イラマチオしたがる男性心理15選!征服感を満たしてあげるマル秘テクとは

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

イラマチオしたがる男性との付き合い方とは?

引用: Pixabay

性交渉はカップル・夫婦で当たり前の行為ではあるのですが、性交渉中の行為の中でイラマチオは女性があまり好きではないとされています。

恐らくほとんどの女性がイラマチオというものを体験されたことがないかもしれません。イラマチオという言葉を耳にしても実際された方は少ないでしょう。

今回はイマラチオを強制させられている方、またイラマチオをしたがる男性心理などについてお答えしていきます。イラマチオをしたがる男性の中で征服感を感じるのは何故か?またイラマチオを体験された方向けに、ノドがしんどいという方へイラマチオの負担軽減テクニックをお伝え致しましょう。

テクニックさえ覚えてしまえばイラマチオの嫌悪感も軽減できるでしょう。

 

イラマチオとは?


引用: Pixabay

そもそもイマラチオとは何か?と言うと、ノドの奥に男性器を突っ込むフェラチオのことを指します。フェラチオとイラマチオを混合される方もいますが、イラマチオは一般的ではないと思ってください。フェラチオというのは男性器を咥え舌でなめるという行為になります。

基本的にフェラチオは特に珍しくはないのですが、イラマチオは男性が女性の頭を持ち男性器をノドの奥にまで突っ込むため、そうとうしんどい行為です。ノドが強くない場合、嚥下してしまったり嘔吐されるということもあるため、ノドに負担をかけてしまうので全員出来る訳ではないと思っておきましょう。

テクニックと男性の協力があればそこまでイラマチオはしんどくないかと思いまう。

 

イラマチオしたがる男性心理15選!

引用: Pixabay

イラマチオはノドに負担がかかる、また女性にとってはとてもしんどい行為であるため嫌がる方は結構います。しかし男性によっては毎回性交渉の度にイラマチオを求める方もいます。何故イラマチオは求めるか、その男性心理を全て解き明かしていきましょう。

イラマチオをしたがる男性に限られますが、その男性心理の多くは女性に対して征服感を求めたがるというものです。何故イラマチオをすることで男性は征服感を感じるのか、とても不思議な話かと思います。女性からすればテクニックがなければほぼほぼノドがしんどいだけのイラマチオを何故求めるのか?

 

【01】イラマチオは征服感を感じる


引用: Pixabay

イラマチオをしたがる方は、男性心理的に征服感を感じたいからと言われています。

イラマチオはフェラチオと異なり、SM的な行為であるためしんどいと感じる女性が多くて当然でしょう。男性心理に女性のノドを穢すという行為、滅多に人前で見せない苦悶の表情を自分のためだけに見れるという快感が征服感に代わると言われています。

ただ男性全員イラマチオに興味があると思わないでください。イラマチオに征服感と快感を得る男性心理として、プライドが高い男性が好みやすいとされています。実際イラマチオというのはAVで当たり前にされてるものですが、AV女優がテクニックがあるからこそできるものだったりします。

 

【02】イラマチオは男性心理を揺さぶる

Array

引用: Pixabay

イラマチオに征服感を感じる男性もいるのですが、別の男性心理も考えられます。

それは好奇心旺盛な男性であれば、イラマチオをやってほしいと思う方もいるのです。AVで見て知識を付けている方に多いのですが、これは単純な好奇心が働いているだけで、女性のノドやしんどいということを理解している人は少ないかもしれません。

そういう男性心理にイラマチオをしてもらいたいがやってもらって良いのだろうか?と考えている男性もいます。単純に1回やって彼女のノドの負担を与えてしまった、またしんどい顔をさせてしまいショックを受けたという人もいたりするのです。

このような男性の場合イラマチオがどんなものか理解出来れば征服感を与えたいとは特に思わないため、何度もされるようなことはないでしょう。

 

【03】イラマチオをさせることで女性に屈辱を与える

引用: Pixabay

イラマチオはフェラチオと異なり、男性心理的に女性に完全に征服感を感じさせる形になります。

何故イラマチオが女性が屈辱を感じさせるのかというと、イラマチオのやり方として男性が立って行わないと出来ないものだからです。ほとんどのイラマチオのやり方としては立ちながら女性のノドの奥まで男性器を突っ込み、激しく腰を振ります。

イラマチオの最中に髪の毛や頭をつかんで行う方もいるため、ノドだけでもしんどいのに髪の毛をつかまれ乱暴にされるという精神的にもしんどいと感じさせる行為だから嫌だという女性が多いです。屈辱感を与え征服感を得ることに快楽を感じる男性はそんなにたくさんいるわけではないのですが、ただ一度快楽を感じてしまうとイラマチオをもっとしてほしいと思うかもしれません。

