自己啓発の専門用語30選!マインドフルネスや引き寄せの法則とは?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

何かと難しい自己啓発の専門用語

引用: girlydrop

占いやファッションブランドは知っているけれども、引き寄せの法則やマインドフルネスのような自己啓発の専門用語となると頭を抱えてしまう読者もいることでしょう。

自己啓発は四字熟語みたいでとっつきにくい上に、引き寄せの法則やマインドフルネスといった専門用語を理解するには高度な知識が必要という先入観があります。

ここでは自己啓発の専門用語と用例を30ほど挙げ、専門用語について分かりやすく解説していきます。

 

自己啓発の専門用語を解説!

引用: Pixabay

それでは引き寄せの法則やマインドフルネスの解説など自己啓発の専門用語に入る前に自己啓発そのものについて知っておきましょう。

 

【1】自己啓発とは?


引用: Pixabay

英語では「self-help(セルフヘルプ)」と表現される自己啓発。

そもそも自己啓発とはどんな行為や物を指すのでしょうか。自分で自分をほめることでしょうか。そういった自己啓発方法も存在します。しかし、自己啓発の目的は違います。

自分で自分を鼓舞することで、生活に活力を生み出すこと(マインドフルネス)です。アメリカ合衆国のCEOは自己啓発に熱心で専門のコーチ(引き寄せの法則)を雇うこともあります。

 

【2】なぜ必要なの?


引用: Pixabay

例えば、受験勉強をしているとき、どうしてその学校に行きたいのか、ふと疑問が湧き出ることがあります。就職活動にしても同じです。学校を選ぶ基準として有名だからという理由もいいですが、本当の目的は学びたい分野を明確にすることです。

ネームバリューにこだわりすぎて受験勉強をしていると途中で挫折することもあります。しかし、得意分野をいつかマスターしたいという信念があれば、学校の名声はさほど関係ないものとなります。要は学問の内容を重要視するべきであって、好きな人が受験するからや有名人がいるからというリーズンで受験勉強をしていると心に迷いが生じます。

そうしたときに答えを導き出してくれるのが自己啓発の専門用語なのです。また、就職活動について言えば、会社を選ぶ基準も曖昧だと面接で落とされます。そもそも会社に行く目的が不明だからです。

お金を稼ぐために行くのか、その会社が作り出しているサービスや製品に高い関心があるのかで考え方が変わってきます。例示すれば、お金を稼ぐという目的さえ達成できればいいのであれば、会社に就職せずとも自ら起業する道もあります。

コンピュータープログラムに自身があれば、斬新奇抜なヨガアプリや瞑想アプリを開発してもいいでしょう。しかし、自分に合った会社で誰かの指示にまかせて働くのを希望するのであれば、それは実現できません。

就職活動して、気に入った企業へ面接を受けに行けばいいでしょう。これらの疑問や不安に対して夜空に輝く北極星のように道しるべを示してくれるのが自己啓発の専門用語や自己啓発本だったりするのです。

 

【3】効果は?

Array

引用: Pixabay

初めて自己啓発本を手にした読者は、必ずしも自分に合った自己啓発本や専門用語を見つけられるとは限りません。

著者の自己啓発経験に偏りすぎていたり、自分の想像していた専門用語と違うと自己啓発の概念や専門用語を吸収しきれないことがあります。

ただ、その自己啓発本を書いた作者も別の自己啓発本を参考にしていることがあり、その本を自らの著書の中で専門用語などを紹介していることがあります(引き寄せの法則)。その源となる本や専門用語に第六感を感じれば、その自己啓発本を買ったり、専門用語を調べたりして自分が実践できなそうな行動をするのです。

つまり、自己啓発の効果はすぐに表れないのが一般的です。特に自己啓発セミナーなどは詐欺被害も出ているので行く必要はありません。そうしたセミナーで儲かるのは主催者だけです。セミナーを開催するぐらいですから、専門用語の本を出版しています。

どうしても気になる方は、その人の書いた本の専門用語(瞑想など)を図書館で調べたり、中古のヨガの本をオンラインショッピングでリーズナブルに手にするといいでしょう。

 

自己啓発の専門用語30選①

引用: Pixabay

マインドフルネスやヨガ、引き寄せの法則、瞑想などの専門用語をどれか一つならば耳にしたことのある読者もいるでしょう。

ただし、その専門用語の内容を分かりやすく説明できる人は数えるほどかもしれません。また、自己啓発での専門用語の使い方と一般的な用法とでは異なるケースも存在。

まずはカタカナ系の自己啓発の専門用語を紹介していきます。

 

【1】マインドフルネス

引用: Pixabay

1.「今」にフォーカスする、2.客観視する。この二つが専門用語・マインドフルネス(ヨガ)の源です。マインドフルネス(瞑想)は日本語にすると「気づき」や「心配り」などのように表現されます。

