北関東連続幼女誘拐殺人事件の概要!犯人はルパン三世?捜査当局に違和感?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

北関東連続幼女誘拐殺人事件とは?

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件とは、昭和五十四年から平成八年までに群馬県と栃木県で発生した誘拐殺人事件のことを指します。

北関東連続幼女誘拐殺人事件は、福島万弥ちゃん・長谷部有美ちゃん・大沢朋子ちゃん・松田真実ちゃん・横山ゆかりちゃんが殺害または行方不明になってしまった事件のことを指します。

北関東連続幼女誘拐殺人事件は未解決事件であり、犯人は捕まっていません。

おまけに、北関東連続幼女誘拐殺人事件では冤罪も起きてしまいました。

北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人として捕まり一度は無期懲役になってしまった男性が冤罪だったということは、北関東連続幼女誘拐殺人事件について調べ上げた本の著者によって証明されたということも言われています。

そうした経緯もあり、北関東連続幼女誘拐殺人事件は三十年以上経った今でも日本テレビなどの番組に取り上げられています。

今でも多くの人が、北関東連続幼女誘拐殺人事件に注目しているのです。

 

北関東連続幼女誘拐殺人事件の概要

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件で亡くなった女の子は、福島万弥ちゃん・長谷部有美ちゃん・大沢朋子ちゃん・松田真実ちゃん・横山ゆかりちゃんの五人です。

ここからは、北関東連続幼女誘拐殺人事件の詳細を見ていきたいと思います。

 

福島万弥ちゃん殺害事件


引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の一人目の犠牲者は、福島万弥ちゃんです。

昭和五十四年、栃木県足利市で自宅近くの神社で遊んでいたはずの福島万弥ちゃんの行方が分からなくなる事件が発生しました。

福島万弥ちゃんは、行方が分からなくなる前に五才くらいの男の子と遊んでいるところを見かけられています。

福島万弥ちゃんはその頃五才で、大勢の警察官が捜査しました。手懸かりは全くありませんでしたが、警察は福島万弥ちゃんの捜査を続けます。

福島万弥ちゃんの両親や親戚も、捜査に全力を尽くし、福島万弥ちゃんが姿を消した時に履いていた靴の写真を手にしながら福島万弥ちゃんの捜索・捜査を続けました。

しかし、福島万弥ちゃんが姿を消してから六日後、福島万弥ちゃんは変わり果てた姿で見つかりました。

福島万弥ちゃんは服を着ておらず、リュックサックに詰められた状態で渡良瀬川近くで見つかったと報告されています。

福島万弥ちゃんの亡くなった理由は窒息死で、福島万弥ちゃんの体には目立ったケガはありませんでした。

福島万弥ちゃんが詰められていたリュックサックは、市内の業者が使う特殊なもので、100個も売られていないものでした。

福島万弥ちゃんをあやめた犯人は、福島万弥ちゃんを窒息死させた後でリュックに詰めたということが分かっています。

福島万弥ちゃん殺害事件では、不審な20代くらいの男が見かけられています。その上、福島万弥ちゃんと同じくらいの年齢の男の子が、一緒に遊んでいたところも見かけられているようです。

こうした目撃情報証拠がありながらも結局、福島万弥ちゃんをあやめた犯人はわからないままでした。

捜査のかいなく、北関東連続幼女誘拐殺人事件の一人目の犠牲者・福島万弥ちゃん殺害事件は時効を迎えました。

福島万弥ちゃんの両親は、この事件後に離婚し、母親は四十八才という若さで亡くなってしまったようです。

 

長谷部有美ちゃん殺害事件


引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の二人目の犠牲者は、長谷部有美ちゃんです。

昭和五十九年、栃木県足利市で五才の長谷部有美ちゃんがパチンコ店から姿を消してしまう事件が起きました。

長谷部有美ちゃんは、私立旭幼稚園に通う女の子でした。

長谷部有美ちゃんは両親と一緒にパチンコ店にきていたのですが、いつの間にか姿を消してしまいます。長谷部有美ちゃんは姿を消してしまう前に、ドアのガラス越しに会話していたところを見かけられていました。

