倦怠期の乗り越え方・対処法10選!彼氏と円満な関係を築くには?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

倦怠期の意味・特徴・原因は?

引用: Pixabay

倦怠期というのは彼氏や彼女に飽きたことなどが現認で、カップルの恋愛がうまくいかずに相手に対してイライラするということも多い時期です。

恋人とうまくいっていないかなという方は、倦怠期を迎えている可能性があります。

倦怠期というのは面倒な時期ではありますが、その一方で、正しい乗り越え方をすれば、乗り越えることは可能です。

もしも彼氏や彼女に飽きたなと思っているのであれば、まずはこれからご紹介する乗り越え方を参考にしましょう。

付き合い始めて1か月、3か月、半年…期間が経てば経つほど”倦怠期”が訪れるリスクは高くなっていきます。長く付き合っているカップルほど倦怠期を経験しているもの。

10代から30代の未婚女性の感じる倦怠期って、付き合った当時の気持ちや興奮とか、そういった気持ちがなくなってしまう頃のことですね。

引用: Pixabay

倦怠期をきっかけに別れるカップルもいますが、逆に言えば倦怠期さえ乗り越えてしまえば、長く付き合っていけるのです。

恋人に対する新鮮味が感じられなくなり、相手を大切に思えなくなりはじめるのが倦怠期の前触れ。

この記事では、そんな倦怠期を乗り越える方法についていくつかご紹介していきます。

その倦怠期を、意味・特徴・原因と項目別に紐解いていきましょう。

 

倦怠期の意味は?


引用: Pixabay

倦怠期とは、嫌になって怠ることや飽きることを意味する「倦怠」と、時期を意味する「期」から成り立つ複合語です。

「今後の付き合い方を正す時間!」

ターニングポイントというのが一番ピッタリくる言葉でしょうか。

ここでの選択を間違ってしまうと「別れよう」なんてことになりかねません。

倦怠期が来るのは、付き合い方・付き合うまでの期間によりけりですが、倦怠期3か月神話もあるほど多いのが3か月、次が1年です。

倦怠期が3か月で来る理由は、相手に慣れてくるから。好きになったのって他の人と違う魅力があったからで、そうでなきゃ「この人じゃなきゃダメ!」とは思いませんよね?

滅多にいないから魅力を感じていたのに、常にいたらそのありがたみが分からなくなってしまいます。

良くも悪くも環境に適応することで、刺激を感じにくくなってしまったのです。

お互いのことを深く理解し合い、遠慮がなくなってきた頃、イライラしたり何となく冷めたりします。

つまり、倦怠期とは、嫌いになったわけではないのに何となく相手に飽きてくる時期で、危機とも言われます。

簡単に言うと、恋愛がマンネリ化する時期のことを意味します。倦怠期というのは長く付き合っているカップルであれば必ず直面する問題であるといっても差し支えありません。

 

倦怠期の特徴は?


引用: Pixabay

ドキドキする気持ちがなくなったり、恋愛について憂鬱になったり、恋人の言動にマイナスの気持ちを抱くようになったりすると倦怠期の可能性がとても高いです。

天気で例えてみると、たくさんの激しい雨が降ったり、重い空気の空の日々が続く梅雨に似ている現状が倦怠期です。

付き合い始めたときのように相手に対してドキドキしたり、ときめきを感じなくなる。それが同棲しているとなると顔を合わせている時間が長いぶん、倦怠期に陥るのも当然と言えます。

パートナーに慣れてしまい、今までのように魅力が感じられなくなったりドキドキしなくなったりする現象です。

大好きだったはずの彼氏と一緒にデートをしてもあまり楽しくない、盛り上がらない、なんとなく彼氏とデートする気にならないなどがあります。

ほかにも、特徴としては連絡するのが面倒、彼氏のスキンシップがうざいと思う、細かいことで喧嘩する、彼氏に対して以前よりも関心がなくなるなど・・・

すこし、マイナス面ばかりになっていますが倦怠期はこういった特徴があります。

引用: PAKUTASO

笑顔が減る

一緒にいるのが楽しくない、相手に不満がある、マンネリな状態が続いたりで、自然と笑顔が減っていきます。それが続くと、一緒にいてもつまらないと感じ、距離を置くようになってしまうみたいです。

