トランプ大統領の失言・炎上コメント30選!ツイッターで人種差別発言?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプ!

引用: Pixabay

みなさんはアメリカ大統領のドナルド・トランプについてどれぐらいご存知ですか? 

先日も日本を訪れ、安倍首相とゴルフを楽しんでいましたね。そんなトランプ大統領は、アメリカでは実業家として知られていました。

また歴代の大統領のなかで史上初の、軍人や政治家を経験していない大統領です。さらに結婚を三度しており、子供も5人います。そんな一風変わった経歴のトランプ大統領ですが、実はツイッターでときおり失言や炎上コメントが取り沙汰されています。

回はそんな・トランプ大統領の失言・炎上コメントをご紹介していきたいと思います。

 

トランプ大統領の失言・炎上発言とは?

引用: Pixabay

不動産系実業家でもあるトランプ大統領は失言・炎上コメントが多く、その度にインターネットで炎上しています。

日本ではあまり話題になりませんが、アメリカではたびたび問題になっています。ドナルド・トランプはツイッターのフォロワーが6,240万人おり、その影響力は計り知れません。

今回は【メディア・著名人へのバッシング編】【差別発言編】【世界とトランプ編】に分けて、トランプ大統領の失言・炎上コメントを見ていきたいと思います。

 

トランプ大統領の失言・炎上コメント30選

引用: Pixabay

著名人やメディアに対する強気な発言も目立つトランプ大統領。

それが時に失言・炎上コメントとなってしまうこともあります。ここではメディア・著名人に対する失言についてご紹介します。

 

【1】今回のオスカーは史上最悪だ。


Lowest rated Oscars in HISTORY. Problem is, we don’t have Stars anymore – except your President (just kidding, of course)!
日本語訳:今回のオスカーの視聴率は歴史史上最悪だ。今回の問題は、君たちの大統領以外にスターがいなくなってしまったことだ。(もちろん冗談さ!)2018年3月13日 Twitterより

2018年3月に行われたアカデミー賞はテレビの視聴率が、昨年より20%近く下がり過去最低を記録してしまったことに対して、「ジョークにしても笑えない」失言をトランプ大統領がしてしまったことで炎上しました。

世間は、「支持されていない大統領が何を言ってるんだ」と呆れ、アカデミー賞の司会を務めたジミー・キンメルも「どうもありがとう。史上最低支持率の大統領」と返信しています。

俳優や作品を非難するようなトランプ大統領の失言は、スベるだけにとどまらず、多くの人の反感を買ってしまいました。

 

【2】市民のデモはアンフェアだ!


Just had a very open and successful presidential election. Now professional protesters, incited by the media, are protesting. Very unfair!
日本語訳:公正に開かれた大統領選挙は大成功に終わった。いま、市民たちはメディアに扇動されてデモをしている!アンフェアだ!2016年11月11日 Twitterより

トランプ大統領の就任を受けて、米の一部地域で「お前は私たちの大統領じゃない」「くたばれ、トランプ」などの言葉が掲げられデモが行われました。その際のツイッターでの失言です。

もちろんトランプ大統領のツイートは炎上。「デモは憲法に基づいた権利だ」「私たちはアメリカ人だ。アンフェアじゃない」と多くの批判が集まりました。

 

【3】「まだサンタクロースを信じているのかい?」

Array

引用: Pixabay

2018年12月24日 北米航空宇宙防衛司令部(NORAD

12月24日、サンタクロースの位置情報を提供する北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)では毎年、サンタクロースを追跡してその位置情報を提供、クリスマスにはサンタの位置情報を尋ねる子供達からの電話に対応しています。

トランプ大統領はこの日、メラニア・トランプ夫人と共に電話の応対係として参加しました。しかしここで、トランプ大統領は絶対に言ってはいけない失言・炎上をしてしまいました。電話をかけてきた少年に対し、サンタクロースの存在を否定する発言をしてしまったのです。

この発言がインターネットで炎上、批判を受けました。中には「トランプ大統領がグリンチ(童話に登場する他人のクリスマスを台無しにする架空の生き物)だということが、これで一層証明された」との発言をしたユーザもおり、話題になりました。

 

