必ず効く育乳ストレッチ方法5選!バストアップ体操のやり方大公開

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

必ず効く育乳ストレッチを紹介【女子必見】

引用: girlydrop

「バストが小さくてコンプレックス」「バストの形が理想的ではない」「バストが年齢と共に垂れてきた」「カップは割とある方なのに離れ乳のために綺麗な谷間ができず困っている」「左右の胸の大きさが違うのが悩み。ブラやビキニを選ぶのにとても困る」・・・などなど女性の方でバストにお悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。

手術や大変な努力、辛い運動が必要なんじゃないかと思ってコンプレックスの改善を諦めかけている方乳腺組織が年齢とともに減少してしまうということから「成長期を過ぎた後のバストアップは難しい」と思い込んでいる方、毎日を忙しく過ごしている方でも簡単お手軽にバストアップ等が期待できる育乳ストレッチ、体操、マッサージ、筋トレ、エクササイズなどを紹介します。

成長期を過ぎた後でもバストアップは可能とはいえ、早く始めるに越したことはありません。今日から始められるものばかりですので是非今日からトライしてみましょう。

 

育乳ストレッチとは?

 

【育乳ストレッチ】メカニズム


引用: girlydrop

大胸筋を鍛えるストレッチであれば、大胸筋が胸を支える筋肉の中でも一番大きな筋肉でありこれがバスト全体の土台になっています。そのためここを鍛えれば、バストをしっかり支えることができ、垂れを改善することができるのです。

物理的にバストを上に固定するにはバストを寄せて上げるのが基本となっています。そのために必ず必要な筋肉がバストを上げる大胸筋上部とバストを寄せる大胸筋内側です。この二つの筋肉を鍛えることでバストが固定され、自然と位置が上がります。

胸の筋トレ(ストレッチ)の物理的な効果は、物理的に垂れた胸を正しいいちに戻す、バストの位置を筋肉の作用によって上げるということです。

 

【育乳ストレッチ】胸周辺の筋肉について


引用: Pixabay

バスト周辺の筋肉は大胸筋、小胸筋、胸鎖乳突筋という3つの筋肉がメインとなっていますが、この他にも前鋸筋から背中に位置する僧帽筋など、11もの筋肉が重なり合い、作用しあってできています。

筋肉とおっぱいは一見関係ないように思われがちですが、これらの筋肉がしぼんでしまうと、バストも小さくなってしまうのは当然のことです。しぼんでしまうのをを防ぐにはしっかりバストの筋トレを行なって、胸周辺の筋肉にイキイキしてもらいましょう。

また、大胸筋と一緒に大事なのが、クーパー靱帯です。バストが下に垂れないために支えて釣り上げている靱帯であり、これが伸びきってしまったり、切れてしまうことがバストが下がる原因になります。

一度切れてしまったクーパー筋は二度と修復することはありませんので普段からブラでしっかり固定し、育乳ストレッチで鍛えていきましょう。

 

【育乳ストレッチ】効果が出るまでの期間

Array

引用: Pixabay

1回でバストにハリが出る人もいますが、できれば2週間以上は続け、しっかり自分のものにしましょう。

期間に個人差が出るのはその人の筋肉の使い方にあります。同じ動き(エクササイズ)をしていても、使っている筋肉を意識するのが上手い人は、効果がでやすい傾向にあります。

また、エクササイズ(ストレッチ)をする回数も多いに関係します。人より多めに毎日エクササイズしていれば、その分早く効果が実感できるでしょう。

「やりすぎはバストの成長に良くないのでは?」と不安な方もいるかもしれませんが、マシーンではなく、自分の手を使って行うエクササイズであれば女性らしさを保ったままバストアップが叶うでしょう。

 

育乳ストレッチのポイントを紹介!

 

育乳ストレッチをやるべきタイミング

引用: girlydrop

バストアップでは、胸回りの老廃物をいかにデトックスするかが大切になっています。

血の巡りの良いお風呂上がりや体が休息に向かっている寝る前に行うのが理想的です。

 

胸を小さくする生活習慣

Array

引用: girlydrop

スマホの使いすぎ、カップ付きキャミの常用、添加物や白砂糖の摂取、睡眠不足、あわないサイズのブラの着用、間違ったエクササイズ、チューブトップの常用は胸の成長を妨げてしまう生活習慣だそうです。