ケンカが増える

相手のちょっとした態度に腹を立てたり、相手の行動に納得できないなど、恋愛における倦怠期はすれ違いからケンカが増える時期です。また、付き合いたてから今までの分の我慢していたことが爆発したり、相手の本音がわかる時期でもあります。

連絡をとる回数が減る

付き合い始めは頻繁にLINEしていたりしていたのに、恋愛停滞期になると、回数がめっきり少なくなります。

付き合い始めに恋人へ連絡した時は即レスだったのが、今は3時間、4時間待っても返ってこない事も増えるようです。

デートする回数が減る

付き合い始めはいつも会っていたのが週2回に減ります。そして、二週間に1回、一ヶ月に一度と、恋愛停滞期になるとデートする回数が減ります。

 

倦怠期の原因は?

Array

では、倦怠期の原因は何が考えられるのでしょうか?

 

倦怠期はイライラが止まらない?

倦怠期はイライラするのが止まらない時期であるようです。

しかも、質が悪いのがそのイライラする原因というのが自分でもよくわからないものであるという点です。

なんとなく相手の行動が目に付くかんじになります。倦怠期にイライラしてしまうということに特別な意味はありません。

しかし、実際は相手にイライラしているというよりは、微妙な関係性に対してイライラするのを相手にぶつけてしまうということのようです。

トキメキが無くなった

ずっと一緒に居ると最初はトキメキを感じた事も何も感じなくなってしまいます。

無くなる事で付き合いがつまらなく感じてしまい、他の異性に目が向いてしまうなんて事もあり得るのです。

心のすれ違い

相手の意見に耳を傾けたり、嫌われないよう努力をしたり気を使って相手と接する事が出来ます。が、ずっと一緒にいると自己主張が激しくなり喧嘩が増えます。

心にすれ違いができると付き合っている意味を失い倦怠期に陥ってしまうようです。

マンネリ化

同じようなデートばかりしていませんか?

一緒に居る事が当たり前になりすぎると新しい事を考えて相手を喜ばせようといった気持ちが薄れてきます。

マンネリ化は倦怠期突入の代表的原因!要注意ですよ!