 

【04】イラマチオをAVで見た

Array

引用: Pixabay

イラマチオを行う男性の中にはAVを見たからしているだけという方もいます。

こちらに関しては征服感などの男性心理は一切なく、単純にAVの中でやっていたから当たり前だと思っていたという方が多いのです。実は性交渉経験の浅い男性の場合、AVを教材にされている方がおりその時に見たAVがたまたまイマラチオをしていたというだけでしている人もいたりします。

征服感などは一切ないのですが、このような男性心理としてはAVが教材だったからそれが当たり前になっているだけだと思ってください。AVを教材にされている男性心理としてはそれが当たり前に思っているものの、女性にとってノドへの負担やしんどいと感じていることは一切考慮していません。

男性が特に好んでイマラチオをされている訳ではない場合は、素直にノドがしんどいと言っても良いでしょう。

 

【05】イラマチオは女性のノドに対して征服感を与える

引用: Pixabay

大体イラマチオを要求する方は征服感を感じ苦痛にゆがめる顔に快楽を感じる人がいます。

しかしそれとは異なりもっと変質的な方であれば、女性のノドに対して征服感を感じ興奮するという男性心理が働く方もいるようです。何故ノドに対して征服感を感じのかというと、ノドの奥は穢されていない領域だと思っている方もいます。

女性のノドを穢したいと思う男性心理が働いている人は、ある程度女性経験がある方です。女性経験があるものの処女としたことがないから1回してみたいと思っており、それが現実的にかなわないからノドという穢れてない場所を穢してやりたいという男性心理があるとされてみます。

かなり変質的な男性心理なので、女性はイラマチオをすることにある意味でしんどいと感じてしまうかもしれません。

 

【06】イラマチオで気持ち良いと思う男性がいる

引用: Pixabay

征服感など一切なく単純にイラマチオでないと感じないという方もいます。

征服感や変質的なものではないため単純な男性心理ではあるものの、この場合はかなりやっかいかもしれません。イラマチオに征服感を感じる男性心理は、相手のことが好きで独占したいからという征服感を得ることで好意的にとらえることが可能です。

しかし単純にイラマチオでないと無理という人は、自分の欲望のためだけに女性のノドを苦しめしんどい思いをさせているだけにすぎません。実はイラマチオに征服感を求める男性心理的に、相手に対してそこまで苦しくないように配慮をされている方もいます。

男性的にイラマチオのテクニックも理解されている方もいるのですが、単純にイラマチオに快楽を得ているだけの方は独りよがりのため女性のノドに配慮がない上に、しんどいということですら理解されていないでしょう。

 

【07】イラマチオをしてくれる相手を選ぶ男性心理がある

引用: Pixabay

イラマチオというのは誰にでもさせる訳ではないことはご存知でしたか?

イラマチオを要求してくる男性心理というのは、実は好きな相手かM気の強い女性でないとしたくないのです。男性心理的にイラマチオで女性のノドを穢したい、または征服感を得たいと思っているのは、好きな相手を独占したいためだと思ってください。

そのため基本的にはイラマチオを誰にでもさせたいという訳ではありません。好きな女性が苦痛に歪み、ノドがしんどいと感じる様子に興奮するという男性心理が働くからこそイラマチオをしたがるのです。好きでもない女性にイラマチオを要求した場合、大半拒絶されることが目に見えているためその辺はあざとい男性心理が働いているとも言えます。

 

【08】イラマチオをしてくれる女性の顔を見て興奮する

引用: Pixabay

イラマチオを好む理由としては、女性のしんどい顔を見て征服感と快楽を覚えるという人もいます。

女性のしんどい顔に快楽を得られる男性も中にはいるのですが、男性心理的に自分の男性器を咥えながら必死で奉仕している様子が溜まらないという考えがあるようです。ノドを穢しそれに対して征服感を感じて気分が良いという男性心理が働いていると思ってください。

女性のしんどい顔に征服感や快楽を得ている方の特徴として、イラマチオ後にとても優しくしてくれるという方もいます。そういう場合は嫌でしている訳ではなくあなたのことが好きでたまらないから嫌がらせしてしまう子供のような男性心理だと理解出来ればそこまで苦痛には感じないでしょう。ただノドがしんどいという時は必ず言ってください。

 

【09】イラマチオ好きな男性はサディスティック?