長谷部有美ちゃんが姿を消した事件は、五年前に起きていた福島万弥ちゃん殺害事件と場所が同じだったため、大きな話題になり多くの警察官が長谷部有美ちゃんの行方を捜査しました。

長谷部有美ちゃんの捜査のために、近隣住民や警察を含め二百人ほどが協力しました。

長谷部有美ちゃんの捜査には警察犬も使われましたが、長谷部有美ちゃんの足取りは途中で分からなくなってしまったのです。なので、長谷部有美ちゃんを見つけることはできませんでした。

最初、長谷部有美ちゃんは迷子になったのではないかということも言われていましたが、これだけ大勢の人が捜査に協力しているのにも関わらず連絡がないということで、誘拐・事件に巻き込まれたという線で操作が続けられます。

長谷部有美ちゃんの目撃情報としては、パチンコ店付近にあるスーパーで主婦数名が『長谷部有美ちゃんらしき女の子を見かけた』というものがありました。しかし、長谷部有美ちゃんを見つける有力な手懸かりとはなりませんでした。

長谷部有美ちゃんの捜査には多くの人が参加し、その中には長谷部有美ちゃんと同じくらいの子をもつ母親も多かったと言います。

また、福島万弥ちゃん殺害事件を思い出している方も多く、長谷部有美ちゃんがなんとか生きていることを願いながら捜査していたと言います。

長谷部有美ちゃんが姿を消した現場のパチンコ店でも、長谷部有美ちゃんを見かけていないかの聞き込みが行われましたが、有力な情報はありませんでした。

長谷部有美ちゃんが姿を消してから一年以上経ったある日、長谷部有美ちゃんの自宅から2km弱離れた場所で、白骨死体が見つかりました。

この死体は捜査や検査の結果、長谷部有美ちゃんのものと断定されています。

長谷部有美ちゃん殺害事件は犯人がわからないまま、時効が成立しています。

長谷部有美ちゃん殺害事件では、長谷部有美ちゃんが白骨死体で見つかったということもあり、亡くなった理由も特定されていないままです。

 

大沢朋子ちゃん殺害事件

Array

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の三人目の犠牲者は、大沢朋子ちゃんです。

昭和六十二年、群馬県新田郡に住んでいた大沢朋子ちゃんが姿を消してしまう事件が発生しました。

大沢朋子ちゃんは八才で、子猫を抱いて自宅の近くにあった公園に遊びに出かけたようです。

大沢朋子ちゃんは、自転車を押している男と一緒に歩いているところを見かけられています。この時、大沢朋子ちゃんは子猫を抱いていなかったと言われています。

大沢朋子ちゃんと一緒に歩いていた男は、前かごがついていないタイプの自転車を押して歩いていたようです。

一年後、利根川河川敷で白骨死体の一部が見つかり、捜査や検査の結果により大沢朋子ちゃんのものと断定されました。

ここで不思議なのが、大沢朋子ちゃんの行方が分からなくなった時に利根川河川敷は念入りに捜査されていたということです。にも関わらず、利根川河川敷から大沢朋子ちゃんの遺体の一部が見つかったのは今でも不思議なこととされています。

その上、見つかった大沢朋子ちゃんの遺体は、手足の骨がない状態でした。なので、犯人が大沢朋子ちゃんの遺体を切断したということも言われています。

東京埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人である宮崎勤は、告白文で大沢朋子ちゃん殺害事件に触れています。

なので、『宮崎勤が大沢朋子ちゃんをあやめた犯人なのではないか?』と疑われ、ついに大沢朋子ちゃん殺害事件が解決するのでは無いかと思われました。

しかし、立件されないまま大沢朋子ちゃん殺害事件は平成十四年に時効が成立しました。

大沢朋子ちゃんの事件は、大沢朋子ちゃんが八才と、他の北関東連続幼女誘拐殺人事件の犠牲者に比べて少し大きいことなどが指摘されています。

それ故、大沢朋子ちゃんをあやめた犯人は、北関東連続幼女誘拐殺人事件の一連の犯人とは違うのではという指摘もあります。

大沢朋子ちゃん殺害事件を北関東連続幼女誘拐殺人事件とは別に考える方の中には、今でも『宮崎勤が大沢朋子ちゃんをあやめた犯人だ』と主張する方も多いです。

 