これだけではよく理解できない自己啓発の専門用語と言えるでしょう。マインドフルネスとは方法論ではなく、状態を表す専門用語なので分かりにくいのです。マインドフルネス(瞑想)とは要するに「マインドフルネス状態」に持っていくことで自己啓発のきっかけを作ることです。

マインドフルネスの具体的な方法は瞑想や歩行、ヨガなどが列挙されています。瞑想とは座禅とほぼ同義です。静かな状態で精神を集中させる時間を毎日、決まった時間だけ行うことによって精神が安定し、新たな気付き(マインドフルネス)が得られたりします。

マインドフルネスは最初は10分ぐらいから始めましょう。タイマーをセットしてもいいですし、頭の中で数を数えるのもいい方法です。マインドフルネスのベテランでも一日で最長30分ぐらいです。呼吸に集中すれば、あっという間にマインドフルネスタイムが過ぎ去っていくことでしょう。

そうした自分にとって静かな時(マインドフルネス)を過ごすことで精神が安定し、病気も減っていきます。ことわざにある「病は気から」というのは事実で、精神的に不安定な状態に陥ると風邪を引きやすくなります。

心に不安があることで体調が悪化してくるのです。タバコを吸っている人は肺炎にかかりやすいと言います。しかし、精神的な安らぎが得られることで長生きする可能性も考えられます。日本の医学は純粋に体のことしか考えないため、心理学上の考え方が大いに欠如しているのです。

2つめの「客観視する」というのは、マインドフルネス状態(瞑想)を毎日継続することで中吊り広告やテレビの宣伝に誘導されずに済みます。マインドフルネス状態になると本当に大切なものや欲しい物をじっくり考える時間があるので、衝動買いも減ります。

また、マインドフルネスは効率の良い仕事の方法を発見することにもつながります。つまり、マインドフルネス状態(専門用語)を毎日作ることで頭の中のモヤモヤを一掃できるのです。

 

【2】クオリティ・オブ・ライフ

Array

引用: Pixabay

専門用語のクオリティ・オブ・ライフは医療や介護の現場でよく使われる自己啓発の専門用語です。

ただ命を伸ばすのではなく、長く楽しく生きることを目的としています。自己啓発としてのクオリティ・オブ・ライフは、生きる力を医者やカウンセラーが患者に与えることです。クオリティ・オブ・ライフが低下していると人生の楽しみがなくなります。

例えば、あなたが交通事故などで足が悪くなったとしましょう。自力での歩行が困難になると車椅子での生活となります。一方で義足をつける方法もあったとします。しかし、義足の場合は足を切断しないといけません。もし、あなたが高齢者の場合、足を切断する手術を行うより自分の足を維持したいと思うケースもあります。

理由は義足をはめるのが年齢的にきつくなるからです。基本的に義足を選ぶ患者は、スポーツ選手がマジョリティーです。特に普段、スポーツをしない高齢者であれば、電動車椅子で移動した方が快適なこともあります。このようにクオリティ・オブ・ライフ(専門用語)は人のライフスタイルによって変化するのです。

 

【3】引き寄せの法則

引用: Pixabay

自己啓発の引き寄せの法則は暗示に近い専門用語です。

引き寄せの法則では自らを肯定することで自然と良い方向へと持っていく自己啓発方法です。引き寄せの法則では「できない」と思っていると実現できませんが、「必ず何か方法がある」と思考を変えると実現できたりします。

子供向けの間違い探しの本を例に引き寄せの法則を解説してみましょう。この本は「間違いがある」として売っているので、必ずの本のどこかに間違いがあります。そのため、子供も本に描かれた2枚の絵を見比べて間違いを探そうとします。つまり、頭の中で「間違いが必ずある」と思い込んでいる(引き寄せの法則)から見つかるのです。

他方において、英語の辞書や国語辞典に間違った記述があると思う人は少ないでしょう。それは辞書は完璧で調べるために存在すると思い込んでいるからです。しかしながら、辞書にも間違いが存在します。つまり、引き寄せの法則(専門用語)に従えば、辞書の中の間違いをも探し出せます(引き寄せの法則)。

その根拠は引き寄せの法則によって必ず間違いがあると暗示をかけるからです。

 

【4】コーチング

引用: Pixabay

自己啓発の専門用語でも自分ではなく、サポートする側に使われる専門用語です。

専門用語・コーチングとは相手のやる気を引き出す方法で、カウンセリングとは異なります。カウンセリングは共感を常としますが、コーチングは自発的な行動を促すよう質問を投げかけることで自己啓発を促すのです。

自己啓発方法や専門用語が難解で、自己啓発本を読んでも実践できない読者はコーチング(専門用語)を受けるといいでしょう。なお、コーチを選ぶときは詐欺師にも気を付けましょう。不当に高い金額を提示されたら、一旦断ってから一週間後に決断しましょう。