引用: Pixabay

基本的にイラマチオが好きな男性心理としては、サディスティックであると理解しておきましょう。

元々S気の強い性格をされている方ほど、平気でイラマチオを要求される方も少なくないのです。特に好きな女性に対してはイラマチオだけではなく、普段から征服感を与えたいと思っているので言動的に理解できるのではないでしょうか?

元々イラマチオという行為自体SMプレイに近いため、普通の男性は女性に対して征服感を求めるという男性心理はありません。大半はノドがしんどいから別にそこまでしなくても良いという人もいます。イラマチオを要求されるほとんどの方は征服感を求めるサディスティックな男性心理が働いているものだと考えておいてください。

 

【10】イラマチオの知識がない女性に対しての男性心理とは?

引用: Pixabay

実際イラマチオというのは大半の女性が未経験です。

イラマチオという名前を知っている程度だったり、そもそもテクニックも何も知らない女性が多いのは珍しくありません。イラマチオに征服感を与えるのは女性のノドに穢すだめだけではななかったりします。

イラマチオの知識がない女性というのは、当然ながらイラマチオに対して未経験である訳で、自分のやりたいように出来るという征服感を得れることが出来ると男性心理があるのです。男性のほとんどは性交渉未経験の女性を好む方もいますが、年齢的に未経験などありえないからこそイラマチオで欲望をみたしていたりします。

 

【11】男性心理的にイラマチオをしてもらいと思っている

引用: Pixabay

男性心理的にイラマチオがしてもらいたいと考えている方の中に、単なるSではなく相手を痛めつけることに快楽を得る危険な人物がいたりします。

これはごく少数ではあるのですが、イラマチオというノドに苦痛を与えるのが当たり前だと思っており、中には噛みついてきたり首を絞めたりという恐ろしい行為に走る人もいるのです。

このような男性心理を持っている人は危険であると思ってください。イラマチオ以上のしんどい行為を要求された場合は身の危険を感じましょう。最初はイラマチオだけだったが征服感をもっとと感じたために耐えられないという人もいるのです。

 

【12】イラマチオに興味がある男性は普通のプレイに飽きている?

引用: Pixabay

イラマチオをしたがる男性は普通のプレイに飽きてしまっていると思ってください。これは好奇心という単純な男性心理ではなく、色んなプレイにチャレンジしたいという欲求も含まれています。女性経験が豊富な男性に多い男性心理と言えるでしょう。

イラマチオというのは特殊なプレイであるため、あまりしないプレイです。女性のノドに苦痛を与え、しんどい顔をさせるという行為がどんなものなのか軽い気持ちでやっている可能性があります。そのためテクニックなどもそこまで熟知している訳ではないため、イラマチオをされる際は注意しておいた方が良いでしょう。

 

【13】イラマチオが好きな男性は理性が弱い?

引用: Pixabay

イラマチオを何度も平気で要求するような男性は理性が弱いと考えておいてください。

毎回ではなく時々なら問題はないのですが、毎回であればノドに負担をかけてしまうのでストップをかけましょう。イラマチオが好きな男性全員という訳ではないのですが、中には欲望のみでとらわれてしまう弱い男性心理もあるのです。

基本的にイラマチオをした場合女性はしんどい顔をするので、途中でストップをかける男性もいます。しかしそれを見ても何もしなかったり、むしろ喜んでもっとと要求するような男性心理は理性が弱く自分のことしか考えていない為、相手がどれほどしんどい思いをすることになってもお構いなしです。

 

【14】イラマチオをしてもらうと嬉しいから

引用: Pixabay

単純に女性に奉仕をしてもらうことに対して喜びを感じるという男性心理が強いという見方が出来ます。

イラマチオというのは征服感を得るものではあるのですが、自分のためにしんどい思いとノドに苦しい思いをさせながら奉仕をしてくれる彼女に対して愛しいと感じているのです。イラマチオだけに限った話ではないのですが、フェラチオをすることも男性心理としては征服感を十分に与えることができます。

 

【15】イラマチオは特殊なプレイだということを理解している

引用: Pixabay

イラマチオというのは特殊なプレイであることを自覚しており、その特殊なプレイに対して快楽を得るというのは一部の男性心理関係なく、全ての男性心理が揺さぶられるものです。

基本的に男性心理から考えてプレミアムなものを好む傾向があります。イラマチオというのはノドに負担を与え、女性にしんどい思いさせてしまう行為ではあるものの、一度はやってみたいと考えている男性心理もあると思っておきましょう。

誰でも1度は出来ないけどやってみたいと思うことはあるでしょう。イラマチオというのは男性にとって憧れがあるものでもあり、やってほしいと願い男性心理も働いているので嫌がらせの気持ちなどではありません。

 

苦しくない!イラマチオのおすすめテクニックを紹介!

