青姦の意味や語源とは?やり方・コツ・おすすめ場所を総まとめ

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

青姦とは?

引用: Pixabay

夫婦やカップル間において「刺激」は絶対不可欠なもの、刺激を欲さない夫婦やカップルなんて誰ひとりとしていないのです。

まずは本題に入る前に、ざっくりとセックスの種類をご紹介いたします。

セックスのやり方については以下のようなカテゴリー分けがなされているのですが、皆様が現在なさっているやり方も多く含まれているの事なのでしょう。

では、ご覧下さい・・・。

ノーマル/着衣/言葉責め/目隠し/拘束/刷毛/焦らし/精液ごっくん/顔射/寸止め/乳首開発/鏡写し/スタンディング/アクロバティック/女性上位/スパンキング/テレフォンセックス/相互オナニー/視姦/顔面騎乗位/舐め犬/手コキ・足コキ/大人のおもちゃ責め/ローション/素股/コスチューム/妄想/首輪/媚薬/剃毛/ハメ撮り/露出/おもちゃの遠隔操作/海水浴/アナル/前立腺/Gスポット/放尿/潮吹き/緊縛/首絞め/放置/ろうそく垂らし/鞭/洗濯バサミ/レズ/ゲイ/スローセックス/スワッピング/輪姦/複数

このようにセックスのやり方には、初心者から上級者向けまで幅広いカテゴリー分けがなされていたわけでした。

今回ご紹介する「青姦」とは、この中にある「露出」に近いプレイになるのかもしれません。

つまりは「野外セックス」もしくは「屋外セックス」にあたる刺激プレイになり、いつもと変わったシチューエーションで興奮してみたいというカップルにオススメなエッチプレイといえるのでしょう。

基本、上記に記したセックスのやり方は「ふたり」で行うものが主流なのですが、例外として複数で行うスワッピングや輪姦プレイなどといった「究極のセックス」があります。

しかし、これにおいては双方のいずれかが完全に「納得」のもとで行わないと大変な事となります。

でも、ふたりで出来る「青姦」については「公然わいせつ」にかからぬように気を付けさえしていれば手軽にプレイ出来るわけでした。

初心者でも手軽に行うことが出来、カップルや夫婦においてもかなりの相乗効果が期待できるのでしょう。

 

青姦の意味は?


引用: Pixabay

先にご説明したとおり「青姦」の意味は、野外セックスもしくは屋外セックスを指していました。

屋外で「人に見つかりそうで見つからない場所」でセックスを楽しむ事で、簡単に性的興奮を得られる効率のよいプレイといえるのでしょう。

究極の性行為のスワッピングまで行かぬとも、十分に非現実的日常を堪能する事が出来る「青姦プレイ」なのかもしれません。

マンネリ打破のために若いカップルや、熟年夫婦まで意外に多くの愛好家がいるのも特徴な「青姦プレイ」は刺激を求める人たちに高い支持を得ている性行為だったのでした。

変態気分を味わいながら、いろんなシチューエーションで「青姦」を楽しむカップルが近年、ますます増加の一途を辿っているのだとか・・・。

なんだか、とってもエロッちっくでワクワクゾクゾクしますね!

 

青姦の語源は?


引用: Pixabay

さて「青姦」の語源ですが、英語で「outdoorsex」といい、ズバリ「屋外での性行為」を意味していたのであります。

漢字表記では「青姦」=あおかんと読みますが、意味合いについても「姦」という漢字で成り立っている事から「性的」意味合いである事は容易に認識する事ができるのでしょう。

「青姦」の由来においては、単純に青空の下、もしくは青天井での姦淫(かいいん)を指しているものと思われます。

この姦淫の意味ですが、性に関する不道徳の意味を指しているそうでした。「青姦プレイ」については和姦(同意)を意味していて強姦(非同意)の意味合いは含まれていないとの事でした。

「青姦」の語源に触れられて皆様はどのようにお感じになられましたか?

そもそも「青姦」という言葉自体を知らなかったという方が多くいらっしゃったのではないかと思います。

単に「野外セックス」などと言うよりは、グッと響きがエッチで淫靡な感じがするのは気のせいでしょうか?

 

青姦のやり方を紹介!