馴れ合いになってくる

倦怠期の原因の一つとして、お互いに付き合う上で馴れ合いになる部分が増えてきます。

カップルというのはつい長く付き合っていると相手への対応が雑になってしまう所があります。

しかし、その雑さが出てしまったとき、付き合ううえで有害なものとなってしまいます。

馴れ合いは大きな原因なので気をつけましょう。

以前ほど相手に興味がなくなる

以前ほど相手に興味がなくなるということが挙げられます。

カップルというのは付き合いが長くなってくると、相手への愛情を維持するのが難しくなってきてしまいます。だんだん心が離れてしまうようです。

相手への興味がなくなるというのは比較的良くある原因です。

引用: PAKUTASO

会えない日が続いた

恋人に会えると嬉しく、友達とは違うドキドキを感じるものです。

しかし、会えない日が長すぎてしまうと、ドキドキする気持ちを忘れてしまい、倦怠期になってしまうこともあります。

倦怠期とは無縁そうな、仕事が忙しいカップルや遠距離カップルなどに、そのような傾向があるので

気付いたら恋人以外に優先すべきことが増えていて、恋人をおざなりにすることで倦怠期になってしまいます。

倦怠期になりやすいカップル※追加見出し

倦怠期の乗り越え方をご紹介する前に、倦怠期になりやすいカップルの特徴があるのでご紹介します。

これに当てはまるのであれば、、ちょっと危ないかもしれません。

倦怠期になりやすいのは熱しやすく冷めやすいカップルです。

実は、このようなカップルは依存心が強く自制心に欠けるところがあるのが特徴です。ストレートに言ってしまうとまだまだ精神的に未熟なカップルという事でしょうか。

そもそも、依存心や自制心ってなかなか自分じゃ気づきにくいですよね。

彼氏を束縛してしまったり、異常に嫉妬してしまったり、連絡の返事を要求するようになったり、恋愛すると仕事や勉強に手がつかなくなる方は、いわゆる依存体質です。

恋愛の意味は生活の質を高めることであって、決して生活の中心になることではありません。

あくまで仕事や勉強をより頑張るための原動力にしたり、そういったものをったあとでのおやつ的、ご褒美的な存在です。主食じゃありません。(これ、大事ですよ。)

また、依存体質の人の恋愛は利己的・エゴな部分が多いことも特徴です。相手のことが本気で好きなら尽くせるはずですし、彼氏の気持ちを考えられるはずですよね。

でも、心が未熟な人はそれをどうしても考えられず自分の事だけを考えてしまうエゴイストになってしまうのです。

彼氏に何かを強要していたり、自分が本来するべき生活が乱れていないかを確認してみましょう。

自制心を鍛え、他者の気持ちを理解し、人に尽くすことを勉強するのが恋愛の大きな意味でもあります。

そのため、普段からそういったことができている、お互いにサバサバしたカップルなどは、倦怠期が滅多に来ないそうです。

倦怠期の乗り越え方・対処法10選

引用: Pixabay

では、そんな倦怠期を迎えた際にどう乗り越えるのか?その対処法は?

その疑問にお応えすべく、10選ラインナップしてみましたので是非実践してみてくださいね!

 

倦怠期の乗り越え方①:倦怠期はお互いの時間を作る時間

Array

引用: Pixabay

友人と遊んだり、趣味に時間を使うなど、倦怠期は自分の時間を作る絶好の時期だと考えましょう。

恋人以外のことに夢中になると、恋人との関係を客観視でき、倦怠期をスムーズに乗り越えることができます。

また、恋人の趣味や交友関係などを尊重し、理解することが倦怠期を乗り越えるひとつの方法です。いつも一緒にいたい!何しているのかいつも知りたいという幼稚な恋愛は卒業し、心に余裕のある恋愛をできるよう心掛けましょう。

趣味などを充実させると、自分自身に自信が出て、ものごとを今とは違った視点で見られ、倦怠期を楽に過ごせるようになっていきます。また、自分が成長する良い機会でもあります。

少し期間を置くことで改善することも多いです。

一緒にいる時間が長いことでお互いの欠点が気になりすぎていますが、少し離れてみると相手に対する愛情をお互い再確認することができます。

引用: PAKUTASO

相手との関係性をより良いものにするためにも、冷却期間をとってみるのもいいでしょう。

いくら好きでもずっと一緒にいては息が詰まってしまう事だってありますよね。自分の時間を大切にする事で相手との時間も大切にする事ができ一石二鳥ですよ♪

趣味に没頭したり買い物に出掛けたり、何もしないでゆっくり家で過ごすのもリラックスできてオススメです。

まずは以前よりも距離を置くことから始めてみましょう。倦怠期以前と比べて、ふたりの距離を開けてください。

距離が近すぎると見えなくなることはたくさんあります。思い切って距離を置くことで、近づいていた頃には気づかなかった彼の長所や魅力に気づけることもあるのです。

倦怠期に距離を近づけすぎては、飽きや鬱陶しさの感情をさらに煽り立ててしまうことになり兼ねません。お互いを見つめ直すこと、これ以上倦怠期を悪化させないこと。

まずは距離を置くことから始めてください。

 

倦怠期の乗り越え方②:自分磨きの時期であると割り切る!

引用: PAKUTASO

悩んでいたって、時間ばかりが過ぎてどうにもならない事もありますよね。余計悩んでしまって自己嫌悪になる事もあるハズです。そんな時は、自分磨きに時間を費やしてみませんか?