引用: Pixabay

イラマチオはノドに負担がかかる上に、しんどいし嫌だと困る女性もいます。

しかし男性心理的にはして欲しいとおもっており、女性は男性に嫌われたくないからという理由で仕方なくイラマチオをされている方も少なくありません。そのせいでもうイラマチオをしたくないし、別れたいと思ってしまう人もいるようです。

そんな方のためにイラマチオをされる際、ノドがしんどいのを軽減できるテクニックをご紹介いたしましょう。テクニックさえ熟知してしまえばノドにはそれほど負担がかからなくなります。イラマチオを失敗してしまうとノドに負担をかけるだけではなく、男性器を傷つけてしまうこともあるようです。

男性心理を利用したイラマチオテクニックや、女性自身がイラマチオ中に気持ち良くなる方法などもご紹介させて頂きます。テクニックのこつは男性心理を理解しつつ、上手く男性心理を利用するようにイラマチオをすれば上手く行くでしょう。

 

ノドに負担をかけないイラマチオのテクニックとは?

引用: Pixabay

実際イラマチオをしてもらう前に、自分自身がやってもらってからの方が良いです。

この辺は精神的な部分でも大分しんどい思いが減るため、必ずやってみましょう。この辺は女性が要求するのも恥ずかしいかもしれませんが、イラマチオをしてもらいたいと思うのであればクン二や他の自分のやってほしい行為を依頼してください。

男性心理として女性の考えていることはあまり理解されていないので、イマラチオだけ要求されると不快に感じる女性が多いのです。その不満をなくすためにも男性に自分にもしてほしいというおねだりテクニックを行うとより良い関係にまで発展できます。

直接的なテクニックではなく心理的なテクニックであるため、まずイラマチオのテクニックを覚えるよりもずっと良いかもしれません。

 

しんどいイラマチオが楽に感じる体制のテクニックとは?

引用: Pixabay

イラマチオがしんどいと感じないテクニックに関して、実は体制を固定するだけではしんどい思いをすることがなくなります。

一般的なイラマチオのやり方としてほとんどは立って行う場合が多いのですが、イラマチオをいきなりノドにまでするのではなく徐々に慣れさせていきましょう。段階を踏んでいくとそこまでイラマチオがしんどいと感じなくなります。

また寝た体制でイラマチオを行うテクニックとしては、女性が仰向けとなって男性が覆いかぶさるようにすればノドへの負担はかかりにくくなるのです。ノドがしんどい体制は座って行うイラマチオであるため、寝る体制が難しいのであれば男性に立ってもらうようにするのもテクニックの1つです。

大半は立ってイラマチオを行う方法を好む方おり、その方が征服感を感じやすいという男性心理もあるので上手くいくでしょう。

 

イラマチオの最大のテクニックとは?

引用: girlydrop

イラマチオのテクニックとしてノドへの負担軽減をさせる方法はいくつかあります。

手っ取り早い方法としては唾液を増やすというテクニックがおすすめしやすいです。そもそもイラマチオ自体口腔内で行うものなので、唾液テクニックがないと正直しんどいと思ってください。

唾液がローションの代わりとなるためそこまでキツイとは感じませんし、また男性心理的にも快楽を得ることも可能です。唾液を増やすテクニックとしてはレモンや梅干しなどをイメージさせることによって唾液の量を意図的に増やすことが出来ます。

また別のテクニックとして頬の内側や歯茎に刺激を自分で与えるために男性器をまんべんなく舐めるようにすると、自然と唾液があふれ出るというテクニックを上手く利用されています。

 

イラマチオで彼氏を喜ばせよう!

引用: Pixabay

イラマチオが好きな方であれば良いのですが、彼氏に要求されていない場合は進んでする必要はありません。もしイラマチオが好きな方であれば話は別になります。イラマチオが好きな彼氏を喜ばせてあげたいという女性は、上手くテクニックを利用しましょう。

ほとんどの女性はノドのしんどいと感じ我慢した上で無理矢理イラマチオをしているため、相当苦しい思いをされている方も少なくないのです。男性心理的に征服感を感じた上で彼女を自分のものだと強く認識させることが出来るので、ある意味ではイラマチオというのは悪いものではありません。

男性心理的に征服感を求めることはよくあるので、イラマチオを嫌がるのではなく上手く出来るようにテクニックを修得し実践してみてください。

人気の記事