 

【5】リーダーシップ

引用: Pixabay

一般化していて自己啓発の専門用語とは言い難い印象のリーダーシップ。実はこれも自己啓発に関連があるのです。リーダーシップとは学校で言えば、班のリーダーや部活のキャプテンだけが必要とされる自己啓発の専門用語のように錯覚します。

しかしながら、リーダーシップは自発性に近い意味合いで、部活のメンバー全員がやらされているのではなく、自らが目的を持って部活に参加しているという意識を持つことを指します。そのため、全員がリーダーシップを発揮すれば、そのチームの力は何倍にもなり、実力以上(マインドフルネス)の試合結果を残すことでしょう。

つまり、部活のキャプテンがいくら指示を出しても、部員が「何のためにこの瞑想を行っているのか」が理解できないと練習のテンションが下がります。もし、部活への加入が学校で強制されていれば、部員がリーダーシップを発揮できる可能性は少ないでしょう。

他方で部活への参加が自由で自らやってみたい競技がある人にだけ参加を促すのであれば、リーダーシップ(専門用語)は各部員にまで発揮されやすくなるのです(引き寄せの法則)。

 

【6】コミュニケーション

引用: Pixabay

数値で計ることが難しい自己啓発の専門用語・コミュニケーション。

これも自己啓発の専門用語です。実はコミュニケーションには訓練によって向上でき、自己啓発方法の一つなのです。コミュニケーションは「表情や仕草」による自己啓発と「言語」による自己啓発があります。直接対話する場合、相手は表情から得る情報の方をかなり多く享受します。

そういった現象は、どんなに言語が達者でも変わりません。人は無意識のうちに表情や仕草によって敵か味方かを判断しているのです。例えば、うつむいている人を見て、元気そうだと感じる人はいません。また、胸を張って歩いている人(引き寄せの法則)を見て駄目そうだなと感じる人も少ないでしょう。

コミュニケーション(専門用語)は対話や態度でも伝えることができ、自己啓発を意識している人は態度も自信のあるものへと変化していくのです。そういったコミュニケーション力を学ぶという面で自己啓発の専門用語の一部なのです。

 

【7】プラス思考

引用: Pixabay

自己啓発の神髄とも言える専門用語「プラス思考」。彼氏に振られてストーカーするのはマイナスですが、プラス思考の女性は、瞑想してもっと素敵な彼氏を見つけようと奮起する「きっかけ」と捉えます。

失敗も糧にして成功へとつなげるという意味でプラス思考は自己啓発の専門用語です。プラス思考の良い点は生きる活力が湧くこと(引き寄せの法則)です。また、周囲にも良い影響を与えます。引き寄せの法則に近い面もありますが、プラス思考は様々な場面で応用できる万能な言葉(マインドフルネス)なのです。

一方で他人にはあまり使いません。自己啓発とは自分に問いかけるものなので、他人から「そこはプラス思考で…」と言われてもピンとこないのは、そのためです。ただし、自ら進んで誰かの自己啓発本を読んだり、ある言葉を耳にしたことで自分自信が「マインドフルネス状態(ヨガ)」になればプラス思考になります。それは能動的に吸収しているからです。

例えば、給料。いつも給料をもらうと少なくてもがっかり。自分は昇進しないし、瞑想好きな同僚が先に栄転する。そんな状態には自己啓発方法に原因があるのです。まず、自分が周りより優秀だと思い込んでいる(引き寄せの法則)ことです。学歴や経歴などから他人を下に見ていると向上心が湧きません。

実際に昇進している人は自分よりも仕事ができるか、そうでなければ上司にとって扱いやすい人物なのです。もし、あなたがライバルと同じぐらいの仕事量であれば、上司は自分がコントロールしやすい部下を昇進させます。

それが社内政治です。上司は自らの派閥を広げ、小さな会社で権力を奮うのに希望を見出しています。しかし、プラス思考(専門用語)であれば、給料を上げてもらうためにたくさん仕事をこなすように努力する(マインドフルネス)でしょう。

それには目標設定が必要です。もらった給料でアイスランドへ旅行へ行く、一流ホテルのレストランでディナーを食するなどの「欲求」です。そうした欲求がプラス思考に働き、仕事も頑張れるようになるのです。つまり、プラス思考になるためには本当に成し遂げたい願望を持つことから始まるのです。

最初は「かわいいワンピースを買う(引き寄せの法則)」といった小さな願望でも一つずつ実現していけば、次は部屋をリフォームするといった、さらに大きな願望をプラス思考によって叶えることができるでしょう。

 

【8】思考法

引用: Pixabay

自己啓発の専門用語たる思考法は訓練で身に付くものです。

思考法をマスターすれば、自己啓発の一端が成功したと言っても過言ではないでしょう。思考法は知識や情報を整理して、「智慧」を創造すること(マインドフルネス)にあります。追い込まれた状況であればあるほど自己啓発での思考法は力を発揮します。

