松岡修造の名言50選!「キミならできる!もっと熱くなれよ!」

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

松岡修造の名言まとめ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

霊視経営コンサルタント友野高広のオススメ本さん(@reishi.keiei.book)がシェアした投稿

太陽のような日本一熱い男である、松岡修造さんがその熱い思いから様々な場面において、汗と熱血にまみれた名言をたくさん生み出してきています。松岡修造さんの名言を日めくりカレンダーした毎日修造は大ヒットになった製品です。

その名言をスマホの壁紙にして勉強の合間に見て、元気になりやる気を増すような効果のある名言の利用方法もあります。

そんな太陽のような日本一熱い性格を持った松岡修造さんの名言についてご紹介していきたいと思います。

あなたの好きな松岡修造さんの名言を見つけてみてください。

 

松岡修造の経歴

 

【1】松岡修造さんの略歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

セイさん(@19sei98)がシェアした投稿

松岡修造さんは、東京都出身の日本の元男子プロテニスプレイヤーでスポーツキャスター、スポーツ解説者を務めています。現日本テニス協会理事で強化本部副本部長です。

身長188cm、体重85kg、右利きでバックハンドやストロークは両手打ちになります。テニスでの自己最高ランキングは46位、ダブルスでは95位の実力者で、テニスのATPツアーでは日本男子初のシングルス優勝を上げ、ダブルスでも1勝した日本テニス業界で世界への道を広げた第一人者になります。

 

【2】松岡修造さんのテニスでの戦績



引用: Pixabay

1995年にウィンブルドン選手権男子シングルスで日本人男子として62年ぶりにグランドスラムベスト8に進出した人物。

また、ウィンブルドンでの通算7勝の戦績は2015年に錦織圭に抜かれるまでは日本人最多の勝利記録でした。

 

【3】現在の松岡修造さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

take-cさん(@tm802)がシェアした投稿

ジュニア選手の指導やテニス大会の運営を行うなど、日本テニス協会の理事を務めるなど引き続きテニスに携わりつつ、スポーツキャスター、タレント、日本オリンピック委員会スポーツ環境専門委員、ミズノスポーツ振興財団顧問などとしても活躍しています。

テニスのジュニア育成では修造チャレンジとして多くの将来有望なテニスプレイヤーを育てている事で有名です。

 

松岡修造の名言を紹介【2019年最新版】

引用: Pixabay

熱い性格で汗にまみれたような言動で名言を繰り返す松岡修造さんですが、その名言と称えられるのと同じように都市伝説としても言われるような背景があるのです。

そんな都市伝説をもつような熱い性格だからこそ松岡修造の名言は生まれるのです。

 

【1】松岡修造太陽神伝説


引用: Pixabay

松岡修造さんにまつわる都市伝説に太陽神伝説と呼ばれるものがあります。

なぜ、太陽神などと呼ばれるようになってしまったのでしょうか?そこには、松岡修造さんと天気にかかわるジンクスが関わっていたのです。

「日本一熱い男の松岡修造さんが海外に行くと気温が下がる」という太陽神伝説がささやかれるようになっていたのです。

その背景には、松岡修造さんが海外に取材に行っている期間に、関東の天気が悪くなり、季節外れの大幅な気温の下降が見られていた事があったのです。

 

【2】松岡修造太陽神エピソード

引用: Pixabay

2014年のソチオリンピックの取材で松岡修造さんが日本を離れたときは、山梨県で集落が孤立してしまうほどの大雪に見舞われるような状況であったにもかかわらず、ソチでは雪が解け、海水浴すらできてしまうような高温の気温になっていました。

また、その年の4月には、松岡修造さんが出国したタイミングで満開の桜に雪が降るという事態が発生。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、それまでの気温を超えるような異常な猛暑にさらされていましたが、そこにも松岡修造さんがいたのです。

その時、日本では、例年並みの気温よりも急激に低下し寒波に見舞われていたのです。そんな状況の中で

「おい寒いぞ修造どこいった」「寒い寒い、修造どこ行ったんだよ」「やけに寒いと思ったら、また修造がいないせいだった」などと気温が下がると松岡修造さんの居場所を探すようなツイートがあったり、「松岡修造 どこ」というワードが検索トップになったりしていました。

 