松田真実ちゃん殺害事件

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の四人目の犠牲者は、松田真実ちゃんです。

平成二年、四才だった松田真実ちゃんは栃木県足利市のパチンコ店に両親に連れられて行きました。

しかし、姿を消した松田真実ちゃんは翌日、河川敷で変わり果てた状態で見つかってしまいます。

松田真実ちゃんは両親とパチンコ屋に行った後で、駐車場で野良猫と遊んでいる所を見かけられ、川の土手や河川敷で犯人と思われる男と一緒の所を見かけられていました。

川からは松田真実ちゃんが着ていた服が見つかっています。見つかった松田真実ちゃんの服に、犯人ものと思われる精子がついており、検査の結果により犯人の血液型はB型と分かりました。

松田真実ちゃん殺害事件も、福島万弥ちゃん・長谷部有美ちゃんと同じく足利市での幼女をあやめる事件ということで、栃木県警は二百人弱もの人員で捜査を進めました。

犯人と思われたのは、松田真実ちゃんが連れ去られる事件現場となったパチンコ店の常連だった菅家利和さんです。

菅家利和さんは、幼稚園の送迎バスの運転手をしていました。県警は菅家利和さんを一年間も尾行し捜査しましたが、特に菅家さんが不審な行動をとることはありませんでした。

しかし、県警は松田真実ちゃん殺害事件で無理な捜査をしてしまったのです。

松田真実ちゃんが着ていた服から採取された犯人の精子と、菅家さんのDNAの方が一致したという鑑定書をまとめ、深夜に及ぶ尋問を行いました。

菅家さんはこの尋問に耐えきれず、犯行を認める自白を引き出され、松田真実ちゃんをあやめた犯人として捕まってしまいました。

平成五年、宇都宮地裁は菅家さんに無期懲役の判決を言い渡し、平成十二年の最高裁判決で有罪が確定しました。

しかし、平成十四年に宇都宮地裁に再審を請求しDNA再鑑定が認められた結果、松田真実ちゃんが着ていた服についていた精子は菅家さんのDNAと一致しないことがわかったのです。

この結果を受けて、東京高検は再審前にも関わらず菅家さんを刑務所から釈放しました。

平成二十一年に東京高裁は再審開始を決定し、当時の検察官が申し訳ないと菅家さんに謝罪する場面もありました。菅家さんは、冤罪によって十七年も獄中生活を送ってしまっていたのです。

菅家さんの冤罪が確定的になってから、松田真実ちゃんをあやめた犯人と思わしきルパン三世の生き写しのような人物が、松田真実ちゃんと思われる女の子と歩いているところを見かけていた人が数名いたことが発覚しました。

犯人と間違われた菅家さんが冤罪だと分かったため、松田真実ちゃんをあやめた犯人・北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人は謎のままとなっています。

ただ、北関東連続幼女誘拐殺人事件の真犯人は目撃情報があったルパン三世の生き写しのような男だと断定している本もあり、このルパン三世の生き写しのような男と接触している著者もいます。

(『捜査当局に対して怒りの本が出版される【北関東連続幼女誘拐殺人事件】』に詳しく書いています)

 

横山ゆかりちゃんが行方不明

Array

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の五人目の犠牲者は、横山ゆかりちゃんです。

平成八年、横山ゆかりちゃんの両親・横山夫妻は、四才だった横山ゆかりちゃんと次女を連れてパチンコ店にやってきました。

横山ゆかりちゃんはパチンコをやっていた母・光子さんのもとへ来て、『〜のおじちゃんがいるよ』と言ったそうです。

横山ゆかりちゃんの母・光子さんは、パチンコ店内がうるさかったため横山ゆかりちゃんが言った『〜』の部分を聞き取ることができませんでした。

母・光子さんは横山ゆかりちゃんに、おじさんについて言ってはダメということを話しました。

その5〜10分後に、母・光子さんは横山ゆかりちゃんの姿が見えないことに気づきます。父・保雄さんにそのことを伝えると、慌てて駐車場や道路を探しますが、それでも横山ゆかりちゃんの姿は見つかりません。

