生?」

拳で抵抗する21歳(インキャ)「21歳」

中学生「かっこいい…」中学生「危ない、それはアカンよ。」

このような内容の動画でした。動画で見る限り、場所は公園のようです。事の経緯は、

中学生(撮影者)が公園でボール遊びをしていた

→同じ公園にいた、拳で抵抗する21歳(インキャ)の方にボールが飛んでしまった

→拳で抵抗する21歳(インキャ)、ボールを返そうとして、あさっての方向にボールを投げてしまう

→ボールが遠くの野原に入ってしまう(?)

→どちらがボールを取りに行くかで揉め、喧嘩になる

→今回の動画につながる

という流れだと言われています。

 

【2】拳で抵抗する21歳(インキャ)動画が拡散される


引用: Pixabay

男性の放った「拳で」という言葉とポーズの面白さ、拳で抵抗する21歳(インキャ)の個性的な出で立ちなど、単なる喧嘩動画に収まらない面白さがあります。

その面白さに気づいたネット民によって、動画はまたたく間に拡散されていきました。インターネット史に残る、名言誕生の瞬間です。

元はTwitterにアップロードされた動画ですが、数日後にはニコニコ動画に動画が転載されました。ニコニコ動画でのタイトルは「21歳の陰キャが厨房に喧嘩売った結果wwwwwwwwwwwwwww」。ここで初めて、拳で抵抗する21歳にインキャという設定が付加されることとなりました。

 

【3】拳で抵抗する21歳(インキャ)のコラ画像・動画が流行

Array

「拳で抵抗する21歳(インキャ)」の動画では、流行に乗って多くのコラ画像・動画が制作されました。

こちらは、拳で抵抗する21歳(インキャ)の動画に豪華なエフェクトを加えたコラ動画です。

拳で抵抗する21歳(インキャ)を、とあるアニメ風にしたコラ動画もありました。

拳で抵抗する21歳(インキャ)のコラ画像が、学校で大流行しているというツイートもありました。

こちらの拳で抵抗する21歳(インキャ)のコラ画像は、遊戯王カード風の画像になっています。

これらのコラ動画・画像を見た人が、面白がってまたネタにする…というサイクルにより、拳で抵抗する21歳(インキャ)は大流行ネタとなりました。

 

【4】拳で抵抗する21歳(インキャ)インスタでも流行する

 

この投稿をInstagramで見る

 

misaki haraさん(@humming.lalala)がシェアした投稿

拳で抵抗する21歳(インキャ)が大流行し、ネットに詳しい人以外の間でも話題のネタになりました。

Twitter出身のネタですが、instagramユーザーなど若者の間でも「拳で」ポーズはブームとなりました。

2019年現在、Twitterではもはや”懐かしい”扱いの「拳で」ネタですが、instagramでは定番ポーズとして定着しているようですね。拳で抵抗する21歳(インキャ)の元ネタを知らなくても、ポーズを真似しやすいのが理由かもしれません。簡単なポーズなので、友達とも合わせやすいですね。

 

拳で抵抗する21歳(インキャ)が特定される?

引用: Pixabay

ここまで、拳で抵抗する21歳(インキャ)流行の経緯と、動画・画像をご紹介しました。

あまりにも魅力的な出で立ちの「拳で抵抗する21歳(インキャ)」ですが、彼の出身などは特定されているのでしょうか。

 

拳で抵抗する21歳(インキャ)卒業アルバム画像で特定

Array

「拳で抵抗する21歳(インキャ)」の男性と、同じ小学校出身の方によるリークで、小学校の卒業アルバム画像とされるものが出回りました。

出身小学校は分かりかねるのですが、拳で抵抗する21歳(インキャ)の男性のお名前は写っていて「三◯智」さんとあります。

確かに拳で抵抗する21歳(インキャ)の男性の面影があります。

 

拳で抵抗する21歳(インキャ)旧友の発言で特定

Twitterで、拳で抵抗する21歳(インキャ)の男性と同じ高校出身という方が、このようなツイートをしていました。

「この子ケータイもガラケーなんですよ。TwitterもLINEもしてないと思います」

(出身高校の偏差値はどのくらいだったか?という質問に対して)「40前後くらいですかね。頭のいいところではないですよ。」

現在このツイートは消されていますが、情報が本当だとすれば出身高校が特定できそうですね。

また、同じ高校出身という別の方がアップロードした「拳で抵抗する21歳(インキャ)へのドッキリ動画」というものもありました。

また、拳で抵抗する21歳(インキャ)は京都大学の学生だという噂もあります。しかし出身高校を調べた方によれば、

「拳で抵抗する21歳(インキャ)の出身高校から京大進学者は0人」「大学に進学したらスゴイと言われるレベルの出身高校」

とのことで、拳で抵抗する21歳(インキャ)の京都大学の学生説は、あまり信憑性がないようです。

 

拳で抵抗する21歳(インキャ)がいた公園が特定

拳で抵抗する21歳(インキャ)の動画は、公園らしき場所で撮影されています。この公園がどこかは特定されていて、鳴尾公園というところだそうです。

確かに、鳴尾公園の特徴的な車止めが一致していますね。

 