例えば、通常1週間かかる仕事を3日で終わらせるように上司から言われたら、過去に試した自己啓発方法は使えません。そのやり方では1週間かかるからです。しかし、自己啓発の思考法(専門用語)を活用すれば、瞑想やマインドフルネスによって奇想天外なアイディアを思いつき、3日で終えることができるようになります。

今までのやり方とは違う画期的な自己啓発方法を考えることに一定の時間を費やすことで3日で仕事が片付けられるようになるのです。これが自己啓発の思考法です。

 

【9】価値観

引用: Pixabay

自己啓発での専門用語・価値観とは彼氏との金銭感覚の違いではなく、自分が何に重きを置いているかということです。例えば、仕事とプライベートをきっちり分ける人にとって、会社での残業や繁忙期の土曜出勤などはストレスになります。

それは仕事が嫌いだからではなく、プライベートの瞑想時間(マインドフルネス)を犠牲にしてまで仕事をしたいと思わないという自己啓発上の価値観(専門用語)が存在するからです。自己啓発での価値観とはそういった意味合いがあります。

 

【10】生き方

引用: Pixabay

自己啓発の専門用語の一つである「生き方」は人生全体をテーマにした広大な自己啓発です。

死生観にもつながる専門用語で自己啓発というよりは人生の目標に近いものがあります。生き方は自己啓発最大のテーマであり、年金に対する不安や大会社の倒産、リーマンショックを経験したミレニアル世代には関心の高いものでしょう。

少し前までの理想の生き方は「定年まで働いて、余生はモルディブで過ごす」というものでしたが、近年では「好きな仕事を一生する(引き寄せの法則)」というのが最高の生き方(専門用語)です。

時代とともに自己啓発で求められる生き方は変化します。一因には医療の発達によって寿命が延びたことも挙げられるでしょう。

 

自己啓発の専門用語30選②

引用: Pixabay

少しずつ自己啓発の専門用語の幅が増えてきましたね。

それでは少し深い領域の自己啓発専門用語に進んでみましょう。

 

【11】80対20の法則(パレートの法則)

引用: Pixabay

この自己啓発方法は19世紀から20世紀にかけて徐々に成立した専門用語です。当初は誰もうまくその現象を説明できませんでした。ところがヴィルフレド・パレートによって確率し、現代社会では自己啓発に応用されています。

彼は経済学に興味があり、所得について調べていました。するとどの時代のどの国家においても財産の80パーセントは20パーセントの人物が占有していると発見したのです。最初は自分の住んでいる国ついて調査しました。次に隣国はどうだろう、自分の国の過去のデータではどうだろうと範囲を広げていったのです。

そうして、どの時代、どの国においても80対20の法則が所得分配において成立していることを偶然、見つけたのです。その後、リチャード・コッチがビジネスや生活に80対20の法則(専門用語)を応用した現代向けの本を出版。80パーセントの離婚は20パーセントの人が繰り返し結婚と離婚を繰り返すことで起きている。

盗品の80パーセントは20パーセントの強盗によって盗まれているといったものです。

 

【12】セルフコントロール

引用: Pixabay

自己啓発の専門用語・セルフコントロールは思考をうまく自分で制御することです。

文字通りの意味ですが、使い方が大切です。ヒトには原始的に欲求が存在し、それを無理に抑えようとする破綻します。クレジットカードをむやみに使いすぎて自己破産するOLと同じです。

想像してみてください。あなたはダイエットをしています。できるだけ運動をしつつ食事の量も制限しなければなりません。そんなときに「ヨガ(マインドフルネス)でお腹が空いてもコンビニに走らない」とするのではなく、「ヨガでお腹が空いたら、コンビニで低脂肪食品を買う(引き寄せの法則)」とセルフコントロールします。

セルフコントロールで大事なことは抑えつけずに欲求を実現することを言います。運動してお腹が空いているので、ダイエットに向けて行動をしているのは事実です。しかし、お腹が空いたからと以前よりたくさん食べていては元の木阿弥です。そこで、「低脂肪食品を買う」というセルフコントロールによって欲求を2つとも満たすのです。

ダイエットと食欲という。こうして自己啓発をすることでセルフコントロール(専門用語)につながるのです。

 

【13】自己実現欲求

引用: Pixabay

自己実現欲求とはアメリカの心理学者、アブラハム・ハロルド・マズラーによって提唱された自己啓発の専門用語です。ホモサピエンスの欲求は5つあり、必要な欲求から順に「生理的欲求」、「安全への欲求」、「社会的欲求」、「自尊欲求」、「自己実現欲求」となります。