引用: Pixabay

誰かに覗かれるかもしれない・・・・そんなシチューエーションのもとで行う「青姦」は、特に若いカップルに人気のあるプレイとなります。

勿論、取り立てて「青姦プレイ」を意識しなくても、屋外でデート中に欲情したパートナーに襲われて性行為に及ぶカップルの話もよく聞く話なのでしょう。

なので、そう言った意味合いからすれば「青姦」はそう特別なプレイでもなかったわけでした。

でも、野外セックスを経験した事のカップルや夫婦においてはやはり刺激以外のなにものでもなく、非現実的なプレイになるのでしょう。

これから、そんな初心者カップルやご夫婦のために「青姦プレイ」のやり方について詳しくご紹介させていただきますので是非チェックなさってみてください。

併せて、要注意点も解説させていただきますのでダブルでチェックの程お願い致します。

 

【1】昔は必然だった青姦

Array

引用: Pixabay

その理由に昔の住宅事情が深く関係していたようでした。

現在では、カップルや夫婦において最もポピュラーな愛の交流場所として普及されている「ラブホ」。

しかし、1965年代以前においてはどこにでもラブホがあるわけではなかった事から、若いカップルが苦肉の策で屋外で「青姦プレイ」に勤しむのは当たり前の光景だったのです。

また、その頃は夫婦二人きりで生活を営んでいる家庭以外は、自宅でセックスを行うのは希な時代でもあったのでした。

 

【2】公然わいせつにならぬよう配慮しよう

引用: Pixabay

現代の日本社会において、この「青姦プレイ」も運悪ければ「刑法174条の公然わいせつ罪」に問われる可能性も秘めております。

なので、覗かれるスリルは味わいたくとも、決して「人に見せつけるようなマネ」だけはなさらぬようご注意ください。

どうしても人に見せつけたい場合はそのような嗜好を持つ者が集まる場所に行けばよいのでしょう。

スワッピングサークルやカップル喫茶などに足を運べば、おのずとそのような快感を得ることが可能になるからでした。

なので、どうしても屋外で性行為をしたい場合は「自らすすんで他者に性行為を見せつける」行為だけはなさらぬようお願い申し上げます。

 

【3】やり方はいたってシンプル

Array

引用: Pixabay

人が近寄らないような場所や時間帯を選ぶのが最低条件となるのでしょう。

その場所については、後ほどたっぷりとご紹介させていただきますのでお楽しみに!

また、話は遡りますが先ほども解説させていただきましたよう、昔は家庭内においてのセックスが禁とされておりました。

その事から、おのずと人目を阻むように「青姦プレイ」が行われるように。

また近年横行している「青姦プレイ」においては、様々な場所やシチューエーションのもとでさらなる進化を遂げる事となってしまいました。

そして、現代人の性的興奮を満たす嗜好にすっかり様変わりする事となってしまったのです。

その余波にて「古き良き日本人の奥ゆかしさ」が失われたのは言うまでもなかったのでしょう。

 

青姦のコツ・ポイントは?

引用: Pixabay

では、これから「青姦プレイ」のやり方についてのコツやポイントを解説させていただきます。

初心者の皆様においては「青姦プレイ」のやり方のコツやポイントをしっかりと押さえていただく必要があるのでしょう。

理由は、安心かつ快適なセックスライフを実感していただくためでありました。

では「青姦プレイ」のコツとポイントをご覧ください。

 

【1】「青姦プレイのやり方」~コツ(要領)

引用: Pixabay

(青姦プレイのやり方:コツ①青姦プレイをしやすい服装)

青姦プレイにおいて最も重要な事とは?

それは「服装」でした。

その理由は実に簡単で、男性においては局部をチャックの間から出せば何とかなるものです。

しかし、女性においては「パンツスタイル」などの状態でプレイに移ればおのずと服を脱がなければいけない状況になってしまうのでしょう。

その事から、焦りが生じて満足に「青姦プレイ」を行なえない状態になり必然的に「不完全燃焼」と。

なので、めくりやすいフレアースカートなどといった服装を意識していただければ余裕を持ってプレイに打ち込める事ができるのでしょう。

乳首などの愛撫の際に、カッチリした下着やトップスだとプレイしにくい状況なのは誰しもわかる事。

したがって、青姦プレイにおいて「ノーブラ+ゆとりのあるスカート」を身に付けられるよう「おすすめ」するしかなかったわけでした。

(青姦プレイのやり方:コツ②ばれにくい場所をセレクト)

「青姦プレイ」のばれにくい場所とは・・?