【3】松岡修造太陽神伝説が名言に

引用: Pixabay

この天候にまつわる太陽神伝説が話題になっていることについて、松岡修造さんは真顔で回答しています。

「世界では、天候による残念なニュースもある。それに関してはコメントを差し控えています」

「僕が本気を出して天気が良くなるなら、いくらでも本気を出し続けますけど、天候はコントロールできません」

と真面目に語っていました。また、松岡修造の周囲のスタッフからは「天気の話題については、本人が大変困惑して心を痛めているので、できれば記事にしないでやってほしい」との要請まであったそうです。

都市伝説レベルの太陽神伝説に真面目に向き合い、そのことに責任すら感じてしまっている松岡修造さんの人柄が表れていると感じられるエピソードでした。

裏表のなく、いつも本気で物事にぶつかっている姿を見せてくれる松岡修造さんだからこそ、その魂から出る熱い言葉の数々が名言としてとらえられて話題になるのだと思います。

 

【4】松岡修造の名言を壁紙に

引用: girlydrop

松岡修造さんの名言の数々を壁紙にして、スマホの待ち受け画面にすれば、心に留めておきたい言葉を常に目にすることができるのです。

人生の教訓や元気をくれる言葉などの多くの名言があるので、壁紙にして自分の心に響く待ち受け画面を探して見て下さい。

きっと、その壁紙で心が明るくなってくれると思いますよ。

 

松岡修造の名言50選①【2019年最新版】

 

【01】「これは終わりではなく、新しい修造の始まり」

松岡修造の汗にまみれた太陽のような熱い性格から出た一言です。物事の1つの区切りとしてそこで終わるのではなく、そこからまた新しい一歩が始まっていくという事を伝えている名言です。

受験勉強をがんばった学生が、受験したことに満足するのではなく、そこからまた新しい生活が始まるという事にも言い換えられる名言であるので、スマホの壁紙に用いるなどで利用されることもある言葉になります。

 

【02】「よっしゃ!めんどくせー!」

引用: Pixabay

気合を入れてからのネガティブな発言。でもやる気だけはあるという意志を表現している名言です。一瞬笑ってしまいそうになる言葉ですが、めんどくさいけどやらなければならないんだと決意の込められた発言です。

めんどくさいけどやらなければならない事ってありますよね。そんな時にぴったりの名言なのではないでしょうか。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもれいたい名言です。

 

【03】「ほめ言葉より苦言に感謝」

引用: Pixabay

自分自身を奮い立たせなければいけないアスリートの松岡修造さんまじめな性格が反映された名言です。自分に足らない部分を言ってくれることにこそその後に成長するためには必要になるという深い意味のある言葉です。

自分にとって都合の悪い事を言ってくれる事にこそ価値があるという大変勉強になる松岡修造さんの名言です。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【04】「真剣に考えても、深刻になるな」

引用: Pixabay

物事に、思いつめ過ぎてはいけないと心を軽くしてくれるような松岡修造さんの名言です。なにかがあって自暴自棄になりそうになった時や冷静な自分を取り戻したいときに思い出してもらいたい名言です。

何かに真剣になるのは必要なことですが、行き過ぎると視野が狭くなったり、柔軟な思考ができなくなったりと良い結果を生む事が逆にできなくなってしまうという事を示した大変勉強になる言葉なのです。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【05】「何を言われてもイライラしなーい」

引用: Pixabay

この言葉はすでにイライラしてるのではと思われるような言葉なのですが、あえてユーモラスな言葉にすることによって頭に血が上って熱くなるのを抑えているという松岡修造さんの名言です。

汗臭い熱い性格を持つ松岡修造さんだからこそ、ユーモアを入れることで心に余裕を持たせようという松岡さんらしい性格が表れた名言と言えるでしょう。

 

【06】「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中であきらめてしまう。」

目の前の目標に対して頑張るっていても、その成果がすぐに出ないからといってあきらめてしまうから結果につながらないということを表現した松岡修造さんの名言です。

あきらめずにやることが何事にも必要で、せっかく汗を流して頑張っても、結果が出る前にダメだったと諦めてしまう、そんな状況に対する苦言なのです。

これは、スポーツだけでなく、勉強や社会においても同じことが言えます。諦めずに継続して頑張ることが大切なのだと教えてくれているのです。

 