【4】娘はノードストロームに不当な扱いを受けている。

My daughter Ivanka has been treated so unfairly by @Nordstrom. She is a great person — always pushing me to do the right thing! Terrible!
日本語訳:我が娘のイヴァンカは、ノードストロームに不当な扱いを受けている。彼女はとても素晴らしい人間で、いつも私を正しい方向へ後押ししてくれるのに。まったくひどいものだ!
2017年2月9日

こちらの発言は大手デパート「ノードストローム」を批判したもので、批判された「ノードストローム」はトランプ大統領の娘イヴァンカのブランドの取り扱いを中止することを発表しました。トランプ大統領はツイッター批判を続けましたが、家族を擁護する内容だったからか、いつも以上に批判され、炎上しました。

 

【5】スヌープドッグは逮捕だ!

Array

Can you imagine what the outcry would be if @SnoopDogg, failing career and all, had aimed and fired the gun at President Obama? Jail time!
日本語訳:キャリアで失敗しているスヌープ・ドッグがオバマに銃を向けたらどうなると思う?逮捕だ!
2017年3月15日 ツイッターより

米の歌手、スヌープ・ドッグのMVでトランプ大統領を示していると思われる人物に銃を向けるシーンが話題になり、激怒したトランプ大統領はツイッターで猛攻撃しました。ちなみに登場した人物の名前は「ロナルド・クランプ」だったそうです。この攻撃的なコメントもツイッターで炎上しました。

 

【6】頭が弱くてクレイジーなミカ

I heard poorly rated @Morning_Joe speaks badly of me (don’t watch anymore). Then how come low I.Q. Crazy Mika, along with Psycho Joe, came..
日本語訳:視聴率の悪いモーニング・ジョーが私を批判しているようだね。それではなぜ頭が弱くてクレイジーなミカがサイコパスのジョーと一緒に……
2017年6月29日 ツイッターより

MSNBCが放送する朝のニュース番組「モーニング・ジョー」でキャスターを務めるミカ・ブレジンスキーがトランプ大統領を批判していたとして、彼女を罵るツイッターを投稿しました。

それに対してミカは写真だけを投稿して対抗しています。この一連の流れが失言・炎上コメントとなってしまいました。

 

【7】「知らなかった。彼女がいやな人だなんて知らなかった」

引用: Pixabay

2019年6月 記者からのインタビューに答えて

イギリスのメガン妃の過去の発言に対して、記者からコメントを求められた際に口にした言葉です。

アメリカ出身で元女優のメガン妃は、かねてから「女性差別主義者」「対立を煽る存在」としてトランプ大統領を批判していました。

その後トランプ大統領はメガン妃の出産を祝いイギリスを訪れる予定でしたが、この失言が元でイギリス国民の反感を買い、炎上。ロンドンやマンチェスター、ベルファスト、バーミンガム、ノッティンガムといった各都市で抗議デモが行われました。

しかしトランプ大統領は自身の発言を否定し、メガン妃は「いいプリンセス」になるだろうと発言しています。

 

【8】あの顔に誰が投票するんだ?

引用: Pixabay

Look at that face! Would anyone vote for that?
日本語訳:あの顔を見てみろ!あんな顔に誰が投票するっていうんだ?
2015年9月

2015年当時、共和党の指名争いで競っていたカーリー・フィオリーナ氏に対するトランプ大統領の失言です。メディアでも大きく取り上げられ、炎上。女性の立候補者を侮辱したこの問題発言は女性を中心に話題になりました。

 

【9】なぜヒラリーはアメリカを満足させられるんだ?

If Hilary Clinton can’t satisfy her husband, what makes her think she can satisfy America?日本語訳:ヒラリー・クリントンが夫を満足させられていないのであれば、なぜ彼女はアメリカを満足させられると思っているんだ。
2015年4月 ツイッターより(現在は削除済み)

ツイッター上にて、ヒラリー・クリントン氏に対するトランプ大統領の失言です。実際にヒラリー氏が自身の夫を満足させられているかは知るよしもないですが、彼女を侮辱するような発言に、女性蔑視・女性軽視に当たると多くの女性から非難を受け、炎上しました。

 