しかしその中でも最も気をつけたい生活習慣としてあげられるのは寝る際のノーブラが挙げられます。理由としては、何もつけないで寝るとバストが背中や脇に流れて、バストの垂れや背中や脇の贅肉となってしまうからだそうです。

胸はとても流動性があるというわけです。

 

育乳につながる生活習慣

引用: girlydrop

バストアップにつながる育乳ストレッチ以外の生活習慣の要は冷え対策にあります。

1.約40度ほどのお湯にゆっくり浸かりましょう。バストを温める1番簡単な方法は入浴です。乳線を刺激する外側からの適温は42度以下と言われています。入浴時間はじわっと汗が出るくらいの長さが理想的です。

汗をかきにくい方は入浴前または入浴中にゆっくり白湯を摂取すると内臓が温まり短時間で基礎代謝を上げることができます。

2.腹巻き、レッグウォーマーをつけお腹周りと足首を温めましょう。バストアップには低体温はNGです。体温が出て行ってしまいやすいお腹周り足首を温めることで低体温を防ぎましょう。36.5度〜37度がホルモンの分泌を促す最良の体温と言われています。

 

育乳ストレッチの効果アップ!バストアップにいい食べ物、飲み物

引用: girlydrop

これから紹介する食べ物を摂取するだけで必ずバストアップにつながるというわけではありませんが、育乳ストレッチを行うことで、より効率よく、より確実にバストアップが叶うでしょう。

一つ目として挙げられるのは牛乳です。牛乳は普段から必ず買い物リストに入っている可能性が高く、取り入れ易い食品です。

牛乳にはタンパク質、脂質、炭水化物、という三大栄養素に加えて、日本人の食生活に父祖Kしがちなカルシウムを含むミネラル、さらにはビタミンAやビタミンB2などを豊富に含んでいます。

また、豆乳もバストアップに効果的だと言われています。豆乳の栄養成分として主要なものは、タンパク質、ビタミンB群、ビタミンE、レシチン、サボニン、そしてイソブラボンなどです。

女性ホルモンに影響があると言われているイソフラボンに加え、様々な栄養が豊富に含まれているのがわかります。

3つめに挙げられるのは鶏肉です。鶏肉の部位の中でもささみや胸肉がよく、体質改善や筋肉をつけたい時やダイエット目的で摂取したりする食品ですが上記の通り、バストアップには大胸筋などの筋肉が関わるので、鶏肉を摂取することで育乳ストレッチがより効果的になります。

 

育乳ストレッチ後のケア方法

引用: girlydrop

育乳ストレッチや筋トレを行なったあとはしっかりケアをすることが大切です。バストアップのためのエクササイズをした後は筋肉が疲れているのでたくさん栄養をとって、しっかり回復させてあげましょう。

筋肉を冷やさないようにしながら優しくバストマッサージを行い血行を擁して上げるのがおすすめです。

バストアップにはしっかり栄養を取ることも大切です。

 

育乳ストレッチ方法5選!バストアップ体操のやり方を公開!

 

【育乳ストレッチ①】簡単!大胸筋を鍛えるバストアップ筋トレ(合掌のポーズ)

バストのハリがもっと欲しい方、なんだか最近バストが垂れぎみかも・・・とお悩みの方にぴったりのエクササイズです。そんな女性の皆さんは大胸筋を鍛えるバストアップ筋トレをマスターしてしょんぼり元気のないバストを卒業してしまいましょう。

形のよいピンとはったバストで恋愛や家事、夫婦生活にもっと積極的になれること間違いなしです。

1まず胸の前で両手を合掌します。この時、肘から先が地面と水平になるように整えることを意識してください。

2グッと両手を強く押し合わせ、その状態を10秒キープしてください。

3両手を押し合う力を抜き息を吐きながらゆっくり腕を前に伸ばしていきます。この時、急ぎすぎないでゆっくりと行うのがポイントです。

4腕を胸の前に戻して、1〜3の動作を10回ほど繰り返します。

 

【育乳ストレッチ②】辛くない!大胸筋を鍛えるバストアップ腕立て

1壁に向かって腕を伸ばして、手のひら全体を壁につけられるギリギリの位置にたちます。

2足を肩幅に開き、肩と同じ高さで、壁に両手をつきます。

3息を吸いながら、体重を乗せて腕を曲げ、1秒キープしてください。

4息を吐きながら、腕を伸ばし、体を元の位置に戻します。

5この動き10〜15回を1セットとして、休憩を挟んでもう1セット行います。

筋力に自信がない方ででも行える腕立てなので女性の方でもトライしやすくなっております。このストレッチを続けて少し自信が付いてきたら、壁からテーブルの角に手をついてみたり、膝をついて床で行なったり、少しずつレベルアップさせていくと大変効果的です。