もう皆さんもお分かりでしょうが、当然「人の出入りが少ない場所」になるのでしょう。

限りなく変態性を求めるカップルにおいては、わざわざ公共の場所などを選んだりする事もあるようでした。

しかし、軽犯罪的な要素を踏まえるとあまりおすすめできないのでしょう。

なので、できれば限りなく「ばれにくい場所」のセレクトをお願いしたいのが本音であるのです。

(青姦プレイのやり方:コツ③わかりにくい時間帯選び)

「青姦プレイ」に適した時間とは?

それにおいてもわざわざいうまでもないのでしょう。

夕方などといった時間帯は、通勤帰りの方が行き来していたり、ペットの散歩などをしていたりと何かと気ぜわしい状況になり、正直エッチどころではありません。

なので、外が静まり返る10時以降などがおすすめになります。

出来れば深夜などが安心して「青姦プレイ」に集中できるのでしょうか。

同時に「青姦プレイ」にあたって、眠気に打ち勝つためにも体力温存が必須になってくるのでしょう。

(青姦プレイのやり方:コツ④覗きスポットを避ける)

「青姦プレイ」中に覗かれないようにする秘訣とは?

それは「覗きスポット」と名を馳せる場所を回避する、この事に尽きるのでしょう。

わざわざ、そのような場所を求めて彷徨うカップルがいるのも現状ですが、予期せぬ事態が起こる事も念頭におかなければならないのかもしれません。

それは「覗き見している者が欲情」してなだれ込んでくる可能性もあるからでした。

なので、出来ればそのようなスポットに「刺激」を求めに行く事は避けた方が無難なのかもしれません。

(青姦プレイのやり方:コツ⑤相手の承諾をきちんと得る)

「青姦プレイ」において相手に承諾を得るとは?・・・それについてはもう言うまでもないのでしょう。

強引に行っても双方に何のメリットもないからでした。

「不完全燃焼なうえ関係悪化」にも繋がっていくため、必ずパートナーの承諾を得てから「青姦プレイ」を実行するようにお願いいたします。

「こんな話聞いてない!」とか、「だましたな!」とかトラブルになってしまっては目も当てられないからでした。

 

【2】「青姦プレイのやり方」~ポイント(要点)

引用: Pixabay

(青姦プレイのやり方:ポイント①計画を誰にもしゃべらない)

「青姦プレイ」のやり方のポイント①とは・・・

兎にも角にも「青姦プレイ」の計画を誰にもしゃべらない。これが鉄則といえるのでしょう。

漏らした相手次第では「覗きに来る可能性」も秘めている事から、ふたりだけの話に留まらせておくのがベターなのです。

「お前達がそんな話してくるから・・・」などと相手に言われても突っ込みようがないからでした。

なので「ダンマリ」を決め込むに超した事はないのです。

(青姦プレイのやり方:ポイント②事前準備を周到に行う)

「青姦プレイ」のやり方のポイント②とは・・・

当然の事ながら、野外で行うセックスにて少しでも「快適な環境」で行う事が求められているのでしょう。

先ずはこれらの準備をお願いしたく思います。

  • レジャーマット
  • 軽いブランケット
  • 虫よけスプレー
  • 塗り薬
  • ミニランタン
  • コンドーム
  • 処理袋

というのも自然な場所で行なう「青姦プレイ」につき「害虫」とは切っても切れない環境下にあるからでした。

したがって「刺されない保証」はゼロではないのです。

なので、出来れば「虫」の少なさそうな場所での「青姦プレイ」をおすすめしたいところであります。

夏場においては、最悪「マムシ」などに出くわせば命の危険に晒されるわけでした。

その点を踏まえて、情報収集はもとより「身の安全の確保」を徹底的に行われる事をおすすめいたします。

コンドームの処理については「モラル」の問題なので、後処理を行うのは当然の事なのでしょう。

くれぐれも「ポイ捨て」なさらぬようお願いいたします。

(青姦プレイのやり方:ポイント③事前にエロ動画観賞で興奮をインプット)

「青姦プレイ」のやり方のポイント③とは・・・

既に、互いの同意を取り合っているのですから、後は「いかに楽しむ」のかを考える。

・・・それに尽きるのではないでしょうか?