横山ゆかりちゃんが姿を消してから二日後に、機動隊員70名で捜索・捜査されましたが横山ゆかりちゃんは見つかりません。

パチンコ店の客や周辺住民への捜査で、横山ゆかりちゃんと思われる女の子が白い車に乗り込むところが見かけられていました。

しかし、聞き込み捜査による手懸かりはそれだけで、横山ゆかりちゃんについて他にこれといった情報はありませんでした。

ただ、パチンコ店内の防犯カメラには、一番重要な手懸かりが残されていました。横山ゆかりちゃんを連れ去った犯人と思われる男が映っていたのです。

(犯人の情報は、『北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人情報まとめ』に書いています。)

北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人と思われる男は、横山ゆかりちゃんに話しかけ、右手で店内の外を指差しました。話しかけられた横山ゆかりちゃんは困ったような仕草をし、両親の元へ行って『〜のおじちゃん』と話しかけたのだといいます。

その後、横山ゆかりちゃんはパチンコ店の出口方面へと向かったと思われていますが、ここは防犯カメラの死角となっていたのです。

それ故、横山ゆかりちゃんと犯人が一緒にパチンコ店を出るところは映っていませんでした。

横山ゆかりちゃんの遺体は現在まで見つかっていませんが、横山ゆかりちゃんを誘拐した犯人もルパン三世の生き写しのような男だと断定する本が出版されています。

 

北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯行内容がひどすぎる。

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件では、幼女好きの男が女の子を連れ去りあやめたとみられています。

実際に松田真実ちゃんの服からは、北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人のものと思われる精子が検出されています。

大沢朋子ちゃんをあやめた犯人は、北関東連続幼女誘拐殺人事件の一連の犯人とは違うという指摘もあります。大沢朋子ちゃんの四肢は見つかっておらず、他の北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人以上に狂気性が伺えます。

北関東連続幼女誘拐殺人事件の犠牲者である、福島万弥ちゃん・長谷部有美ちゃん・大沢朋子ちゃん・松田真実ちゃん・横山ゆかりちゃんの五家族は、事件の真相解明を求めて家族会を立ち上げています。

北関東連続幼女誘拐殺人事件の犠牲者の家族会では、捜査当局に北関東連続幼女誘拐殺人事件の解明と再捜査を求めているようです。

 

北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人はルパン三世似?

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人は、ルパン三世の生き写しのような男だったということも言われています。

警察は松田真実ちゃん殺害事件の捜査中にどうしても菅家さんを北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人としたかったため、ある犯人を見かけたという情報を無視してしまいました。

そして、結果的に菅家さんが冤罪になってしまったのです。

北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人とされている、松田真実ちゃん殺害事件の際の目撃情報がこちらです。

『あんまり男は若くない。すばしっこい男、ヒョロリとした感じ。漫画のルパン三世の生き写しのような奴だった』

『誘拐事件の犯人はルパン三世の生き写しのような男だった』という証言は、北関東連続幼女誘拐殺人事件の五人目の犠牲者である横山ゆかりちゃん殺害事件で見かけられていた男とも共通することがわかりました。

それ故、北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人はルパン三世の生き写しのような男、とも言われています。

 

北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人情報まとめ

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件では、目撃情報があるものとないものがあるため、全員が同じ犯人かどうかわからないという状況です。

 

福島万弥ちゃん殺害事件の犯人の身体的特徴はこちら!

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の一人目の犠牲者・福島万弥ちゃん殺害事件で、見かけられていた犯人と思わしき男の特徴はこちらです。

・二十五才くらいのトレパンを穿いた男

福島万弥ちゃん殺害事件の犯人では、五才くらいの男の子が福島万弥ちゃんと一緒に遊んでいたということも言われています。

 

長谷部有美ちゃん殺害事件の犯人の身体的特徴はこちら!