【07】「僕の場合、悪い状況から抜け出す方法は、「嫌なことはすぐに忘れる」「悔しいときは1人になって思いっきり叫ぶ」といった単純なものが多いです。」

引用: Pixabay

松岡修造さんの明るい性格を端的に表現した名言の1つです。トップアスリートという常に緊張にさらされる状況の中で、悪い流れの中から抜け出すためには、すぐに忘れて気持ちを切り替えることや大きな声を出して、たまったストレスを発散させることが必要だったという事なのでしょう。

勉強やスポーツでうまくいかなかったときに試してみてはいかがでしょうか?流れが変わっていい結果に結びつくかもしれません。

 

【08】「忙しいと思ったことは1回もありません。たぶん、本当に忙しくないんでしょう。「お疲れ様」と言われても、たいていは疲れていないので、冗談を言える相手には「疲れてません」と言います。」

引用: Pixabay

どんなに忙しくしていても心に余裕ももって、その場その場を楽しんいることができる性格の松岡修造さんらしい一言です。

どんなに汗にまみれてへとへとの状況でも、その状況を楽しんでいれば疲れなど感じることはないということなのだと思います。体力がありあまって本当に疲れ知らずなのかもしれませんが、常に熱い太陽のような性格の松岡さんらしい言葉です。

 

【09】「やってられないよと思った時、「でも俺頑張ってるよな」とつぶやいて見てください。「頑張っている私って、結構いいな」と自分を好きになってください。その方が生きやすくなるとは思いませんか?」

引用: Pixabay

つらくてもうだめだと自信をなくしかけた時に、自信を奮い立たせてくれるような松岡修造ざんの名言です。

汗まみれになって頑張っている自分の姿はカッコイイと思えれば、また頑張れますよね。勉強でもスポーツでもあきらめてしまえばそこで終わってしまいます。頑張り続ければ未来が開けてくるという事を松岡さんは伝えてくれているのです。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【10】「人前で緊張するのは自然な反応です。プレッシャーが人を強くします。逃げ出したくなるような感覚がなくなったら、モチベーションもなくなってしまうような気がします。」

引用: Pixabay

緊張する反応は人として自然な反応としつつ、その緊張する反応の原因であるプレッシャーを感じる事で人は強くなるのです。

緊張する場面から逃げ出したくなるような感覚がなくなってしまうと、物事にたいする緊張感もなくなってしまい、真剣に物事に対応するモチベーションも緊張とともになくなってしまうという思いが込められた松岡修造さんの名言になります。

緊張する場面は受験勉強や会社でのプレゼンテーションなど誰にでもあると思います。そんな緊張も自分の成長につながると思えば緊張に対しても前向きにとらえて、きちんと向かい合えるのではないでしょうか。

緊張とモチベーションが相対する関係にあると伝えているのです。ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

松岡修造の名言50選②【2019年最新版】

 

【11】「スポーツの世界に絶対はない。絶対に勝つための法則もない。強くなるためには絶対この方法が良いというものもない。」

スポーツでは勝つための絶対の方法はなく、その人に合った戦略やトレーニング方法があり、多種多様のやり方があっていいのだという太陽のような汗臭い熱い思いが込められた松岡修造ざんの性格が反映された名言です。

人はみなそれぞれの環境により体格や性格、身体能力に差があります。同じ方法でトレーニングをしたとしても同じ結果が得られるわけではないのです。その人にあったやり方を見つける事が大切なのだと松岡修造さんは伝えているのです。

 

【12】「予想外の人生になっても、そのとき、幸せだったらいいんじゃないかな」

引用: Pixabay

人生が自分の思うとおりになっている人って少ないと思います。自分の人生が想定していなかった予想外のものになっても、その人生が幸せだと感じることができるような人生であればそれは素晴らしい人生だと言えるということを表現した大変勉強になる松岡修造さんの名言になります。

重要なのは今幸せに生きているのかということで、そういう人生なら悪くないって思えるのではないでしょうか?