この5つのうち自己実現がもっとも高次の欲求であり、仏教でいうところの悟りを開くようなもの(マインドフルネス)です。生理的欲求は単純に食欲や性欲、睡眠欲です。安全への欲求は誰からも命を狙われないという長寿の欲求です。

社会的欲求は安定して仕事を得たり、大統領や内閣総理大臣など社会的地位を得ることです。そして、自尊欲求はプライドです。最後の自己実現欲求(ヨガ)は自分のしたいことをするという欲求で、誰からも制約を受けない状態です。

例えば、大統領でも大臣の意見や世論を無視して政治を行うことはできません。しかし、自己実現欲求(専門用語)はそうしたものを超越して、自分のしたいことができる環境を指します。会社などで働いていれば、3番目の社会的欲求は満たされています。さらに、仕事が自分の特技や長所と合致していれば、自尊欲求は満たされるでしょう。

しかし、「いつか豪華客船で世界一周してガンジス川のほとりで瞑想してみたい(引き寄せの法則)」という欲求は会社に勤めていては実現できません。退職すればできますが、そうすると社会的欲求を失うのでできません。

そのため、定年退職した後に世界一周するか、会社を辞めてフリーになって世界一周するしかありません。このようにもっとも叶えるのが難しいのが「自己実現欲求」という専門用語です。

 

【14】集中力

引用: Pixabay

学校や部活でもよく言われる専門用語・集中力(マインドフルネス)。これも自己啓発の専門用語です。ポモドーロテクニックなど様々な手段で集中力(専門用語)を高める自己啓発書が書店の棚を賑わせています。

人間が一日に集中できる時間は15分と言われており、その15分間では他の時間の何倍もの成果を上げているとのことです。こうした集中力を高める方法はヨガをする(マインドフルネス)、歩く、瞑想する、固い物を食べるなど人によって千差万別。

脳を何らかの行動によってリフレッシュさせることで自己啓発上の集中力を発揮できるのです(引き寄せの法則)。よく先輩に「集中力がないな」と言われた読者はトライしてみてください。

 

【15】情報収集

引用: Pixabay

自己啓発の専門用語と捉えると疑問を抱く読者もいるかもしれません。

情報収集ぐらい毎日行っているという読者も多いでしょう。しかし、立ち止まってよく考えてみてください。あなたの得ている情報はいつも同じ媒体や人物からの情報ではないでしょうか?

実はその情報収集の仕方は偏ったものなのです。情報というのは自分と全く違う世界の人から得ると脳が覚醒したような気分(引き寄せの法則)になります。例えば、学校の先生。彼らは物を教えている立場にあるので、自分が一番教室で知識を持っていると信じています。

しかし、部活や日々の生活を通して新鮮な出来事に遭遇している生徒の方がかなり新しい情報を持っています。それは自分の殻に閉じこもっていないからです。学校の先生が得る情報は教育界という非常に狭量な場所で得た情報です。

他方において、部活や登下校でいろいろな情報に触れる機会のある生徒の方がずっと新鮮で感度のいい情報(引き寄せの法則)を持っています。理由は年齢が低く、様々な物事に興味を抱いているからです。良かれ悪かれ新鮮な手段で情報収集(専門用語)しながら自己啓発しているのです。

仕事をするようになると情報収集は非常に重要になります。なぜならば、同じ部署の人や同じ業界の人とばかり交流しがちになるからです。ところが、同じ業界では同じセンスの情報しか手に入りません。全く違う業界の人と接点を持つ機会を作ることで自己啓発としての情報収集ができるのです。

それは、偶然旅行先でヨガ(マインドフルネス)をしていた人かもしれません。はたまた書店で初めて手に取った自己啓発の本かもしれないのです。

 

【16】人生設計

引用: Pixabay

自己啓発上の専門用語・人生設計とは1年後、5年後、10年後に自分が何をしているかを図やグラフに書きだす方法です。いろいろと自己啓発の専門用語を並べていますが、全てがあなたに合うわけではありません。人生設計もその一つです。

できそうなものや自分に合っていそうな自己啓発から試してみて、失敗したら次、よく分からないけど好転してきたら続ける(引き寄せの法則)という方法が自己啓発にはいいのではないでしょうか。

閑話休題、人生設計(専門用語)では具体的なライフプランを書きだします。大雑把で構いません。1年後に好きな人とデートにこぎつける。5年後に結婚する。10年後に子供を産むといったイメージでいいでしょう。紙に具体的な目標を書き、いつも見られる状態にしておくのは予想以上に効果がアップします。

注意しないといけないのは一つの目標に絞ることです。その一つが実現できたら、次の目標を考えます。デートや結婚するにはコスメや洋服などでお金が必要ですから、最初は「今まで手が届かなかった高級ファンデーションを買う」というささやかなものでもいいでしょう。

それが実現できたら、「かわいいバッグを買う」という流れでレベルアップしていけばいいのです。

 