「輪姦される彼女」を想像したり「覗きに興奮する彼氏」を妄想したり、刺激を得るとはそのような事をいうのでしょう。

「手っ取り早く興奮をインプット」させるためにエロ動画を活用するのも普通に画期的な事なのです。

大いに「男性に犯される彼女」や「女性を犯している彼氏」を想像しようではありませんか。

エロとはそんな事なのです。

(青姦プレイのやり方:ポイント④共に気持ちを高めておく)

「青姦プレイ」のやり方のポイント④とは・・・

視覚的興奮を得たら、今度はシユミレーションしながら「感じるパートナー」を妄想の世界に引き込んでガッツリ責めまくるのです。

「ほら・・影から男が覗いてるよ」「お前に興奮して肉棒しごいてるぞ」などと声かけされれば女性はさらにエキサイト!

乳首はフル勃起、クリトリスはガッチガチに!男性のペニスは「ビッグマグナム」にフルチェンジ!

お互いに貪り合えば「快感」は絶頂に!!

後は、適切な場所で「青姦プレイ」を実行するのみなのでしょう。

(青姦プレイのやり方:ポイント⑤変態カップルになりきる)

「青姦プレイ」のやり方のポイント⑤とは・・・

それは、もう「変態に徹する」しかないのでしょう。

「青姦プレイ」に突入前に、彼女の膣にリモート可能なミニローターをしのばさせて彼氏が遠隔操作を行って遊ぶのも大変興奮するのでしよう。

わざとに「人のいる場所に移動」させ、そこでスイッチオンすると非常にエッチ。

出来れば、肌の透けない「黒」などの洋服をまとわせ、ノーブラにさせておくのも手なのでしょう。

パンティにおいてはローター落下防止のために付けられることが望ましいのでした。

そもそも「青姦プレイ」をしたいなどと思うカップルや夫婦ならば、この程度の変態性は持ち合わせているの。

「早くちょうだい!!」とおねだりの嵐になるのかもしれませんね。

 

【3】青姦プレイにおいて注意したい点

引用: Pixabay

(青姦プレイの注意点:①犯罪の可能性ありき)

冒頭で解説させていただきましたよう、時と場合によっては「公然わいせつ罪」に問われる可能性もある「青姦プレイ」。

「青姦プレイ」の様を純粋に目視して楽しんでくれる覗きであれば問題ないのでしょう。

しかし「その様」を不快と捉えるような人に見られた場合に限り、最悪そのような事も起こりうるという事を伝えたかったのであります。

なので、場所・時間・プレイ内容を互いにしっかり話し合い方針を明確にしたうえでの「青姦プレイ」をおすすめいたします。

(青姦プレイの注意点:②怪我や感染症のおそれがある)

先にもお話しさせていただきましたよう「害虫被害」はもとより、立地の悪い場所で無理に行おうとしたために怪我をしたなどといった事例が多く報告されている「青姦プレイ」。

木の枝が刺さったたり、転んで岩に頭をぶつけたりと実際に「青姦プレイ」において、こんな痛い目に遭われた方がいらっしゃったというのですから本当に驚きでした。

また、怪我をすれば「破傷風」などの感染症のリスクが発生するため、闇雲に「地面」に寝そべって性行為を行うのは考えものなのかもしれません。

したがって「青姦プレイ」を行なう場所は、事前にリサーチをして日中に現場状況を確認される事をおすすめいたします。

(青姦プレイの注意点:③覗きや盗撮のおそれがある)

「青姦プレイ」において、最大のリスクとはこれに尽きるのかもしれません。

単に「覗かれる」分に関しては、興奮という二文字で片付けられるのでしょうが「盗撮」になれば、その映像をネット投稿される可能性が大なのです。

したがって、覗かれる興奮においては「妄想」だけに留めていただくのが賢明なのでしょう。

愛し合う男女がどのような経路を辿って「性の喜び」を見出すのかは各々の勝手でございます。

しかし、できる限りは「ハイリスク」を避けながら楽しんでいただくのが賢い選択なのではないかと思います。

 

青姦のおすすめ場所を紹介!