倦怠期の過ごし方として、自分磨きの時期であるということが挙げられます。

倦怠期の時期というのは相手とうまくいかないことも多くて気苦労することも多いでしょう。でも自分のための時間と考えてみましょう。

そうすると、自分磨きをするための期間としてとらえることも可能なはずです。

相手が自分の欠点に対して幻滅していることが倦怠期の原因である場合、同じように過ごすだけでは倦怠期を乗り越えられません。

自分を変えてでも相手の気持ちをつなぎ止めておきたいのであれば、相手の理想としているパートナー像に近づけるよう頑張ってみるのがおすすめです。

頑張る姿や、今までと違う自分を見せることで相手が新鮮な気持ちになり、倦怠期を乗り越えられるでしょう。

付き合いが長くなるとわざわざオシャレして可愛い所を見せる機会も減りますよね。思いっきりオシャレして見た目から変わっていけば心にも変化が起こるかも。

彼が離したくない!と思えるような素敵な女性に変身しましょう。

自分磨きをすることは、倦怠期に良い効果が意外にもたくさんあります!

引用: Pixabay

ジムで身体を鍛えたり、ファッションやメイクの勉強をしたりするのも◎な時間といえます。彼氏といるとき以外の時間を充実させることができます。

倦怠期は慣れから生じるので自分磨きでガラッと印象を変えるのもよし、さらにかわいさをアップするのもよし、よりステキな彼女を見て、惚れ直してくれるかもしれません。

恋人からの連絡が少ない、そっけない態度をするなど、ネガティブな感情になるのが倦怠期です。

倦怠期のマイナスな気持ちは、自分に対しても相手に対しても良いことはなく、倦怠期のことは少しの間忘れ手、趣味や習い事、スキルアップのことなどを考えましょう。

体を動かすと心をリフレッシュでき、前向きな気分になれますしその上、何かに集中するとモヤモヤとした倦怠期の辛さが解消されるので、ヨガ教室へ行ったり、ジョギング、ウォーキングなどに体を動かすことに挑戦してみるのが良いでしょう。

運動が嫌いな方は家の近所を歩いたり、ひと駅分余分に歩いたり、家でストレッチをしたりと、少しづつ軽い運動を毎日続けられるように努力してみましょう。

 

倦怠期の乗り越え方③:楽しかった思い出を振り返る

引用: PAKUTASO

ラブラブだった頃の思い出を一緒に語り合う事で懐かしい気持ちが蘇ります。

忘れかけていた恋愛感情や相手の大切さにも改めて気が付ける良いチャンス!写真を一緒に見返して思い出話に花をさかせましょう。

お互いに付き合い始めた頃の気持ちや幸せなデートの記憶を思い出すことで、倦怠期を乗り越えるきっかけになります。付き合い始めのドキドキ感を思い出すのも、倦怠期を乗り越える手段の1つです!

付き合い始めや新婚からある程度の期間が経過すると、お互いの嫌な部分ばかり目についてしまう時期には、新鮮な気持ちにはなかなか戻れません。

思い出話をして、お互いのことをどう思っていたかを話すのも良いです。

引用: PAKUTASO

初心に戻りパートナーの大切さに気づく機会にもなります。存在が大事なものであると認識できたら、倦怠期を乗り越えられることができます。

例えば、第一印象を思い出す、昔のメールやチャットのやり取りを見る、以前撮った写真を見てみる。ほかにも、初デートのことを具体的に思い出してみるなど、付き合い始めた頃は何もかもが新鮮でお互いの些細な一挙一動にドキドキしていたのではないでしょうか。

こうして倦怠期を迎えたのは、お互いの知らない部分が減ったから。つまり倦怠期はふたりが近づいた証ということ。

それが分かるだけでも、倦怠期への向き合い方がポジティブなものに変わっていきますよ。

 

倦怠期の乗り越え方④:二人でいるときの環境に変化を加えてみる

引用: PAKUTASO

倦怠期のカップルの過ごし方として、二人でいるときの環境に変化を加えてみるということが挙げられます。

倦怠期のカップルというのは何かがいつもおなじであるからこそ、マンネリ化してしまうわけです。したがって変化を加えてみましょう。

たとえばおうちデートのために壁紙を変えたりするだけでも雰囲気は大きく変わるのではないでしょうか。

二人でいる時の環境を変えてみましょう!