【17】人脈

引用: Pixabay

専門用語・人脈はビジネスでも会社に所属しているとあまり必要性を感じません。

しかし、フリーで仕事をしていると人脈の重要性を実感します。また、「人脈 = ビジネスつながり」と考えるのも少し違います。自己啓発とは人生をより活性化させるものですから、日常の些細な出来事にも応用できます。

例えば、家を出るときにドアの鍵が壊れたとします。その時、あなたなら誰に相談しますか?人脈がない場合は、手持ちのスマホで鍵屋さんを検索して、近くの鍵屋さんに修理してもらいます。

しかし、人脈がある場合、ヨガ教室の知り合いが建具(ドアや障子)の修理を行っていて、その建具屋さんが鍵屋さんを紹介してくれたりします。こうした人と人のつながりは一朝一夕に出来上がる関係ではありません。しかし、長く同じ場所に住んでいると地域で知り合いができてきます。

そうして人の輪が広がってくるのです(引き寄せの法則)。これを人脈(専門用語)と言います。

 

【18】成功哲学

引用: Pixabay

ナポレオン・ヒルが提唱した自己啓発の専門用語で、成功者を分析して法則化したものを指します。「感謝すること」、「創造力を駆使すること」、「人生で求めているものをはっきりさせること」など15個の法則(名言)があります。

これは500人近い成功者と言われる人々に共通して見られるものを列挙しただけで、すべてが自分に合う自己啓発の専門用語というわけではありません。それらを吸収して、行動に移すことに意味があるのです。

 

【19】動機づけ

引用: Pixabay

自己啓発上の専門用語・動機づけは「内部的動機づけ」と「外部的動機づけ」が存在。端的にいえば、内部的動機づけは自分たちで目的意識を持つこと、外部的動機づけは上司が部下に発破をかけることです。

とくにグループで何らかの仕事をさせる場合に役立ちます。例示するとこの犯人を確保したら給料を上げるとFBIの長官が部下を鼓舞した場合が外部的動機づけ(専門用語)。一方の内部的動機づけ(専門用語)は、同じFBIの職員があの犯人は先輩を撃った人物だから、必ず捕えようというケースです。

外部的動機づけの場合は、一人の犯人を逮捕したら、それで給料が上がっておしまいです。部下がそれ以上の捜査を申し出ることはありません。一方で内部的動機づけの場合は、犯人だけでなく、その裏に隠れた巨大シンジケートまで暴こうと率先して行動を起こします。

理由は先輩が犯人やその一味によって銃で撃たれたからです(リベンジ)。

 

【20】人間関係

引用: Pixabay

生活であれ、仕事であれ人間と接する機会が必ずあります。

なぜならば、人との関りなくして生きていけないからです。専門用語・人間関係は自己啓発の中でも重要です。自己啓発によって人間関係にうまく対処できれば、人生は好転する(引き寄せの法則)でしょう。

それは親子関係でも使えます。当たり前ですが、子供は大人より背が低いです。だいたい腰ぐらいの高さです。そのため、目線を子供と同じラインにするだけで会話がうまく運びます。理由は子供は大人が自分と同じ目線になることで共感を得るからです。相手がヨガ教室で知り合った大人の場合も同じで相手の置かれた状況を詳しく知ることで人間関係(専門用語)がよくなることもあるのです。

相手が自分のイメージと違う行動をしていたら、だまっていないで理由を尋ねたり、不満をぶつけてみましょう。本音を言うことですっきりし、和解することもあります。

 

自己啓発の専門用語30選③

引用: Pixabay

最後の自己啓発の専門用語は活用方法を中心に見ていきましょう。

具体的にどうしたらいいのか、という点に疑問を抱いたらチェックしてみてください。

 

【21】ヨガ

引用: Pixabay

自己啓発で提唱されているマインドフルネス状態(瞑想)にもっていくのに最適な専門用語・ヨガ(マインドフルネス)。近年の日本で行われているヨガはフィットネスヨガ(マインドフルネス)が主流です。

そのため、マインドフルネスなヨガの衣装もスポーティーなデザインが多くなっています。ヨガ(マインドフルネス)はいろいろなポーズを作ることで筋肉を柔らかくし、マインドフルネス状態(瞑想)にする動きです。

マインドフルネスなヨガはスポーツとは違いますが、マインドフルネス状態(瞑想)に到達するにはぴったりです。そのため、マインドフルネス状態がよく分からないという読者はヨガ教室に通うのも自己啓発の手段です。

本当は毎日マインドフルネスにもっていくのが理想ですが、毎日ヨガ教室に通うのは難しいでしょう。週一回ヨガに通って、次のヨガのレッスンまでは自宅でマインドフルネス状態(瞑想)を作る訓練をするのです。マインドフルネスなヨガ(専門用語)のインストラクターも仕事ですから、できるだけヨガに通う回数を増やすように勧めてくるでしょう。