 

【育乳ストレッチ③】女性でもラクラク!ダンベルを使った育乳筋トレ

引用: Pixabay

1仰向けに寝転び膝御館、胸を張ります。胸の横で、ダンベルを構えましょう。

2息を吸いつつ、胸の上でダンベルをゆっくり持ち上げます。

3息を吐きながらダンベルを元の位置の位置までゆっくり戻します。

41〜3を繰り返し行います。

ダンベルは、1キロ〜1.5キロほどの軽めのもので大丈夫です。息を吸って、吐いて、ゆっくり行うのがポイントです。呼吸を止めず腕がしっかり伸びきりところまで持ち上げましょう。

 

【育乳ストレッチ④】ダイエットの神、本島彩帆里が教える育乳マッサージ

 

この投稿をInstagramで見る

 

葵羽(aoba)さん(@aoi.hane.hirari)がシェアした投稿

このマッサージは本島彩帆里さん曰く、バストを支える、土台を育てるケアになるそうです。このマッサージで胸を柔らかくすることで育乳に繋がるそうです。

育乳マッサージ1

1バストジェルやクリーム、オイルを塗って肌の摩擦を防ぎます。この時に自分のお気に入りの香りのものを使うことでテンションを上げることが大切です。

2片側の手をバストの下に添えて支えます。

34指でバスト上部を内から外へ、下の筋肉をくるくるマッサージしてください。

45回くるくる×5セット、また、反対側も同様に行なってください。

痛気持ちいい程度の力強さで深部に効かせるようにするとバストの土台がふわふわになりバストアップになります。

育乳マッサージ2

1クリーム、ジェル、オイルなどを塗り肌の摩擦を防ぎます。

2反対側の手で脇下からバスト側へ集めます。

3その後ろからグーの手を添えてバストトップへ向かってマッサージします。

4反対の手がバストアップにへ行ったら再度脇から集めてくるようにしたらステップ2、3へ戻ります。

5位置をずらしながら胸全体をマッサージしていきます。

こちらのマッサージは離れ乳の原因になりやすい肋骨まわりの筋肉をほぐすのにいいマッサージです。同時に呼吸を深くさせてくれるので寝る前にぴったりです。

バストアップマッサージですが、やりすぎには注意してください。なんでもマッサージがいいからと言った強くやってしまうとバストのクーパー靭帯が傷ついてしまい逆に垂れてしまうかもしません。

また、胸のほとんどは脂肪なので、その脂肪を潰してしまってはバストも小さくなってしまいますので、あくまでも優しくマッサージをすることが大切です。

 

【育乳ストレッチ⑤】朝起きた布団の上でできる!育乳筋肉ほぐしストレッチ

引用: girlydrop

朝起きたらその布団の上でトライしてほしい育乳ストレッチ。こちらは胸の筋肉をほぐすことでバストトップだけではなく、肩こりや猫背の解消にもつながる体操です。猫背だと胸も垂れてしまうのでしっかりと胸の筋肉をほぐしましょう。

1四つん這いになり、片腕は外側に伸ばし、もう片方の腕は肘を床につけます。

2顔を肘につけた腕がわに向けて、床を近づけます。

3伸ばしている腕の方も床に近づけます。

4胸がじんわり伸びているのを感じつつ、呼吸をしながら30秒キープします。

5反対側も同じステップで胸を伸ばします。

肩こり解消とバストアップが同時に期待できるこちらのストレッチは毎日を忙しく充実させて過ごしている女性の方にオススメです。ラジオや音楽を聴きながら、アロマキャンドルやアロマディフューザーを焚きながらなどリラックスした状態で頑張った自分を労うように行なうとより効果的です。

 

育乳ストレッチでバストアップ!

引用: girlydrop

バストアップに効果的なストレッチ、エクササイズ、筋トレなどを紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?女性ホルモンの投与や豊胸手術など人工的な施しをすることなく、お家で楽々できるものばかりです。これらのストレッチ、エクササイズ、筋トレなら忙しい私でもできそうと思った方も多いのではないでしょうか。

上記のとおり、バストアップは1日にしてなりません。ハリのあるバストを手に入れるため今すぐにでも始めましょう。

人気の記事