二人でいる時の時間の使い方や場所、やることなど、ワンパターン化してきていませんでしたか?それも倦怠期になる要因になります。

デートの時間を夜までではなく、途中で切り上げて夜からは友達と会ってみたり変化を持たせてみましょう。

また、デートする時は彼氏の運転する車で・・・だとしたら思い切って二人で電車に乗ってどこかへ行くのも、疲れはしますが楽しいものですよ。

普段一緒になってやらないなら、体を動かすのもいいでしょう。

引用: photoAC

2人で一緒にいる時の環境を積極的に変えてみて、そうすることで見るお互いのいつもとは違う表情やリアクション、笑顔を増やして倦怠期を吹き飛ばしましょう!

新しい刺激は必要です。スポーツや習い事など、二人で一緒にできる共通の楽しみを見つけると、いつもワクワクしていられます。

ワクワク感がなくなっても、一緒に楽しむことを作っておけば、倦怠期を乗り越えて飽きずに楽しく付き合っていけます。

倦怠期はいわゆるマンネリ化になりつつある時期でもあるので、彼氏と新しい場所でいつもと違うことに挑戦。手作りのお弁当を振る舞うのも良いですね。

いつもの事を変えることで新鮮さが生まれるので、倦怠期を乗り越えやすくなります。

 

倦怠期の乗り越え方⑤:感謝や愛の言葉を伝える

引用: PAKUTASO

倦怠期になったからといって、深刻になるとかえって乗り越え方がわからなくなります。

誰にでもあるものと冷静になり、ここまで恋愛関係が続けられたことに感謝しましょう。もしと出会えなかったら、恋愛は成り立たなかったのです。

出会えたことに感謝し、相手に感謝を伝えてください。相手も感謝を返してくれるでしょう。

感謝の気持ちを持つことも倦怠期の乗り越え方です。

当たり前を作らず、小さな事への感謝や謝罪を思い出すこと。

「やってくれて当たり前」や「何かあったら謝ってくれるもの」など、慣れからくるワガママな気持ちを捨てて、ちょっとしたことにも「ありがとう」と「ごめんね」を忘れないようにしましょう。

たとえばちょっとした喧嘩や言い合いで、いつもの流れで彼氏がなんとなく謝ってくれて終了。となっているところを、あえて自分から「ごめんね」と連絡をするだけでも変わってきます。

小さなことに対しての反応や言葉が、倦怠期には大事なものです。

引用: Pixabay

ありがとうの気持ちを忘れないようにして、その気持ちを素直に伝えるようにしていきましょう。

不満が溜まり倦怠期になっていたとしても、ぶつけ合うばかりでは、ますます溝が深まってしまいます。

仕事や遠距離恋愛などで会えない不満をぶつけるよりも、連絡をくれることへの感謝の気持ちや相手の愛情表現を積極的にするといいでしょう。

「一緒にいて良かった」という気持ちを伝えることで、相手も同じような気持ちを持ってくれやすくなります。

ドアを開けてくれたとき、このような些細なことでも彼氏に「ありがとう」と言っていますか?

相手に慣れてしまい、倦怠期中のカップルでは感謝の言葉を忘れがちに。これは、お互いの気持ちが離れてしまう原因になってしまいます。

たとえ小さなことでも日々感謝の言葉を必ず言いましょう!