しかし、一向に気にすることはありません。自らの考えを押し通すのです。マインドフルネスなヨガの費用がかさんで別の欲求が実現できなければ、意味がありません。本当に節約したいならば、本やビデオだけでもヨガをマスター(マインドフルネス)できるはずです。

 

【22】断捨離

引用: Pixabay

マインドフルネスなヨガをベースにした自己啓発術が専門用語・断捨離です。ヨガ(マインドフルネス)には断行、捨行、離行があります。断捨離(専門用語)はそれらの「行」をうまく応用した自己啓発方法です。

まず、「断」では、入ってくるいらないものを断ちます。自分にとって本当に必要なものだけを手にするようにするのです。新聞の勧誘や衝動買い、そういったものを一切断つ(断る)のです。次に「捨」は、家にある不要なものを捨てます。

大概、一年経っても使わなかったものは一生使いません。なぜなら、一年で季節が巡るからです。春、夏、秋、冬などシーズンごとに必要なものは必ずあります。夏ならエアコン、冬ならこたつといった具合です。しかし、過去に衝動買いして一年間、使わなかった物は今後も死ぬまで使うことはないでしょう。

タンスを整理したときに眺めることはあっても、それがなくては生きていけないという状態にはならないはずです。最後の「離」は物欲から逃れることです。衣食住の3つが最低限備わっていることで「是」とします。そうすれば、無駄な欲望を忘れ深山幽谷の地で瞑想しながら過ごせるようになります。

そうなるといよいよ仙人(マインドフルネスの境地)ですが、こうした中でも趣味や人生の楽しみとなるものは、とっておきます。例えば、マインドフルネスなヨガが好きな女性にヨガマットは欠かせません。

しかし、より高級なヨガマットを望んだりしてはいけません。また、ヨガマットを買い替えた場合、古いヨガマットを必ず捨てましょう。ここで古いヨガマットを捨てないと家にあるヨガマットは永遠に増え続けることになります。

 

【23】手帳術

引用: Pixabay

自己啓発方法として実行しやすいのが専門用語・手帳術です。

普段、日記を書いている読者も応用できる自己啓発方法です。例えば、ペンの色。どうしても外せない重要な予定があるとします。それは「赤」。重要ではないけれども、プライベートで外せない。

そんな予定は「青」というように色分けをするのです。充実した人生にはプライベートも必要です。自己啓発をしている人ほどプライベートを大切にします(引き寄せの法則)。画期的な方法で仕事を短時間で片付け、長いプライベートの時間を堪能しています。

それ以外の予定は重要ではないので、手帳に書かなくていいでしょう。人生の予定が全て決まっていたら、面白くありません。

 

【24】成功体験

引用: Pixabay

自己啓発での専門用語・成功体験は自信につながります。小さなことであれば、誰しも成功体験はあります。例示するならば、「いつもの電車に乗り遅れない」などです。これを実践している人は多いでしょう。

電車に遅れずに駅に着けるようになったら、時間に余裕が生まれます。瞑想する時間(マインドフルネス)も生まれます。それは自分が朝早く起きて準備ができたからです。朝早く起きるには、夜早く寝る必要があります。夜遅くまでに起きていたのに朝早く起きることは生理的に不可能です。可能しているとすれば目覚まし時計の力に頼っているのでしょう。

ホモサピエンスは一日のうちで一定の睡眠時間が必要な動物です。睡眠時間を確保できるように早く寝れば、自然と朝も早く目が覚めます。だいたい遅刻する人の多くは夜更かしが習慣になっています。こうした小さな成功体験を積み重ねることが大きな成功体験(専門用語)へとつながるのです。

 

【25】問題解決

引用: Pixabay

自己啓発での専門用語・問題解決の仕方は多種多様です。

問題解決の方法としては「ブレインストーミング(専門用語)」が挙げられます。ブレインストーミングでは、良い悪いという結論を一切出さずに思いつく限りのアイディアを数名から10名ほどで可能な限りたくさん挙げるのです。

その際に否定的なことは発言しません。発想を妨げるからです。例えば、時間が足りない、予算がないなどです。そうした負の要素を取り払い、一見するとダメに思えるようなアイディアでも他の人が発言したアイディアを合体させることで、進化を遂げることがあります(引き寄せの法則)。

それがブレインストーミングによる問題解決(専門用語)の方法です。

 

【26】エフィカシー

引用: Pixabay

専門用語・エフィカシーは自己啓発だけでなく、心理学でも用いられる専門用語です。

日本語では「自分を信じる力」、「一意専心」などがいい例でしょう。エフィカシー(専門用語)に重要な点は、まず目標が明確であること。実力はあっても目標がはっきりと定められていないと始まらないのです。