【10】カミングス氏の選挙区はネズミがはびこる場所

Rep, Elijah Cummings has been a brutal bully, shouting and screaming at the great men & women of Border Patrol about conditions at the Southern Border, when actually his Baltimore district is FAR WORSE and more dangerous. His district is considered the Worst in the USA……

….As proven last week during a Congressional tour, the Border is clean, efficient & well run, just very crowded. Cumming District is a disgusting, rat and rodent infested mess. If he spent more time in Baltimore, maybe he could help clean up this very dangerous & filthy place

日本語訳:カミングスは暴力的で、最低なごろつきだ。あいつの選挙区はアメリカで最も危険で最悪な、ネズミがはびこる吐き気のするような場所だ。
2019年7月27日 Twitterより

トランプ大統領は27日、黒人議員のカミングス氏に対し、差別発言を行ったことで話題になっています。

カミングス氏に対し、「ひどいごろつき」と失言したり、カミングス氏の地元の選挙区である東部メリーランド州ボルティモアを「あの選挙区は最低だ。危険だし、ネズミまみれの最悪の場所だ」と発言しました。

世間からはこの発言が黒人差別であると非難を浴びて、トランプ大統領は大炎上しています。この発言を受けて、アフリカの54カ国の国が謝罪を要求しました。

 

トランプ大統領の失言・炎上コメント30選

引用: Pixabay

人種差別や女性蔑視に関する失言・炎上発言も目立つトランプ大統領。

ここでは差別発言を主にご紹介して行きたいと思います。

 

【11】go back to where you came from

引用: Pixabay

日本語訳:もともといた国へ帰れ
2019年7月14日 Twitterより

トランプ大統領のこの失言は、四人の米国籍の女性議員に宛てられたものです。

四人の女性野党議員とは、プエルトリコ系のオカシオコルテス氏、パレスチナ系のトレイブ氏、アフリカ系プレスリー氏、ソマリア難民で米国籍を取得したオマール氏。オマール氏を除く3人は米国で生まれ、米国籍を持っています。

トランプ大統領はそんな4人に対し、「民主党の『革新系』女性議員は、世界でもっとも腐敗し、機能していない国から来ているのに、地球上で最も偉大で強い米国の人々に対し、政府はこうあるべきだなどと大声で罵倒している」「もともといた国に帰って壊れた国を直すのを手伝ったらどうか」などと綴ったツイートを投稿しています。

この発言に対してトランプ大統領は世間から、「一体どこの国に帰れと言うのか」「人種差別だ」と非難、大炎上しました。

 

【12】私は女性たちを大変尊敬している。

I have tremendous respect for women and the many roles they serve that are vital to the fabric of our society and our economy.
日本語訳:私は女性たちを大変尊敬している。彼女たちの役割は社会や経済にとって必要不可欠なものだ。
2017年3月15日 ツイッターより

国際女性デーでの発言です。トランプ大統領にしては珍しくまともで、一見失言をしたようには見えないのですが、それに対して逆に過去の女性に対する失言を蒸し返されたり、ホワイトハウスに女性がいない件を持ち出されたりと、やはり批判を受け、炎上する結果となってしまいました。

 

【13】肥溜めみたいな国からなんであんなにやってくるんだ。

引用: Pixabay

(訳注:「肥溜め」の原文は「shithole」で、直訳すれば「くその穴」になります。英語圏では公の場での使用はマナー違反とされています)

2018年1月11日

米のワシントン・ポストによると、トランプ大統領はハイチやエルサルバドル、アフリカ諸国からの移民について上記のような発言をしたと報道されました。この失言に対してホワイトハウスは発言を否定していません。もちろん炎上しました。

またトランプ大統領はハイチ人は「みんなエイズに感染している」などの発言もしており、この失言が公表された直後、民主党の黒人議員、イライジャ・カミングス下院議員(メリーランド州選出)はツイッターで、「許しがたい発言と大統領職の品位を落とす行為を強く非難する」と述べ、批判しました。

 

【14】メキシコ人は強姦魔だ。

引用: Pixabay

When Mexico sends its people, they’re not sending the best. They’re not sending you, they’re sending people that have lots of problems and they’re bringing those problems. They’re bringing drugs, they’re bringing crime. They’re rapists and some, I assume, are good people.
日本語訳:メキシコはいい人々ばかりではない。問題があり、麻薬や犯罪を持ち込む人々を(アメリカに)送り込んでくる。メキシコ人は強姦魔だ。中には善良な人もいるのかもしれないが。
2015年6月 大統領選に出馬した際の発言