この感謝の言葉があるか無いかで、倦怠期を乗り越えるかにかかっていますよ。

 

倦怠期の対処法①:新しい経験をしてみる

引用: Pixabay

倦怠期のカップルの過ごし方として、新しい経験をしてみるということが挙げられます。

倦怠期というのはカップルの日常に対する疲弊と退屈から生まれるものです。したがって、新しい経験をしてデートに新鮮さを加えてみるのがよいでしょう。

いままでにない経験を二人ですることができたならば、きっと思い出に残るのではないでしょうか。

多くが感じていることは、「飽き」です。付き合い初めのような新鮮味が感じられなくなったために、億劫になっているのです。

倦怠期を迎えたら今までとは違うデートスポットに行ったり、旅行の計画を立ててみたりして、ふたりで経験したことのないことにチャレンすれば、お互いの知らない一面を知ることができるでしょう。

改めて「好き」だと思わされることもあるでしょうし、言い出しづらいことも言いやすくなるはず。

引用: Pixabay

「どんなことに新鮮味を感じるか」を話し合って、いつもと違うことにチャレンジしてみてくださいね。

原点に戻ってみるというのも1つの乗り越え方です。

倦怠期になると連絡のやりとりが減り、デートも面倒になります。放置しておくと別れに繋がることもあるので、原点に戻ってもう一度初めてのデートを計画してください。

ポイントは今まで行ったことがない場所を選ぶこと。例えば、初めての海外デートなどはおすすめですよ。カップルにとって初めての経験は新鮮で、ドキドキ感を取り戻せるでしょう。

 

倦怠期の対処法②:二人で新しいことを始めてみる

引用: Pixabay

それぞれに対しての関心が冷めてしまうのが倦怠期ですから、乗り越えるためにはお互いの関心を高める過ごし方が必要です。

2人で共通の趣味を始めるという方法。

同じ趣味という目標を持てば、お互いの気持ちを近づけることができるでしょう。2人の話し合いが増えますし、それまでとは違うお互いの魅力に気づかされます。

付き合いに慣れたことでのマンネリ化が倦怠期の原因になっていると感じたら、新しい刺激が必要です。

倦怠期のカップルというのは、普段のデートなどがマンネリ化してきて退屈に感じているという場合も少なくありません。

したがって、新しいことを始めることによって、マンネリ化したカップルの関係に新鮮さをもたらすのです。

もちろん、新しいことを始めるといっても何をすればよいのかわからないという場合もあることでしょう。でも、ちょっとしたことでOKです。

 

倦怠期の対処法③:倦怠期を笑う

引用: Pixabay

ちょっとマイナーな対処法を1つご紹介しますね。

倦怠期を迎えたカップルの乗り越え方として、倦怠期をお互いの共通認識としてとらえ、倦怠期であるということ自体を笑いに昇華してしまうということが挙げられます。

一見斬新な乗り越え方かもしれませんが、効果は意外とあります。

もしも、カップルの付き合いの中で「倦怠期かなあ……。」と感じる部分があったのなら、遠慮なく「これって倦怠期ってやつだよねー!」と冗談めかして言ってみてはいかがでしょうか。

倦怠期であるということ自体を楽しんでしまう乗り越え方です。

倦怠期というと深刻そうですが、あえて二人の共通認識とすることによって、笑い飛ばすことのできるものとしてしまうのです。

こんな対処法あるの!?なんてつっこみは心の中で…。ですがこれは意外と笑ってすっきりできるかもしれませんよ?

 

倦怠期の対処法④:彼氏を思いやる

引用: PAKUTASO

カップルになって恋愛を継続していくと、恋人はあなたのことが大好きなのでなんでも思い通り、私の意見にいつも賛成するなど、過信する気持ちができます。

そういう自分勝手な気持ちが相手を混乱させる原因になっています。

慣れてきたときは、恋人と出会ったとき、二人の距離が縮み、カップルになったときなどを思い出し、初心に戻ることが大事です。大好きな恋人もひとりの人間です。

一番近くにいる大切な人の事ほど、相手のことを思いやれなくなることがあります。

思いやる気持ちを持つだけで倦怠期をスムーズに乗り越えることができ、恋人を思いやることができるようになると恋人との愛がさらに深まり、今よりも素晴らしいカップルになれるでしょう。

 

倦怠期の対処法⑤:別れた時の気持ちを想像する

引用: PAKUTASO

居て当たり前な存在になるからこそ訪れる倦怠期。相手が自分の前から居なくなった時の事を想像してみて下さい。

今は喧嘩ばかりしていても本当に彼と離れる事になったらどのような気持ちになりますか?