引用: Pixabay

では、次に青姦プレイに適したおすすめの場所を一挙ご紹介させていただきます。

カップルや夫婦の青姦プレイに適した場所が見つかりさえすれば鬼に金棒!

自分たちにピッタリな場所が見つかるといいですね。

 

【1】公園の死角

引用: Pixabay

「青姦プレイ」におすすめな場所の代表格に「公園」があります。

公園は老若男女問わず、皆に愛されている癒しのスポットになります。

不特定多数の人々が行き交うその場所で、ひっそりと男女が「フェラ」や「キス」さらにはペニスの挿入やクンニを行ったりすれば興奮は最骨頂に!

勿論日中はNGになり、人気がなくなる夕方以降に「青姦プレイ」を行う事をおすすめいたします。

公園の木々に女性をしがみつかせ、バックから高速ピストンすれば大興奮間違いなしなのでしょう。

女性の膣から流れ落ちる愛液は格別な味なのかもしれません。

 

【2】カーセックス

 

引用: Pixabay

次におすすめなのが、カーセックスです。

カーセックスは、車内で行う性行為になり「若いカップル」に不動の人気を誇っております。

カーセックスだと「体位変換」の際などに若干窮屈さは感じるのですが、虫に刺されたり怪我をしたりなどの心配がないので「潔癖な方におすすめ」なプレイ法になるのでしょう。

喘ぎ声もある程度は出せ、完全に野外で行うよりは開放的になれるのかもしれません。

 

【3】カラオケボックス

 

引用: Pixabay

次に、おすすめな場所がカラオケボックスでした。

抱き合うのにもってこいの場所になるといえるのでしょう。

ソファー・冷暖房完備・照明具合、また喘ぎ声を殺す大音量・・・どれをとっても「青姦プレイ」をするのに最適な条件なのでした。

ただし、店舗により防犯カメラを設置している店もあるので「防犯カメラの有無」はしっかりとチェックなさってください。

 

【4】海水浴場の死角

 

引用: Pixabay

これにおいては季節が限定されてくるので何とも言い難いのですが、とりあえずおすすめな場所といえるのかもしれません。

浜辺から少し離れれば、岩場などや草が生い茂ったりしている場所は必ずあるのです。

そのような場所で、濡れた体のまま愛し合うのは超興奮もの!

基本的に開放的な場所ゆえに「頭の中がエロ一色」になっている男女は多いのでしょう。

また、日中の日差しの下で行う「青姦プレイ」は、一味違ったエロを堪能できる事から絶対におすすめなのです!

 

【5】マンションの屋上

 

引用: Pixabay

これは「青姦プレイ」において100%安心して行える場所といえるのかもしれません。

また「非常階段や踊り場」などでセックスを行うカップルもいらっしゃるようです。

しかし、いつ人と遭遇するかもわからないシチューエーションでは正直落ち着いてセックスする事はできないのでしょう。

また、防犯カメラの心配もありますのでやはり屋上でされる事をおすすめしたいところであります。

屋上には、浄水タンクなどもあり十分に場所の確保が可能となるのでしょう。

 

【6】立体駐車場

 

引用: Pixabay

日々の生活の中で皆さんが利用されている「大型スーパー」や「ショッピングモール」の大駐車場。

日中は、人の出入りが多いため正直おすすめ出来ないのですが、夜間の駐車場だと死角に入り込めば「青姦プレイ」も存分に楽しめるのでしょう。

また、日中にしっかりと「防犯カメラの位置」の確認を行い「青姦プレイ」の際はその場所を避けながら行なうのが鉄則なのでした。

寝込んでするには適さない場所になりますが、立ちバックや見つめあってするセックスは十分に可能なのでおすすめいたします。

いざという時においては「車に乗り込んで雲隠れ」すればいい事なので立体駐車場を利用しない手はないのでしょう。

 

【7】公衆トイレ

 