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の二人目の犠牲者・長谷部有美ちゃん殺害事件では、これといった目撃情報はありません。

 

大沢朋子ちゃん殺害事件の犯人の身体的特徴はこちら!

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の三人目の犠牲者である大沢朋子ちゃん殺害事件で、見かけられていた犯人と思わしき男の特徴はこちらです。

・三十才前後
・痩せ型
・ボサボサな髪
・白髪がまじっている

 

松田真実ちゃん殺害事件の犯人の身体的特徴はこちら!

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の四人目の犠牲者である松田真実ちゃん殺害事件では、先ほども言ったように以下のような男の特徴が挙げられていました。

・若くない
・ひょろっとしている
・大股で歩く男
・ルパン三世の生き写しのよう

 

横山ゆかりちゃん行方不明事件の犯人の身体的特徴はこちら!

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の五人目の犠牲者・横山ゆかりちゃんをパチンコ店から連れ去った犯人については、防犯カメラに映っていたため、テレビなどでも何度も放送されました。

横山ゆかりちゃんをパチンコ店から連れ去った犯人の身体的特徴はこちらです。

・身長158cm前後
・ガニ股(歩き方が特徴的)
・鼻が高い
・頬骨が張ってこけている
・顎が突き出ている
・ルパン三世の生き写しのよう

 

横山ゆかりちゃん行方不明事件の犯人が当時していた格好がこちら!

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件の五人目の犠牲者・横山ゆかりちゃんをパチンコ店から連れ去った犯人の服装の特徴はこちらです。

・黒いジャンパー
・ニッカポッカ風ズボン
・サンダル
・帽子
・サングラス

 

捜査当局の行動に違和感?【北関東連続幼女誘拐殺人事件】

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件では、長谷部有美ちゃん殺害事件以外で犯人と思わしき人物の目撃情報があります。

その上、北関東連続幼女誘拐殺人事件の四人目・五人目の犠牲者が出た際には、同じ人物と思われるルパン三世の生き写しのような男の目撃情報がありました。

しかし、ここまでの犯人の情報がありながらも、北関東連続幼女誘拐殺人事件の警察の捜査は上手くいきません。

一番は、松田真実ちゃん殺害事件で菅家さんが冤罪となったことが原因だったようです。

警察が恐れているのは『北関東連続幼女誘拐殺人事件の四人目の犠牲者である松田真実ちゃん殺害事件で正しい捜査を行い、犯人が捕まっていれば横山ゆかりちゃんがあやめられる事件は起きなかった』という批判です。

警察は、捜査の過程で『北関東連続幼女誘拐殺人事件はルパン三世の生き写しのような男が真犯人』という犯人を見かけた証言を無視してしまいました。

そして、嘘のリークを信じて菅家さんを捕まえて冤罪事件を起こしてしまいました。

警察は、冤罪事件への批判を恐れているため、北関東連続幼女誘拐殺人事件が同じ犯人であることを認めないのです。

それ故、警察は『北関東連続幼女誘拐殺人事件は時効だ』として、捜査を行うことはないといいます。

その上、北関東連続幼女誘拐殺人事件について警察が本腰を入れて捜査できない理由があるようです。

それは、『飯塚事件』です。

『飯塚事件』ではすでに死刑が執行されてしまっていますが、『飯塚事件』では松田真実ちゃん殺害事件で菅家さんの冤罪事件を引き起こしたのと同じDNA検査が行われているのです。

それ故、警察が北関東連続幼女誘拐殺人事件を操作してしまうと、すでに死刑が執行された飯塚事件も冤罪だった可能性が出てきてしまって、大問題になってしまうのです。

実際に、横山ゆかりちゃん事件の犯人・ルパン三世は、松田真実ちゃん殺害事件で見かけられた男と同じという指摘もあります。

ただ、警察は北関東連続幼女誘拐殺人事件のことについて再捜査する動きを見せません。

警察はあくまで、北関東連続幼女誘拐殺人事件のことはもう終わった事件だとして闇に葬りたいようです。

 