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【13】「真剣だからこそ、ぶつかる壁がある。」

引用: Pixabay

真剣に物事に取り組むからこそ、越えなければならない壁がでてくるという、トップアスリートだった松岡修造さんだからこそわかる名言になります。

緊張感のある真剣なやり取りの中にある独特の試練について表現した大変勉強になる名言と言えます。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【14】「勝ち負けなんか、ちっぽけなこと。大事なのは、本気だったかどうかだ!」

引用: Pixabay

勝ち負けにこだわるのは悪いことではないが、成長過程においては勝負勝ち負けよりも、その勝負にかける本気度のほうが重要だという汗臭い熱い思いを感じられる松岡修造さんらしい名言。

太陽のような熱い男である松岡修造さんらしい名言だと言えます。結果よりもそこに本気で挑めたかの方が重要で本気にならない勝負では次の成長にはつながらないということを示しています。

この名言は様々な場面にも通用するような言葉なのでスマホの壁紙にして自分に問いかけるれば、自分に活力を注入することができるのではないでしょうか。

 

【15】「プレッシャーを感じられることは幸せなことだ」

引用: Pixabay

プレッシャーを感じられるような緊張感のある場所に立てる事は、スポーツ選手にとってはそれまでの汗にまみれた練習の成果を出すことのできる場所にいられるという事なので幸せなことなのだということを語っている、松岡修造さんの名言になります。

また、プレッシャーを感じるという状況は周囲から期待を向けられているという事でもあるので、その緊張感は期待の裏返しだと言うこともできるのです。スポーツ選手にとってプレッシャーを受けて緊張感を感じられるような状況は歓迎するべきものなのです。

これは、勉強の成果を求められる試験の場や社会におけるプレゼンの場などでも同じようなことが言え、緊張感をもってプレッシャーに相対するような場所は自分の勉強の成果を出すための場所でもあるのです。

 

【16】「みんな!竹になろうよ、竹ってさあ台風が来てもしなやかじゃない。台風に負けないんだよ雪が来てもね。思いっきりそれを跳ね除ける!!みんな!竹になろう!バンブー!!」

竹のしなやかさと強さに注目して、それを例えにして強さを求めた松岡修造さんの名言です。

一見何を言っているのかポカンとしてしまいそうな言葉ですが、竹のしなやかさと強さを例えにして、そんな強い自分になろうという激励の言葉です。

 

【17】「お前の終わり方は、なんとなくフィニッシュだ」

引用: Pixabay

物事を終わらせるだけの事だが、ただフィニッシュを迎えるのではなく、その終わらせ方についてもきちんとした意味を持たせなければならないという松岡修造さんの名言です。

せっかく汗を流して得た結果だったとしても終わらせ方が駄目だと何の意味もないと伝えているのです。

 

【18】「ベストを尽くすだけでは勝てない。僕は勝ちにいく」

引用: Pixabay

相手から勝利を得るためには、ベストを尽くすだけではなく、相手の弱点を突いたり、精神的に揺さぶったりといった様々な行為を積み重ねなければ勝利をつかめないという松岡修造さんの名言です。

多大な緊張にせまられる勝負の場においては、相手のことも研究してベストを尽くしたうえでさらに相手のリズムを崩して勝負の流れを引き寄せるための行為をしていかなければ勝ちをつかみ取ることは難しいということを表現した大変勉強になる名言です。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【19】「今の僕には勢いがある」

引用: Pixabay

自分に言い聞かせて、鼓舞し勝負に挑むための名言です。

緊張感のある場で弱気になりがちな自分へ言い聞かせて強気な状態に精神状態を持っていくために必要な言葉です。トップアスリートとして汗を流してきた経験のある松岡修造さんだからこそ、その言葉の重みを知っていると言えるでしょう。

普段の生活や勉強の場面でもこの名言は使えて、自分の自信を呼び起こし、鼓舞するのに使えます。

 

【20】「ナイスボレー、修造!」

引用: Pixabay

自分のプレーが調子よく、良いプレーができていると自分を鼓舞する名言です。

自分に対して鼓舞することで、自分に対して自己暗示をかけ、精神状態を良好な状態に持っていくための言葉です。緊張感あるれる勝負の場において、平静状態の集中力を保つためのメンタルを持つための一つの方法です。

 

松岡修造の名言50選③【2019年最新版】

 

【21】「大丈夫、大丈夫って文字には、全部に人って文字が入ってるんだよ」

松岡修造さんらしい名言といえます。緊張をほぐすために人の文字を手に書いて飲み込むという行為がありますが、大丈夫という文字にも人という字が入っていると表現することで、大丈夫という声援に同じ効力をもたせようとしているのです。