引用: Pixabay

公衆トイレとは、公園や商業施設内のトイレを指します。

野外セックスにおいて定番スポットになりマニアにこよなく愛されている場所にもなります。

ただし、一般的には男性が女性用のトイレ、もしくはその逆でも見つけられたら「犯罪」になるので注意していただきたいところであります。

ふたりでコッソリと偲び込んで「青姦プレイ」を行っている最中に、隣のトイレに人がいたりする事を想像するだけでもぐっしょりものなのでしょう。

 

【8】陸橋下

引用: Pixabay

河川が流れている地域によく見受けられる河川敷。

そこに必ずといっていいほど存在している「陸橋」なのですが、意外にもこのような場所で「青姦プレイ」を行うカップルは多いようでした。

セックスを行っている頭上で多くの車が行き交ったりしていて、プラス「野外セックスをしている背徳感」等がコラボして感度はマックスに!

ただし注意したい点がひとつあります。それは、河川敷周辺は警察が巡回するポイントであるからでした。

なので「目立たない服装」で、できれば洋服を着たままのセックスをおすすめします。また、野犬などには十二分にご注意いただきますようお願いいたします。

 

【9】山の中

 

引用: Pixabay

・・・といいましても、わざわざそのために山に向かう必要はないのでしょう。

たとえば「登山が趣味のカップル」などにおいて楽しんでいただければいいのかと思います。

それこそ死角だらけなので大胆にセックスを行う事が可能なのでしょう。なので、登山愛好家に是非おすすめいたします。

このような場所だと「全裸」で行う事だってありなのかもしれません。

 

【10】貸切家族風呂

 

引用: girlydrop

露天風呂においては、近年まで横行されていたAV撮影の影響で「男女混浴廃止」を余儀なくされた温泉施設が多数続出。

AVの影響から、女性の裸を密かに覗き見する「ワニ族」の出没がさらに「男女混浴」の存続に影を落としてしまったのはいうまでもありませんでした。

本来なら「青姦プレイ」も風情ある天然露天風呂で楽しむのがステイタスになるのでしょう。

しかし、そのような事情から「屋外の露天風呂」で堪能する事が出来ないのは致し方ない事なのかもしれません。

でも幸いな事に、皆様にお馴染みの「素泊まり温泉宿やスーパー温泉」には個室完備の露天風呂を設けている施設は多くございます。

なので、このような場所だと「ワニ被害」に遭う事もなく安心して「青姦プレイ」を行え、さらには美味しい食事もとれ一石二鳥なのでしょう。

上記にあげた10項目の場所以外にも、辺りを見渡せばいくらでも「青姦プレイ」を行う事のできるところはあるのでした。

「その気にさえなれば」可能な場所は多くあるため、後は「カップルの性癖や嗜好」によってセレクト方法も変わってくるだけの事なのでしょう。

 

バレたら終わりなスリリングセックス「青姦」

引用: Pixabay

このタイトルのごとく、なるべくなら第三者にバレないように「青姦プレイ」を行なうのが理想なのでしょう。

また、プレイスタイルは、カップルやご夫婦の好みに応じて決まってくるのでしょう。

兎にも角にも、各々が一球入魂のもとで「青姦プレイ」を楽しむ事ができればそれに越した事はないのです。

ふたりだけの「青姦プレイ」に物足りなさを感じるようになれば「究極のセックス」であるスワッピングに身を投じるのも刺激的でいいのかもしれません。

もっともスワッピングにおいては、完全に第三者の関わりが生まれてくるため「パートナーをパーフェクトに納得」させる事が出来なければその世界に足を踏み入れる事はできないのですが。

しかし、様々な要求が求められてくるスワッピングに比べれば「青姦プレイ」は非常に手軽で実行しやすいプレイであったわけでした。

どのカップルや夫婦においても「何度となくやってくる倦怠期」をクリアするために、まずはこの「青姦プレイ」を利用するのもある意味手なのかもしれませんね。

この記事を読まれて「私たちも試してみようかな」などと思われた方においては、これまで解説させていただきました「青姦プレイ」のやり方やコツ・ポイント、またはメリット・デメリットをしっかりと把握されたうえで行ってください。

それが「スリリングセックス」を成功させる要なのですから。

人気の記事