この失言はメキシコ人だけではなく、メキシコにルーツを持つアメリカ人からも多くの批判を受けました。また人種差別であるという側面からも、トランプ大統領のこの発言は多くの人からの反発を受け、炎上しました。

 

【15】メキシコ人が入ってこられないように城壁を築こう

引用: Pixabay

I will build a great, great wall on our southern border, and I will have Mexico pay for that wall.
日本語訳:メキシコ人が入ってこられないように、メキシコとの国境に「万里の長城」を建設しよう。もちろん、費用はメキシコ持ちで。
2015年6月 大統領選に出馬した際の発言

同じく大統領選に出馬した際の発言です。大統領選であることも合いまって、大統領が差別発言をするのかと、アメリカ人メキシコ人共に反響があり、多くの人に批判、炎上しました。

 

【16】イスラム教徒の入国禁止

引用: Pixabay

Donald J. Trump is calling for a total and complete shutdown of Muslims entering the United States until our country’s representatives can figure out what is going on.
日本語訳:トランプ大統領は米当局が事態を把握できるまでの間、イスラム教徒をアメリカ入国禁止にすべきだという声明を発表している。
2015年12月 トランプが自身のサイトで出した声明における発言

過激派イスラム教徒の動きが活発化した際に、イスラム教徒に向けての発言です。この失言は世界中の過激派でないイスラム教徒や、アメリカ国内在住のイスラム教徒の多くから反発を受け批判されました。

実際にトランプ大統領は2017年にはイスラム教徒が多くをしめる7カ国のアメリカへの入国を制限しました。この失言は多くのイスラム教徒から批判を買い、炎上しました。

 

【17】君が若くて綺麗なケツなら、どうでもいい。

引用: Pixabay

You know, it doesn’t really matter what [the media] write as long as you’ve got a young and beautiful piece of ass.
日本語訳:君が若くて綺麗なケツなら(a piece of ass:性的な対象としての女、性交。訳文では綺麗なケツとしているが、実際にはもっと下品で露骨なタブー表現)メディアが私のことをなんと書こうがどうでもいい
1991年 Esquire誌のインタビュー

インタビュアーの女性に対する差別表現です。特に”a piece of ass”は露骨な表現で、メディアや公のような場では使うことをはばかられるような汚い言葉です。これは女性に対する侮蔑や蔑みの表現で、多くの女性から反感を買い、炎上しました。

 

【18】娘のイヴァンカと親子でなければ付き合いたい

引用: Pixabay

(長女のイヴァンカは)…彼女はかなりいい女だ。もし自分の娘じゃなかったら、彼女とデートしてるだろうって言ったことがあるくらいだ」
2006年3月6日 テレビ出演中のコメント

実の娘であるイヴァンカへの発言です。日本語訳だから気持ち悪いと感じ流のでは。と思われるかもしれませんが、英文でアメリカ人からしてもかなり気持ち悪い発言に当たるようで、バッシングを受けました。英語でコミュニケーションを取ることがあれば、このような言い回しは失言になってしまうので、気をつけましょう。

 

【19】(日本人記者に対し)なんと言っているのかわからない。

引用: Pixabay

I really don’t understand you.
日本語訳:なに言ってるのかわかんないよ。
2018年11月7日 トランプ大統領記者会見より

日本人の記者が経済について「How do you focus on economic…」と質問しかけたところ、「どこから来たの?」とトランプ大統領。「日本です」と記者が答えると、トランプ大統領は「シンゾーによろしく」とそのまま横道にそらされたそうです。

これに対して多くのアメリカ人が「すごく無礼で、恥ずかしい」、「気配りがない」、「人種差別だ」と嘆いており、炎上。なかには、「『お前の言うことは誰も理解できないぞ』と返してやればよかったのに」と言う人もいました。

 