いわゆる言霊ということなのでしょう。松岡修造さんの性格から出た言葉なのでしょうが、言葉の勉強にもなりますね。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【22】「布団叩きはやめられない。ついつい叩きすぎちゃう。」

引用: Pixabay

テニスのボレーの練習として布団叩きを用いた際の松岡修造さんが放った名言です。ユニークな練習を通じて楽しみながらテニスを上達していこうという、松岡修造さんならではの緊張をほぐしながらやれる練習方法を表現した名言です。

楽しい練習なら汗を流すのも国はならないですよね。太陽のような熱い男でありながらもやさしさを持った松岡修造さんらしいやりかたです。

 

【23】「やがて僕のレベルも知らず知らずに上がっていった。なぜなら、僕が戦う相手は、いつも自分より強かったからである。」

引用: Pixabay

戦いの場を世界に求めていたトップアスリートの松岡修造ざんは、周りが自分より強い相手ばかりの中で試合をやることが宿命だったため、そのハイレベルの試合の中で戦う事で自分自身のレベルも自然と上がっていったという、世界と戦う男ならではの名言です。

この名言の背景には、世界に出て自分より強い相手と戦うことこそが成長につながるのだと後輩たちに伝えている思いが込められているのです。

 

【24】「崖っぷちありがとう!最高だ!」

引用: Pixabay

勝負の中で崖っぷちに追い詰められた絶体絶命の状態だからこそ、あえてポジティブにとらえ困難な状況に立ち向かって行こうという決意にあふれた松岡修造さんの名言です。

追い詰められた状況を楽しむことで、思考に余裕をもち、対応できるようにしようという強い意志の現れた言葉です。何かに追い詰められた状態のときに、自分に言い聞かせてて困難に立ち向かって見てください。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【25】「そうだ、僕は、心から本当にテニスが大好きなんだ!」

引用: Pixabay

心底テニスが好きだという事を言葉にして表現した松岡修造さんの名言です。

太陽のような熱い気持ちでテニスを愛する松岡修造さんの性格が生んだ正直な気持ちからの発言なのです。テニスの部分を自分の好きな言葉に置き換えれべば誰もが使える名言になります。大好きだということを表現してみてください。

 

【26】「崖っぷちだーい好き」

引用: Pixabay

松岡修造さんの性格から追い詰められた崖っぷちの状態こそ楽しまなければいけないという意志が強く伝わってきます。

緊張をせまられるアスリートの精神を鼓舞する方法として、逆境こそ楽しむという発言が松岡修造さんの名言には多く見られるのです。みなさんも、緊張するような追い詰められた状況の時こそその場を楽しめるように自己暗示をかけてみてください。良い結果につながるかもしれません。

 

【27】「自分を好きになれ」

引用: Pixabay

自分を否定するのではなく、肯定して好きにならないと良い結果にはつながらないという。松岡修造さんの名言です。

頑張ってきた自分を好きになって認めなければ緊張した場面でそれまで頑張ってきた自分の全力をぶつけることは難しいという事を伝えているのです。大変勉強になる一言なのです。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【28】「反省しろ、後悔はするな」

引用: Pixabay

物事に対して反省することは必要なことだが、そのことに対して後悔するような状況にはなるなという松岡修造さんの名言です。

反省する行為は次につながる行為ですが、後悔するということは、その物事に対して全力で出し切っていないという事の裏返しなので後悔しないように全力で挑んで出し切れという事なのです。この名言は普段の生活や勉強にも通じる言葉であり、重みのある名言です。

太陽のような熱い男である松岡修造さんの性格があらわれた名言になります。ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【29】「ネクストタイム」

引用: Pixabay

気持ちの切り替えの早い性格の松岡修造さんらしい名言です。一つの物事に集中してぶつかる松岡修造さんは次への展開を求め続けるせっかちな性格を持っています。

さあ、次へ行こうという前向きな思いが乗った言葉になるのです。

 

【30】「緊張してきた。よっしゃあ。」

引用: Pixabay

緊張するようなシュチュエーションこそ、楽しんでやろうといった強い意志を表現した松岡修造さんの名言です。

普通の人は緊張するような場面はなるべく遭遇したくないと感じています。その緊張してしまう状況に気合を入れることで立ち向かって乗り越えて行こうという太陽のような熱い男である松岡修造さんならではの名言になるのです。