少しでも悲しいと感じるのであればそれがあなたの本心なのです。

一緒にいてくれるからこそ、嫌な部分に対して「何を言っても平気だ」と言う気持ちになりがちです。

しかし、冷たい態度をとることで別れにつながる場合もあります。状況が続いて本当に別れることになってもいいのかどうか、真剣に向き合ってみましょう。

相手を失うことになっても後悔しないか考え、今のままの関係性でいいのかどうか考えてみることが大切です。

 

倦怠期でも彼氏と円満な関係を築くには?

引用: PAKUTASO

一番良いのはやはりお互いが倦怠期である自覚を持つ事です。

すれ違いばかりで嫌な気持ちになっても倦怠期なのだから仕方ない。と割り切ってしまえば気持ちも少しは落ち着いてくるはずです。

 

彼の魅力について考える

引用: PAKUTASO

倦怠期に突入すると相手の嫌な所ばかりが目立ちます。

逆に相手の魅力について考えましょう。付き合い始めるとなかなか相手の魅力について改めて考える機会ってあまりないですよね?

普段は気が付かない彼の魅力を新たに発見できるかもしれません。

 

相手の長所に注目して褒める

引用: PAKUTASO

倦怠期の原因の一つに、今までは見えなかった短所にばかり目が向いていることがあげられます。

しかし、欠点ばかりの人はおらず必ず良い部分はあるもの。見方を変えて、相手の長所に目を向けてみましょう。

相手のいい部分を改めて確認することで、嫌だなと思っていた気持ちが和らぎ、倦怠期を乗り越えられることに繋がります。

 

友達と遊ぶ時間を増やす

引用: PAKUTASO

倦怠期のカップルの過ごし方として、友達と遊ぶ時間を増やすということが挙げられます。

友達と遊ぶというのは恋人とデートするのとは違った楽しみです。したがって、カップルのよりよい付き合い方を知る上での参考にもなることでしょう。

倦怠期の大きな原因として、共依存の関係になってしまっているということがあります。したがって、他の人とのかかわりを増やすのです。

その第一歩として、友達と遊ぶ時間を増やすというのは非常に有効なのではないでしょうか。友達と遊ぶ時間を増やすことによって、自分が関わっていて楽しいのは恋人だけではないという実感が得られるはずです。

ぜひ、実践してみましょう。

 

倦怠期を乗り越えて彼氏と円満な関係を!

引用: Pixabay

結婚生活の長い幸せのカップルでも倦怠期を一度は経験しています。

人生を長い目で見れば、カップルの倦怠期なんてほんの一瞬の出来事です。

一刻も早く倦怠期を乗り越えたい、答えを早く出したいなどと、焦る気持ちになったときは目を閉じて深呼吸をし、心を落ち着かせてください。

そして、体を動かしたり、趣味に没頭したり、友人と話すなど、違うことを進んでチャレンジしてみましょう。

倦怠期の意見は異なりますが、焦らず主観的にならずに過ごせば、上手く乗り越えられます。

カップルにとっては試練の時期。この試練を支え合い乗り越えていくのかそのまま別れてしまうのかは自分達次第です。

引用: PAKUTASO

感情のままに決断し後で後悔する事が無いよう、まずは一人でじっくりと状況に向き合いましょうこの試練を乗り越えたら今まで以上に幸せな関係が築いていけます。

倦怠期を乗り越えられるかどうか、不安もあるかと思いますが、お互いに愛情表現を忘れず楽しみを作りながら接することで、いつの間にか倦怠期が終わっているはず。

大好きなパートナーと末永く一緒にいるためにも、やがて訪れる倦怠期を上手に乗り越えていってくださいね。

人気の記事