【20】ベット・ミドラーの醜い顔と体は目障りだ

While @BetteMidler is an extermely unattractive woman, I refuse to say that because I always insist on being politically correct.
日本語訳:ベッドミドラーは実に魅力的でない女性だが、自分はいつでもポリティカリー・コレクトなので、そういう発言は断固拒否する。
2012年10月29日 ツイッターより(現在は削除済み)

トランプ嫌いで知られる女優ベット・ミドラーに対する発言です。「魅力のない女性」という発言が女性蔑視に繋がると批判を受け、炎上しました。

 

トランプ大統領の失言・炎上コメント30選

引用: Pixabay

著名人だけでなく、世界の国々に対しても失言・炎上コメントの数々が目立つトランプ大統領。

ここでは、世界の国々に対して発言したものをご紹介していきます。

 

【21】スターには、女はなんでもやらせる。

引用: Pixabay

2016年10月 ワシントンポストより

他にも「女の賞味期限は35歳まで」「娘はイケてるスケ」などトランプ大統領は露骨な女性蔑視表現を多用しています。

娘のイヴァンカさんに対しても「娘の体はなまめかしい」などと発言をしており、「気持ち悪い」「ぞっとする」と反感を買い、炎上しました。

 

【22】日本とまともな貿易なんてできるわけがない。

引用: Pixabay

We allow Japan to sell us millions of cars with zero import tax and we can’t make a trade deal with them – our country is in big trouble!
日本語訳:アメリカは日本に何百万台もの車を関税ゼロで輸入させている。日本とまともな貿易なんてできるわけがない。我が国は重大な問題を抱えている!
2014年4月25日 

日本との貿易について、日本に対しての失言です。また2017年にはトランプ大統領は、「アメ車が売れないのは日本のせいだ」という発言をしているので、トランプ大統領は日本の車産業にはあまりいい顔をしていないのでしょうか。

車産業の関係者はかなり反発をしてしているようです。

 

【23】なぜ日本を守らなければいけないのか?

引用: Pixabay

If we step back they will protect themselves very well. Remember when China… Japan used to beat China routinely in wars. You know that, right? Japan used to beat China, they routinely beat China. Why are we defending? You know the pact we have with Japan is interesting. Because if somebody attacks us, Japan does not have to help. If somebody attacks Japan, we have to help Japan.

日本語訳:アメリカが引いても日本は自分で自の国を守れるだろう。

日本は中国との戦争に勝ち続けただろう?なんでアメリカが日本を守る必要があるのか?知っている通り、日米保安条約は面白い。なぜなら他国がアメリカを攻撃しても、日本はアメリカを助けつ必要はないだろう?なのに、他国が日本を攻撃したらアメリカは日本を助けなくてはならない。
2015年9月 エコノミストのインタビューより

トランプ大統領は日本とアメリカの日米保安条約についての不満を述べました。世論は、トランプ大統領の発言を失言であると批判するのではなく、安倍首相の煮え切らない態度に不満を抱いているようです。

 

【24】たとえ私が発砲しても選挙には勝つだろう。

引用: Pixabay

I could stand in the middle of 5th Avenue and shoot somebody and I wouldn’t lose voters.日本語訳:たとえ私がニューヨーク5番街の真ん中でだれかを撃ったとしても、選挙の票を失うことはないだろう。
2016年1月 アイオワ州の集会にて

アイオワ州の集会でのトランプ大統領の失言です。銃社会のアメリカならではの発言ですね。反トランプ派の人々の多くや市民から強い批判を受け、炎上しました。

 

【25】9.11は何千もの人を喜ばせたよ

引用: Pixabay

Hey, I watched when the World Trade Center came tumbling down. And I watched in Jersey City, New Jersey, where thousands and thousands of people were cheering as that building was coming down. Thousands of people were cheering.
日本語訳:(9.11に)ジャージーシティで世界貿易センタービルの倒壊を見て、何千もの人が喜んでいたのを私はこの目で見た。
2015年11月 アラバマ州の集会にて

アラバマ州の集会でのトランプ大統領の失言です。9.11テロの被害者を侮辱するような発言に、多くの市民や被害者家族からバッシングを受け、炎上しました。

 

【26】(戦没将兵追悼記念日に)ハッピーメモリアルデー!!

Happy Memorial Day! Those who died for our great country would be very happy and proud at how well our country is doing today. Best economy in decades, lowest unemployment numbers for Blacks and Hispanics EVER (& women in 18years), rebuilding our Military and so much more. Nice!