緊張する場面にあったら、あえて声を出して気合を入れてみましょう。緊張がほぐれるかもしれません。

 

松岡修造の名言50選④【2019年最新版】

 

【31】「今日からお前は富士山だ」

日本一を目指す目標として富士山を例えにした松岡修造さんの名言です。

太陽のような汗臭い熱い気持ちを持つ松岡修造さんから送られた、富士山のような日本一の存在になれというメッセージなのです。

 

【32】「もっと熱くなれよ、熱い血燃やしてけよ、人間あつくなったときがホントの自分に出会えるんだ」

引用: Pixabay

太陽のような汗臭い熱い性格の松岡修造さんらしい名言です。汗を流して熱くなった時にこそ本当の自分という存在と向き合うことができるという事を表現して言葉です。

情熱を燃やして熱くならなければ真剣に物事に対することができないという松岡修造さんの思いをあらわしているのです。熱くなって流した汗は裏切らないという事なのです。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【33】「一番になるって言ったよな?日本一になるっつったよな?ぬるま湯なんかつかってんじゃねぇよ、お前」

引用: Pixabay

一番になりたいっていう発言をしたのにもかかわらず、真剣に物事に向き合わず、練習や勉強を自己満足で行い、やったつもりになっている相手に向かって言い放った松岡修造さんの名言です。

世界を知るトップアスリートであり、太陽のような熱い性格をもつ松岡修造さんは自己満足でいい加減に行動し、真剣に物事に向き合わない相手に対しては厳しいのです。

汗を流して、限界まで努力せずに、一番になろうとする甘い考えを矯正するために、修造チャレンジの生徒に贈られた言葉であり、そこには頑張って日本一を目指してほしいという思いが込められているのです。

 

【34】「ミスをすることは悪いことじゃない。それは上達するためには必ず必要なもの。ただい、同じミスはしないこと。」

引用: Pixabay

ミスは誰にでもありうる出来事です。そのミスをすることで自分の弱点がわかることでそれを克服できるので必要な事だとしつつも、そのミスに対してはきちんと対策を行い、繰り返さない事が重要であるという松岡修造さんの名言です。

このことは、スポーツだけではなく、勉強や社会においても同じことが言えて、ミスをすることで成長していかなければそのミスは何の意味もない物となってしまうということを伝えているのです。この言葉は色々と考えさせられる大変勉強になる言葉です。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【35】「お醤油ベースのお吸い物にあんこ。非常識の中に常識あり」

引用: Pixabay

一見非常識でありえないという事の中には、新しく常識となりうる事が隠れているという事を表現した松岡修造さんの名言です。

数々の人とは違う独特の練習方法でテニスと向き合っていた松岡修造さんの性格を表した言葉です。人と同じ目線でものを見ていては新しいものは見えてこないということです。新しい発見は常に非常識と思われるような行動から生まれてきているのです。

現在は非常識と思われている行為も、何年かしたら常識的な行為になっているかもしれません。

 

【36】「自分の弱さを認めた時、人は前進する勇気が湧いてくる」

自分の弱さを認める事で自分自身を見つめなおす事ができ、現在おかれている状況を変えるべく前に進むことができるようになるという太陽のような汗臭い熱い思いを持つ松岡修造さんの名言です。

強がっているうちは成長が見込めないが、自分の弱い部分を認めた時には、その弱さを克服するための行動ができるようになり、成長につなげることができるようになるという事なのです。自分の弱さと向き合うのは大変なことです、しかし、その行為こそが必要なのだと語っているのです。

スマホの壁紙にすれば、自分を前向きな気分にして頑張ろうと思えるような名言なのです。

 

【37】「苦しいか?修造!笑え!」

引用: Pixabay

苦しいときにこそ笑顔で対応しようという、自分を鼓舞するような名言になります。

苦しい時こそその苦しさに押しつぶされるのではなく、笑う事で心に余裕を持たせて事態に向かい合おうという言葉なのです。

 