捜査当局に対して怒りの本が出版される【北関東連続幼女誘拐殺人事件】

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件では捜査当局があまりにもおかしいとして、怒りの本が出版されています。

北関東連続幼女誘拐殺人事件のことを書いた本として有名なものは四冊あります。

 

VS. 北関東連続幼女誘拐・殺人事件の真実

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayaさん(@nyaamaru)がシェアした投稿

北関東連続幼女誘拐殺人事件について書かれた本として、最初に『VS. 北関東連続幼女誘拐・殺人事件の真実』を紹介したいと思います。

この本は北関東連続幼女誘拐殺人事件が、同一犯によって行われた可能性があると指摘しています。

その上この本は、日本テレビ報道局の取材班によって徹底取材されたもので、北関東連続幼女誘拐殺人事件・松田真実ちゃん殺害事件の犯人として冤罪をなすりつけられた菅家さんについてまとめられたものです。

北関東連続幼女誘拐殺人事件の真犯人にも迫ったもので、かなり話題になりました。

 

冤罪足利事件「らせんの真実」を追った四〇〇日

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件について書かれた本として紹介する2冊目の本は、『冤罪足利事件「らせんの真実」を追った四〇〇日』です。

この本では、北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人として捕まってしまった菅家さんの冤罪事件についてまとめています。

この本は高く評価され、賞も受賞しています。

 

足利事件 冤罪を証明した一冊のこの本

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件について書かれた本として紹介する3冊目の本は、『足利事件 冤罪を証明した一冊のこの本』です。

『足利事件 冤罪を証明した一冊のこの本』の著者は平成六年から、北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人として逮捕されてしまった菅家さんは冤罪だと訴え続けていました。

『足利事件 冤罪を証明した一冊のこの本』によって、菅家さんは冤罪だと証明されたという声もあり、とても評価が高い本です。

 

殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

 

この投稿をInstagramで見る

 

コジコジ ꒰(๑´•.̫ • `๑)꒱さん(@paradiseblue)がシェアした投稿

4冊目の本は、『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』です。

北関東連続幼女誘拐殺人事件のことを書いた本の中でも有名なのが『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』でしょう。

この本の中では、北関東連続幼女誘拐殺人事件において警察・捜査当局が真犯人を特定しながらも動かないことを批判しています。

その上、『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』の著者は、追い続けてきたルパン三世の生き写しのような男・本人との接触に成功しています。

この本の著者は、北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人と信じて疑わないルパン三世の生き写しのような男の住所を突き止めます。

県警が北関東連続幼女誘拐殺人事件について捜査もせず動いてくれないため著者が動くこととなり、北関東連続幼女誘拐殺人事件の時に見かけられていたルパン三世の生き写しのような男・本人の名前と住んでいる場所を調べ上げたのです。

実際に『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』の著者によると、北関東連続幼女誘拐殺人事件の真犯人と思わしき男は、ルパン三世の生き写しのようだったと言います。

この本の著者は自分の名を名乗り、北関東連続幼女誘拐殺人事件について調べていることをルパン三世の生き写しのような男に伝えました。

そして、ルパン三世の生き写しのような男に、北関東連続幼女誘拐殺人事件についての同じ質問を繰り返します。ルパン三世の生き写しのような男の答えはどんどんブレていき、松田真実ちゃんが姿を消したパチンコ店に事件の日にいたことを認めました。

その上、ルパン三世の生き写しのような男は、松田真実ちゃんと話していたことまで認めたというのです。

それだけでなく、ルパン三世の生き写しのような男は、横山ゆかりちゃんが姿を消したパチンコ店に行っていたこともほのめかしたのです。

そして、このルパン三世の生き写しのような男と足利事件のDNA型が一致したということも書かれており、『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』は多くの話題をさらいました。

足利事件で冤罪となった菅家さんや、今でも犯人がわからない北関東連続幼女誘拐殺人事件の謎、そしてルパン三世と呼ばれる犯人についてとても詳細に書かれている本です。

 