日本語訳:ハッピーメモリアルデー!我々の偉大な国のために亡くなった人たちは、アメリカが今日どれだけうまくやっているかに非常に満足し、誇りに思うだろう!

数十年で最高の経済、黒人とヒスパニック系の過去最高の失業者数(および18歳以上の女性)、私たちの軍隊を再建し、その他にもたくさんある。いいね!
2018年5月28日 ツイッターより

これはアメリカの戦没将兵追悼記念日のツイートで、この日は戦争で没した人を追悼する日です。本来ならばいい記念日だ!軽々しく口にしてはいけない日なのですが、ここでトランプ大統領はイースターの記念日と同じような感覚でツイートしてしまったがために、顰蹙を買いました。

その後に続いたツイートもまるで他人事のようで、「まるでアメリカの大統領とは思えない」と批判、炎上しました。

 

【27】テキサスの学校がやばそう

School shooting in Texas. Early reports not looking good. God bless all!
日本語訳:テキサスの学校の(銃乱射事件が)なんだかやばそうだ。神のご加護を!
2018年5月18日 ツイッターより

トランプ大統領は、テキサス州の学校で銃乱射事件があった際には、自国で起きた大事件にも関わらずまるで他人事のようなツイートをしたとして大統領にあるまじき失言だとしてバッシングを受け、炎上しました。

ツイッターでは「キリストよ、この男はなんて恥ずかしいんだ」というコメントも寄せられています。

 

【28】なぜ誰も上から水をまかない?早くしなければ!

引用: Pixabay

So horrible to watch the massive fire at Notre Dame Cathedral in Paris. Perhaps flying water tankers could be used to put it out. Must act quickly!
日本語訳:パリのノートルダム大聖堂が燃えているのをみてぞっとしている。なぜすぐに空中から水を撒いて消化しないんだ?早く行動しなければ!
2019年4月16日

パリのノートルダム大聖堂が火災に見舞われた際のトランプ大統領の発言です。ノートルダム大聖堂を心配しての発言でしたが、当時上空からの散布は大聖堂の全壊に繋がる恐れがあるため見送られていました。

アメリカ人だけでなく、日本人からもトランプ大統領への非難の声が上がり、炎上しました。

 

【29】中国は崩壊しつつある

Markets are crashing – all caused by poor planning and allowing China and Asia to dictate the agenda. This could get very messy! Vote Trump.— Donald J. Trump
日本語訳:(中国の)市場は崩壊しつつある。計画の全てが不手際で、その責任はアジアと中国に主導権を握らせたことにある。面倒泣ことになる可能性がある!トランプに投票を。
2015年8月24日 ツイッターより

この発言ののちに、トランプ大統領はインスタグラムの動画内にて「中国によってアメリカの雇用が奪われている。気をつけないと中国にやられてしまう」と発言し、炎上しています。

トランプ大統領は、普段は金融に関する発言はしないのですが、この発言から察するに、トランプは投資に増税する案には抵抗がないようですね。

 

【30】私も核ボタンを持っている

北朝鮮の金正恩が「核ボタンはいつもで自分の机の上にある」と言ったが、資源も食料も枯渇するような政策を行っている北朝鮮の政府の誰か、私も核ボタンを持っている。こっちのは彼のものよりも大きくて強い。さらにボタンもちゃんと動く、と彼に教えてやってくれ。
2018年1月3日 ツイッターより

北朝鮮の金正恩氏に宛てたこのツイートは、戦争を招きかねない緊張感を生み出しました。トランプ大統領は金正恩氏の挑発に対して「さらに大きい核ボタンを持っている」と発言しました。

その後のトランプ大統領と金正恩氏の初会談後にこの緊張感は和らぎました。

 

炎上王?トランプ大統領の今後に注目!

引用: Pixabay

いかがでしたでしょうか。

インターネットでも公の場でも度々失言、炎上してしまっているトランプ大統領ですが支持率が40%を超えたこともあり、一定の支持率があるのも否定できません。

過激な発言が目立つトランプ大統領ですが、これからもトランプ大統領の発言には注目が集まりそうですね。

人気の記事