【38】「人の弱点を見つける天才よりも、人を褒める天才がいい。」

引用: Pixabay

人の弱点ばかり探しているような人は、相手を否定することばかりにつながり、マイナスの面だけしかありませんが、人の事を褒める事のできる天才は、相手の良いことを見つける天才でもあるので、プラス面を見つけて心豊かな気分にさせて成長を促す事ができるのです。

太陽のような熱い男でありながらも大きなやさしさを持つ性格の松岡修造さんらしい名言だと言えるでしょう。

人は褒められると気分よくなり、楽しい気持ちになります。子供の教育においても褒めて伸ばした方が良い子に成長すると言われています。その言葉には深く考えさせられる大変勉強になる思いが込められています。みなさんも褒める天才になれるようにがんばってみてはいかがでしょうか。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【39】「僕はただ明るいだけ。そして、神経質なところがある。でも、それが僕だ」

引用: PAKUTASO

自分の性格をきちんと把握して認めている松岡修造さんの名言です。

自己の性格のプラス面をみとめつつ、マイナス面も把握しており、なおかつそういう性格の自分をきちんと肯定して認めているのです。自己分析がきちんとできている証拠ですね。

自分の性格の長所と短所を正確に把握しておけば、色々な場面においての行動指針になり、役に立ちます。

 

【40】「悩みん坊、万歳」

引用: PAKUTASO

たくさん悩む事は、悪いことではないので、たくさん悩んで迷う事を推奨している松岡修造さんの名言です。

この言葉の裏には悩んでそこで立ち止まらず、きちんと答えを見つけなければ意味がないという事も含まれています。大いに悩んでそれに答えを出していく事を望んでいるのです。

悩んだことは自分にとって勉強になり、答えを導くことで成長につながるのです。

 

松岡修造の名言50選⑤【2019年最新版】

 

【41】「悔しがればいい、泣けばいい、喜べばいい、それが人間だ」

太陽のような熱い性格をもった松岡修造さんらしい、汗にまみれたような感情に溢れた熱い名言です。

感情を表に出して、表現することは悪いことではなく、汗をかいて頑張った結果に対して感情をむき出しにすることこそが人間らしい表現だと伝えている大変勉強になる名言なのです。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【42】「三日坊主OK!」

引用: PAKUTASO

三日坊主でもいいからチャレンジすることに意味があると言う松岡修造さんの名言です。こういうシンプルな名言はそれだけにインパクトがあり、深く考えさせられる大変勉強になる言葉になるのです。

ただし、この名言には裏に込められた思いが隠れています。チャレンジすることに意味はあるのですが3日で終わったとしてもただ流されてやるのではなく、真剣に向き合って汗を流して頑張る事が必要なのです。

 

【43】「過去のことを思っちゃダメだよ。なんであんなことしたんだろうって、怒りに変わってくるから。未来の事も思っちゃダメ。大丈夫かなって不安になってくるでしょう?ならば、一生懸命、1つの所に命を懸ける!そうだ!今ここを生きていけば、みんなイキイキするぞ!」

引用: PAKUTASO

過去には怒りを、未来には不安を見せられる気持ちになってしまうのだから、今という瞬間だけを見て一生懸命全力でぶつかっていけばその先に明るい未来がまっているという事を表現した名言になります。

今を一生懸命に全力で走り抜けるという、太陽のような熱い男である松岡修造さんらしい名言です。

 

【44】「言い訳してるんじゃないですか?できないこと、無理だって、あきらめてるんじゃないですか?駄目だ駄目だ!あきらめちゃだめだ、できる!できる!絶対にできるんだから!」

引用: PAKUTASO

物事にあきらめてできない事を肯定してしまっている状態を否定して、諦めなければできると鼓舞している松岡修造さんの名言です。汗にまみれているような熱い思いの込められた名言ですよね。

自分で限界を決めてあきらめてしまえばそれ以上には進む事ができないとして、限界を決めずに頑張ることで成功につながるという事を示して、あきらめそうになる相手を鼓舞してやる気にさせる前向きな名言です。

弱い自分を鼓舞するようなこういう名言をスマホの壁紙にして見るようにすれば頑張ろうって気持ちにさせてくれるような名言なのです。

 

【45】「諦めんなよ!諦めんなよ。お前!どうしてそこでやめるんだ、そこで!もう少し頑張ってみろよ!ダメダメダメ!諦めたら!周りの事思えよ、応援してる人たちのこと思ってみろって!あともうちょっとのところなんだから」