拳で抵抗する21歳(インキャ)なぜ公園にいたか特定

引用: Pixabay

ここまで見てきてふと考えるのが、”なぜ拳で抵抗する21歳(インキャ)の男性は公園にいたのか?”ということです。

この疑問に関しては、同級生や地元住民のリークによって、「動画の後ろに映っている男性と一緒に、公園で日々”戦いごっこ”をしているから」という理由が推測されています。

普段からこちらの公園で”戦いごっこ”に勤しんでいるという内容が、ネット上でまことしやかに語られていますが、本当かどうかはわかりません。戦いごっこと言っても、他人に迷惑がかかっていなければ個人の勝手ですし、人によってはストレス解消のための唯一の手段かもしれません。

また、噂は嘘で、男性はたまたま公園に通りがかっただけかもしれません。

いずれにせよこの男性は、動画が出回ってからは公園に行きづらくなってしまったかもしれませんね。

 

拳で抵抗する21歳(インキャ)の喧嘩したDQNの情報まとめ!

引用: Pixabay

拳で抵抗する21歳(インキャ)の動画は、男性の面白おかしさで瞬く間に拡散されていきましたが、この動画はいったい誰が撮影したものなのかが気になります。

これについて、拳で抵抗する21歳(インキャ)の動画をアップロードしたユーザーは、喧嘩相手の中学生であることがわかっています。

 

拳で抵抗する21歳(インキャ)と喧嘩して晒したDQN中学生は?

引用: Pixabay

上述の通り、この動画の発端は「公園でボール遊びをしていたとみられる中学生(撮影者・アップロード者)」と、「拳で抵抗する21歳(インキャ)男性」が口論になったことがきっかけと見られています。

拳で抵抗する21歳(インキャ)と喧嘩して、動画を晒した中学生は『じょーいち (@DYGD9jVhDWESPgo)』というユーザーだと見られています。拳で抵抗する21歳(インキャ)の動画をアップロードした数日後には、動画を削除。中学生本人のアカウントも非公開になりました。

 

喧嘩を撮影したDQN中学生に批判?

引用: Pixabay

拳で抵抗する21歳(インキャ)の出で立ちがいくら面白おかしいとしても、「無断で撮影した上、無断でインターネットにアップロードする行為は、モラルや法的に疑問がある」といった意見が多くあります。

無断で撮影された男性は被害者であり、撮影した中学生にこそ責任があるという批判です。

喧嘩を撮影した中学生の情報・出身は特定されていません。早い段階で動画を削除し、アカウントを非公開にしたからでしょう。

拳で抵抗する21歳(インキャ)の動画を撮影した中学生は、様々な批判に触れ、逆に自らが特定されることを恐れてアカウントを非公開にしたのかもしれません。

拳で抵抗する21歳(インキャ)の動画がなぜ撮影されたのか?何があったのか?といった経緯すら説明出来ないようなDQN中学生に晒されたことで、拳で抵抗する21歳(インキャ)が一方的に叩かれる事態となってしまいました。

もし自分が無断で動画・画像を撮影されてしまい、それが勝手にネットにアップされているとすれば、どんな気持ちになるでしょうか。自分の知らないところで動画・画像が広まってしまい、外出のたびに危険な目に遭うようなことになってしまったら、勝手にアップした人は責任をとれるのでしょうか。

 

拳で抵抗する21歳(インキャ)の2019年現在!

引用: Pixabay

この記事では、インターネットの有名なネタ「拳で」の元ネタである「拳で抵抗する21歳(インキャ)」の動画や、流行の経緯、拳で抵抗する21歳(インキャ)の出身特定や、撮影した中学生についてご紹介しました。

拳で抵抗する21歳(インキャ)動画の一連の動きは、何度見てもコミカルで、ミュージカル感すらあります。面白く感じた人も多かったので、拳で抵抗する21歳(インキャ)の動画はあっという間に拡散。コラ動画・画像も大量に作られるようになり、拳で抵抗する21歳(インキャ)の彼は、一躍ネットの有名人になってしまいましたね。

拳で抵抗する21歳(インキャ)の「拳で」は流行語のようになり、今では定番ネタとして扱われています。

しかしながら、拳で抵抗する21歳(インキャ)の出身校など、彼の個人情報が一方的に広まってしまったことに関して、一部の人の間では「拳で抵抗する21歳(インキャ)は何も悪くないのにひどすぎる」「拳で抵抗する21歳(インキャ)は被害者で、ネタにするのは良くない」という意見もあるようです。

拳で抵抗する21歳(インキャ)の知り合いによれば、2017年の時点では「拳で抵抗する21歳(インキャ)が持っているのはガラケーで、Twitterやinstagramもやっていない」と言われていました。今もSNS等はやっていないようで、2019年現在、拳で抵抗する21歳(インキャ)がどうなってしまったかの情報はわかりませんでした。

ですが、現在の画像などの情報がないということは、逆に安心すべき事かもしれません。拳で抵抗する21歳(インキャ)の方が、現在は平穏に生活されていることを願いましょう。

動画・画像をインターネットに無断でアップすると、晒された側だけでなく、撮影者が特定されることもあります。インターネット上に動画・画像をアップする際は、面白おかしさだけで判断するのではなく、個人情報や法律にも注意するようにしたいですね。

人気の記事