次に他人と比べないことです。目標は個個に設定されるべきものであって、教師に言われたからとか親に勧められたなどという理由で決めてはいけません。自分を信じているわけですから、自分が正しいと思う目標を設定(引き寄せの法則)すればいいのです。他人に何と言われようと曲げてはいけません。

それでは他人を信じることになります。

 

【27】エニアグラム

引用: Pixabay

専門用語・エニアグラムのエニアは「9」を、グラムは「図」を意味します。円の周りに9つの点があり、1つの点が必ず他の2つの点と結びついています。人格を9つに分類し、その人格の特徴と支援対象の人格を見つけ出し、自己啓発に活かす手法です。

中東で生まれ、イスラム教のスーフィー派では秘術とされていました。その歴史は軽く2000年を超えます。エニアグラム(専門用語)を診断すると自分が無意識に行っている行動の悪い点が見つかります。それを改善することでより良い人間関係が出来上がるのです。

 

【28】瞑想

引用: Pixabay

マインドフルネス状態(瞑想)にするのにぴったりの自己啓発方法が専門用語・瞑想(マインドフルネス)です。マインドフルネスな瞑想をすることで脳が休憩状態になり、日々の雑多のことを整理する時間が生まれます。そして、もっとも重要な行動を瞑想(マインドフルネス)によって見つけ出すことができ、無駄な行動が減ります。

無駄な行動が減れば、時間にゆとりが生まれ、自己啓発につながるのです。マインドフルネスな瞑想の方法は座禅がいいでしょう。座禅(瞑想)には専門用語・結跏趺坐(両足をももに乗せる)と半結跏趺坐(片方の足をももに乗せる)があります。最初は簡単な半結跏趺坐(専門用語)で自己啓発しましょう。

態勢が整ったら、背筋を伸ばし、呼吸に集中します。数を数える時は一呼吸単位で数えます。マインドフルネスな瞑想では鼻から吸って、口から吐くのを一呼吸とします。一呼吸で一回とし、それを100回ほど行うと10分ぐらいになります。実践してみましょう。

また、睡眠前に瞑想したい場合はヨガ(マインドフルネス)を利用します。ヨガの「シャバーサナ」がおすすめです。意味は屍(しかばね)です。仰向けになり、両足を肩幅ぐらいに開きます。両手は手に平を上に向け、腹式呼吸で精神を落ち着けます(瞑想)。

ある調査では就寝前にマインドフルネスな瞑想(専門用語)することで睡眠障害が改善されたという報告もあります。よく眠れない読者は瞑想してみる価値のある自己啓発法です。マインドフルネスな瞑想によって睡眠が十分にとれると翌日の頭の回転が違います(引き寄せの法則)。

 

【29】生きがい

引用: Pixabay

専門用語・生きがいとはシンプルに表現するとしたら、「人生の楽しみ」です。彼氏とのデートが生きがい、週末のウィンドウショッピングが生きがいなど人によって生きがいの種類は様々です。

最も多い生きがいは趣味ではないでしょうか。さらに生きがいは「短期の生きがい(専門用語)」と「長期の生きがい」にカテゴライズされます。さきほどの例で言えば、週末のウィンドウショッピング(引き寄せの法則)。週末は7日経てばやってきますよね。そうすると一週間後には実現できる生きがいなので自己啓発の上では短期の生きがいとなります。

ただ、今デートしている彼氏と結婚するというのは一週間で実現する可能性は低いです。中には実現してしまう人もいますが、たいてい破綻します。そのため「彼氏と結婚する(引き寄せの法則)」という生きがいは自己啓発では「長期の生きがい(専門用語)」となるのです。

 

【30】行動力

引用: Pixabay

専門用語・行動力は成功哲学に直結する自己啓発の専門用語です。意味は読んで字のごとく「行動する力(スピード)」です。これだと自分で直感したら、他人の意見やリスクもそこそこに行動することを指します。スピード感は自己啓発の上で非常に重要です。

特に行動しようと思ってすぐに動く人は魅力があります。一方であっさり諦めることもしません。一度やると決めたら、目的を遂げるまでやり続けます。ある意味で強い意志が行動力(専門用語)には必要です。それを自分で正しい(エフィカシー)と思っているわけですから、多少の困難は払いのけてしまうパワーがあります。

それが行動力なのです。社長がやると決めて会議に1週間、計画に1週間立てているような会社は倒産します。会議に3分、計画に10分ぐらいで動くスピード感(引き寄せの法則)が重要なのです。

 

自己啓発の専門用語を完全マスター!

引用: Pixabay

マインドフルネスやヨガ、引き寄せの法則など自己啓発の専門用語を30個紹介してきました。

「知識」としては一通りマスターできました。しかし、全て体得する必要はありません。自分に合っていそうな自己啓発の専門用語を2~3個選んで実践してみましょう。行動力こそ自己啓発の源です。

この記事によって少しでも日々の生活が向上することを祈ります。

人気の記事