引用: PAKUTASO

最後の最後でもうだめだと諦めそうになって弱気になっている心に、諦めずにもう少し頑張れと鼓舞しつつ、そこにたどりつくまでに周りの人からどれだけ応援されているのか背負った思いを考えて頑張れと鼓舞している。汗臭い熱い言葉です。

太陽のような熱い心を持った性格の松岡修造さんらしい名言です。アスリートは試合に挑むまでには多くの周囲の人からの応援を受けて試合に立っています。そんな周囲の思いを考えず自分1人で試合に挑んで簡単に諦めようとする事に対して鼓舞するためにかけられた熱い名言なのです。

 

【46】「時間が解決してくれると言うけれど、そうは思わない。でも、行動した時間なら解決してくれるはずだ」

時間が解決してくれるという事は単に忘れることであって、本質的な問題の解決では無いということをわかっている発言です本質的に解決するためには、ただ、時間の経過を待つのではなく、行動によって経過した時間であれば問題の解決につながるのだという松岡修造さんの名言です。

行動派の汗にまみれた日本一熱い男らしい名言です。その言葉は深く考えされされ、大変勉強になります。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【47】「味のある人間って言われていますか?中身ある人間って言われてますか?イワナ見てみろよ!イワナはなぁ、余計な味付けいらねえんだよ。自分に中身がある。出汁が凄いついてるんだよ。イワナ見習って生きろ!中身で勝負だ!これから、出汁のある人間になれ」

引用: Pixabay

外見を重視してみてくれだけの人間になってないですか?外見よりも中身がしっかりとした人間味のある人になれということをイワナに例えて表現している。太陽のような熱い男の松岡修造さんらしい面白い表現での名言になります。

中身のある人間になれということを表現するだけなのに、イワナに例えることで不思議な言動に聞こえてしまいます。汗にまみれた熱い思いを込めたこういった表現方法はいかにも松岡修造さんの性格に沿ったらしい名言だと言えるのです。

 

【48】「本気になれば自分が変わる!本気になれば全てが変わる!」

引用: Pixabay

本気になることを重要視している、汗臭さを感じられる太陽のような熱い男松岡修造らしい名言です。

何事にも本気になって取り組めば、そこに見えてくるものもあり、本気で取り組むことに意味があると伝えているのです。この名言は普段の生活や学校での勉強に取り組む姿勢にも通じるところがあり、大変勉強になる名言なのです。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【49】「人は完璧を求める。しかし、完璧と思った時から全てがやり直しになる。」

引用: Pixabay

人は完璧に物事をこなす事を理想としてそこを着地点として追い求めます。

しかし、自分が完璧だと思うレベルに到達したと思った瞬間にそこまで積み重ねたものがそこで完了してしまい。次へ進むためにはまた最初から汗にまみれて積み上げていかなければならなくなるという事を表現した、大変勉強になる松岡修造さんの名言です。

ぜひ壁紙にして、スマホの待ち受けで心に留めておいてもらいたい名言です。

 

【50】「暑くなければ夏じゃない。熱くなければ人生じゃない!」

引用: Pixabay

太陽のような熱い男である松岡修造さんらしい名言です。

汗を流して熱くなるような環境こそが人生であると語っているのです。

 

「キミならできる!もっと熱くなれよ!」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぶーすかおくさまさん(@makiestefan)がシェアした投稿

太陽のような熱い思いを持つ、汗にまみれた日本一熱い男である松岡修造さんの名言を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。お気に入りの名言は見つけられましたか?

その真面目な性格で汗臭い熱い思いをぶつけてくる松岡修造さんの言葉は、その純粋な熱さから聞いている人たちの心へと響いてくると共に、深い意味を持ちその言葉は大変勉強になることが多いのです。

松岡修造さんの名言はスポーツの場面だけでなく、勉強や生活の場面においても通じるような素晴らしい名言が多いのです。お気に入りの名言を見つけられたなら、ぜひ、スマホの壁紙やパソコンの壁紙などにして、すぐ目に触れられるようにしてください。

松岡修造さんの熱い名言がみなさんの心を豊かにし、明日への活力の一端になれば幸いです。

人気の記事