北関東連続幼女誘拐殺人事件まとめ

引用: Pixabay

北関東連続幼女誘拐殺人事件について説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

北関東連続幼女誘拐殺人事件で殺害されているのは、幼い女の子ばかりで17年間で5件もの幼女が誘拐し殺害されました。

にも関わらず、北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人を捕まえることはできず、松田真実ちゃん殺人事件の犯人として菅家さんが捕まるといった冤罪まで発生しました。

殺害事件が半径10キロ圏内で起きている北関東連続幼女誘拐殺人事件は、多くの近隣住民を恐怖に陥れました。

北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人は今だに分かっておらず、北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人を追い続けているジャーナリストもいます。

大沢朋子ちゃん殺害事件では、大沢朋子ちゃんの年齢が八才と北関東連続幼女誘拐殺人事件の他の犠牲者と比べて年齢が少し上なこと、その上大沢朋子ちゃんの四肢が切断されていたことから別の犯人なのではないかとも言われています。

ただ、大沢朋子ちゃん以外の北関東連続幼女誘拐殺人事件では、共通点が多く見られることから同一犯の可能性が高いと見る方が多いです。

北関東連続幼女誘拐殺人事件の四人目の犠牲者である松田真実ちゃん殺害事件では、犯人はルパン三世の生き写しのようだったという目撃証言がありました。

しかし、捜査当局は菅家さんを犯人にしたかった為、悲惨な冤罪事件が生まれてしまいました。菅家さんは冤罪によって、17年以上も獄中で過ごすことになりました。

冤罪によって20年弱、獄中に閉じ込められていた菅家さんも、北関東連続幼女誘拐殺人事件の犠牲者と言えるでしょう。

『足利事件 冤罪を証明した一冊のこの本』によって、菅家さんの冤罪が証明されたという声もあり、本やジャーナリストの方が警察よりも真実を語っているという指摘もあります。

『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』という本では、目撃情報のあったルパン三世の生き写しのような男との接触に成功しています。

ルパン三世の生き写しのような男は、松田真実ちゃんと事件当日に話していたことを認め、その上横山ゆかりちゃんの事件当日も事件現場のパチンコ屋に行っていたことをほのめかしたと言います。

その上、ルパン三世の生き写しのような男のDNAと足利事件(菅家さんが冤罪になった事件)で見つかったDNAが一致したということも本の中で言われています。

それ故、ルパン三世の生き写しのようなこの男こそ、北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人だという指摘はあります。

しかし、残念ながら、警察が北関東連続幼女誘拐殺人事件のことを調べることは二度とないのではないかと思われています。

それは、北関東連続幼女誘拐殺人事件について警察が本腰を入れて捜査できない理由があるからです。

その理由こそが、『飯塚事件』です。

『飯塚事件』では、北関東連続幼女誘拐殺人事件の四人目の犠牲者・松田真実ちゃん殺害事件で菅家さんの冤罪事件を引き起こしたのと同じDNA検査が行われていました。

もし北関東連続幼女誘拐殺人事件を再捜査して当時のDNA検査に信憑性が疑われると、『飯塚事件』まで冤罪だった可能性が出てきてしまうのです。

その上『飯塚事件』では、すでに死刑が執行されてしまっています。この事件を掘り返されることを、警察は恐れているようです。

それ故、警察は『北関東連続幼女誘拐殺人事件は時効だ』として、北関東連続幼女誘拐殺人事件の捜査を行うことができないというのです。

北関東連続幼女誘拐殺人事件について調べ上げた著者の方達によって、菅家さんの冤罪と北関東連続幼女誘拐殺人事件の真犯人と思わしきルパン三世の生き写しのような男が浮かび上がりました。

北関東連続幼女誘拐殺人事件で亡くなった福島万弥ちゃん・長谷部有美ちゃん・大沢朋子ちゃん・松田真実ちゃん・横山ゆかりちゃんの安らかな眠りを祈るとともに、北関東連続幼女誘拐殺人事件の犯人が捕まることを願ってやみません。

人気の記事